FC2ブログ
インフォメーション
8/23 ペットボトル栽培関連記事を全て移行し、カテゴリーメニューに反映させました!!
12/12 時間を要したけど、「ベビーキャロット」の芽を間引きました!!
12/11 「パセリ」はマイペースな生長を続けていました!!
12/10 「ペトさい的防寒対策」でこの寒さを乗り切ります!!
12/10 ひとまず、「わさび菜」の芽を間引けました!!
12/ 9 ようやく、「ハツカ大根」の芽を間引くことができました!!
12/ 9 「ホーム玉ねぎ」の生長に失望感MAX
12/ 8 やっと、「ネモフィラ」の芽を間引けました!!
12/ 8 大きく育つ「さやエンドウ」に悩まされるとは…。
12月
12

[ベビーキャロット] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ベビーキャロット」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

播種した時と同じ株間で発芽しその後も順調に生長を続けていたかに見えた

「ベビーキャロット」でしたが、まさかのゲリラ豪雨の被害に遭ったり

その後の天候不順による影響で苦戦を強いられることになってしまいました。

 

播種し直した「ベビーキャロット」はなんとか発芽したものの、

一ヵ月前のような完璧に近い状態ではないことに頭を悩ませるのでした。

 

あれから6日が経過して栽培開始から30日目を迎えた「ベビーキャロット」ですが、

どの芽も徒長が進んでいて葉に張りがなく元気がなさそうに見え

不安を感じてしまいました。

ペトさい(ベビーキャロット・改)16

 

しかしながら、一部の芽には本葉を着けているものもあり、

少しだけ様子を観ることにしました。

 

それから一週間が経過して再び「ベビーキャロット」の様子を観てみたところ、

どの芽も徒長はしていたものの双葉が一回り大きくなっており

葉が青々としていて元気に育っているように見えました。

ペトさい(ベビーキャロット・改)17

 

近くに寄って観てみますと、殆どの芽には本葉を1~2枚着けていて

一週間前よりも葉に張りがありました。

 

ただ、株間が狭くて混み合っているように感じましたので、今後の生長を考えて

生長の悪そうな芽を間引いて株間を広げることで通気をよくすることにしました。

 

★1回目の間引きのポイント★

・本葉が1~2枚出てきて込み合ってきた頃を目安に行うこと。

・間引く際は生育の悪そうな芽を指で軽く摘み、やさしく引き抜くこと。

ペトさい(ベビーキャロット・改)18

 

今回の間引きは芽が密集していたため普段よりも時間を要してしまいましたが、

生育の良さそうな芽を5株残して間引きました。

ペトさい(ベビーキャロット・改)19

 

どの芽も若干徒長が進んでいることが気になるところですが、

少しの間は「ベビーキャロット」が生長する様子を観てみたいと思います。

 

最後に、「ベビーキャロット」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ベビーキャロット」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉3~4枚になったら、5(cm)間隔に間引くこと。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

ひとまず、1回目の間引きを終えた「ベビーキャロット」ですが、

まだ徒長する恐れはありますので、今後の水やりでも土面が乾いていることを

確認してからジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(ベビーキャロット・改)20

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★ベビーキャロットの栽培データ★

ペトさい(ベビーキャロット・改)10

【次回のお話に続く】

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

12月
11

[パセリ] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、砂漠化

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「パセリ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

天候不順の影響を受けながらも芽の数を増やし、

ようやくポツポツと本葉を着けるようになってきたことから

ささやかな間引きを行った「パセリ」栽培。

 

間引いたことで株数が少なくなる分土中の栄養素を吸収しやすくなることから

今後の生長に期待したいところですが、気になるのは気温が下がっていることで

生長のペースが落ちてしまわないか悩んでしまうことです。

 

あれから4日が経過して栽培開始から57日目を迎えた「パセリ」ですが、

さすがに間引いてからさほど日が経っていないこともあって

目立った生長の変化はありませんでした。

ペトさい(パセリ・改)23

 

ただ、衰弱することなく元気に育っている様子を窺うことができたことは

大変嬉しかったです。

 

それから一週間が経過して再び「パセリ」の様子を観てみたところ、

パッと見ではよく分からなかったものの、葉が少し大きくなっているように感じ、

マイペースな生長を続けていました。

ペトさい(パセリ・改)24

 

気温が下がってきていることに加えて日照時間も短くなっていることから、

急激な生長の変化を期待することは無理のある話ではありますが、

今は少しでも葉数を増やしながら株を大きくしていけるように

大事に育てることに注力したいと思います。

 

最後に、「パセリ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示したから、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「パセリ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み追肥する。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今後も土面が渇いていることを確認してから

ジョウロで水を与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

ペトさい(パセリ・改)25

 

 

★パセリの栽培データ★

ペトさい(パセリ・改)09

【次回のお話に続く】

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

12月
10

[防寒対策] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、防寒

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

今日は朝からビュービュー冷たい風が吹き付けていて、実に寒い一日でした。

クソ寒い中、ペットボトル菜園の屋外の気温を測ってみたところ、

.2℃という真冬並みの温度にブルブル震えてしまいました。

ペトさい的防寒対策01

 

さて、こんなクソ寒い中でもペットボトル菜園で育てている作物たちは

厳しい寒さに堪えて頑張って育ってくれています。

 

とは言っても、殆どの作物は簡易温室に入れて育てていますのである程度の防寒は

できているのですが、先日公開した栽培計画票をご覧の方はお分かりのように

今月から新たな栽培が2つばかし始まったことから、今まで簡易温室で

育てていた作物の一部は屋外で育てることになってしまうため

別の防寒対策で育てなくてはなりません。

 

しかし、オレ様には取って置きの防寒対策がありますので

あまり悲観的にはなっていないのです。

 

というのも、季節に関係なく我がペットボトル栽培では持ち運びがしやすいように

洗濯カゴの中にキッチンで使う水切りトレイを入れ、その中に播種した

ペットボトル鉢を入れて育てているのですが、これが上手い具合に

6鉢入れることができて栽培の管理がしやすく、この方法で育てているのです。

ペトさい的防寒対策02

 

で、このカゴを入れた状態で防寒する方法がないものかと模索した時期があって

一時はカゴの周りに不織布を被せてみたことがあったのですが、

不織布は意外と水を弾く性質があるため水やりに手こずってしまい苦労したため

没にした苦い経験をしました。

 

できることなら簡易温室と同等のことができれば問題はないわけですので、

試しに、'市販の透明のポリ袋'を栽培用カゴに被せてみたところ、

偶然にもピッタリと入ってしまったのでした。

ペトさい的防寒対策03

ペトさい的防寒対策04

 

市販のポリ袋には半透明と透明の二種類のタイプがあることから

日光が入りやすく中の様子が分かる透明タイプのポリ袋を採用し、

この袋を栽培用カゴに被せることで即席の簡易温室を作ることができたのでした。

 

現在の屋外におけるペットボトル菜園での栽培は度重なる偶然によって

成り立っており、今日のような寒い日でも'小カブ'や'ミニ大根'は

元気よく育っています。

ペトさい的防寒対策05

ペトさい的防寒対策06

 

明日も今日以上に冷え込み夜には雪が降る予報になっていますが、

今年の冬はこの栽培法で乗り切りたいと思います。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

12月
10

[わさび菜] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、サラダ系

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「わさび菜」栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

種の蒔き直しをするタイミングが悪かったのか、発芽自体はほぼ予定通りの

日数で出てくれたものの芽の生長にばらつきがある上に、一部の芽については

徒長してしまうという最悪な状態に陥ってしまっている「わさび菜」栽培

 

徒長してしまうのはやむを得ないとしても、せめて他の芽が同程度の大きさに

育ってもらえることを願うのですが…。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から20日目を迎えた「わさび菜」ですが、

依然としてそれぞれの芽の生長のばらつきは解消されず

草丈が1(cm)以上伸びていて、全体的に徒長しているように感じました。

ペトさい(わさび菜III)18

 

しかしながら、殆どの芽は双葉が一回り大きくなり、双葉と双葉の間から

ギザギザとした「わさび菜」らしい本葉を着けていました。

 

生長にばらつきがあるため本葉を着けていない芽も一部にはあるのですが、

全体的に徒長が進んでいることを踏まえますと株間を広げて

通気をよくする必要があるため生育の悪そうな芽を間引くことにしました。

 

★1回目の間引きのポイント★

・本葉が1~2枚に増え込み合ってきた頃を目安に間引くこと。

・間引く際は生育の悪そうな芽を園芸用ハサミで剪定すること。

・株間は2(cm)ほど開けるようにして間引くこと。

ペトさい(わさび菜III)19

 

今回の間引きを行ったことにより株間を広げることができたのですが、

通気がよくなることにより風の抵抗を受けやすくなるリスクが伴うため

増し土をして補強しました(笑)。

ペトさい(わさび菜III)20

 

また、今回の間引きにより生育の悪そうな芽を取り除いたことから

生長のばらつきが少し解消されました。

ペトさい(わさび菜III)21

 

8日前に比べると気温がグッと下がって冷え込んできましたので、

「わさび菜」は簡易温室に入れて徒長しないように気を付けて

育てていきたいと思います。

 

最後に、「わさび菜」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「かぶ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉3~4枚になったら、4(cm)間隔に間引くこと。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今回1回目の間引き作業を行いましたが、依然として徒長する恐れが

ありますので、土面が完全に渇き切っているのを確認してから

ジョウロで水を与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(わさび菜III)22

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

★わさび菜の栽培データ★

ペトさい(わさび菜III)08

【次回のお話に続く】

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

12月
09

[ハツカ大根] ブログ村キーワード:ブログ、ペットボトル栽培、さくらんぼ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ハツカ大根」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

準備万端の状態で播種し、発芽こそは予定通りの日数で出てくれたのですが、

その4日後にはカイワレ大根のように徒長が進んでしまい

何のために種を蒔き直したのか分からない状態に育ってしまいました。

 

ひとまず、増し土をして補強したのですが、根本的な解決にはなっておらず、

その後の生長が不安でなりません。

 

あれから8日が経過して栽培開始から17日目を迎えた「ハツカ大根」ですが、

思っていたほど草丈は伸びておらず徒長が進んでいないことにホッとしました。

ペトさい(さくらんぼ・改)24

 

ただ、草丈の伸びは確認できなかったものの、双葉のほうは一回り大きくなっていて

双葉と双葉の間から本葉が出てきているのを確認することができました。

 

一回目の「ハツカ大根」の芽を間引くためには本葉を1枚着けている必要があるため、

その条件を満たすことができました。

 

今のところ徒長は進んでいない様子ですが、8日前に増し土をした時には

カイワレ大根のように徒長が進んでいたことから今後の生長を踏まえ、

生育の悪そうな芽を間引いて株間を広げて通気をよくすることにしました。

 

★1回目の間引きのポイント★

・本葉が1~2枚出てきて込み合ってきた頃を目安に行うこと。

・間引く際は生育の悪そうな芽を指で軽く摘み、やさしく引き抜くこと。

ペトさい(さくらんぼ・改)25

 

間引いた芽は徒長が進んでいるためカイワレ大根を収穫したみたいになりましたが、

ちょっと料理に使えそうですのでペトさい料理に活用したいと思います。

 

ひとまず、「ハツカ大根」の芽の徒長は進んでしまったものの

その中でもまともな芽を5株残しました。

ペトさい(さくらんぼ・改)26

 

今のところ草丈の伸びを確認しておりませんが、今後も徒長する恐れは

十分に考えられますので今回の間引きが徒長の抑制に繋がることを期待します。

 

最後に、「ハツカ大根」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ハツカ大根」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉4~5枚になったら、生育の悪そうな芽を間引くこと。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

ひとまず、間引きを終えた「ハツカ大根」ではありますが、

徒長が進む可能性はありますので、引き続き、土面が渇いているのを

確認してからジョウロで水を与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(さくらんぼ・改)27

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

★ハツカ大根・さくらんぼの栽培データ★

ペトさい(さくらんぼ・改)08

【次回のお話に続く】

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる