インフォメーション
8/23 ペットボトル栽培関連記事を全て移行し、カテゴリーメニューに反映させました!!
9/23 徒長が進む「エダマメ」に蕾が着き始めました!!
9/22 「ホーム玉ねぎ」が発芽したと思ったら…。
9/21 「とうがらし」に新たな実を着けないよぉ!!
9/20 今日の柿の種II
9/19 「バジル」は早くも2回目の間引きを行いました!!
9/18 「キュウリ」栽培に拘るばかりに…。
9/18 今日の柿の種I
9/17 「あさがお」に花と実がたくさん着いています!!
01月
25

[ペットボトル栽培] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植木鉢

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しのお時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回はペットボトル栽培を始めるためには必要なことをお話ししましたが、

今回はペットボトル栽培に適した野菜についてお話しします。

 

ペットボトル栽培でできる野菜はミニトマトやミニきゅうりなどの果菜類、

小松菜やチンゲン菜などの葉菜類、シソやバジルなどの香菜類、

茎ブロッコリーやミニカリフラワーなどの花蕾類、かぶやニンジンなどの

根菜類、インゲンやエダマメなどの豆野菜といった野菜があるのですが、

基本的に、2()サイズのペットボトル1本で育てることができる野菜は

鉢の大きさから限定されてしまいます。

 

このため、一般的にはカボチャやメロンなどの蔓性の果菜類や、

ジャガイモやサツマイモなどの根菜類を育てることはできません。

 

最も、ペットボトル栽培の最大の利点は持ち運びが用意であることですので、

これらのような大物の野菜を育てようと考えること自体趣旨から外れますが・・・。

 

しかし、オレ様は皆さんの夢を壊すようなことはしたくないので、

これらの野菜を育てることができるように研究を続けています。

 

それはさておき、ここではペットボトル栽培を初めてやられる方のために、

初心者でも簡単に育てることができるおすすめの野菜をご紹介します。

 

まずは、果菜類から鉢植え専用トマトの「レジナ」をご紹介します。

ペット野菜五天王01

 

このトマトは元々観賞用に開発されたミニトマトのため、小さな鉢でも

簡単に育てることができ、写真に示すように実をたくさん着けますので

育てていて楽しいと思います。

 

続いて、葉菜類からは「チンゲン菜」をご紹介します。

ペット野菜五天王02

 

チンゲン菜は生育期間が50日程度と短く、気温の変化に強いことから

一年中育てることができるのが最大の特徴で、場所を取らずに育てることが

できることからペットボトル栽培に最も適しています。

 

また、葉が込み合ってきて間引く以外の手間が全くかからないことから、

初心者にお勧めできる野菜といえます。

 

香菜類からは「青シソ」をご紹介します。

ペット野菜五天王03

 

青シソの発芽には日数を要するものの比較的育てやすく、芽が出てからは

面白いように大きく生長し、1回に20枚以上収穫することができます。

 

青シソを収穫した後も1~2週間間隔でコンスタントに収穫できるため、

楽しみながら育てることができるかと思います。

 

根菜類からは「小かぶ」をご紹介します。

ペット野菜五天王04

 

小かぶは種を蒔いてから3ヵ月程度という短期間で大きく生長し、

コンパクトに育てられることからペットボトル栽培に適しています。

 

この小かぶは肥料を与えなくても育つことから初心者にお勧めでき、

場所を取らずに管理できるところがペットボトル栽培向きであり、

ほぼ年間を通して収穫することができます。

 

最後に、豆野菜から「つるなしインゲン」をご紹介します。

ペット野菜五天王05

 

つるなしインゲンは家庭菜園では定番の野菜ですが、

草丈が60(cm)程度とコンパクトな上に種を蒔いてから収穫するまでに

約2ヵ月と短いことからペットボトル栽培に適した野菜といえます。

 

つるなしインゲンには丸ざや型と平さや型という種別があるのですが、

ペットボトル栽培ではどちらの品種でも問題なく育てることができ、

使用する鉢によっては1回に30本程度のインゲンを収穫することができます。

 

今ご紹介した5種類の野菜は、ペットボトル栽培の中でも最も育てやすく、

初心者の方に楽しんで育ててもらえるラインナップだと思いまして、

オレ様はこれらの野菜のことを'ペット野菜五天王'と呼んでいます。

 

ペットボトルで育てることができる野菜はまだまだたくさんありますが、

これらの野菜については本ブログを通じてご紹介していきますので、

ご興味がありましたらご覧下さい。

 

それでは、皆さんもペットボトルを使った野菜作りを始めてみて下さい!!

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

01月
24

[ペットボトル栽培] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植木鉢

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しのお時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回はペットボトル栽培の魅力についてお話ししましたが、

今回はそのペットボトル栽培を始めるために必要なことをお話しします。

 

ペットボトルで野菜を育てるためには下記の道具を用意する必要があります。

 ()サイズの空きのペットボトル

 粒状の野菜用培養土

 野菜の種移植ゴテジョウロ

 カッター(もしくはハサミ)

 

ペットボトル鉢には色々な大きさや形があることを既にご紹介しましたが、

一般的なペットボトル栽培では2()サイズのペットボトル1本を使って

野菜を育てますので、ペットボトル鉢は簡単に作ることができ、

手軽に育てることができます。

 

ペットボトル鉢の作り方については日を改めてご説明しますが、

ここではペットボトル栽培を始める大まかな手順をお伝えします。

 

まずはペットボトルで育てる野菜を決めて頂き、

その野菜に適したペットボトル鉢を用意します。

 

ペットボトル鉢を用意できたら粒状の野菜用培養土をこの鉢に入れるのですが、

一般的な野菜用培養土を使わないのには理由があります。

 

それは、一般的なプランター栽培の場合には水捌けを良くするために

野菜用培養土を入れる前に鉢底土を敷きます。

 

鉢底土を敷いた後に野菜用培養土を入れて種蒔きをするというのが

一般的なプランター栽培の手順ではあるのですが、水やりを繰り返すうちに

野菜用培養土の細かい土が鉢底土の隙間に入ってしまうことがあり、

そうなると排水が上手くいかなくなり、育てている野菜の生育を妨げる

原因となるのです。

 

このため、熱処理した野菜用培養土を粒状に加工した培養土を使いますと、

細かい土が鉢底土の隙間に入ることを減らすことができるため、排水も

上手くできるようになり、育てている野菜の生育も促進されます。

 

また、粒状の野菜用培養土の場合はプランターの排水口から培養土が

流れ出ることはないため、鉢底土を敷く必要もなくなります。

 

ペットボトル栽培の場合では一般的なプランターよりも培養土が入る容積が

少ないため、鉢底土を敷いてしまいますと培養土を入れる量も少なくなり、

育てることができる野菜も限定されてしまいます。

 

このため、オレ様のペットボトル栽培では鉢底土を敷かずに粒状の野菜用

培養土を多めに入れて育てるようにしています。

 

ペットボトル鉢に粒状の野菜用培養土を入れたら野菜の種を蒔き、

もう一度、粒状の野菜用培養土を被せてたっぷりと水を与えてあげれば

一連の種蒔き作業は完了となります。

 

種を蒔いた後はペットボトル鉢を日の当たる場所に置いて、

適度に水を上げて育てます。

 

ペットボトル栽培の一連の作業としてはプランター栽培とほぼ同じですが、

ペットボトルは持ち運びが容易なため、栽培管理が比較的楽に行えます。

 

次回はペットボトル栽培に適した野菜について、お話ししたいと思います。

「ペットボトル栽培で収穫できる野菜とは?」に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

01月
23

[ペットボトル栽培] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植木鉢

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しのお時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回はペットボトル栽培を始めるキッカケについてお話ししましたが、

今回はペットボトル栽培の魅力についてお話ししたいと思います。

 

ペットボトル栽培の魅力と言ったら、不要になったペットボトルを

リユース(再使用)できることが頭に浮かぶのですが、

もっと物理的な観点から見ると他の魅力があるように感じます。

 

ペットボトルはコンパクトで持ち運びが容易であることが特徴であるため、

場所を取らずに狭いベランダで野菜作りを楽しむことができます。

 

このため、身近な場所に置いて野菜の生長を観察することができるため、

お子さんの食育に役立てることもできるのです。

 

元を辿れば、ペットボトル栽培始めるキッカケは環境活動からでしたので、

意外なところで違った環境活動に貢献することができるわけですね。

 

もし、お子さんが食育は問わずにペットボトル栽培を始められるなら、

ちょっとした工作気分でペットボトル鉢を作ったり、

実験気分でペットボトルでの野菜作りをされるのは楽しいかもしれません。

 

環境教育や食育とまではいかなくても、楽しみながら何かの知識を

得ることができるのは素晴らしいことだと思いますし、

ペットボトル栽培を通じて野菜を収穫できる感動を味わってもらえたら、

ペットボトル栽培を思い付いたオレ様としては大変嬉しいです。

 

次回はペットボトル栽培を始めるために必要なことをお話しします。

「ペットボトル栽培を始めるためには・・・」に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

01月
21

[ペットボトル栽培] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植木鉢

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しのお時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回はペットボトル栽培とはなんぞやと言う話を簡単にお話ししました。

 

今回はペットボトル栽培を始めるキッカケについてお話ししたいと思います。

 

我が家では2011年3月に発生した東日本大震災の以前から

2Lサイズのペットボトルの水を20ケースほど備蓄しているのですが、

ペットボトル栽培に利用するまではこれらが賞味期限に迫った時の処分に

悩んでいて、麦茶を作る時に使うかお庭の草木の水やりに使うぐらいしか

有効利用の方法を思いつきませんでした。

 

ところがある日、私が仕事帰りに近所の親子連れとすれ違った際に

そのお子さんが学校の教材の朝顔の鉢を持っているのを目にしました。

 

オレ様は「今でも小学校では朝顔を育てているんだなぁ」と思ったのですが、

そのときにふと、ペットボトルを鉢代わりにして育てた朝顔のイメージが

頭の中にぼんやりと浮かびました。

ペトさいのキッカケ01

 

その当時、私は環境活動の中でリサイクルよりも資源有効利用に価値がある

'リユース'と呼ばれる再使用法を提案していて、突然あのイメージが

頭に浮かんだ時に下記の3つの問題をクリアできると直感的に思ったことが

ペットボトルを使った野菜作りを始めるキッカケとなりました。

 

 ・備蓄していたペットボトルの水と空き容器の処理問題

 ・ぼんやりと頭の中に浮かんだペットボトル鉢の朝顔のイメージ

 ・一度使ったものを再使用(リユース)できる画期的な提案

 

その当時はペットボトルを使った野菜作りを始めようと思ったものの

種から野菜を育てたことは一度もなくて、初めのうちは手探り状態で

野菜作りの真似事のようなことをしていたので、失敗の連続でした()

 

その過程で、備蓄した水のペットボトルは下図に示す様々な形状の植木鉢を

制作し、ペットボトルに入った水は水やり用水として再利用するようにしました。

ペトさいのキッカケ02

 

また、ペットボトル鉢を作ると不要になるペットボトルのキャップは

現在、地方自治体や企業、学校などが取り組んでいることで知られ、

ペットボトルのキャップを集めてポリオワクチンの資金にすることができる

「エコキャップ運動」に参加するようにしました。

 

こうして、偶然が重なって取り組むオレ様のペットボトル栽培では

お花や野菜を楽しみながら育てつつ、環境活動に取り組むことができるという

一石二鳥の再利用(リユース)の提案となりました。

 

ペットボトルで育てることができる野菜は限定されてしまいますが、

「こんなものが収穫できるの?」という野菜はたくさんあります。

 

次回は、ペットボトル栽培の魅力についてお伝えしたいと思います。

「ペットボトル栽培の魅力とは」に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

01月
20

[ペットボトル栽培] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植木鉢

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しのお時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

世の中には様々な色・形、大きさをしたペットボトルが存在します。

色々なペットボトル

 

このようなことを書きますと原始的な人間かと思われてしまいますが、

現在、「ペットボトル」はお茶や清涼飲料水などに使用され定着しており

私たちの生活に欠かせないものになっています。

 

このペットボトルはどこにでも持ち運びができ、飲みたいときに飲めると

いう簡便性に優れていることから急速に普及したのではないかと思うのですが、

これと比例するように、街路や公園などでのポイ捨てが増えていることが

問題となり、このような諸問題から資源有効利用促進法の施行を受け、

自治体の指示の下、ペットボトルの回収・処分されるようになりました。

 

突然ですが、皆さんはペットボトルをリサイクルすることが

本当に地球環境のためによいと思われているでしょうか?

 

長年にわたってリサイクルと環境問題は深く関わっていたことから

「リサイクル=環境にやさしい」というイメージを日本国内に浸透させて

しまったからかもしれませんが、実際にはリサイクル処理を行うことにより

再加工する際のエネルギー消費とそれに伴うCO2を排出するため、

必ずしも、環境に配慮した処理法とはいえないのです。

 

このため、ペットボトルをリサイクルよりも環境に配慮した'リユース'

呼ばれる再使用法を考えた末、ペットボトルを植木鉢に代用して花や野菜を

育てることを閃きました。

 

即ち、ペットボトル栽培とはその字の如く、不要になったペットボトルを

植木鉢として使用してお花や野菜を育てることをいいます。

 

これから、ペットボトル栽培を始めるキッカケや栽培に必要なもの、

ペットボトル栽培の魅力やペットボトル栽培で育てられる野菜などについて

詳しく解説していきたいと思います。

【「ペットボトル栽培を始めるキッカケ」に続く】

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる