インフォメーション
8/23 ペットボトル栽培関連記事を全て移行し、カテゴリーメニューに反映させました!!
9/22 「ホーム玉ねぎ」が発芽したと思ったら…。
9/21 「とうがらし」に新たな実を着けないよぉ!!
9/20 今日の柿の種II
9/19 「バジル」は早くも2回目の間引きを行いました!!
9/18 「キュウリ」栽培に拘るばかりに…。
9/18 今日の柿の種I
9/17 「あさがお」に花と実がたくさん着いています!!
9/17 鷹's 2017
02月
23

[ハツカ大根] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、根菜類

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ハツカ大根」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今回は、野菜作りが初めての方にも容易に育てることができる

「ハツカ大根」を育てるべく種を蒔きました。

 

その後、順調に本葉を増やして大きく生長してきた「ハツカ大根」ですが、

赤く色付く根が目測で2(cm)ほどの大きさに膨らみ、丸みを帯びてきました。

 

あれから15日が経過して栽培開始から65日目を迎えた「ハツカ大根」

さらに葉が数を増やして大きくなりワサワサと茂っていました。

ペトさい(ハツカ大根)28

 

近くに寄って見てみたところ、どの葉も害虫による食害に遭う痕跡がなく

とてもキレイで、とてもいい感じに育っていました。

 

また15日前に確認した時には2(cm)ほどの太さに膨らんでいた根ですが、

さらに5(mm)ほど大きくなり(cm)近くまで膨らんでいました。

 

ただ、一部の根については縦に筋が入ってしまっているものがあり、

少し残念な気持ちになりました。

 

とはいえ、概ねいい感じに育っていることから収穫することにしました。

★収穫のポイント★

・根の太さが3(cm)ほどで、葉が横に広がり見せた頃を目安に収穫する。

・膨らんだ根を指で軽く摘まんでやさしく引き抜いて収穫する。

ペトさい(ハツカ大根)29

 

一つ一つ丁寧に「ハツカ大根」を引き抜いていったのですが、

プックリ膨らんだ根の大きさはほぼ完璧で、根の色も種を蒔くときに

想像した通りの鮮やかな赤紫色をしていました。

ペトさい(ハツカ大根)30

 

先述したとおり、水のやり過ぎが原因で一部の「ハツカ大根」については

縦に筋が入ってしまいましたが、それ以外のものについてはほぼ完ぺきな

出来でしたので、ニンマリしてしまいました。

 

今回の「ハツカ大根」栽培についてはこれまでお伝えしてきたように

目立ったトラブルもなく順調に育てることができ、最終的に収穫も

無事に終えることができましたので、栽培レシピに追加したいと思います。

 

ただ、ハツカ大根栽培についてはまだ宿題が残されていますので、

他の品種でも今回の「ハツカ大根」と同じクオリティで育てることが

できるように頑張りたいと思います。

 

基本的な「ハツカ大根」の育て方は同じですので、

これから「ハツカ大根」を育ててみたいと思われた方はこちらをご参照頂き、

育ててみて下さい。

 

これまで、「ハツカ大根」栽培のお話をご覧頂きありがとうございました。

 

★ハツカ大根の栽培データ★

ペトさい(ハツカ大根)13

【終わり】

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

02月
11

[ハツカ大根] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、根菜類

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ハツカ大根」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今回は、野菜作りが初めての方にも容易に育てることができる

「ハツカ大根」を育てるべく種を蒔き、順調に本葉を増やして大きく生長し、

赤く色付く根が肥大し始めました。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から43日目を迎えた「ハツカ大根」

葉が少し大きくなり、元気に育っていました。

ペトさい(ハツカ大根)25

 

近くに寄って見てみますと、

一週間前に肥大を始めた根の膨らみはさらに大きくなり、

目測で15(cm)ほどありました。

 

さらに一週間が経過して「ハツカ大根」の様子を見てみたところ、

葉がさらに数を増やして大きくなり、再びワサワサと茂っていました。

ペトさい(ハツカ大根)26

 

これまで間引き以外では手をかけることがなかったハツカ大根ですが、

害虫による食害に遭うこともなくキレイな葉をしているのには驚きました。

 

また、株元付近に寄って肥大する根の様子を見てみたところ、

赤く色付く根がプックリと膨らみ丸みを帯びていて 

目測で2(cm)ほどの大きさになっていました。

 

大分「ハツカ大根」らしい姿に生長し、

想像していたよりも早く収穫できそうな気がしました。

 

最後に、「ハツカ大根」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ハツカ大根」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が黄色く変色してきたら、'発酵油かす'を一摘み与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

「ハツカ大根」の水やりは、引き続いてジョウロで与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにします。

ペトさい(ハツカ大根)27

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★ハツカ大根の栽培データ★

ペトさい(ハツカ大根)13

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

02月
02

[ハツカ大根] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、根菜類

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ハツカ大根」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今回は、野菜作りが初めての方にも容易に育てることができる

「ハツカ大根」を育てるべく種を蒔き、順調に本葉を増やして大きく生長し、

赤く色付く茎がちらほらと見られるようになってきました。

 

あれから8日が経過して栽培開始から36日目を迎えた「ハツカ大根」

草丈をさらに数(cm)伸ばし、本葉も倍近くに数を増やして大きくなり

ワサワサと茂っていました。

ペトさい(ハツカ大根)21

 

わずか8日でここまで急生長するところを見ますと、

順調に育っているように感じます。

 

しかし、葉が大きくなり他の株の葉と触れ合うようになって

密集しているところを見ますと、再び間引きを行うことで通気性をよくし

「ハツカ大根」の生育を促すようにしたほうがよさそうです。

 

ということで、見た目にはどの葉もきれいな緑色をしているのですが、

その中でも生育の悪そうな芽を間引くことにしましょう!!

 

★2回目の間引きのポイント★

・本葉が3~4枚出てきて込み合ってきた頃を目安に行うこと。

・間引く際は生育の悪そうな芽を指で軽く摘み、やさしく引き抜くこと。

ペトさい(ハツカ大根)22

 

とりあえず、一鉢に6~7株残すようにして間引いたのですが、

間引いた芽は間引き菜として利用することができそうですので

後ほどペトさい料理に使いたいと思います。

 

今回間引いた時に気づいたことですが、

どの芽も根が1(cm)ほどに肥大していました。

ペトさい(ハツカ大根)23

 

間引き作業は今回で最後となり、

これからは「ハツカ大根」がさらにプックリと膨らむまで育てることになります。

 

今の「ハツカ大根」の生長の勢いを踏まえますと、

あと1ヵ月弱で収穫できるかもしれませんね。

 

最後に、「ハツカ大根」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ハツカ大根」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が黄色く変色してきたら、'発酵油かす'を一摘み与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

「ハツカ大根」の水やりは、引き続いてジョウロで与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにします。

ペトさい(ハツカ大根)24

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★ハツカ大根の栽培データ★

ペトさい(ハツカ大根)13

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

01月
20

[ハツカ大根] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、根菜類

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ハツカ大根」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今回は、野菜作りが初めての方にも容易に育てることができる

「ハツカ大根」を育てるべく種を蒔き、無事に発芽しました。

 

その後、順調に発芽を増やしながら大きく生長した「ハツカ大根」は

本葉が1~2枚になり、双葉がワサワサと茂ってきたことから

一回目の間引きを行いました。

 

あれから9日が経過して栽培開始から23日目を迎えた「ハツカ大根」

本葉が2~3枚に増え双葉とほぼ同じくらいの大きさに生長していて

早くもワサワサと茂ってきていました。

ペトさい(ハツカ大根)18

 

9日前に間引きをしたばかりだというのに葉がワサワサと茂るとは、

「ハツカ大根」の生長の早さには驚かされます。

 

さらに5日が経過して「ハツカ大根」の様子を見てみたところ、

草丈が少し伸び本葉は双葉よりも大きく生長していました。

ペトさい(ハツカ大根)19

 

ただ、近くに寄って見てみたところ、

赤く色付く茎がちらほらと見えるようになり徒長が進んでいました。

 

根菜類は草丈が伸びるより根茎が太くなることのほうが望ましく、

この時期に徒長が進んでしまうのは今後の「ハツカ大根」の生長に

物凄く不安を感じてしまいます。

 

最後に、「ハツカ大根」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ハツカ大根」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉3~4枚になったら、4(cm)間隔に間引くこと。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

「ハツカ大根」の水やりは、本葉が数を増やして大きく育っていることから

ジョウロで与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにします。

ペトさい(ハツカ大根)20

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★ハツカ大根の栽培データ★

ペトさい(ハツカ大根)13

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

01月
06

[ハツカ大根] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、根菜類

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ハツカ大根」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今回は、野菜作りが初めての方にも容易に育てることができる

「ハツカ大根」を育てるべく種を蒔き、無事に発芽しました。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から14日目を迎えた「ハツカ大根」

草丈を少し伸ばし双葉が大きくなったことで土面が隠れてしまいました。

ペトさい(ハツカ大根)14

 

近くに寄って見てみますと、

双葉と双葉の間から本葉が1~2枚出ているのを確認でき、

双葉が大きくなったことにより込み合ってワサワサとしていました。

 

順調に育っているように感じる「ハツカ大根」は込み合ってきているため

徒長が少し進んでいるように感じられ、通気性を改善する必要が出てきました。

 

このため、「ハツカ大根」には本葉が1~2枚出ていることから

生育の悪そうな芽を間引くことにしました。

 

★1回目の間引きのポイント★

・本葉が1~2枚出てきて込み合ってきた頃を目安に行うこと。

・間引く際は生育の悪そうな芽を指で軽く摘み、やさしく引き抜くこと。

ペトさい(ハツカ大根)15

 

今回の間引きで引き抜いた芽は思っていたよりも多かったため、

間引き菜としてちょっとした料理に使えそうです。

 

とりあえず、今回の間引き作業で半数近くの芽を間引いたため、

かなりサッパリとした印象を受け、通気性が改善されたように感じました。

ペトさい(ハツカ大根)16

 

ただ、「ハツカ大根」の芽は徒長が少し進んでいるため

風による影響を受けやすい状態になりましたので、

今後の栽培管理は丁寧に行う必要がありそうです。

 

最後に、「ハツカ大根」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ハツカ大根」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉3~4枚になったら、4(cm)間隔に間引くこと。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

「ハツカ大根」の水やりは引き続いて、

水の入った霧吹きで吹き付けて与えるようにしましょう。

ペトさい(ハツカ大根)17

 

 

★ハツカ大根の栽培データ★

ペトさい(ハツカ大根)13

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

12月
14

[ハツカ大根] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、根菜類

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ハツカ大根」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今回は、野菜作りが初めての方にも容易に育てることができる

「ハツカ大根」を育てるべく、種を蒔きました。

 

「ハツカ大根」は地温1525℃で播種後3~5日程度で発芽するため、

例年になく暖かい日が続いている今年は少し早めに芽が出るかもしれません。

 

種を蒔いてから一週間が経過して、ペットボトル菜園で栽培している

「ハツカ大根」の様子を見てみたところ、蒔いた種全てから芽が出ていて

双葉が光合成して緑色をしていました。

ペトさい(ハツカ大根)10

 

また、発芽した芽を見てみたところ、草丈が1(cm)伸び、

茎の色がほんのり赤く色付いていることが確認でき、

このように生長する「ハツカ大根」の様子を見てみますと

播種後3、4日程度で芽が出た模様で、順調に発芽したように感じました。

ペトさい(ハツカ大根)11

 

一部の芽は少し徒長しているようにも感じられましたが、

少しの間は様子を見て、次の対策への判断をしたいと思います。

 

最後に、「ハツカ大根」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ハツカ大根」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉1~2枚になったら、2(cm)間隔に間引くこと。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今回無事に発芽しましたが、芽がまだ小さいことから引き続いて

水の入った霧吹きで吹き付けて与えるようにしましょう。

ペトさい(ハツカ大根)12

 

 

★ハツカ大根の栽培データ★

ペトさい(ハツカ大根)13

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
21

[ハツカ大根] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、根菜類

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ハツカ大根」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今回は、野菜作りが初めての方にも容易に育てることができる

「ハツカ大根」を育てたいと思います。

 

「ハツカ大根」は栽培期間が比較的短いことから'小カブ'よりも育てやすく、

育てる時期に関係なく育てられることから野菜作りが初めての方に

お勧めしたい野菜です。

 

今回はいつもよりシンプルな方法で「ハツカ大根」を育てたいと思いますので、

これから実例を交えながら詳しく解説していくことにしましょう!!

 

★品種選び★

「ハツカ大根」は様々な色や形、大きさをしていることから、

品種だけでもかなりの数があります。

 

しかし、どの品種もそれほど土深くまで根を張ることはなく、

夏場は播種後約30日、厳寒期では60日程度で収穫することができるため、

ペットボトル栽培に適した野菜と言えます。

 

「ハツカ大根」というと播種後20日で収穫できることを想像しますが、

実際には夏場に種を蒔いても収穫には約1ヵ月はかかりますので、

栽培期間の短さを表現していると解釈したほうがよさそうです。

 

どの品種の「ハツカ大根」も基本的な生長の違いはありませんので、

皆さんのお好みで品種をお選び下さい。

 

今回の栽培では、根の形状が2(cm)程度の球形で、

皮の色がサクランボのように赤い「さくらんぼ」という品種を選び、

サカタのタネ社の種で育てる様子をお伝えしていきたいと思います。

ペトさい(ハツカ大根)01

 

 

★播種時期と発芽日数★

「ハツカ大根」の播種時期と発芽日数は以下のようになります。

 

播種時期:2月上旬~5月中旬、8月下旬~11月中旬

発芽日数:播種後3~5日

発芽率:85%

発芽適温(地温)1525

 

※ 上記のデータはいずれも中間地(温暖地)によるものです。

 

 

★使用する土★

「ハツカ大根」を育てるときに使用する土は

市販の野菜用培養土であれば問題なく育てることができます。

 

ただ、「ハツカ大根」は根の生育をよくすることが重要なため、

元肥をしっかりと施すとよいでしょう。

 

このことから今回の栽培では下図に示す'市販の粒状野菜用培養土'

()使用するのに対して、一摘みの'カリ系肥料''発酵油かす'

混ぜ込んだ土を使います。

ペトさい(培養土・改)01

 

'カリ系肥料'は「ハツカ大根」の根の張りや肥大を良くするために

用いるもので、今回の栽培では草木灰を使用しています。

ペトさい(有機肥料・改)03

 

'発酵油かす'は葉の生育を良くするために用いるもので、

葉の色が悪くなったときに追肥としても利用します。

ペトさい(有機肥料・改)01

 

 

★鉢選び★

今回育てる「ハツカ大根」は根を深くまで張ることはありませんが、

根が肥大することからある程度深さがあり大きめの鉢を使うのが望ましいです。

 

通常なら深さのある'ツイン型ペットボトル鉢'を使うところですが、

今回の栽培ではできるだけシンプルに育てることをコンセプトにしているため、

2Lサイズのペットボトルを横にした'横型ペットボトル鉢'を使います。

ペトさい(ペットボトル鉢)04

 

'横型ペットボトル鉢'はツイン型ペットボトル鉢より深さがありませんが、

根が肥大しても問題のない深さを確保し安定した収穫が期待できるので

十分に育てることは可能です。

 

'横型ペットボトル鉢'では一鉢で8~9株育てることができますので、

この鉢を新規で作る方はこちらを参照して作って下さい。

 

 

★種蒔き作業に必要な道具★

種を蒔くときに必要な道具を下記に示しますので、各自ご用意ください。

 

ハツカ大根の種、横型ペットボトル鉢、霧吹き、

粒状野菜用培養土、移植ゴテ、ワラ

ペトさい(ハツカ大根)02

 

 

★種蒔き作業時の注意点★

・種を蒔いた後の覆土は厚さ1(cm)程度にすること。

・播種後の水やりはたっぷりと与えること。

 

 

★種蒔き作業手順★

ペトさい(ハツカ大根)03

'横型ペットボトル鉢'に「粒状野菜用培養土」を入れます。

粒状野菜用培養土は鉢の底から5(cm)の高さまで入れるとよいでしょう。

 

また、粒状野菜用培養土を粉末状にした土を薄くかけ、

「霧吹き」で湿らせることにより種を発芽しやすくすることができます。

ペトさい(ハツカ大根)04

 

ペトさい(ハツカ大根)05

野菜用培養土を入れたら「ハツカ大根の種」を点蒔きします。

 

このとき、種と種の間隔は1(cm)程度開けて蒔くようにして下さい。

ペトさい(ハツカ大根)06

 

ペトさい(ハツカ大根)07

ハツカ大根の種を蒔いたら「粒状野菜用培養土」で覆土し、

水の入った「霧吹き」で土を湿らせます。

 

ペトさい(ハツカ大根)08

「ワラ」を敷き詰め、もう一度水の入った「霧吹き」で吹き付けて、

種蒔き作業は完了です。

 

ワラを敷くことにより土面の乾燥を防ぐだけでなく、

土の温度上昇を抑える効果や保湿効果が期待できます。

 

 

★最後に★

皆さん、「ハツカ大根」の種を蒔くことはできたでしょうか?

 

今回の栽培で種を蒔いた鉢は2鉢使用していますが、

鉢を横に使用していることから、これから育てる際には

下図に示すトレイに入れると管理しやすくなります。

ペトさい(ハツカ大根)09

 

トレイに入れた鉢は日当たりのよい場所に置いて育てるようにしましょう。

 

最後に、今回の「ハツカ大根」の種蒔き作業にかかった費用を

以下に示しますのでご参考ください。

◆ハツカ大根の種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

ハツカ大根の種

1

216

216

霧吹き

1

108

108

野菜用培養土<粒状>(14)

1

345

49
(2L使用)

草木灰(500ml)

1

298

17
 (10ml使用)

発酵油かす(1L)

1

298

3
 (10ml使用)

移植ゴテ

1

108

108

ワラ(200)

1

498

5
(2本使用)

合計金額 

506

※ 「横型ペットボトル鉢」を新規で製作する場合は別途費用が掛かります。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる