インフォメーション
8/23 ペットボトル栽培関連記事を全て移行し、カテゴリーメニューに反映させました!!
11/18 「バジル」を収穫しましたよぉ!!
11/17 「ジャガイモ」はもうダメかな?
11/16 今後の「栽培計画」を見直そうかと思います!!
11/15 急生長で衰えを感じる「キュウリ」に実を着けて…。
11/15 今日の柿の種XI
11/14 秋の長雨の中、「かぶ」が発芽していました!!
11/14 今日の柿の種X
11/13 今日も二種類の野菜の種を蒔きました!!
06月
22

[インゲン]ブログ村キーワード、オゾン層破壊

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、一般的なつるなしインゲンの「マメっち」と、

黄色いつるなしインゲンの「バロン君」は、

共に、長さ約15(cm)太さ約7(mm)ほどの莢を収穫しました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)39

 

これらの'つるなしインゲン'には小さな莢が出来ていますので、

今後も収穫を楽しめそうです。

 

栽培開始から68日目

「マメっち」草丈や葉の生長が見られなくなりました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)42

 

そのため、新たな花や莢が付く気配を感じず、

現在付いている莢が最後の収穫になりそうです。

 

その現在付いている莢は大きく生長し、

長さ1113(cm)、太さ7(mm)ほどの大きさに実っていました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)43

 

一方、「バロン君」'マメっち'と同様に、

草丈の伸びや葉の生長がほとんど見られませんでした。

ペット栽培III(つるなしインゲン)44

 

しかし、黄色く色づく莢が付いている様子は

ハッキリと確認できます。

 

一応、「バロン君」を間近で観てみたところ、

長さ1216(cm)太さ8(mm)ほどの莢

何本も垂れ下がっていました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)45

 

今回は前回以上の収穫が見込めますが、

これで最後の収穫になるのかと思いますと

少し寂しい気持ちになります。

 

さて、今回の栽培における最後の収穫を行ったところ、

今までで最高の収穫量を確保することができました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)46

 

2つのペットボトル鉢で育てた'つるなしインゲン'から、

これだけの量を収穫することできるのならば、

もう少し栽培量を増やせば良かったと欲を書きそうになります。

 

また、前回も少しお話をしましたが、

'紫色のつるなしインゲン'も育てればよかったと強く思います。

 

何はともあれ、2つの品種の'つるなしインゲン'

無事に収穫する事ができたので簡単な料理に使いました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)47

 

今回の栽培では'1コインで育てること'をスローガンに掲げ、

2つの品種の'つるなしインゲン'を同時に栽培しましたので、

作業的にはハードな内容となりましたが、充実感はありました。

 

また、今回の栽培にかかった費用は最大460(税込)でしたが、

順調に育ってくれたおかげもあり、ちょっとした料理に

使うのには十分な収穫量を確保できました。

 

従って、新たな規格に基づいたペットボトル栽培としては、

文句なく、'大成功'と言える結果に終始できたと思います。

 

皆さんも是非、'つるなしインゲン'のペットボトル栽培に、

挑戦してみてください。

【ペットボトル栽培III~つるなしインゲン~ 完】

M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

06月
12

[インゲン]ブログ村キーワード、オゾン層破壊

こんにちは、M.Ishiiです。

 

前回、一般的なつるなしインゲンの「マメっち」

一段と大きく生長し、長さ約12(cm)太さ約7(mm)

大きさに生長した莢がたくさん実っていました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)29

 

当然ながら、これらの実は全て収穫し、料理に使いました。

 

一方、黄色いつるなしインゲンの「バロン君」は、

停滞気味だった草丈が(cm)ほど伸び

こちらにも、長さ約10(cm)太さ約3(mm)の大きさに育つ

莢が数ヵ所に出来ていたのです。

 

今回は「バロン君」を収穫することができるのでしょうか?

 

栽培開始から61日目

「マメっち」は株元に近い葉が少なくなり、少し寂し気ですが、

それでも、元気に育っているようでした。

ペット栽培III(つるなしインゲン)35

 

「マメっち」に近づいて観察してみたところ、

前回小さかった莢が大きく育っていました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)36

 

今回の莢は前回よりもさらに大きく、

長さ1014(cm)太さ8(mm)あり、収穫するのが楽しみです。

 

一方、「バロン君」も株元の葉が少なくなり気になりますが、

なんといって、あの莢が目立っていました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)37

 

言うまでもなく、「バロン君」の莢は黄色く色づいていたのです。

 

「バロン君」を間近で見てみたところ、

莢が少し曲がっているのは気になりますが、

黄色く色づいた莢がいくつか実っていました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)38

 

「バロン君」の莢は長さ1016(cm)太さ5~7(mm)の大きさで、

長さ的には'マメっち'よりも長い印象を受けました。

 

とりあえず、2つの品種の'つるなしインゲン'の莢が

大きく育ってくれましたので、収穫することにしました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)39

 

収穫した2つの品種の'つるなしインゲン'を並べてみますと、

莢の色の違いがハッキリと分かり、キレイに見えます。

 

今回「バロン君」を無事収穫することができたから

私の胸の内を明かすわけではありませんが、

実のところ、今回の'つるなしインゲン'栽培は、

天候不順などの影響から失敗に終わると思っていました。

 

このため、本来育てる予定だった、

もう一品種の「紫色のつるなしインゲン」は取りやめたのです。

ペット栽培III(つるなしインゲン)40

 

収穫した今を思いますと、この'つるなしインゲン'

育てておけばよかったと後悔の念を感じます。

 

何はともあれ、2つの品種の'つるなしインゲン'

ほぼ順当な日数で収穫できたことは上出来でしたので、

早速料理に使うことにしました。

 

'インゲン'はどんな調理法でも使える食材ですが、

'黄色いインゲン'の使い道には悩まされます。

 

今回は、私の嫁さんに任せたところ、

「インゲンとジャガイモのニンニク炒め」にしてくれました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)41

 

今の私の体調でも美味しく頂くことができ、

ニンニクを使っているのでスタミナがつきそうです。

 

ところで、'黄色いインゲン'の味ですが、

私の予想した通り、パプリカと同様に、

一般的なインゲンよりも甘みがあるため、

お浸しなどには合わないかもしれないと感じました。

 

今回初めて'黄色いインゲン'を食べて、

余計に'紫色のインゲン'が食べたくなりました。

 

まだ、2つの品種の'つるなしインゲン'には、

小さな莢が付いていますので、もう少し収穫を楽しめそうです。

次回に続く

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

06月
04

[インゲン]ブログ村キーワード、オゾン層破壊

こんにちは、M.Ishiiです。

 

前回、一般的なつるなしインゲンの「マメっち」は、

草丈は(cm)伸ばし、葉数は倍近くに増えるなど、

驚異的な生長を果たしていました。

 

さらに、「マメっち」は驚くことに、

キレイに咲く花の近くから小さな莢ができ、

膨らみ始めていたのです。

ペット栽培III(つるなしインゲン)24

 

「マメっち」は収穫に向けスパートをかけようとしていたのです。

 

一方、黄色いつるなしインゲンの「バロン君」は、

相変わらず、草丈の伸びがほとんどない状態でしたが、

葉数が倍近くに増えるなど、飛躍的な生長を遂げていました。

 

しかも、「バロン君」も'マメっち'に負けじと、

たくさんの蕾から花を咲かせていたのです。

 

今後、「バロン君」の生長からも目が離せない状態となりました。

 

栽培開始から55日目

「マメっち」は一段と草丈を伸ばし葉もより大きくなり、

その生長は止まることを知らないようです。

ペット栽培III(つるなしインゲン)28

 

さて、前回待望の莢が付きましたが、

その後の様子が気になるところです。

 

早速、間近で「マメっち」を観てみたところ、

長さ1012(cm)、太さ7(mm)ほどの大きさに生長した莢が

たくさん実っていたのです。

ペット栽培III(つるなしインゲン)29

 

以前、'つるなしインゲン'を育てたことがありますが、

ここまで順調に育ってくれるとは想像できませんでした。

 

というのも、'つるなしインゲン'播種後5055日程度

収穫できる程の大きさに育つそうで、初めて開花した時と同様、

日数的に合致していたからなのです。

 

ここまで大きく生長できたことは、

「マメっち」の根の張り方を見てもよく分かります。

ペット栽培III(つるなしインゲン)30

 

先ほどの写真をご覧になられれば一目瞭然ですが、

この時点で大きく実った莢は収穫することにしました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)31

 

今回収穫した莢は計8莢とささやかな数ですが、

まだ、生長を続ける莢はたくさんありますので、

今後も「マメっち」ね収穫は楽しめそうです。

 

今回収穫した'つるなしインゲン'の使い道ですが、

私の思い付きで「インゲンのきんぴら」に使いました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)32

 

'インゲン'をきんぴらに使用したのは初めてでしたが、

私が想像していた以上に美味しく頂けましたので、

病み付きになるかもしれません。

 

一方、「バロン君」の生長にも大きな動きがありました。

 

これまで少し停滞気味だった草丈が3(cm)ほど伸びていたのです。

ペット栽培III(つるなしインゲン)33

 

また、枝分かれのほうはさらに進み、

葉数が増えたことにより横に広がるようになりました。

 

また、「バロン君」は今もきれいな花が咲き続けていますが、

その中から長さ8~10(cm)、太さ3(mm)ほどの大きさに育つ

数ヵ所から出来ていました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)34

 

「バロン君」は黄色いつるなしインゲンですので、

莢の色が一番気になるところですが、

やや黄色みがかっているように見えます。

 

これから、莢の色が徐々に黄色く変わってくるのか、

今後の「バロン君」の生長からはやはり目が離せません。

次回に続く

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
30

[インゲン]ブログ村キーワード、オゾン層破壊

こんばんは、M.Ishiiです。

 

前回、一般的なつるなしインゲンの「マメっち」は、

支柱で支えるほど大きく生長していました。

 

葉の一部に枯れている箇所はありましたが、

早くも沢山の蕾ができ、キレイな色をした花が咲いたのです。

ペット栽培III(つるなしインゲン)21

 

一方、黄色いつるなしインゲンの「バロン君」は、

飛躍的に大きく育ったものの、'マメっち'に比べると

やはり小さかったのです。

 

双方の生長の差はさらに広がったように感じますが、

その後の生長を覗いてみることにしましょう。

 

栽培開始から48日目

「マメっち」驚異的な生長を見せてくれました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)23

 

草丈は7~8(cm)伸び、葉数は倍近くに増えていたのです。

 

また、蕾からはキレイなピンク色の花が咲き、

新たな蕾が出来ていました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)24

 

「マメっち」は快調な生長っぷりを見せてくれていますが、

これで驚くのはまだ早いのです。

 

先ほどの写真からもご覧になれますが、

この「マメっち」は遂に待望の莢を作り、膨らみ始めていたのです。

ペット栽培III(つるなしインゲン)25

 

莢の長さは小さいもので3~4(cm)

大きいものでは7~8(cm)くらいあったのです。

 

今後一週間は暖かい日が続くそうですので、

「マメっち」の生長からは目が離せなくなりそうです。

 

一方、「バロン君」は草丈の伸びにあまり変化はありませんが、

枝分かれが増え、それに伴い葉数が倍近くに増えていました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)26

 

しかも、「バロン君」にも開花寸前の状態になる蕾

数カ所にわたってできていたのです。

ペット栽培III(つるなしインゲン)27

 

今回の'つるなしインゲン'栽培は、

早くも佳境に入りそうな展開を迎えそうな状況です。

次回に続く

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
26

[インゲン]ブログ村キーワード、オゾン層破壊

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、一般的なつるなしインゲンの「マメっち」は、

草丈や葉の大きさなどが比較にならないほど大きく生長しました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)17

 

一方、黄色いつるなしインゲンの「バロン君」は、

'マメっち'とは対照的に、スローペースな生長を続けていました。

 

ここにきて、双方の生長に差が出始めてきたようですが、

その後の様子を見てみることにしましょう。

 

栽培開始から42日目になる「マメっち」草丈を数(cm)伸ばし、

葉も一段と大きくなっていました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)19

 

このため、「マメっち」を支柱で支えてあげることにしました。

 

大きく生長してくれたのは嬉しいのですが、

葉の一部に枯れているところがあるのが少し気になります。

ペット栽培III(つるなしインゲン)20

 

少し不安要素はありますが、

いまの「マメっち」には期待が持てるのです。

 

というのも、「マメっち」には早くも蕾が出来たのかと思えば、

それを通り越し、キレイなピンク色をした花が咲いていたのです。

ペット栽培III(つるなしインゲン)21

 

一見すると、開花が早いようにも感じますが、

一般的な'つるなしインゲン'捲種後3040日程度

開花するので、むしろ、遅い開花となっていたのです。

 

今年は天候不順により気温の変化が激しいため、

若干の生長の遅れは仕方のないものと考えますので、

まずは順調に生長していると判断してもよいと思います。

 

一方、「バロン君」は前回よりも各段に大きく生長し、

草丈は10(cm)ほど伸び、葉数も倍近くに増えていました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)22

 

しかし、飛躍的に大きくなったとは言っても、

'マメっち'とは比較にならないほど小さく、

今後の巻き返しに期待したいところです。

次回に続く

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
22

[インゲン]ブログ村キーワード、オゾン層破壊

こんばんは、M.Ishiiです。

 

前回、一般的なつるなしインゲンの「マメっち」と、

黄色いつるなしインゲンの「バロン君」順調に生長していました。

 

ただ、草丈の伸びを見るとやや徒長気味であることが気がかり。

 

そんな中、2つの品種の'つるなしインゲン'は、

株同士が密集してきたことから間引くことに...

ペット栽培III(つるなしインゲン)13

 

間引いた2つの品種の'つるなしインゲン'は、

その後どのような生長を遂げたのかを見てみる事にしましょう。

 

栽培開始から29日目

少し徒長気味で頼りなさそうな印象の「マメっち」は、

劇的に大きく生長していました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)15

 

草丈は目測で約20(cm)と前回の倍近くまで伸び、

枝分かれして大きな葉がたくさん付いていたのです。

 

この「マメっち」の変貌ぶりには驚きを隠せません。

 

一方、「バロン君」'マメっち'と同様に、

枝分かれして大きな葉がたくさん付いており、

飛躍的な生長を見せてくれました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)16

 

ただ、'マメっち'とは違い、

草丈の伸びがあまりなかったのです。

 

従って、この時点で「マメっち」「バロン君」の戦いは、

逆転した格好になったのです。

 

栽培開始から34日目

「マメっち」は草丈や葉の大きさなどが比較にならないほど、

その生長の勢いをさらに加速させていました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)17

 

草丈は2728(cm)ほどに伸び、枝分かれもさらに増え、

大きな葉がより一層際立って見えるようになりました。

 

一方、少しスローペースな生長を続ける「バロン君」ですが、

やはり、草丈の伸びにはあまり変化がないものの、

枝分かれが増え、葉数を増していることが伺えます。

ペット栽培III(つるなしインゲン)18

 

突然、草丈の伸びがスランプ状態に陥ったのは、

もしかすると、前回の間引きに原因があるのかもしれませんが、

しばらくの間は様子を見てみることにしたいと思います。

次回に続く

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
18

[インゲン]ブログ村キーワード、オゾン層破壊

こんにちは、M.Ishiiです。

 

前回、一般的なつるなしインゲン「マメっち」と、

黄色いつるなしインゲン「バロン君」無事に発芽しました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)08

 

その後、2品種の'つるなしインゲン'

本葉を出し、順調に育つのでした。

 

'つるなしインゲン'は生長が早いので、

早速、その後の生長を覗いてみましょう。

 

栽培開始から21日目

「マメっち」草丈を7~8(cm)まで伸ばし、

本葉も大きくなっていました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)11

 

一方、「バロン君」は生長にバラつきあるものの、

草丈を5~10(cm)まで伸ばしていました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)12

 

2品種の'つるなしインゲン'を比較してみると、

「マメっち」元気に育っている様子が伺えますが、

「バロン君」の方は徒長気味であり、一部の葉が枯れているため、

少し元気がなさそうに感じました。

 

ただ、2品種とも少し株同士が密集しているため、

ペットボトル鉢内の2箇所に1株ずつ残すようにして

間引きました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)13

ペット栽培III(つるなしインゲン)14

 

間引いてみますと驚くことに、

「マメっち」は意外と徒長気味である事が分かり、

逆に、「バロン君」の方が平均的に育っており、

結局、まだ「バロン君」の方が一歩リードした格好になりました。

次回に続く

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
10

[インゲン]ブログ村キーワード、オゾン層破壊

こんにちは、M.Ishiiです。

 

前回、2品種の種蒔き作業を無事に終えた「つるなしインゲン」

ペット栽培III(つるなしインゲン)06

 

今回の栽培では一般的なものと少し変わったものを育てますので、

これらの生長の違いを観察できることは面白い試みと言えます。

 

とりあえず、いずれの'つるなしインゲン'

縦型ペットボトル鉢の中央に種を蒔きましたので、

無事に発芽してくれるのかを見てみることにしましょう。

 

栽培開始から10日目

一般的なつるなしインゲンの「マメっち」は、

無事発芽してくれました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)07

 

本来、'つるなしインゲン'の発芽は発芽適温(地温)20℃前後

播種後5~7日ほどで芽が出てくるのですが、

今年は天候不順の影響で気温変化の差が激しかったこともあり、

発芽に日数がかかってしまったのです。

 

一方、黄色いつるなしインゲンの「バロン君」

無事に発芽してくれましたが、既に本葉が開こうとしており、

'マメっち'より生長が早いようです。

ペット栽培III(つるなしインゲン)08

 

ここまでのところは、「バロン君」が優勢な状況です。

がんばれ、'マメっち'!!

 

栽培開始から15日目

「バロン君」蒔いた種全てから発芽し、

それぞれの苗には大きな葉が2、3枚開いていました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)09

 

やはり、新種の'つるなしインゲン'なのか生長が早いようです。

 

さて、気になるのは「マメっち」の様子ですが、

まだ、一部の種からは発芽していない様子で、

発芽した芽もやっと本葉が出てきたという状態でした。

ペット栽培III(つるなしインゲン)10

 

しかし、豆類は生育が早い野菜ですので、

今後飛躍的に大きく生長する可能性は十分あります。

 

いや、必ず「マメっち」の頑張りが成就することを信じています。

次回に続く

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
08

[インゲン]ブログ村キーワード、オゾン層破壊

こんにちは、M.Ishiiです。

 

「つるなしインゲン」は炒めものや煮物、和え物、お浸しなど

どんな料理にも合いますので、重宝する野菜だと思います。

 

今回育てる「つるなしインゲン」は、

家庭菜園で育てる野菜の定番ですので、

ペットボトル栽培でも育てない訳にはいきません()

 

ペット栽培III(つるなしインゲン)01

「つるなしインゲン」には

色々な呼び名があるそうで、

ある諸説によると、16世紀末に

ヨーロッパを経由して中国に

渡り、17世紀に日本に伝わった

とされているそうです。

 

そして、同期に明からの帰化僧、

隠元禅師が日本に持ち込んだと

されることからこの名がついた

のだそうです。実際には藤豆を

持ち込んだという説もあり、

このことから、関西地方では

藤豆をインゲン豆と呼び、

インゲン豆を藤豆と呼んでいるとのことです。

 

このインゲン豆の原産は中南米だそうですが、

日本では全国の生産量の約90%が北海道の十勝平野を中心として

生産されているそうです。

 

今回の「つるなしインゲン」栽培では、

'1コインで育てること'をスローガンとして掲げていますので、

できるだけお金をかけず、かつ、煩わしい作業は行いません。

 

今回の栽培で用意して頂くものですが、

下の写真より、つるなしインゲンの種粒状の野菜の培養土

2Lサイズのペットボトルジョウロシャベルです。

ペット栽培III(つるなしインゲン)02

 

「つるなしインゲン」の種は園芸ショップやホームセンターなどでは

200円程度でお買い求め頂くことができます。

 

ただ、今回の栽培では少し面白い趣向で育ててみたいので、

今回の栽培では2つの品種の種を使用したいと思います。

 

1品種目は、アタリヤ社が販売している「つるなしインゲン」で、

ホームセンターで188(税込)で購入しました。

 

2品種目は、タキイ社が新製品として今年販売を開始した

黄色いつるなしインゲン「イエローバロン」でして、

ネットショップ限定で315(税込)で購入しました。

 

黄色いつるなしインゲンというのは珍しいですが、

販売元のタキイ社によると、莢の色は黄色く、

莢の長さは15(cm)程度で草丈が約40(cm)ほど伸びるそうです。

ペット栽培III(つるなしインゲン)03

 

今回、2品種の'つるなしインゲン'を育てるのは、

'黄色いつるなしインゲン'という珍しさに惹かれたことに加え、

品種間における生長の違いを比較・考察してみたかったからです。

 

なお、今後2品種の'つるなしインゲン'を育てるにあたり、

一般的な「つるなしインゲン」のことを「マメっち」

黄色いつるなしインゲン「イエローバロン」のことを「バロン君」

それぞれ呼ぶことにします。

 

今回の栽培で使用するペットボトル鉢についてですが、

2品種のつるなしインゲンの生育を考慮し、

「縦型ペットボトル鉢」を採用しました。

ペット栽培III・ペット鉢01_4

 

「縦型ペットボトル鉢」はペットボトルの口の部分を

カッターやハサミなどを使って切り取り、

ペットボトルの底部分に錐で穴を開けるだけですので、

誰でも簡単に作ることができるかと思います。

 

本ブログではペットボトル鉢の切り口を保護するため、

今回育てる'つるなしインゲン'の種別を示す

'緑色のビニールテープ'を使用しています。

 

また、今回の栽培では2品種の'つるなしインゲン'

育てることから、その品種を区別するため、

ペットボトル鉢前面の切り口に'細長く緑色の

ビニールテープ'を縦に貼っています。

ペット栽培III(つるなしインゲン)04

 

今回の栽培で使用する「粒状の野菜の培養土」は、

園芸ショップやホームセンターなどで購入することができますが、

今後、ほかの野菜を育てられることがある際には、

少し大きめのものを購入されたほうが経済的です。

ペット栽培III・ツール01

 

今回の栽培では縦型ペットボトル鉢を使用するため、

1鉢につき2L程度の培養土を用意されたほうがよさそうです。

 

これらの道具を使い、

2品種の'つるなしインゲン'の種を蒔くことにします。

 

ところで、「マメっち」「バロン君」の種ですけども、

色については種自体に薬品が塗られているため、

実際の色は分かりませんが、黒か茶色の違いはありそうです。

 

形状については、「マメっち」より「バロン君」のほうが

やや細長くなっていました。

ペット栽培III(つるなしインゲン)05

 

'つるなしインゲン'発芽に要する温度は2025ですので、

暫くの間は以下に示す簡易温室の中に入れて育てたいと思います。

ペット栽培III・ツール23

 

とりあえず、無事に発芽してくれるのを待つことにしましょう。

次回に続く

 

◆「マメっち」の種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

つるなしインゲンの種

1

188

188

野菜の培養土<粒状>(14)

1

398

57
(2L使用)

天然水(2L)

1

88

88

合計金額 

333

※ ジョウロとシャベルは自宅にあるものを使用しているため、

 この費用には計上しておりません。

 

◆「バロン君」の種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

イエローバロンの種

1

315

315

野菜の培養土<粒状>(14)

1

398

57
(2L使用)

天然水(2L)

1

88

88

合計金額 

460

※ ジョウロとシャベルは自宅にあるものを使用しているため、

 この費用には計上しておりません。

 

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる