FC2ブログ
インフォメーション
8/23 ペットボトル栽培関連記事を全て移行し、カテゴリーメニューに反映させました!!
11/18 いい感じに発芽してくれた「冬菜」ですが…。
11/17 「ネモフィラ」は無事に発芽しました!!
11/16 安定した生長が見込めるようになった「ミニ大根」
11/15 今日の柿の種XVIII
11/15 代わり映えのしない「ホーム玉ねぎ」
11/14 「さやエンドウ」が発芽したのはいいのですが…。
11/13 二度目の「小カブ」の間引きを行って…。
11/12 今年は「冬菜」を育てることにしました!!
10月
27

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、枝豆、食物連鎖

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「エダマメ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回はプックリと膨らむ莢の数が増えて収穫できそうな状態に育ちつつも、

収穫量を増やしたいという欲からもう少しだけ様子を観ることにしたことをお伝えしました。

 

収穫目前に控えた「エダマメ」はさらに莢を増やすことができたのでしょうか?

 

あれから一週間が経過して栽培開始からちょうど80日目を迎えた「エダマメ」

草丈が支柱の高さと同じくらいの長さに伸びていて、青々とした葉の数が

さらに増えたように感じ、元気よく育っていました。

ペトさい(エダマメIV)39

 

近くに寄って観てみますと、プックリと膨らむ莢の数は微妙に増えているように感じ、

十分に収穫できる状態に育っていました。

ペトさい(エダマメIV)40

 

また、新たに出た脇芽はほとんど確認することができず、

欲をかいて莢数を増やすことをしたところで蕾を着ける気配は感じられないため、

園芸用ハサミを使って収穫することに決めました。

 

★収穫のポイント★

・莢が膨らみ、押すと飛び出すくらいになるのを目安に収穫する。

・収穫するときは株元から園芸用ハサミで切り取る。

ペトさい(エダマメIV)41

 

すべての株を株元から剪定したところ想像していたよりも多くの株を収穫でき、

プックリと膨らむ莢を一つ一つ丁寧に摘み取っていきました。

ペトさい(エダマメIV)42

 

今回の栽培では今までと違う品種の「エダマメ」を育てましたが、

思っていたよりも多くの「エダマメ」を収穫することができて満足しています。

 

これだけたくさん収穫することができれば、ビールのおつまみになりそうです。

 

ということで、収穫した「エダマメ」は鮮度が落ちないうちに熱湯で茹で、

生ビールを飲みながら贅沢な一時を味わいました。

ペトさい(エダマメIV)43

 

最後に、「エダマメ」の栽培データを以下に示しますとともに、

これから「エダマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★エダマメの栽培データ★

ペトさい(エダマメIV)09

【おしまい】

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

10月
20

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、枝豆、食物連鎖

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「エダマメ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は草丈の伸びが落ち着く一方で至るところに着いた莢がプックリと膨らみ、

収穫量を増やすべく追肥したことをお伝えしました。

 

あれから8日が経過して栽培開始から73日目を迎えた「エダマメ」ですが、

株そのものの生長は落ち着き、見た目にはさほど変わらない様子でした。

ペトさい(エダマメIV)36

 

しかし、近くに寄って観てみますと、プックリと膨らむ莢の数が増えていて

収穫できそうな状態に育っていたのです。

ペトさい(エダマメIV)37

 

とはいうものの、収穫量を増やしたいという欲が勝っていて

収穫を惜しんでしまうオレ様がいました(苦笑)

 

8日前に追肥したこともあり、「エダマメ」に新たな莢が着くのを待つために

もう少しだけ様子を観てみたいと思います。

 

最後に、「エダマメ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「エダマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・草丈が10(cm)くらい伸びる度に麻ヒモで誘引すること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからも「エダマメ」の水やりは引き続きジョウロで与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(エダマメIV)38

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★エダマメの栽培データ★

ペトさい(エダマメIV)09

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
13

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、枝豆、食物連鎖

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「エダマメ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は相変わらず徒長ぎみに生長を続ける「エダマメ」でしたが、

新葉だけでなく蕾の数を増やし、待望の莢が着き始めたことから

再び、追肥料したことをお伝えしました。

 

あれから8日が経過して栽培開始から59日目を迎えた「エダマメ」ですが、

草丈をさらに10(cm)近く伸ばし、支柱の先端より延びていて

誘引することができなくなりました。

ペトさい(エダマメIV)30

 

そんな「エダマメ」ではありますが、順調に葉数を増やす一方で莢の数が急激に増え

莢の中にはプックリと膨らんでいるものがありました。

ペトさい(エダマメIV)31

 

貧弱な株なのにしっかりと実を着けていることに感動しました。

 

さらに6日が経過して「エダマメ」の様子を観てみますと、

草丈はそれほど伸びている様子が感じられないものの、葉や枝の数が増えており、

元気に育っているように感じました。

ペトさい(エダマメIV)32

 

近くに寄って観てみたところ、至るところにプックリと膨らむ莢が目に入り、

もう少しでビールのお供として収穫することができそうな気がしました。

ペトさい(エダマメIV)33

 

しかし、オレ様的には「エダマメ」の収穫量を増やしたいと考えるため、

再度、実着きを良くする'リン酸系肥料'と葉の生育を促す'発酵油かす'

一摘みずつ与えておきました。

ペトさい(エダマメIV)34

 

「エダマメ」には根粒菌が着いているため必要以上に追肥しないほうがいいのですが、

既に実をたくさん着け、生長が著しいことを考えると土中の栄養素が

不足する恐れがあるため、念には念をおして行いました。

 

果たして、「エダマメ」はさらに莢数を増やしてくれるのか、

期待して待つことにしましょう。

 

最後に、「エダマメ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「エダマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・草丈が10(cm)くらい伸びる度に麻ヒモで誘引すること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからも「エダマメ」の水やりは引き続きジョウロで与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(エダマメIV)35

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★エダマメの栽培データ★

ペトさい(エダマメIV)09

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
03

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、枝豆、食物連鎖

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「エダマメ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は一段と徒長が進み、「エダマメ」の生長に不安がよぎる中、

所々に蕾を着けているのを確認したことから追肥したことをお伝えしました。

 

あれから6日が経過して栽培開始から51日目を迎えた「エダマメ」ですが、

草丈が40(cm)近くまで伸びていて相変わらず徒長気味に育っていました。

ペトさい(エダマメIV)26

 

近くに寄って観てみますと新葉の数がさらに増え蕾の数も増え

順調に育っていました。

ペトさい(エダマメIV)27

 

また、他の場所を観てみると早くも莢を着け始めており、

収穫の二文字がボンヤリと浮かんできました。

 

本格的な収穫を迎えるのはまだまだ先の話になりますが、

蕾や莢をたくさん着けてもらうためにも再び'リン酸系肥料'

'発酵油かす'を与えておきました。

ペトさい(エダマメIV)28

 

これらの肥料は遅効性のため「エダマメ」の生長に効果が表れ始めるには

しばらく時間がかかりますが、今後の生長における期待感が高まってきました。

 

最後に、「エダマメ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「エダマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・草丈が10(cm)くらい伸びる度に麻ヒモで誘引すること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからも「エダマメ」の水やりは引き続きジョウロで与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(エダマメIV)29

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★エダマメの栽培データ★

ペトさい(エダマメIV)09

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

09月
23

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、枝豆、食物連鎖

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「エダマメ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は順調に本葉の数を増やしていた「エダマメ」でしたが、

草丈のほうが10(cm)以上も伸びてしまい徒長してしまったことから

支柱を立てて補強したことをお伝えしました。

 

あれから二週間が経過して栽培開始から33日目を迎えた「エダマメ」ですが、

一段と徒長のほうが進んでしまい、草丈が20(cm)以上ありました。

ペトさい(エダマメIV)20

 

かなり貧弱な株に育ってしまった感のある「エダマメ」ですが、

近くに寄って観てみますと大きくなった本葉の数がさらに増えており、

所々に蕾を着けているのを確認できました。

ペトさい(エダマメIV)21

 

なんだかんだ言っても、しっかりと育っているところは流石です()

 

ひとまず、蕾が着き始めましたので実着きをよくする'リン酸系肥料'

葉の生育を促す'発酵油かす'を一摘みずつ与えておきました。

ペトさい(エダマメIV)22

 

これらの肥料は遅効性のためすぐには効果が現れませんが、

じわりと効いてきますので、「エダマメ」の生長を気長に待ちたいと思います。

ペトさい(エダマメIV)23

ペトさい(エダマメIV)24

 

最後に、「エダマメ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「エダマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・草丈が10(cm)くらい伸びたら麻ヒモで誘引すること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからも「エダマメ」の水やりは引き続きジョウロで与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(エダマメIV)25

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★エダマメの栽培データ★

ペトさい(エダマメIV)09

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

09月
15

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、枝豆、食物連鎖

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「エダマメ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は発芽から6日で草丈を5(cm)伸ばし大きくなる本葉も2枚出ていて

窮屈そうだったことから生育の悪そうな芽を一株間引いたことをお伝えしました。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から19日目を迎えた「エダマメ」ですが、

本葉は数を倍以上に増やしていて順調だったのですけど、

草丈のほうは10(cm)以上に伸び頼りなそうな姿になっていました。

ペトさい(エダマメIV)14

 

まさかの徒長が急激に進んでしまっていたことにショックが大きく、

頭が真っ白になってしまいました。何でやねん()

 

この状態だとかなり風に煽られやすく茎が折れてしまう恐れがあるため、

支柱を立てて補強することにしました。

 

というわけで、今回の支柱を立てるのに必要な道具を一式用意しました。

 

★支柱による補強作業に必要な道具★

支柱(60cm)×4、麻ヒモ、園芸用ハサミ

ペトさい(エダマメIV)15

 

 

★支柱による補強作業の手順★

ペトさい(エダマメIV)16

'エダマメ'の株から1(cm)ほど離れた所に「支柱」を垂直に立てます。

 

ペトさい(エダマメIV)17

'エダマメ'の株元から5(cm)のところを「麻ヒモ」で誘引し、

支柱による補強作業は完了となります。

 

※ 「麻ヒモ」で誘引する際、あまりキツく縛らないように固定して下さい。

 

ひとまず、支柱を立てて支えたことにより

「エダマメ」が風に煽られる心配はなくなりました。

ペトさい(エダマメIV)18

 

しかし、「エダマメ」が徒長してしまった事実に代わりがなく、

今後の生長に少なからず影響することは避けられません。

 

もしかしたら、実着きが悪く一番期待している「エダマメ」の収穫量が

減ってしまう恐れがあるため、そのことは頭の片隅に置いて

これ以上の徒長が進まないように育てたいと思います。

 

最後に、「エダマメ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「エダマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・草丈が10(cm)くらい伸びたら麻ヒモで誘引すること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからも「エダマメ」の水やりは引き続きジョウロで与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(エダマメIV)19

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★エダマメの栽培データ★

ペトさい(エダマメIV)09

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

09月
13

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、枝豆、食物連鎖

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「エダマメ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は予定通りに発芽した「エダマメ」は順調なスタートを切ることが

できたことをお伝えしましたが、これから本格的に生長していくことになり、

まずはできるだけ徒長させずに草丈を伸ばし本葉が出てくれるかが

今後のポイントになりそうです。

 

あれから6日が経過して栽培開始から12日目を迎えた「エダマメ」ですが、

ペットボトル菜園に行ってみると大きく育っていることに驚き、

自然と笑みが溢れました()

ペトさい(エダマメIV)10

 

近くに寄って観てみますと、草丈が5(cm)ほどに伸びていて本葉が2枚出ており、

すべての芽がそのような状態に育っているため窮屈そうな感じがしました。

 

このため、株元付近を観てみると土面から双葉までの高さが2(cm)ほどあり、

若干徒長が進んでいることから今後の生長に影響しそうで不安になりました。

 

従って、これ以上の徒長を防ぐためにも生育の悪そうな芽を一株間引いて株間を開け、

風通しをよくすることにしました。

 

★間引きのポイント★

・本葉が1~2枚になり込み合ってきた時を目安に行う。

・間引く際は生育の悪い株を園芸用ハサミで株元から剪定すること。

ペトさい(エダマメIV)11

 

ひとまず、一株ずつ間引いた「エダマメ」ですが、

本葉が触れ合ってはいるものの間引く前に比べて風通しが良くなりました。

ペトさい(エダマメIV)12

 

「エダマメ」は2株を密接して育てた方が生育がよいため、

これ以上の間引きは行うことなく育てることになります。

 

とはいうものの、密接して育てることになるため徒長しやすくなることから

今後の栽培管理によって「エダマメ」の生育が左右されるだけに

丁寧に育てていくことを心掛けたいと思います。

 

最後に、「エダマメ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「エダマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・草丈が10(cm)くらい伸びたら支柱を立てて麻ヒモで誘引すること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからも「エダマメ」の水やりは引き続きジョウロで与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(エダマメIV)13

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★エダマメの栽培データ★

ペトさい(エダマメIV)09

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

09月
11

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、枝豆、食物連鎖

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「エダマメ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回はビールのおつまみに「エダマメ」が欲しくなったことから

栽培計画に入れていなかったのを無理して育てることになり、

縱型ペットボトル鉢に種を蒔いたことをお伝えしました。

 

種を蒔いてから5日が経過して栽培開始から6日目を迎えた「エダマメ」ですが、

栽培しているペットボトル菜園に行って様子を観てみたところ、

ポツポツと芽が出ているのを確認できました。

ペトさい(エダマメIV)07

 

しかも、嬉しいことに播種した時とほぼ同じ株間で、

蒔いた種の殆どが発芽していたのです。

 

豆野菜の発芽率は高いため水やりさえ気を付ければ芽が出てきますので、

「エダマメ」に関しても例外ではなく、地温2530℃で播種後5~7日

発芽することから順調なスタートを切ることができたように感じました。

 

ひとまず、無事に発芽した「エダマメ」ですが、

株間が比較的狭まっていることから徒長しないように育てることに

気を付けたいところですね。

 

最後に、「エダマメ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「エダマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉が1~2枚出てきたら生育の悪い芽を一株間引くこと。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今回、「エダマメ」は無事に発芽しましたが、

引き続いてジョウロで水を与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(エダマメIV)08

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★エダマメの栽培データ★

ペトさい(エダマメIV)09

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

09月
05

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、枝豆、食物連鎖

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「エダマメ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

毎年夏になりますとビールが恋しくなり、ビールを飲むとおつまみが欲しくなり、

今年も栽培計画に入れていなかった「エダマメ」育てていました()

 

「エダマメ」は夏栽培の定番ですので育てる回数は多いのですが、

過去の栽培履歴を見てみたら7回も育てていたようです。

 

このため、8回目となる今回の栽培では今まで育ててきたものとは違う品種の

「エダマメ」を育てたいと思います。

 

ビールのおつまみとして収穫した「エダマメ」を食べることができるのは

いつになるのかとても楽しみです!!

 

★品種選び★

「エダマメ」には様々な品種があるため、

ペットボトル栽培に適した品種を選ぶことが重要になります。

 

一般的に、「エダマメ」は栽培期間が長くなると難易度が高くなるため、

ペットボトル栽培では栽培期間が短い早生種のものを選ぶようにします。

 

今回の栽培ではサカタのタネ社の「奥原早生」という品種を選び、

生長する様子をお伝えしていきます。

ペトさい(エダマメIV)01

 

 

★播種時期と発芽日数★

品種による多少の誤差はありますが、

「エダマメ」の播種時期と発芽日数は以下のようになります。

 

播種時期:4月上旬~5月中旬

発芽日数:播種後5~7日

発芽率:80%

発芽適温(地温)2530

 

※ 上記のデータはいずれも中間地(温暖地)によるものです。

 

 

★使用する土★

「エダマメ」を育てる際に使用する土は、

市販の野菜用培養土であれば問題なく育てることができます。

 

ただ、市販の野菜用培養土で「エダマメ」を育てる場合は

鉢底土を敷いてから野菜用培養土を入れるという手間がかかり、

野菜用培養土の粒子が細かいためペットボトル鉢の底穴が詰まり、

排水不良を起こしてしまいます。

 

排水不良を起こせば、当然「エダマメ」の生長にも影響が及びますので、

この排水性を考慮し、下図に示す'市販の粒状培養土'の使用をお勧めします。

ペトさい(培養土・改)03

 

'粒状培養土'は「エダマメ」の生育に必要な様々な栄養素を含んだ培養土を

(mm)ほどの大きさに加熱処理して粒状に加工されているため、

普通の培養土に比べて通気性がよく、土に新鮮な空気・水を運び込む

通り道を確保できることから余分な水を土中の老廃物と共に排水されるため

鉢底土を敷く必要がなく、直接ペットボトル鉢に入れることができます。

 

今回の栽培では、1鉢につき'粒状培養土'を2()使用するものとし、

その一部の培養土を篩にかけて細かな土を抽出して種蒔き用土として

利用しています。

ペトさい(培養土・改)04

 

また、「エダマメ」には根粒菌が付くことから元肥を施す必要はありません。

 

このため、栽培を進めていく過程で「エダマメ」の葉の色が変色するなどの

生育不良を起こした時に限り、下図に示す'発酵油かす'を一摘み与えて

追肥を行います。

ペトさい(有機肥料・改)01

 

さらに、「エダマメ」は実着きを良くするために土の栄養分を吸収する中でも、

実着きをよくする'リン酸'が不足します。このため、今回の栽培では

花が咲き始めた頃から下図に示す'バッドグアノ'というリン酸系肥料を

一摘み与えて追肥を行います。

ペトさい(有機肥料・改)02

 

そして、「エダマメ」に実を着け始めた頃から普段の水やりの代わりに

'栽培用炭酸水'を週2~3回程度与え、「エダマメ」の生育を活性化させます。

ペトさい(栽培用炭酸水)

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照ください。

 

 

★鉢選び★

今回育てる「エダマメ」は株が大きくなっても他の豆野菜とは異なり、

根を深くまで張ることはありません。

 

このため、今回の栽培では株が大きくなっても安定した状態で育てることができ、

収穫に期待が持てる'縦型ペットボトル鉢'を使います。

ペトさい(ペットボトル鉢)01

 

なお、縦型ペットボトル鉢を新規で作られる方は

こちらをご参照の上作ってみて下さい。

 

 

★種蒔き作業に必要な道具★

種を蒔くときに必要な道具を下記に示しますので、各自ご用意下さい。

 

エダマメの種、縦型ペットボトル鉢、移植ゴテ、

粒状培養土、種蒔き用土、ガーゼ、麻ヒモ、ジョウロ

ペトさい(エダマメIV)02

 

 

★種蒔き作業時の注意点★

・種を蒔いた後の覆土は厚さ1(cm)程度にすること。

・播種後の水やりはたっぷりと与えること。

・播種後の防鳥対策として、ガーゼ(もしくは防虫ネット)をかけること。

 

 

ペトさい(エダマメIV)03

'縦型ペットボトル鉢'に「粒状培養土」を鉢の縁から3(cm)下まで入れ、

さらに、「種蒔き用土」を(mm)程度かけます。

 

※ 「種蒔き用土」をかけることで種と土を密着させ、種を発芽しやすくします。

 

ペトさい(エダマメIV)04

粒状培養土を入れたら「エダマメの種」を点蒔きします。

このとき、種と種の間隔は2(cm)程度開け1箇所に3粒蒔くようにして下さい。

 

ペトさい(エダマメIV)05

エダマメの種を蒔いたら「粒状培養土」を1(cm)程度の厚さに覆土し、

「ジョウロ」でたっぷりと水を与えます。

 

※ ジョウロで水を与えるときは、必ずジョウロの注ぎ口に手を添えて

水の勢いを和らげながら株の周囲に与えるようにしましょう。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまうと、

土がえぐれてしまうので注意しましょう!!

 

ペトさい(エダマメIV)06

覆土した後に水を与えたらペットボトル鉢に「ガーゼ」を被せ、

風に飛ばされないように「麻ヒモ」で固定し、もう一度「ジョウロ」で

たっぷりと水を与えて、種蒔き作業は完了です。

 

※ ガーゼを被せることにより土面を乾燥から守るためだけでなく、

豆科の種を好んで食べる鳥による食害を防ぐことができます。

 

 

★最後に★

皆さん、「エダマメ」の種を蒔くことはできたでしょうか?

 

種を蒔いた鉢は日当たりのよい場所に置いて育てるようにしましょう。

 

最後に、今回の「エダマメ」の種蒔き作業にかかった費用を

以下に示しますのでご参考ください。

◆エダマメの種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

エダマメの種

1

216

216

粒状培養土(5L)

1

398

159
(2L使用)

移植ゴテ

1

108

108

ジョウロ

1

108

108

1

108

108

ガーゼ

1

108

108

麻ヒモ

1

108

108

合計金額 

915

※ 「縦型ペットボトル鉢」を新規で製作する場合は別途費用が掛かります。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる