インフォメーション
8/23 ペットボトル栽培関連記事を全て移行し、カテゴリーメニューに反映させました!!
6/20 「サルビア」の発芽ってこんなんでしたっけ?
6/20 受粉した「トウモロコシ」は成功と言ってもよろしいのでしょうか?
6/19 「半結球レタス」が緩く結球していました!!
6/18 「ジャガイモ」の土内の生長の様子が見えないもどかしさ
6/16 新たな環境に馴染む「ミニかぼちゃ」の急生長ぶりに新たな悩みが…。
6/16 生長の勢いが衰えた「エダマメ」ですが・・・。
6/15 ペトさい料理32~黄金かぶ編~
6/15 食害に遭う「チマサンチュ」には何者かが寄生している?
06月
16

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、枝豆、食物連鎖

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「エダマメ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

調子に乗るにも程があるほど順調に育っている「エダマメ」は依然として

葉数を増やして大きくなり、蕾や莢の数も増えてきました。

 

特に莢についてはプックリと膨らんできていることから

収穫への期待感が増してきました。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から68日目を迎えた「エダマメ」ですが、

ここにきて生長の勢いが衰えてきたのか、草丈は殆ど伸びておらず

葉数も殆ど変わっていませんでした。

ペトさい(エダマメV)42

 

今まで生長の変化を感じることができた所が急に育たなくなっているのを観ると

なんだか寂しい気持ちになりました。

 

しかしながら、株全体の生長が止まってしまったわけではなく、

蕾や莢の数は順調に増えていました。

ペトさい(エダマメV)43

 

特に莢については、ふっくらと膨らむ莢の数が増えたように感じ、

収穫できる時期はそう遠くないと思いました。

 

とはいうものの、まだ殆どの莢は収穫できるほどの大きさに育っておらず、

開花しそうな蕾もまだまだありますので新たな莢を着けることを考えますと

収穫にはもう少し時間がかかりそうです。

 

最後に、「エダマメ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「エダマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が黄色くなってきたら'発酵油かす'を一摘まみ与えること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの「エダマメ」水やりは引き続いてジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(エダマメV)44

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★エダマメの栽培データ★

ペトさい(エダマメV)11

【次回のお話に続く】

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

06月
11

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、枝豆、食物連鎖

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「エダマメ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

相変わらず、調子に乗りまくっている「エダマメ」は草丈をさらに伸ばし

葉も数を増やして大きくなり、元気よく育っていました。

 

しかも、ここにきて蕾を着けるだけでなく、莢まで着けてしまう始末。

「エダマメ」の生長の勢いが衰えることはなさそうです。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から61日目を迎えた「エダマメ」ですが、

草丈はさほど伸びているようには感じないものの葉のほうは数を増やして

大きくなっていて、生長の勢いがまだあるように感じました。

ペトさい(エダマメV)39

 

近くに寄って観てみますと一週間前よりも蕾や莢の数が増えていて、

特に莢についてプックリと膨らんでいるものを多く見られました。

ペトさい(エダマメV)40

 

また蕾については開花しているものが観られ、これらも莢に着果してくれそうな

気配を感じましたので、収穫するのが楽しみになってきました。

 

最後に、「エダマメ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「エダマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が黄色くなってきたら'発酵油かす'を一摘まみ与えること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの「エダマメ」水やりは引き続いてジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(エダマメV)41

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★エダマメの栽培データ★

ペトさい(エダマメV)11

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

06月
04

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、枝豆、食物連鎖

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「エダマメ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

マメ科の野菜の中でも著しい生長を見せる「エダマメ」ではありますが、

今回の「エダマメ」に関してはあまりにも順調に生長を続けているため

どこかでとんでもないことが起こらないか心配になることが増えてきました。

 

とにもかくにも、調子に乗りまくっている「エダマメ」は草丈をぐんぐん伸ばし、

葉も数を増やして大きくなっていて衰える様子が全く感じられないのです。

 

果たして、「エダマメ」はさらなる生長を見せるのか、それとも、

予期せぬことが起きているのかを観てみることにしましょう。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から54日目を迎えた「エダマメ」ですが、

草丈は数(cm)伸び葉は数を増やしてさらに大きくなり、元気よく育っていました。

ペトさい(エダマメV)34

 

全く心配する必要のない「エダマメ」ではあるのですが、

近くに寄って観てみたところ脇芽からポツポツと蕾ができていて

栽培日数の割りに生長が早いように感じて不安を感じてしまいました。

ペトさい(エダマメV)35

 

しかも、まだ栽培開始から2ヶ月経っていないのに早々と莢を着けてしまうなんて

想像しませんでしたので、「エダマメ」の暴走ぶりには開いた口が塞がりません。

 

とにもかくにも、どこを見渡しても脇芽から蕾が出ていて開花しそうな状態で、

莢はさらに数を増やしてくれそうな予感がします。

ペトさい(エダマメV)36

 

ここまで調子に乗って生長を続けられてしまうと、いくら根粒菌を持つ

「エダマメ」であっても鉢内の土の栄養素は不足してしまいますので、

微量ではあるものの実着きをよくする'リン酸系肥料'と葉の生育を促す

'発酵油かす'を与えておきました。

ペトさい(エダマメV)37

 

これらの肥料は遅効性のためすぐに効果が表れませんが、「エダマメ」の生長が

ある程度落ち着いてきた頃にじわりと効いてくると思いますので

その頃の生長に期待したいと思っています。

 

最後に、「エダマメ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「エダマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が黄色くなってきたら'発酵油かす'を一摘まみ与えること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの「エダマメ」水やりは引き続いてジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(エダマメV)38

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★エダマメの栽培データ★

ペトさい(エダマメV)11

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
26

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、枝豆、食物連鎖

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「エダマメ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

相変わらず、調子に乗りまくっている「エダマメ」はさらに草丈を伸ばし

葉も数を増やして大きくなり、元気に育っていました。

 

今回の「エダマメ」は例年になく順調に育っているように感じますので、

今後もトラブルがなければ大量収穫を見込めそうな予感がしています。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から47日目を迎えた「エダマメ」ですが、

草丈をさらに数(cm)伸ばし葉も数を増やして大きくなり、

生長の勢いはまだまだあるように感じました。

ペトさい(エダマメV)30

 

ここまで「エダマメ」が快調に飛ばせる元気はどこにあるのか不思議でなりません。

 

そんな「エダマメ」を近くに寄って観てみたところ、

ワサワサと茂る葉には張りがあって青々としており、

脇芽があちこちから出ていました。

ペトさい(エダマメV)31

 

そして、その脇芽に注目して観てみますと、なんと蕾らしきものを着けていたのです。

ペトさい(エダマメV)32

 

栽培を始めてからまだ2ヵ月経っていないのに早くも蕾を着けるなんて

想像していませんでしたし、今回の「エダマメ」は調子に乗りまくるのにも

少々限度があるように感じて心配になってしまいました。

 

蕾を着け始めたということはそう遠くない時期に莢を着ける「エダマメ」の姿を

観る日が訪れそうです。

 

最後に、「エダマメ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「エダマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が黄色くなってきたら'発酵油かす'を一摘まみ与えること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの「エダマメ」水やりは引き続いてジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(エダマメV)33

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★エダマメの栽培データ★

ペトさい(エダマメV)11

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
16

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、枝豆、食物連鎖

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「エダマメ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

調子に乗りまくっている今年の「エダマメ」は草丈をぐんぐんと伸ばし

30(cm)近い長さとなり、葉も大分ワサワサと茂るほど数を増やし、

順調に育っていました。

 

「エダマメ」には脇芽もたくさん出ていましたので一段と大きく生長しそうです。

あれから一週間が経過して栽培開始から40日目を迎えた「エダマメ」ですが、

相変わらず、草丈を5(cm)ほど伸ばし葉も青々としていて元気でした。

ペトさい(エダマメV)27

 

近くに寄って観てみたところ、葉の増え方が若干緩やかになった感じがしますが、

一枚一枚の葉が一回り大きくなっていて、所々に脇芽も出ていて

順調に育っているように感じました。

ペトさい(エダマメV)28

 

「エダマメ」の生長は衰えることを知らず、まだまだ調子に乗りまくりそうです。

 

最後に、「エダマメ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「エダマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が黄色くなってきたら'発酵油かす'を一摘まみ与えること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの「エダマメ」水やりは引き続いてジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(エダマメV)29

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★エダマメの栽培データ★

ペトさい(エダマメV)11

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
10

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、枝豆、食物連鎖

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「エダマメ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

調子に乗りまくる「エダマメ」はオレ様の予想通りに草丈を大きく伸ばし

本葉も数を増やして込み合ってしまい窮屈な状態となっていたことから

間引きを行いつつ支柱を立てることにしました。

 

「エダマメ」の大きさ的には支柱を立てるのにはまだ早いのですが、

調子に乗っていることからさらなる生長は予想できますので、

早めの対策を施すことにしたのでした。

 

果たして、支柱を立てた「エダマメ」はどこまで生長しているのでしょうか?

 

あれから一週間が経過して栽培開始から27日目を迎えた「エダマメ」ですが、

オレ様の予想通り、草丈は大幅に伸ばし目測で20(cm)ほどになり、

徒長が進んでしまったのかと思ってしまいました。

ペトさい(エダマメV)22

 

しかし、草丈をその程度まで伸ばすことは折り込み済みでしたので、

すぐさま支柱に誘引しました(笑)

 

近くに寄って観てみますと本葉も数を増やして大きくなっており、

所々に脇芽が出ているのを確認できました。

ペトさい(エダマメV)23

 

相変わらず、「エダマメ」は調子に乗って生長しているご様子のため、

この勢いは止まらないように感じました。

 

さらに6日が経過して、再び「エダマメ」の様子を観てみたところ、

草丈はさらに5(cm)ほど伸ばし順調に育っていました。

ペトさい(エダマメV)24

 

近くに寄って観てみますと、本葉も数はさらに増えて倍近くになり

ワサワサとしていて、脇芽もさらに増えて元気よく育っているのが分かりました。

ペトさい(エダマメV)25

 

6日前に「エダマメ」を観たときには徒長しているように感じて

貧弱なイメージがあったのですが、

今の「エダマメ」の姿を観たらそのイメージは払拭され、

立派な株に育ってくれそうな期待感を持ちました。

 

とはいうものの、「エダマメ」は調子に乗りまくっているため

途中で疲れて生長を止めてしまわないか心配にもなります。

 

最後に、「エダマメ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「エダマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が黄色くなってきたら'発酵油かす'を一摘まみ与えること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの「エダマメ」水やりは引き続いてジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(エダマメV)26

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★エダマメの栽培データ★

ペトさい(エダマメV)11

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
05

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、枝豆、食物連鎖

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「エダマメ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

発芽して間もない「エダマメ」はオレ様の予想通りに草丈を伸ばし、本葉を2枚着け、

順調に育っていました。

 

やはり、「エダマメ」は品種に関係なくぐんぐんと生長することを踏まえると、

そろそろ間引きや支柱を立てる準備をしないといけないようですね。

 

あれから一週間が経過して栽培開始からちょうど20日目を迎えた「エダマメ」ですが、

オレ様の予想通りに草丈を6~7(cm)伸ばし本葉も2枚着けて順調に育っていました。

ペトさい(エダマメV)14

 

本葉が2枚着けてくれることは想定外でしたが、

それぞれの株に本葉を着けていることから少し込み合っていて窮屈さを感じました。

 

今回の品種は密集させて育てた方がよいとのことでこのまま放置して育てても

構わないのですが、ペットボトル鉢の大きさと土内の栄養分の供給を考えると

生育の悪そうな芽を一株ずつ間引いたほうが今後の「エダマメ」の生長に

良さそうな感じがするため、思いきって間引くことにしました。

 

★間引きのポイント★

・本葉が1~2枚になり込み合ってきた時を目安に行う。

・間引く際は生育の悪い株を園芸用ハサミで株元から剪定すること。

ペトさい(エダマメV)15

 

ひとまず、一株ずつ間引いた「エダマメ」ですが、

若干徒長しているように感じられることから下記の道具を用意して、

支柱を立てて補強することにしました。

 

★支柱立てに必要な道具★

支柱(75cm)×2、園芸用テープ、園芸用ハサミ

ペトさい(エダマメV)16

 

 

★支柱立ての手順★

ペトさい(エダマメV)17

'エダマメ'の周辺に「支柱」を垂直に立てます。

 

ペトさい(エダマメV)18

'エダマメ'の株元から3(cm)のところを「園芸用テープ」で誘引します。

 

ペトさい(エダマメV)19

続いて、手順2で誘引したところから上に10(cm)離れたところを

園芸用テープ」で誘引して、支柱立ては完了となります。

 

園芸用テープ」で誘引する際、あまりキツくしないように固定して下さい。

 

というわけで、今回は間引きを行うついでに支柱を立てましたが、

「エダマメ」は生長が早いためこまめに誘引させる必要がありそうです。

ペトさい(エダマメV)20

 

支柱を立てているときに「エダマメ」の脇芽からたな葉が出ているのを

確認したのですが、一週間も経ったら大きく化けそうな感じがして

今後の生長が楽しみになってきました。

 

最後に、「エダマメ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「エダマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が黄色くなってきたら'発酵油かす'を一摘まみ与えること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの「エダマメ」水やりは引き続いてジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(エダマメV)21

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★エダマメの栽培データ★

ペトさい(エダマメV)11

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
26

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、枝豆、食物連鎖

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「エダマメ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

ひとまず、ほぼ予定の日数で発芽した「エダマメ」ですが、

まだ発芽したばかりのため双葉が開いていません。

 

しかし、その後の気温が上がってきているところを見ますと

豆野菜だけに急生長しそうな予感がします。

 

あれから5日が経過して栽培開始から13日目を迎えた「エダマメ」ですが、

オレ様の予想通り、草丈が数(cm)伸び本葉が2枚緑化した状態で開いていました。

ペトさい(エダマメV)12

 

しかも、双葉と双葉の間から本葉が出ていて順調に育っているように感じました。

 

わずか5日間でここまで生長するとはさすが豆野菜だけに早く、

今後もさらに勢いを付けて生長してくれそうですね。

 

最後に、「エダマメ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「エダマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉が1~2枚出てきたら生育の悪い芽を一株間引くこと。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの「エダマメ」水やりは引き続いてジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(エダマメV)13

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★エダマメの栽培データ★

ペトさい(エダマメV)11

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
16

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、枝豆、食物連鎖

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「エダマメ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

通算9回目となる今回の「エダマメ」栽培ですが、基本的な育て方は

これまでとほぼ同じではあるものの少し変化を付けて育てたいと思っています。

 

その一つは今回育てる「エダマメ」の品種でして、今まではペットボトルで

容易に育てられる中莢種で育てていたのですが、今回は少しだけ難易度を上げて

大莢種の'いきなまる'という品種で育てることになりました。

 

このため、殆どの莢が3粒入っていることから収穫する楽しみが増すと共に、

晩酌時のお摘まみも美味しく頂くことができそうです。

 

そんな今回の「エダマメ」ですが、地温25~30℃で播種後5~7日ほど

発芽するとのことで、汗ばむような陽気が続いているところを見ると

順調に発芽してくれそうな気がします。

 

早速、播種から一週間が経過して「エダマメ」の様子を観ようとしたのですが、

この日は雨風が酷く荒れ模様だったことから観るのは止め、

翌日に観ることにしました。

 

というわけで、播種から8日目を迎え、「エダマメ」の様子を観てみたところ

ガーゼ越しからは発芽している様子を伺うことができませんでした。

ペトさい(エダマメV)08

 

しかし、豆系の野菜は発芽するのが早いことから鉢に被せたガーゼを取り除いて

「エダマメ」の様子を観ることにしました。

 

すると、蒔いた種の殆どが発芽していたのですが、

発芽して間もないため双葉は開いていませんでした。

ペトさい(エダマメV)09

 

なんとか、予定に近い日数で発芽してくれたことから順調といっても良さそうですが、

まだ双葉が開いていないため少し様子を観て観ることにしましょう。

 

最後に、「エダマメ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「エダマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉が1~2枚出てきたら生育の悪い芽を一株間引くこと。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今回、「エダマメ」は無事に発芽しましたが、

引き続いてジョウロで水を与えるようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(エダマメV)10

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★エダマメの栽培データ★

ペトさい(エダマメV)11

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
06

[エダマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、枝豆、食物連鎖

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「エダマメ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

毎年のように「エダマメ」を育てているような感じがするのですが、

今年もまた、「エダマメ」を育てたいと思います。

 

何でも、この「エダマメ」栽培は今回で9回目となるようで、

もはや、ペトさいの定番野菜の一つと化しているようにも感じます。

 

今回の栽培では、ツイッターのフォロワー様も興味を示して下さっていることから

少しだけ変化をつけて育ててみようかなと思います。

 

と言っても大したことをやるわけではないのですが、

今回のレギュラーとしての栽培は昨年同様に縦型ペットボトル鉢で育てますが、

これ以外に、一つの鉢で「エダマメ」を多く収穫したいという欲張りな方のために

縦型ペットボトルの2倍多く収穫可能なツイン型ペットボトル鉢を使って

育てたいと思います。

 

ツイン型ペットボトルでの育て方は通常の縦型ペットボトルでの育て方と

同じですので皆さんのお好みに合わせて育てて頂ければと思います。

 

それでは、今年も生ビールのおつまみのために育てるとしましょうか。

 

★品種選び★

「エダマメ」には様々な品種があるため、

ペットボトル栽培に適した品種を選ぶことが重要になります。

 

一般的に、「エダマメ」は栽培期間が長くなると難易度が高くなるため、

ペットボトル栽培では栽培期間が短い早生種のものを選ぶようにします。

 

今回の栽培ではサカタのタネ社の「いきなまる」という品種を選び、

生長する様子をお伝えしていきます。

ペトさい(エダマメV)01

 

 

★播種時期と発芽日数★

品種による多少の誤差はありますが、

「エダマメ」の播種時期と発芽日数は以下のようになります。

 

播種時期:4月上旬~

発芽日数:播種後5~7日

発芽率:80%

発芽適温(地温):25~30℃

 

※ 上記のデータはいずれも中間地(温暖地)によるものです。

 

 

★使用する土★

「エダマメ」を育てる際に使用する土は、

市販の野菜用培養土であれば問題なく育てることができます。

 

ただ、市販の野菜用培養土で「エダマメ」を育てる場合は

鉢底土を敷いてから野菜用培養土を入れるという手間がかかり、

野菜用培養土の粒子が細かいためペットボトル鉢の底穴が詰まり、

排水不良を起こしてしまいます。

 

排水不良を起こせば、当然「エダマメ」の生長にも影響が及びますので、

この排水性を考慮し、下図に示す'市販の粒状培養土'の使用をお勧めします。

ペトさい(培養土・改)03

 

'粒状培養土'は「エダマメ」の生育に必要な様々な栄養素を含んだ培養土を

(mm)ほどの大きさに加熱処理して粒状に加工されているため、

普通の培養土に比べて通気性がよく、土に新鮮な空気・水を運び込む

通り道を確保できることから余分な水を土中の老廃物と共に排水されるため

鉢底土を敷く必要がなく、直接ペットボトル鉢に入れることができます。

 

今回の栽培では、1鉢につき'粒状培養土'を2(L)使用するものとし、

その一部の培養土を篩にかけて細かな土を抽出して種蒔き用土として

利用しています。

ペトさい(培養土・改)04

 

また、「エダマメ」には根粒菌が付くことから元肥を施す必要はありません。

 

このため、栽培を進めていく過程で「エダマメ」の葉の色が変色するなどの

生育不良を起こした時に限り、下図に示す'発酵油かす'を一摘み与えて

追肥を行います。

ペトさい(有機肥料・改)01

 

さらに、「エダマメ」は実着きを良くするために土の栄養分を吸収する中でも、

実着きをよくする'リン酸'が不足します。このため、今回の栽培では

花が咲き始めた頃から下図に示す'バッドグアノ'というリン酸系肥料を

一摘み与えて追肥を行います。

ペトさい(有機肥料・改)02

 

そして、「エダマメ」に実を着け始めた頃から普段の水やりの代わりに

'栽培用炭酸水'を週2~3回程度与え、「エダマメ」の生育を活性化させます。

ペトさい(栽培用炭酸水)

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照ください。

 

 

★鉢選び★

今回育てる「エダマメ」は株が大きくなっても他の豆野菜とは異なり、

根を深くまで張ることはありません。

 

このため、今回の栽培では株が大きくなっても安定した状態で育てることができ、

収穫に期待が持てる'縦型ペットボトル鉢'を使います。

ペトさい(ペットボトル鉢)01

 

また、今回の栽培ではエダマメを2倍収穫することが可能な

'ツイン型ペットボトル鉢'用いても育てます。

ペトさい(ペットボトル鉢)10

 

なお、縦型ペットボトル鉢を新規で作られる方はこちらから、

ツイン型ペットボトル鉢を新規で作られる方はこちら

ご参照の上作ってみて下さい。

 

 

★種蒔き作業に必要な道具★

種を蒔くときに必要な道具を下記に示しますので、各自ご用意下さい。

 

エダマメの種、縦型ペットボトル鉢、移植ゴテ、

粒状培養土、種蒔き用土、ジョウロ、

ガーゼ、麻ヒモ、園芸用ハサミ、保冷バッグ

ペトさい(エダマメV)02

 

 

★種蒔き作業時の注意点★

・種を蒔いた後の覆土は厚さ1(cm)程度にすること。

・播種後の水やりはたっぷりと与えること。

・播種後の防鳥対策として、ガーゼ(もしくは防虫ネット)をかけること。

 

 

ペトさい(エダマメV)03

'縦型ペットボトル鉢'に「粒状培養土」を鉢の縁から3(cm)下まで入れ、

さらに、「種蒔き用土」を(mm)程度かけます。

 

※ 「種蒔き用土」をかけることで種と土を密着させ、種を発芽しやすくします。

 

ペトさい(エダマメV)04

粒状培養土を入れたら「エダマメの種」を点蒔きします。

このとき、種と種の間隔は2(cm)程度開け1箇所に3粒蒔くようにして下さい。

 

ペトさい(エダマメV)05

エダマメの種を蒔いたら「粒状培養土」を1(cm)程度の厚さに覆土し、

「ジョウロ」でたっぷりと水を与えます。

 

※ ジョウロで水を与えるときは、必ずジョウロの注ぎ口に手を添えて

水の勢いを和らげながら株の周囲に与えるようにしましょう。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまうと、

土がえぐれてしまうので注意しましょう!!

 

ペトさい(エダマメV)06

縦型ペットボトル鉢に「ガーゼ」を被せ、風で飛ばされないように

「麻ヒモ」で固定し、もう一度「ジョウロ」でたっぷりと水を与えます。

 

※ ガーゼを被せることにより土面を乾燥から守るためだけでなく、

豆科の種を好んで食べる鳥による食害を防ぐことができます。

 

ペトさい(エダマメV)07

ガーゼを被せて麻ヒモで固定したら、縦型ペットボトル鉢の上から

「保冷バッグ」を被せて、種蒔き作業は完了です。

 

※ 「保冷バッグ」を被せることで、エダマメの生育のために必要な

ペットボトル鉢内の地温を栽培適温に保つことができます。

 

 

★最後に★

皆さん、「エダマメ」の種を蒔くことはできたでしょうか?

 

種を蒔いた鉢は日当たりのよい場所に置いて育てるようにしましょう。

 

最後に、今回の「エダマメ」の種蒔き作業にかかった費用を

以下に示しますのでご参考ください。

◆エダマメの種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

エダマメの種

1

368

368

野菜用培養土<粒状>(14L)

1

398円

160円
(2L使用)

移植ゴテ

1

108円

108円

ジョウロ

1

108円

108円

ガーゼ

1

108円

108円

麻ヒモ

1

108円

108円

園芸用ハサミ

1

108円

108円

保冷バッグ(Sサイズ)

1

108円

108円

合計金額 

1,176

※ 「縦型ペットボトル鉢」を新規で製作する場合は別途費用が掛かります。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる