インフォメーション
8/23 ペットボトル栽培関連記事を全て移行し、カテゴリーメニューに反映させました!!
11/18 「バジル」を収穫しましたよぉ!!
11/17 「ジャガイモ」はもうダメかな?
11/16 今後の「栽培計画」を見直そうかと思います!!
11/15 急生長で衰えを感じる「キュウリ」に実を着けて…。
11/15 今日の柿の種XI
11/14 秋の長雨の中、「かぶ」が発芽していました!!
11/14 今日の柿の種X
11/13 今日も二種類の野菜の種を蒔きました!!
12月
08

[シカクマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ「シカクマメ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は昨年とは違って本気で育てたいと思ったことから栽培方法を見直し、

より育てやすい方法で育てるべく育苗を行い、無事に植え付けを行いました。

 

その後、順調に蔓を支柱に絡み付けてグングンと草丈を伸ばし、

蕾や花も着け、莢も目測で8(cm)程度の大きさに生長していて、

収穫目前に迫っていることをお伝えしました。

 

あれから一週間が経過し栽培開始から140日目を迎えた「シカクマメ」ですが、

見た目には生長している様子を感じられませんでした。

ペトさい(シカクマメ・改)73

 

とはいえ、衰えているわけではなく、元気にしていました。

 

さすがに12月に入り、気温のほうも冷え込むようになってきたため、

今までのように大きく生長することは厳しくなってきたようです。

 

このため、株元付近の様子を見てみたところ、

茶色く枯れる葉の数は少し増えてきたように感じ、

莢は一週間前とさほど変わらない大きさのままぶら下がっていました。

ペトさい(シカクマメ・改)74

 

また、株の上端部では微妙に葉数が減っているように感じられ、

蔓も伸びている様子がなく生長が止まってしまったように感じました。

ペトさい(シカクマメ・改)75

 

しかし、「シカクマメ」はそれでもなお最後の力を振り絞るように花を咲かせ、

根性を見せてくれていました。

 

株全体として観て、「シカクマメ」は衰えている様子は感じられるものの、

気温が暖かければ急生長してくれそうなパワーを持っているように感じ、

勇退させるべきが悩むところです。

 

が、現実的に考えても気温が急激に上がることはあり得ないため、

現在着けている莢を収穫して勇退させるのが賢明だと思います。

 

というわけで、今回の栽培では最初で最後となりますが、

収穫して勇退させることにしましょう!!

 

★収穫のポイント★

・莢の長さが10(cm)くらいになるのを目安に収穫する。

・収穫するときは莢の付け根を園芸用ハサミで切り取る。

ペトさい(シカクマメ・改)76

 

今回の栽培では初となりますが、わずか2莢収穫できました。

 

「シカクマメ」を育てる時期が遅過ぎたことで収穫量が少なかったのですが、

もう2ヵ月早く育苗を始めていたらもっと違った結果が得られたと思います。

 

まぁ、なんとか2莢でも収穫できたことは良しとし、

ちょっとした料理に使いたいと思います。

 

今回の栽培では本気で育てたいと思って育てたのですが、

結果としては残念な結果となり悔いが残るものとなりました。

 

先述したように、栽培時期を早めればよかったなぁと思うと、

もう一度育てたいという想いを強く持ちました。

 

というわけで、今回の栽培の経験を踏まえ、

来シーズンにリベンジしたいと思います。

 

最後になりますが、「シカクマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上、種を蒔いてみて下さい。

 

また、「シカクマメ」の栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

★シカクマメの栽培データ★

ペトさい(シカクマメ・改)15

【おしまい】

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

12月
02

[シカクマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ「シカクマメ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は昨年とは違って本気で育てたいと思ったことから栽培方法を見直し、

より育てやすい方法で育てるべく育苗を行い、無事に植え付けを行いました。

 

その後、順調に蔓を支柱に絡み付けてグングンと草丈を伸ばし、

蕾や花も着け、莢が目測で5(cm)程度の大きさに育つ一方で

株の上端部にも新たな莢を着けていたことをお伝えしました。

 

あれから一週間が経過し栽培開始から133日目を迎えた「シカクマメ」

まだ11月だというのに葉が大きくなり、元気に育っていました。

ペトさい(シカクマメ・改)69

 

株元付近に寄って見てみたところ、相変わらず茶色く枯れた葉が目立つ一方で、

蕾や莢が大きくなり衰えを感じる様子を窺えませんでした。

ペトさい(シカクマメ・改)70

 

一週間前に追肥をしたとはいえ、寒暖の差は激しいことから

「シカクマメ」の生長に何らかの影響が及んでも不思議ではないのですが、

こんなに元気良く生長しているとより一層面倒を見て上げたくなります。

 

株の上端部の様子を見てみますと、親蔓がシカクマメタワーの頂点に

あと20(cm)で届きそうなところまで伸び、他の蔓も負けじと伸びていて、

脇芽から数多くの蕾を着けていました。

ペトさい(シカクマメ・改)71

 

また、一週間前に確認された莢は目測で8(cm)程度の長さになり、

収穫できそうな状態に育っていました。

 

「シカクマメ」はそろそろ収穫期を迎えそうな状態になり、

あと一週間様子を見て、収穫することにしましょうかね?

 

最後に、「シカクマメ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「シカクマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み与えること。

・草丈が10(cm)くらい伸びたら麻ヒモで誘引すること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続き、ジョウロを使って行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにします。

ペトさい(シカクマメ・改)72

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまうと、

土がえぐれてしまうので注意が必要です。

 

また、3日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「シカクマメ」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★シカクマメの栽培データ★

ペトさい(シカクマメ・改)15

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
25

[シカクマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ「シカクマメ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は昨年とは違って本気で育てたいと思ったことから栽培方法を見直し、

より育てやすい方法で育てるべく育苗を行い、無事に植え付けを行いました。

 

その後、一部の葉の状態が心配される中、蔓を支柱に絡み付けてグングンと

草丈を伸ばし、蕾や花も着け始め、そして、待望の莢を着けたことから

追肥したことをお伝えしました。

 

あれから4日が経過し栽培開始から126日目を迎えた「シカクマメ」

パッと見では変わった様子を伺うことはできませんでしたが、

大分葉が茶色く枯れてきたような印象を受けました。

ペトさい(シカクマメ・改)65

 

株元付近に寄って見てみたところ、かなり茶色く枯れた葉が目立つようになり、

時期的に見ても衰え始めているように感じました。

ペトさい(シカクマメ・改)66

 

しかしながら、まだ枯れていない葉の近くには花や蕾を見ることができ、

目測で5(cm)程度の莢を着けていて健在ぶりをアピールしていました。

 

一方、株の上端部では蔓がシカクマメタワーの頂点を目指して伸びていて、

脇芽から蕾をたくさん着け、開花する花も多く見られるようになりました。

ペトさい(シカクマメ・改)67

 

しかも、株の上端部ではどの葉も青々としていて、

葉の陰に隠れるように新たな莢を着けているのを確認できたのです。

 

株の上端部での生長ぶりを見た感じではまだまだいけそうな感じ、

収穫するまでは撤収することはできないと感じました。

 

最後に、「シカクマメ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「シカクマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み与えること。

・草丈が10(cm)くらい伸びたら麻ヒモで誘引すること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続き、ジョウロを使って行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにします。

ペトさい(シカクマメ・改)68

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまうと、

土がえぐれてしまうので注意が必要です。

 

また、3日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「シカクマメ」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★シカクマメの栽培データ★

ペトさい(シカクマメ・改)15

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
18

[シカクマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ「シカクマメ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は昨年とは違って本気で育てたいと思ったことから栽培方法を見直し、

より育てやすい方法で育てるべく育苗を行い、無事に植え付けを行いました。

その後、一部の葉の状態が心配される中、蔓を支柱に絡み付けてグングンと

草丈を伸ばし、蕾をたくさん着け、そして、開花したことをお伝えしました。

 

あれから8日が経過し栽培開始から122日目を迎えた「シカクマメ」

さらに蔓を伸ばしシカクマメタワーの頂点に届きそうな状態になる一方で、

全体的に葉着きがよくなく、どこか燦々とした雰囲気を感じます。

ペトさい(シカクマメ・改)60

 

株元付近の様子を見てみますと茶色く枯れている葉が一部で見られ、

それ以外の葉も黄色く変色しているものが多く、少し衰えを感じました。

ペトさい(シカクマメ・改)61

 

しかし、葉の状態があまり芳しくない一方で蕾のほうは大きくなり、

開花する花の数が少しずつ増えてきていました。

 

「シカクマメ」の花はごっつい莢からは想像できないほど綺麗に咲きますので、

見ていて癒されてしまいました。

 

株の上端部の様子を見てみますと親蔓だけでなく子蔓も頑張って支柱に

絡み付いていて、脇芽を伸ばしながら小さな葉を着けていました。

ペトさい(シカクマメ・改)62

 

近くに寄って見てみると葉の陰には小さな蕾をたくさん着けていて、

違う場所では目測で3(cm)程度の長さの莢を着けていました。

 

待望の莢を株元付近ではなく株の上端部に着けるのは意外だったのですが、

秋が深まる季節の中で莢を着けてくれたことはとても貴重で、嬉しかったです。

 

現在の「シカクマメ」は全体的に葉着きがよくないにもかかわらず、

たくさんの蕾を着け開花し、莢を着け始めました。

 

半ば諦めていたところがあったのですが、「シカクマメ」は大きく生長しようと

頑張っていますので、少しでもサポートして上げなければ可哀想であり

育てている意味がありません。

 

このため、実着きをよくする'リン酸系肥料'と葉の生育を促す'発酵油かす'

一摘みずつ与えて上げました。

ペトさい(シカクマメ・改)63

 

もしかしたら、この追肥が気休めの行動になるかもしれませんが、

今は「シカクマメ」の頑張りに期待するとともに、生長を見守りたいと思います。

 

最後に、「シカクマメ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「シカクマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み与えること。

・草丈が10(cm)くらい伸びたら麻ヒモで誘引すること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続き、ジョウロを使って行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにします。

ペトさい(シカクマメ・改)64

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまうと、

土がえぐれてしまうので注意が必要です。

 

また、3日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「シカクマメ」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★シカクマメの栽培データ★

ペトさい(シカクマメ・改)15

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
13

[シカクマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ「シカクマメ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は昨年とは違って本気で育てたいと思ったことから

栽培方法を大幅に見直し、より育てやすい方法で育てるべく育苗を行い、

大きめの鉢に植え付けた後に葉の病気にかかっていることが発覚する中、

多くの蔓を伸ばして大きく生長し、蕾を着けた始めたことをお伝えしました。

 

あれから6日が経過し栽培開始から106日目を迎えた「シカクマメ」

さらに蔓を伸ばして元気に生長していました。

ペトさい(シカクマメ・改)53

 

株元付近に寄って見てみたところ、相変わらず多くの葉が茂っている中に

黄色く変色した葉があり、問題解消には至っていませんでした。

ペトさい(シカクマメ・改)54

 

しかしながら、所々に小さな蕾を着けているのを確認でき、

着実に生長している様子が窺えました。

 

株の上端部を見てみますと、親蔓がしっかりと支柱に絡み付いていて、

脇芽から小さな葉を着けていることが分かりました。

ペトさい(シカクマメ・改)55

 

また、1本の支柱にしがみ付いている蔓を見てみたところ

小さな蕾らしきものを着けていることがわかり、

株元付近だけでなく上端部でもしっかりと生長している様子が窺え

今後の生長に期待が持てました。

 

それから8日が経過して「シカクマメ」の様子を見てみたところ

蔓がシカクマメタワーの頂点に届きそうな勢いで伸びていて、

青々とした葉がシカクマメタワーを覆いそうな感じがしました。

ペトさい(シカクマメ・改)56

 

しかしながら、株元付近を見てみますと、

葉焼けしたような葉や一部が枯れている葉が見られるようになり

気持ちを寂しくさせるようなところも見られました。

ペトさい(シカクマメ・改)57

 

とはいっても、相変わらず蕾のほうは数を増やして大きくなっていて、

ここにきて、期待をしていなかったお花が咲いていたのです。

 

これまでの「シカクマメ」の生長ぶりを見ていて

あまり期待できそうな感じはしなかったのですが、

まさかの開花に驚き、「シカクマメ」の根性を見た感じがしました。

 

株の上端部を見てみますと親蔓だけでなく子蔓も支柱に絡み付いていて、

脇芽から出てきた葉も大きくなり、順調に育っていました。

ペトさい(シカクマメ・改)58

 

また、8日前に確認された蕾はさらに大きくなり、

他の場所からも続々と蕾を着け、生長の勢いを感じました。

 

ただ蔓が1本の支柱にしっかりと絡み付いて生長するのは嬉しい反面、

螺旋状に誘引させることが難しくなり、新たな悩みの種に苦しみそうです。

 

最後に、「シカクマメ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「シカクマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み与えること。

・草丈が10(cm)くらい伸びたら麻ヒモで誘引すること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続き、ジョウロを使って行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにします。

ペトさい(シカクマメ・改)59

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまうと、

土がえぐれてしまうので注意が必要です。

 

また、3日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「シカクマメ」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★シカクマメの栽培データ★

ペトさい(シカクマメ・改)15

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
10

[シカクマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ「シカクマメ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は昨年とは違って本気で育てたいと思ったことから

栽培方法を大幅に見直し、より育てやすい方法で育てるべく育苗を行い、

大きめの鉢に植え付けた後に葉の病気にかかっていることが発覚する中、

劇的に大きく生長し蔓を伸ばし始めたことをお伝えしました。

 

ここにきて株の大小に関係なく大きく生長し始めたところを見ますと、

これからの生長が楽しみであり、期待度が高まります。

 

あれから6日が経過し栽培開始から84日目を迎えた「シカクマメ」

螺旋状に誘引していることもありますが、株の大小の差が分からないほど

大きく生長し、蔓を支柱に絡めて伸びていました。

ペトさい(シカクマメ・改)44

 

近くに寄って見てみたところ、相変わらず黄色く変色した葉が見られましたが、

殆どの葉は脇芽から新しく出たものばかりのため青々としていて、

ワサワサと茂っていました。

ペトさい(シカクマメ・改)45

 

まだシカクマメタワーを一周する程度しか誘引できていないこともあって

見た目があまり良くないですが、これから2つの株の蔓がシカクマメタワーを

何周もするぐらいグングンと伸びてくれることに期待したいところです。

 

それから一週間が経過して「シカクマメ」の様子を見たみたところ

私の期待に応えるかのように蔓を伸ばし葉も数を増やして大きくなり

いい感じに育っていました。

ペトさい(シカクマメ・改)46

 

順調に生長してくれることは大変喜ばしいことですが、

「シカクマメ」の蔓は1本の支柱にしがみ付くように伸びることから

細目に誘引する必要があるため、複雑な気持ちになります。

 

近くに寄って見てみたところ、大きくなった葉は青々としているものが

多くある中で葉焼けしたような跡が残るものがあり、黄色く変色した原因が

このようなところからきているのかもしれないと感じました。

ペトさい(シカクマメ・改)47

 

それにしても、「シカクマメ」の生長の勢いは止まることを知らず、

親蔓だけでなく新たに出てきた子蔓も支柱に絡み付いているとこから

これからさらにジャングルのように生長しそうな気配を感じます。

 

そして、さらに9日が経過して栽培開始からちょうど100日目の節目を迎え、

「シカクマメ」の様子を見てみますと蔓が一段と長く伸びていて

シカクマメタワーが順調に出来上がっているように感じました。

ペトさい(シカクマメ・改)48

 

「シカクマメ」の親蔓や子蔓は螺旋状に誘引してシカクマメタワーを

二周するほどの長さがあり、株元から30(cm)付近までは青々とした葉

ワサワサとして茂っていました。

ペトさい(シカクマメ・改)49

 

近くに寄って見てみますと脇芽から小さな葉が出ているのを確認できて

順調に育っているように見える反面、葉焼けのような跡を残す葉

9日前よりも増えている印象を受け、少し心配になりました。

 

とはいえ、株の上端部では支柱に絡み付く蔓の様子が見られ、

その近くには蕾らしきものができているのも確認できました。

ペトさい(シカクマメ・改)50

 

育てる時期がやや遅かったこともありますが、

栽培開始から100日目にして蕾を付け始めるとは思っていなかったため

少し嬉しい気持ちがある反面、これからちゃんと開花して実を着けるかは

まったく分からないだけに、不安要素がまた一つ増え悲しくなりました。

 

とにかく、「シカクマメ」には蕾を数ヵ所に着けていますので、

開花を促すための'リン酸系肥料'と葉色の生育を促す'発酵油かす'

ワラの上から一摘みずつ与えておきました。

ペトさい(シカクマメ・改)51

 

今回の追肥は気休めかもしれませんが、

しばらくの間は静かに様子を見ることにしましょう!!

 

最後に、「シカクマメ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「シカクマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み与えること。

・草丈が10(cm)くらい伸びたら麻ヒモで誘引すること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続き、ジョウロを使って行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにします。

ペトさい(シカクマメ・改)52

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまうと、

土がえぐれてしまうので注意が必要です。

 

また、3日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「シカクマメ」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★シカクマメの栽培データ★

ペトさい(シカクマメ・改)15

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
06

[シカクマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ「シカクマメ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は昨年とは違って本気で育てたいと思ったことから

栽培方法を大幅に見直し、より育てやすい方法で育てるべく育苗を行い、

大型ペットボトル鉢に植え付けたものの、葉の病気にかかってしまい

思うように生長できずにいたことをお伝えしました。

 

ここにきて、2つの株の生長に差が出始めましたが、

果たして、小さな株は差を縮めるべく大きな生長を見せるのでしょうか?

 

あれから一週間が経過し栽培開始から63日目を迎えた「シカクマメ」

株の大小に関係なく、劇的に大きく生長していました。

ペトさい(シカクマメ・改)40

 

どの株も蔓を伸ばし、脇芽から出る葉が青々としていて

これまでとは別物のような生長に驚きました。

 

近くに寄って見てみますと、

まだ完全に病気になった葉がなくなったわけではありませんが、

長く伸びる蔓が支柱に絡み付こうとしているのを見ると

ようやく軌道に乗り始めたように感じました。

 

さらに8日が経過しますと「シカクマメ」さらに蔓を伸ばし

脇芽から新たな葉を着けるようになり、葉がワサワサとしていました。

ペトさい(シカクマメ・改)41

 

大分植え付けた鉢の環境に馴染んできたのか、

蔓を伸ばすようになったことから螺旋状に誘引させるようにし、

出来るだけシカクマメタワーの頂上に到達させないようにしました。

 

さらに6日が経過して「シカクマメ」の様子を見てみますと、

葉は一段と数を増やして大きくなり、ワサワサとしていました。

ペトさい(シカクマメ・改)42

 

依然として蔓は伸びる一方で、螺旋状に誘引させないと

忽ちシカクマメタワーの頂上に到達しそうな勢いがありました。

 

その一方で、大きくなった葉が黄色く変色しているのは変わらず、

何が原因でこのような状態になっているのかが分からず謎です。

 

単純に、鉢内の土の栄養不足で葉色が黄色くなっているのであれば

追肥をすれば済む話ですが、植え付けた直後からこの状態が続いている為、

原因を特定するのは急務ですね。

 

最後に、「シカクマメ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「シカクマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み与えること。

・草丈が10(cm)くらい伸びたら麻ヒモで誘引すること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今回、無事に「シカクマメ」を植え付けましたので、

これからの水やりはジョウロを使って行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにします。

ペトさい(シカクマメ・改)43

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまうと、

土がえぐれてしまうので注意が必要です。

 

また、3日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「シカクマメ」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★シカクマメの栽培データ★

ペトさい(シカクマメ・改)15

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

09月
20

[シカクマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ「シカクマメ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は昨年とは違って本気で育てたいと思ったことから

栽培方法を大幅に見直し、より育てやすい方法で育てるべく

小型ペットボトル鉢で育苗を行い、遂に大型ペットボトル鉢に植え付け

防暑対策を施したことをお伝えしました。

 

植え付けたばかりの「シカクマメ」の苗は新しい環境に馴染み、

育苗時と同様に、元気に生長してくれるのでしょうか?

 

あれから11日が経過し栽培開始から43日目を迎えた「シカクマメ」

若干葉枯れが目立つものの、思っていたほど衰弱することなく

元気に育っていました。

ペトさい(シカクマメ・改)36

 

近くに寄って見てみたところ、

新たな脇芽が出ていて小さな葉を着けていましたが、

まだ蔓が出る気配は感じられず、まだ本調子ではなさそうな感じがしました。

 

それから6日が経過して「シカクマメ」の様子を見てみたところ、

草丈はさほど伸びることなく本葉の数を増やしていました。

ペトさい(シカクマメ・改)37

 

緩やかな生長を見せる「シカクマメ」ですが、

近くに寄って見てみると葉が黄色く変色しており、

何かの病気にかかっていました。

 

葉の生育が悪いため'発酵油かす'を与えて上げたいところですが、

植え付けて間もないのに加え、過度の追肥は豆野菜の栽培では厳禁のため、

今は様子を見るしかありませんでした。

 

そして一週間が経過して再び「シカクマメ」の様子を見てみたところ、

大きい方の株は草丈を劇的に伸ばし脇芽から新たな葉を着け

そして待望の蔓を出し、元気に生長していました。

ペトさい(シカクマメ・改)38

 

しかし、小さな株のほうは草丈を少し伸ばし葉数も増えているのですが、

依然として葉色が黄色く、大きな株のようには生長できずにいました。

 

そうはいいながらも、脇芽は出ていてこれから大きく生長しそうな気配は

感じますので、もうしばらく様子を見て判断することにしましょう!!

 

最後に、「シカクマメ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「シカクマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み与えること。

・草丈が10(cm)くらい伸びたら麻ヒモで誘引すること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今回、無事に「シカクマメ」を植え付けましたので、

これからの水やりはジョウロを使って行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにします。

ペトさい(シカクマメ・改)39

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまうと、

土がえぐれてしまうので注意が必要です。

 

また、3日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「シカクマメ」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★シカクマメの栽培データ★

ペトさい(シカクマメ・改)15

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
23

[シカクマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ「シカクマメ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は昨年とは違って本気で育てたいと思ったことから

栽培方法を大幅に見直し、より育てやすい方法で育てるべく

小型ペットボトル鉢で育苗を行い、発芽させたことをお伝えしました。

 

あれから一週間が経過し栽培開始から21日目を迎えた「シカクマメ」

残り一つの種から発芽することはなく、発芽した2つの芽が草丈を

10(cm)近く伸ばし、本葉も倍近くに数を増やして大きく生長していました。

ペトさい(シカクマメ・改)16

 

豆野菜の生長が早いことは承知していましたが、

ここまで大きく生長するとは思ってもいなく、

少し「シカクマメ」の生長をみくびってしまいました。

 

「シカクマメ」は脇芽を増やして続々と葉を増やす気配を感じ、

この生長に驚くのはまだ早いと思いました。

 

それを裏付けるように、「シカクマメ」の根はしっかりと張っており、

次に様子を見るときにはどこまで生長しているのか楽しみになりました。

ペトさい(シカクマメ・改)17

 

それから、さらに11日が経過して「シカクマメ」の様子を見てみたところ、

草丈はさらに数(cm)伸びていて本葉もさらに数を増やして大きくなり、

順調に生長していました。

ペトさい(シカクマメ・改)18

 

近くに寄って見てみたところ、「シカクマメ」は脇芽を伸ばして葉を増やし、

一株に4~5枚の本葉を着けていることが分かりました。

 

若干徒長気味に育っているのは気になる所ですが、

植え付けの目安となる条件を全てクリアしていますので育苗はここまでにし、

「シカクマメ」の苗を'大型ペットボトル鉢'植え付けることにしましょう。

 

★植え付けのポイント★

・本葉が3~4枚に増え草丈が10(cm)程度になった頃を目安に行う。

・植え付ける鉢は深さのあるものを用いること。

・植え付けに使用する培養土には様々な肥料を混ぜ込まないこと。

 

 

★植え付け作業に必要な道具★

苗を植え付ける際に必要な道具を下記に示しますので、各自ご用意ください。

 

育苗したシカクマメの苗、大型ペットボトル鉢、

粒状野菜用培養土、移植ゴテ、ジョウロ、ワラ、支柱(120cm×4本)

ペトさい(シカクマメ・改)19

 

 

★植え付け作業手順★

ペトさい(シカクマメ・改)20

'大型ペットボトル鉢'に「粒状野菜用培養土」を入れます。

 

粒状野菜用培養土は鉢の縁から5(cm)下まで入れるとよいでしょう。

 

ペトさい(シカクマメ・改)21

育苗した「シカクマメの苗」を'小型ペットボトル鉢'から取り出します。

 

「シカクマメの苗」を取り出す際は株や根を傷めないようするため、

苗の株元を人差し指と中指で挟み苗があるほうを下にして取り出します。

 

ペトさい(シカクマメ・改)22

'シカクマメの苗''大型ペットボトル鉢'の四隅の二箇所に配置し、

その周辺に「粒状野菜用培養土」を入れて土と根鉢を密着させ、

「ジョウロ」でたっぷりと水を与えます。

 

ペトさい(シカクマメ・改)23

「ワラ」を敷き詰め、もう一度、「ジョウロ」でたっぷりと水を与えます。

 

ワラを敷くことにより土面の乾燥を防ぐだけでなく、

土の温度上昇を抑える効果や保湿効果が期待できます。

 

ペトさい(シカクマメ・改)24

ペットボトル鉢の四隅に「支柱」を垂直に立てます。

 

ペトさい(シカクマメ・改)25

土面から1(cm)程の位置に「麻ヒモ」を掛け、

ペットボトル鉢の四隅に立てた'支柱'に一度回しかけながら

「麻ヒモ」を渡し、最後はほどけないように固結びをします。

 

終わったら、ペットボトル鉢の四隅に立てた'支柱'の上端部を集め、

「麻ヒモ」で固定します。

 

ペトさい(シカクマメ・改)26

一段目のヒモ掛けをした箇所から10(cm)間隔で、

「麻ヒモ」を支柱に一度回しかけながら「麻ヒモ」を渡し、

最後はほどけないように固結びをします。

 

終わったら、'シカクマメの苗'を「麻ヒモ」で誘引します。

 

'シカクマメの苗'を麻ヒモで誘引する際、

苗を傷めないように、苗側より支柱側を強く結ぶようにします。

 

また、今回の栽培では'シカクマメの親蔓'を4本の支柱を

囲むように螺旋状に誘引するため、苗を少し斜めに傾けておきます。

 

これらの作業が終わったら、植え付け作業は完了となります。

 

 

皆さんは「シカクマメの苗」を植え付けることができたでしょうか?

ペトさい(シカクマメ・改)27

 

とりあえず、育苗した「シカクマメの苗」を植え付けましたが、

これからの厳しい暑さが続くことを考えると防暑対策を施して

「シカクマメ」の生育を促す必要があります。

 

そこで、下図に示す'保冷バッグ'をペットボトル鉢の周りに被せ、

地温の上昇を抑えるようにしましょう。

ペトさい(シカクマメ・改)28

 

◆保冷バッグの被せ方手順◆

ペトさい(シカクマメ・改)29

「保冷バック」の縦の長さをペットボトル鉢の高さと合わせるため、

カッターやハサミなどを使ってカットし調整します。

 

大型ペットボトル鉢の高さは23(cm)くらいです。

 

ペトさい(シカクマメ・改)30

ペットボトル鉢の上から「保冷バッグ」を被せて、作業は完了です。

 

保冷バッグを被せたペットボトル鉢は下図に示すようになります。

ペトさい(シカクマメ・改)31

 

今回、保冷バッグを被せたペットボトル鉢は防暑対策を施しましたが、

さらに、強風によるペットボトル鉢の転倒も考慮する必要があるため、

下図に示すカゴに入れたトレイに入れることにより転倒を防ぐことができ、

今後の栽培が管理しやすく、持ち運びも容易になります。

ペトさい(シカクマメ・改)32

 

トレイに入れた鉢は日当たりのよい場所に置いて育てるようにしましょう。

 

こうして、大掛かりな「シカクマメ」の植え付け作業は全て完了し、

見事なシカクマメタワーが完成しました。

ペトさい(シカクマメ・改)33

 

植え付けた「シカクマメ」の見た目は元気そうですが、

不慣れな環境に移ったこともありますのでまずは新しい環境に慣れ、

元気に育ってくれることを期待したいです。

ペトさい(シカクマメ・改)34

 

最後に、「シカクマメ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「シカクマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら発酵油かすを一摘み与えること。

・草丈が10(cm)くらい伸びたら麻ヒモで誘引すること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今回、無事に「シカクマメ」を植え付けましたので、

これからの水やりはジョウロを使って行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにします。

ペトさい(シカクマメ・改)35

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまうと、

土がえぐれてしまうので注意が必要です。

 

また、3日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「シカクマメ」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★シカクマメの栽培データ★

ペトさい(シカクマメ・改)15

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
02

[シカクマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ「シカクマメ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は昨年とは違って本気で育てたいと思ったことから、

栽培方法を大幅に見直しより育てやすい方法で育てるべく、

早速、小型ペットボトル鉢に種を蒔いたことをお伝えしました。

 

「シカクマメ」は豆野菜の中では発芽率はやや低く、

地温25~30℃で播種後7~10日ほどで芽を出します。

 

このため、しばらくの間は定期的に水やりをして様子を見ることになります。

 

栽培開始から11日目を迎え、ペットボトル菜園で育苗している

「シカクマメ」の様子を見てみたところ、

鉢に被せたガーゼの一部が膨らんでいるのを確認しました。

ペトさい(シカクマメ・改)11

 

近くに寄って見たところ、芽らしきものがガーゼを押し上げているようで

発芽している可能性はかなり高そうです。

 

このため、鉢に被せたガーゼを取り除いて確認してみますと、

小さな芽が2ヵ所から出ていました。

ペトさい(シカクマメ・改)12

 

発芽して間もない「シカクマメ」の芽はまだ双葉を開いていない状態で、

蒔いた種の一粒はまだ発芽していないのが気になります。

 

発芽にはもう少し時間がかかるものと思い、様子を見ることにしました。

 

それから3日が経過して、再び「シカクマメ」の様子を見てみたところ、

発芽した2株の芽は草丈を3(cm)以上に伸ばし双葉が開いていました。

ペトさい(シカクマメ・改)13

 

しかし、蒔いたもう一粒の種からは発芽らしき様子は見られず、

発芽はしない可能性が高くなりました。

 

それにしても、「シカクマメ」は豆野菜ということもあり、

発芽には日数がかかるものの、発芽し出したらグングンと

生長しそうな気配を感じ、これからの生長が楽しみになってきました。

 

最後に、「シカクマメ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「シカクマメ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・草丈が10(cm)程度に伸び本葉が3~4枚着けた頃を目安に、

 大きめの鉢に植え付けること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今回 、なんとか「シカクマメ」の芽が出てくれましたので、

これからも引き続いて霧吹きを使って水を与えるようにしましょう。

ペトさい(シカクマメ・改)14

 

 

★シカクマメの栽培データ★

ペトさい(シカクマメ・改)15

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる