インフォメーション
4/25 「スティック春菊」栽培関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/23 「中葉しゅんぎく」栽培(第3期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/22 「中葉しゅんぎく」栽培(第1、第2期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
5/27 「ジャガイモ」の生長の早さには驚かされます!!
5/26 「とうがらし」に待望の実が着いたよ!!
5/25 「正月菜」を間引いてみました!!
5/24 「レジナ」の芽を間引きました!!
5/23 鳥取伝統野菜の「長ネギ」は完全に発芽できていないのが…。
5/22 今日のガリガリ君XXXXIV
11月
04

[ピーマン] ブログ村キーワード:カーボンオフセット、環境教育

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、縦型ペットボトル鉢で栽培中の「ベルちゃん」と、

横型ペットボトル鉢で育てている「ピーすけ」は、

季節が夏から秋に移り変わっても元気に育っていました。

 

その証拠に、2株の'ピーマン'はともに、

約4~7(cm)の大きさになる実を計8個収穫したのです。

ペット栽培III(ピーマン)96

 

その後も1(cm)ほどの実が数個付いていましたが、

ここ最近の天候不順により、その生長が気になるところです。

 

栽培開始から211日目

以前とは違い、気温が20℃を切るようになってきたため、

「ベルちゃん」は殆ど生長している様子が見られません。

ペット栽培III(ピーマン)99

 

今回育てている品種の'ピーマン'の生育適温は

2030ですので、現在の気温の状態で育たないのも

無理はありません。

 

しかし、「ベルちゃん」を間近で観察してみると、

意外にも、5(mm)ほどしかなかった実が

1.5(cm)位の大きさに育っていたのです。

ペット栽培III(ピーマン)100

 

この実が大きく育ってくれていることを期待したいのですが、

今後の気温のことを考えると収穫までには及ばないと思います。

 

一方、「ピーすけ」'ベルちゃん'より葉が多く付いており、

元気に育っているように見えます。

ペット栽培III(ピーマン)101

 

草丈の伸びや新たな葉が出ている気配は感じられませんが、

(cm)程の大きさがあった実は約6(cm)に育っていたのです。

ペット栽培III(ピーマン)102

 

というわけで、今回も収穫できそうな実を収穫したところ、

収穫した'ピーマン'の大きさのばらつきはあるものの、

計6個を収穫できました。

ペット栽培III(ピーマン)103

 

本来なら撤収させてもおかしくない季節なのに、

今回収穫できたことは想定外のことですけども、

おそらく、今回の収穫が最後になるかもしれません。

 

とりあえず、今回収穫した'ピーマン'は新鮮ですので、

下の写真に示す'野菜と豚肉の炒めもの'に使いました。

ペット栽培III(ピーマン)104

 

ところで、以前収穫した'ピーマン'から採取した種を使って、

発芽するの試験栽培を行っていますが、

「ワンダくん」は栽培開始から45日目が経過する現在も

発芽する様子は一向になく、どうやら今回の試験栽培は

残念ながら失敗に終わってしまったようです。

ペット栽培III(ピーマン)105

 

もしかすると、今回発芽できなかった原因は

種を蒔く時期が遅かったことが考えられますので、

もう少し気温が温かくなったら再挑戦してみたいと思います。

 

今回、ペットボトル鉢で'ピーマン'を育てるという

無謀な挑戦をしましたが、初めは種を発芽させるのに

時間を要したものの、気温が温かくなるにつれ

面白いように大きく生長し、そして、今日までに

25個の'ピーマン'を収穫することができました。

 

収穫量としてはもう少し多ければという欲もありますが、

栽培全体としては、この栽培のスローガンに掲げている

'1コインでピーマンを育てる'ことを実現することができ、

その上、大したトラブルも発生することなく

無事に収穫までこぎ着けることができましたので、

今回の栽培は'成功'と言ってもよいかと思います。

 

皆さんも、手軽に育てることができるペットボトル栽培で、

来年春から'ピーマン'を育ててみては如何でしょうか?

【ペットボトル栽培III~ピーマン~ 完】

M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

10月
16

[ピーマン] ブログ村キーワード:カーボンオフセット、環境教育

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、縦型ペットボトル鉢で栽培中の「ベルちゃん」と、

横型ペットボトル鉢で育てている「ピーすけ」は、

秋の陽気になっても元気に生長を続けていました。

ペット栽培III(ピーマン)87

 

どの株も約4~5(cm)の大きさになる実が付いており、

収穫が待ち遠しい状態となっていました。

 

もしかすると、これらの実は今回収穫することができるかも...

 

栽培開始から193日目

「ベルちゃん」は株元の葉が落ち、少し殺風景になっていますが、

依然として、元気に育っていました。

ペット栽培III(ピーマン)92

 

「ベルちゃん」には赤く熟した実だけでなく、

普通の緑色をした実も大きくなり、収穫できそうな状態でした。

ペット栽培III(ピーマン)93

 

この栽培は終わりを迎える時期に差し掛かっていますが、

未だに小さな実が出来ており、暫くの間は終われないようです。

 

一方、「ピーすけ」はさらに草丈を伸ばし、

'ベルちゃん'よりも元気そうでした。

ペット栽培III(ピーマン)94

 

「ピーすけ」も左右の株に収穫できそうな実ができており、

一部には赤く熟したものがありました。

ペット栽培III(ピーマン)95

 

また、赤く熟した実の近くには白い花が咲いており、

結実したばかりの実も数箇所にありました。

 

どうやら、'ベルちゃん'と同様、

「ピーすけ」も暫くの間は撤収することができないようです。

 

というわけで、今回も収穫できそうな実を収穫してみたところ、

緑色の実は6個、赤く熟した実は2個の計8個となりました。

ペット栽培III(ピーマン)96

 

今回の収穫量は今栽培で最多となる量ですので、

気分はアゲアゲです。

 

今回は赤く熟した実を2個も収穫できましたので、

私の創作料理に使ってみることにしました。

ペット栽培III(ピーマン)97

 

今回作った料理は'麻婆もやし'でして、

もやしのシャキシャキ感はもちろんのこと、

ピーマンの甘みが上手く引き立っていて美味しかったです。

 

今後も'ピーマン'を収穫することができますが、

時期的にも、次回は最後の収穫になるかもしれません。

 

ところで、以前収穫した実から採取した種を、

小型ペットボトル鉢で育てていましたが、

皆さんは覚えているでしょうか?

 

栽培開始から27日目になる「ワンダくん」ですが、

未だに、芽が出る様子がありません

ペット栽培III(ピーマン)98

 

'ベルちゃん''ピーすけ'の時も発芽には日数を要しましたが、

一ヶ月近く経っても発芽しないところをみると、

残念ながら、採取した種からは発芽しないようです。

 

採種の正しい方法ってあるのでしょうか?

次回に続く

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

09月
16

[ピーマン] ブログ村キーワード:カーボンオフセット、環境教育

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、縦型ペットボトル鉢で栽培中の「ベルちゃん」と、

横型ペットボトル鉢で育てている「ピーすけ」は、

厳しい残暑に負けじと元気に生長し、さらに大きくなりました。

ペット栽培III(ピーマン)81

 

「ベルちゃん」と「ピーすけ」の実も(cm)ほどの大きさに生長し、

今栽培2回目の収穫を果たしました。

 

収穫した'ピーマン'を料理に使った後、

思いつきで'ピーマン'の採種を始めたのですが、

果たして成功するのでしょうか?

 

栽培開始から167日目

前回実を収穫したこともあり、幾分寂しさもありますが、

「ベルちゃん」はさらに草丈を伸ばし、元気に育っていました。

ペット栽培III(ピーマン)86

 

しかも、上の写真を見ても分かるように、

赤く熟している実が一際目立っていました。

 

「ベルちゃん」を間近で見てみたところ、

赤い実はほぼ完璧に近いほど熟していることが分かり、

ほかの実も(cm)ほどの大きさに育っていました。

ペット栽培III(ピーマン)87

 

これらの実は近々収穫できそうな感じがします。

 

一方、「ピーすけ」'ベルちゃん'に負けじ劣らず

草丈を伸ばしつつ葉数を増やし、大きく育っていました。

ペット栽培III(ピーマン)88

 

左側の株には数ヵ所に(cm)ほどの大きさの実が出てきており、

右側の株には数ヵ所に白い花が咲いており、

どちらの株も活発な生長を続けている様子が伺えます。

ペット栽培III(ピーマン)89

 

左側の実については'ベルちゃん'と同様、

近々収穫できそうな予感がしています。

 

ところで、前回突然の思い付きから

'ピーマンの採種'に挑戦してみましたが、

あれから3日が経過し、無事に種を採ることに成功しました。

ペット栽培III(ピーマン)90

 

しかし、無事に採種できたとしても、

この種で発芽するかどうかまでは分かりません。

 

そこで、今回採種した種を使って、

発芽することを確認してみることにしました。

 

とりあえず、発芽することを確認するだけですので、

今回は小型ペットボトル鉢に種を蒔いてみたのですが、

果たして、発芽してくれるのでしょうか?

ペット栽培III(ピーマン)91

 

とりあえず、この鉢で栽培するピーマンのことを

「ワンダくん」と呼ぶことにします。

次回に続く

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

09月
10

[ピーマン] ブログ村キーワード:カーボンオフセット、環境教育

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、縦型ペットボトル鉢で栽培中の「ベルちゃん」と、

横型ペットボトル鉢で育てている「ピーすけ」は、

厳しい残暑が続く中、順調に大きく育っていました。

ペット栽培III(ピーマン)74

 

しかし、「ベルちゃん」も「ピーすけ」も共に

一部の実が赤く熟し始め喜びに沸きましたが、

「ピーすけ」のほうは尻腐れ病になり落胆する一幕も...

 

とりあえず、ほかの実は3~4(cm)ほどの大きさ

なっているため、そろそろ収穫できそうな予感がします。

 

栽培開始からちょうど160日目

「ベルちゃん」は数箇所に実を付けているにも関わらず、

草丈をさらに数(cm)伸ばし、元気に育っていました。

ペット栽培III(ピーマン)78

 

「ベルちゃん」の実は順調に大きくなっており、

目測で約5~6(cm)の大きさがありました。

ペット栽培III(ピーマン)79

 

前回ほんのり赤くなっていた実もだいぶ赤くなっていますが、

間近で見てみると、影で隠れてしまっている箇所については

まだ赤く熟していないようでした。

 

一方、「ピーすけ」'ベルちゃん'と同様、

厳しい暑さにもかかわらず、元気に育っていました。

ペット栽培III(ピーマン)80

 

左側の株になっている実は少しいびつな形になっていますが、

5~6(cm)程の大きさに育っており、収穫できそうな状態です。

ペット栽培III(ピーマン)81

 

右側のほうの実も(cm)位の大きさはありますが、

またしても、尻腐れ病にかかってしまいました。

ペット栽培III(ピーマン)82

 

前回も赤く熟した実が尻腐れ病になっており、

右側の株は尻腐れ病になりやすい性質なのでしょうか?

 

何はともあれ、どちらの株も収穫できそうな大きさに

実が育ちましたので、収穫してみることにしました。

ペット栽培III(ピーマン)83

 

今回は、以前収穫したときより数の上では1個少ないものの、

大きさでは一回りくらい大きく育っているため、

まずまずの出来ではないかと思います。

 

というわけで、今回は市販並みに'ピーマン'を収穫したので、

ナポリタンを作ってみました。

ペット栽培III(ピーマン)84

 

このナポリタンは見た目には一般的なものに見えますが、

トマトソースにトマトジュースを使っているため、

少しトマトの酸味が利いていて美味しく仕上がりました。

 

それはそうと、私はナポリタンを作っているときに、

ふと思ったことがあり、少し試験的な試みを始めてみました。

 

それは、収穫した'ピーマン'をカットした際に出る種を

捨てずに、採種しようというもの。

ペット栽培III(ピーマン)85

 

とりあえず、お皿の上にキッチンペーパーを敷き、

その上に取り除いた種を載せ、数日間適温を保ちつつ

乾燥させてみることにしました。

 

果たして、このような方法で'ピーマンの種'

採種することができるのでしょうか?

次回に続く

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
31

[ピーマン] ブログ村キーワード:カーボンオフセット、環境教育

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、縦型ペットボトル鉢で栽培中の「ベルちゃん」と、

横型ペットボトル鉢で育てている「ピーすけ」は、

どちらも数ヵ所から実が付き、大きく育っていました。

ペット栽培III(ピーマン)69

 

今回育てているピーマンは赤く熟すパプリカの一種ですので、

赤く熟したものを収穫するため奮闘するのでした。

 

栽培開始から151日目

「ベルちゃん」は厳しい残暑に耐えつつも、

依然として、大きく育っていました。

ペット栽培III(ピーマン)73

 

株元から15(cm)ほどの高さにかけ葉が枯れ落ちてしまい、

見た目には徒長したようにも見えなくはありませんが、

時期的にも少しずつ終焉に近づいているのかもしれません。

 

前回確認された実は3~4(cm)ほどの大きさになり、

一つの実については部分的に赤い色に変わっていました。

ペット栽培III(ピーマン)74

 

どのタイミングで赤く熟すのかが分からないため、

赤く変色した「ベルちゃん」が焼きたてのパンのように見え、

少し心配になってしまいました。

 

一方、「ピーすけ」も厳しい暑さにもかかわらず、

さらに草丈を伸ばし葉数も増えていました。

ペット栽培III(ピーマン)75

 

「ピーすけ」は上端部に葉が集中しているため、

実が付いているのかを見るのはやや大変です。

 

左側の株の葉を少しかき分けると、

(cm)ほどの大きさの実がいくつもなっているのが

確認できます。

ペット栽培III(ピーマン)76

 

今のところ、どの実も尻腐れ病にはなっていないので、

この調子で大きく育ってもらいたいものです。

 

右側の株についても覗いてみたところ、

一つの実が鮮やかな赤色に熟していました。

ペット栽培III(ピーマン)77

 

まさか、「ピーすけ」が赤く熟しているとは思わなかったため、

驚きと喜びでいっぱいになりました。

 

ところが、このピーマンをよく見てみると、

尻腐れ病にかかっていることが分かり、

束の間の喜びとなってしまったのです。

 

尻腐れ病になった原因は調査する必要がありますが、

とりあえず、「ピーすけ」が赤く熟したことは確認できたので、

現在育っている実が無事に赤く熟してくれることを期待します。

次回に続く

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
24

[ピーマン] ブログ村キーワード:カーボンオフセット、環境教育

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、縦型ペットボトル鉢で栽培中の「ベルちゃん」と、

横型ペットボトル鉢で育てている「ピーすけ」は、

一段と草丈を伸ばし、元気に育っていました。

 

それぞれの株に付いた実は3~7(cm)ほどに生長し、

今後の生長を考え、少し早い収穫を果たしました。

ペット栽培III(ピーマン)66

 

収穫したことで、2株の'ピーマンたち'

衰弱することなく元気に育ってくれているのか、

早速、その後の様子を覗いてみましょう。

 

栽培開始から141日目

「ベルちゃん」収穫後も元気そうな様子で、

脇芽が伸び、葉数が増え茂っていました。

ペット栽培III(ピーマン)68

 

そして、上の写真を見ていますと、

草丈が少し伸びたように感じるのは気のせいでしょうか?

 

「ベルちゃん」を間近で見てみますと、

3~4(cm)ほどの大きさになる実が数箇所になっていました。

ペット栽培III(ピーマン)69

 

そして、別の場所では新たに出来た蕾が大きくなり、

花が咲きそうな状態になっていました。

ペット栽培III(ピーマン)70

 

前回の収穫後、礼肥として'栽培用炭酸水'を与えたのですが、

その効果は抜きにして、ここまで衰弱することなく

元気に生長してくれていたことを嬉しく思いました。

 

一方、「ピーすけ」'ベルちゃん'と同様、

収穫したことによる影響はまるで感じられず、

さらに、大きく生長したように感じられます。

ペット栽培III(ピーマン)71

 

また、前回開花した箇所を見てみますと、

既に結実しており、(cm)ほどの大きさに育っていたのです。

ペット栽培III(ピーマン)72

 

その他、大きくなった実が数箇所で確認されたところからも、

「ピーすけ」の好調ぶりが伺えます。

 

ところで、今回育てている'ワンダーベル'という品種を

これまでピーマンとしてご紹介していますが、

ペット栽培III(ピーマン)01

この栽培の冒頭で示した写真を

ご覧になり、何か気付いた事は

ありませんでしたか?

 

特別隠すつもりはありませんが

この品種はピーマンではなく、

実が赤く熟すパプリカの一種

だったのです。

 

このため、この品種は7(cm)程の

大きさに生長した後、

徐々に赤く熟してくるのです。

 

従って、現在大きく育つ実は

赤く熟したものを収穫してみたいと考えています。

 

多少の時間は要するかと思いますが、

尻腐れ病に注意し、頑張って育てたいと思います。

次回に続く

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
17

[ピーマン] ブログ村キーワード:カーボンオフセット、環境教育

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、縦型ペットボトル鉢で栽培中の「ベルちゃん」と、

横型ペットボトル鉢で育てている「ピーすけ」は、

葉が上を向き、元気に育っていました。

ペット栽培III(ピーマン)57

 

また、「ベルちゃん」の実は(cm)ほどの大きさになり、

「ピーすけ」も負けじと、実が付きそうな状態にありました。

 

今回の栽培もだいぶ収穫に近づいてきましたが、

その後の2株の'ピーマン'の様子を見てみることにしましょう。

 

栽培開始から137日目

「ベルちゃん」さらに草丈が伸びる一方で、

株元の葉が落ちて少し寂しげな姿になっていました。

ペット栽培III(ピーマン)61

 

「ベルちゃん」の上端部を見てみますと、

葉が茂っている中に、大きくなった実がいくつもありました。

ペット栽培III(ピーマン)62

 

実の大きさは4~7(cm)ほどあり、

収穫できそうな状態にありました。

 

一方、「ピーすけ」は草丈をさらに数(cm)伸ばし、

葉数も増えたことにより、一段と逞しい姿になっていました。

ペット栽培III(ピーマン)63

 

「ピーすけ」は一つの鉢に二株の'ピーマン'を育てているため、

それぞれの生長にバラつきが見られました。

 

まず、右側の株を見てみますと、

3~5(cm)の大きさになる実が2つばかり成っていました。

ペット栽培III(ピーマン)64

 

一方、左側の株はやっと蕾から開花したものや、

開花したものから結実しているものが疎らにありました。

ペット栽培III(ピーマン)65

 

一つの鉢で二株の'ピーマン'を育てる場合は、

どうしても、土中の栄養分の奪い合いが生じ、

場所によっては日の当たり具合も異なるため、

生長にバラつきが出てしまうのです。

 

ところで、今回育てている品種は'ワンダーベル'ですが、

収穫の目安は7~10(cm)の大きさとのことです。

 

しかし、'ピーマン'などの果菜類はあまり実を大きくさせずに、

収穫したほうがよいという話もよく耳にします。

 

現在栽培している'ピーマン'にはまだ蕾が付いており、

これから実がなりそうな状態にありますので、

今後の生長を踏まえ、少し小さめの実も含め、

思い切って収穫することにしました。

ペット栽培III(ピーマン)66

 

今回収穫した'ピーマン'全部で6個でしたので、

ちょっとした料理に使えそうな量と言えます。

 

今回は、いつもお世話になっているパンジー様のブログで

紹介されている'カップピーマン'に使ってみました。

ペット栽培III(ピーマン)67

 

パンジー様はいつもプロの料理人顔負けと思うくらいに、

美味しいそうな料理を作られ、ブログでご紹介されています。

 

今回の'カップピーマン'は手軽に作れますので、

皆さんも一度作って見て下さい。

 

とりあえず、今回計6個の'ピーマン'を収穫しましたが、

この栽培には、まだ明かしていない秘密があるのですが、

これについては次回お伝えしたいと思います。

次回に続く

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
02

[ピーマン] ブログ村キーワード:カーボンオフセット、環境教育

こんにちは、M.Ishiiです。

 

前回、縦型ペットボトル鉢で栽培中の「ベルちゃん」と、

横型ペットボトル鉢で栽培中の「ピーすけ」は、

40℃を超す炎天下の中、元気に育っていました。

ペット栽培III(ピーマン)54

 

その中でも、「ベルちゃん」は2~4(cm)程度の実が沢山付き、

収穫へのカウントダウンが切られようとしていました。

 

栽培開始からちょうど120日目

ここ最近、ペットボトル菜園の温度は午前中に40℃を

超しているため、「ベルちゃん」「ピーすけ」の株元には

暑さ対策として、ワラを敷いてあげました。

ペット栽培III・ツール16

 

これにより、少しでも保水効果が上がるといいのですが...

 

そんな中、「ベルちゃん」は前回よりも葉が上を向き

元気に育っているようでした。

ペット栽培III(ピーマン)57

 

葉がたくさん付いている箇所を覗いてみると、

大きくなった実がたくさん成っていることが分かりました。

ペット栽培III(ピーマン)58

 

実の大きさは大きいもので3~4(cm)ほどあり、

小さいものでも3(cm)弱ありますので、

近々収穫できそうな予感がしています。

 

一方、「ピーすけ」はここにきて、草丈をさらに7(cm)伸ばし

支えていた支柱の高さを越えてしまいました。

ペット栽培III(ピーマン)59

 

また、草丈だけではなく、葉数も急増し、

'ベルちゃん'よりも立派な苗に育ちました。

 

さらには、前々回確認された蕾からは花が咲き

他の場所からも花芽が続々と出てきていました。

ペット栽培III(ピーマン)60

 

いまや、'ベルちゃん'よも勢いのある「ピーすけ」ですが、

'ベルちゃん'のときの教訓を活かす意味でも、

一番果の生長具合をよく見ておく必要がありそうです。

次回に続く

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

07月
25

[ピーマン] ブログ村キーワード:カーボンオフセット、環境教育

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、縦型ペットボトル鉢で栽培中のピーマンの「ベルちゃん」は、

着果した実が(cm)ほどの大きさに育ちました。

ペット栽培III(ピーマン)48

 

しかし、この実は一番果であるため、

(cm)ほどの大きさになった時点で収穫しなければ、

その後の生長が遅れてしまうため、やむなく収穫することに...

 

一方、横型ペットボトル鉢で栽培中のピーマンの「ピーすけ」は、

さらに大きく生長し、小さな蕾らしきものが出来ました。

 

いよいよ、「ピーすけ」も開花に向け、準備を始めたようです。

 

栽培開始から111日目

梅雨が明け、毎日35℃を越す日々が続く中、

この日は朝早くから42まで気温が上がり、

2株の'ピーマン'にとっては過酷なものとなりました。

ペット栽培III(ピーマン)53

 

そんな中、「ベルちゃん」は暑さに耐えながらも

元気に育っていました。

ペット栽培III(ピーマン)54

 

前回、慌てて一番果を収穫したこともあり、

その後の生長が気になるところですが、

「ベルちゃん」の近くに寄って見てみると、

2~4(cm)程度の大きさの実がいくつも出来ていました。

ペット栽培III(ピーマン)55

 

他にも、白い花が咲いているものや花が散った箇所から

結実したものを多数確認することができましたので、

今後の生長が楽しみです。

 

一方、「ピーすけ」は厳しい暑さの中、

草丈をさらに数(cm)伸ばし、葉もより大きくなりました。

ペット栽培III(ピーマン)56

 

ただ、前回確認された蕾らしきものはあまり大きくなっておらず、

今後の「ピーすけ」の頑張りに期待したいと思います。

次回に続く

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

07月
19

[ピーマン] ブログ村キーワード:カーボンオフセット、環境教育

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、縦型ペットボトル鉢で栽培中のピーマンの「ベルちゃん」は、

さらに生長を続け、花芽を増やしていました。

 

しかも、開花した花が風で飛ばされ着果しないと思われた

箇所からは(cm)ほどの大きさの実が結んでくれました。

ペット栽培III(ピーマン)44

 

一方、横型ペットボトル鉢で栽培中のピーマンの「ピーすけ」は、

マイペースながらも草丈を20(cm)以上に伸ばし、

一段と葉が増えたことにより見違える程大きく生長しました。

 

今後も目を離すことができない'ピーマンたち'

その後の生長を覗いてみることにしましょう。

 

栽培開始から106日目

「ベルちゃん」はさらに大きく生長し、

今が一番元気なときなのかもしれません。

ペット栽培III(ピーマン)47

 

前回確認された実は一段と大きくなり、(cm)になりました。

ペット栽培III(ピーマン)48

 

「ベルちゃん」の生長はこれに止まらず、

花芽が数箇所からたくさん付くようになり、

一部では着果しているものが確認できました。

ペット栽培III(ピーマン)49

 

ところで、先ほどご紹介した大きく生長している実は、

最初に咲いた花からできた'一番果'であるため、

今後の「ベルちゃん」の生育をよくするためには、

早めに収穫する必要があります。

 

このため、一番果をどのタイミングで収穫するかが

ポイントとなりますが、今回育てている'ピーマンの種'

開発元であるタキイ苗種社に問い合わせて聞いてみたところ、

一番果は(cm)程の大きさになった頃に収穫することが

判明したのです。

 

ということは、前回確認した時点で

収穫しなければならなかったのです。

 

少し手遅れ感はありますが、

既に3(cm)ほどの大きさになっている実を

すかさず収穫することにしました。

ペット栽培III(ピーマン)50

 

今回収穫した実は小さくてカワイらしいですね。

 

とりあえず、一番果を収穫したことで、

今後の「ベルちゃん」の快進撃に期待したいです。

 

一方、「ピーすけ」はさらに大きく生長し、

以前までの衰弱した様子は微塵も感じられなくなりました。

ペット栽培III(ピーマン)51

 

「ピーすけ」は横型ペットボトル鉢で育てていることもあり、

一つの鉢で2株育てることができますが、

横から見ると、株の生長に差異があることから、

まるで、親子のように見えてしまいます。

 

そんな「ピーすけ」もまた、

小さな蕾らしきものが出来ていました。

ペット栽培III(ピーマン)52

 

いよいよ、「ピーすけ」も'ベルちゃん'に続き、

開花や着果へと舞台を移すことになりそうです。

次回に続く

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる