インフォメーション
2/21 ペトさいの基礎知識関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[ペトさいの基礎知識]に反映!!
1/ 9 ペトさい料理関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[ペトさい料理]に反映!!
11/ 1 本ブログをプレオープンしました!!
2/21 「ペトさいの基礎知識」関連記事をカテゴリーメニューから選べます!!
2/20 「作業計画表」を見直し、あの企画も開催します!!
2/19 今日のガリガリ君XXXIX
2/18 今日のバァーガー(11)
2/17 「簡易カゴ温室」を作ってみましょう!!
2/16 「簡易自動給水器」を作ってみましょう!!
02月
21

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

昨日の作業計画に関する記事の中でお伝えしましたが、

なんとか、昨夜のうちに「ペトさいの基礎知識」関連記事の移行を

全て完了させることができました。

 

これに伴い、カテゴリーメニューの[ペトさいの基礎知識]から選べるように

メニューと記事とのリンクが行えるようにしましたのでご報告致します。

 

ペトさいの基礎知識関連記事の半数以上はペトさいの栽培レシピ本制作を

意識していることもあって新規に書き起こしたものであり、前ブログまでに

公開した記事とは言葉のニュアンスが異なっている箇所があるかと思います。

 

しかしながら、オレ様がペットボトル栽培に取り組む上での基本的な姿勢や

言葉の表現については何ら変わっておらず、むしろ、統一感を持たせることを

心掛けて書き起こしたり、修正を掛けたりしました。

 

一応、今回のペトさいの基礎知識関連記事の移行作業が完了したことで、

いよいよ、個別の栽培記事の移行作業を行うのみとなりました。

 

従って、インターバルを置かずに明日から早速移行作業を開始したいと

思いますので、栽培記事の移行作業が完了した際には随時、その作業が

完了したことをお伝えと供に、栽培に関するエピソード的な話を含めて

記事にしたいと思いますのでそちらの方も楽しみにして頂ければ幸いです。

 

それでは、これからも本ブログをご愛読頂きますよう宜しくお願い致します。

 

[ペトさいの基礎知識]メニューの項目一覧

 

[ペットボトル栽培とは]

・ペットボトル栽培とは

・ペットボトル栽培のキッカケ

・ペットボトル栽培の魅力とは

・ペットボトル栽培を始めるには

・収穫できる野菜とは

 

[ペットボトル鉢の作り方]

・縦型ペットボトル鉢

・縦ロング型ペットボトル鉢

・縦ダブル型ペットボトル鉢

・横型ペットボトル鉢

・小型ペットボトル鉢

・中型ペットボトル鉢

・大型ペットボトル鉢

・二つ折り型ペットボトル鉢

・ツイン型ペットボトル鉢

・花栽培用ペットボトル鉢

・スプラウト栽培用ペットボトル鉢

 

[培養土と肥料]

・培養土

・肥料

 

[ペトさい関連ツール]

・栽培用炭酸水

・簡易自動給水器

・簡易カゴ温室

 

[ペトさい計画表]

・・・毎月初旬に見直すペットボトル栽培計画について説明すると供に、

 一般公開向けの栽培計画表も併せて公開。

[今月の収穫野菜]

・・・毎月月末にその月に収穫したペットボトル野菜をダイジェストで

 お伝えする記事。

 

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

02月
14

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

今日は巷ではバレンタインデーのようですが、

オレ様にとっては無縁の日なのでどうでもいい日なのです。

 

とはいうものの、女性からチョコレートを貰えるとギリだとはいえ

ニンマリしてしまうのはなぜなのでしょう?

 

いやいや、こんなことで如何のだよ。

 

オレ様は暗黒面に堕ちたのだからチョコレートごときに

心を揺さぶられてはいけないのです。

 

子供の頃は女の子にチョコレートを手提げ袋に詰め込むほどたくさん

貰っていたことなど、過去のことなのだから忘れなければ如何。

 

だけど、オレ様はまだ完全に暗黒面に堕ちていないのか、

近所のスーパーに行ってダークなチョコレートを買ってきて

一人寂しく真っ暗な部屋で食べていますよ()

バレンタイン2017

 

いいんだいいんだ、おいらは嫌われ者だから。

暗黒面に堕ちたオレ様なんかにチョコレートを手渡す女なんか

一人も現れはしないさと、思いながら・・・。

 

【お断り】今日の記事には一部フィクションが含まれております()

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

02月
14

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

先月初めに我が事務所に新たなマスコットが仲間入りしたことを

お伝えしましたが、オレ様の仕事場に2体のポケモンが置かれるようになり、

仕事に集中できないことが度々あり、困っております(苦笑)

我が事務所のマスコット01

我が事務所のマスコット02

 

邪魔なら置かなきゃいい話なのですが、

2体のポケモンを観たらそのようなことはとてもできません。

 

そんな中、先月中旬頃に新たなポケモンが我が事務所にやってきました。

 

しかも、オレ様が久々に38℃を超す熱を出してベッドに寝込んでいる時に

ポケモンGoではなく某大手通販サイトAからやってきたのです。ピカァ。

我が事務所のマスコット03

 

こちらは熱の悪寒でゾクゾクしているというのに、愛くるしい眼差しで

オレ様のほうを見つめているのでしょうか?

 

そんな眼差しで見つめられたら余計に風邪が悪化してしまいますよ()

 

そもそも、某大手通販サイトAから「ピカチュウ」くんを呼び寄せたのは、

黄色は風水で金運の気を持つ色とされているため、黄色いポケモンで

カワイらしいキャラで思い付いたからでして、本当は仕事場の西側に

置きたかったのですが、パソコン関連の機材を並べて置いているため

断念して、リビングに置いてあげました。

 

リビングに置いても金運がアップするとは思えないのですが・・・(苦笑)

 

ポケモン関連のキャラクターが昨年末から続々とやって来るようになり、

事務所内が着実にポケモンGoと化すような感じになってきましたのですが、

もうこうなったらとことんカワイらしいポケモンを呼び寄せてやろうと思い、

毎月1体ずつ某大手通販サイトAから呼び寄せることに決めました。

 

というわけで、少々やけになっているところはありますが、

今月も新しいポケモンが我が事務所にやってきました。

我が事務所のマスコット04

 

そう、先月やってきたピカチュウよりカワイらしい「イーブイ」くんです。

 

「イーブイ」くんは色々な姿に変えることができますので、オレ様も色々な

仕事に取り組みたいという想いから某大手通販サイトAから呼び寄せました。

 

ただ今、「イーブイ」くんはお気に入りのキャラクターなのですが、

オレ様の家の者が「イーブイ」くんのことを茶色いウサギと呼んでいるのに

少々悲しくなりました。シクシク()

 

というわけで、これで4体となったポケモンですが、

来月はどんなポケモンを呼び寄せようかな?

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

02月
13

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

先ほどの記事でもお伝えしたとおり、今日はペトさいの写真撮影を行い、

ペットボトル菜園に氷が張るほど寒い中でも4種類の野菜たちが

元気に育っていることを確認できてホッとしました。

 

特に、オレ様の中で一番期待を寄せているスナップえんどうの生長は

目を見張るものがあり、徐々に気温が上がる傾向にあることを踏まえると

スナップえんどうの生長が楽しみでなりません。

 

その一方で、寒い日が続いていることに加え日照不足が懸念されている

ペットボトル菜園でありますが、野菜作りを上手くできる環境を整えるべく

環境改善に努めたいと思ったことから、ここ最近はペトさいの写真撮影後に

ペットボトル鉢の土の温度を測ることにしました。

 

大抵の野菜は土の温度が最低でも15℃前後ないと大きく育たないため、

土の温度を上げる対策の判断材料として測定することにしたのです。

 

ここ3週間のペットボトル鉢の土の温度を観てみたところ、体感的には

暖かい日が続いているので土の温度も上がっていると思ったのですが、

実際には逆に下がっていて、今日測定した温度は測定を開始してから

最低の4℃となり、この温度では4種類の野菜が生長できないと感じ、

夕方頃に室内に入れて育てようか考えました。

ペトさい(鉢内の地温)01

 

とはいえ、簡易かご温室を室内に置くだけのスペースがなく、

どうしようか悩んでおります(苦笑)

 

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

02月
13

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

今日も朝から冷え込んでいてとても寒いですが、

オレ様は季節に関係なく半袖Tシャツを着て作業をしております。

 

このことを周りに言うと、殆どの方が「寒くないの?」と軽蔑のまなざしで

問いかけてくるのですが、オレ様はキッパリ「体を動かしているうちに

暑くなってくるんですよ!!」と言い返します。

 

心の中では、『たとえ寒くても、寒いなんて言ったら男じゃねぇんだよ』と

思っていたんですけどね()

 

そんなことはさておき、今日は月曜日ですので定例のペトさいの写真撮影を

午前中に行ったのですが、ペットボトル菜園の野菜を入れている簡易温室の

ビニールを外そうとしたら氷が張っていてかなり冷え込んでいたことを感じ、

この寒さに負けずに育ってくれているか心配になりました。

 

早速、ペトさいの写真撮影を始めてみたのですが、

どの野菜も元気に育っていて葉数が少し増えたように感じました。

 

特に、スナップえんどうについては生長の変化がハッキリと分かり、

現在育てている4種類の野菜の中で一番期待できる野菜です。

 

本来はスナップえんどう栽培のお話の中で画像を公開するのですが、

今回は特別に本編では使わない画像を選んで編集しましたので、

以下に載せたいと思います。

ペトさい(スナップえんどう・零)01

 

ひとまず、3週間分のスナップえんどうの様子を載せましたが、

毎週観る度に草丈が伸び葉数も増えていて順調に育っている様子が

分かるかと思います。

 

本葉の数は8枚以上あるものの草丈がまだ5(cm)程度しかないため、

支柱を立てるのにはまだ早いという印象ですが、今週末にかけて

気温が上がるそうなのでさらに大きく育つことを考えると、

そろそろ支柱を用意しておいたほうが良いかもしれませんね。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

02月
12

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

先日、ペットボトル栽培の作業計画を見直したことをお伝えしましたが、

現在ペットボトル菜園で栽培中の4種類の野菜に加え、3月初めから新たに

5~6種類の野菜を育てることにしています。

Petsai_Plan201702.png

[画像クリックで拡大します]

 

上図の[??????]の野菜が何に決まるのかはこれからの野菜投票の

結果次第と言うことになりますが、ここだけの話、いずれにしても

果菜類になることだけは間違いありません。

 

しかしながら、オレ様の気持ちとしては現在の栽培環境では限界があることは

理解している一方で、どうしてもどうしてもどうしても育てたい野菜があって、

モヤモヤ感を解消したくて仕方がないのです。

 

育てたい野菜というのは2つありまして、一つはオレ様のことを

よくご存じの方は先ほどの作業計画表をご覧になられてお分かりになると

思うのですが、「ミニきゅうり」を育てたいのです。外せないのです()

 

「ミニきゅうり」は家族の者にも'カッパ男'と呼ばれるほどキュウリが好きで

毎年育てている野菜ですので、どうしても外したくない野菜なのです。

育てたい野菜01

 

ここだけの話、先日ご紹介した'大型ペットボトル鉢'を考案したのは

ペトさいでコンスタントにキュウリを収穫したいという執念から作ったもので、

毎年一株で最低20株は収穫しないと満足しないため、それに応える栽培を

実現させたい一心で取り組みました。

 

ですので、今年もなんとかして「ミニきゅうり」を育てたいのです。

 

もう一つの野菜というのは、「ミニきゅうり」以上にモヤモヤ感が強くあって

ペトさい的にも成功させたいと強く願っている「芯栽培キャベツ」です。

 

「芯栽培キャベツ」とは、市販されているキャベツの芯から一球のキャベツを

育てようというもので、これまでにも何度も挑戦してはいるものの、

なかなか一球のキャベツに育てることができずに断念を繰り返しているのです。

育てたい野菜02

 

この栽培については8、9年前から挑戦していて、某週刊誌でも取り上げて

頂いたにもかかわらず、トウ立ちさせて終了という嫌な終わり方をしていて

取り上げて頂いた出版社の方にも申し訳ない気持ちがあって、なんとしても

成功させたい野菜なのです。

 

2年前にも'大型ペットボトル鉢'を用いて「芯栽培キャベツ」の栽培に挑戦し

順調に育ってくれていたものの、オレ様の栽培管理が至らなかったばかりに

結球前にひな鳥に葉を食べられてしまったり、葉が再生して結球する事に

期待を寄せていたら時期的にも春先だったためにトウ立ちさせてしまい、

結局いつもの結末に終わってしまうという情けなさでした。

育てたい野菜03

 

でも、「芯栽培キャベツ」の栽培を始めていたのは毎回10月初め頃だったので、

栽培を始める時期を変えれば一球キャベツを収穫できるように育てられる

かもしれないと思い、この3月から栽培を再開したいのです。

 

それに、今年4月でペットボトル栽培を始めて10年目に突入することから

その記念というか思い出というか、いい結果を節目の年に残したいのです。

 

今年は年運が悪いので、オレ様が思っているとおりに育ってくれるとは

思っていませんが、ペトさいのコンテンツ力という意味においては

「ジャガイモ」や大物の果実野菜、そして、「芯栽培キャベツ」と強力な

ラインナップを揃えて栽培を行いますので、これらの栽培を楽しみに

されている方に取りましては興味を持ってご覧頂けると思いますし、

育てるオレ様にとっても高いモチベーションを持って育てますので

気合いを入れて取り組めると思います。

 

そういう意味においては、「ミニきゅうり」と「芯栽培キャベツ」だけは

強引に調整してでも育てたい野菜たちなのですが、皆さんはいかがですか?

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

02月
07

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

先日のブログ記事で少しお伝えした「ジャガイモ」栽培についてですが、

本ブログ上での反応を見たところ、ツイッターでの反応と同様に

思っていた以上に興味を持って下さっていたみたいで嬉しかったです。

 

ペットボトルでジャガイモを育てるなんて非現実的なことであり、

仮にこの栽培ができたとしても無事に収穫に漕ぎ着ける保証なんて

全くないわけであり、バカなことを考えたもんだよと

自分のことを呆れてしまいました(苦笑)

 

しかし、ペットボトル栽培を始めた頃から一部のブロガーさんから

「ジャガイモ」を育ててほしいというリクエストを頂いていたのもありますが、

こんな馬鹿げたことに無謀な挑戦をすることはけして無駄ではなく、

今後の他の野菜を育てる上でも何かの役に立つと思いますので、

オレ様はこの栽培をやりたいと思うのです。

 

そんなわけで、「ジャガイモ」を本気で育てようかなと思ったのは

先日ご紹介した大型ペットボトル鉢を使ってミニきゅうりやシカクマメを

キチンとした形で育てることができ、「ジャガイモ」栽培用にペットボトル鉢を

新調すれば育てることができると確信を持ったからでした。

 

従って、「ジャガイモ」栽培用のペットボトル鉢を作らないといけないのですが、

現在のところ最も大きな大型ペットボトル鉢をさらに大きなものにしないと

「ジャガイモ」を育てることは難しいと思いますので、鉢の呼び名を含め、

この鉢作りに悩みそうです。

ペトさい(ペットボトル鉢)07

 

まずはペットボトル鉢を作れるかどうかにかかっているのですが、

そんな中、先日別件でオレ様のお庭(ホームセンター)に行ったついでに

「ジャガイモの種芋」の相場を確かめに行きました。

 

「ジャガイモの種芋」はオレ様が思っていたよりも安く売られていたので、

間髪入れずに衝動的に買ってしまいました。

ジャガイモの種芋

 

いつもの悪い癖が出てしまいました()

 

一応、「ジャガイモの種芋」を買う前に、店頭に並べられている種芋を

物色していたのですが、このお庭に置いてある種芋の状態がとてもよく、

安価だったので買う予定はなかったのに買ってしまったわけです。

 

まだ、「ジャガイモ」栽培用のペットボトル鉢を作るどころか

作れるかどうかもわからない内から早々と種芋を買ってしまったオレ様は

本当のお馬鹿でしょう()

 

もう「ジャガイモの種芋」を買ってしまった以上、このペットボトル鉢を

完成させなければならず、「ジャガイモ」栽培を成功させないといけません。

 

というわけで、「ジャガイモ」栽培を楽しみにされている方がいらしたら

楽しみにしていて下さいね!!

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

02月
01

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

今年は年運が悪いこともあり、一日も早くこの一年が過ぎて欲しいと

思っているのですが、その願いが通じているのかこの1月は早かったです。

 

でも、年始めから年運の悪さの洗礼をさっそく受けましたよ。ケッ()

 

本ブログでお伝えしたように、毎年恒例の川崎大師へ初詣に行った際に

引いたおみくじで「凶」という素晴らしい役を引いてしまい、

その後も駅の階段で足を踏み外しそうになって足を挫いたり、

心臓のエコー検査を受けに行った病院で風邪をもらって38℃近い熱が出て

ベッドでグロッキーになったり、風邪が治って一段落着いたら持病の喘息を

併発してしまい、その直後に、スギ花粉で目・鼻・耳・上唇の痒みに苦しみ、

オレ様はもうこの世にいたくないと思いました(苦笑)。あぁぁぁぁぁぁぁぁ。

おみくじ2017_01

 

そうはいっても、仕事のほうは順調に進めることができていますし、

ペトさいのほうも本ブログを応援して下さるブロガーさんやツイッターの

フォロワーさんのおかげで、ブログ記事の移行作業がスムーズに進んでいて

これまで越えられなかった壁をするりと越えることができて精神的に楽になり、

悪いことばかりでもないんだなと思うところもありました。

 

実のところ、今年の年運が悪くなることも、仕事やペトさいの作業を

順調に進めることができているのは六星占術の本のおかげもあるのです。

 

けして、占いを信じているわけではないのですが、

この本に書かれていることの9割はほぼその通りになっているので

参考程度に読んでいるわけです。

 

で、今日から2月になるということで改めて六星占術の本を読んでみたところ、

先月以上に酷いことが色々と書かれていて、もう一度気を引き締めないと

いけないなと感じました。如何せん、どんなに努力をしても結果は期待薄とか、

感情的になって友人や家族に見放されて孤立無援になるとか・・・。

2017年02月の運勢

 

それって、おみくじに書かれていたことと同じじゃないけ(苦笑)

 

なので、今月は先月以上に周りの人への気遣いや感謝の気持ちを

さらに持つように心がけ、できる限り謙虚になろうと思います。

 

柄にもないことを言うんじゃないよって、言わないで下さいね()

 

最後に、ペットボトル栽培に関することを一つお伝えしたいと思いますが、

ペットボトル栽培を始めてから今年4月で10周年を迎えるのですけど、

ペットボトル栽培をやっていて兼ねてから挑戦したいと思っていた

ジャガイモ栽培をやりたいと思っています。

 

「ペットボトルでジャガイモなんか育てられるの?」と思われる方も

少なくないと思うのですが、2()サイズのペットボトル(角形)

8個組み合わせて超特大なペットボトル鉢を作り、この鉢で育てます。

 

まだ何も準備はできていませんが、オレ様の感覚としてはジャガイモの

袋栽培と同様に、上手く育てることができるのではないかなと思っています。

 

但し、ペットボトル菜園の日当たりの問題がクリアになればの話ですけど。

 

とにかく、今月は何事にも謙虚で前向きに取り組みたいと思っていますので

これからも本ブログへの応援をヨロシクお願い致します。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

01月
30

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

今日のHAMAは雲が一つなく良く晴れていて暖かいのですが、

冷たい風が吹き付けていて肌寒く感じることが度々ありました。

 

しかしながら、自転車に乗っているとその風はとても気持ちよく感じられ、

日が出ていることもあって汗だくになっていました。

 

脳ナシ野郎なマスコミは2月初めにもスギ花粉が飛び始めるかもしれないと

言っているのですが、オレ様をはじめとする花粉症で苦しむ者は敏感なので

ここ数日前からスギ花粉が飛散しているのを感じ、既に目や鼻の痒みに

襲われております。

 

このため、今日は強風が吹き荒れているためスギ花粉が飛んでいるのを感じ、

定例のペトさいの写真撮影中に何度も鼻をかんでいたので辛かったです。

 

さて、今日も定例のペトさいの写真撮影を行ったのですが、

僅かながらペットボトル菜園の野菜たちの生長に変化が見られるようになり、

少し嬉しい気持ちになりました。

ペットボトル菜園の復活の兆し01

 

どの野菜も日照不足や気温が低かったりして生長が鈍っていたのですが、

ここ数日暖かかったり、ペットボトル菜園に日が当たる時間が少しずつ

長くなっていることなどから生育環境が改善に向かいつつあり、

その結果、見た目でも生長の変化が分かるようになったわけです。

 

とはいっても、株としてはまだ小さいですので、

収穫を迎えるまでには数ヶ月かかると思います。

 

今日は暖かかったのですが、まだ1月が終わりを迎えようとしているだけで、

ペットボトル鉢内の土の温度を測ってみたところ、13℃と先週より

10℃近く高かったものの野菜たちの生育適温としてはやや低かったので、

今後も寒い日が続くことを踏まえますと、新たな防寒対策を考える必要は

あるように感じますね。

ペットボトル菜園の復活の兆し02

 

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

01月
22

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

先週は週の終盤に関東平野部でも雪が降ると騒いでいましたが、

オレ様の見立て通り、雪は降りませんでした。

もっと言えば、雨も降りませんでした。

 

しかしながら、気温のほうはグッと下がり、かなり寒かったです。

 

この寒い中、オレ様は当たり前のように仕事をするはずだったのですが、

その前日に病院に行って心臓の超音波検査を行い、

その後に診察を受けたことから病院に長居してしまったためなのか

風邪の菌を諸にもらってしまい、結果的に風邪を引いて38℃近い熱を

出してしまったため、今朝までグロッキーでした。

 

38℃近い熱が出たのはかなり久しいのですが、

インフルエンザが流行っているので、これを越えたらヤバいなと感じました。

 

オレ様のことをご存じの方もいらっしゃると思うのですが、

風邪を引いた時は必ずポカリスエットのようなスポーツドリンクを飲み、

栄養価の高いスイーツで知られるプリンを食べるようにしています。

 

もちろん、暖かいものを食べて暖かくして寝ることも大事なのですが、

オレ様の中ではお決まりのパターンで、風邪にはよく効くのです。

 

なんとか、今朝になって平熱に戻ったのでベーコンで朝食を済ませた後に

風呂に入って髪をバシッとセットして一週間分の食料を買いに出掛けました。

 

まだ病み上がりということもあり防寒着を着て出掛けたのですが、

タイミングが良かったのかよく晴れていて暖かかったため

汗だく状態になって買い物をしました。

 

そんな中、オレ様が熱で寝込んでいたときにツイッターのトレンドに

気になるキーワードが入っていて、そのキーワードを追ったら

オレ様のパワー餌であるプリンを使ったものが発売されることを知りました。

 

そのプリンを使ったものとは「まるごとプリンまん」

プリンまん01

 

今までありそうでなかった斬新な食べ物でしたので、

熱が下がったら買いに行きたいと思っていました。

 

そして、買い物の途中で「まるごとプリンまん」を買うことに成功しました。

 

「まるごとプリンまん」って、どういう味がするのか楽しみで仕方がなく、

足早に買い物を済ませて自宅に戻ってきて、早速頂くことにしました。

 

子供の頃はよく肉まんを二つ買ってきて食べていたのですが、

母がいる前で肉まんをオレ様の胸に当てて悪ふざけで「おっ●い」と言うと

母に叱られたことを思い出したのですけど、今やったら単なる変態にしか

思われませんので、今回は大人しく食べました()

 

「まるごとプリンまん」を一口食べたとき、

少しほろ苦いカラメルソースの味が口の中に広がりましたが、

二口目三口目と食べ進めていてもプリンの味は全く感じられず、

まるごとプリンまんの生地の甘さとカラメルソースの味しかしませんでした。

 

「まるごとプリンまん」の中にプリンが入っているのかを確かめるべく、

包丁で半分に切って中身を見てみたところ、確かにプリンらしきものは

入っていたのですが、店頭のポスターにあるようなプリンのボリュームはなく、

お粗末なものでした。

プリンまん02

 

確かに、プリンは入っているのでプリンまんに間違いはないのですが、

まるごとかどうかは微妙です。

 

プリン好きなオレ様としては普通にプリンを食べた方が美味しいと思うので、

「まるごとプリンまん」はあまりお勧めできる代物ではないのですが、

興味のある方はお早めにお買い求めになった方がよろしいかと思います。

 

最後に、病み上がりとは言え、本ブログ記事内に不適切な表現が

含まれていたことをお許し下さい。失礼しました。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

助成金