インフォメーション
8/23 ペットボトル栽培関連記事を全て移行し、カテゴリーメニューに反映させました!!
6/20 「サルビア」の発芽ってこんなんでしたっけ?
6/20 受粉した「トウモロコシ」は成功と言ってもよろしいのでしょうか?
6/19 「半結球レタス」が緩く結球していました!!
6/18 「ジャガイモ」の土内の生長の様子が見えないもどかしさ
6/16 新たな環境に馴染む「ミニかぼちゃ」の急生長ぶりに新たな悩みが…。
6/16 生長の勢いが衰えた「エダマメ」ですが・・・。
6/15 ペトさい料理32~黄金かぶ編~
6/15 食害に遭う「チマサンチュ」には何者かが寄生している?
06月
15

[ペトさい料理] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、べんり菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペトさい料理のお話にお付き合い下さい。

 

これまでペットボトル栽培で収穫した野菜を使って様々な料理を作り、

自己満足的にご紹介する「ペトさい料理」。

 

久々にご紹介する今回の料理は'黄金かぶ'を使った料理です。

 

今回の黄金かぶ栽培は計3回の間引き作業を経て、

最終的に生育のよい一株を残して育てました。

収穫した黄金かぶ01

 

黄金かぶはその名の通り、黄金色をしたキレイなかぶですので、

一般的なかぶとは違う調理法を考えないといけないことから少し悩まされました。

 

試行錯誤した結果、計6品の料理を作ることができましたので、

ご紹介していきたいと思います。

 

まずは一品目に作った料理は黄金かぶの間引き菜を使った味噌汁です。

黄金かぶ料理01

 

まぁ、黄金かぶ栽培の初期は間引き菜を使った料理が主体になりますので、

今回作った味噌汁は定番中の定番の料理です。

 

いりこでしっかりダシをとった味噌汁に間引いた黄金かぶの芽を

適当な大きさに刻んで入れたシンプルな味噌汁ですが、

普通に美味しく頂くことができました。

 

続いて、2品目の料理は同じく黄金かぶの間引き菜を使った

シメジとベーコンのパスタです。

黄金かぶ料理02

 

この手の料理もオレ様的には定番の料理なんですが、

間引き菜を使う際、炒めてしまうとシナシナになって存在感がなくなるため、

火を止めた後に間引き菜を入れて余熱で熱を通すのがポイントです。

 

こうすることで、間引き菜の存在感を活かすことができます。

3品目の料理は間引き菜を使ったオレ流焼豚のチャーハンです。

黄金かぶ料理03

 

間引き菜を使ったチャーハンはよく作っているので珍しい料理ではないのですが、

普段チャーハンを作るときはウインナーを使うのですけど、

今回は少し変化を付けたいと思い、偶然別の料理で作ったオレ流焼豚が余ったので

これを使ってチャーハンを作りました。

 

このため、全てを手作りで作りましたので手間は掛かったのですが、

その分、満足できる味に仕上がっていて、しかもオレ流焼豚が入っているから

少し高級感を味わえて美味しかったです。

 

ここまでは間引き菜を使った料理をご紹介しましたが、

ここからは黄金かぶを使った料理をご紹介したいと思います。

 

4品目の料理は黄金かぶとタコのマリネを作りました。

黄金かぶ料理04

 

やはり、黄金かぶは一般的なかぶとは違ってキレイな黄金色をしているため、

この色を活かした料理を考えた時にサラダにするか和え物にするかの

二択しかないと思い、後者のほうを選択しました。

 

最初は酢物を作ろうかなと思ったのですが、少し地味な感じがしたため

後に作る料理に合わせやすくマリネにしました。

 

タコやきゅうりなどを入れてカラフルにしてみましたが、

味のほうはレモン汁を入れてさっぱりとしたテイストに仕上げているため、

口直しには持ってこいな一品となりました。

 

続いて、5品目の料理は黄金かぶの葉と縮緬じゃこのパスタを作りました。

黄金かぶ料理05

 

黄金かぶの実の部分は全てマリネに使ってしまったため

残された葉の部分を使って料理を作ることになり、色々と考えてみた結果、

まさかのパスタになってしまいました(苦笑)。

 

パスタは間引き菜でも作っていたため被らせたくなかったのですが、

かぶの葉を使った焼きそばやうどんは合わないだろうしラーメンは論外だし、

結局消去法でパスタを作るしかなくなり、どうせ作るなら和風にしたいと思い、

縮緬じゃこと葉っぱを炒めたものは愛称がいいのでこれをバター醤油で

味付けしてまろやかに仕上げました。

 

実のところ、このパスタに合いそうな縮緬じゃこを探すのに苦労しまして

材料を揃えるのに丸3日かけて、極上なパスタを完成させました。

 

最後に、6品目の料理は黄金かぶの葉と塩昆布の浅漬けを作りました。

黄金かぶ料理06

 

言うまでもなく、黄金かぶの葉の残り物で作った一品なのですが、

このような葉ものと塩昆布の相性は絶妙によくて、黄金かぶの葉も例外ではなく

美味しく頂くことができる一品となりました。

 

というわけで、今回は6品の黄金かぶ料理を作りましたが、

どの料理オレ流だから一流料理人より美味しいよ(多分)!!

 

もしどれか一つでも食べてみたいという黄金かぶ料理がありましたら、

コメントを入れて頂けると嬉しいです。

 

さて、次回のペトさい料理ですが、

さやエンドウ」を使った料理をご紹介したいと思います。

 

果たして、オレ様は'さやエンドウ'を使ってどのような料理を作ったのかを

皆さんで推理してみて下さい!!

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

12月
12

[ペトさい料理] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、べんり菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペトさい料理のお話にお付き合い下さい。

 

これまでペットボトル栽培で収穫した野菜を使って様々な料理を作り、

自己満足的にご紹介する「ペトさい料理」。

 

さて、今回ご紹介する料理は'小ネギ'を使った料理の第3弾となります。

 

今回の小ネギ栽培は育苗させた後、中型ペットボトル鉢に植え付けて

計9回収穫しているのですが、この栽培に関しては私の弟子のタコっちという

小ネギオタクが育てています。

 

前回前々回と小ネギを収穫してタコっちの好物である'たこ焼き'

渋々作りましたが、オレ様としては'たこ焼き'以外の小ネギを使った料理を

ご紹介したいと思っているのですけど、今回も'たこ焼き'を作らされそうで

無理そうなので、ペトさい料理を楽しみにされている方には申し訳ありません。

 

というわけで、今回も異例の小ネギ料理をご紹介することになりますが、

通算8回目と9回目に収穫した小ネギを使った'あの料理'をご覧下さい。

収穫した小ネギ03

 

まず、1品目に作った料理はタコっちも気に入ってくれた

「カリジュワねぎ塩たこ焼き」です。

小ネギ料理09

 

このたこ焼きはシンプルな味付けにしたいと思ったことから

ソースではなく塩味にすることが決まり、その流れからサッパリした

味付けの方がよいかなと思い、食べる前にレモン汁を掛けて食べることを

閃いて作りました。

 

塩味のたこ焼きは初めて食べたのですが、

意外と美味しくてオレ様も気に入った一品となりました。

 

続いて、2品目の料理は「カリジュワねぎカレーたこ焼き」です。

小ネギ料理10

 

正直なところ、たこ焼きのネタはそう数多くあるわけではないので、

ありそうでないようなたこ焼きはナンだろうなという発想から生まれたのが

カレー味のたこ焼きでした。

 

このたこ焼きは美味しく頂くことができたのですが、

また作りたいとは思わない一品でして、とにもかくにもこのたこ焼きを焼くのに

四苦八苦しまして、衣の中にカレー粉を入れているためなかなか固まってくれず、

たこ焼きを返すのにも一苦労で、おまけにカリカリ感を出すために仕上げの油を

回し入れるとポンポンはじける始末で、見た目以上に作るのに神経を使いました(苦笑)

 

なので、このたこ焼きを完成させるのに3日かけて、ようやくオレ様が想像する形に

仕上げることができました。

 

それでは、最後にご紹介する料理は「カリジュワねぎキムチたこ焼き」です。

小ネギ料理11

 

収穫した小ネギにも限りがあるため、最後にどんなたこ焼きを作ろうかと考えたとき、

タコと相性の良いキムチが頭の中に浮かび、それを発展させたものがこのたこ焼きになります。

 

このたこ焼きは、キムチとタコの食感を楽しめるものに仕上げないといけないので、

キムチはキムチの味をしっかりと残しつつみじん切りにしたものを衣の中に混ぜ込み、

少し大きめにカットしたタコを入れて焼き上げました。

 

衣に味が付いているためできる限り焦げ付かないように気を付けて焼いて、

最後に仕上げの油を回し入れてカリカリ感を出して仕上げました。

 

このたこ焼きはこれまで作ったたこ焼きの中でも3つの指に入るほど美味しくて、

また作りたいと思う一品で、タコっちもオレ様の父も瞬食されました。

 

このたこ焼きは衣を作るのに手間がかかるという欠点がありますが、

それに見合うだけの価値はありますので時間があったらまた作りたいと思います。

 

というわけで、今回も3種類のたこ焼きを作りましたが、

どのたこ焼きもオレ流だから一流料理人より美味しいよ(多分)!!

 

たこ焼きばっかり見せられて胸焼けされた方もいらっしゃると思うのですが、

もしどれか一つでも食べてみたいというたこ焼きがありましたら、

コメントを入れて頂けると嬉しいです。

 

さて、次回のペトさい料理ですが、

「黄金かぶ」を使った料理をご紹介したいと思います。

 

果たして、オレ様は'黄金かぶ'を使ってどのような料理を作ったのかを

皆さんで推理してみて下さい!!

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
30

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

これまでペットボトル栽培で収穫した野菜を使って様々な料理を作り、

自己満足的にご紹介する「ペトさい料理」。

 

かなり久しくご紹介する今回の料理は'ショウガ'を使った料理になります。

 

ショウガは野菜投票で当選したことを受け、手探り状態で育てたものの

小振りなショウガをたくさん収穫することができました。

収穫したショウガ01

 

このことから、今回は収穫したショウガを使ってシンプルな料理を

5品作りましたので、ご紹介したいと思います。

 

まず、1品目の料理は定番中の定番の「豚肉の生姜焼き」です。

ショウガ料理01

 

一般的な生姜焼きはシンプルに細かく刻んだらショウガと豚肉を炒めて

醤油で味付けすると思うのですが、オレ様は料理の見た目にもこだわって

作ることからニンジンやピーマン、玉葱、しめじも炒めてより味わい深い

生姜焼きに仕上げました。

 

また、豚肉を炒める際に事前に豚肉に小麦粉をまぶすことにより

お肉を柔らかくする工夫もしているので、少し冷めても美味しく頂くことができます。

 

2品目の料理はガッツリと生姜焼きでご飯を食べて汁物が欲しくなったことから

「鰯のつみれ汁」を作りました。

ショウガ料理02

 

鰯のつみれ汁もビジュアルをよくしたいという思いがあり、

色々な野菜を入れて作ってみたのですが、意外と美味しくてハマりそうです。

 

この2品を作っただけでも収穫したショウガは半分も使っていないため、

オレ様が思い当たる料理を作ることにしました。

 

というわけで、3品目の料理は「海老焼売のチリソースがけ」を作りました。

ショウガ料理03

 

本当はエビチリを作りたかったのですが、冷凍庫に海老ではなくて

海老焼売が入っていたことからこれを代用し、チリソースを作って掛けました。

 

海老のプリプリ感はありませんでしたが、美味しく頂けました。

 

4品目の料理は「鶏肉のアーモンド唐揚げ 和風生姜味」を作りました。

ショウガ料理04

 

普通に生姜醤油で漬け込んだ鶏肉に小麦粉をまぶして揚げるのでは面白くないため、

衣を付ける際にダイスアーモンドを細かく砕いたものを小麦粉と片栗粉を

半々の割合でブレンドした粉と一緒にまぶして油で揚げました。

 

こうすることでカリッとジューシーなのは当然で、アーモンドの香ばしさが出て

少しリッチな唐揚げに仕上がりました。

 

そして、5品目の料理は脂っこい料理が続いたことから口直しになるようなものとして

「グリーンアスパラの生姜醤油和え」を作りました。

ショウガ料理05

 

この料理は茹でたグリーンアスパラをおろし生姜とごま油と醤油で和えただけですが、

さっぱりとした味に仕上げているため口直しにはもってこいの料理です。

 

というわけで、今回は5品のショウガ料理を作りましたが、

どの料理もオレ流だから一流料理人より美味しいよ(多分)!!

 

さて、次回のペトさい料理ですが、

「小ネギ」を使った料理の第3弾をご紹介したいと思います。

 

'小ネギ'を使った料理というとアレしかありませんが、

果たして、オレ様は'小ネギ'を使ってどのような料理を作ったのかを

皆さんで推理してみて下さい!!

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

01月
18

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

これまでペットボトル栽培で収穫した野菜を使って様々な料理を作り、

自己満足的にご紹介する「ペトさい料理」。

 

今回ご紹介する料理は'バジル'を使った料理の第2弾になります。

 

バジルは2度の間引きを経て摘芯を行い、その後葉を増やしながら育て

計5回の収穫を得ることができ、前回は間引き収穫したバジルと、

摘芯時と1回目の収穫時のバジルを使った料理をご紹介しました。

 

今回は2回目から5回目に収穫したバジルを使った料理を

ご紹介したいと思います。

収穫したバジル02

 

まず、1品目の料理は「グリーンアスパラとベーコンのバジル風味炒飯」

作ってみました。

バシル料理05

 

見た目はピラフのように見えますが、列記とした炒飯でして、

これまでイタリアンを多く作ってきたことから少し違う料理を作りたいと

思ったことから、バジルに合いそうな中華料理を考えた末に完成したのが

この炒飯になりました。

 

結局のところ、バジルは薬味に使うのが無難だと思い、

ピラフに似た炒飯の仕上げに乾燥させたバジルを振りかけました。

 

肝心のお味のほうですが、中華ということもあり塩とコショウした後に

鶏ガラスープの素で整えたこともあり、無難な炒飯に仕上がったと思いました。

 

続いて、2品目の料理は「新じゃがベーコンとコーンのバジル風味サラダ」

作ってみました。

バシル料理06

 

この料理は元々亡き母が良く作ってくれた料理をオレ流にアレンジし、

バジルを使ってみたものでして、ジャガイモとベーコンとコーン缶さえあれば

簡単に作れてしまうシンプルな料理なのです。

 

というのも、この料理の肝はコーン缶の汁にありまして

ジャガイモとベーコンを油で炒めた後に軽く塩とコショウで味付けするのですが、

このコーン缶の汁で20分ほど煮込みますとコーンの甘い香りがして

美味しく仕上がり、サラダなのですが食が進むのです。

 

今回はバジルを使うためジャガイモとベーコンを無塩バターで炒めたのですが、

いつも作るのとは違う味わいを楽しめて美味しかったです。

 

最後に3品目の料理ですが、色々なイタリアン料理を作ってきた中で

やはりグラタンは外せないと思い、前回とは違うグラタンとして

「摘み取りバジルのかぼちゃグラタン」を作りました。

バシル料理07

 

 実はバジルを最後に摘み取ったのは10月の終わり頃だったため、

時期的にもハロウィーンが近付いていたことからミニかぼちゃをくり抜いて

お皿状にして、その中にオレ流特性のベシャメルソースで絡めたマカロニと

細かく刻んだかぼちゃを絡めたものを入れ、チーズをかけて焼き上げました。

 

ミニかぼちゃをくり抜くのに苦労しましたが、

ビジュアル的にもまずまずの仕上がりになって良かったです。

 

本当はもう一品作りたいバジル料理があったのですが、

その料理に必要な機材がないため断念しました。

 

でも、諦めたわけではありませんなので、

その機材を購入できたら最後のバジル料理を作りたいと思います。

 

というわけで、今回はひとまず3品のバジル料理を作りましたが、

どの料理もオレ流だから一流料理人より美味しいよ(多分)!!

 

さて、次回のペトさい料理ですが、

「ショウガ」を使った料理をご紹介したいと思います。

 

果たして、オレ様は'ショウガ'を使ってどのような料理を作ったのかを

皆さんで推理してみて下さい!!

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

01月
13

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

これまでペットボトル栽培で収穫した野菜を使って様々な料理を作り、

自己満足的にご紹介する「ペトさい料理」。

 

今年最初のこの企画ではありますが、

まだご紹介できていないペトさい料理はたくさんございますので

少しペースを速めてご紹介していきたいと思います。

 

さて、今回ご紹介する料理は'豊作ニラ'を使った料理の第2弾です。

 

今回の豊作ニラ栽培は育苗させた後、中型ペットボトル鉢に植え付け、

通算7回収穫することができたのですが、この栽培に関しては

ニラが大好物だという私の弟子であるイカっぽが育ててくれました。

 

前回は間引き収穫した豊作ニラと1~3回目までに収穫した

豊作ニラを使った料理を4品ご紹介しました。

 

豊作ニラは育苗した苗の植え付け後からコンスタントに収穫することができ、

色々な料理に使えて重宝したのですが、今回は通算4回目から7回目までに

収穫した豊作ニラを使った料理をご紹介します。

収穫した豊作ニラ02

 

まず、1品目の料理は「ニラと 鶏モモ肉のパスタ」を作りました。

豊作ニラ料理05

 

元々、豊作ニラを使ったパスタを作りたいとは思っていたのですが、

なかなかいいアイデアが浮かばず、偶然冷凍庫の中に入っていた鶏モモ肉を

豊作ニラと一緒に炒めて塩コショウで味付けしたら意外と美味しかったので、

パスタに使っても違和感ないと思い作ったのが始まりでした。

 

豊作ニラと鶏モモ肉だけでは見た目が地味すぎるので、彩りを良くするために

鶏肉と相性の良い玉子をスクランブルエッグ状にしたものを入れてみたら

なかなかいい感じに仕上げることができ、味のほうもバッチリでした。

 

続いて、2品目の料理は「豊作ニラ餃子」を作りました。

豊作ニラ料理06

 

豊作ニラはどんな料理にも使えて重宝するのですが、その中でも中華料理が

一番合うように感じ、まだ作っていない中華料理の中から餃子を選びました。

 

餃子のタネには豊作ニラをふんだんに使っているのはもちろんのこと、

オレ様の大好きなニンニクとにんじんを下ろしたものと、キャベツを

細かく刻んだものをごま油と塩、料理酒を入れて混ぜ込みました。

 

餃子はたこ焼き同様、カリジュワに焼かないといけないので

焼くのが難しいのですが、なんとか無事に仕上げることができ、

ビールのお供に食べたら最高に美味しかったです。

 

3品目の料理は「豊作ニラと玉子のスープ」を作りました。

豊作ニラ料理07

 

これもニラ料理としては定番料理ですので、

ここで押さえておきたいなと思い作りました。

 

特別思い入れがある訳ではないのですが、

これまで作ってきた豊作ニラ料理の流れからいったら

ニラ玉スープしかないという安直な考えで作ってしまいました()

 

そして、豊作ニラ料理の最後を飾るのは「豚キムチ焼きうどん」です。

豊作ニラ料理08

 

この料理はオレ様の中では定番化している料理なのですが、

とにかく豚キムチが好きなオレ様としてはうどんじゃなくても

焼きそばにしても作り、見た目はよくありませんが食が進む料理の一つです。

 

この料理のポイントは少量のごま油と味噌を使っていることで、

キムチの辛さをマイルドにしつつ濃厚な味付けに仕上がっていて

まるで石焼きビビンバを食べているような味がして、これもまた

ビールのお供に最高な一品となっております。

 

この料理を作るのはすごく簡単なので、お試し頂きたいと思います。

 

というわけで、今回は4品の豊作ニラ料理を作りましたが、

どの料理もオレ流だから一流料理人より美味しいよ(多分)!!

 

さて、次回のペトさい料理ですが、

「バジル」を使った料理の第2弾をご紹介したいと思います。

 

果たして、オレ様は'バジル'を使ってどのような料理を作ったのかを

皆さんで推理してみて下さい!!

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

12月
29

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

これまでペットボトル栽培で収穫した野菜を使って様々な料理を作り、

自己満足的にご紹介する「ペトさい料理」。

 

今回ご紹介する料理は'長ネギ'を使った料理になります。

 

長ネギは育苗時に2度の間引きを行い、その後深さのある鉢に植え付け

軟白部分が伸びる度に増し土をして育てました。

収穫した長ネギ01

 

今回は2回目の間引き時に収穫した長ネギの芽と

収穫した長ネギを使った料理をご紹介します。

 

まず、1品目の料理はオレ様の想像で作った「オレ流冷やし豚キムチめん」です。

長ネギ料理01

 

元々、冷やしした中華麺に合う料理を考えていたときに

ひょんなことから豚キムチ焼きそばを発展させたものを作ることになり、

長ネギの間引き菜を細かく刻んだものを振りかければビジュアル的に

キレイに見えると思って使ってみました。

 

なので、最初からこの豚キムチめんに使う予定はなかったのですが、

実際に作ってみたらこれが意外といい感じに合っていて美味しかったです。

 

ビールのお供にいいかなという一品に仕上がりましたが、

豚キムチに冷やしめんなので胃の弱い方にはお勧めできないかも知れません。

 

続いて、2品目の料理は長ネギの間引き菜が余ってしまったことから

「オレ流明太子パスタ」を作ってみました。

長ネギ料理02

 

こちらの料理もビジュアル思考で作った料理なのですが、

この料理を作った当時は明太子を使った料理に凝っていまして

たこ焼きや焼きそばなどに使っていたため、残っていた明太子を使って

パスタを作ったら見た目もキレイで美味しいだろうなと思って作りました。

 

オレ様の料理は結構見た目の想像で作ることが多いので

実際に食べたときのイメージとは異なることもしばしばあるのですけど、

このパスタに関しては当たりハズレもなく、美味しく頂けました。

 

3品目の料理は収穫したばかりの長ネギを使った料理の中で

一番食べたかった「オレ流味噌煮込みうどん」を作りました。

長ネギ料理03

 

なぜ食べたかったのかは分からないのですが、とにかく無性に食べたくて

しかたがなかったので新鮮な食材を調達してきて作りました。

 

収穫した時期はまだ残暑が厳しかったにも関わらず、アッツアツの

煮込みうどんを汗だくになって食べたことを今でも覚えていますが、

鰹だしの利いた少し甘めに味付けした汁がヤバいくらいに美味しくて、

瞬食してしまいました()

 

この煮込みうどんに入れた長ネギは柔らかくて甘みもあって

美味しく頂けたことがちょっと贅沢だなと思いました。

 

続いて、4品目の料理も長ネギを使った料理としては定番の

「オレ流すき焼き丼」を作りました。

長ネギ料理04

 

本当はすき焼きでもよかったのですが、気分的に丼物が作りたかったので、

少々強引にご飯の上にすき焼きを乗せて上げました()

 

すき焼き丼にしたこともあり少しつゆ濁に仕上げたのですが、

汁が美味しすぎて元々作っていたすき焼き用の鍋から汁をこれでもかと

いうくらいかけて、お茶漬けのようにして食べてしまいました。

 

5品目の料理は収穫した長ネギの素材を活かしたいと思い、

「オレ流長ネギとワカメのぬた」を作ってみました。

長ネギ料理05

 

やはり、収穫したばかりの長ネギは柔らかくて甘みがあるため

ぬたに使ってよかったと思ったのですが、ぬたに使える長ネギの量に

限りがあったため少ししか作れなかったのが心残りでした。

 

ぬたに全部使ってもよかったのですが、オレ様の中では残り2つの料理を

作ることを考えていたので使えませんでした。シクシク()

 

というわけで、残り2つの料理の1つは焼き鳥のネギマをイメージして

作った「オレ流長ネギと鶏モモ肉のペペロンチーノ」

長ネギ料理06

 

長ネギと鶏モモ肉は相性がよく、普段はこれらを炒めたものを

ビールのつまみにして食べるのですが、これをパスタと一緒に絡めたら

美味しいかなと思い、シメジをゲストに入れて作ってみたところ、

このパスタもピールのおつまみになり、お気に入りの一品となりました。

 

このパスタは基本的に塩のみで味付けしているので、焼き鳥のネギマを

食べているみたいで美味しく頂けました。

 

今回、最後にご紹介する一品はオレ様の大好きなラーメンで締めたいと思い、

「オレ流ネギ味噌チャーシュー麺」を作りました。

長ネギ料理07

 

実のところ、今回の長ネギ栽培を始めるときから収穫した長ネギを使って

ネギ味噌チャーシュー麺だけは作りたいと思っていて、実際に作ることが

できてよかったです。

 

相変わらず、盛り付けがいまいちなのが少し残念な気分になりましたけど、

味のほうはほぼ完璧だったので良しとしました()

 

というわけで、今回は7品の長ネギ料理を作りましたが、

どの料理もオレ流だから一流料理人より美味しいよ(多分)!!

 

さて、次回のペトさい料理ですが、

「豊作ニラ」を使った料理の第二弾をご紹介したいと思います。

 

果たして、オレ様は'豊作ニラ'を使ってどのような料理を作ったのかを

皆さんで推理してみて下さい!!

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
28

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

これまでペットボトル栽培で収穫した野菜を使って様々な料理を作り、

自己満足的にご紹介する「ペトさい料理」。

 

今回ご紹介する料理は'バジル'を使った料理になります。

 

バジルは2度の間引きを経て摘芯を行い、その後葉を増やしながら育て

計5回の収穫を得ることができました。

収穫したバジル01

 

今回は間引き収穫したバジルと摘芯時に得たバジル、

そして、1回目の収穫時に得たバジルを使った料理をご紹介するにします。

 

まず、1品目の料理はイタリアンの定番メニューである

「ミートソースパスタ」です。

バジル料理01

 

「ミートソースパスタ」はオレ様の十八番料理の1つで、

2週間に1回は必ず作って食べています。

 

オレ様が作るミートソースのポイントはホイールトマトを使わずに

カットトマトを使っていることと、生のトマトを1(cm )角の大きさに

みじん切りにして使っていることです。

 

こうすることで、トマト本来の味と酸味を堪能することができ、

バジルの風味を活かすことができるのです。

 

また、ミートソースは一度にたくさん作り、

小分けして冷凍保存することで食べたいときにすぐ使えるので、

経済的に助かっています()

 

2品目の料理はオレ様の大好きな「マカロニグラタン」です。

バジル料理02

 

「マカロニグラタン」は小学校の給食でよく食べたのですが、

家では親が作ることはほとんどなく、作っても予め材料がセットされた

市販のマカロニグラタンを作ってくれる感じでしたので、

オレ様が一から作れるようになりたいと思い研究を重ねてきました。

 

グラタンは好みがあると思うのですが、オレ様はチーズを多めにかけて

焦がしたチーズを食べるのが好きなでして、それを踏まえて

ベシャメルソースも作っています。

 

オレ様が作るベシャメルソースは牛乳と無塩バター、小麦粉、コンソメを

使っているのですが、10分もあれば簡単に作れて市販のものより滑らかに

仕上がります。

 

このベシャメルソースを使った「マカロニグラタン」は言うまでもなく美味で、

ビールがあればよく合いますので美味しく頂くことができます。

 

3品目の料理はこれもまたイタリアンの定番の「マルゲリータ」です。

バジル料理03

 

「マルゲリータ」はピザ屋さんではよく食べるのですが、

「マルゲリータ」に限らずピザを自分で作ったことがなかったので、

生地作りには少し手こずりました(苦笑)

 

しかしながら、処女作となる「マルゲリータ」は生地が薄いこともあって

カリッとしていてチーズもいい感じに溶けていて美味しかったです。

 

初めて作ったので大きさ的には物足りなさを感じましたが、

ピザの作り方と要領は完全に覚えましたので、

今度作るときは特大サイズのピザを作りたいと思います()

 

今回最後にご紹介する料理は「バジルとしめじのミートドリア」です。

バジル料理04

 

この料理も初めて作ったものなのですが、

オレ様の想像と勘を頼りに

それらしく作ってみました()

 

お気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、

ミートソースは冒頭でご紹介した'ミートソースパスタ'に使った

ミートソースを作り置きしたものを利用し、

ベシャメルソースはオレ様のオリジナルのものを作って使いました。

 

ほぼ一から作りましたので、「ミートドリア」を完成させるのに

2時間くらいかかってしまいましたが、長時間かけて作った甲斐があって

イタリアンのお店で食べるドリアよりも美味しく頂くことができました。

 

ヤバいよ、このドリアの美味さは・・・。

 

というわけで、今回は4品バジル料理を作りましたが、

どの料理もオレ流だから一流料理人より美味しいよ(多分)!!

 

バジルを使った料理は色々ありますが、

その中でもオリジナリティのある料理を次の機会にご紹介しますので、

楽しみにしていて下さいね。

 

さて、次回のペトさい料理ですが、

「長ネギ」を使った料理をご紹介したいと思います。

 

果たして、オレ様は'長ネギ'を使ってどのような料理を作ったのかを

皆さんで推理してみて下さい!!

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
21

[ペトさい料理] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、べんり菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

これまでペットボトル栽培で収穫した野菜を使って様々な料理を作り、

自己満足的にご紹介する「ペトさい料理」。

 

かなりご無沙汰していたこの企画ではありますが、

まだご紹介できていないペトさい料理はたくさんございますので

少しずつご紹介していきたいと思います。

 

さて、今回ご紹介する料理は'豊作ニラ'を使った料理です。

 

今回の豊作ニラ栽培は育苗させた後、中型ペットボトル鉢に植え付け、

通算7回収穫することができたのですが、この栽培に関しては

ニラが大好物だという私の弟子であるイカっぽが育ててくれました。

 

豊作ニラは播種から約3ヶ月間育苗させていたのですが、

この間に間引き収穫することで立派な苗に育てることができ、

植え付け後は比較的コンスタントに収穫することができました。

収穫した豊作ニラ01

 

今回は間引き収穫した豊作ニラと1~3回目までに収穫した

豊作ニラを使った料理をご紹介することにします。

 

まず、1品目の料理は「ニラとウインナーの卵焼き」を作りました。

豊作ニラ料理01

 

間引き収穫した豊作ニラを使ったこともあり、

ニラの存在感を強調するような料理は難しかったため、

苦肉の策として卵焼きを作ったのですが、

これを弁当のおかずに入れたらめちゃくちゃ美味しくて食が進みました。

 

料理といえる代物ではございませんが、

美味しく頂くことができたのでご紹介してみました()

 

2品目の料理は「ゴマ味噌豚菜ラーメン」を作りました。

豊作ニラ料理02

 

元々は野菜炒めに使うつもりでいたのですが、

1回目の豊作ニラを収穫した当時は無性にラーメンが食べたくて仕方がなく、

ラーメンの具に野菜炒めを乗せれば豪華になるかなと思い、

急遽、このラーメンを作ることにしました。

 

豚菜と言うだけあって、少し大きめに刻んだ焼豚を入れるという

少し贅沢な野菜炒めになりましたが、きちんと収穫した豊作ニラの存在感を

出すように心がけて作ったこともあり、ニラの味を堪能することができました。

 

3品目の料理はオレ様の十八番である「四川風麻婆豆腐」を作りました。

豊作ニラ料理03

 

オレ様が作る麻婆豆腐はピリ辛で美味しいのは言うまでもありませんが、

ツイッターをご覧の方はご存じかと思いますけど、美味しい麻婆豆腐を

作るコツは2つありまして、一つは調理する前にさいの目に切った豆腐を

熱湯にくぐらせた後に空気に触れさせることと、もう一つは挽肉を炒めた後に

豆板醤をよく炒めることで甘みを引き出すようにしています。

 

この2つをやれば誰でも美味しい麻婆豆腐を作ることができますので、

ご興味のある方は是非お試し下さい。

 

今回作った麻婆豆腐では豊作ニラの存在感を大事にするため

最後に豊作ニラを投入し、余熱で炒めました。

 

今回、最後にご紹介する料理はニラを使った料理の定番である

「レバニラ炒め」を作りました。

豊作ニラ料理04

 

この料理もオレ様の得意料理の一つなのですが、

基本的に、もやしのシャキシャキ感を出すために蒸し焼きにするのですが、

このときに、豊作ニラも一緒に投入して蒸し焼きにしました。

 

こうすることで、もやしや豊作ニラがクタクタにならないので、

中華料理屋で食べるようなレバニラを作ることができます。

 

というわけで、今回は4品の豊作ニラ料理を作りましたが、

どの料理もオレ流だから一流料理人より美味しいよ(多分)!!

 

豊作ニラを使った料理は色々ありますが、

その中でもオリジナリティのある料理を次の機会にご紹介しますので、

楽しみにしていて下さいね。

 

さて、次回のペトさい料理ですが、

「バジル」を使った料理をご紹介したいと思います。

 

果たして、オレ様は'バジル'を使ってどのような料理を作ったのかを

皆さんで推理してみて下さい!!

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
17

[ペトさい料理] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、べんり菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

これまでペットボトル栽培で収穫した野菜を使って様々な料理を作り、

自己満足的にご紹介する「ペトさい料理」。

 

さて、今回ご紹介する料理は現在も栽培中の'小ネギ'を使った料理の

第2弾となります。

 

今回の小ネギ栽培は育苗させた後、中型ペットボトル鉢に植え付け、

現在までに計8回収穫しているのですが、この栽培に関しては

私の弟子のタコっちという小ネギオタクが育てています。

 

前回はタコっちは'ある好物'を食べたいがために播種から半年しか育っていない

未熟な小ネギを収穫してしまい、渋々タコっちの大好物な食べ物を作りました。

 

今回は中型ペットボトル鉢に植え付けてから順調に生長を続け、

株がある程度大きくなった小ネギを収穫し調理をしたのですが、

またもや、タコっちの大好物である'あの料理'を作らされてしまい、

ペトさい料理を楽しみにされている方には大変申し訳なく思います。

 

というわけで、今回も異例の小ネギ料理をご紹介することになりますが、

通算4回目から7回目までに収穫した小ネギを使った'あの料理'をご覧下さい。

収穫した小ネギ02

 

まず、1品目に作った料理はタコっちもお気に入りだった

「ふわもち海老ネギたこ焼き」です。

小ネギ料理05

 

このたこ焼きはモチモチ感を出すために米粉を使っているのですが、

これ以外に煎った小エビをすり鉢で粉末にして天然水で溶いたもので焼き上げ、

かつ、焼き上げたたこ焼きの上に収穫した小ネギとこれとは違う種類の

小エビをトッピングするという手間の掛かった一品です。

 

その甲斐あって、このたこ焼きを口に入れた瞬間にもちもち食感と香ばしい

小エビの風味が広がり、とても美味しいたこ焼きに仕上がっていることから

タコっちには気に入られました。

 

なんで、師匠である私がタコっちのためにたこ焼きを焼かないと

いけないのかはわかりませんけどね(苦笑)

 

続いて、2品目は「ふわもちネギチーズたこ焼き」を作りました。

小ネギ料理06

 

このたこ焼きもモチモチ感を出すために米粉を使っているのですが、

少し洋風に仕上げたいと思い、たこ焼きの中にはパルメザンチーズを

入れて焼き上げ、その上からチーズフォンデュ風にとろけるチーズを

ふんだんにかけてみました。

 

このたこ焼きは今まで作ってきたたこ焼きの中でも難易度が高く、

チーズフォンデュを作るのに苦労しました。

 

少し変わったたこ焼きに仕上がりましたが、

たこ焼きの中にパルメザンチーズが入っていることもあってチーズの味が

口の中に広がり、意外とタコとの相性がよいことを発見した美味となりました。

 

3品目は原点回帰するべく、「カリジュワ焼きそば入りたこ焼き」を作りました。

小ネギ料理07

 

このたこ焼きはありそうでないたこ焼きを作りたいというところから始まり、

広島風お好み焼きには焼きそばが入っているのに、焼きそばの入ったたこ焼は

見たことも食べたこともなかったので、少し遊び心から作ってみました。

 

たこ焼きの中にそのまま焼きそばを入れるわけにはいかないため、

焼きそばを少し細かく刻んで入れ、カリジュワに焼き上げました。

 

このたこ焼きは私の中ではお気に入りでして、私が作るたこ焼きの特徴である

外はカリッと中はジュワッとした食感を楽しむことができ、刻んだ焼きそばが

思っていたよりもカリッとしていて美味しく頂くことができました。

 

しかしながら、オーソドックスなたこ焼きと焼きそばには負けているように感じ、

今回最後にご紹介する「カリジュワ海老ネギたこ焼きプレート」を作りました。

小ネギ料理08

 

シンプルなたこ焼きと焼きそばを食べる方が美味しいと感じたのですが、

たこ焼きプレートを作るにあたり'海老ネギたこ焼き'をカリジュワ感に仕上げ、

焼きそばに合うようにテイストを変えてみました。

 

というわけで、今回も4種類のたこ焼きを作りましたが、

どのたこ焼きもオレ流だから一流料理人より美味しいよ(多分)!!

 

小ネギを収穫する度にたこ焼きを作らされるのはいいとして、

これ以上たこ焼きのネタはないと思いますのでたこ焼き以外の料理を

作りたいものですが、タコっちが何と言うかはわかりません(苦笑)

 

たこ焼きばっかり見せられて胸焼けされた方もいらっしゃると思うのですが、

もしどれか一つでも食べてみたいというたこ焼きがありましたら、

コメントを入れて頂けると嬉しいです。

 

さて、次回のペトさい料理ですが、

「豊作ニラ」を使った料理をご紹介したいと思います。

 

果たして、私は'豊作ニラ'を使ってどのような料理を作ったのかを

皆さんで推理してみて下さい!!

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
08

[ペトさい料理] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、べんり菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

これまでペットボトル栽培で収穫した野菜を使って様々な料理を作り、

自己満足的にご紹介する「ペトさい料理」。

 

4ヵ月ぶりのペトさい料理ですが、

この企画を辞めたわけでもネタが切れたわけでもありません()

 

理由は少し置いておきまして、久々にペトさい料理をご紹介したいと

思いますので、お付き合いのほどよろしくお願いします。

 

さて、今回ご紹介する料理は'鉢植え専用トマト'を使った料理になります。

 

今回の鉢植え専用トマト栽培では小型ペット鉢で育苗させた後に、

縦型ペットボトル鉢に植え付けて育てましたが、通算2回の収穫では

あったものの、収穫量としてはまずまずの量だったことから

ちょっとした料理に使うことがてきました。

収穫した鉢植え専用トマト01

 

さっそく、'鉢植え専用トマト'を使った料理にご紹介していきましょう。

 

まず1品目は定番中の定番である「鉢植え専用トマトのシンプルなサラダ」

作ってみました。

レジナ料理01

 

今回育てた'鉢植え専用トマト'は一般的な赤い実を着けるトマトなんですが、

上の写真をご覧のとおり、実は同時期に黄色い実を着ける'鉢植え専用トマト'

育てていまして、カラフルな色合いを楽しんでもらえるようなサラダを

作ってみました。

 

赤い実と黄色い実の味の違いは後者の方が若干甘みがあるように感じましたが、

基本的に、栽培中に栽培用炭酸水を与えていたことから甘くてジューシーな

トマトに仕上げていますので、ほぼ完璧な仕上がりになりました。

 

続いて、2品目の料理は'鉢植え専用トマト'を付け合わせにして

「オレ流オムレツ」を作りました。

レジナ料理02

 

オムレツは比較的難しい料理ではあるのですが、

炒めたひき肉と玉ねぎを利用して'ある料理'に使うことが

私の中では定番になっていまして、コスト削減のためによく使う手段です。

 

その'ある料理'というのは3品目になりますが、

私の十八番中の十八番である「ミートスパゲッティ」です。

レジナ料理03

 

「ミートスパゲッティ」は人によって作り方が違いますが、

私の場合は、炒めたひき肉と玉ねぎにカットトマトを入れて

少し煮込むだけという簡単な調理で仕上げています。

 

ただ、今回の場合は'鉢植え専用トマト'を収穫していることから

これを細かく刻んでミートソースの中に入れて煮込みましたので、

程よい酸味があって美味しくなりました。

 

最後に、4品目の料理は'鉢植え専用トマト'を付け合わせに使って

「オレ流鶏のから揚げ」を作りました。

レジナ料理04

 

どうしても、'鉢植え専用トマト'を使うとなると揚げ物の付け合わせに

使うことが多くなるため苦渋の選択ではあったのですが、

私の大好きなから揚げに使うことにしました。

 

鶏のから揚げをカリッと揚げるためには小麦粉をよく塗すことが大事で、

これをやったのとやらないのでは大きく違いが出ます。

 

というわけで、今回は調理というより付け合せがメインの料理を

多く作ってしまいましたけど、どの鉢植え専用トマト料理も

オレ流だから一流料理人より美味しいよ!!

 

どれか一つでも食べてみたいというものがありましたら、

コメントを入れて頂けると嬉しいです。

 

さて、次回のペトさい料理ですが、

「小ネギ」を使った料理の第二弾をご紹介したいと思います。

 

'小ネギ'を使った料理というとアレしかありませんが、

果たして、私は'小ネギ'を使ってどのような料理を作ったのかを

皆さんで推理してみて下さい!!

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる