FC2ブログ
インフォメーション
8/23 ペットボトル栽培関連記事を全て移行し、カテゴリーメニューに反映させました!!
8/16 再び「空芯菜」を収穫しました!! そして…。
8/15 今日のガリガリ君XXXXXIV
8/14 今日のガリガリ君XXXXXIII
8/14 不調続きの「ミニかぼちゃ」に花が咲いたのですが…。
8/13 今日の堅あげポテト3
8/11 「ミニメロン」の危険な日光浴となってしまいました!!
8/11 今日の柿の種XV
8/10 今度こそ、「ミニきゅうり」が大きく育ってもらいたいものです!!
08月
01

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、砂漠化

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

先月中旬頃からプライベートでバタバタとしていて、

落ち着いて書くことができず申し訳ありません。

 

ブログ記事のタイトルにもあります通り、今日はオレ様がブログを開設してから

10年を迎え、11年目に突入しました。

 

ここまで長くブログ記事を書き続けることができたのは

一重に皆様の応援のお蔭の他ないと思っております。

 

この場をお借りして御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

本当はブログ開設10年という節目に記念になるようなことをやりたいと

思っていたのですが、なかなかそのタイミングを見付けることができず、

結局何もやらずに10年目を終えてしまいました。

 

しかしながら、現在は環境活動という名目を保ちつつも環境問題から

少し距離をおいた形でペットボトル栽培に力を注いでおり、ブログ記事の

メインの題材として書き続けております。

 

今後もペットボトル栽培をメインに携えてブログ記事を書いていくことに

変わりはありませんが、ご周知のとおり我がペットボトル栽培は

今年4月で10年目という節目を迎えました。

 

従って、ブログ開設10年目となる一年では記念すべきことを

何一つできませんでしたので、その代わりというかリベンジというか

我がペットボトル栽培10年目となる今年は何かしらの大きなイベントを

やりたいと考えておりますので、期待せずにお待ち下さい。

 

そして、ブログ開設11年目となる今年はブログ記事においても

いい意味で変化をつけたいと思っておりますので、

今後とも、本ブログをご愛読のほどヨロシクお願い申し上げます。

2018.08.01 ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

07月
30

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、砂漠化

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

昨日はこれまでに例のないような進み方をした台風12号に翻弄された

一日でしたが、オレ様の中では台風12号以外で特別な一日でした。

 

けして記念日という不適切な扱い方はしたくないのですが、

オレ様の母がこの世を去った日でしてあれから6年が経過しました。

 

6年という数字を見るとあっという間な感じがするのですが、

この6年という年月は波瀾万丈なことがあり過ぎてそれに対処するのに必死で

心に余裕が全くなかったように感じています。

 

本来なら母が他界してから6年が経過していますので7回忌法要を執り行うのが

一般的なのですが、諸般の事情によりこの日による法要は行わないことにし、

年内の適切な時期に執り行うことにしました。

 

最も台風の影響が出ている中で7回忌法要を無事に執り行うことができたのかは

微妙なところですが…(苦笑)。

 

このため、今年も毎年命日に生前母に唯一作り方を教えてもらった

ニシンの煮物を作り仏壇に備えました。

オレ流にしん煮物2018

 

この煮物はオレ様の好きな料理の一つで、母が亡くなっても食べることが

できるようにと作り方を教えてもらったものでして、普段はオレ流にアレンジを

加えて作るのですが、今回は母の命日のため母のオリジナルで作りました。

 

本当なら母の好きなコスモスを仏壇の花瓶に生けたかったのですが、

今年は様々な花をペットボトル菜園で育てていたもののどれも育苗段階で

ダメになってしまい、市販の花を生けました。

 

実のところ、オレ様の中では色々な問題が蓄積されている現状があり、

これらを全てクリアにしたいと思っていることから新たな環境で

生活することを選択し、ただ今それに向けた準備を着々と進めています。

 

このため、ペットボトル栽培も今以上に力を入れて取り組みたいと思っていますが、

一番はオレ様の体調面にいくつかの不安を感じていることから始め、

これらが解決したらもう1ランク上を目指して頑張りたいと思っています。

 

オレ様の気持ちとしては母に不憫な思いをさせてしまったことを悔やんでいて

ある意味で罪滅ぼしをしないといけないという気持ちもあるため、

今できることはオレ様自身をいい意味で変えていくことであり、

安定した生活を維持することができた暁には母のお墓を建てたいと考えています。

 

このため、今はお寺に母の遺骨を預けているため母には亡くなっても

辛い想いをさせてしまっているのですが、定期的にお線香をあげに

お寺に行っています。

 

昨日の命日にはお寺に伺うことができませんでしたので

今日これからお寺に行ってお線香をあげに行ってきますけど、

オレ様は罰当たりで親不孝な息子ですよね。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

07月
24

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、砂漠化

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

いやぁ、今年の夏は例年になく暑くて、夏が好きなオレ様でも

流石に昨日の暑さには根を上げてしまいそうになりました。

 

如何せん、我がペットボトル菜園に温度計つき時計を置いたら

気温の数値がぐんぐんと上昇して最終的に41℃を越えてしまいました。

暑すぎる夏20180723

 

コレって、昨日の国内最高気温を更新した熊谷と変わらないじゃないですか。

 

とにもかくにも、朝から夕方にかけて太陽の光が突き刺さるように降り注ぎ、

照り返しが凄過ぎますから気温がここまで上がっても不思議ではありません。

 

そもそも、オレ様の見立てではここまで暑くなる前に昨年同様に長雨で

肌寒さを感じるほど涼しくなると思っていましたので、作物をある程度早めに

収穫するようにしましたが、こんなに暑い日が続くとは思っていなかったので

違う意味で作付け計画を実行してよかったのかなと皮肉混じりに思いました。

 

でも、全ての作物が順調に育っているわけではなく、予想外の暑さが

一ヵ月近く続いてしまったために育苗していたお花は葉焼けしてダメになり、

植え付けた長ネギも枯れ果ててしまい悲しい気持ちにさせられていました。

 

今現在ペットボトル菜園で育てている野菜はほぼウリ科の植物であり

暑さにはめっぽう強そうなのですが、頻繁に水やりをしないといけなかったり

葉焼けやウドン粉病にかかるリスクがより高まるためそのメンテナンスに

時間を割かなくてはならず、この次元が変わってしまった暑さにどのように

対応していけばよいのか悩ましい日々が続きそうです。

 

今日も昨日どうようの暑さになりそうですので、くれぐれも無理はなさらずに

小まめな水分と塩分を摂るなどして熱中症対策を万全にしてお過ごし下さいね。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

07月
11

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、砂漠化

いつも本ブログをご覧頂きありがとうございます。

 

本来ならペットボトル栽培のお話を公開するはずなのですが、

昨夜から精神的な病気の発作が起こってしまい、それ以後、

本日一日中発作に苦しんでいたためやむを得ずお休みさせて頂きました。

 

実のところ、本日と翌日に更新する分の画像編集は終わらせていたのですが、

肝心の記事の方は手を付けることができず、ブログ記事を楽しみにされていた

皆様にご迷惑をお掛けしてしまい、申し訳ありませんでした。

 

適応障害の発作のほうはなんとか動悸以外は収まりましたが、

動悸がまだ激しくて時折の呼吸が苦しくなることがあるため

頭の中ではブログ記事を書かないといけないと思っていても

なかなか体の方がついて行ってくれずもどかしい気持ちです。

 

明日になんとか回復できるようにしたいと思いますので、

ブログ記事を楽しみにして下さったら嬉しいです。

 

それでは、皆様おやすみヤサイ。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
15

[ブログ記事] ブログ村キーワード:肥料、ペットボトル栽培

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

ここ4、5年はペットボトル栽培に使う粒状培養土をAmazonで

購入することが増えてきまして、先日も粒状培養土を二袋購入しました。

 

我がペットボトル栽培をご存じの方はお分かりかと思うのですが、

基本的に、野菜やお花は無農薬で育てるようにしており、

追肥に使う三種類の肥料も有機肥料を用いて作物の生育状態に応じて

使い分けするようにしています。

 

このため、粒状培養土を使うようになってからは一切化成肥料を使うことはなく、

先述の有機肥料を使うようにしています。

 

実のところ、ペットボトル栽培を始めて間もない頃は肥料のことを全く分からず、

肥料の与え方さえもままならない状態でしたので、

何も知らずに良かれと思ってある野菜に化成肥料を一摘まみ与えたところ、

肥料焼けしてダメにしてしまったことがあり、それ以後、化成肥料に手を付けることはしなくなりました。

 

最も、化成肥料のことをよく理解し正しく与えることができれば

問題はない話なんですが…。

 

話を少し戻して、先日粒状培養土をAmazonで注文したにおすすめ商品の画面が

表示されまして、そこに気になる肥料が目に入りました。

 

その肥料というのは、粒状培養土を販売しているアイリスオーヤマ社で出している

ゴールデンシリーズの肥料でしたので詳細を見てみることにしました。

 

すると、その肥料は化成肥料に有機肥料を50%配合した粒状の肥料と書かれていて

完全な化成肥料とは違うものらしく、化成肥料と有機肥料の良いとこ取りのような

魅力を感じたのです。

 

しかも、この肥料の価格が量的にリーズナブルで、300(g)入りのもので

100円(税込)という安価でしたのでついでに買ってしまいました(笑)。

 

そして、昨日その肥料が粒状培養土と一緒に届いたのですが、

300(g)という量だけあって小さかったのですけどペットボトル栽培をやるには

十分過ぎる量でお得感はあるように感じました。

ペトさい(有機肥料・改)04

 

ただ問題は、この肥料が野菜やお花にちゃんとした効果をもたらしてくれるのかが

分からないため、実際に使ってみないことにはその良さが分かりません。

 

従って、この肥料の効果を試してみたいと思い、

近々新たな栽培を始めることにしました。

 

どの野菜を育てるのかはその時が来たら本ブログで

お伝えすることにしたいと思います。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
31

[ペットボトル野菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、収穫

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

毎月月末にお伝えしている「ペットボトル野菜」の収穫状況を

ダイジェストで振り返るこの企画。

 

早いものであっという間に3月が終わってしまうような感じがしますが、

今月もペットボトル菜園では本格的に収穫できそうな野菜は数が限られますが、

新たに育てている野菜も順調に生長しております。

 

このため、今月も間引き収穫した野菜と収穫できた野菜を時系列に沿って

振り返りたいと思います。

 

まずは、3/5には「紅白ハツカ大根」の間引き収穫を行いました。

収穫したペト菜2018年03月01

 

元々は違う品種のハツカ大根を育てる予定だったのですが、

ツイッター向けにそのハツカ大根栽培の様子をお伝えすることになったため、

以前育てたことのある「紅白ハツカ大根」を新たなアプローチで育てることになり、

現在に至っております。

 

「紅白ハツカ大根」は比較的育てやすく短期間で収穫することができるため、

天敵であるアブラ虫が出にくいこの時期にチャチャと育ててしまおうと思ったのが

本音だったりしますけどね(笑)。

 

何はともあれ、播種から三週間で一回目の間引きを行い、

さらに三週間後に二回目の間引きを行い、間引き菜となる芽を収穫しました。

収穫したペト菜2018年03月02

 

今のところ順調に育っている「紅白ハツカ大根」は肥大し始めていることから

来月中に収穫することができるかもしれず、今から楽しみです。

 

続いて、3/19には「かぶ」を収穫しました。

収穫したペト菜2018年03月03

 

収穫一週間前までは元気よく育っていた「かぶ」でしたが、

簡易温室用ヒーターに頼りきってしまったばかりに気温が暖かくなっても

使い続けてしまったことから葉が萎れてしまい、完璧な出来での収穫を

逃してしまったことに悔いを残してしまいました。

 

油断大敵という言葉があるように収穫するまで注意深く「かぶ」を見守っていたら

このような結果にならずに済んだと思うと怒りが込み上げ、悔しさの残る

収穫となりました。

 

不幸中の幸いにして、「かぶ」本体のほうは無事でしたので

ペトさい料理を作って食べました。

 

この「かぶ」栽培は今年秋にリベンジしたいと思います。

 

と言うわけで、今月は根菜類の収穫で終わりましたが、

来月は一部の野菜が収穫できそうですのでようやくこの企画も通常に戻れそうです。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
30

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、砂漠化

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

3月も終わりが近付く中、そろそろ春夏向け栽培の準備を始めたいと思う

今日この頃なのですが、肝心要の注文した種が届いていないため

始めることができずにいます。

 

今回注文した種はミニきゅうり、ボリジ、メタンポディウムの三種類で、

どれもオレ様のお庭(ホームセンター)には置いていないため少し高値でも

ネットで注文したのでした。

 

そのため、早めに注文していたのですが、思っていた以上に届くのが遅く

シビレを切らしていたわけです。

 

種を注文してから二週間以上が経過してようやく種が届いたのですが、

気付けば3月が終わりを迎えようとしていて当初の計画より一週間以上

遅れてしまう結果となり、栽培計画も見直すハメになりました。

春夏向け栽培2018の種04

春夏向け栽培2018の種05

春夏向け栽培2018の種06

 

不幸中の幸いにして、注文した種の播種時期は間に合うのでよかったのですが…。

 

さて、注文した種が届いたので種蒔き作業の準備を始めることができるのですけど、

一番早く種を蒔きたいのはミニきゅうりの種でして、今年販売開始されたばかりの

新種だそうですので早く育てたいのです。

 

オレ様のきゅうり魂に火が着いちまったぜぇ(笑)。

 

ボリジやメタンポディウムも育てたくて買ったわけですけど、

きゅうり大好き人間であるオレ様はミニきゅうりに釘付けなのです。

 

と言うわけで、一週間遅れで始めることになりましたので、

来週から忙しくなりそうです。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
27

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ジャガイモ、ペットボトル

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

今から10日ほど前に重い腰を上げてジャガイモ栽培に使うペットボトル鉢を

作り始めたのですが、あまりにも規模が大きいため時間を要してしまいました。

 

如何せん、ジャガイモを育てるのに適した大きさの鉢を作らなければいけないため、

幅はともかくできるだけ深さのある鉢に仕上げなければいけないことから

一筋縄ではいきませんでした。

 

よって、2Lサイズのペットボトルを16本使って如何にしてペットボトル鉢を

完成させるのかに悩みました。

 

昨年のジャガイモ栽培ではたったの3個しか収穫できなかったことから

今年の栽培では最低限10個のジャガイモを収穫したいと思っているため、

ジャガイモの生長の仕方を知ることから始め、それに見合う鉢を作ることにしました。

 

ジャガイモは植え付けた種芋より上に実を着けようとしますので

種芋を植え付ける時はかなり深い位置に植え付けないといけなくて、

そこからジャガイモをたくさん着けられるくらいの深さを確保する必要がありました。

 

従って、ある程度表面積を確保しつつ深さのある鉢を作る反面、

栽培管理が容易な大きさの鉢を目指すことにしました。

 

その結果、普段ペットボトル鉢を管理する際に使っているトレイに

スッポリ入る大きさに決め、鉢そのものが安定する深さの鉢を作ることにした結果、

このような形、大きさの'超大型ペットボトル鉢'を完成させました。

完成した超大型ペットボトル鉢

 

上から見下ろすようなアングルで撮影しているためどのくらい深さのある鉢に

仕上がっているのかが分かり辛いと思うのですが、高さにして40(cm)あるため

十分にジャガイモを育てることができる大きさに仕上げることができたと思います。

 

万一、ジャガイモの生育が良過ぎて深さが足りないと感じたときは

この鉢をさらに深さを増すことができる設計にしているため、

そのような事態になっても対応できるようにしました。

 

ジャガイモ栽培は場所を取るため栽培管理をする意味ではあまり育てたくはない

野菜なのですが、昨年の栽培で不甲斐ない結果に終わらせ納得行きませんでしたので、

今年の栽培ではこの鉢を使ってリベンジし、気持ちよく収穫してフィニッシュしたいと思います。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
17
[ブログ記事] ブログ村キーワード:ジャガイモ栽培、ペットボトル栽培

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

早いもので三月も半ばを過ぎてしまい、時の経つ速さを感じる今日この頃です。

 

大分春の陽気を感じられるようになり、野菜作りを楽しまれている方の中には

ジャガイモの種芋の植え付け作業を終えられた方もいらっしゃると思います。

 

我がペットボトル菜園でもそろそろ'ジャガイモ種芋'を植え付けないと

いけないのですが、未だにその栽培に使う専用のペットボトル鉢が用意できなくて

種芋の植え付けに渋っております。

 

そもそもがペットボトル鉢を作るのに時間が掛かり過ぎているのではないかと

思われる方もいらっしゃると思うのですが、ジャガイモ栽培に使うペットボトル鉢は

'ミニトマト''チンゲン菜'を育てるように2Lサイズのペットボトル1本で

鉢を作るわけではなく、16本のペットボトルを組み合わせて1つのペットボトルを

作るため規模が大きいだけに時間がかかるのです。

 

しかも、様々な形状のペットボトル鉢を初めて作るときにはブログ記事にアップする

都合もあって写真を撮りながら作ることからさらに時間を要してしまうのです。

 

従って、ペットボトル鉢を作るのはかなりエネルギーを使う作業となるので、

今回のような大がかりな作業になりますとあらゆることに神経を使うことから

ペットボトル鉢を早く完成させたい気持ちはあっても億劫になってしまうのが

正直なところでもあります。

 

一応、ジャガイモ栽培に使うペットボトル鉢の道具は全て揃っているんですけどね(笑)。

ジャガイモ栽培用ペットボトル鉢の準備

 

とはいうものの、時は既に3月中旬になってしまいましたので、

昨年の苦い経験を味わいたくないためにも早く植え付けを終えないといけません。

 

従って、重い腰を上げて明日から気合いを入れて作るとしますよ。

ジャガイモ栽培用ペットボトル鉢をなぁ(意味もなくドヤ顔)。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
06

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、砂漠化

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

3月に入り、暖かい日が続くようになりまして色々な野菜を育てたくなる

今日この頃ですが、現在のペットボトル菜園の状況から見ても先日公開した

栽培計画通りに進めるしかなく、新たに野菜を追加して育てることはできません。

 

とはいうものの、頭の中では分かっていても育てたい衝動に駆られるのは仕方がなく、

その捌け口をツイッターの投票機能に委ねるようにフォロワー様に聞いてしまいました。

トウモロコシに関するアンケート

 

すると、投票時間は三時間と短かったものの、投票された方全員が見てみたい、

あるいは、育てて欲しいというご回答で、ペットボトル栽培の中でも難易度の高い

'トウモロコシ'を育ててほしいかを聞かれれば「はい」と回答するのは

分かりそうな質問ですので、ある意味で茶番と言われても不思議ではありません。

 

でも、オレ様の素直な気持ちを言えば'トウモロコシ'を育てたいというのが本音で、

ツイッターの投票機能でオレ様の思惑通りの結果になりそうな質問をすることにより

その栽培を行うキッカケを作るという姑息な方法をとっているオレ様は情けないです。

 

しかしながら、ツイッターの投票機能を使うことによりフォロワー様の

お気持ちを知ることができることはとてもいいことであり、結果が良くも悪くも

ペットボトル栽培を行う上での参考になることを踏まえればそのような声は

大切にしないといけないと思います。

 

よって、栽培計画ではこれ以上の栽培を追加することは困難なのですが、

フォロワー様のご回答を尊重することも大事であることからこのような種を

買ってきてしまいました。

トウモロコシの種

 

そう、'トウモロコシの種'です。

 

オレ様としてはいつも利用しているメーカー様の種を使いたかったのですが、

栽培にかけられる費用が限られていることと過去の実績から'トウモロコシ'を

収穫できたことが5回中1回しかなかったことを踏まえて安価な種を選びました。

 

しかも、投票にご参加頂いたフォロワー様のご期待を裏切らないためにも

夢のある栽培を実現させたいという想いを込めて'ゆめのコーン'という品種を

選んだところがニクいでしょ?って、自分で言うなよ(笑)

 

育てるからには収穫できるように最後まで全力を尽くしますが、

如何せん、'トウモロコシ'栽培の成功率が2割ですのであまり高価な種を使っても

キチンと育てることができる保証はどこにもありませんので、

最小限に抑えることにしました。

 

種を買ってしまいましたが、栽培スペースを確保することができなければ

播種することはできませんから最悪な場合宝の持ち腐れになってしまうかもしれません。

 

本当に'トウモロコシ'を育てるのかは神のみぞしるところでしょう。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる