インフォメーション
8/23 ペットボトル栽培関連記事を全て移行し、カテゴリーメニューに反映させました!!
10/16 「キュウリ」の急生長に合わせて手入れをしました!!
10/15 冷たい雨に濡れて、期日前投票に行きました!!
10/14 「バジル」は大きくなってきましたよぉ!!
10/13 「エダマメ」の莢が膨らんできました!!
10/12 「ショウガ」を収穫することにしました!!
10/11 「ホーム玉ねぎ」の生長がシフトしていき、遂に肥大し出しました!!
10/10 悔やまれる「とうがらし」の収穫
10/ 9 今日のカップめん45
10月
10

[とうがらし] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、とうがらし栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

前回は実が大きくなり赤く熟す一方で、新たな実を着けずにいることに

寂しさを感じたことをお伝えしました。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から211日目を迎えた「とうがらし」

ほとんどの実が赤く熟していて、元気に育っていました。

ペトさい(とうがらし)50

 

しかし、近くに寄って観てみても新たに実を着けている様子は全くなく

大きな生長の変化は観られませんでした。

 

このため、「とうがらし」が生長する見込みはないと判断し、

赤く熟した実を収穫してこの栽培を終わりにすることにしました。

★収穫のポイント★

・長さ5(cm)程度の実が赤く熟したら、収穫する。

・収穫するときはヘタの付け根を園芸用ハサミで切り取る。

 

赤く熟した実は園芸用ハサミを使って丁寧に収穫しました。

ペトさい(とうがらし)51

 

今回の栽培で収穫した「とうがらし」はわずかな量しかなく寂しいものとなり、

栽培を始めたときに思い描いていたものとはかけ離れていました。

ペトさい(とうがらし)52

 

今回で二度目となる「とうがらし」栽培はほろ苦い結末となってしまいましたが、

株が大きく生長できなかった要因の一つとしては例年の夏の天候とは異なり

雨が降る日が多く日照不足だったことが考えられるため

オレ様の育て方が悪くて思うように育たなかったわけではありませんでした。

 

よって、不運だったとしか言いようがないことに悔しさが残りますので、

いつの日かまた今回と同じ品種の「とうがらし」を育てたいと思います。

 

最後に、とうがらしの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

★とうがらしの栽培データ★

ペトさい(とうがらし)08

【おしまい】

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

09月
21

[とうがらし] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、とうがらし栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

前回は完全に草丈の伸びが止まり実の生長にシフトした「とうがらし」ですが、

着実に赤く熟す実が増える一方で新たな実が着いてくれないという新たな問題に

不安を感じていることをお伝えしました。

 

あれから8日が経過して栽培開始から190日目を迎えた「とうがらし」ですが、

大きくなった実の殆どが鮮やかな赤色に変わり、その他の実も少し大きくなりました。

ペトさい(とうがらし)47

 

しかし、新たな実を着けている様子は全く感じられず、少し寂しさを感じました。

 

それから二週間が経過して「とうがらし」の様子を観てみたところ、

少し小振りな実が赤く熟し始めていました。

ペトさい(とうがらし)48

 

元気に生長している「とうがらし」ではありますが、

やはり、この日も新たに着けている実は一つもなく、

それどころか蕾すら着けていないため物凄く嫌な予感しかしませんでした。

 

このまま、新たな実を着けずにこの栽培が終焉を迎えてしまうのはとても寂しいです。

 

最後に、「とうがらし」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「とうがらし」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が黄色くなってきたら、'発酵油かす'を一摘み与えること。

・蕾がさらに着き始めたら、2週間に1回は実着きをよくする

 'リン酸系肥料'を一摘み与えること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

・3日に1回は'栽培用炭酸水'を水の代わりに与えること。

 

 

★水やりの注意点★

引き続いて、これからの水やりはジョウロを使って行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにします。

ペトさい(とうがらし)49

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまうと、

土がえぐれてしまうので注意が必要です。

 

また、3日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「とうがらし」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★とうがらしの栽培データ★

ペトさい(とうがらし)08

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

09月
08

[とうがらし] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、とうがらし栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

前回は株そのものよりも実の生長のほうが顕著になり、

大きくなる実の数が増え徐々に赤く熟していることをお伝えしました。

 

あれから8日が経過して栽培開始から177日目を迎えた「とうがらし」は、

依然として草丈と葉数が変わらず実の生長だけが変化していました。

ペトさい(とうがらし)44

 

近くに寄って観てみたところ、真っ赤に熟した実が2つになり、

他の実も少し大きくなって赤く熟し始めていたのです。

 

一見すると、尻腐れ病になっているようにも見えましたが、

間近で観たらそのようなことはなく正常に熟し始めていました。

 

さらに5日が経過して「とうがらし」の様子を観てみますと、

熟し始めた実が濃いオレンジ色になっていて完熟まであと一歩のところまで

熟していました。

ペトさい(とうがらし)45

 

またそれ以外の実も熟し始めていて順調に育っているように見えました。

しかし、一つ心配なこともありました。

 

というのも、ここ2、3週間様子を観ていたのですが、

新たな蕾が着く気配を感じず実がならない可能性が出てきたのです。

 

一向に草丈も葉も生長する様子がないことを鑑みると

かなり深刻な状況といえます。

 

果たして、今後「とうがらし」が株全体として大きな生長の変化を

見せてくれるのでしょうか?

 

最後に、「とうがらし」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「とうがらし」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が黄色くなってきたら、'発酵油かす'を一摘み与えること。

・蕾がさらに着き始めたら、2週間に1回は実着きをよくする

 'リン酸系肥料'を一摘み与えること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

・3日に1回は'栽培用炭酸水'を水の代わりに与えること。

 

 

★水やりの注意点★

引き続いて、これからの水やりはジョウロを使って行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにします。

ペトさい(とうがらし)46

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまうと、

土がえぐれてしまうので注意が必要です。

 

また、3日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「とうがらし」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★とうがらしの栽培データ★

ペトさい(とうがらし)08

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
29

[とうがらし] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、とうがらし栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

前回は草丈の伸びが少し落ち着きを見せる一方で枝葉の数が増え、

実のほうも順調に増やす中、赤く熟し始める実が一部で確認できるように

なったことをお伝えしました。

 

若干、生長の勢いがないように感じる「とうがらし」でしたが、

さりげなく生長しているのはニクいですね()

 

あれから一週間が経過して栽培開始から155日目を迎えた

「とうがらし」ですが、草丈と葉の生長は殆ど感じられず

その一方で実のほうは数を増やして大きくなっていることから

土内の栄養が実のほうに行き届いているように感じました。

ペトさい(とうがらし)40

 

また、赤く熟し始めた実は鮮やかな赤色に変わっていて完全に熟していました。

 

実の生長が顕著になってきているところを観ますと、

株そのものよりも実の生長にシフトしているように感じます。

 

さらに一週間が経過して「とうがらし」の様子を観てみたところ、

やはり草丈の伸びは感じられず枝葉の数も殆ど変わらず

実の生長が活発になっていました。

ペトさい(とうがらし)41

 

近くに寄って観てみますと、殆どの実が4(cm)ほどの長さがあり

一部の実では赤く色付き始めていました。

 

至って順調に育っている「とうがらし」ではありますが、

株の大きさの割りには実着きがあまりよくないため、

もう少し実を着けてもらいたいものです。

 

そして、さらに一週間が経過しますと、「とうがらし」微妙に草丈を伸ばし

パッと見では分からないレベルでの生長を見せていました。

ペトさい(とうがらし)42

 

いまや、株の生長よりも実の生長のほうが盛んな時期の中、

草丈が微妙に伸びたのは「とうがらし」の意地でしょうか?

 

一方、実のほうは赤く色付いた実が完全に熟していて、

新たに小さな実をポツポツと着け、元気に育っていました。

 

今のところ特に目立ったトラブルがなく元気よく育っている「とうがらし」は

今後も着実に実を着けてもらいたいものです。

 

最後に、「とうがらし」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「とうがらし」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が黄色くなってきたら、'発酵油かす'を一摘み与えること。

・蕾がさらに着き始めたら、2週間に1回は実着きをよくする

 'リン酸系肥料'を一摘み与えること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

・3日に1回は'栽培用炭酸水'を水の代わりに与えること。

 

 

★水やりの注意点★

引き続いて、これからの水やりはジョウロを使って行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにします。

ペトさい(とうがらし)43

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまうと、

土がえぐれてしまうので注意が必要です。

 

また、3日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「とうがらし」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★とうがらしの栽培データ★

ペトさい(とうがらし)08

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

06月
19

[とうがらし] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、とうがらし栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

前回は殆どの蕾が大きくなり開花しているものが多く見られるようになり、

待望の実が着果して'とうがらし'らしい形になっていたことをお伝えしました。

 

あれから8日が経過して栽培開始から119日目を迎えた「とうがらし」ですが、

草丈は殆ど伸びていないように感じるものの枝葉は増えたように感じられ、

以前のような元気な姿を取り戻したと思いました。

ペトさい(とうがらし)36

 

近くに寄って観てみますと着果した実の数がさらに増え

より'とうがらし'らしい形に育って大きくなったように感じ、

あとは赤く熟せば収穫できるのではないかと思いました。

 

それから22日が経過して「とうがらし」の様子を観てみたところ、

草丈はそのままでしたが、枝葉の数がさらに増えていて元気に育っていました。

ペトさい(とうがらし)37

 

そして、以前に比べて着果した実の数が増えたこともあり、

その存在が一目で分かるようになっていたのです。

 

ここまで大きく生長することができたのは一ヶ月ほど前に与えた追肥の効果が

現れ始めた証拠であり、これからより大きく育ってくれそうな期待が膨らみます。

 

さらに一週間が経過しますと、「とうがらし」葉や実がより大きくなり、

順調に育っているのが分かりました。

ペトさい(とうがらし)38

 

元気に育つ「とうがらし」を近くに寄って観てみたところ、

長さ4(cm)程度になる一部の実が赤く熟し始めていることに気付き、

テンションが上がってしまいました。

 

実が色付き始めた時期としてはやや遅い感じもしたのですが、

これから続々と赤く色付くことを想像したら収穫するのが楽しみになってきました。

 

最後に、「とうがらし」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「とうがらし」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が黄色くなってきたら、'発酵油かす'を一摘み与えること。

・蕾がさらに着き始めたら、2週間に1回は実着きをよくする

 'リン酸系肥料'を一摘み与えること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

・3日に1回は'栽培用炭酸水'を水の代わりに与えること。

 

 

★水やりの注意点★

引き続いて、これからの水やりはジョウロを使って行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにします。

ペトさい(とうがらし)39

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまうと、

土がえぐれてしまうので注意が必要です。

 

また、3日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「とうがらし」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★とうがらしの栽培データ★

ペトさい(とうがらし)08

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
26

[とうがらし] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、とうがらし栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

前回はようやく新たな環境に馴染み、株が大きく生長するようになり、

株の先端に開花しそうな蕾を着けていたことをお伝えしました。

 

あれから6日が経過して栽培開始から104日目を迎えた「とうがらし」

草丈がさらに伸び葉も数を増やして大きくなっていました。

ペトさい(とうがらし)32

 

株の近くに寄って開花しそうな状態になっていた蕾を観てみたところ、

その蕾は姿を消してしまい、その代わりに小さな蕾がたくさんなっていて

その近くには小さな実を着けていました。

 

もしかしたら、姿を消してしまった蕾がオレ様の観ていないところで開花し

着果したのかもしれません。

 

いずれにせよ、実を着けてくれたことは大変喜ばしいことであり、

育てるモチベーションが高まってきました。

 

さらに一週間が経過し、「とうがらし」の様子を観てみますと、

草丈がさらに伸び葉も大きく生長していました。

ペトさい(とうがらし)33

 

近くに寄って観てみますと殆どの蕾は大きくなり開花しているものがあり、

着果した実は5(cm)弱の長さになり、「とうがらし」らしい形になっていました。

 

順調に生長を続ける「とうがらし」は株の大きさ的には小ぶりではあるものの、

ちゃんとした実を着けてくれていることに安堵しました。

 

しかし、ここで喜ぶのはまだ早く、着果した実は赤く熟さなければならず、

開花した蕾は確実に着果しなければなりません。

 

このため、今以上に土の栄養分が必要になることから実着きをよくする

'リン酸系肥料'と葉の生育を促す'発酵油かす'を一摘みずつ与えました。

ペトさい(とうがらし)34

 

これらの肥料は遅効性のためすぐに「とうがらし」に効果をもたらすことは

ありませんが、しばらくの間は様子を観てみることにします。

 

いずれにしても、「とうがらし」の生長からは目が離せなくなりましたね。

 

最後に、「とうがらし」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「とうがらし」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が黄色くなってきたら、'発酵油かす'を一摘み与えること。

・蕾がさらに着き始めたら、2週間に1回は実着きをよくする

 'リン酸系肥料'を一摘み与えること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

・3日に1回は'栽培用炭酸水'を水の代わりに与えること。

 

 

★水やりの注意点★

引き続いて、これからの水やりはジョウロを使って行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにします。

ペトさい(とうがらし)35

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまうと、

土がえぐれてしまうので注意が必要です。

 

また、3日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「とうがらし」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★とうがらしの栽培データ★

ペトさい(とうがらし)08

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
12

[とうがらし] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、とうがらし栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

前回は新しい環境になかなか馴染むことができずに苦労しながらも、

ようやく小さな葉を数枚増やして蕾を着けたことをお伝えしました。

 

あれから8日が経過して栽培開始から98日目を迎えた「とうがらし」

大分新しい環境に馴染んできたご様子で、草丈が数(cm)伸ばし葉も数を増やし

大きくなり、何よりも葉色が濃い緑色に変わって元気に育っていました。

ペトさい(とうがらし)29

 

ここまで元気に生長しているとは思わなかったため、

「とうがらし」の生長にニンマリしてしまいました。

 

近くに寄って見てみますと、株の先端に着けていた2つの蕾の一つが大きくなり、

開花しそうな状態になっていました。

 

この調子で生長していくと着果しそうなので、実着きを良くする

'リン酸系肥料'一摘み与えることにしました。

ペトさい(とうがらし)30

 

植え付けてからひと月足らずで追肥を行うのは微妙なところはありますが、

「とうがらし」には小さな蕾をいくつか着けているため、しばらくの間は

様子を見てみることにしましょう。

 

最後に、「とうがらし」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「とうがらし」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が黄色くなってきたら、'発酵油かす'を一摘み与えること。

・蕾がさらに着き始めたら、2週間に1回は実着きをよくする

 'リン酸系肥料'を一摘み与えること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

・3日に1回は'栽培用炭酸水'を水の代わりに与えること。

 

 

★水やりの注意点★

引き続いて、これからの水やりはジョウロを使って行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにします。

ペトさい(とうがらし)31

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまうと、

土がえぐれてしまうので注意が必要です。

 

また、3日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「とうがらし」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★とうがらしの栽培データ★

ペトさい(とうがらし)08

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
03

[とうがらし] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、とうがらし栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

前回は育苗していた「とうがらし」の株がさらに一回り大きくなり、

葉数も少し増えてきたことから縦型ペットボトル鉢に植え付けたことを

お伝えしました。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から77日目を迎えた「とうがらし」ですが、

植え付けにより衰弱することなく元気に育っていました。

ペトさい(とうがらし)25

 

ただ、新しい環境に慣れるのに苦労しているようで、

草丈が伸びることも葉数が増えることもありませんでした。

 

さらに一週間が経過して、ペットボトル菜園で栽培中の「とうがらし」の様子を

見てみますと、草丈が少し伸びたように感じたのですが、

その一方で株の先端に着けていた葉が数枚減ってしまいました。

ペトさい(とうがらし)26

 

やはり、新しい環境に馴染んでいないみたいで、

少し寂しい姿になってしまったことが可哀想でした。

 

そして、6日が経過して「とうがらし」の様子を見てみたところ、

さらに葉が数枚減っていて株の先端にしか葉が残っていませんでした。

ペトさい(とうがらし)27

 

こんなに寂しい姿になってしまったのは少なからず植え付けたことによるものだと

思うのですが、悲観的になるのはまだ早いようでした。

 

というのも、株の先端をよく見てみたところ、小さな葉が数枚増えていて

その間から蕾を2つ着けているのを確認できたのです。

 

このような寂しい姿でありながらも蕾を着けてくれたことは

「とうがらし」の頑張りの証であり、少しずつではありますが、

新しい環境に馴染んできたように感じられました。

 

まだ楽観視はできませんが、少し明るい材料が増えたことで

「とうがらし」の生長に期待が持てるようになりました。

 

最後に、「とうがらし」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「とうがらし」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が黄色くなってきたら、'発酵油かす'を一摘み与えること。

・蕾が着き始めるようになったら、2週間に1回は実着きをよくする

 'リン酸系肥料'を一摘み与えること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

・3日に1回は'栽培用炭酸水'を水の代わりに与えること。

 

 

★水やりの注意点★

引き続いて、これからの水やりはジョウロを使って行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにします。

ペトさい(とうがらし)28

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまうと、

土がえぐれてしまうので注意が必要です。

 

また、3日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「とうがらし」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★とうがらしの栽培データ★

ペトさい(とうがらし)08

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
27

[とうがらし] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、とうがらし栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

前回は順調に株が大きく生長しているように見えた「とうがらし」でしたが、

草丈が10(cm)まで伸びた頃から葉が落ちてしまうアクシデントが発生し

株の生長に不安を感じたことをお伝えしました。

 

株の大きさ的には植え付けを考えても良さそうですが、

葉数を減らしていることを考えると植え付けができるのか心配になります。

 

あれから8日が経過して栽培開始から70日目を迎えた「とうがらし」

草丈を1(cm)ほど伸ばし葉数も少し増えたように感じました。

ペトさい(とうがらし)17

 

パッと見ではあまり分からない生長の変化ではありましたが、

目を凝らしてよく見てみますと株が一回り大きくなっていることに気付き、

株の先端に小さな葉をたくさん着けていました。

 

株元付近に葉を着けていないのが気になりましが、

これらの葉も一回り大きくなっており、順調に育っているのが分かりました。

 

このため、現在の「とうがらし」の状態から見て大きめの鉢に植え付けても

問題は無さそうですので、育苗作業はおしまいにして縦型ペットボトル鉢

植え付けることにしました。

 

★植え付けのポイント★

・草丈が12(cm)程度に伸び 、本葉が7~8枚になった頃を目安に行う。

・植え付ける鉢は深さのあるものを用いること。

・植え付けに使用する培養土はリン酸系肥料と発酵油かすを混ぜ込んだ

 粒状野菜用培養土を用いること。

 

さあ、「とうがらし」を植え付けるところを目に焼き付けて下さい!!

 

 

★植え付け作業に必要な道具★

苗を植え付ける際に必要な道具を下記に示しますので、各自ご用意ください。

 

育苗したとうがらしの苗、縦型ペットボトル鉢、

粒状野菜用培養土、移植ゴテ、ジョウロ、

ペトさい(とうがらし)18

 

 

★植え付け作業手順★

ペトさい(とうがらし)19

'縦型ペットボトル鉢'に「粒状野菜用培養土」を入れます。

 

粒状野菜用培養土は鉢の縁から12(cm)下まで入れるとよいでしょう。

 

ペトさい(とうがらし)20

育苗した「とうがらしの苗」を'小型ペットボトル鉢'から取り出します。

 

「とうがらしの苗」を取り出す際は株や根を傷めないようするため、

苗の株元を人差し指と中指で挟み苗があるほうを下にして取り出します。

 

ペトさい(とうがらし)21

'とうがらしの苗''縦型ペットボトル鉢'の中央に配置し、

その周辺に「粒状野菜用培養土」を入れて土と根鉢を密着させます。

 

ペトさい(とうがらし)22

「ジョウロ」でたっぷりと水を与えて、植え付け作業は完了となります。

 

皆さんは「とうがらしの苗」を植え付けることができたでしょうか?

 

植え付けた「とうがらし」の見た目は元気そうですが、

不慣れな環境に移ったこともありますのでまずは新しい環境に慣れ、

元気に育ってくれることを期待したいです。

ペトさい(とうがらし)23

 

最後に、「とうがらし」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「とうがらし」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が黄色くなってきたら、'発酵油かす'を一摘み与えること。

・蕾が着き始めるようになったら、2週間に1回は実着きをよくする

 'リン酸系肥料'を一摘み与えること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

・3日に1回は'栽培用炭酸水'を水の代わりに与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今回、無事に「とうがらしの苗」を植え付けましたので、

これからの水やりはジョウロを使って行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにします。

ペトさい(とうがらし)24

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまうと、

土がえぐれてしまうので注意が必要です。

 

また、3日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「とうがらし」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★とうがらしの栽培データ★

ペトさい(とうがらし)08

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
21

[とうがらし] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、とうがらし栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

前回「とうがらし」の芽が大きくなり本葉も4~5枚着けて混み合って

きたことから元気のよさそうな芽を一株だけ残して間引いたことを

お伝えしました。

 

あれから二週間近くが経過して栽培開始から49日目を迎えた「とうがらし」

様子を見てみたところ、草丈がさらに数(cm)伸びて本葉も大きくなり

元気よく育っていました。

ペトさい(とうがらし)13

 

パッと見でも分かるほど大きく生長している様子が伺えると嬉しくなります。

 

さらに6日が経過して「とうがらし」の様子を見てみますと、

草丈が10(cm)近くになり本葉も一回り大きくなっていて、

順調に生長しているように感じました。

ペトさい(とうがらし)14

 

株の大きさといい、本葉の数といい、立派な苗に育っていることから

そろそろ大型ペットボトル鉢に植え付けることを考えた方が良さそうな

感じがするのですが、もう少しだけ様子を見ることにしました。

 

そして、一週間が経過して栽培開始から62日目を迎えた「とうがらし」ですが、

草丈が10(cm)に伸びたものの本葉が数枚減らしてしまいました。

ペトさい(とうがらし)15

 

しかし、近くに寄って見てみますと小さな葉が新たに着いているのを

確認でき、悲観的にならなくても大丈夫そうな感じがしました。

 

現段階ではまだ植え付けるには少し早い気がするため、

もう少しだけ様子を見て植え付けるか否かを判断したいと思います。

 

最後に、「とうがらし」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「とうがらし」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・草丈が12(cm)程度に伸びて本葉が7~8枚になったら

 大きめの鉢に植え付けること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

育苗した苗の植え付けが目前に迫ってきましたが、

引き続いて水の入った霧吹きで吹き付けて与えるようにしましょう。

ペトさい(とうがらし)16

 

 

★とうがらしの栽培データ★

ペトさい(とうがらし)08

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる