インフォメーション
4/25 「スティック春菊」栽培関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/23 「中葉しゅんぎく」栽培(第3期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/22 「中葉しゅんぎく」栽培(第1、第2期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
8/17 ブログ記事の移行作業の進捗について
8/ 6 8月以降の「栽培計画票」を公開しました!!
8/ 1 皆様のお陰を持ちまして、本ブログは10周年を迎えました!!
7/30 特別な一週間が終わりを迎え…。
7/28 プレミアムフライデー? はぁ?
7/27 皆様にお詫びしたいことがございます。
03月
29

[小松菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、葉物野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

ほぼ順調に収穫することができた「小松菜」栽培でしたが、

これまでの間に間引きした芽や収穫した「小松菜」の使い道については

お伝えしていませんでした。

ペトさい(小松菜)30

 

そこで、今回はこれらの使い道について一挙にご紹介したいと思います。

 

まず、今回の栽培では2回の間引きを行った後に

「小松菜」の生長を見ながら追肥をしました。

 

その2回の間引きで採った芽は間引き菜として活用しました。

 

1回目の間引きでは本葉が1~2枚で小さかったこともあり、

豚汁にチョコッと加えてあげました。

ペトさい(小松菜)31

 

2回目の間引きでは本葉の数が3~4枚に増え、

双葉と同じくらいの大きさに生長していたことから、

間引き菜を細かく刻んでチャーハンに使ってみました。

ペトさい(小松菜)32

 

少しでも緑があると彩りがきれいで美味しさが増します。

 

そして、収穫した「小松菜」ですが、

想像していたよりも多く収穫することができましたので、

小松菜とベーコンのバター醤油パスタお浸しに使いました。

ペトさい(小松菜)33

ペトさい(小松菜)34

 

前者のパスタについては種を蒔くときから模索していたものでして、

私のいつものパターンに落ち着きました()

 

後者は無性にシンプルなものが食べたかったことから、

茹でた小松菜に鰹節をかけたお浸しを作りました。

 

小松菜を使った料理は他にも色々と考えていたんですけど、

今後もツケナ系野菜を育てますのでその時まで残しておきたいと思います。

 

というわけで、今回の栽培では色々な料理に使うことができ、

新鮮な「小松菜」の味を堪能することができました。

 

「小松菜」をペットボトルで育てる場合は

市販のものより若干小さいうちに収穫するのがポイントとなりますが、

初心者でも比較的簡単に育てることができる葉物野菜だと思います。

 

これから「小松菜」を育てたいとお考えの方がいらっしゃいましたら、

こちらをご参照の上、種を蒔いてみて下さい。

【終わり】

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

03月
19

[小松菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、葉物野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

大雪に見舞われる中、順調に生長を続ける「小松菜」

栽培開始から86日目を迎えていました。

 

以前に比べると春の陽気を感じられるようになってきましたが、

まだ朝晩は肌寒いため、「小松菜」にとっては忍耐の日々を

送っているに違いありません。

 

そんな「小松菜」は順調に葉を大きくし、

小さな葉も続々と出てきていました。

ペトさい(小松菜)25

 

ただ、厳しい寒さの影響からなのか一部の葉が黄色くなっていました。

 

このため、それらの葉は摘み取り、

葉色を良くするために'発酵油かす'を一摘み与えました。

 

その甲斐があったからなのか、

5日が経過しますと「小松菜」葉数を倍近くに増やし、

それぞれの葉が大きくワサワサとしてきました。

ペトさい(小松菜)26

 

葉の色も以前よりも濃い緑色に変わり、

元気に育っていることが伺えこの変わりように驚きました。

 

さらに8日が経過しますと「小松菜」一段と大きくなり、

草丈も目測で20(cm)以上はあるように感じました。

ペトさい(小松菜)27

 

市販されている「小松菜」に比べるとまだまだ小さいですが、

ペットボトル栽培の場合は少し早めの収穫が望ましく、

草丈2025(cm)になった頃を目安に株ごと収穫したほうが

柔らかくて美味しい「小松菜」を収穫できます。

 

よって、今回育てた「小松菜」収穫することにしましょう!!

 

「小松菜」の収穫は株元付近から園芸用ハサミで切り取ります。

ペトさい(小松菜)28

 

今回収穫した「小松菜」は一部枯れている箇所があったものの、

概ね立派な株を収穫することができ、株数も多かったと思います。

ペトさい(小松菜)29

 

これだけたくさん収穫することが出来れば、

ちょっとした料理に使えそうですね。

 

さて、今回「小松菜」を収穫しましたので、

栽培レシピに追加するかを考えたいと思います。

 

今回の栽培では全体的に目立ったトラブルがなく、

ほぼ順調に育ってくれたと思います。

 

しかしながら、一部の葉を枯れさせた点については

改善の余地があると考えます。

 

このことを踏まえ、今回の「小松菜」栽培は

栽培レシピに追加することに決めました。

 

但し、次回育てるときは今回の問題点を改善することを条件とします。

 

「小松菜」は比較的簡単に育てることが出来る葉物野菜ですので、

初心者の方にお勧め出来る野菜と言えます。

 

これから「小松菜」を育ててみたいと思われた方は、

以下に示す小松菜の栽培データをご参照の上、

こちらに示す手順で種を蒔いてみて下さい。

ペトさい(小松菜)08

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
08

[小松菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、葉物野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

間引きしてからぐんぐんと大きく生長する「小松菜」

早くも栽培開始から62日目を迎えていました。

 

そんな「小松菜」の生長は止まることを知らず、

葉が7~10(cm)ほどの大きさに育っていたのです。

ペトさい(小松菜)22

 

しかも未だに害虫による食害の痕跡は見当たらず、

キレイな緑色の葉をしていたのです。

 

「小松菜」が厳しい寒さに耐えながらも元気に育っている姿を見ると

育てているものとしては嬉しくなります。

 

栽培開始からちょうど70日目になりますと、

「小松菜」は一部の葉に萎れているものが見られましたが、

殆どの葉はさらに大きくなり新たに出てきた葉が増えたことで

株にボリュームが出てきました。

ペトさい(小松菜)23

 

さらに8日が経過しますと、

「小松菜」さらに2~3(cm)大きくなり、順調に生長していました。

ペトさい(小松菜)24

 

まだ収穫するには葉の大きさがあと5(cm)ほど必要となりますので、

葉の生育を促進する'発酵油かす'を一摘み与えておきましょう。

 

「小松菜」が順調に育ってくれれば収穫もそう遠くない日に行えそうです。

 

それでは最後に、小松菜の栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(小松菜)08

 

また、これから小松菜を育てたいと思われた方は

こちらを参照して種を蒔いてみて下さい。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

02月
19

[小松菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、葉物野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

2回目の間引きを行ってから8日が経過した「小松菜」ですが、

どの葉も数(cm)大きくなり株として一回り大きくなったように感じます。

ペトさい(小松菜)19

 

厳しい寒さが続く中、順調に大きく生長しているのは

2回目の間引きにより土の栄養分を多く吸収することができ、

追肥による効果が表れているからかもしれませんね。

 

さらに一週間が経過しますと、

「小松菜」より大きく生長していました。

ペトさい(小松菜)20

 

近くに寄って見てみたところほとんどの葉は青々としていてつやがあり、

害虫に食べられているような形跡もありませんでした。

 

ほぼ無傷で生長している「小松菜」にニンマリしてしまいました。

 

さらに一週間が経過しますと「小松菜」一段と大きく生長しており、

ほとんどの葉は目測で12(cm)ほどの大きさがありました。

ペトさい(小松菜)21

 

収穫するにはこの倍近くの大きさに育てる必要があるのですが、

厳しい寒さが続いているにも関わらず順調に生長している様子から見て

意外と早い時期に収穫できるかもしれませんね。

 

それでは最後に、小松菜の栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(小松菜)08

 

また、これから小松菜を育てたいと思われた方は

こちらを参照して種を蒔いてみて下さい。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

01月
26

[小松菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、葉物野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

1回目の間引きを終えてから一週間が経過した「小松菜」ですが、

草丈が少し伸び葉も大きくなり順調に生長しているようです。

ペトさい(小松菜)15

 

寒さがより増してきたため、

「小松菜」の生長にも多少の影響はありそうな感じがするのですが、

今のところそのような様子を伺うことはないようです。

 

さらに一週間が経過しますと「小松菜」」は葉の大きさや葉数が倍近くに増え

寒さに負けず元気に育っていました。

ペトさい(小松菜)16

 

本葉の数は一株に4~5枚付いておりお互いの葉が触れ合っていました。

 

「小松菜」は二回目の間引きの目安となる条件を満たしていますので

生育の良さそうな株を二株ずつ残し

株間を5(cm)ほど開けるようにして間引くことにしましょう。

 

今回の間引きは一回目の時と同様に間引く株の株元から

園芸用ハサミを使って剪定して行います。

ペトさい(小松菜)17

 

無事に間引きを終えた「小松菜」は再び寂しい姿に戻ってしまいましたが、

一回目の間引き後の活発な生長ぶりを見た限りでは

すぐに大きく生長してくれると思います。

ペトさい(小松菜)18

 

とりあえず、葉の生育を良くする'発酵油かす'を一摘み与えて

様子を見ることにしましょう。

 

それでは最後に、小松菜の栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(小松菜)08

 

また、これから小松菜を育てたいと思われた方は

こちらを参照して種を蒔いてみて下さい。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
27

[小松菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、葉物野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

蒔いた全ての種が発芽してから6日が経過した「小松菜」ですが、

どの芽も双葉が大きくなり、一部の芽には本葉が出ているものもありました。

ペトさい(小松菜)11

 

少し込み合ってきたように感じますが、

お互いの芽の葉が触れ合っているわけではありませんので、

少し様子を見ることにしましょう。

 

栽培開始からちょうど20日目を迎え「小松菜」双葉が一段と大きくなり、

お互いの葉が触れ合うようになっていました。

ペトさい(小松菜)12

 

また、近くに寄って観察してみますと、

本葉の数が2枚に増え、双葉と同程度の大きさがありました。

 

見た目にも窮屈そうに見えることもありますが、

「小松菜」の芽を間引くことにしましょう。

 

せっかく大きくなった芽を間引くのは可哀想な気持ちになりますが、

株が密集した状態で育てていきますと徒長の原因となり、

またお互いの芽が土の栄養分を奪い合うために

生育不良を起こしやすくなりますので、

「小松菜」の今後の生育を考えてここは心を鬼にして行いましょう。

 

小松菜の間引きは2回行うのですが、

1回目の間引きの目安は本葉が触れ合ってきたころに2(cm)間隔に間引き

2回目は本葉が3~4枚になったころに1株だけ残して間引きます。

 

「小松菜の芽」を間引く際は園芸用ハサミを使い、

株元から剪定して行います。

ペトさい(小松菜)13

 

間引きを終えた「小松菜の芽」は4~5株ずつ残しましたので、

これからぐんぐんと大きく生長することに期待しましょう!!

ペトさい(小松菜)14

 

それでは最後に、小松菜の栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(小松菜)08

 

また、これから小松菜を育てたいと思われた方は

こちらを参照して種を蒔いてみて下さい。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
14

[小松菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、葉物野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

種を蒔いてから一週間が経過した「小松菜」は、

鉢に被せた不織布から芽らしきものが透けて見えました。

ペトさい(小松菜)09

 

鉢に被せた不織布を取り外して様子を見てみますと

蒔いた種の殆どが発芽しており、一部の芽からは双葉が開いていました。

ペトさい(小松菜)10

 

発芽した芽を見た感触としては全体的に発芽して間もない様子で、

発芽に必要な気温より低かったことで発芽が遅くなったように感じます。

 

まずは無事に発芽したことを喜ぶことにして、

今後の「小松菜」の生長を促すためにもさらなる防寒対策を考えましょう。

 

最後に、小松菜の栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(小松菜)08

 

また、これから小松菜を育てたいと思われた方は

こちらを参照して種を蒔いてみて下さい。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
04

[小松菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、葉物野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今回は「小松菜」を育てたいと思います。

 

'小松菜'は比較的育てやすい葉物野菜ですので、

初めて育てる方にはお勧めの野菜です。

 

今回育てる小松菜は数ある品種の中から'菜々子'という品種を育てます。

ペトさい(小松菜)01

 

「小松菜」はどのタイプの鉢でも育てることができるのですが、

今回は栽培コストを抑えつつ少し多めに収穫したいと思いますので、

「二つ折り型ペットボトル鉢」を使って育てます。

 

それでは早速、「小松菜」の種を蒔くことにしましょう!!

 

まず、今回の種蒔き作業で使用する道具を下図に示しますので、

各自ご用意下さい。

【用意するもの】

小松菜の種、二つ折り型ペットボトル鉢、ジョウロ、

野菜用培養土、移植ゴテ、不織布、麻ヒモ

ペトさい(小松菜)02

 

上記の道具を用意できましたら、

以下に示す手順で「小松菜の種」を蒔きます。

 

【小松菜の種蒔き手順】

ペトさい(小松菜)03

「二つ折り型ペットボトル鉢」の縁から3(cm)下まで野菜用培養土を入れ、

「小松菜の種」を点蒔きします。

 

種を蒔く際の注意点として、

種と種の間隔を(cm)ほど開けて下さい。

ペトさい(小松菜)04

 

ペトさい(小松菜)05

野菜用培養土を覆土した後にたっぷりと水を与えます。

 

ジョウロで水を与える際の注意点として、

ジョウロの注ぎ口に手を添えないで水を与えてしまうと

土がえぐれてしまいますので、必ず注ぎ口に手を添えて

水の勢いを和らげながら株元に水を与えるようにして下さい。

 

ペトさい(小松菜)06

水やりをした後、ペットボトル鉢に「不織布」を被せ、

風に飛ばされないように麻ヒモで結んで、種蒔き作業は完了です。

 

この作業は小松菜などの葉物野菜に共通することですが、

気温の低い時期における軽い霜よけや寒風対策として行うもので

このように防寒することで葉を傷めずに育てることができます。

 

今回の栽培では「小松菜」をたくさん育てたいと思い、

一鉢で4株収穫可能な'二つ折り型ペットボトル鉢'を2鉢使い、

下図のようなトレイに入れて育てることにしました。

ペトさい(小松菜)07

 

「小松菜」は地温2025℃で播種後3~5日程度で発芽しますので、

まずは日当たりのよい場所において観察することにしましょう。

 

最後に、今回の「小松菜」の種蒔き作業にかかった費用と

小松菜の栽培データを以下に示したいと思います。

◆小松菜の種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

小松菜の種

1

262

262

ジョウロ

1

105

105

野菜用培養土<粒状>(14)

1

345

49
(2.5L使用)

移植ゴテ

1

105

105

不織布

1

399

399

麻ヒモ

1

105

105

合計金額 

1,025

※ 「二つ折り型ペットボトル鉢」を新規で作成する場合は別途費用が掛かります。

ペトさい(小松菜)08

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
04

[小松菜] ブログ村キーワード:砂漠化、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

ペット栽培III(小松菜)16

 

前回、一枚一枚の葉が大きくなり、収穫が間近に迫ってきた、

小松菜の「ナナミ」は栽培開始から74目を迎えていたんだジョ。

 

わずか4日しか経っていないけど、

「ナナミ」はさらに大きくなり、ワサワサと茂っていたんだジョ。

ペット栽培III(小松菜)17

 

しかし、葉が大きくなっているとは言っても、

一枚の葉の大きさは25(cm)に満たないため、

収穫の目安となる大きさに達していなかったんだジョ。

 

おいらは収穫するべきかを悩んでいたんだけど、

そんなとき、ボンクラなM.Ishiiが収穫しろと吠えていたんだジョ。

 

言われた時はやかましい奴だと思ったんだけど、

冷静に考えてみたら、少しくらい小さくてもいいから、

葉が柔らかいうちに収穫するというM.Ishiiの指示は納得できたジョ。

 

よって、一枚の葉が20(cm)強という少し小さめなサイズだけど、

収穫することにしたジョ。

 

'小松菜'は外葉だけを収穫することで

長い期間栽培を楽しむことできるけど、今回は株ごと収穫するため、

根元付近から園芸用ハサミを使って収穫したんだジョ。

ペット栽培III(小松菜)18

 

今回、「ナナミ」を収穫したところ、ザルに収まりきれないほど豊作で、

おいらはすんごく嬉しかったジョ。

ペット栽培III(小松菜)19

 

早速、収穫した'小松菜'M.Ishiiに渡したところ、

すんごく喜んで2品の料理を作ってくれたジョ。

今回作った料理は小松菜のチャーハンとお浸しだジョ。

ペット栽培III(小松菜)20

 

お浸しは収穫したばかりの葉が柔らかくて美味しかったけど、

それ以上に、小松菜にチャーハンが合うなんて思わなかったから、

おかわりしちゃったジョ()

 

M.Ishiiはいつもボンクラなのにいい仕事をする奴だジョ。

 

今回、栽培期間が2ヵ月に満たないというのに、

こんなに立派な'小松菜'を収穫することができて、

おいらは大変満足しているジョ。

 

よって、今回の栽培は文句なしに「大成功」という評価をするジョ。

 

実のところ、おいらは葉物野菜を育てるのが苦手なんだけど、

こんなに豊作になるなんて思わなかったから、

今後も色々な葉物野菜を育てたいと思うジョ。

 

'小松菜'はおいらでも簡単に育てることができたので、

興味のある方は育ててみてほしいジョ。

【ペットボトル栽培III~小松菜~ 完】

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

04月
29

[小松菜] ブログ村キーワード:カーボンオフセット、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「小松菜」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくだジョ。

 

前回、春の陽気を感じられるようになり、さらに大きく生長した、

小松菜の「ナナミ」は栽培開始から64日目を迎えていたジョ。

 

「ナナミ」は草丈が伸びているようには感じられなかったけど、

一枚一枚の葉が大きくなっていたんだジョ。

ペット栽培III(小松菜)14

 

栽培開始からちょうど70日目になると、

「ナナミ」さらに葉が大きくなり、

そろそろ'収穫'の二文字が見えてきたジョ。

ペット栽培III(小松菜)15

 

'小松菜'の収穫の目安は草丈が25(cm)前後になった頃なので、

もう少し様子を見て収穫するかを考えたいと思うジョ。

次回に続く

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる