インフォメーション
4/25 「スティック春菊」栽培関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/23 「中葉しゅんぎく」栽培(第3期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/22 「中葉しゅんぎく」栽培(第1、第2期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
6/25 やっと、「梅酒」が作れたぜぇ!!
6/24 理想通りにはいかない「キュウリ」の発芽
6/23 今年も「バジル」を育てることになりました!!
6/23 頼りなさそうな「レジナ」に蕾が着き始めました!!
6/22 今年も「トウモロコシ」を育ててやるさぁ!!
6/22 「正月菜」を収穫することにしました!!
06月
19

[ビタミン菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、葉物野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は飛躍的に生長する「ビタミン菜」の様子をお伝えしました。

 

この栽培は開始から43日目を迎え、

一段と大きく生長する「ビタミン菜」の姿がありました。

ペトさい(ビタミン菜)29

 

葉の大きさは目測で1520(cm)ほどあり、

葉には害虫が付いている様子もなく、順調に育っていました。

 

梅雨入りしても暑い日が続いていることから、

「ビタミン菜」にとっては過酷な環境での栽培となるだけに

ここまで順調に育ってくれたことは立派です。

 

株の大きさとしては若干小さいですが、

ペットボトルで育てる場合にはこのくらいの大きさで

収穫するのがベストな状態なのです。

 

よって、「ビタミン菜」収穫することにしましょう!!

 

★収穫のポイント★

・葉の大きさが1520(cm)くらいになった頃を目安に収穫する。

・収穫するときは株元付近を園芸用ハサミで切り取ること。

ペトさい(ビタミン菜)30

 

皆さんは、無事に「ビタミン菜」を収穫することができたでしょうか?

 

今回の栽培では「ビタミン菜」をペットボトル鉢2つで育て、

計8株収穫することができました。

ペトさい(ビタミン菜)31

 

想像していたよりも多く収穫することができ、

ちょっとした料理に使えそうです。

 

さて、今回の「ビタミン菜」栽培では殆どトラブルもなく順調に育て、

無事に収穫することができました。

 

この栽培経過を見た結果、今回の「ビタミン菜」栽培は

栽培レシピに追加しても問題ないように感じました。

 

よって、栽培レシピ通算10候補目は「ビタミン菜」に決めたいと思います。

 

「ビタミン菜」は葉物野菜の中でも育てやすいと思いますので、

これから育てる方はこちらをご参照の上、種を蒔いてみて下さい。

 

★ビタミン菜の栽培データ★

ペトさい(ビタミン菜)15

【終わり】

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

06月
11

[ビタミン菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、葉物野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は2回目の間引きを終えた後に追肥したところまでお伝えしました。

 

これまでのところ大したトラブルもなく順調に育つ「ビタミン菜」ですが、

ここのところ、真夏のような暑さを感じる日が続くようになり、

「ビタミン菜」の生長に影響が及ばないか心配になります。

 

というのも、「ビタミン菜」の生育適温は1525ですので、

30℃以上の気温が続くようになると徒長する恐れが出るだけでなく、

アブラムシなどの害虫が発生しやすくなるので

栽培管理が厳しくなってしまうからなのです。

 

果たして、「ビタミン菜」は元気に育っているのでしょうか?

 

栽培開始から36日目を迎え「ビタミン菜」の様子を見てみますと、

目を疑うような姿を目の当たりにしました。

 

というのも、ここ最近の気温上昇による影響からなのか、

「ビタミン菜」は見違えるほど葉を大きくし、

まるで別物のような姿に生長していたのです。

ペトさい(ビタミン菜)27

 

一週間前に間引いたときは見た目にも貧弱すぎて

ちゃんと大きく育ってくれるのか不安になるような状態だったのに、

こんなにいい意味で化けるなんて想像も期待もしていませんでしたので、

この生長は大変喜ばしいことです。

 

現在の「ビタミン菜」の葉の大きさは目測で15(cm)ありますので、

今後も今と変わらない気温が続くようですと本葉がさらに大きくなり、

もしかすると、想定外での早めの収穫も考えられます。

 

「ビタミン菜」がどのように生長していくのかは

今後の天候次第となりそうです。

 

最後に、「ビタミン菜」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ビタミン菜」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み追肥する。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行います。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(ビタミン菜)28

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★ビタミン菜の栽培データ★

ペトさい(ビタミン菜)15

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

06月
04

 [ビタミン菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、葉物野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は1回目の間引き後に追肥をしたところまでお伝えしました。

 

あれから一週間が経過した「ビタミン菜」本葉が3~4枚に増え、

いずれも鉢からはみ出るほど大きくなっていました。

ペトさい(ビタミン菜)21

 

さらに一週間が経過しますと「ビタミン菜」は一段と葉が大きくなり、

ジャングルのように茂っていました。

ペトさい(ビタミン菜)22

 

ここ最近、気温が25℃を超える日が続いているため、

本葉が急激に大きくなることは喜ばしい反面、

込み合っていることから風通しが悪く地温が上昇傾向にあるため

徒長が進んでしまっているのです。

 

水やり以外のことで徒長していることを考えると、

もう一度間引きして風通しを良くするしかありません。

 

よって、2回目の間引きを行うことにしました。

 

★2回目の間引きのポイント★

・本葉が4~5枚に増え込み合ってきた頃を目安に間引くこと。

・間引く際は生育の悪そうな芽を園芸用ハサミで剪定すること。

・株間は5(cm)ほど開けるようにし、

 生育の良さそうな株を2株残して間引くこと。

ペトさい(ビタミン菜)23

 

皆さん、2回目の間引きも無事に終わらせることができたでしょうか?

 

今回間引いた芽は間引き菜として利用することができますので、

ちょっとした料理に使ってみてはいかがでしょう。

 

今回の間引きはこれで終わりになりますが、

葉の生育を良くする'発酵油かす'一摘み追肥して土の栄養分を補い、

葉色のよい葉をたくさん付けるように面倒を見てあげましょう。

ペトさい(ビタミン菜)24

 

これにて、今回の作業は全て終わらせることができ、

第3の関門はクリアとなります。

ペトさい(ビタミン菜)25

 

「ビタミン菜」の間引き作業は今回で最後になるのですが、

ここ最近の温度上昇により徒長しやすい状況にありますから、

水やりのコントロールをしながら本葉の色が黄色く変色してきたときには

'発酵油かす'を一摘み追肥するようにしましょう。

 

最後に、「ビタミン菜」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ビタミン菜」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み追肥する。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行います。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(ビタミン菜)26

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★ビタミン菜の栽培データ★

ペトさい(ビタミン菜)15

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
23

[ビタミン菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、葉物野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回、若干の徒長が認められたことは心配されるものの、

蒔いた種全てから発芽したことをお伝えした「ビタミン菜」栽培。

 

この栽培は早くも二週間強が経過しました。

 

「ビタミン菜」はどの芽も草丈を1~2(cm)伸ばし双葉も大きくなり、

そして、双葉と同等の大きさになる本葉も付けるようになり、

順調に育っていました。

ペトさい(ビタミン菜)16

 

上の写真をご覧になってお分かりのように、

葉が大きくなったことで土面が見えなくなり、込み合ってきました。

 

また葉が込み合ってきたことで目立たなくなっていますが、

前回の徒長が進んでいたことを受けて水やりをコントロールしたおかげで、

今のところは徒長を抑えることができています。

 

しかし、このままの状態で放置し続けたら、

水やりをコントロールしても地温が上がってしまい徒長してしまいます。

 

このため、「ビタミン菜」の生育をよくするために、

1回目の間引きを行うことにしましょう。

 

★1回目の間引きのポイント★

・本葉が2~3枚に増え込み合ってきた頃を目安に間引くこと。

・間引く際は生育の悪そうな芽を園芸用ハサミで剪定すること。

・株間は2(cm)ほど開けるようにして間引くこと。

ペトさい(ビタミン菜)17

 

皆さん、1回目の間引きは無事に終わらせることができたでしょうか?

 

今回間引いた芽は間引き菜として利用することができますので、

ちょっとした料理に使ってみてはいかがでしょう。

 

今回の間引きはこれで終わりになるのですが、

先述したように今の「ビタミン菜」は徒長していることから、

風に煽られた時には芽を損傷する恐れがあります。

 

このため、「ビタミン菜」の芽の周辺に野菜用培養土を増し土して

風が吹いても倒れないように補強しました。

ペトさい(ビタミン菜)18

 

また、増し土をするついでに葉の生育を良くする'発酵油かす'

一摘み追肥しておきました。

 

こうすることで、葉色のよい葉を付けるようになります。

 

これにて、今回の作業は全て終わらせることができ、

第2の関門はクリアとなります。

ペトさい(ビタミン菜)19

 

間引き作業はあと1回行うことになるのですが、

気温の変化が著しいため徒長しやすい環境にありますから、

水やりのコントロールをしながら本葉を4~5枚付けるように

育てていきましょう。

 

最後に、「ビタミン菜」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ビタミン菜」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉が4~5枚出てきたら、生育のよい芽を1株ずつ残して間引くこと。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行います。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(ビタミン菜)20

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★ビタミン菜の栽培データ★

ペトさい(ビタミン菜)15

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
11

[ビタミン菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、葉物野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回、種蒔き作業を終えたところまでお伝えした、

「ビタミン菜」栽培は栽培開始から6日目を迎えました。

 

種を蒔いた日までは初夏の陽気を感じられたのですが、

その後数日は急に肌寒くなってしまい、我々が気温の変化に対応するのに

苦労しているのと同様、種を蒔いた「ビタミン菜」の生長も気になります。

 

「ビタミン菜」は地温1520℃で播種後3~5日で発芽するため、

栽培日数としては発芽してもおかしくありません。

 

このため、ペットボトル菜園で栽培中の「ビタミン菜」の様子を

見てみることにしましょう。

 

早速、「ビタミン菜」の鉢が入ったトレイを運び、

発芽しているかを確認してみたのですが、ペットボトル鉢に被せた

ガーゼ越しからはうっすらと葉っぱらしきものが透けて見えました。

ペトさい(ビタミン菜)10

 

おそらく発芽していると思いガーゼを取り除いてみたところ、

疎らではありますが、双葉を開いた小さな芽が出ていました。

ペトさい(ビタミン菜)11

 

発芽した芽を見た感触では発芽したから1~2日経っているように感じ、

残り数粒の種からの発芽を待つ状況を踏まえますと、

気温の低下による影響を若干受けているように思います。

このため、数日間様子を見ることにしました。

 

それから3日が経過し、「ビタミン菜」の様子を見てみたところ、

蒔いた種の殆どが発芽し、双葉が光合成して濃い緑色になっていました。

ペトさい(ビタミン菜)12

 

また、殆どの芽が草丈を1~2(cm)程度に伸ばし、

若干徒長気味に育っているのが気になるところです。

 

'徒長'とは草丈がヒョロヒョロと長く伸びる症状のことで、

この原因は日光不足や水分過多、栄養不足ないし栄養過多などがあり、

これらに加えて、土の温度が高い場合でも起こりやすい症状です。

 

徒長すると、正常に育った植物と比べて病弱になりやすく、

野菜の場合は収穫量が減ってしまう恐れがあるのです。

 

今回の場合は発芽させるためにたっぷりと水やりをしたことにより

徒長してしまったと考えられますので、今後は水やりの回数を減らして

これ以上の徒長をさせないようにします。

 

発芽して数日しか経っていない芽を近くに寄って見てみますと、

小さな本葉が出ているのを確認できました。

ペトさい(ビタミン菜)13

 

とりあえず、無事に発芽した「ビタミン菜」は最初の関門をクリアし、

本葉を数枚付けるように育てることが次の目標となります。

 

最後に、「ビタミン菜」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ビタミン菜」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉が込み合ってきたら、2(cm)間隔に間引くこと。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今回無事に発芽しましたので、これからの水やりは水の入った霧吹きで

吹き付けずにジョウロで行うことになります。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(ビタミン菜)14

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★ビタミン菜の栽培データ★

ペトさい(ビタミン菜)15

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
06

[ビタミン菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、葉物野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

ツケナ系の葉物野菜には少し変わった名前の野菜が多数あるのですが、

その中から今回は「ビタミン菜」という野菜を育てたいと思います。

 

今回、この「ビタミン菜」を選んだ理由としては寒さや病気に大変強く

トウ立ちも遅いことから初心者でも育てやすい野菜だと思ったからです。

 

この品種はその名にもあるようにビタミンAを豊富に含んでおり、

葉が濃緑色で厚みがあるにも関わらず柔らかいのが特徴でして、

おひたしや煮物、炒め物などにも適しています。

 

それでは、皆さんに「ビタミン菜」を育ててもらえるように、

これから実例を交えながら詳しく解説していくことにしましょう!!

 

★品種選び★

「ビタミン菜」は知る人しか知らない珍しい野菜であることから、

メジャーな野菜の種のように多数のメーカーから出ていません。

 

このため、販売各社から出ている種による生長の違いはありませんので

皆さんのお好みでお選びください。

 

今回の栽培ではサカタのタネ社から販売されている種を選び、

生長する様子をお伝えしていきたいと思います。

ペトさい(ビタミン菜)01

 

 

★播種時期と発芽日数★

「ビタミン菜」の播種時期と発芽日数は以下のようになります。

 

播種時期:3月上旬~4月下旬、9月上旬~10月下旬

発芽日数:播種後3~5日

発芽率:90%

発芽適温(地温)1520

 

※ 上記のデータはいずれも中間地(温暖地)によるものです。

 

 

★使用する土★

「ビタミン菜」を育てるときに使用する土は

市販の野菜用培養土であれば問題なく育てることができます。

 

ただ、「ビタミン菜」は葉の生育をよくすることが重要なため、

下図に示す'市販の粒状野菜用培養土'()に対して

一摘みの'発酵油かす'を混ぜ込んだ土を使います。

ペトさい(培養土・改)01

 

'発酵油かす'は葉の生育を良くするために用いるものですから、

葉の色が悪くなった場合に追肥としても使用します。

ペトさい(有機肥料・改)01

 

 

★鉢選び★

今回育てる「ビタミン菜」は収穫期間が短く、根を深くまで張りません。

このため、今回の栽培では安定した収穫が期待できる

'二つ折り型ペットボトル鉢'を使いたいと思います。

ペトさい(ペットボトル鉢)09

 

'二つ折り型ペットボトル鉢'では一鉢で4株育てることができますので、

この鉢を新規で作る方はこちらを参照して作って下さい。

 

 

★種蒔き作業に必要な道具★

種を蒔くときに必要な道具を下記に示しますので、各自ご用意ください。

 

ビタミン菜の種、二つ折り型ペットボトル鉢、霧吹き、移植ゴテ、

粒状野菜用培養土、ガーゼ(もしくは防虫ネット)、麻ヒモ

ペトさい(ビタミン菜)02

 

 

★種蒔き作業時の注意点★

・種を蒔いた後の覆土は厚さ1(cm)程度にすること。

・播種後の水やりはたっぷりと与えること。

・播種後の防虫対策として、ガーゼ(もしくは防虫ネット)をかけること。

 

 

★種蒔き作業手順★

ペトさい(ビタミン菜)03

'二つ折り型ペットボトル鉢'に「粒状野菜用培養土」を入れます。

粒状野菜用培養土は鉢の縁から3(cm)下まで入れるとよいでしょう。

 

また、粒状野菜用培養土を粉末状にした土を薄くかけることにより、

種を発芽しやすくすることができます。

ペトさい(ビタミン菜)04

 

ペトさい(ビタミン菜)05

野菜用培養土を入れたら「ビタミン菜の種」を点蒔きします。

 

このとき、種と種の間隔は1(cm)程度開けて蒔くようにして下さい。

ペトさい(ビタミン菜)06

 

ペトさい(ビタミン菜)07

ビタミン菜の種を蒔いたら「粒状野菜用培養土」で覆土し、

水の入った「霧吹き」で土を湿らせます。

 

ペトさい(ビタミン菜)08

ペットボトル鉢に「ガーゼ(もしくは防虫ネット)」を被せ、

風で飛ばされないように「麻ヒモ」で固定し、もう一度水の入った

「霧吹き」で吹き付けて、種蒔き作業は完了です。

 

この作業は「ビタミン菜」の葉に寄り付く害虫から守る、

防虫対策として行っています。

 

また、「ガーゼ(もしくは防虫ネット)」を被せるのが面倒な場合は、

衣類用の洗濯ネットなどを使うとよいでしょう。

 

 

★最後に★

皆さん、「ビタミン菜」の種を蒔くことはできたでしょうか?

 

今回の栽培で種を蒔いた鉢は2鉢使用していますので、

これから育てる際には下図に示すトレイに入れると管理しやすくなります。

ペトさい(ビタミン菜)09

 

トレイに入れた鉢は日当たりのよい場所に置いて育てるようにしましょう。

 

最後に、今回の「ビタミン菜」の種蒔き作業にかかった費用を

以下に示しますのでご参考ください。

◆ビタミン菜の種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

ビタミン菜の種

1

157

157

霧吹き

1

108

108

野菜用培養土<粒状>(14)

1

345

49
(2L使用)

発酵油かす(1L)

1

298

3
 (10ml使用)

移植ゴテ

1

108

108

麻ヒモ

1

108

108

ガーゼ

1

108

108

合計金額 

641

※ 「二つ折り型ペットボトル鉢」を新規で製作する場合は別途費用が掛かります。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
16

[ビタミン菜] ブログ村キーワード:生態系、ツケナ

おはようございます、M.Ishiiです。

ペット栽培III(ビタミン菜)01

 

前回、ビタミン菜の「ミナちゃん」は葉数を増やし

一段と大きく生長してくれました。

 

厳しい暑さにも関わらず、

順調に育ってくれたことは嬉しい限りです。

 

記事の更新が自宅引っ越しの関係で遅れてしまい、

「ミナちゃん」のその後の様子を気にされている方がおられるでしょう。

 

久しぶりの更新となりますが、

'ビタミン菜'栽培の記事は今回が最終回となります。

 

突然のことで驚かれた方もいるかもしれませんが、

バッドエンディングにはならないと思うのでご安心を...()

 

さて、「ミナちゃん」は栽培開始から33日目を迎え、

厳しい暑さが続く中、葉が萎れることなく育っていました。

ペット栽培III(ビタミン菜)15

 

前回よりもさらに株を大きくした「ミナちゃん」は草丈を数(cm)伸ばし、

葉も一段と大きくなっていて、収穫できそうな状態に育っていたのです。

 

これまでも幾度となくお伝えしてきましたが、

この暑さの中で葉菜類を育てることはリスキーなことで、

株を徒長させたり、葉を萎れさせたりすることのないように

栽培管理に気を使わなければなりません。

 

今回はブログ仲間のsancyanさんのリクエストにお応えするため、

できるだけ簡単に育てることを注力しワラを敷いて育ててきましたが、

ここまで一つもトラブルを起こすことなく、

立派に育てることができた事は大変喜ばしいことです。

 

さっそく、「ミナちゃん」収穫することにしました。

 

'ビタミン菜'は株ごと収穫したのですが、

強引に引き抜かずに株元付近を園芸用ハサミで剪定しました。

ペット栽培III(ビタミン菜)16

 

今回収穫した'ビタミン菜'ですが、

一つのペットボトル鉢でしか育てなかったこともあり、

4株と少量の収穫となりました。

ペット栽培III(ビタミン菜)17

 

収穫した'ビタミン菜'は柔らかそうな葉をしていて、

お浸しなどに使った方が良さそうですね。

 

というわけで、今回収穫した'ビタミン菜'

ビタミン菜のゴマ和えに調理しました。

ペット栽培III(ビタミン菜)18

 

'ビタミン菜'の栄養素を保持したいため、

熱湯で茹でずに電子レンジで加熱したのですが、

葉が柔らかいこともあり気を使いました。

 

ゴマ和えにしたビタミン菜は葉の甘みがあって

美味しかったです()

 

今回厳しい環境下での栽培となりましたが、

無事に収穫し、「成功」のうちに終わらせることができ

ホッとしています。

 

本来は今頃の時期に種を蒔いたほうが育てやすく、

一段と葉の甘みが増して美味しい'ビタミン菜'を育てることができます。

 

皆さんも一度、'ビタミン菜'を育ててみてはいかがでしょうか?

【ペットボトル栽培III~ビタミン菜~ 完】

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
03

[ビタミン菜] ブログ村キーワード:生態系、ツケナ

おはようございます、M.Ishiiです。

ペット栽培III(ビタミン菜)01

 

前回、徒長することなく順調に生長を続ける、

ビタミン菜の「ビタミン菜」は2株ずつ残すようにして間引きました。

 

間引いたついでに追肥した「ミナちゃん」は栽培開始から20日目を迎え、

その効果が生長する姿として反映されていました。

ペット栽培III(ビタミン菜)13

 

言うまでもなく、葉数は倍以上に増え、

葉の大きさも比べものにならないほどに大きくなっていました。

 

間引きしただけでも株同士による土の栄養分の奪い合いは少なくなり、

それに加え、追肥したことが功を奏したのかもしれません。

 

栽培開始から26日目になりますと、

「ビタミン菜」はさらに大きく生長しました。

ペット栽培III(ビタミン菜)14

 

葉は倍近くの大きさになり、葉数もさらに増えた感じがします。

 

厳しい暑さが続く中、葉物野菜を育てるのはリスキーですが、

ここまで順調に育ってくれると自然と笑みがこぼれます。

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

09月
04

[ビタミン菜] ブログ村キーワード:生態系、ツケナ

おはようございます、M.Ishiiです。

ペット栽培III(ビタミン菜)01

 

前回、種蒔き作業を行うついでにワラを敷き積めるなどの

暑さ対策を施した、ビタミン菜の「ビタミン菜」

栽培開始から9日目を迎えていました。

 

「ミナちゃん」は蒔いた種全てから発芽し、

双葉と同じくらいの大きさの本葉が2枚出てきていました。

ペット栽培III(ビタミン菜)07

 

近くに寄って見てみたところ、

「ミナちゃん」はあまり徒長している様子が見られず、

敷きワラによる暑さ対策の効果が出ているようですね。

 

栽培開始から14日目

「ビタミン菜」は鉢の各エリアによる生長の違いは見られるものの、

徒長することなく大きく育っていました。

ペット栽培III(ビタミン菜)08

 

写真手前の「ミナちゃん」はウサギの耳に見た形をした葉が茂り、

重なり合っていました。

 

今後の生長を考えますと、このあたりで間引きして

風通しを良くしたほうがよさそうですね。

 

このため、下記のポイントに注意して、

元気そうな株を一つ残すようにしてそれ以外の株を間引きました。

[間引き作業でのポイント]

・根の張り具合をよく見てから根元よりやさしく引き抜くか、

 もしくは園芸用ハサミを使って根元から剪定する。

ペット栽培III(ビタミン菜)09

 

とりあえず、鉢の各エリアに2株ずつ残すようにして間引いたことで、

土の栄養分の奪い合いの頻度は縮小されますが、

完全に解消されたわけではありません。

 

このため、適量の発酵油かすを追肥として与えました。

 

これで、残した株が大きく育ってくれることを期待したいですね。

ペット栽培III(ビタミン菜)10

 

さて、今回間引きした'ビタミン菜の芽'ですが、

どことなくカイワレ大根に似ている気もします。

ペット栽培III(ビタミン菜)11

 

この間引きした'ビタミン菜の芽'は捨てることなく、

味噌汁の具として使いました。

ペット栽培III(ビタミン菜)12

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
15

[ビタミン菜] ブログ村キーワード:生態系、ツケナ

おはようございます、M.Ishiiです。

ペット栽培III(ビタミン菜)01

 

前回、ピグライフというゲームで知り合ったsancyanさんのご要望により

「ビタミン菜」を育てることにしましたので、その概要をお話しました。

 

前回もお伝えしたように、この時期に葉物野菜を育てるのは

大変ハードルの高い挑戦となるのですが、

今回は種蒔き作業を行う課程において、

その難易度を軽減するための秘策もお伝えしたいと思います。

 

まず、今回の種蒔き作業に必要な道具を簡単にご説明したいと思います。

 

今回使用する「ビタミン菜の種」はサカタのタネ社のものを使います。

ペット栽培III(ビタミン菜)04

 

「ビタミン菜の種」は比較的安価で入手することができ、

他のメーカーでも販売していますのでお好みでお選び下さい。

 

次に、今回の栽培に使用するペットボトル鉢についてです。

 

一応、種蒔きから収穫するまでキチンと育てるつもりですが、

位置付けとしては試験的な栽培ですので、

「二つ折り型ペットボトル鉢」を使用したいと思います。

ペット栽培III・ペット鉢03_2

 

一般的な縦型ペットボトル鉢でも十分育てることはできますが、

葉物野菜の場合、株ごと収穫することを考えると、

株数は多い方がいいですので一鉢に2株育てることが可能な

「二つ折り型ペットボトル鉢」を採用したわけです。

 

最後に、今回の栽培で使用する培養土についてですが、

ペットボトル栽培では排水性を良くすることが

最も重要なポイントになりますので、

園芸店やホームセンターで購入することができる

「粒状の野菜用培養土」を使用します。

ペット栽培III・ツール01

 

「ビタミン菜」の場合、「粒状の野菜用培養土」をそのまま使っても

十分に育てることはできます。

 

しかし、私は「ビタミン菜」の生育をよくするため、

この培養土に'一握りの発酵油かす'を混ぜ込みました。

 

'発酵油かす'には葉や茎の生長に欠かせない窒素を多く含んでいて、

殆どの植物の追肥に使える上に、植物が吸収しやすいのでお勧めです。

 

以上が今回の栽培で最低限必要な道具の詳細ですが、

今回の「ビタミン菜」栽培ではもう一工夫したいと思います。

 

基本的に、「ビタミン菜」の種蒔き作業では、

下記の2つのポイントに注意すれば育てることはできます。

[種蒔き作業でのポイント]

・種が重ならないように注意して蒔くこと。

・発芽するまでの間は、種が流されないように

 霧吹きを使って水やりすること。

 

しかし、今回は厳しい暑さの中で育てることになるため、

暑さ対策も万全にしないといけません。

 

前回も少しお伝えしたように、

葉物野菜の多くはこの暑い時期に育てると、

葉が萎れたり、草丈がヒョロヒョロと伸びやすくなります。

 

草丈がヒョロヒョロと伸びる症状のことを徒長というのですが、

徒長の原因は日光不足や水分過多、栄養不足ないし栄養過多などがあり、

それに加え、土の温度が高い状況下でも起こる症状なのです。

 

徒長すると、株全体がヒョロヒョロと縦に長く生長し、

正常に育った植物と比べると病弱になりやすく、

野菜の場合は収穫量が減り、園芸植物の場合は花の数が減るのです。

 

また、土の温度を下げるために水やりしてしまうと、

逆に、根腐れを引き起こしやすくなるので、

この時期に葉物野菜を育てるのはリスクを伴うのです。

 

しかし、ここであきらめるのはまだ早いです!!

 

今回の栽培ではこの現象を少しでも解消する方法として、

私は種を蒔いた後の土面にワラを敷きます。

ペット栽培III・ツール16

 

敷きワラは直射日光を軽減させることで土の温度を下げ、

保水性があることから必要以上に水やりしなくてよいのです。

 

ワラを敷いても多少の徒長はあるかもしれませんが、

これをやるのとやらないのでは雲泥の差だと思います。

 

長々と説明してしまいましたが、

今回の「ビタミン菜」の種蒔き作業は下図の要領で行いましたので、

参考にして頂きたいと思います。

ビタミン菜の種蒔き作業

 

とりあえず、「ビタミン菜」の種蒔き作業が終わり、

まずは無事に発芽するのを見守りたいところです。

ペット栽培III(ビタミン菜)05

 

これから先、「ビタミン菜」の生長をお伝えする際、

今回育てるビタミン菜のことを「ミナちゃん」と呼ぶことにします。

 

栽培開始から4日目

「ミナちゃん」は早くも数ヵ所から小さな芽を出しました。

ペット栽培III(ビタミン菜)06

 

「ミナちゃん」はアブラナ科の野菜ですので、

発芽が早いのは想像できましたが、それに加え、

気温の高さがさらに発芽を早めたのかもしれません。

 

まだ、蒔いた種全てから発芽したわけではありませんが、

しばらくの間は静観したいと思います。

次回に続く

◆「ビタミン菜」の種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

ビタミン菜の種

1

141

141

野菜の培養土<粒状>(14)

1

398

59
(2L使用)

発酵油かす(1L)

1

298

3
 (10ml使用)

敷きワラ(200)

1

498

13
(5本使用)

ウーロン茶 (2L)

1

128

128

合計金額 

344

※ ジョウロと霧吹き、移植ゴテは自宅にあるものを使用しているため、

 この費用には計上しておりません。

 

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる