インフォメーション
8/23 ペットボトル栽培関連記事を全て移行し、カテゴリーメニューに反映させました!!
7/14 「ミニかぼちゃ」の葉がイマイチ感MAXなんですが…。
7/14 「トウモロコシ」を収穫したのですけどね…。
7/13 「ミニきゅうり」はようやくエンジンが掛かりました!!
7/12 「ボリジ」の花が涼しげに咲いていました!!
7/11 本日は体調不良によりお休みさせてもらいました!!
7/10 「メランポディウム」にまさかの悲劇が…。
7/ 9 「空芯菜」を摘芯してきました!!
7/ 7 「トウモロコシ」を収穫したいのですが…。
06月
30

[ペットボトル野菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、収穫

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

毎月月末にお伝えしている「ペットボトル野菜」の収穫状況を

ダイジェストで振り返るこの企画。

 

6月もあっという間に終わりを迎え、気付けば一年の半分が終わってしまいました。

 

この半年を振り返りますと、

はじめは収穫できそうな野菜がほぼないところからスタートしましたが、

暖かくなるに連れて間引き収穫できる野菜が増え、

やがてキチンとした野菜を収穫することができるようになり

安定してきたように感じます。

 

今月も収穫できた野菜がいくつかありましたので、いつものように

時系列に沿って振り返りたいと思います。

 

まず、6/6には通算3回目となる「さやエンドウ」を収穫しました。

収穫したペト菜2018年06月01

 

「さやエンドウ」は1回目の時はちょっとした料理に使えそうな量を

収穫することができたのですが、2回目は思っていたほど収穫できず

3回目の収穫に期待しました。

 

期待が高まる3回目の収穫でしたが、想像以上に着果が悪く

2回目とさほど変わらず、寂しい収穫になりました。

 

続いて、6/27には「チマサンチュ」を収穫しました。

収穫したペト菜2018年06月02

 

やっと収穫することができた「チマサンチュ」でしたが、

ここまでの道のりはけして楽ではなく、一時はこの栽培そのものを

中断する話まで持ち上がるほど苦難の連続でしたので、

収穫したときには感慨深いものがありました。

 

そして、今月のラストは待望の「エダマメ」6/29に収穫しました。

収穫したペト菜2018年06月03

 

今回の「エダマメ」栽培は今年発売された新品種での栽培となりましたので、

その品種の生長の仕方をじっくり観察しながら育てました。

 

実際に収穫してみたところ一人分くらいの量になったのですが、

収穫直後に熱湯で茹で上げているときに「エダマメ」のいい香りがし、

その香りを感じながら食べてみたところ半端じゃなく美味しくて

また育てたくなってしまいました。

 

というわけで、駆け足で振り返りましたが、来月は収穫できそうな野菜が

色々と控えていますのでこれからの収穫が楽しみです。

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

05月
31

[ペットボトル野菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、収穫

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

毎月月末にお伝えしている「ペットボトル野菜」の収穫状況を

ダイジェストで振り返るこの企画。

 

5月もあっという間に終わりを迎えてしまい、日に日に加速度をつけて

時が過ぎていくように感じる今日この頃です。

 

さて、今月は今年に入ってから育てた野菜の収穫を行うことができましたので、

いつものように時系列に沿って振り返りたいと思います。

 

まずは、5/14には'さやエンドウ'を収穫することができました。

収穫したペト菜2018年05月01

 

正直なところ、今月に'さやエンドウ'を収穫することができるとは

思っていませんでしたので、嬉しい誤算でした。

 

が、'さやエンドウ'は調子に乗って大きく生長してくれたお陰で

この日に収穫を迎えることが出来たのですけど、その後になってそのツケが

回って失速してしまうという情けないオチに悲しくなりました。

 

しかしながら、昨日の記事でもお伝えした通り、追肥の効果が表れ始めた結果

ささやかながら2回目の収穫を行うことができました。

収穫したペト菜2018年05月02

 

現在の'さやエンドウ'の状態を観てみた感触としては次が最後の収穫に

なりそうですので、6月初めには見納めになるかと思います。

 

続きまして、5/15には'紅白ハツカ大根'を収穫しました。

収穫したペト菜2018年05月03

 

'紅白ハツカ大根'はペットボトルでも比較的容易に育てることができると思い

今年に入ってから育て始めたのですが、この自惚れが結果的に災いしてしまい、

不本意な収穫となってしまいました。

 

そう、'紅白ハツカ大根'のようなアブラナ科に属する野菜の多くは

トウ立ちしやすいため、栽培開始時期によって育て方を変えないといけなく、

その事を忘れてしまったオレ様は見事に'紅白ハツカ大根'

トウ立ちさせてしまいました。

 

オレ様ともあろう者が初歩的なことを疎かにしてしまった最悪な結果に

情けない気持ちになりました。

 

よって、このカリは必ずや今秋に返したいと思い、闘志を燃やしております。

 

というわけで、駆け足で振り返りましたが、

今月の収穫は気分的にスッキリするものではありませんでしたけども、

来月はオレ様の中で密かに期待しているある野菜が収穫できそうですので、

スッキリした気持ちで収穫できるといいなと思っております。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
30
[ペットボトル野菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、収穫

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

毎月月末にお伝えしている「ペットボトル野菜」の収穫状況を

ダイジェストで振り返るこの企画。

 

新年度が始まりフレッシュな気分に浸ろうと思っていたらあっという間に

4月が終わりを迎えてしまい、時の早さを日に日に感じる今日この頃です。

 

さて、ペットボトル菜園の野菜たちは気温の上昇に伴い

活発な生長を続けていることから今月の収穫は期待できそうな予感がします。

 

早速、いつものように時系列に沿って振り替えることにしましょう!!

まず、4/13は「正月菜」を収穫しました。

収穫したペト菜2018年04月01

 

「正月菜」は今年に入ってから種を蒔いて育てた野菜というのもありますが、

この野菜は過去に育てたことがあるものの満足できるものではなかったことから

かなり気合いを入れて育てました。

 

絶対に失敗は許されない栽培であったことから我がペトさいでは初となる

簡易温室内に簡易温室用ヒーターと日照不足を解消するためのLEDライトを導入し

万全の体制で挑みました。

 

その結果、アブラ虫が寄生することなく無事に収穫することができ、

念願の「正月菜」を使ったお雑煮を作ることもできて満足できた栽培となりました。

 

ということで、今月のペットボトル野菜の収穫は以上になりますが、

オレ様が想像していたような様々な野菜の収穫は残念ながら実現できず、

なんとも寂しい結果となってしまいました。

 

本当ならあの野菜が収穫できるはずだったのですが…。

 

従って、来月こそは色々な野菜を収穫できると思いますので、

楽しみにしていて下さいね。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

02月
28

[ペットボトル野菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、収穫

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

毎月月末にお伝えしている「ペットボトル野菜」の収穫状況を

ダイジェストで振り返るこの企画。

 

2月になったなと思ったらあっという間に3月になろうとしていて、

時の速さが加速度を増しているように感じる今日この頃です。

 

まぁ、今月はペットボトル栽培の作業は思っていたほど忙しくなかったのですが、

プライベートな方で色々と慌ただしく動いていたため、時が経つのを

速く感じたのだと思います。

 

さて、今月もペットボトル菜園で収穫できた野菜を振り返りたいと思うのですが、

先月同様、収穫できる野菜は一つもなく収穫できそうな状態にも育っておりません。

 

このため、今月も間引き収穫した野菜を振り返ることにしたいと思います。

まずは、2/7にはツケナ野菜の「正月菜」を間引き収穫しました。

収穫したペト菜2018年02月01

 

この野菜は1月中旬に播種したのですが、

簡易温室用ヒーターを導入していたことから順調に発芽して育ってくれたため、

ほぼ予定通りの日数で1回目の間引きを行うことができました。

 

その後も「正月菜」は順調に生長してくれたおかげで、

3週間後には2回目の間引き収穫を行うことができました。

収穫したペト菜2018年02月02

 

このため、この調子を維持しつつ生長してくれたら来月には収穫できるかもしれず、

今から楽しみです。

 

続いて、2/9には「チマサンチュ」の2回目の間引き収穫を行いました。

収穫したペト菜2018年02月03

 

1回目の間引き収穫の時はまだ簡易温室用ヒーターを導入していなかったため

間引き作業を行うのが予定よりも遅れてしまったのですが、

簡易温室用ヒーターを導入してからは「チマサンチュ」がメキメキと生長し

想像していたよりも早く2回目の間引き収穫を行うことができました。

 

今や、簡易温室用ヒーターなしでは大きく生長できなくなってしまった

軟弱な「チマサンチュ」になってしまいましたが(苦笑)

着実に大きく育っていることを踏まえますと、来月収穫も視野に入るかもしれません。

 

今月の間引き収穫は以上になりますが、実のところ今回ご紹介した野菜以外でも

来月に収穫できそうな野菜がございまして、来月はようやく間引き収穫以外の

野菜についても振り返ることができそうですので、今から期待が高まります。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

01月
31

[ペットボトル野菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、収穫

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

毎月月末にお伝えしている「ペットボトル野菜」の収穫状況を

ダイジェストで振り返るこの企画。

 

年が明けてあれよあれよという間に1月が終わりを迎えてしまい、

時の経つ早さを一段と感じるようになった今日この頃です。

 

さて、昨年は栽培環境の悪さから収穫できる野菜が少なかったですので、

今年は昨年の二の舞にならないように少しでも多くの野菜を収穫でき、

今日のように月末に胸を張って収穫した野菜を振り返ることができるように

頑張りたいと思っておりますので、お付き合いのほどヨロシクお願いします。

 

さて、今月のペットボトル野菜の収穫ですが、

昨年の不作の影響が響いていることもあり収穫できそうな野菜はありませんでした。

 

このため、今月は新たに栽培を始めた野菜の中で間引き収穫したものを中心に

振り返りたいと思います。

 

まず、1/6には「かぶ」の間引き菜を収穫しました。

収穫したペト菜2018年01月10

 

現在育てている「かぶ」はかぶの頭の部分がほんのり淡い紫いろをしていて

見た目にもキレイなかぶに育つそうですので、収穫するのが楽しみです。

 

そんな「かぶ」をこの日に2回目の間引きを行い、さらなる生長を期待しています。

 

続いて、1/11には「チマサンチュ」の間引き菜を収穫しました。

収穫したペト菜2018年01月11

 

「チマサンチュ」はなかなか大きく育ってくれなくて頭を悩ませていたのですが、

昨年末に簡易温室用ヒーターを導入してから今までの生長が嘘のように

 

ぐんぐんと大きく育ち、この日に1回目の間引きを行うことができました。

栽培日数から見ると、1回目の間引きを行うのはやや遅いのですが、

簡易温室用ヒーターを導入したことにより巻き返しを図れそうで

2回目の間引きもそう遠くない時期に行えそうです。

 

最後に、1/30には「採種イチゴ」を収穫しました。

収穫したペト菜2018年01月12

 

間引き菜ではなく、今月唯一収穫できた野菜になります。

「採種イチゴ」は市販されているイチゴから種を採取し、その種からイチゴが

できるのかという好奇心から始めた栽培になりますが、

種苗法や劣性遺伝といった聞きなれない言葉が飛び交い、苦労の連続でした。

 

結果的に、ちゃんとイチゴを収穫することができ、趣味として育てるのであれば

半永久的に楽しむことができますので、今後の収穫があるかもしれません。

 

というわけで、駆け足で振り返りましたが、

来月も引き続き、収穫できそうな野菜はほぼないと思われますので、

しばらくの間は間引き収穫をお伝えすることになりそうです。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

01月
08

[ペットボトル野菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、収穫

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

毎月月末にお伝えしている「ペットボトル野菜」の収穫状況を

ダイジェストで振り返るこの企画。

 

年が明けて一週間が経過し時の早さを凄く感じておりますが、

昨年末は色々なことが有り過ぎて締め括りに収穫できた「ペットボトル野菜」を

振り返ることができませんでした。

 

このため、年を跨いでしまいましたが、今日は昨年12月に収穫できた野菜を

時系列に沿って振り返りたいと思います。

 

まずは12/3には季節外れな「バジル」を収穫しました。

収穫したペト菜2018年01月01

 

この時期に「バジル」を収穫することができること事態が奇跡だと思いますが、

その奇跡は一度ではなく二度起きるというミラクルがありました。

収穫したペト菜2018年01月02

収穫したペト菜2018年01月03

 

まさかの3回収穫することができたのですが、元々はある料理を作るために

「バジル」を育てていたわけですけど最後の収穫でその目標を達成することができ、

大変嬉しかったことを今でもハッキリとおぼえております。

 

で、たくさんの「バジル」を収穫して何を作りたかったかというと、

人生初の'ジェノベーゼパスタ'がどうしても作りたかったのでした。

 

これまで色々なパスタを作ってきたオレ様としては唯一、ジェノベーゼパスタだけは

作っていなかったため、これを作ってパスタ料理を完璧にしたかったのです。

 

で、初めてジェノベーゼパスタを作ったのがこちらになるのですが、

イタリアンというかドイツというかよく分からないパスタになってしまいました。

オレ流ジェノベーゼパスタ2017

 

続いて、12/4には「ジャガイモ」を収穫することができました。

収穫したペト菜2018年01月04

 

「ジャガイモ」をペットボトルで育てること事態がバカげているのですが、

しかしながら、夢もあると思いまして、今回は試験的に育ててみました。

 

オレ様が種芋を植え付ける時に想像したとおりには収穫できませんでしたが、

なんとか小振りな「ジャガイモ」を3つ収穫することができてホッとしました。

 

今回の「ジャガイモ」栽培では致命的問題が判明したりと

課題を多く残す結果となりましたが、その課題を改善することができた時には

再びバカな夢を追い求めたいと思います。

 

続きまして、12/6にはまたまた季節外れな「青シソ」を収穫しました。

収穫したペト菜2018年01月05

 

この時期に「青シソ」を育てていること事態がミラクルなのですが、

育てるだけでなく収穫まで果たしてしまうとは思いませんでした。

しかも、2週間後には2回目の収穫を行い、さらにその6日後には3回の収穫

そして、その一週間後には4回目の収穫をコンスタントに行うことができました。

収穫したペト菜2018年01月06

収穫したペト菜2018年01月07

収穫したペト菜2018年01月08

 

収穫を4回行うことはできましたが、やはり気候的な面から株は真夏に育てたときより

小振りだったことから収穫できる葉数が少なかったのが印象的でした。

 

やはり、季節の野菜はそのときの季節に育てて収穫するのがベストだと思いました。

 

最後に、12/8には「きゅうり」を収穫しました。

収穫したペト菜2018年01月09

 

元々、「きゅうり」を育てるタイミングが遅かったことから

この時期での収穫となってしまったのですが、オレ様が思っていた通りに

ちゃんとした「きゅうり」を収穫することができたことはよかったです。

 

「きゅうり」はオレ様の大好きな野菜であるため育て方にもこだわりがあることから

来年は少し早くから播種して目標としている一株10本の「きゅうり」を

収穫したいと思います。

 

というわけで、全て夏野菜を収穫した12月でしたが、収穫できる野菜は

しばらくの間はないことからこの企画も少しだけお休みすることになると思います。

 

しかし、現在栽培中の野菜たちは簡易温室ヒーターを導入したことにより

元気よく生長していることから昨年のような悲惨なことにはならず、

時期が来たらコンスタントに収穫できるようになると思います。

 

ですので、今はこれらの野菜が元気よく育ってくれることを願いつつ、

今年初の収穫を待つことにしたいと思います。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
30

[ペットボトル野菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、収穫

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

毎月月末にお伝えしている「ペットボトル野菜」の収穫状況を

ダイジェストで振り返るこの企画。

 

早いもので11月も今日で終わり、残すあと一月で今年が終わります。

 

今年は例年になく収穫できる野菜の数が少なく、スランプな一年となりましたが、

そんな中でも細々と収穫したものや季節外れな収穫が目立ち、

何と言ってよいのか正直言葉が見つかりません。

 

今月もペットボトル菜園で収穫できた野菜がありましたので、

いつものように時系列に沿って振り返ることにしたいと思います。

 

まずは、11/15には今季初となる「キュウリ」を収穫しました。

収穫したペト菜2017年11月05

 

今年はいつもとは違って一般品種の「キュウリ」を育てたのですが、

播種時期が遅かったために真夏の暑い時期にコンスタントに収穫することが出来ず、

また8月後半からしばらくの間雨が降り続いていた関係で「キュウリ」の生育が悪く、

今月に入ってからの収穫というタイミングの悪い結果となってしまいました。

 

そうはいうものの、収穫した「キュウリ」の味は育てた者にしか分からない

格別の美味さを味わうことができ、育ててよかったなと思いました。

 

ここだけの話、この「キュウリ」は既に栽培を終え、撤収しました。

 

2度目の収穫ができたのかは今後のブログ記事を楽しみにしていて下さい。

 

さて、11/18には「バジル」を収穫しました。

収穫したペト菜2017年11月06

 

「バジル」については例年とほぼ同時期に栽培を始めたのですが、

ブログ記事を公開するまでに一ヶ月以上かかってしまったことから

実際の時間軸としては一ヶ月前に収穫していました。

 

それでも、時期的には遅い収穫になってしまいましたが、やはり夏終盤の長雨が

「バジル」の生育に影響を与えてしまい、苦しい栽培となりました。

 

「バジル」栽培は既に終了していますので、来月はスピードを上げて

記事を更新したいと思いますので楽しみにしていて下さい。

 

というわけで、今月は季節外れな野菜を2種類だけ収穫するという

寂しいものになりましたが、来月はまだ未公開の収穫した野菜をテンポよく

アップしますのであまり期待しないでお待ち下さいね。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
02

[ペットボトル野菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、収穫

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

毎月月末にお伝えしている「ペットボトル野菜」の収穫状況を

ダイジェストで振り返るこの企画。

 

本ブログにおけるブログ記事の移行作業を行っていた関係で

しばらくご無沙汰しておりましたが、一連の作業が一段落着きましたので

今月からこの企画を再開したいと思います。

 

今回はペットボトル栽培に関する記事の更新を再開したのは8月でしたので、

それから10月末までに公開した記事の中で収穫できた「ペットボトル野菜」を

ダイジェストで振り返りたいと思います。

 

まずは、10/10には「とうがらし」を収穫したことをお伝えしました。

収穫したペト菜2017年11月01

 

この栽培では以前育てた'内藤とうがらし'の経験を踏まえて育てたのですが、

播種から植え付けを行うまでの間は以前のペットボトル菜園で育てていて

面白いように大きく育ってくれていました。

 

しかし、現在のペットボトル菜園に移ってから思うように育ってくれなくなり、

実を着けてくれたもののオレ様が求めていた量より少ない収穫に悔いが残りました。

 

「とうがらし」に限った話ではありませんが、

どの野菜も日に当たらないと育たないことを痛感したほろ苦い栽培となりました。

 

10/12には「ショウガ」を収穫したことをお伝えしました。

収穫したペト菜2017年11月02

 

「ショウガ」は以前からペットボトルで育ててみたいと思っていた野菜で、

今回の栽培を始めるキッカケとなったのは本ブログでは恒例となっている

'野菜投票'で当選したことでした。

 

「ショウガ」をペットボトルで育てるという発想自体クレイジーかもしれませんが、

ブログのコンテンツ力としては強力だろうと思ったことも育てる要因となりました。

 

当然、「ショウガ」を育てることそのものが初めてでしたので

手探り状態で育てたわけですけど、無謀な挑戦である中無事に収穫できて

ホッとしています()

 

続いて、10/26には「ホーム玉ねぎ」を収穫したことをお伝えしました。

収穫したペト菜2017年11月03

 

ブログ記事の冒頭でもお伝えしたように、「ホーム玉ねぎ」は過去に何度も

育てているため、今回は気兼ねなく育てることができました(苦笑)

 

実のところ、今回の「ホーム玉ねぎ」栽培における裏話をしますと、

以前、ツイン型ペットボトル鉢で育てたときにホーム玉ねぎの種球が余りまして、

その余った種球を捨てるには勿体無いと思い、同時期に縦型ペットボトル鉢で

育てたのが今回の「ホーム玉ねぎ」栽培でした。

 

つまり、今回ご紹介した栽培は時系列的にはかなり昔に育てたものを

現代風にアレンジして記事を書いたものだったのです。

 

そのため、収穫したホーム玉ねぎの数が少なかったのも納得いくと思います。

 

今年は「ホーム玉ねぎ」を育てることができませんでしたが、

ペットボトル菜園の栽培環境を改善できたら再び育てたいと思っています。

 

最後に、10/27には「エダマメ」を収穫したことをお伝えしました。

収穫したペト菜2017年11月04

 

「エダマメ」はほぼ毎年育てているほど定番の野菜となっていますので、

栽培経験も豊富なことから今回は違う品種を育ててみました。

 

特別に苦労したことはありませんでしたが、

播種時期が遅かったこともあって徒長させてしまったことが心残りでした。

 

とはいうものの、結果的には想像していたよりも多くの「エダマメ」を

収穫することができ、生ビールのお供にすることができました。

 

「エダマメ」は来年も育てるかと思いますが、

品種についてはそのときの気分で考えたいと思います。

 

というわけで、10月は4種類の野菜を収穫することができましたが、

今月に収穫することをお伝えできる野菜は数少ないため、

あまり期待しないでお待ち下さい!!

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

07月
30

[ペットボトル野菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、収穫

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

毎月月末にお伝えしている「ペットボトル野菜」の収穫状況を

ダイジェストで振り返るこの企画。

 

先月から新しく構築した栽培環境でペットボトル栽培を始め、

どの野菜も間引き収穫を行なうまでに生長していますが、

残念ながら収穫できる野菜は未だにない状況が続いております。

 

このため、今月も間引き収穫した野菜について時系列に沿って

ご紹介したいと思います。

 

まずは、7/2「正月菜」の2回目の間引きを行い、

間引き菜として収穫しました。

収穫したペト菜2016年07月01

 

先月の1回目の間引きの際にもお伝えしたように、

「正月菜」はツケナ系野菜の中でも生長が早く、播種から2ヵ月に満たない

栽培期間で収穫できるため、2回目の間引きは1回目のときからそれほど

日数をかけずに間引くことができました。

 

また、2回目の間引きということもあり、1回目の時に比べて芽が大きく

葉も数を増やして大きくなっていることから間引き菜としてちょっとした

料理に使うことができました。

 

続いて、7/7の七夕の日には熊本伝統野菜の「カリフラワー」

1回目の間引きを行ない、間引き菜として収穫しました。

収穫したペト菜2016年07月02

 

「カリフラワー」をこの時期から育てるのは初めての試みですので

害虫による食害を最も恐れていたのですが、

1回目の間引きを行なうまでは食害に遭うことはありませんでした。

 

その後の「カリフラワー」の状況についてはブログ記事のほうを

ご覧頂いた方もいらっしゃると思いますが、最悪なことが起きましたけど、

今は持ち直して元気に育ってくれております。

 

それにしても、正体不明の青虫系の害虫って何だったんでしょうね?

 

最後に、7/9には「ルッコラ」の1回目の間引きを行ない、

間引き菜として収穫しました。

収穫したペト菜2016年07月03

 

「ルッコラ」はツイッターのフォロワーさんからのリクエストを

多く頂いたことから育てることにしたのですが、この時期は徒長しやすいため

難易度が高い栽培となることを覚悟の上で始めたのですけど、

案の定、徒長が思いの外進んでしまい間引き作業が困難を極めました。

 

ひとまず、間引きを終えた後に土寄せしたのですが、

それでも、今の「ルッコラ」の状態ですと生長が早いために

さらに徒長が進む恐れがあり、今最も頭の痛い野菜の一つとなっています。

 

というわけで、間引き菜として収穫できる野菜は3種類しかありませんが、

新たに間引きする野菜はまだまだあるのに加え、そろそろ収穫できそうな野菜も

ちらほら出てきそうな感じがしていますので、少し期待しております。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

06月
30

[ペットボトル野菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、収穫

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

毎月月末にお伝えしている「ペットボトル野菜」の収穫状況を

ダイジェストで振り返るこの企画。

 

今月から新たに構築した栽培環境でペットボトル栽培を始めたこともあり、

収穫できる野菜は先月までに全て収穫し尽くし、残念ながら収穫できる野菜は

一つもない状況となりました。

 

このため、今月は新たに育て始めた野菜の中で間引きしたものがありますので、

間引き菜として収穫できた野菜を時系列に沿ってご紹介したいと思います。

 

まず、6/24「正月菜」を1回目の間引きを行い、間引き菜として収穫しました。

収穫したペト菜2016年06月01

 

「正月菜」はツケナ系野菜の中でも生長が早く、

播種から2ヵ月に満たない栽培期間で収穫できることから

今回育てているのですが、今のところは順調に育ってくれています。

 

続いて、本日6/30には「チマサンチュ」の1回目の間引きを行いました。

収穫したペト菜2016年06月02

 

「チマサンチュ」は言わずと知れたレタス系野菜の中でも育てやすい野菜ですが、

これからの時期に食べるであろう焼肉には欠かせない野菜であることと、

ペットボトル栽培でも容易に収穫することができる実績があることから

今回育てることにしました。

 

ただ、播種時期がやや遅かったため生育の状態があまりよくなく

しばらくの間は苦戦を強いられそうです。

 

というわけで、今月から開始した野菜の中で間引き菜として収穫できる野菜は

わずか2種類しかありませんでしたが、来月早々には新たに間引きする野菜が

ありますので、間引き菜として収穫できる野菜は増えそうです。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる