インフォメーション
8/23 ペットボトル栽培関連記事を全て移行し、カテゴリーメニューに反映させました!!
10/20 「エダマメ」の莢は増えているかな?
10/19 「ホーム玉ねぎ」がまん丸くなってきたよ!!
10/18 「ジャガイモ」に蕾を着けた?
10/17 冷たい雨に打たれて「バジル」を収穫して…。
10/16 「キュウリ」の急生長に合わせて手入れをしました!!
10/15 冷たい雨に濡れて、期日前投票に行きました!!
10/14 「バジル」は大きくなってきましたよぉ!!
10/13 「エダマメ」の莢が膨らんできました!!
10月
06

[青シソ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ちりめん青シソ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「青シソ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

ひとまず、1回目の間引きを終えた「青シソ」ですが、

芽の大きさが区々なためその後同じくらいの大きさに育ってくれるのか気になり、

ペットボトル菜園に行って様子を観てきました。

 

あれから13日が経過して栽培開始から31日目を迎えた「青シソ」ですが、

オレ様が想像していたよりも大きく生長していて、再び混み合っていました。

ペトさい(青シソ・改)14

 

草丈はどの芽も3(cm)程度あり本葉も3~4枚着けていて、

特別徒長している様子もなく順調に育っているように感じました。

 

しかし、葉が触れ合っていて風通しもあまりよい状態ではないため、

本葉が3~4枚着けていることから二度目の間引きを行うことにしました。

 

★2回目の間引きのポイント★

・本葉が3~4枚出て込み合ってきたら、生育の良い芽を一つ残して

 その他の芽を全て間引くこと。

・間引く際は生育の悪そうな芽を園芸用ハサミで剪定すること。

ペトさい(青シソ・改)15

 

二度目の間引きを終え、1回目の時に比べて間引いた芽が大きくなっていることから

間引き菜として料理に使いました。

 

今回の間引きでは生育の良さそうな芽を一株残して間引いたことから

これからの栽培は今まで以上に大切に育てていかなければなりません。

ペトさい(青シソ・改)16

 

このためにも「青シソ」を出来る限り徒長させないことを心掛けて

適度な水やりをして育てていきたいと思います。

 

摘芯するまで元気よく育っておくれよ!!!

 

なお、これから「青シソ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・草丈1520(cm)くらいで本葉の数が8枚程度になったら、

 株元から枝4本目あたりで摘芯すること。

・葉の色が悪くなっていたら'発酵油かす'を一摘み追肥すること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからも「青シソ」の水やりはジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(青シソ・改)17

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★青シソの栽培データ★

ペトさい(青シソ・改)09

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

09月
16

[青シソ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ちりめん青シソ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「青シソ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

ひとまず、予定の日数で半数以上の芽が出てくれた「青シソ」ですが、

残りの種からはまだ発芽を確認できていないため、その後の様子が気になります。

 

そんな「青シソ」栽培開始から18日目を迎えたのですが、

早速その様子を見てみたところ残りの種からも発芽を確認できたものの

まだ芽が出ていない種があって完全ではありませんでした。

ペトさい(青シソ・改)10

 

播種から3週間近くになっても発芽しないところを観ると、

この先も発芽することはないと思うため諦めることにしました。

 

気持ちを切り替え、発芽した「青シソ」の芽の様子を観てみますと、

8日前に発芽した芽からは双葉より一回り大きな本葉が2枚出ていて、

草丈も少し伸びていました。

 

これらの芽を見た限りではまだ徒長している様子は感じられませんが、

一部の芽は本葉が大きくなっていて他の芽に触れ合っているものがありました。

 

このことから、今後の生長を考えると一週間も経たないうちにさらに大きくなり、

込み合ってくるように感じるため徒長を防ぐ意味も含めて

生育の悪そうな芽を間引くことにしました。

 

★1回目の間引きのポイント★

・本葉が1~2枚出てきた頃を目安に間引くこと。

・間引く際は生育の悪そうな芽を園芸用ハサミで剪定すること。

ペトさい(青シソ・改)11

 

ひとまず、4株の芽を間引いたのですが、どの芽も清涼感を感じさせる

「青シソ」の香りがしましたので、間引き菜を薬味として使うことにしました。

 

今回の間引きを行ったことで残った「青シソ」の芽は4株となりましたが、

通気性が改善されたこともあり徒長することなく育ってくれそうな気がします。

ペトさい(青シソ・改)12

 

今後の生長を楽しみにしたいと思います。

 

なお、これから「青シソ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉が3~4枚出て込み合ってきたら、生育の良い芽を一つ残して

 その他の芽を全て間引くこと。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからも「青シソ」の水やりはジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(青シソ・改)13

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★青シソの栽培データ★

ペトさい(青シソ・改)09

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

09月
02

[青シソ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ちりめん青シソ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「青シソ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

毎年のように育てている「青シソ」ですが、

よく考えてみますとこの時期に適した葉物野菜であることから

必然的に育てているように感じます。

 

如何せん、この時期に小松菜を育てたとしてもアブラ虫の餌食に

なるだけですから、上手く育てることなんてできませんからね。

 

というわけで、無難に「青シソ」を選んで育てております()

 

そんな「青シソ」を育てるべく10日前に種を蒔いたのですが、

この「青シソ」は発芽率が60%と低いことから播種前に

半日ほど浸水処理を施しました。

 

「青シソ」は地温2530播種後8~12日ほどかかるそうで、

日数的には十分満たしていることから様子を見ることにしました。

 

すると、ポツポツと芽が出ているのを確認することができ、

株間が蒔いたときとほぼ同じでキレイに揃っていました。

ペトさい(青シソ・改)07

 

発芽日数としては予定の日数内だったことからけして早い発芽とは言えませんが、

蒔いた種の2/3が芽を出していましたので順調な滑り出しと言ってよいかもしれません。

 

残りの種も無事に発芽することを祈りつつ、大事に育てていきたいと思います。

 

最後に、「青シソ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「青シソ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉が1~2枚出て込み合ってきたら、2(cm)間隔に間引くこと。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今回、「青シソ」は無事に発芽しましたが、

これからも「青シソ」の水やりはジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(青シソ・改)08

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★青シソの栽培データ★

ペトさい(青シソ・改)09

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
28

[青シソ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ちりめん青シソ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「青シソ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

毎年のように育てているような感じがする「青シソ」ですが、

今年もコッソリと育てていました。

 

ようやく、ブログ記事の移行作業が終わったことを受け、

この間に撮り貯めた写真を公開するべく今年の「青シソ」栽培のお話を

したいと思うのですが、過去の「青シソ」栽培の記事から栽培した回数を

数えてみたところ、今回で7回目ということでほぼ毎年育てていることが分かり、

定番の野菜であるというのもありますけど、育てたいと思わなくても

雰囲気的に自然と育てているように感じます。

 

そんな「青シソ」は皆さんもご存じの通り'和製ハーブ'と呼ばれ、芽ジソ、

葉ジソ、穂ジソ、シソの実と生長段階ごとに収穫を楽しむことができます。

 

主に、葉ジソを薬味として利用する機会が多いと思いますが、

手軽に育てることができるペットボトル栽培で「青シソ」を育てれば

使いたいときに収穫して使うことができ、重宝すること間違いありません。

 

さて、今年の「青シソ」栽培ではその生長段階に合わせて収穫することが

できるのでしょうか?

 

★品種選び★

「シソ」の栽培品種は大きく分けて'青ジソ''赤ジソ'に分類でき、

葉の表が緑色で裏側が赤紫色の'片面ジソ'もあります。

 

また、それぞれに葉が平らで、

スーパーで市販されている'大葉'という品種もあります。

 

「シソ」には様々な品種があり、どの品種もペットボトルで

育てることはできるのですが、品種選びの観点から見た場合には

葉に縮みが入っている'ちりめん種'のものが入手しやすくお勧めです。

 

また、'ちりめん青ジソ''ちりめん赤ジソ'よりカロチンや

ビタミンB群等の栄養価が高く、殺菌作用や防腐作用などがあるほか、

ビタミンCが豊富なことからガン予防作用もあるのです。

 

このことから、今回の栽培ではサカタのタネ社の「青ちりめんしそ」という

品種を選び、生長する様子をお伝えしていきたいと思います。

ペトさい(青シソ・改)01

 

 

★播種時期と発芽日数★

品種による多少の誤差はありますが、

「青シソ」の播種時期と発芽日数は以下のようになります。

 

播種時期:4月中旬~6月中旬

発芽日数:播種後8~12

発芽率:60%

発芽適温(地温)2530

 

※ 上記のデータはいずれも中間地(温暖地)によるものです。

 

 

★使用する土★

「青シソ」を育てる際に使用する土は、

市販の野菜用培養土であれば問題なく育てることができます。

 

ただ、市販の野菜用培養土で「青シソ」を育てる場合は

鉢底土を敷いてから野菜用培養土を入れるという手間がかかり、

野菜用培養土の粒子が細かいためペットボトル鉢の底穴が詰まり、

排水不良を起こしてしまいます。

 

排水不良を起こせば、当然「青シソ」の生長にも影響が及びますので、

この排水性を考慮し、下図に示す'市販の粒状培養土'の使用をお勧めします。

ペトさい(培養土・改)03

 

'粒状培養土'は「青シソ」の生育に必要な様々な栄養素を含んだ培養土を

(mm)ほどの大きさに加熱処理して粒状に加工されているため、

普通の培養土に比べて通気性がよく、土に新鮮な空気・水を運び込む

通り道を確保できることから余分な水を土中の老廃物と共に排水されるため

鉢底土を敷く必要がなく、直接ペットボトル鉢に入れることができます。

 

今回の栽培では、1鉢につき'粒状培養土'を2()使用するものとし、

その一部の培養土を篩にかけて細かな土を抽出して種蒔き用土として

利用しています。

ペトさい(培養土・改)04

 

また、栽培を進めていく過程で、「青シソ」の葉の色が変色するなどの

生育不良を起こした際には、下図に示す'発酵油かす'を一摘み与えて

追肥を行います。

ペトさい(有機肥料・改)01

 

 

★鉢選び★

今回育てる「青シソ」は株が大きくなる上に根を深く張り、

土の栄養分を多く吸収する野菜です。

 

このため、今回の栽培では株が大きくなり根を深くまで張っても安定した

状態で育てることができ、収穫に期待が持てる'縦型ペットボトル鉢'

使います。

ペトさい(ペットボトル鉢)01

 

なお、縦型ペットボトル鉢を新規で作られる方は

こちらをご参照の上作ってみて下さい。

 

 

★種蒔き作業に必要な道具★

種を蒔くときに必要な道具を下記に示しますので、各自ご用意下さい。

 

青シソの種、縦型ペットボトル鉢、移植ゴテ、

粒状培養土、種蒔き用土、ジョウロ

ペトさい(青シソ・改)02

 

 

★種蒔き作業時の注意点★

・「青シソの種」は発芽しにくいため、播種前に半日程度水に浸しておく。

・「青シソの種」は好光性種子のため、播種後の覆土は薄めにかけること。

・播種後の水やりは種が流れない程度にたっぷりと与えること。

・播種後の防虫対策として、ガーゼ(もしくは防虫ネット)をかけること。

 

 

★種蒔き作業手順★

ペトさい(青シソ・改)03

「青シソの種」を種蒔き作業の半日前に水に浸しておきます。

 

※「青シソの種」を半日前ほど水に浸すことで発芽しやすくします。

 

ペトさい(青シソ・改)04

'縦型ペットボトル鉢'に「粒状培養土」を鉢の縁から3(cm)下まで入れ、

さらに、「種蒔き用土」を(mm)程度かけます。

 

※ 「種蒔き用土」をかけることで種と土を密着させ、種を発芽しやすくします。

 

ペトさい(青シソ・改)05

粒状培養土を入れたら「青シソの種」を点蒔きします。

このとき、種と種の間隔は1(cm)程度開けて蒔くようにして下さい。

 

ペトさい(青シソ・改)06

青シソの種を蒔いたら「粒状培養土」を1(cm)程度の厚さに覆土し、

「ジョウロ」でたっぷりと水を与えて、種蒔き作業は完了です。

 

 

★最後に★

皆さん、「青シソ」の種を蒔くことはできたでしょうか?

 

種を蒔いた鉢は日当たりのよい場所に置いて育てるようにしましょう。

 

最後に、今回の「青シソ」の種蒔き作業にかかった費用を

以下に示しますのでご参考ください。

◆青シソの種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

青シソの種

1

157

157

粒状培養土(5L)

1

398

159
(2L使用)

移植ゴテ

1

108

108

ジョウロ

1

108

108

1

108

108

合計金額 

640

※ 「縦型ペットボトル鉢」を新規で製作する場合は別途費用が掛かります。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
08

[青シソ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、香菜類

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は「青シソ」の殆どの葉が枯れ落ちてなくなり、

茎と小さな穂を残すという寂しい姿になったことをお伝えすると共に、

「赤シソ」も再び葉焼けし葉数を減らすものの

穂が大きく生長していることをお伝えしました。

 

正反対の生長を見せる2種類のシソたちは

この後どのような展開を見せるのか気になります。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から169日目を迎えた「青シソ」

さらに葉数が減り完全に茎だけしか残っていない状態になりました。

ペトさい(青シソ)160

 

なんだか寂しいというより痛々しさを感じる「青シソ」ですが、

近くに寄って見てみますと小さな葉が葉焼けしていて

葉を収穫することを目的に育てるのは困難な状態になっていました。

ペトさい(青シソ)161

 

また、穂のほうは一週間前に比べると(cm)ほど長くなっていましたが、

私が理想とする長さには遠く及ぶものではありませんでした。

 

このことから、「青シソ」をこれ以上育てていても生長する見込みは少なく、

逆に可哀想な感じがしますので穂を収穫して撤収することにしました。

★収穫のポイント★

・5~6(cm)程度になった穂収穫する。

・収穫する時は園芸用ハサミを使って行うこと。

ペトさい(青シソ)162

 

一方、「赤シソ」は葉焼けした葉が枯れ落ちてしまったのか少なくなり、

少し茎のほうが目立つようになっていました。

ペトさい(青シソ)163

 

近くに寄って見てみたところ殆どの葉が葉焼けして緑色のままで、

とても「赤シソ」とは思えない葉色でした。

ペトさい(青シソ)164

 

しかしながら、穂のほうはさらに大きく生長し、

目測で5(cm)程の長さとなりたくさん実を着けていました。

 

ようやく追肥した効果が現れ始めたのかは分かりませんが、

穂が順調に育ってくれていることは嬉しいです。

 

穂を収穫するか否かで迷うところですが、

私の理想とする大きさに育っていることから思い切って収穫し、

葉が焼けていることもあるため「赤シソ」撤収することにしました。

ペトさい(青シソ)165

 

これで最後の収穫となる2種類のちりめんシソの穂ですが、

「青シソ」のほうはあまりにも小さく料理に使えるものではありませんけど、

「赤シソ」のほうはまずまずの出来だったことから

ちょっとした料理に使いたいと思います。

ペトさい(青シソ)166

 

これまで5ヵ月近く育ててきた「青シソ」でしたが、

葉ジソについてはコンスタントに収穫することができ、

色々な料理に使えて重宝しました。

 

しかし、終盤になってからは葉焼けなどによる影響で

思うように育てることができなかったという課題を残すことになりました。

 

「赤シソ」については脇役として育ててきたこともありますが、

葉ジソの収穫には満足できるものではありませんでしたけど、

穂ジソはまずまずの出来だったと思います。

 

今回の「青シソ」栽培を栽培レシピに追加するか否かについては

もの凄く悩むところですが、栽培当初の葉ジソを収穫するという

最低限の目標はクリアしていますので少し甘めの評価として

栽培レシピに追加することにしました。

 

但し、今年は違う品種のシソをキチンと育てることと、

「赤シソ」を本腰を入れて育てることを条件としました。

 

よって、この栽培の決着は今年の栽培に掛かっているのです。

さぁ、もう少ししたら新たな栽培の準備を始めましょうかね?

 

最後に、これから「青シソ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いて頂き、「青シソ」の栽培データを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

★青シソの栽培データ★

ペトさい(青シソ)20

【終わり】

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
01

[青シソ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、香菜類

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は見た目にさほどの生長の変化が見られなかった「青シソ」に着いた

穂に実を着けたことから追肥して様子を見ることにしました。

 

一方、「赤シソ」は葉数を増やして葉色が元に戻りつつある中、

小さな穂を着けていたことから追肥したことをお伝えしました。

 

あれから二週間が経過して栽培開始から162日目を迎えた「青シソ」

殆どの葉が枯れ落ちてしまい、茎と穂を残すのみとなってしまいました。

ペトさい(青シソ)155

 

もういい加減に「青シソ」を撤収した方がよいのではないかと思いつつも、

新たに出た小さな葉や穂を見てしまうと撤収することができませんでした。

ペトさい(青シソ)156

 

大きな生長の変化を期待するのは無駄だと分かっていながら、

微かな希望に期待を寄せる私でした。

 

一方、「赤シソ」は赤紫色に戻ったはずの葉が再び緑色に変わり、

微妙に葉数が減っているように感じました。

ペトさい(青シソ)157

 

近くに寄って見てみますと、

殆どの葉は葉焼けしてしまい緑色に変わっていることが分かりました。

ペトさい(青シソ)158

 

この生長の変化にはショックを受けてしまったのですが、

せめてもの救いは小さかった穂が5(cm)ほどの大きさになり、

実を着けていたことでした。

 

これまでもが生長していなかったら思い切って撤収を決断したでしょう。

 

なんとか、撤収を免れた「赤シソ」ですが、

これからも穂が大きく生長することを期待します。

 

最後に、「青シソ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「青シソ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉の大きさが5~8(cm)程度になったら収穫すること。

・葉の色が悪くなっていたら'発酵油かす'を一摘み追肥すること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(青シソ)159

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★青シソの栽培データ★

ペトさい(青シソ)20

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
18

[青シソ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、香菜類

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は葉数が少なくなり衰えを感じるようになった「青シソ」に

小さな穂をたくさん着け白い花を咲かせていました。

 

一方、葉焼けが目立つ「赤シソ」は葉数が少なくなり、

所々に蕾を着けているのを確認したことをお伝えしました。

 

あれから8日が経過して栽培開始から148日目を迎えた「青シソ」

見た目にはさほど生長の変化は見られず相変わらずの寂しい姿でした。

ペトさい(青シソ)148

 

しかし、近くに寄って見てみますと微妙に小さな葉が出ており、

穂も少し大きくなり実を着けていました。

ペトさい(青シソ)149

 

収穫しようか迷うところですが、

穂の長さが5(cm)ほどに伸びるまでは様子を見たいと思います。

 

とりあえず、穂に小さな実を着けていましたので、

実着きを良くする'リン酸系肥料'と葉の生育を促す'発酵油かす'

一摘みずつ与えておきました。

ペトさい(青シソ)150

 

一方、「赤シソ」は8日前に比べると葉数が増え

葉色も赤紫色に戻ってきていました。

ペトさい(青シソ)151

 

しかし、近くに寄って見てみますと、

一部の葉にはまだ葉焼けが残っているものがあり、

完全に元の状態に戻るのには時間がかかりそうです。

ペトさい(青シソ)152

 

また、「赤シソ」にも小さな穂が着いているのを確認でき、

「青シソ」と同様に、'リン酸系肥料''発酵油かす'を追肥しました。

ペトさい(青シソ)153

 

「赤シソ」はまともな葉を収穫することができませんでしたが、

穂や実についてはちゃんとした大きさのものを収穫したいですね。

 

最後に、「青シソ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「青シソ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉の大きさが5~8(cm)程度になったら収穫すること。

・葉の色が悪くなっていたら'発酵油かす'を一摘み追肥すること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(青シソ)154

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★青シソの栽培データ★

ペトさい(青シソ)20

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
10

[青シソ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、香菜類

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は元気のよかった「青シソ」が急変し、

葉が枯れ始め葉数を減らしながらも穂を着けていることをお伝えしました。

 

あれから6日が経過した「青シソ」さらに葉が少なくなり、

寂しい姿になっていました。

ペトさい(青シソ)139

 

そんなほとんど茎しか残っていない「青シソ」ですが、

脇芽から小さな葉を出していました。

ペトさい(青シソ)140

 

そして、株の上の方には小さな穂をたくさん着け、

白い花がカワイらしく咲いていました。

ペトさい(青シソ)141

 

穂を着けてくれるのは嬉しいのですが、

どうも中途半端な大きさで着いているためモヤモヤ感が残ります。

 

あーぁ、もう早く収穫して終わりにしたいと思う今日この頃です。

 

一方、「赤シソ」のほうはだいぶ葉数が少なくなり、

落ちた葉の殆どは葉焼けした葉だったことから

赤紫の葉が蘇ったように見えました。

ペトさい(青シソ)142

 

しかし、残った葉は小さいものばかりで葉焼けした葉が見られましたが、

所々に蕾のようなものができているのを確認できました。

ペトさい(青シソ)143

 

葉焼けしたがまだ数多くある上に、

蕾らしきものができていることを考えると

このままの状態で放置するわけにはいきません。

 

よって、株としては少しスカスカになるのは心苦しいところですが、

葉焼けした葉を剪定し無駄な栄養を行き渡らせないようにしました。

ペトさい(青シソ)144

 

葉焼けした葉を剪定した「赤シソ」は想像した通り寂しい姿になりましたが、

今後の生長に期待したいと思います。

ペトさい(青シソ)145

ペトさい(青シソ)146

 

最後に、「青シソ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「青シソ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉の大きさが5~8(cm)程度になったら収穫すること。

・葉の色が悪くなっていたら'発酵油かす'を一摘み追肥すること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(青シソ)147

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★青シソの栽培データ★

ペトさい(青シソ)20

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

09月
21

[青シソ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、香菜類

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は「青シソ」の生長が鈍り、半数近くの葉が害虫に遭ったことから

葉の剪定を兼ねて少し大きめの葉を収穫したことをお伝えしました。

 

あれから一週間が経過した「青シソ」葉数が若干少なくなり、

葉の色もやや黄色みがかっていました。

ペトさい(青シソ)130

 

近くに寄って見てみますと殆どの葉が葉焼けしており、

脇芽から出る葉は殆ど変わらない大きさのままで、

生長している様子を感じることができなかったのです。

ペトさい(青シソ)131

 

一週間前に追肥した'発酵油かす'は緩効性なため

すぐに効果が現れるわけではありませんが、

このような状態ですのでその効果を期待してしまうのは当然でしょう。

 

が、結果として悪い方向に進んでしまっているのは深刻です。

 

さらに一週間が経過し、「青シソ」の様子を見てみますと、

さらに葉数が少なくなり葉色も悪くなっていました。

ペトさい(青シソ)132

 

収穫していた時には青々とした葉が茂っていたのは過去の出来事となり、

今ではほとんどの葉がなくなり茎を残すのみ

残っている葉も葉焼けして黄色くなってしまいました。

ペトさい(青シソ)133

 

脇芽に辛うじて小さな葉を着けていても

ここ最近の気温では大きく生長できる状態ではなく、

もはや、葉を収穫することは難しくなったように感じます。

 

しかしながら、「青シソ」には新たな生長を見せつつあり、

私の見間違いでなければ脇芽から穂のようなものが出てきていたのです。

 

1ヶ月位前から期待していたものがようやく出てきたことで、

この栽培もクライマックスに突入することになりましたね。

 

一方、「赤シソ」のほうは

「青シソ」とは対照的に葉数が増えワサワサと茂っていました。

ペトさい(青シソ)134

 

しかし、葉は大きくなることは歓迎するものの、

葉焼けして緑色になってしまう症状は未だに続いており、

いつになったら収穫することができるのでしょうか?

ペトさい(青シソ)135

 

脇芽から出る小さな葉は赤紫色をしているのにね(苦笑)

 

それから一週間が経過し、「赤シソ」の様子を見てみますと、

葉数が若干少なくなり、抹茶色に葉焼けした葉が増えたように感じます。

ペトさい(青シソ)136

 

「赤シソ」はけして日当たりのよい場所で育てているわけではなく、

ここ最近の気温から見ても葉焼けするような要素は見当たりません。

ペトさい(青シソ)137

 

それにもかかわらず、このように葉焼けしてしまうのは

他にも何らかの原因があるのでしょうか?

 

とりあえず、「赤シソ」についてはもう少し様子を見て

適切な処置を施すことにしましょう。

 

最後に、「青シソ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「青シソ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉の大きさが5~8(cm)程度になったら収穫すること。

・葉の色が悪くなっていたら'発酵油かす'を一摘み追肥すること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(青シソ)138

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★青シソの栽培データ★

ペトさい(青シソ)20

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

09月
04

[青シソ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、香菜類

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は若干生長が鈍ったことにより約一ヶ月ぶりに

未収穫に終わったことをお伝えしました。

 

生長が鈍ってきたこともあり「青シソ」の撤収を考えたいところですが、

この栽培では'もう一つやっておきたいこと'があるため、

あと一ヶ月近くは「青シソ」を大事に育てたいと思います。

 

栽培開始から113日目を迎えた「青シソ」生長の変化に殆ど変わりなく

夏バテしたのかと思うくらい収穫できそうな葉は見当たりませんでした。

ペトさい(青シソ)116

 

かなり深刻な状態に陥ってしまった「青シソ」ですが、

けして生長が止まってしまったわけではなく、

くまなく見てみますと脇芽からは小さな葉がたくさんと出ていたのです。

ペトさい(青シソ)117

 

さらに一週間が経過しますと、

葉にいくらかの張りが戻った感じはありますが、

さほど生長の変化に変わりのない「青シソ」の姿がありました。

ペトさい(青シソ)118

 

ここ最近、雨が降ったり止んだりと不安定な天気が続いたことや

以前に比べると気温が下がって涼しくなったことから、

「青シソ」が大きく生長できずにいるのかもしれません。

 

そんな「青シソ」を近くに寄って見てみますと、

半数近くの葉が害虫による食害にあったような痕跡がありました。

ペトさい(青シソ)119

 

ここのところ立て続けに葉の収穫をして少々ウンザリしていて、

「青シソ」の手入れを怠っていたことが原因かもしれませんが、

害虫による食害はいくら葉の収穫にウンザリしていても許せません。

 

葉は収穫したくないのですが、'もう一つやっておきたいこと'のために

あと一ヶ月近くは「青シソ」を育てなくてはなりませんので、

食害に遭った葉を剪定し、そのついでに少し大きめの葉も収穫しました。

 

★収穫のポイント★

・本葉の大きさが5~8(cm)程度になった葉を収穫する。

・摘心する際には園芸用ハサミを使って剪定すること。

・葉を最低2~3枚残すようにすること。

ペトさい(青シソ)120

 

今回収穫した「青シソ」の葉は以前に比べると少ないですが、

それでも、ちょっとした料理に使えるだけの量はありそうです。

 

収穫した後、「青シソ」にはもう一踏ん張りしてもらいたいので、

葉の生育を良くする'発酵油かす'を一摘み与えました。

ペトさい(青シソ)121

 

本当は実付きをよくする'リン酸系肥料'も与えたいところですが、

現在の「青シソ」に与えるにはまだ早いので控えました。

 

今回、葉を収穫したことで寂しい姿になってしまった「青シソ」ですが、

たくさん出てきている小さな葉が大きくなることを期待し、

もう一度、元気な姿を見せてもらいたいと思います。

ペトさい(青シソ)122

ペトさい(青シソ)123

 

一方、あまりパッとしない「赤シソ」ですが、

一週間前に比べると大きくなった葉がワサワサと茂っていて、

「青シソ」より元気があるように見えました。

ペトさい(青シソ)124

 

しかしながら、殆どの葉は収穫できる位の大きさではなく

葉色も相変わらずお茶色をしていて'赤シソ'として収穫するには

疑問符が付きそうです。

ペトさい(青シソ)125

 

それにしても、小さな葉は赤紫色をしているのに、

大きめの葉はお茶色に変色してしまうのはなぜでしょう。

 

やはり、葉焼けしているからでしょうか?

 

それから一週間間が経過「赤シソ」の様子を見てみますと、

若干葉が少なくなりワサワサとした感じがなくなりました。

ペトさい(青シソ)126

 

また、一週間前に比べると草丈が少し伸びたように感じます。

 

けして順調とはいえないまでも元気に生長している「赤シソ」は

赤紫色をした葉が少し緑色に変わってきており、

清涼感ある香りもしなくなっていました。

ペトさい(青シソ)127

 

「赤シソ」には脇芽から出る小さな葉をたくさん着けているのですが、

寿命が近付いているのかもしれません。

 

とはいえ、あまり収穫する機会のない「赤シソ」には

もう一度収穫したい気持ちを強く持っていますので、

ダメもとで'発酵油かす'を与えました。

ペトさい(青シソ)128

 

追肥したぐらいでは葉色が元の色に戻ることはありませんが、

「赤シソ」の生長を見守りたいと思います。

 

最後に、「青シソ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「青シソ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉の大きさが5~8(cm)程度になったら収穫すること。

・葉の色が悪くなっていたら'発酵油かす'を一摘み追肥すること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(青シソ)129

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★青シソの栽培データ★

ペトさい(青シソ)20

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる