インフォメーション
4/25 「スティック春菊」栽培関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/23 「中葉しゅんぎく」栽培(第3期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/22 「中葉しゅんぎく」栽培(第1、第2期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
8/20 久しぶりに見る「ショウガ」は劇的に大きくなっていました!!
8/17 ブログ記事の移行作業の進捗について
8/ 6 8月以降の「栽培計画票」を公開しました!!
8/ 1 皆様のお陰を持ちまして、本ブログは10周年を迎えました!!
7/30 特別な一週間が終わりを迎え…。
7/28 プレミアムフライデー? はぁ?
12月
02

[イタリアンパセリ] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「イタリアンパセリ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、2種類のパセリを失ってから初となる葉の剪定を行った、

イタリアンパセリの「パセリーナ」は栽培開始から198日目を迎え、

早速新たな葉がたくさん出てきていたジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)65

 

気温が10℃近く下がっているにも関わらず、

いつもと変わらずに葉が再生するあたりはさすがだと思ったジョ。

 

栽培開始から205日目になると、

「パセリーナ」一段と葉数を増やし、大きく育っていたジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)66

 

葉が大きく育ってくれるのはすんごく嬉しいんだけど、

横に広がるように伸びているから写真撮影するのが大変だったジョ。

 

前回の剪定から約二週間が経過し順調に再生してくれたから、

今回も数枚の葉を残して、葉を剪定することにしたジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)67

 

今回は前回よりも大きく育った葉が多かったので、

色々な料理に使えそうだジョ。

 

気温が下がっても葉を剪定する間隔が変わらないのはスゴいけど、

今後ますます寒さが厳しくなるそうだから、

防寒対策を少し考えたいと思うジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)68

【ハーブのペットボトル栽培~イタリアンパセリ~ 完】

M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

11月
18

[イタリアンパセリ] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「イタリアンパセリ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、亡き2種類のパセリを受け単独で生長を続ける、

イタリアンパセリの「パセリーナ」は栽培開始から184日目を迎え、

残していた葉が大きくなっていたんだジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)60

 

幾度となく再生した葉を摘み取っているけど、

「パセリーナ」はいつものように新たな葉を出してくれていたジョ。

 

栽培開始からちょうど190日目

「パセリーナ」葉数を倍以上に増やし

いずれの葉も大きく育っていたジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)61

 

一部の葉には収穫できそうなものがあったので、

今回もこれらを剪定することにしたジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)62

 

今回収穫した葉はわずか3枚だったんだけど、

どれも大きな葉なので料理の付け合わせに使えそうだジョ。

 

今回は偶然収穫したばかりの'バジル'を使ったパスタを作ったので、

その飾り付けに使ってみたジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)63

 

おいらは食べる専門だけど、不細工な顔をしているM.Ishii

いつも美味しいものを作ってくれるなんていい奴だジョ。

 

剪定した後の「パセリーナ」だけど、

いつものように小さめの葉を数枚残し、再び育てることにしたジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)64

 

「パセリーナ」の再生能力にはいつも感心させられるけど、

今度も大きく育ってくれることを期待しているジョ。

次回に続く

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
24

[イタリアンパセリ] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「イタリアンパセリ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、一般的なパセリの「ジャンパセ」と三代目パセリの「パセぴー」

急激な気温の変化により枯れ果ててしまうという、

最悪な結末を迎えたんだジョ。

 

奇跡的にも、イタリアンパセリの「パセリーナ」だけは無事で、

なんとか元気に育ってくれていてよかったジョ。

 

あの悲劇から三週間が過ぎ、

久々に「パセリーナ」の様子を見てみることにしたジョ。

 

「パセリーナ」は栽培開始から171日目を迎えていたんだけど、

再生した葉は大きくなっていて、元気に育っていたジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)55

 

栽培開始から176日目になると、

「パセリーナ」はさらに葉を増やしていて、

草丈も数(cm)伸びていたんだジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)56

 

近くに寄ってみたところ、殆どの葉の柄が太くなっていて、

収穫できそうな状態だったんだジョ。

 

生き残った「パセリーナ」だけは大事に育てたいから、

今後の生育を考え、数枚の葉を残して剪定したジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)57

 

'イタリアンパセリ'は色々な料理に使えるけど、

今回はたまたまシチューとパスタがあったので、

剪定した'イタリアンパセリ'を乾燥させ、

グラタンもどきの料理にパラパラと振りかけてみたジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)58

 

剪定後の「パセリーナ」の様子が少し気になるけど、

再び新たな葉が出てくるのを楽しみに待っているジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)59

次回に続く

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
07

[イタリアンパセリ] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「イタリアンパセリ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、厳しい残暑の中、2品種のパセリの葉は茂り、

再び剪定したんだジョ。

 

栽培開始からちょうど150日目という節目を迎え、

ようやく厳しい暑さから解放され、

2品種のパセリの生長しやすい気候になったと思ったそのとき、

想像し得ないことが起こったんだジョ。

 

イタリアンパセリの「パセリーナ」はいつものように新芽を出し

新たな葉が再生していて順調に育っているようだジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)52

 

近くに寄って観てみても、

「パセリーナ」の葉は枯れている様子もなく、

新鮮そのものと言った印象を受けるジョ。

 

この調子だと、一般的なパセリの「ジャンパセ」も同様に、

新たな葉が再生していると思うのですごく楽しみだジョ。

 

期待を膨らませ、「ジャンパセ」の様子を見てみたんだけど、

おいらが想像していたものとは全く違う姿になっていたんだジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)53

 

葉は再生するどころか、茶色く枯れているものが殆どで、

一部の葉については枯れてなくなっているものがあったジョ。

 

そして、近くに寄ってみて分かったことだけど、

新芽が出てきても、今までのように再生することはできないし、

三代目パセリの「パセぴー」のように大きくはならないと感じたジョ。

 

「ジャンパセ」「パセリーナ」の比較用として育てていたけど、

このような結果になってしまったことはすんごく悔しいジョ。

 

しかし、悲しい出来事はこれだけではなかったんだジョ。

 

栽培開始から519日目という長い期間育ててきた「パセぴー」もまた、

全ての葉が黄色くなり、変わり果てた姿になっていたんだジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)54

 

これら2品種のパセリが立て続けに枯れてしまったのは、

急激な気温の変化が影響しているのかもしれないけど、

これほどの最悪な結果になってしまったのは初めてだジョ。

 

「パセぴー」に関してはM.Ishiiが育てていたんだけど、

おいらはWショックで立ち直れそうにないジョ。

 

すんごく悲しく寂しい気持ちでいっぱいだけど、

「ジャンパセ」「パセぴー」はペットボトル菜園から

静かに去ることにしたジョ。

 

今思えば、奇跡的に元気に育ってくれたと思う「パセリーナ」

「ジャンパセ」と「パセぴー」の分も含めて頑張って育てるジョ。

次回に続く

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

09月
20

[イタリアンパセリ] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「イタリアンパセリ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、厳しい暑さの中、順調に葉の再生を続ける、

2品種のパセリは栽培開始から129日目を迎えたんだジョ。

 

イタリアンパセリの「パセリーナ」新芽が伸び

再生した葉が横に靡いていたジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)46

 

相変わらず、新たな葉が再生するのが早く、

少しだけ摘み取ったジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)47

 

厳しい残暑が続いても、元気に育ってくれている

「パセリーナ」は本当にスゴい奴だジョ。

 

一方、一般的なパセリの「ジャンパセ」だけど、

新葉の数が増え少し大きくなっていたジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)48

 

依然として、三代目パセリの「パセぴー」のように、

草丈を伸ばしてくれないことが心配だジョ。

 

「ジャンパセ」も収穫できそうな葉を摘み取ったジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)49

 

ところで、栽培開始から505日目を迎える「パセぴー」の様子だけど、

相変わらず、新葉が続々と増えていて、

収穫できそうな葉がたくさんあったジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)50

 

おいらは「ジャンパセ」がこのような姿に生長してほしいんだけど、

なかなか育たないのは品種のせいなのか、

おいらの育て方が悪いのか分からなくなってきたジョ。

 

今回も3種類のパセリを摘み取ってみたけど、

並べてみるとキレイだったジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)51

 

今後もコンスタントに収穫したいと思っていたんだけど、

この後、おいらの想像し得ないことが起ころうしていることを

このときはまだ知る由もなかったジョ。

次回に続く

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

09月
08

[イタリアンパセリ] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「イタリアンパセリ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、草丈を数(cm)伸ばし葉数も順調に増えている、

2品種のパセリは栽培開始から113日目を迎えたんだジョ。

 

イタリアンパセリの「パセリーナ」の様子だけど、

わずか8日足らずで、草丈10(cm)以上はある葉っぱが

たくさん再生して育っていたんだジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)40

 

これらの葉っぱの茎はしっかりとしていたので、

すこしだけ剪定してみたジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)41

 

一方、一般的なパセリの「ジャンパセ」だけど、

こちらも脇芽が伸びて、チリチリの葉が出ていたジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)42

 

「ジャンパセ」は株全体から見ると少し小さくて、

1つの株から数枚の葉しか出ていないので、

今回は剪定せず、様子を見ることにしたジョ。

 

「ジャンパセ」は三代目パセリの「パセぴー」みたいに

大きな株に育ってほしいんだけど、

なかなか大きくなれずにして少し心配だジョ。

 

そんな「パセぴー」は栽培開始から113日目を迎えたんだけど、

M.Ishiiの話によると、相変わらず新芽が沢山出てきていて、

順調に育っているみたいだジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)43

 

今回摘み取ったパセリは「パセリーナ」「パセぴー」のもので、

わずかな量しか穫れなかったけど、

コンスタントに収穫できるのはすんごく嬉しいジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)44

 

収穫したばかりのパセリは、

いつもだったらすぐに使わずに冷凍保存しているんだけど、

今回はオムレツの付け合わせに使ってみたジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)45

 

おいらはオムレツが大好きなんだけど、

収穫したばかりのパセリを乗せたら彩りがキレイで、

さらに美味しく食べることができて嬉しかったジョ。

次回に続く

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
24

[イタリアンパセリ] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「イタリアンパセリ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、順調に葉数を増やしている、2品種のパセリは

栽培開始から113日目を迎えたんだジョ。

 

イタリアンパセリの「パセリーナ」の様子だけど、

草丈が5(cm)近く伸び、葉も大きくなっていたんだジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)34

 

また、前回よりもさらに葉が茂っていたため、

新葉を残し、それ以外の葉は摘み取ったジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)35

 

一方、一般的なパセリの「ジャンパセ」だけど、

こちらも「パセリーナ」と同様、草丈が数(cm)伸び、

葉数が増えているように感じたジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)36

 

株全体の大きさを見てみると、

三代目パセリの「パセぴー」には追いつかないけど、

頑張って育っているのは良く分かるジョ。

 

「ジャンパセ」は比較的新葉が多いんだけど、

葉が込み合ってきているから、

少し大きめの葉を摘み取ることにしたんだジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)37

 

栽培開始から489日目を迎える「パセぴー」だけど、

M.Ishii曰く、こちらもまた大きく育っている様子で、

葉っぱが茂っていて風通しが悪そうとのことだジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)38

 

このため、生育をよくするために、

一株につき数枚の新葉を残すようにして剪定したみたいだジョ。

 

今回摘み取った2品種のパセリとM.Ishiiが剪定したパセリを

ザルに移してみたところ、結構な収穫量になったので、

とりあえず、すぐには使わないので冷凍保存したジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)39

 

'パセリたち'は比較的早く再生するみたいなので、

今回収穫した品種のパセリを使い切る前に、

再び収穫するような気がするジョ。

次回に続く

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
16

[イタリアンパセリ] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「イタリアンパセリ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、今栽培初となる収穫を果たした2品種のパセリは

栽培開始から103日目を迎えたんだジョ。

 

おいらは少し早い夏休みをとっていたため、

2品種のパセリの面倒を見てあげらなかったから、

その様子が気になるところだジョ。

 

イタリアンパセリの「パセリーナ」なんだけど、

しばらく見ないうちに葉っぱが大きくなり、

茎も太くなっているから、摘み取っても固そうだジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)30

 

少しの間放置していたことは反省するけど、

「パセリーナ」は根元付近から新芽が出ていたから、

これからはこれを大切に育てたいと思うジョ。

 

一方、一般的なパセリの「ジャンパセ」だけど、

葉っぱの数こそは増えていたものの、

思っていたよりは大きくなっていなかったジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)31

 

おいらは三代目パセリの「パセぴー」のように

立派なパセリに育ってほしいと思っているんだけど、

あまり大きくなれないのは土の栄養不足が考えられそうだジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)32

 

おいらは「ジャンパセ」の生長を応援しているから、

これからもがんばってサポートするジョ。

 

「ジャンパセ」の目標である「パセぴー」だけど、

M.Ishii曰く、放置していたわりには元気に育っているみたいで、

葉っぱがワサワサと茂っていたそうだジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)33

 

ただ以前に比べると、草丈は短くなったそうだから、

もう少し様子を見て摘み取るそうだジョ。

次回に続く

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
05

[イタリアンパセリ] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「イタリアンパセリ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、順調に生長を続けるイタリアンパセリの「パセリーナ」と、

一般的なパセリの「ジャンパセ」は栽培開始から51日目を迎えたんだジョ。

 

「パセリーナ」は一段と草丈を伸ばし

葉っぱも大きくなったように感じるジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)22

 

一方、「ジャンパセ」は「パセリーナ」に負けじと急生長し、

草丈が3~4(cm)伸び、葉数も増えてきたんだジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)23

 

おいらは「ジャンパセ」の頑張りに感動したんだジョ。

 

栽培開始から59日目

「パセリーナ」草丈をさらに数(cm)伸ばし、

葉っぱも大きくなり、収穫してもよさそうな感じがするジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)24

 

一方、「ジャンパセ」は草丈も葉の大きさも

よりパセリらしい姿に生長していたんだジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)25

 

えこひいきするわけではないけど、

おいらは「ジャンパセ」の生長を応援していたので、

すんごく嬉しかったんだジョ。

 

今回、「ジャンパセ」も葉が茂ってきたので、今後の生育を考えて

「パセリーナ」と共に少しだけ葉を摘み取ったんだジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)26

 

今回摘み取った葉を見比べてみると、

葉っぱの形や色、香りが違うことに気づいたんだジョ。

 

M.Ishii曰く、'一般的なパセリ'のほうが香りがいいと言ってたけど、

おいらは'イタリアンパセリ'のほうが好きなんだジョ。

 

今後もどちらのパセリも大きく育ってくれることを

期待して見守ることにするジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)27

 

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)28

 

ところで、三代目パセリの「パセぴー」なんだけど、

M.Ishii曰く、栽培開始から435日目を迎えたらしいんだけど、

相変わらず、大きく育っているみたいだジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)29

 

「ジャンパセ」と比較しても、

大先輩の「パセぴー」はパセリの風格があって

元気よく育っているんだジョ。

 

「ジャンパセ」は「パセぴー」を見習って

立派なパセリに生長してほしいと思ったジョ()

次回に続く

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

07月
13

[イタリアンパセリ] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「イタリアンパセリ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、本葉が大きく育ってきたイタリアンパセリの「パセリーナ」と、

一般的なパセリの「ジャンパセ」は栽培開始から39日目を迎えたんだジョ。

 

「パセリーナ」は一段と草丈を伸ばし

葉っぱも大きくなったように感じるジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)16

 

一方、「ジャンパセ」は「パセリーナ」に負けじと生長し、

草丈が1(cm)ほど伸び、葉数も増えてきたんだジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)17

 

おいらは「ジャンパセ」の頑張りに感動したんだジョ。

 

栽培開始から44日目

「パセリーナ」は全体的に徒長している様に見えるけど、

草丈が8(cm)近くまで伸びていたんだジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)18

 

葉っぱは葉数を増やして大きくなっていて、

ワサワサと茂ってきたんだジョ。

 

このため、「パセリーナ」の生育を考え、

少しだけ間引くことにしたんだジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)19

 

一方、「ジャンパセ」は草丈も葉の大きさも

少しだけパセリらしい姿に生長していたんだジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)20

 

ところで、三代目パセリの「パセぴー」なんだけど、

M.Ishii曰く、栽培開始から420日目を迎えたらしいんだけど、

相変わらず、大きく育っているみたいだジョ。

ハーブのペット栽培(イタリアンパセリ)21

 

「ジャンパセ」と比較しても、

大先輩の「パセぴー」はパセリの風格があって

元気よく育っているんだジョ。

 

「ジャンパセ」は「パセぴー」を見習って

立派なパセリに生長してほしいと思ったジョ()

次回に続く

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる