インフォメーション
8/23 ペットボトル栽培関連記事を全て移行し、カテゴリーメニューに反映させました!!
10/16 「キュウリ」の急生長に合わせて手入れをしました!!
10/15 冷たい雨に濡れて、期日前投票に行きました!!
10/14 「バジル」は大きくなってきましたよぉ!!
10/13 「エダマメ」の莢が膨らんできました!!
10/12 「ショウガ」を収穫することにしました!!
10/11 「ホーム玉ねぎ」の生長がシフトしていき、遂に肥大し出しました!!
10/10 悔やまれる「とうがらし」の収穫
10/ 9 今日のカップめん45
06月
18

[チャービル] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

こんにちは、M.Ishiiです。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)01

 

前回、採種チャービルの「チャビット」は葉が黄色くなり、

鉢を少し動かすだけでポロポロと種が落ちるようになってきたことから

この栽培は終わりに近づいてきたように感じました。

 

栽培開始から224日目を迎えた「チャビット」茶色く枯れた状態で、

どこか寂しさを感じるものがありました。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)50

 

近くに寄って見てみますと、株元付近には黄色くなった葉が残っていて、

少し上に目をやると黒い種がたくさん着いていました。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)51

 

「チャビット」は完全に枯れてしまいましたので、

最後の大仕事となる'採種'作業に取り掛かることにしました。

 

まずは種を採りやすくするため株元から園芸用ハサミで剪定しました。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)52

 

剪定している間にもポロポロと種が落ちてきました。

 

剪定した'チャービル'に着いている種を全てザルの上で採り、

それを小皿に移したら結構な量になりました。

 

採取した'チャービルの種'にはゴミが含んでいたため、

それを取り除き、小さな袋に入れました。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)53

 

今回の栽培では以前育てた'チャービル'から採取した種を使いましたが、

その時よりもたくさんの種を採ることができ、

ある意味でチャービルの仲間がさらに増えたように感じました。

 

今回採取した'チャービルの種'を使って

新たな栽培をするかは分かりませんが、

きっと立派なチャービルに育ってくれると思います。

【ハーブのペットボトル栽培~チャービル・改~ 完】

by M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

06月
12

[チャービル] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)01

 

前回、白い花が咲いてしまったチャービルの「チャビット」

栽培開始から189日目を迎え、草丈が50(cm)ほどに伸び、

株が比べものにならないほど大きくなっていました。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)45

 

「チャビット」は開花した花の数を格段に増やし

近くに寄って見てみたところ、莢らしきものが着いていたのです。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)46

 

しばらく見ない間に、ここまで生長しているなんて、

「チャビット」は意外と頑張り屋さんなんですね。

 

栽培開始から217日目になり、

「チャビット」はすっかり寂しい姿に変わっていました。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)47

 

青々としていた葉は黄色くなり、莢も茶色く変色していたのです。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)48

 

実は写真を撮るために「チャビット」の鉢を動かす度に

種がポロポロと落ちてしまい、それを採取したら結構な数になりました。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)49

 

この種は袋に入れて保存することにしたのですが、

「チャビット」にはまだ茶色くなった莢をたくさん着けていますので、

今後も種を採取できそうです。

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

06月
10

[チャービル] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

こんにちは、M.Ishiiです。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)01

 

前回、再び収穫を果たしたチャービルの「チャビット」

毛を刈られた羊のように寂しい姿に戻ってしまいました。

 

これから再び、新たな葉を増やすためにも頑張らなければなりません。

 

栽培開始からちょうど140日目を迎えた「チャビット」は

早くも葉を数枚増やしていましたが、

またもや横に這うようにして伸びていました。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)42

 

どうしてこのような状態になってしまうのかが分からず、

頭の痛い今日この頃です。

 

栽培開始から147日目になりますと、

横に倒れた葉はさらに大きくなっていたのですが、

一部の葉については垂直に近い状態で草丈を伸ばしていました。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)43

 

少し怪しい状態になってきたように感じたのですが、

もしかすると、トウ立ちしてしまったのかも...

 

その答えは栽培開始から162日目になる「チャビット」の姿で

目の当たりにすることになりました。

 

「チャビット」は株元付近には横になった葉で茂っていたのですが、

鉢の真ん中付近から垂直に伸びる葉にはたくさんの蕾や白い花があり、

完全にトウ立ちしてしまったのです。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)44

 

こうなってしまうと葉の収穫はできず、

種の採取まで忍耐強く育てるしかありませんね。

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

06月
07

[チャービル] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)01

 

前回、トウ立ちと見られる兆候が現れ始めた

チャービルの「チャビット」は栽培開始から133日目を迎えたのですが、

相変わらず、葉が土面を被い隠すように生長していました。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)38

 

どうして、垂直に近い状態で伸びてくれないのかは謎で、

パッと見すると衰弱しているのかと思ってしまい、

精神的によくないですよね(苦笑)

 

本当はもう少し葉を大きくしてから収穫したいところですが、

トウ立ちの兆候が見られるようになりましたので、

少し早めの収穫をすることにしました。

 

今回の収穫もこれまでと同様に株元付近から園芸用ハサミを入れ、

数枚の葉を残すようにして剪定しました。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)39

 

今回収穫した'チャービルの葉'はいつもながらに豊作で、

ちょっとした料理の付け合わせに重宝しそうです。

 

今回は天ぷらの付け合わせに使ってみたのですが、

意外と和食に合うみたいなので色々な料理に試したいと思います。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)40

 

今回の収穫はおそらく最後になるかもしれませんが、

葉を剪定した「チャビット」がどこまで葉を増やし、

草丈が通常通りに伸びてくれるのかが気がかりです。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)41

 

こればっかりは「チャビット」の生長を見守るしかないため、

しばらくの間は静観したいと思います。

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
08

[チャービル] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)01

 

しばらく、'チャービル'栽培のお話を書いていなかったので、

その後のお話を書いてみたいと思います。

 

前回、チャービルの「チャビット」は再びジャングルのように

葉が茂ってきましたので剪定する目的で収穫しました。

 

収穫した'チャービル'は牡蛎フライの付け合わせに使ったのですが、

肝心の「チャビット」は厳しい寒さに晒されながら育っていたため、

生長の鈍化を心配するのでした。

 

栽培開始から112日目を迎えた「チャビット」は、

早くも新たな葉を数枚出し、少し大きくなっていました。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)35

 

生長の鈍化が心配されていたのですが、

まだ春の陽気を感じられる気温ではないのに

葉をたくさん出してくれるとは「チャビット」の再生力には感服です。

 

栽培開始から119日目になりますと、

「チャビット」はさらに葉数を増やし、

土面が隠れるほどに生長していました。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)36

 

さらに、栽培開始126日目になりますと一段と葉が大きくなり、

早くもジャングルのように茂り始めていました。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)37

 

快調に生長を続ける「チャビット」ですが、

心配なことが一つありました。

 

それは今までの生長と違って、葉が横に傾いているのです。

 

これまでは垂直に近い状態で伸びていたのですが、

今回はどうもそのような生長を見せず、

横に倒れるようにして伸びているのです。

 

私の記憶が正しければ、「チャビット」はトウ立ちの前兆と見られる

兆候が出ているのかもしれません。

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

02月
14

[チャービル] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)01

 

前回、チャービルの「チャビット」は簡易温室内で育てているとはいえ、

寒さが厳しさを増していることもあり、生長が鈍化していました。

 

そのため、あまり生長の変化が見られないため、

しばらくの間は忍耐強く育てていくしかなさそうです。

 

この栽培も早いものでちょうど90日目を迎え、

「チャビット」の様子を見てみますと全体的に葉が大きくなり、

少しワサワサと茂ってきていました。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)28

 

久々に見る生長の変化に思わずはしゃいでしまいました()

 

栽培開始から98日目

「チャビット」草丈が5(cm)ほどに伸び、

葉がさらに茂っていて土面が見えなくなってきました。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)29

 

時折、雪がパラつくような天気がある中、

順調に生長してくれると嬉しくなります。

 

栽培開始から105日目

「チャビット」一段と葉が茂っていて、まるでジャングルのようです。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)30

 

葉が重なり合うのを通り越して、隙間を縫うように葉が伸びており、

「チャビット」の生育を考えますとこの状態を放置するわけにはいかず、

葉を剪定して風通しをよくしなければなりません。

 

このため、再び少し大きめの葉を中心に収穫することにしました。

 

今回の収穫でも小さな葉を数枚残すようにし、

株元から数(cm)離れたところを園芸用ハサミで剪定しました。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)31

 

前述したように、葉が隙間を縫うように伸びているため、

思うように葉を剪定することができず、時間を要してしまいました。

 

なんとか、収穫できそうな葉を剪定したところ、

下の写真に示すようにたくさんの葉を収穫できました。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)32

 

これだけたくさん収穫できると、色々な料理に使えそうです。

 

とりあえず、今回は'チャービル'と同日に'チマサンチュ'も収穫し、

これらを牡蛎フライの付け合わせに使ってみました。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)33

 

久々に作った牡蛎フライは美味しかったけど、

新鮮な'チャービル'の香りが良くて食欲がそそります。

 

今回の収穫により再び寂しい姿となってしまった「チャビット」ですが、

ここ最近は春の陽気を感じられる日がありますので、

以前のような生長の鈍化はないと思われます。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)34

 

今後の「チャビット」の生長が楽しみですね。

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

01月
30

[チャービル] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)01

 

前回、厳しい寒さの中、葉が大きく生長しワサワサしていたため、

剪定したチャービルの「チャビット」

 

剪定後も簡易温室内で育てている「チャビット」は

栽培開始から69日目を迎えるのですが、

その後の様子を覗いてみましょう。

 

「チャビット」は簡易温室内で育てているものの、

雪が降るほどの気温の低さからなのか、

葉がシナッとしていて元気がありませんでした。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)25

 

なんとかして、室温を上げてあげたいのですが、

簡易温室用のヒーターは購入しておらず、

さらなる防寒を考えないと「チャビット」がさらに弱ってしまいますね。

 

防寒対策を色々と考えている間に栽培開始から76日目を迎えました。

 

「チャビット」は少し元気を取り戻し、

青々とした葉が見られるようになりました。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)26

 

まだ新たな防寒対策はできていませんが、

復活してくれると嬉しくなります。

 

栽培開始から83日目

「チャビット」は相変わらず元気に育っていました。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)27

 

葉を剪定してからというものの目立った生長の変化は見られず、

寒さのせいで生長が鈍っているのかもしれませんね。

 

まずは、葉が大きくなることよりも元気に育つことを期待したいですね。

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

01月
03

[チャービル] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)01

 

前回、厳しい寒さの中を順調に生長する、チャービルの「チャビット」

栽培開始から55日目を迎えました。

 

「チャビット」は簡易温室内に育てるようになり、

活発な生長ぶりを発揮していました。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)19

 

草丈は(cm)伸び、葉もより大きく濃い緑色になり、

元気に生長するためには適度な温かさが必要なようです。

 

栽培開始から62日目

「チャビット」はさらに草丈を伸ばし、

葉もより大きく数を増やしました。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)20

 

近くに寄って見てみますと、葉数が増えたことにより葉が茂っており、

この状態のまま放置して育ててしまうとさらにワサワサとして

大きくなるものが大きくなれず、生育が悪くなってしまいます。

 

また、葉が密集しているため剪定する手間もかかりそうです。

 

このため、少し早めに葉を収穫し、

風通しを良くすることにしました。

 

今回の収穫には下記の通り、一株に数枚の葉を残すようにして

株元付近から園芸用ハサミで剪定しました。

[収穫作業時のポイント]

・今後の生育を考え、数枚の葉を残しておくこと。

・強引に引き抜こうとせず、園芸用ハサミを使って剪定する。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)21

 

今回の葉の剪定は私が思っていたよりも株間が狭く葉が茂っていて

少し手こずってしまいましたが、無事に収穫することができました。

 

剪定した'チャービルの葉'は少量でしたが、

ちょっとした料理の付け合わせに使えそうです。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)22

 

今回はお正月に収穫したこともあり、

初めて作った黒豆に乗せてみました。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)23

 

とりあえず、「チャビット」は一株に2~3枚の葉を残し、

新たな葉も出てきそうなものもありましたので、

引き続き、簡易温室に入れて育てたいと思います。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)24

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

12月
18

[チャービル] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)01

 

前回、少し早めに生育の悪そうな株を間引いた、

チャービルの「チャビット」は栽培開始から27日目を迎えました。

 

前回間引いた後の「チャビット」は双葉が一際目立っていましたが、

本葉の数が増えて大きくなっていたこともあり、

双葉の存在は少し薄れてきました。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)15

 

また、草丈が少し伸びていたこともあり、

より一層、そう感じたのかもしれません。

 

栽培開始から34日目

「チャビット」草丈を1(cm)ほど伸ばし、

葉もより大きくなっていました。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)16

 

'チャービル'は寒さに弱いと思っていたのですが、

意外とお強いことにビックリしました。

 

栽培開始から41日目

「チャビット」草丈をさらに2(cm)ほど伸ばし、

葉の形がだいぶ'チャービル'らしくなってきました。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)17

 

葉数も一株に3~4枚付いており、順調に育っているようです。

 

しかし、気温のほうも一桁まで下がるようになり、

葉枯れが心配なため、簡易温室に入れて育てることにしました。

 

栽培開始から48日目

ポカポカな栽培環境で育つ「チャビット」は、

草丈の伸びは確認できなかったものの、

葉数が増えて茂っていました。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)18

 

また、私の気のせいかもしれませんが、

葉色が少し緑色に変わり、元気になったように感じます。

 

これまで厳しい寒さに耐えても頑張って育ってくれていましたが、

やはり、簡易温室内のポカポカな環境のほうが育ちやすく、

これからの生長がますます楽しみになってきました。

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
24

[チャービル] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)01

 

前回、敷きワラをする意味があったのかはさておき、

採種したチャービルの「チャビット」は無事に発芽しました。

 

一時は芽が出るのかが分からなかったために

種を多めに蒔いてしまったことから、

発芽した芽を間引くのが大変な予感がします。

 

栽培開始から13日目を迎えた「チャビット」ですが、

蒔いた種の殆どが発芽し、双葉が大きくなっていました。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)09

 

予想した通り、「チャビット」は鉢の中央に集中して発芽しており、

これらを間引くのは骨の折れる作業になりそうです。

 

これらを間引くには数枚の本葉を出さないと出来ませんので、

この段階では様子見るだけに止めました。

 

栽培開始からちょうど20日目

「チャビット」草丈を1~2(cm)に伸ばし、

双葉も少し大きくなっていました。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)10

 

そして、間引きの目安となる本葉のほうですが、

一つの芽に1~2枚付けていました。

 

なんとか、間引きの条件はクリアしましたが、

こんなに密集した状態を見てしまうと

間引くのが億劫になってしまいます。

 

とはいえ、「チャビット」の生育をよくするためには

やらなければいけない作業ですので、

重い腰を上げて間引くことにしました。

 

今回の間引き作業では、生育の悪そうな芽を取り除くことは勿論の事、

株間を開けることも目的として行います。

 

そして、発芽した芽は密集していますので、

強引に指で引き抜くのは難しい作業となります。

 

従って、今回は生育の悪そうな芽だけを株元から園芸用ハサミで剪定し、

「チャビット」の生長を見て必要に応じて間引くことにしました。

[間引き作業でのポイント]

・生育の悪そうな株を株元からやさしく引き抜くか、

 園芸用ハサミを使って剪定する。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)11

 

今回間引きした芽は思っていたよりも少なかったのですが、

双葉が細長かったために狭い空間の中で

葉っぱ同士が重なり合っていたことから

窮屈な思いをさせてしまったんだなと感じました。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)12

 

今回間引いた'チャービルの芽'ですが、

捨てるのにはもったいないので、茶碗蒸しに使ってみました。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)13

 

椎茸を入れ過ぎてしまい、チャービルの存在感がありませんけど...

 

今回の間引きによって、少しは株間が広くなった分、

「チャビット」はのびのびと育ってほしいなと思います。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)14

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる