FC2ブログ
インフォメーション
8/23 ペットボトル栽培関連記事を全て移行し、カテゴリーメニューに反映させました!!
2/19 雪が降る中でも「ミニ大根」は順調に育っているのですが…。
2/18 「パセリ」の急生長は本物でした!!そして…。
2/17 【リメイク版】「鉢植え専用トマト・レジナ」栽培(5)~開花から着果へ~
2/16 最後の間引きに悩んだ「わさび菜」
2/15 「小カブ」が色付きながらプックリとしてきました!!
2/14 「バレンタインデー」なんてクソ食らぇ!!
2/14 「スナップえんどう」に支柱を立てました!!
2/14 「茎ブロッコリー」を育てることにしました!!
02月
09

[カモミール] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、ハーブ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「カモミール」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

順調に生長を続けていた「カモミール」でしたが、

寒さが厳しさを増すにつれて生長の鈍化が進み思うように育つことができず

もがいているように感じる日々が続いております。

 

少しでも大きく育ってもらいたいと思うものの、全く生長の変化が

見られなくなると辛いものがあります。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から76日目を迎えた「カモミール」ですが、

厳しい寒さが続いている影響からなのか依然として生長の鈍化が続き

葉が大きくなったり新たな葉を着けるなどの生長の変化は見られませんでした。

ペトさい(カモミール)24

 

それどころか、近くに寄って観てみますと一部の葉が黄色く変色している

ものが観られ、少し心配な状態になってしまいました。

 

葉色が変わるのは様々な理由から起こりえることではあるのですが、

厳しい寒さの影響から来ているのが原因のように感じるものの

以前から1つの鉢に多くの芽が出ていることから来る肥料不足も考えられます。

 

このことから大きめの芽をいくつか残すようにして間引くことにしました。

 

★1回目の間引きのポイント★

・本葉が3~4枚出てきた頃を目安に間引くこと。

・間引く際は生育の悪そうな芽を園芸用ハサミで剪定すること。

・株間は2(cm)ほど開けるようにして間引くこと。

ペトさい(カモミール)25

 

ひとまず、大きめの芽を三株残すようにして間引いた「カモミール」ですが、

間引いた芽の殆どの葉が黄色く変色していたため、

今回の間引きの目的は果たしたようには感じました。

 

しかしながら、残した三株の芽についても微妙に変色しているところがあるため、

油断するとたちまち変色の範囲が広がりますので気を付けて育てたいと思います。

ペトさい(カモミール)26

 

最後に、「カモミール」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「カモミール」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉が3~4枚出てきたら生育の悪い芽を間引くこと。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今回、生長が鈍化している中間引きを行いましたが、

土面が乾いていたら霧吹きで水を吹き付けて与えるようにしましょう。

ペトさい(カモミール)27

 

 

★カモミールの栽培データ★

ペトさい(カモミール)10

 

【次回のお話に続く】

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
にほんブログ村へ   	人気ブログランキングへ
心ひとつに キャンドルナイト

01月
31

[カモミール] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、ハーブ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「カモミール」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

これまでのところ順調に生長を続けているように見えた「カモミール」でしたが、

新たな葉を増やす目が立つようになる一方で既存の葉は生長が止まって

しまったように大きくなることがなく、少し不安を感じるようになりました。

 

今後の「カモミール」の生長を考えたときに一度間引き作業を行い、

土の栄養分の吸収量を増やし生育改善を考えたほうが良いのでしょうか?

 

あれから一週間が経過して栽培開始から55日目を迎えた「カモミール」ですが、

厳しい寒さの影響からなのか既存の葉が大きくなることも

新たな葉が出ることもなく、生長が止まってしまったのかと思うくらい

変わっていませんでした。

ペトさい(カモミール)20

 

これまで順調に葉数を増やして大きくなっていただけに

この生長の違いの落差は不安を通り越してかなりの危機感を覚えました。

 

さらに一週間が経過して再び「カモミール」の様子を観てみたところ、

葉が思っていたほど大きくなっておらず生長の鈍化は続いていました。

ペトさい(カモミール)21

 

かなり深刻な状況になってきた「カモミール」ですが、生長の鈍化の原因が

急激な気温の低下にあるとするならば生育適温になるように

栽培温度を上げる必要がありますので、簡易温室内でも最も日当たりがよくて

室温が高い場所に移して様子を観ることにしました。

 

それから一週間が経過して「カモミール」の様子を観てみますと、

既存の葉が微妙に大きくなっているように感じられ、新たな芽が出てきて

久々の生長の変化を観ることができました。

ペトさい(カモミール)22

 

しかしながら、それぞれの芽がパッと見で大きくなっているようには見えないため、

イマイチ感は歪めず今しばらくの間は様子を観てみたいと思います。

 

最後に、「カモミール」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「カモミール」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉が3~4枚出てきたら生育の悪い芽を間引くこと。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

生長が鈍化しているためなかなか芽が大きくなってくれませんが、

土面が乾いていたら霧吹きで水を吹き付けて与えるようにしましょう。

ペトさい(カモミール)23

 

 

★カモミールの栽培データ★

ペトさい(カモミール)10

 

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

にほんブログ村へ   	人気ブログランキングへ
心ひとつに キャンドルナイト

01月
15

[カモミール] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、ハーブ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「カモミール」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

播種する時は種粒が細かく発芽率も低いことから発芽するのか

不安を感じていたのですが、今ではその不安を感じることなく順調に育っていて

逆に期待感が日増しに高まっています。

 

物凄く単純なオレ様ではあるのですが、その後の「カモミール」の生育を

観てみることにしましょう。

 

あれから8日が経過して栽培開始から42日目を迎えた「カモミール」ですが、

簡易温室内で育てているとはいえ厳しい寒さの影響を受けているようで

見た目にはさほど大きく生長しているようには感じませんでした。

ペトさい(カモミール)17

 

ただ、葉が大きくなる代わりに新たな葉が出ている芽の数が増えてきたように感じ、

オレ様の想像とは違う生長の仕方をしていることに困惑してしまいました。

 

さらに6日が経過して再び「カモミール」の様子を観てみますと、

大きな生長の変化は感じられないものの新たな葉が増える芽が目立つようになり

まだそれぞれの芽が混み合っているわけではありませんが、

今後の生長を考えたときに一度間引き作業を行った方がいいように感じました。

ペトさい(カモミール)18

 

もう少しだけ「カモミール」の様子を観てみて判断したいと思います。

 

最後に、「カモミール」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「カモミール」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉が3~4枚出てきたら生育の悪い芽を間引くこと。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

順調に生長を続けていますが、まだ芽が小さいことから

土面が乾いていたら霧吹きで水を吹き付けて与えるようにしましょう。

ペトさい(カモミール)19

 

 

★カモミールの栽培データ★

ペトさい(カモミール)10

 

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

にほんブログ村へ   	人気ブログランキングへ
心ひとつに キャンドルナイト

12月
18

[カモミール] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、ハーブ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「カモミール」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

種を蒔く前は種が細かくて発芽し難いことを不安視していたことから

発芽させるだけでも苦労することを覚悟していた「カモミール」栽培でしたが、

実際には簡易温室に入れて育てていたこともありますけども、

天候不順が解消されたことから無事に発芽させることができ本葉を着けるまでに

生長してくれました。

 

まだまだ小さな芽ではありますが、順調に育っているところを観ますと

今後の生長が楽しみでなりません。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から27日目を迎えた「カモミール」ですが、

発芽した芽が全て消えることなく元気よく育っていました。

ペトさい(カモミール)14

 

近くに寄って観てみたところ殆どの芽には本葉を着けていて、

一部の芽には本葉の数を倍に増やしていて双葉と供に大きくなっていました。

 

さらに一週間が経過して再び「カモミール」の様子を観てみますと、

本葉が双葉より大きくなっている芽が多く観られるようになり、

本葉の形が「カモミール」らしくギザギザとしていました。

ペトさい(カモミール)15

 

至って順調に育っている「カモミール」は安定感があるため

安心して観ていることができ、現在のペットボトル菜園で育てている作物の中でも

1、2番目に期待を寄せて育てています。

 

まだ芽が小さいため混み合っている様子は窺えませんが、

葉がもう少し大きくなったら1回目の間引きをしたいと思います。

 

最後に、「カモミール」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「カモミール」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉が3~4枚出てきたら生育の悪い芽を間引くこと。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

順調に生長を続けていますが、まだ芽が小さいことから

土面が乾いていたら霧吹きで水を吹き付けて与えるようにしましょう。

ペトさい(カモミール)16

 

 

★カモミールの栽培データ★

ペトさい(カモミール)10

 

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

にほんブログ村へ   	人気ブログランキングへ
心ひとつに キャンドルナイト

12月
07

[カモミール] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、ハーブ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「カモミール」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

播種時には非常に種が細かくて発芽率も低いことから発芽が予定の日数よりも

遅れると思いきや、しっかりと播種から一週間で発芽してくれた「カモミール」。

 

発芽した芽の数は半数以上あって順調に発芽することにニンマリすると同時に、

あまり期待しないと良い結果が出るのかなと思う今日この頃でした。

 

あれから8日が経過して栽培開始から15日目を迎えた「カモミール」ですが、

その後も続々と小さな芽が出てきているのを確認することができ、

双葉が少し大きくなっていて順調に育っていました。

ペトさい(カモミール)11

 

しかしながら、発芽した芽の株間は疎らで播種時とはズレていることから

水やりの際に種が流れてしまったものと思われ、非常に細かい種だけに

仕方のないことと割り切ることにしました。

 

さらに5日が経過して再び「カモミール」の様子を観てみたところ、

新たに発芽した様子は確認することができませんでしたが、

それぞれの芽が大きくなり、ごく小さな本葉を着けているのを確認できました。

ペトさい(カモミール)12

 

至って、順調に育っている「カモミール」の様子を観た限りでは

よほどのことがない限りは安定した生長が見込めるように感じられ、

以前育てた時とは違って安心して観ることができそうです。

 

最後に、「カモミール」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「カモミール」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉が1~2枚出てきたら生育の悪い芽を間引くこと。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

順調に生長を続けていますが、まだ芽が小さいことから

土面が乾いていたら霧吹きで水を吹き付けて与えるようにしましょう。

ペトさい(カモミール)13

 

 

★カモミールの栽培データ★

ペトさい(カモミール)10

 

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

にほんブログ村へ   	人気ブログランキングへ
心ひとつに キャンドルナイト

11月
29

[カモミール] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、ハーブ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「カモミール」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

カワイらしいお花を育てたいと思って久々に育てることになった「カモミール」。

 

オレ様の記憶が確かなから、「カモミール」の発芽は種が非常に細かいだけに

日数がかかっていたと思うのですが、発芽の予定日数としては

地温15~20℃で播種後7~10日程度かかるとのこと。

 

ここ最近は気温がグッと下がってきたこともありますが、発芽率も65%

低いことから考えますと予定通りには発芽することはなさそうですので

過度な期待はしない方がよいかもしれません。

 

ひとまず、播種から一週間が経過して「カモミール」の様子を観てみたところ、

ポツポツと小さな芽が出ているのを確認することができました。

ペトさい(カモミール)08

 

あまり期待していなかったこともあり、まさかの発芽に発狂してしまいました。

 

とはいえ、やはり発芽率が低いことから蒔いた種の殆どは芽が出ておらず、

「カモミール」の種が非常に細かいこともあって水やりの際に

種が流れてしまったことから播種時と違う場所で芽が出ているもの多く、

「カモミール」の水やりの難しさを痛感しました。

 

蒔いた種の半数以上は今後発芽するものと思われますので、

しばらくの間は様子を観てみたいと思います。

 

最後に、「カモミール」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「カモミール」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉が1~2枚出てきたら生育の悪い芽を間引くこと。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今回無事に発芽しましたが、今後も残りの種からも発芽すると思いますので

引き続き、土面が乾いていたら霧吹きで水を吹き付けて与えるようにしましょう。

ペトさい(カモミール)09

 

 

★カモミールの栽培データ★

ペトさい(カモミール)10

 

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

にほんブログ村へ   	人気ブログランキングへ
心ひとつに キャンドルナイト

11月
20

[カモミール] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、ハーブ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「カモミール」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

この時期になるとなぜかお花を育てたくなる衝動に駆られるのですが、

寒さに強いお花なんてそうたくさんはありませんので悩んでしまいます。

 

色々なお花を調べてみてもオレ様好みの花を見付けることができないため

'何かないかな?'と思ったとき、あるハーブのことを思い出しました。

 

それが今回育てることになった「カモミール」というわけですが、

「カモミール」は以前ペットボトルで育てたことのあるハーブでして

その時はたくさんのカワイらしい大きさの花を咲かせることができました。

ペトさい(カモミール)01

ペトさい(カモミール)02

 

ただ、このときは育苗に手間取ってしまったことからオレ様の気持ちとしては

もう一度育て直したいと思っていたのでした。

 

かくして、その想いから「カモミール」を育てたいと思いますので、

楽しみにしていて下さい。

 

★品種選び★

'カモミール'には一年草のジャーマンカモミールと多年草のローマン

カモミールがあり、単に'カモミール'と呼ばれた場合は前者のことを指します。

 

'カモミール'の花は青リンゴを思わせる甘い香りがすることから

ハーブティーと利用されることが多く、鎮静作用やリラックス効果があります。

 

'カモミール'は小さな鉢でも育てることが十分に可能なことから

ペットボトル栽培に向いているハーブではあるのですが、

種が非常に細かいため種を蒔く際には細心の注意を要します。

 

今回の栽培ではサカタのタネ社の「カモミール(ジャーマンカモミール)」という

品種の種を使って育てたいと思いますので、生長する過程をご覧下さい。

ペトさい(カモミール)03

 

 

★播種時期と発芽日数★

「カモミール」の播種時期と発芽日数は以下のようになります。

 

播種時期:3月中旬~5月下旬、9月中旬~10月下旬

発芽日数:播種後7~10日

発芽率:65%

発芽適温(地温):15~20℃

 

※ 上記のデータはいずれも中間地(温暖地)によるものです。

 

 

★使用する土★

「カモミール」を育てる際に使用する土は、

市販の野菜用培養土であれば問題なく育てることができます。

 

ただ、市販の野菜用培養土で「カモミール」を育てる場合は

鉢底土を敷いてから野菜用培養土を入れるという手間がかかり、

野菜用培養土の粒子が細かいためペットボトル鉢の底穴が詰まり、

排水不良を起こしてしまいます。

 

排水不良を起こせば、当然「カモミール」の生長にも影響が及びますので、

この排水性を考慮し、下図に示す'市販の粒状培養土'の使用をお勧めします。

ペトさい(培養土・改)03

 

'粒状培養土'は「カモミール」の生育に必要な様々な栄養素を含んだ培養土を

(mm)ほどの大きさに加熱処理して粒状に加工されているため、

普通の培養土に比べて通気性がよく、土に新鮮な空気・水を運び込む

通り道を確保できることから余分な水を土中の老廃物と共に排水されるため

鉢底土を敷く必要がなく、直接ペットボトル鉢に入れることができます。

 

今回の栽培では、1鉢につき'粒状培養土'を2(L)使用するものとし、

その一部の培養土を篩にかけて細かな土を抽出して種蒔き用土として

利用しています。

ペトさい(培養土・改)04

 

また、栽培を進めていく過程で、「カモミール」の葉の色が変色するなどの

生育不良を起こした際には、下図に示す'発酵油かす'を一摘み与えて

追肥を行います。

ペトさい(有機肥料・改)01

 

 

★鉢選び★

今回育てる「カモミール」は株が大きくなる上に根を深く張り、

土の栄養分を多く吸収する野菜です。

 

このため、今回の栽培では初めから一つの鉢で育てることはせず、

小さな鉢に種を蒔いて育苗させた後、持ち運びしやすい大きめの鉢に

植え付けるという二段構えで育てることになるため、育苗時と植え付け後で

使用する鉢もそれぞれに適したものを使い分ける必要があります。

 

従って、育苗時に使用する鉢は種から発芽させ苗を育てることを

目的としますので'育苗用ペットボトル鉢'を使います。

ペトさい(ペットボトル鉢)14

 

植え付け後の株が大きくなった頃を目安に、持ち運びしやすく

室内でも育てることができる'中型ペットボトル鉢'を使います。

ペトさい(ペットボトル鉢)06

 

なお、2種類のペットボトル鉢を新規で作られる方は

下記のリンクをご参照の上作ってみて下さい。

育苗用ペットボトル鉢の作り方】 【中型ペットボトル鉢の作り方

 

 

★種蒔き作業に必要な道具★

種を蒔くときに必要な道具を下記に示しますので、各自ご用意下さい。

 

カモミールの種、育苗用ペットボトル鉢、移植ゴテ、

粒状培養土、種蒔き用土、霧吹き

ペトさい(カモミール)04

 

 

★種蒔き作業手順★

ペトさい(カモミール)05

'育苗用ペットボトル鉢'に「粒状培養土」を鉢の縁から3(cm)下まで入れ、

さらに、「種蒔き用土」を(mm)程度かけます。

 

※ 「種蒔き用土」をかけることで種と土を密着させ、種を発芽しやすくします。

 

ペトさい(カモミール)06

粒状培養土を入れたら「カモミールの種」を点蒔きします。

 

※ 種と種の間隔は2(cm)程度開けて蒔くようにして下さい。

 

ペトさい(カモミール)07

カモミールの種を蒔いたら「種蒔き用土」を5(mm)ほど掛けた後に

「粒状培養土」を5(mm)程度の厚さに覆土し、

「霧吹き」でたっぷりと水を吹き付けて、種蒔き作業は完了です。

 

※ カモミールの種は非常に細かいことから、「粒状培養土」の覆土前に

 「種蒔き用土」をかけて種と土を密着させることで発芽しやすくします。

 

 

★最後に★

皆さん、「カモミール」の種を蒔くことはできたでしょうか?

 

種を蒔いた鉢は日当たりのよい場所に置いて育てるようにしましょう。

 

最後に、今回の「カモミール」の種蒔き作業にかかった費用を

以下に示しますのでご参考ください。

◆カモミールの種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

カモミールの種

1

218円

218円

野菜用培養土<粒状>(14L)

1

398円

16円
(200ml使用)

移植ゴテ

1

108円

108円

霧吹き

1

108円

108円

合計金額 

450円

※ 「育苗用ペットボトル鉢」を新規で製作する場合は別途費用が掛かります。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

にほんブログ村へ   	人気ブログランキングへ
心ひとつに キャンドルナイト

06月
18

[カモミール] ブログ村キーワード:絶滅動物、コンポスト

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、開花寸前の蕾がたくさんで出てきたカモミールの

「ミルちゃん」は栽培開始から236日目を迎え、

ついに、蕾から開花したものが見られるようになりました。

ハーブのペット栽培(カモミール)47

 

まだ完全に開花したわけではありませんが、

一部の蕾から咲いてくれると嬉しくなりますよね。

ハーブのペット栽培(カモミール)48

 

開花した「ミルちゃん」を近くに寄ってみたところ、

確かに、青リンゴのような香りがしてきました。

 

栽培開始から241日目

「ミルちゃん」はさらに蕾の数を増やし

開花する蕾の数も増えていました。

ハーブのペット栽培(カモミール)49

 

これだけたくさんのお花が咲くと、

「ミルちゃん」の近くに寄らなくても甘い香りがしてきます。

ハーブのペット栽培(カモミール)50

 

たくさんのお花が咲いているため、

せっかくですからカモミールティーを飲むために、

少しばかりお花を摘み取りました。

ハーブのペット栽培(カモミール)51

 

そして、普段の飲むことのないカモミールティーを作り、

その香りと味を堪能しました。

ハーブのペット栽培(カモミール)52

 

昨年秋に種を蒔いた「ミルちゃん」は、

9ヵ月かけて開花するまでに生長してくれました。

【ハーブのペットボトル栽培~カモミール~ 完】

M.Ishii

にほんブログ村へ   	人気ブログランキングへ
心ひとつに キャンドルナイト

05月
14

[カモミール] ブログ村キーワード:絶滅動物、コンポスト

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、待望の蕾が出てきたカモミールの「ミルちゃん」

栽培開始から227日目を迎えました。

 

ここのところ、春の陽気を感じられる日が続き、

「ミルちゃん」は草丈を5~6(cm)ほど伸ばし、

急生長ぶりが窺えました。

ハーブのペット栽培(カモミール)43

 

そして、気になる蕾のほうはと言いますと...

 

蕾の数は一段と増え

着実に開花に向け生長を続けていました。

ハーブのペット栽培(カモミール)44

 

栽培開始から231日目

「ミルちゃん」は草丈の伸びに変化はありませんでしたが、

横から見ても、蕾がたくさんできているのが

よく分かるようになりました。

ハーブのペット栽培(カモミール)45

 

「ミルちゃん」の上端部を中心に見てみたところ、

蕾の数は倍近くに増えており、

開花寸前の状態になっているものもありました。

ハーブのペット栽培(カモミール)46

 

開花寸前の蕾の近くを匂ってみたのですが、

まだリンゴに似た甘い香りはしませんでしたので、

開花する「ミルちゃん」の姿を見た暁には匂ってみたいです。

次回に続く

M.Ishii

にほんブログ村へ   	人気ブログランキングへ
心ひとつに キャンドルナイト

04月
18

[カモミール] ブログ村キーワード:絶滅動物、コンポスト

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、葉が横に靡いて見た目が汚くなってしまった、

カモミールの「ミルちゃん」は栽培開始から173日目を迎え、

相変わらず、元気に生長しているようです。

ハーブのペット栽培(カモミール)40

 

「ミルちゃん」はこれまでほとんど手入れをしていないため、

葉が横に靡いてしまっても仕方のないことですが、

「ミルちゃん」の生育を考えるのであれば、

重い腰を上げて剪定してあげる必要がありそうです。

 

栽培開始から203日目

手探り状態の中、横に靡いた葉を中心に剪定した

「ミルちゃん」はかなりスッキリした姿となりました。

ハーブのペット栽培(カモミール)41

 

そして、葉を剪定したことにより、

「ミルちゃん」は太くなった茎が見えるようになり、

草丈が15(cm)に伸びていました。

 

ここにきて、気温が15℃を超す日が増え、

生長しやすい環境になってきたのかもしれません。

 

栽培開始から209日目

「ミルちゃん」は一段と草丈を伸ばし、

見違えるほど大きく生長していました。

ハーブのペット栽培(カモミール)42

 

株の下のほうは再び葉数が増え茂っていますが、

草丈が25(cm)ほどに伸びたことにより、

絵になる姿になったように感じます。

 

依然として、春の陽気を感じられる日は続いており、

「ミルちゃん」が苔立ちしたのかと思いましたが、

花を咲かせることを考えれば良い結果と言えそうです。

 

ところで、Twitterなどでお世話になっている小太郎さんも

'カモミール'を育てているそうで、既に蕾が出ているとの話を聞き、

「ミルちゃん」の様子を見てみたところ、

先端に5(mm)ほどの大きさになる蕾ができているのを発見しました。

 

今回、一ヶ月ほどの間に急生長した「ミルちゃん」ですが、

この先、どのように育ってくれるのかが楽しみになってきました。

次回に続く

M.Ishii

にほんブログ村へ   	人気ブログランキングへ
心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早12年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる