インフォメーション
4/25 「スティック春菊」栽培関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/23 「中葉しゅんぎく」栽培(第3期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/22 「中葉しゅんぎく」栽培(第1、第2期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
5/27 「ジャガイモ」の生長の早さには驚かされます!!
5/26 「とうがらし」に待望の実が着いたよ!!
5/25 「正月菜」を間引いてみました!!
5/24 「レジナ」の芽を間引きました!!
5/23 鳥取伝統野菜の「長ネギ」は完全に発芽できていないのが…。
5/22 今日のガリガリ君XXXXIV
05月
30

おはようございます、M.Ishiiです。

 

いつも、「M.Ishiiのエコ本語」、ならびに、「M.Ishii

「ペット栽培観察記」」をご覧頂きまして有難うございます。

 

また、この度は検査入院のため、ご心配をお掛けしました。

 

私が入院中に多くの方々から温かいコメントを頂きまして、

大変勇気づけられ、本当にありがとうございました。

 

一部の方にはご存じの方もいらっしゃいましたが、

私は以前患ったことのある病気の再発が心配だったため、

主治医に診察して頂き、10日ほど入院生活を送っておりました。

(病気については断定的なものではありませんが、

 可能性としては過去のブログに記載したものになります。)

 

元々、このブログの前身である「M.Ishiiの本音で語ります!!」を

始めるキッカケはその病気を克服するのが目的だったのですが、

未だに続いている誹謗中傷する内容のコメントを書き込む方がおり、

これにより非常に心を痛める日が続いておりました。

 

私が運用する2つのブログでは、

様々な環境問題やペットボトルを使った栽培などを

中心とした記事を掲載していることもあり、

このような行為に及ぶ方はおられないと思っておりました。

 

しかしながら、現実としてこのような行為に及ぶ方がいる事は

非常に残念なことであり、仕事柄、仕事道具の一つである

インターネットをこのような下らないことに使われることに

憤りを感じております。

 

度々、本ブログ上で注意喚起しておりますが、

本ブログをご覧頂いている方やマナーを守って

ネットサーフィンを楽しまれている方にとりましては、

とても不愉快な思いをさせてしまい心苦しい限りですので、

改めまして、このような行為は行わないようお願い致します。

 

一応、先日退院することはできましたが、

しばらくの間は自宅療養することになり、

ブログ制作や管理などによる負担を軽減させるため、

これまで運用して参りました「M.Ishiiの「ペット栽培観察記」」は、

再び、こちらのブログに統合する事と致しました。

 

M.Ishiiの「ペット栽培観察記」」は、元々、本ブログから

ペットボトル栽培に関する記事を分離させたものだったのですが、

開始当初から閲覧者が多く、一ヶ月後には雑誌取材を受け、

某週刊誌に掲載されるなど、ペットボトルを使った栽培について

一定のアピールをすることができたと思っております。

 

今後も今までと変わらず、本ブログにおいて、

ペットボトル栽培を取り上げて参りますので、

引き続き、ご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。

 

また、今回のブログ統合により、

様々な環境問題やペットボトル栽培に関する記事は

メリハリを付けて公開したいと考えますので、

基本的には、以下に示す曜日に公開する予定でおります。

(ただ、状況に応じて予定外の記事を公開することもあります。)

 

 

[統合されるブログ]

 M.Ishiiの「ペット栽培観察記」

 

[統合後のブログ]

 M.Ishiiのエコ本語

 

[統合実施日]

 2009年5月31()

 

[公開ローテーション]

・環境問題に関する記事

 月、水、金

・ペットボトル栽培に関する記事

 火、木、土、日

 

2009.05.30

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

05月
29

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今週も「オレ流eco検定」で、

環境問題に関する知識を身に付けましょう。

それでは、今週の問題です。

 

問題.次の文中の[■■■]に当てはまる言葉を選んで下さい。

 

「省エネルギーに関する草の根的な環境イベントの一つとして、

 夏至と冬至に行われる「100万人の[■■■]」が挙げられる。

 これは、民間団体の呼びかけで2003年から行われており、

 東京タワーを初めとする参加施設も年々増加している。」

 

 ()スローライフナイト

 ()サイレントナイト

 ()エコアースナイト

 ()マッドナイトウォーク

 ()キャンドルナイト

心ひとつに キャンドルナイト

05月
28

[レジナ]ブログ村キーワード、ゴミ分別

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、22日目にして発芽した「レジナ」は、

日を増すごとに大きく生長していきました。

 

このため、生長していく「レジナ」は密集してきたため、

栽培開始から28日目に間引くことに...

 

その後、間引いたことにより衰弱していると思われましたが、

想像以上に元気そうで、そのタフさに驚きました。

 

果たして、「レジナ」はこの状態をキープしつつ、

順調に育っているでしょうか?

 

栽培開始から43日目

「レジナ」の葉数は増え、各々の葉が大きくなっていました。

ペット栽培II(レジナ)11

 

たった一週間足らずで倍以上の大きさになっている様子から、

「レジナ」はさらなる生長に向けて本領発揮しているようです。

 

栽培開始からちょうど50日目になり、

「レジナ」は一段と大きくなっていました。

ペット栽培II(レジナ)12

 

ただ一つ気になることは、同じ日に種を蒔いたわりには

鉢の真ん中に出ている芽が他の2つの芽よりも一回り小さいのです。

 

なぜ、真ん中の芽だけが小さいのかは分かりませんが、

両サイドの芽が土の栄養分を吸収していることが推察されます。

 

栽培開始から55日目

「レジナ」は飛躍的に生長していました。

ペット栽培II(レジナ)13

 

すべての芽が大きく育ってくれることは喜ばしいことですが、

依然として、真ん中の芽だけが突出して小さいのが気になります。

 

やはり、前述したように両サイドの芽が土の栄養分を奪うため、

真ん中の芽が吸収するはずの土の栄養分が不足気味に...

 

ところで、両サイドの「レジナ」を観てみると、

本葉の数が8~9枚ありました。

 

このため、真ん中の芽のことも合わせて考えますと、

そろそろ、縦置き型のペットボトル鉢に移植してもよさそうですね。

 

次回の「ペットボトル栽培II~レジナ()~」は、

6月15()にお伝えする予定です。

<次回に続く>

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
25

[赤しそ]ブログ村キーワード、砂漠化

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、'青しそ'のリベンジ的な形で育てることになった「赤しそ」

 

今回の「赤しそ」栽培は、先日の'パセリ'と同様に、

種蒔き作業の一日前に発芽しやすくするために

「赤しその種」を水に浸しておいたのでした。

 

果たして、「赤しそ」はこの効果で発芽が早まるのでしょうか?

 

栽培開始から6日目

「赤しそ」に発芽する様子は見受けられません。

ペット栽培II(赤しそ)03

 

「赤しそ」の発芽日数は播種後1520とのことで、

この日数は、気温が発芽適温である2025に達した場合のこと。

 

この日の気温は17℃前後でしたので、

どちらにしても、発芽までには一週間はかかりそうです。

 

ところが、それから3日が経過して...

パッと見では発芽していないように見える「赤しそ」の鉢ですが、

ペット栽培II(赤しそ)04

 

よく見てみると、ポツンポツンと「赤しそ」の芽が出ていたのです。

ペット栽培II(赤しそ)05

 

気温は20℃あるかないかだったのですが、

実に9日目にして発芽したのです。

 

前述したように、通常「赤しそ」の発芽には2週間位がかかるため、

種蒔き前に行った'種を水に浸けた'効果が表われたのです。

 

次回の「ペットボトル栽培II~赤しそ()~」は、

6月8日()にお伝えする予定です。

<次回に続く>

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

05月
25

おはようございます、M.Ishiiです。

 

皆さんは、スーパーで買い物する際には

エコバックを持参されているでしょうか?

 

以前から大手スーパーでは、

レジでの精算時にレジ袋を辞退すると、

以下に示すような「レジ袋スタンプカード」

スタンプを押印してもらえました。
スタンプカード  

言うまでもなく、このスタンプが所定の数を満たすと、

次回の買い物時に割引いてもらえるのです。

心ひとつに キャンドルナイト

05月
22

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今週も「オレ流eco検定」で、

環境問題に関する知識を身に付けましょう。

それでは、今週の問題です。

 

問題.次の文中の[■■■]に当てはまる言葉を選んで下さい。

 

「都市で大量に廃棄されている家電製品の中には、

 レアメタルや貴金属などの高価な資源が含まれている。

 このため、これらの廃棄物は[■■■]と呼ばれ、

 資源の回収が行われている。」

 

 ()都市廃山

 ()都市鉱山

 ()都市銀山

 ()都市金山

心ひとつに キャンドルナイト

05月
20

おはようございます、M.Ishiiです。

 

突然ですが、皆さんは、コーヒーはお好きでしょうか?

 

私は持病でコーヒーを飲むことが出来ないのですが、

ミールで挽いたばかりのコーヒー豆の匂いは好きです。

 

さて、岩手県葛巻町にあるNPO法人岩手子ども

環境研究所が運営する「森と風のがっこう」では、

併設の「カフェ森風」で白樺から採った樹液を使って

コーヒーを入れ、今年のゴールデンウィークに訪れる

一般客に提供されたそうです。

 

毎年4月になると、白樺は芽吹きの季節に備えて

大地の水を吸い上げるのだそうです。

心ひとつに キャンドルナイト

05月
18

おはようございます、M.Ishiiです。

 

突然ですが、皆さんはお料理をされるでしょうか?

 

洋食や中華などを調理する際には欠かすことのできないのは、

「食用油」ではないでしょうか?

 

市販されている代表的な「食用油」には

サラダ油やキャノーラ油等がありますが、

これらの多くはポリエチレン(PE)製のボトルに入っています。

 

先日、テレビを付けたら偶然「食用油」のCMが流れまして、

そこで気になる商品が宣伝されていました。

 

その気になる商品というのは、

ポリエチレン(PE)製の「エコパウチ容器」に入った

「食用油」だったのです。

心ひとつに キャンドルナイト

05月
15

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今週も「オレ流eco検定」で、

環境問題に関する知識を身に付けましょう。

それでは、今週の問題です。

 

問題.次の文中の[■■■]に当てはまる言葉を選んで下さい。

 

「外来生物の適正な取り扱いについては、外来生物を「[■■■]」、

 「野外に捨てない」、「他地域に広げない」という3原則の理解と

 対応が市民にも必要とされている。」

 

 ()興味本位で飼わない

 ()安易に国内に入れない

 ()キャッチアンドリリースを心がける

 ()国内での定着、帰化を促す

心ひとつに キャンドルナイト

05月
14

[赤しそ]ブログ村キーワード、食物連鎖

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今回の「赤しそ」は、ある2つの思惑から育てることになります。

 

1つは、先日の雑誌掲載以降、以前育てた'青しそ'の記事を

ご覧になられる方が増えたことを受け、園芸の知識がないままに

初めてペットボトル栽培で育てた'青しそ'をもう一度

育ててみたいと考えていたことです。

 

もう一つは、私が'赤しそのフリカケ'を作り、

アツアツのご飯にかけて食べたいと思ったことです。

 

'青しそ'の栽培については、正直なところ、'再挑戦企画'

育ててもよかったのですが、あまり同じ野菜を育てても、

この記事をご覧になる方も育てる方も面白くないと思いましたので、

チョコッと捻くれて「赤しそ」を育てることにしたのです。

 

ところで、「赤しそ」には抗酸化作用が強く、

細胞の活性化、脳や血管、肌などの老化防止効果、

花粉症などのアレルギー症状の抑制、殺菌効果、消臭効果など

様々な効能があるのだそうです。

 

花粉のシーズンは終わりましたけども、私は花粉症なため、

来年は「赤しそ」を使った料理を食べるようにし、

本当に効果があるのか、実践してみたいと思います。

 

さて、「赤しそ」'青しそ''パセリ'などと同様に、

種殻が固いことから、発芽しにくいのです。

 

このため、「赤しそ」の栽培では下の写真に示すように、

2種類のペットボトルを用い、育てることにしました。

ペット栽培II(赤しそ)01

 

即ち、小さなペットボトルは種蒔き作業前に種を一晩水に浸し

もう一つのペットボトルは植木鉢として用い、

この種をペットボトル鉢に蒔いて育てるというわけです。

 

今回の「赤しそ」栽培では、すっかりお馴染みになった、

下の写真に示す'野菜の培養土'を使用することにしました。

ペット栽培・ツール02

 

今回は第一回目ということですので、

以下に示す道具を使い、種蒔き作業を行うことにしましたが、

前述のとおり、種蒔き作業前に「赤しその種」を水に浸しますので、

今回は2日要しますのでご注意下さい。

ペット栽培II(赤しそ)02

 

私の思惑通りに、収穫した「赤しそ」を使ってフリカケを作れるよう、

頑張って育てたいと思います。

 

次回の「ペットボトル栽培II~赤しそ()~」は、

5月25()にお伝えする予定です。

<次回に続く>

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる