インフォメーション
8/23 ペットボトル栽培関連記事を全て移行し、カテゴリーメニューに反映させました!!
9/23 徒長が進む「エダマメ」に蕾が着き始めました!!
9/22 「ホーム玉ねぎ」が発芽したと思ったら…。
9/21 「とうがらし」に新たな実を着けないよぉ!!
9/20 今日の柿の種II
9/19 「バジル」は早くも2回目の間引きを行いました!!
9/18 「キュウリ」栽培に拘るばかりに…。
9/18 今日の柿の種I
9/17 「あさがお」に花と実がたくさん着いています!!
12月
31

[べんり菜]ブログ村キーワード、地球温暖化、オゾン層破壊

おはようございます、M.Ishiiです。

 

従来までのペットボトル栽培とは

全く異なる試みで始めた'べんり菜'栽培

 

今回の栽培は、来年春から実施予定のペットボトル栽培について、

様々な角度から調査することを目的として始めたものです。

 

前回、べんり菜の「スケさん」は順調に発芽し、

葉の形がチンゲン菜に似ていることが分かりました。

 

それでは、その後の「スケさん」の生長を見てみましょう。

 

栽培開始から11日目

「スケさん」草丈を2(cm)伸ばしましたが、

どこか徒長気味になっているのが気になります。

ペット栽培・試験録(べんり菜)10

 

「スケさん」を近付いて見てみると、

やはり、どこか'チンゲン菜'に似ているように見えます。

ペット栽培・試験録(べんり菜)11

 

栽培開始から16日目

「スケさん」さらに1(cm)ほど伸ばしました。

ペット栽培・試験録(べんり菜)12

 

しかし、近くに寄って見てみると分かるように

徒長の度合いが増して、今後の生長への影響が心配されます。

ペット栽培・試験録(べんり菜)13

 

今後も、「スケさん」は徒長を続け、草丈を伸ばすのでしょうか?

<次回に続く>

M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

12月
31

グリムスキーワード:絶滅動物、LED、太陽光発電

おはようございます、M.Ishiiです。

今日のグリムスは「絶滅動物」でアタックします!!

 

今年も残すところ僅かとなりましたが、

この一年を環境関連のことで振り返ってみますと、

環境と経済が密接に関わる事が見受けられたように感じました。

 

その中でも際立っていたのは「エコポイント制度」

「太陽光発電」、あるいは、「エコカー」ではないでしょうか?

 

これらは緊急経済対策として打ち出されたものであり、

「エコポイント制度」が導入されてからというものの、

地上波デジタル放送対応テレビの売上が前年比で50

越えたのだそうです。

 

「太陽光発電」や「エコカー」についても同様に、

補助金制度が導入されたことをキッカケに、

購入台数が右肩上がりになっているとのことです。

 

また、太陽光発電で忘れてならないのが、

太陽光や風力などの再生可能エネルギーで発電した電気を

電力会社が長期間、固定価格で買い取ることができる

「固定価格買取制度」が今年11月に導入されました。

 

この制度は、今月8日に発表された緊急経済対策の中でも

盛り込まれ、来年以降にこれに関する話に進展がありそうです。

 

このような少し嬉しい話があった一方で、

非常に深刻な事態に直面するような情報もお伝えしました。

 

その中でも、地球温暖化の影響でコアラや珊瑚などの

生態系が脅かされ、近い将来にも絶滅するかもしれない

事態になっているとのこと。

 

また、地球温暖化の影響により20年後にも北極圏の氷が

全て消滅する可能性が高いこともお伝えしました。

 

先日、約2週間にわたって開催された

国連気候変動枠組み条約締結国会議(COP15)において、

地球温暖化対策について議論されましたが、

先送りに近いような話に終始した結果については、

非常に残念な気持ちでいっぱいになりました。

 

ただ、今回のCOP15では、開発途上国の中でも

温暖化対策における考え方の違いが垣間見え、

一部の途上国の中には先進国の主張に同意された国もありました。

 

この問題については、

来年早々にも何らかの話し合いが持たれますが、

少しでも前向きな話に終始することを強く望みます。

心ひとつに キャンドルナイト

12月
30

グリムスキーワード:酸性雨、LED、太陽光発電

おはようございます、M.Ishiiです。

今日のグリムスは「酸性雨」でアタックします!!

 

皆さんは、お正月の準備を着々と進めているでしょうか?

 

今年は昨年以上に景気が低迷したこともあり、

大型スーパーなどに行っても人が疎らで、

ホームセンターに行ってもお正月の飾りやお供え餅などの

品揃えが例年より少なくなった印象を持ちました。

 

お正月の飾り付けで思い出したことなんですが、

先日、いつものようにネットサーフィンしていたとき、

興味深い記事を目にしました。

 

その記事によると、北九州市立大学ひびきのキャンパス内で

建築デザインを教えているバート・デワンカー準教授が、

間伐した竹と古タイヤを使った「エコ角松」作りの活動

行っているのだそうです。

心ひとつに キャンドルナイト

12月
29

[チンゲンサイ]ブログ村キーワード、オゾン層破壊

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、チンゲン菜の「ちげ坊Jr.は、

先代'ちげ坊'を彷彿とさせる生長を見せ、

一段と大きく育ってくれました。

 

先代'ちげ坊'を収穫したことで、

「ちげ坊Jr.」のペットボトル鉢はすっかり独壇場となっており、

のびのびと育ってくれている様子がよく分かります。

 

「ちげ坊Jr.」はどこまで生長を続けてくれるのでしょうか?

 

栽培開始から97日目になる「ちげ坊Jr.は、

横への広がりはストップしたものの、

一枚一枚の葉が少し大きくなりボリューム感が出てきました。

ペット栽培II(チンゲン菜)40

 

栽培開始から105日目になりますと、

「ちげ坊Jr.はさらに葉数を増やし

どことなく先代'ちげ坊'の容姿に近づいてきました。

ペット栽培II(チンゲン菜)41

 

「ちげ坊Jr.」を上から見てみますと、

収穫しても良さそうなくらいの大きさに生長しており、

もしかすると、先代'ちげ坊'に匹敵するくらいの大きさが

あるかもしれません。

ペット栽培II(チンゲン菜)42

 

「ちげ坊Jr.」の収穫は間近に迫っているかもしれませんね。

<次回に続く>

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

12月
27

[たまねぎ] ブログ村キーワード:食物連鎖、マイ箸

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、縦型ペットボトル鉢で育てているホーム玉葱の

「エコたま」新旧の葉が生え変わり

新しい葉が真っ直ぐに立つ横で

張りのない古い葉がクタクタになっていました。

 

着実に新しい葉が伸びる一方で、

「エコたま」の根元では微妙に肥大していました。

 

横型ペットボトル鉢で栽培中の「ヨコたま」とは比較になりませんが、

「エコたま」の今後の生長に期待できそうです。

 

「エコたま」の栽培も早いものでちょうど100日目

古い葉は相変わらずクタクタしている一方、

新たに生えた葉は長いもので35(cm)に伸び、張りがありました。

ペット栽培II(ホーム玉葱)36

 

葉の生長は顕著に表れていることもあってよく分かる一方、

根元のほうの生長具合は今一つ分かりません。

ペット栽培II(ホーム玉葱)37

 

このアングルから「エコたま」を見ると、

長ネギと間違えそうになります。

 

さて、久々に「ヨコたま」の様子を見てみることにしましょう。

 

「ヨコたま」は栽培開始から90日目になり、

依然として、張りのある葉を維持しつつ、

順調に生長していました。

ペット栽培II(ホーム玉葱)38

 

そして、根元を見てみると...

ムム、コイツは凄いことになっているではありませんか?

 

上の写真でモザイク処理した真相は、

2010年1月1日に明らかにしたいと思います。

 

本当に凄いことになっています。

<次回に続く>

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

12月
26

[レモンバーム]ブログ村キーワード、ゴミ分別

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、レモンバームの「ばーむ君」は、

以前より葉数が増え一回り大きくなり、草丈を2(cm)程伸ばし、

全体的なボリューム感が増した印象に変貌を遂げていました。

 

一方、二代目レモンバームの「ばーつ君」も、

「ばーむ君」に負けじと大きく生長し、

新たにカワイらしい本葉が2枚出てきていたのです。

 

寒さが一段と厳しくなる中、'簡易温室ホットくん'のおかげで

2株のレモンバームが活発に生長を続けてくれることは

大変喜ばしいことです。

 

栽培開始から97日目になる「ばーむ君」は、

さらに大きく生長し、葉が茂るほどに数を増やしていました。

ペット栽培II(レモンバーム)25

 

ここまで葉数が増えてしまうと、

少し葉を摘み取ってあげたほうがよいのでしょうか?

 

また、ペットボトル鉢の側面を覗いてみると、

少し太めの根が張っていることを確認できました。

ペット栽培II(レモンバーム)26

 

ここまで根が張ってくれていることは大変安心でき、

きちんと手入れをして育てていれば、

さらに、飛躍的な生長が期待できるかもしれません。

 

一方、「ばーつ君」は栽培開始から63日目になり、

新たに出てきた葉は、初めに出てきた葉と

変わらない大きさに生長していました。

ペット栽培II(レモンバーム)27

 

「ばーつ君」は簡易温室での栽培に慣れたこともあり、

活発な生長を続け、ハッスルしてくれています。

<次回に続く>

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

12月
25

グリムスキーワード:エコバッグ、LED、太陽光発電

おはようございます、M.Ishiiです。

今日のグリムスは「エコバッグ」でアタックします!!

 

今週日曜日(12/20)に「第7回eco検定」が実施されましたが、

今回受験された方はお疲れ様でした。

 

きっと、受験された方は持てる力を最大限に発揮し、

eco検定に挑まれたと思います。

 

さて、私も過去のeco検定を受験した後、

インターネットで模範解答を調べ、自己採点したことがあります。

 

おそらく、今回受験された方も同じ気持ちだと思いますが、

いち早く結果を知りたいですものね。

 

というわけで、今回のeco検定についても、

受験当日の夜から模範解答を速報でお伝えしました。

心ひとつに キャンドルナイト

12月
24

[イチゴ]ブログ村キーワード、カーボンオフセット

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、四季なりイチゴの「ベリンちゃん」は、

簡易温室の中で葉数を増やし一回り大きくなっていました。

 

一方、二代目四季なりイチゴの「ベリンツくん」は、

移植から二週間が経過する中、さらに葉を大きくしていました。

 

どちらの'四季なりイチゴ'も簡易温室で順調に育っていますが、

急激に冷え込むようになったこともあり、

新たな防寒対策を準備する必要がありそうです。

 

栽培開始から97日目になる「ベリンちゃん」は着実に生長を続け、

新たにもう一つ枝分かれして葉数を増やしていました。

ペット栽培II(四季なりイチゴ)28

 

また、これまでに枝分かれした葉も一段と大きくなっていたのです。

 

一方、「ベリンツくん」は栽培開始から69日目になりますが、

全体的に葉色が少し黄緑色に変色しており、

一部の葉については茶色くなっていたのです。

ペット栽培II(四季なりイチゴ)29

 

ただ、茶色くなった葉は枯れているわけではないので、

今までにない症状に頭を悩まされそうです。

 

「ベリンツくん」の葉はあまり大きくなっていないため、

何かの病気にでもかかってしまったのでしょうか?

<次回に続く>

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

12月
23

[ミニ大根]ブログ村キーワード、地球温暖化

おはようございます、M.Ishiiです。

 

これまでの数々の花や野菜を使ったペットボトル栽培では、

3Rなどの環境活動の一つとして行っていたことから、

どの栽培においても実験的な趣向は持ち合わせませんでした。

 

しかし、今回から新たに始めるペットボトル栽培では、

来年春以降の実施に向けたペットボトル栽培の新たな形、

あるいは、栽培方法における統一化を図りたいと考え、

これまでの経験を踏まえつつ、実証試験的な位置付け

栽培を行うことにしました。

 

今回のペットボトル栽培では上述の目的に加え、

以下に示す点についても確認したいと考えておりまして、

今回の栽培では、いつもお世話になっているまっく様から

お勧め頂いた'ミニ大根ころ愛'を育ててみたいと思います。

(この場をお借りして、「ミニ大根ころ愛」をお勧め頂いた

 まっく様に感謝申し上げます。ありがとうございました。)

・改良した縦型ペットボトル鉢の排水性の確認

・リサイクル処理した培養土での根菜類の生育状況

 

今回の栽培で使用するペットボトル鉢ですが、

従来の縦型ペットボトル鉢では1本のペットボトルを

2つに切り落とし、上の部分の天地を逆にして下の部分に

差し込んで使用していました。

 

そして、切り落としたペットボトルの下の部分の底に

(mm)程度の穴を4箇所に開け、排水口を作りました。

 

実際に、この鉢の中に鉢底土、培養土の順に入れ、

花や野菜を育ててきましたが、排水性のばらつきが発覚し、

一部の鉢では排水が悪く、水が溜まってしまう事もありました。

 

この問題は植物を育てる上で致命的な問題であるため、

いち早く改善する必要性があると考え、

縦型のペットボトル鉢の改良に着手したというわけです。

 

まだ、試験段階なため改善すべき点は多々あると思いますが、

下の写真に示すように、切り落としたペットボトルの上部を

下部に差し込む方式は撤廃し、ペットボトルの口の部分を

切り落とし、残った部分を鉢として使用することにしました。

ペット栽培・試験録(ミニ大根)01

 

そして、一番肝心な排水性の問題をクリアするべく、

ペットボトルの底に(mm)程度の穴を12箇所に開け、

排水性を向上させることにしたのです。

 

また、現在試験栽培中の'30日絹さや''べんり菜'と同様に、

今回の栽培でも鉢底土は一切使用しませんので、

'粒状の培養土'を入れて使うという簡単なものにしています。

 

ただ、今回のペットボトル栽培では、

既製品の野菜の培養土だけではなく、これまでの栽培で

使用した野菜の培養土をリサイクル処理した培養土

使いたいと思います。

ペット栽培・試験録(ミニ大根)02

 

従って、今回の「ミニ大根」栽培では、

リサイクル処理した培養土と既製品の培養土における

「ミニ大根」の生長の比較も行いたいと考えておりますが、

一応、試験的な栽培という位置づけであることから、

'ミニ大根'に関する詳細な情報についてはあまり触れず、

生長過程のみを公開する予定です。

 

 

少し堅苦しい話が長くなってしまいましたが、

今後はリサイクル処理した培養土で育てる'ミニ大根'のことを

「コロちゃん1号」、既製品の培養土で育てる'ミニ大根'のことを

「コロちゃん2号」というそれぞれの愛称で呼ぶことにします。

ペット栽培・試験録(ミニ大根)03

 

とりあえず、今回の「ミニ大根」の栽培を始めるにあたり、

以下に示す道具を使い、種蒔き作業を行いました。

ペット栽培・試験録(ミニ大根)04

 

改良したペットボトル鉢に「ミニ大根」の種を蒔いた箇所は、

指マークで示したところになります。

ペット栽培・試験録(ミニ大根)05

 

また、これから「ミニ大根」の栽培を開始するにあたり、

厳しい寒さにより、「コロちゃん兄弟」の生育に影響が及ぶため、

下の写真に示すような簡易温室の中で育てることにしました。

ペット栽培・試験録(ミニ大根)06

 

今回の栽培では今まで以上に新たな試みを実践しますので、

結果がどのようになるのかは心配されますが、

春先に立派な「ミニ大根」を収穫できるように、

頑張って育てたいと思います。

<次回に続く>

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

12月
23

グリムスキーワード:地球温暖化、LED、太陽光発電

おはようございます、M.Ishiiです。

今日のグリムスは「地球温暖化」でアタックします!!

 

遂に、今年本ブログでご紹介したエコグッズの

頂点を決める日がやってきました。

 

本日は1125日から1215日までの3週間にわたり、

本ブログをご覧の皆様から頂いたご投票の結果を

順を追って発表させて頂きたいと思います。

 

今年は、エントリーしたエコグッズが10品目となり、

昨年よりも投票しやすくなったためなのか、

今回の投者総数は237となりました。

 

お忙しい中、ご協力頂きありがとうございました。

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる