インフォメーション
8/23 ペットボトル栽培関連記事を全て移行し、カテゴリーメニューに反映させました!!
9/23 徒長が進む「エダマメ」に蕾が着き始めました!!
9/22 「ホーム玉ねぎ」が発芽したと思ったら…。
9/21 「とうがらし」に新たな実を着けないよぉ!!
9/20 今日の柿の種II
9/19 「バジル」は早くも2回目の間引きを行いました!!
9/18 「キュウリ」栽培に拘るばかりに…。
9/18 今日の柿の種I
9/17 「あさがお」に花と実がたくさん着いています!!
04月
30

[ミニ大根]ブログ村キーワード、カーボンオフセット

おはようございます、M.Ishiiです。

 

従来までのペットボトル栽培とは

全く異なる試みで始めた'ミニ大根・ころ愛'栽培

 

今回の栽培は、今年春から実施中のペットボトル栽培について、

様々な角度から調査することを目的として始めたものです。

 

今回の'ミニ大根・ころ愛'栽培では、

これまでのペットボトル栽培では初となる再生処理した培養土と、

比較用に使用する未使用の野菜の培養土で育てることにしました。

 

前回、2種類の土で栽培中の'ミニ大根・ころ愛'は、

葉数が若干少なくなり、茎の色が変色しているのを確認しました。

 

根の生長に陰りが見え始めているところをみると、

そろそろ収穫した方がよいのか考えてしまいます。

とりあえず、その後の生長を覗いてみることにしましょう。

 

栽培開始からちょうど130日目

再生処理した培養土で栽培中の「コロちゃん1号」は、

荒れ狂ったかのように、四方八方に葉が広がっていました。

ペット栽培・試験録(ミニ大根)55

 

しかも、葉の張りはあまりない状態で...

 

根元の様子を観てみますと、

見た目では根径が大きくなったようには感じられません。

ペット栽培・試験録(ミニ大根)56

 

相変わらず、根径は目測で6(cm)ほどしかなさそうであり、

茎の色が紫色に変色しているのを踏まえると、

目標の根径7(cm)になるのを待たずに

収穫した方がよさそうな気がします。

 

一方、未使用の培養土で栽培中の「コロちゃん2号」は、

前回同様、葉が上を向いていて元気そうです。

ペット栽培・試験録(ミニ大根)57

 

ただ、「コロちゃん2号」'コロちゃん1号'と同じように、

根の生長にほとんど変化がなく茎の色も変色しているため、

収穫を考えた方がよさそうです。

ペット栽培・試験録(ミニ大根)58

 

野菜栽培に関する書物を色々拝読してみると、

大根の収穫時期についてはバラつきがあるものの、

'収穫が遅れるとスが入り固くなってしまう'という記載は

どの書物にも共通して記されていました。

 

従って、この状態を長いこと放置するわけにはいかず、

早いうちに収穫する必要がありそうですね。

<次回に続く>

M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

04月
30

[自転車]ブログ村キーワード:地球温暖化、LED、太陽光発電

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今更ながら、こんなことを聞くのはヤボだと思いますが、

皆さんは交通ルールを守って自転車を乗っているでしょうか?

 

ここ最近、環境への配慮やモーダルシフトなどにより、

自転車を利用される方が増えているそうです。

 

特に、電動付きアシスト自転車が低価格化していることもあり、

その利用者は増加傾向にあるのだそうです。

 

私は元々、サイクリングが好きなので、

普段職場へは自転車通勤しています。

心ひとつに キャンドルナイト

04月
29

[たまねぎ] ブログ村キーワード:食物連鎖、マイ箸

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、縦型ペットボトル鉢で栽培中のホーム玉葱「エコたま」は、

以前までの扇形の広がりはなくなったものの、

依然として葉の張りは維持していました。

 

そして、根元の方は大分ふっくらとしてきました。

 

一方、横型ペットボトル鉢で栽培中のホーム玉葱「ヨコたま」は、

いずれの株も葉の張りがなくなり、下を向き始めていました。

 

これは、収穫のサインなのでしょうか?

 

栽培開始から220日目

「エコたま」は前回よりもさらに葉が垂れ下がっていました。

ペット栽培II(ホーム玉葱)73

 

以前、ブログ仲間のruruにホーム玉葱の収穫の

目安に関するコメントを頂いたことがあったのですが、

'葉が横に倒れた状態'というのは現在の「エコたま」の状態の

ことなのでしょうか。

 

ところで、変化が見られたのは葉だけではなく、

根元のほうにもあったのです。

 

「エコたま」の根元は、前回よりもガッチリとした印象で、

目測で(cm)強の太さになっていたのです。

ペット栽培II(ホーム玉葱)74

 

これだけ太くなっているということは、

ようやく期待できる大きさに育ってくれたことを意味するので、

'ヨコたま'同様に収穫が楽しみになってきました。

 

そんな「ヨコたま」ですが、

その後の様子を見てみることにしましょう。

 

「ヨコたま」は栽培開始からちょうど210日目になり、

横から見る分にはあまり変化がないように見えます。

ペット栽培II(ホーム玉葱)75

 

しかし、近くに寄って観てみますと、

左側の株は右側の株と同程度の大きさに生長していたのです。

ペット栽培II(ホーム玉葱)76

 

私見ではそろそろ収穫してもよいと思うのですが、

前述したruru様からのご助言は何を意味しているのか

考えたいと思います。

 

いずれにしても、'ホーム玉葱'の収穫が

間近に迫っていることだけは確かだと思いますね。

<次回に続く>

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
26

[ダイズ] ブログ村キーワード:食育、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前シーズンでは、「大豆100粒運動」という取り組みに触発され、

ペットボトル栽培で「ダイズ」を育てました。

 

当時はまだ、ペットボトル栽培の経験も浅かったこともあり、

2種類のペットボトル鉢を使って育てたため時間とコストがかかり、

その割には収穫量が少なかったことを記憶しています。

 

このため、今回はある意味でリベンジとなりますが、

同じ品種のダイズを育てたいと思います。

ペット栽培III(ダイズ)01

 

ところで、「ダイズ」は農作物として、

世界中で広く栽培されていることをご存じでしょうか?

 

栽培の歴史には諸説があるようですが、

4000年前に中国でツルマメの栽培が始められたそうで、

その後、「ダイズ」として作物化されたと考えられています。

 

「ダイズ」の原産地は中国東北部からシベリアとの説が有力で、

日本には朝鮮半島を経由して約2000年前に伝来したそうで、

縄文時代に存在したと思われる'ダイズ'の出土例もあり、

「古事記」に記録が記載されているとのことです。

 

そんな長い歴史のある「ダイズ」をペットボトル栽培で

育てようと思うと、恐れ多いことをしている様にも感じます。

 

さて、今回の「ダイズ」のペットボトル栽培では、

'誰でも簡単に始められ、かつ、1コインで育てる'という

スローガンの下、煩わしい作業を省いた栽培を目指します。

 

「ダイズ」栽培を始めるには準備が必要ですので、

ここでは栽培に必要な道具をご紹介したいと思います。

 

「ダイズ」栽培に必要な道具は下の写真に示すように、

ダイズの種粒状の野菜の培養土

2Lサイズのペットボトルジョウロシャベルです。

ペット栽培III(ダイズ)02

 

今回育てる「ダイズの種」についてですが、

アタリヤ社の'はやみどり'という品種を使用する事にしました。

ペット栽培III(ダイズ)03

 

この品種の種は、園芸店やホームセンターなどで

150円前後で購入することができます。

 

今後、この'ダイズ'を育てるにあたり、

ダイズのことを「ズンダくん」という愛称で呼びますので、

皆さんも呼んであげて下さい()

 

次に、今回の栽培で使用するペットボトル鉢ですが、

今回の栽培では「ズンダくん」の生育を考え、

'二つ折型ペットボトル鉢'を採用することにしました。

ペット栽培III・ペット鉢03_2

 

「二つ折型ペットボトル鉢」はペットボトルの中央部を

コの字を描くようにカッターやハサミで切り取った後に半分に折り、

ペットボトルの底部分に錐で穴を開けるだけですので、

誰でも簡単に作ることができるかと思います。

 

また、本ブログにおけるペットボトル栽培では、

ペットボトル鉢の口部分を保護したり、栽培する野菜の

種別を判別するために、豆類を示す'緑色の絶縁テープ'

使用しています。

 

最後に、今回の栽培で使用する「粒状の野菜の培養土」ですが、

ペットボトル栽培では排水性が最も重要なものとなりますので、

園芸店やホームセンターで購入することができる

アイリスオオヤマ社の粒状の培養土を使用しています。

ペット栽培III・ツール01

 

この培養土は少なくても5()のものになりますが、

今後、他の野菜などを栽培することを考えますと、

少し多めのものを購入されたほうが経済的かと思います。

 

今回の栽培では二つ折型ペットボトル鉢を使用するため、

1鉢あたり2()程度の培養土をご用意して下さい。

 

以上、これらの道具を使い、

「ダイズの種」を蒔きたいと思います。

 

「ダイズ」発芽適温(地温)25℃前後ですので、

今の時期でしたら早めの発芽が期待できそうです。

 

長い説明にお付き合い頂きありがとうございました。

 

次回から「ズンダくん」の生長する様子をお伝えしますので、

今後とも、ご愛読頂けますようお願いします。

次回に続く

 

◆「ダイズ」の種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

ダイズ(はやみどり)の種

1

157

157

野菜の培養土<粒状>(14)

1

398

57
(2L使用)

ウーロン茶(2L)

1

148

148

合計金額 

362

※ ジョウロと移植ゴテは自宅にあるものを使用しているため、

 この費用には計上しておりません。

 

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
25

[サンパチェンス] ブログ村キーワード:食物連鎖、マイ箸

おはようございます、M.Ishiiです。

 

先日、「サンパチェンス」を植え付けたことをお伝えしましたが、

その後の生長を定期的にお伝えしていきたいと思います。

 

さて、「サンパチェンス」の植え付けから1週間が経過し、

早くも生長に変化が見られました。

心ひとつに キャンドルナイト

04月
23

[イチゴ]ブログ村キーワード、カーボンオフセット

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、四季なりイチゴの「ベリンちゃん」はさらに大きく生長し、

待望の実が結んでくれました。

 

これはきっと、'米のとぎ汁'の効果があったのでしょう。

 

一方、二代目四季なりイチゴの「ベリンツくん」も、

'ベリンちゃん'に匹敵するほどの大きさに生長していました。

 

この2株の'四季なりイチゴ'たちには、

今の天候不順などは関係ないのかもしれません。

 

栽培開始から215日目

「ベリンちゃん」一段と葉数を増やし大きくなっていました。

ペット栽培II(四季なりイチゴ)71

 

しかも、「ベリンちゃん」の近くによると、

たくさんの花が咲いていることに気づきました。

ペット栽培II(四季なりイチゴ)72

 

そして、前回待望の結実を果たした果実ですが、

目測で6~7(cm)ほどの大きさに育っていました。

ペット栽培II(四季なりイチゴ)73

 

収穫までにはまだ3週間ほどかかるそうですので、

静かに見守りたいと思います。

 

一方、「ベリンツくん」は栽培開始から190日目になり、

草丈を数(cm)伸ばし、小さな葉も急増していました。

ペット栽培II(四季なりイチゴ)74

 

正面から見ると分かり辛いと思いますので横から見てみますと、

どれだけ大きく生長しているのかが一目瞭然で分かります

ペット栽培II(四季なりイチゴ)75

 

上の写真でお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、

'ベリンツくん'の相棒の「ボリジ」はどこにあるのかが分かりません。

 

実は、コンパニオンプランツの「ボリジ」は、

'ベリンツくん'に覆い被さるように育っていたため、

'ベリンツくん'の葉を掻き分けないと分からなかったのです。

ペット栽培II(四季なりイチゴ)76

 

ちなみに、この「ボリジ」は栽培開始から22日目が経過し、

ようやく小さな本葉が出始めてきたようです。

<次回に続く>

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
23

[気候変動] ブログ村キーワード:食物連鎖、マイ箸

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今週も「オレ流eco検定」を通じて、

様々な環境問題に関する知識を養って頂きたいと思います。

 

今週のテーマは'世界的な気候変動'ですので、

皆さんもご一緒にお考え下さい。

 

それでは、今週の問題です。

 

問題.次の文中の[■■■]に当てはまる語句を選んで下さい。

「地球上で、世界的な気候変動をもたらす現象が生じることが

 ある。太平洋赤道域の中央部(日付変更線付近)から南米ペルー

 沿岸にかけての広い海域で、海面水温が平年に比べて高い状態

 が続くことを[■■■]現象といい、この現象が起こる時、日本

 では梅雨が長くなり冷夏になりやすい一方、冬は暖冬の恐れが

 あるとされている。」

 

[語群]

()フェーン   ()ラニーニャ

()エルニーニョ ()放射冷却

心ひとつに キャンドルナイト

04月
21

[パセリ]ブログ村キーワード、カーボンオフセット

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、二代目パセリの「パセりん」「ばーつ君」」は、

順調に大きく育っていましたが、今後の生育を考え、

「ばーつ君」の大きくとなった葉を剪定しました。

 

とりあえず、剪定後の「パセりん」と「ばーつ君」の生長を

覗いてみることにしましょう。

 

栽培開始から36日目

「パセりん」は一段と葉が大きくなり、一部の芽からは

本葉らしきものが出てきてるのを確認できました。

ペット栽培・試験録(パセリ)18

 

ここ最近、天候不順による影響が叫ばれておりますが、

とりあえず、その影響はなさそうな様子で安心しました。

 

一方、前回剪定した「ばーつ君」ですが、

相変わらず、今の地位を'パセりん'に譲らんとするかのように、

少し横に広がるように生長していました。

ペット栽培・試験録(パセリ)19

 

まったくもって、なんという執念なのでしょうか?

 

暫くの間は、剪定前のように大きくなることはありませんので、

この間に「パセりん」が大きく生長し、

その存在感を示してくれることを期待します。

<次回に続く>

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
21

[ピーマン] ブログ村キーワード:カーボンオフセット、環境教育

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、気合いを入れて種蒔き作業を終えた「ピーマン」栽培

 

とりあえず、縦型ペットボトル鉢の中央に種を蒔いたのですが、

無事に発芽してくれるのでしょうか?

ペット栽培III(ピーマン)03

 

さて、前回皆さんに今回育てる「ピーマン」の愛称を

募集したところ、一つ気に入った名前がありましたので、

これに決定したいと思います。

 

その愛称は、ブログ仲間のかなんりょう様

お考え下さった、「ベルちゃん」です。

 

'ピーマン'と無関係だとお感じになられた方も

いらっしゃると思いますが、前回ご説明した通り、

今回育てる'ピーマン'「ワンダーベル」という品種でして、

その一部を愛称に使われたことと、ネーミングが非常に

カワイらしかったのでこの名前を愛称にしたいと思いました。

 

今回の愛称をお考え下さったかなんりょう様に感謝申し上げます。

 

今後は、今回育てるピーマンのことを「ベルちゃん」

呼びますので、皆さんもご一緒に呼んであげて下さい。

 

さて、種蒔き作業から一週間後...

ここのところ、天候不順が続いているためなのか、

「ベルちゃん」はまだ発芽してくれません。

 

種蒔き直後から簡易温室で育てているものの、

気温が低いことが影響して発芽しにくい状況にあるようなのです。

 

一般的な'ピーマン'の発芽は、発芽適温(地温)2530で、

播種後5~7日くらいで芽が出てくるとのことです。

 

従って、ここ最近の激しい気温の変化が繰り返されている中で、

「ベルちゃん」が発芽するのは困難な状況にあるというわけです。

 

このため、「ベルちゃん」とは別に、

もう一つ同じ品種の'ピーマン'を室内で育てることにしました。

 

とは言っても、収穫するまで室内で育てるわけではなく、

ある程度の大きさの苗に育つまでの間だけですが、

下図に示す横型ペットボトル鉢を使って育てるというわけです。

ペット栽培III・ペット鉢02_2

 

早速、横型ペットボトル鉢の指マークで示す二箇所

'ピーマンの種'を2粒ずつ蒔きました。

ペット栽培III(ピーマン)04

 

今後、小型ペットボトル鉢で育てる'ピーマン'のことを

今回の愛称募集で多かった「ピーすけ」と呼びたいと思います。

 

話を「ベルちゃん」のほうに戻しますが、

栽培開始から16日目のことです。

 

予定では既に発芽してもいい日数ではあるのですが、

依然として天候不順が続き、「ベルちゃん」の発芽の気配を感じず

半ば、諦めかけていました。

 

それに加え、私自身も個人的なことで非常に落ち込んでいたため、

殆ど「ベルちゃん」の面倒を見てあげることができずにいたのです。

 

ところが、その翌日の朝、ブルーになっていた私が

仕事へ行く前に「ベルちゃん」の様子を見てみたところ、

小さな芽らしきものが出ているのを目撃したのです。

ペット栽培III(ピーマン)05

 

まさかと思い、その芽らしきものに目を凝らして観たところ、

紛れもなく、'ピーマン'の芽であることを確信したのです。

ペット栽培III(ピーマン)06

 

「ベルちゃん」の発芽が確認された瞬間、

それまで、「ベルちゃん」の発芽を諦めかけ、そして、

個人的に落ち込んでいたものが一掃されたのです。

 

私はこれまで数々の野菜の発芽を見てきましたが、

発芽においてこれほど嬉しかったことはありませんでした。

 

なんだか、これまで私自身が深く悩んでいたことや、

一時的とはいえ、「ベルちゃん」の育成を放棄してしまったことを

大変恥ずかしいことだったと痛感しました。

 

「ベルちゃん」が発芽したからというわけではありませんが、

今後は「ベルちゃん」「ピーすけ」を大事に育てていくことを

固く誓う私でした。

次回に続く

 

◆「ピーすけ」の種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

ピーマンの種

1

188

188

野菜の培養土<粒状>(14)

1

398

57
(2L使用)

天然水(2L)

1

78

88

合計金額 

333

※ ジョウロとシャベルは自宅にあるものを使用しているため、

 この費用には計上しておりません。

 

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
20

[ミニ大根]ブログ村キーワード、カーボンオフセット

おはようございます、M.Ishiiです。

 

従来までのペットボトル栽培とは

全く異なる試みで始めた'ミニ大根・ころ愛'栽培

 

今回の栽培は、今年春から実施予定のペットボトル栽培について、

様々な角度から調査することを目的として始めたものです。

 

今回の'ミニ大根・ころ愛'栽培では、

これまでのペットボトル栽培では初となる再生処理した培養土と、

比較用に使用する未使用の野菜の培養土で育てることにしました。

 

前回、2種類の土で栽培中の'ミニ大根・ころ愛'は、

葉のボリューム感や根の生長具合などにバラつきが出てきました。

 

しかし、根の太さは(cm)程度ありますので、

あと少し生長できれば収穫できる状況に近づけるかもしれません。

 

とりあえず、2株の'ミニ大根・ころ愛'のその後の生長を

覗いてみることにしましょう。

 

栽培開始から111日目

再生処理した培養土で栽培中の「コロちゃん1号」は、

相変わらず、ボリューム感のある葉を大きく広げ、

その存在感をアピールするかのように元気に育っていました。

ペット栽培・試験録(ミニ大根)49

 

一方、未使用の培養土で栽培中のミニ大根「コロちゃん2号」は、

数少ない葉をビンビンに立たせ、元気に育っている様子が

伺えます。

ペット栽培・試験録(ミニ大根)50

 

しかし、'コロちゃん兄弟'に何か違和感を覚えたのは

気のせいでしょうか?

 

栽培開始から122日目

「コロちゃん1号」はボリューム感のあった面影がなく、

葉数が半分近くに減っていました。

ペット栽培・試験録(ミニ大根)51

 

ここ最近の気温の激しい変化が影響しているのでしょうか?

 

とりあえず、「コロちゃん1号」の根元を見てみると、

やはり、根径のほうは前回とほとんど変わりがなく

根の生長は確認できませんでした。

ペット栽培・試験録(ミニ大根)52

 

また、ここにきて、茎の色が紫色に変色し始めていました。

これは一体なにを意味しているのでしょうか?

 

一方、「コロちゃん2号」は葉数こそは変わりがないようですが、

やや葉の張りが衰えてきているように感じます。

ペット栽培・試験録(ミニ大根)53

 

「コロちゃん2号」の根元を確認してみたところ、

'コロちゃん1号'と同様に根の生長は見られず

茎の色が紫色に変色していました。

ペット栽培・試験録(ミニ大根)54

 

ここにきて、'コロちゃん兄弟'の生長に陰りが見え始めましたが、

根径が7(cm)に到達する前に収穫するべきなのかを

考える必要がありそうです。

<次回に続く>

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる