インフォメーション
8/23 ペットボトル栽培関連記事を全て移行し、カテゴリーメニューに反映させました!!
11/19 今日の雪見だいふく(9)
11/18 「バジル」を収穫しましたよぉ!!
11/17 「ジャガイモ」はもうダメかな?
11/16 今後の「栽培計画」を見直そうかと思います!!
11/15 急生長で衰えを感じる「キュウリ」に実を着けて…。
11/15 今日の柿の種XI
11/14 秋の長雨の中、「かぶ」が発芽していました!!
11/14 今日の柿の種X
10月
31

[冷蔵庫]ブログ村キーワード:林道 遺伝子組み換え ESCO

おはようございます、M.Ishiiです。

 

突然ですが、皆さんは下の写真に示すものは

何を使ったアートかお分かりになりますか?

冷蔵庫のアート 

 

このアートは廃棄処分となった「冷蔵庫」を322使った

芸術作品で、ドイツ人芸術家により制作されたものなのです。

 

あのドデカい「冷蔵庫」をアートにしてしまうとは驚きです。

 

このアートは、アラスカなどの先住民族イヌイットの

伝統住居「イグルー」をかたどったものだそうで、

エネルギー浪費に警鐘を鳴らすことが目的で

制作されたとのことです。

 

「イグルー」とはエスキモー諸民族のイヌクティトゥット語で

家を意味するそうで、エスキモーの文化における住まいの

'3つの形態の中の一つ'を取り上げた、極寒の状態における

狩猟の旅先でのツンドラ気候に適応した雪洞構造の

避難施設のことをいいます。

 

日本でいう'かまくら'に似たようなもののようです。

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

10月
30

[インゲン]ブログ村キーワード、地球温暖化

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、3つのケースで栽培する'つるなしジャンビーノ'は、

秋らしい気候の中草丈を数(cm)伸ばし莢も大きく育ちました。

 

縦型ペットボトル鉢で栽培中の「ジャッピー」

10(cm)の長さに生長し、2つ折型ペットボトル鉢に

敷きワラをして栽培する「ビニーくん」

同鉢に敷きワラをしないで育てている「ホビジーニ」は、

ともに、(cm)ほどの長さに育っていました。

 

一足先に、「ジャッピー」は収穫しましたが、

今回は「ビニーくん」と「ホビジーニ」の収穫が期待できそうです。

 

栽培開始から82日目

ここのところ、冷たい雨が降り続く日が増え、

晴れる日が少なくなったこともあり、

「ジャッピー」はあまり生長することができず、

見た目にもほとんど変わりはありませんでした。

ペット栽培・試験録(つるなしジャンビーノ)91

 

しかし、近くに寄って見てみると、

長さ10(cm)以上になる莢が数箇所に実っていました。

ペット栽培・試験録(つるなしジャンビーノ)92

 

実った莢の一部には土面に付きそうなものがあったので、

後ほど収穫することにしました。

 

一方、2つ折型ペットボトル鉢で育てている

'つるなしジャンビーノ'栽培開始から55日目を迎えました。

 

「ビニーくん」は草丈の伸びはあまりなく、

葉数も若干少なくなったように感じられます。

ペット栽培・試験録(つるなしジャンビーノ)93

 

このため、前回数(cm)あった莢は10(cm)近くに生長し、

収穫することができそうな大きさになっていました。

ペット栽培・試験録(つるなしジャンビーノ)94

 

「ホビジーニ」は前回左右の株で差が付き始めましたが、

その差はさらに広がり、左側の株は葉が沢山付いているのに対し、

右側の株はほとんどの葉が枯れ落ちてしまい、

寂しい姿になっていました。

ペット栽培・試験録(つるなしジャンビーノ)95

 

左側の株には10(cm)ほどの長さになる莢が沢山付いており、

こちらも収穫することができそうです。

ペット栽培・試験録(つるなしジャンビーノ)96

 

植え換え時に余った苗を別の鉢で育てている「ザンビーノ」は、

天候不順の中、草丈を数(cm)伸ばし元気に育っていました。

ペット栽培・試験録(つるなしジャンビーノ)97

 

また、近くに寄って見てみると、

(cm)の長さになる莢がいくつもできており、

所々にまだ花が咲いていました。

ペット栽培・試験録(つるなしジャンビーノ)98

 

現在栽培している'つるなしジャンビーノ'の中で、

「ザンビーノ」が一番元気で今後の収穫に期待が持てそうです。

 

とりあえず、今回収穫できそうな莢を収穫したところ、

12となり、まずまずの収穫量だったといえます。

ペット栽培・試験録(つるなしジャンビーノ)99

 

今回収穫した'つるなしジャンビーノ'は、

簡単に調理することができる「きんぴら」に使いました。

ペット栽培・試験録(つるなしジャンビーノ)100

 

'つるなしジャンビーノ'と一緒に炒めたレンコンとの相性がよく、

食が進むほどの美味しさでした。

 

さて、今回のつるなしジャンビーノ栽培は、

以下に示す項目について調べる試験的な栽培でした。

・ワラを敷いた場合の生育状況

・保水剤を混在させた培養土での生育状況

 

栽培途中に、横型ペットボトル鉢で育てた株については

大変残念な結果となりましたが、

その後、2つ折型ペットボトル鉢で育て直し、

現在も莢を付けて育っています。

 

2つ折型ペットボトル鉢における栽培では、

最初から保水剤を混在させた培養土で育てていましたが、

敷きワラをした場合のほうが生長していたように感じられます。

 

これは、夏の暑い時期に顕著に現れていましたので、

敷きワラをした効果はあったと考えられます。

 

また、横型ペットボトル鉢で栽培した時にもお伝えしたように、

培養土への保水剤の混在の有無については、

想定していたよりは効果のほどが示されなかったため、

保水剤を混在させる必要性は必ずしもないと思われます。

 

従って、今回の試験栽培では、敷きワラによる保水効果および

'つるなしジャンビーノ'の生育を伸ばす効果はあったものの、

培養土に保水剤を混在させることへの効果は

思ったほどないことが分かったと結論付けたいと思います。

<ペット栽培・試験録~つるなしジャンビーノ~ 完>

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
29

[外来生物]ブログ村キーワード:里千里山 重曹 海洋汚染

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今週も「オレ流eco検定」を通じて、

様々な環境問題に関する知識を養って頂きたいと思います。

 

今週のテーマは'外来生物の取り扱い'ですので、

皆さんもご一緒にお考え下さい。

 

問題.次の文章で内容が適切であるか、○か×を選んで下さい。

「外来生物の適正な取り扱いについては、「安易に国内に

 入れない」、「野外に捨てない」、「他地域に広げない」という

 3原則の理解と対応が市民にも必要とされている。」

 

[語群]

()  ()×

心ひとつに キャンドルナイト

10月
28

[ガム]ブログ村キーワード:里千里山 重曹 海洋汚染

おはようございます、M.Ishiiです。

 

皆さんは、歩道や駅の階段などで「吐き捨てられたガム」

こびり付いているのを見たことがあると思います。

 

ガムが路面や床にこびり付いているならまだしも、

誰かが吐き捨てた直後のガムを踏んでしまったときには、

靴の裏に付いてしまったガムを取り除くのにひと苦労で、

いい迷惑だと感じますよね。

 

そんな「吐き捨てられたガム」は清掃員の方が鉄製ヘラを使い

剥がしているのを何度か目撃したことがあるのですが、

この作業は意外と重労働だと感じます。

 

先日、ネットサーフィンをしていたら、

偶然にも、「吐き捨てられたガム」に関する記事が目に入り、

興味深く拝読したところ、驚くべきことが記されていました。

心ひとつに キャンドルナイト

10月
28

[サンチュ] ブログ村キーワード:食物連鎖、マイ箸

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、少しチマサンチュらしい葉に生長した

チマサンチュの「サッちん」栽培開始から13日目を迎え、

冷たい雨が降り続く中、生長を続けていました。

ペット栽培III(チマサンチュ)11

 

葉は前回よりさらに一回り大きくなり、

よりチマサンチュらしい葉に近づいていました。

 

順調に育ってくれているのは嬉しい限りですが、

一つ気がかりな事はほとんど日が出てくれないため、

光合成がうまくできないこと...

 

「サッちん」を間近で観察してみたところ、

思っていたよりは徒長していないようで安心しましたが、

でも、元気な'チマサンチュ'に育ってほしいと思うと

どうしても不安になってしまいます。

ペット栽培III(チマサンチュ)12

 

栽培開始から16日目

それから3日が経過し、ようやく日が少し差し込むようになり、

「サッちん」一段と葉が大きくなってくれました。

ペット栽培III(チマサンチュ)13

 

やはり、「サッちん」も私が願っているように

日が出てくれるのを心待ちにしていたのでしょうか?

 

「サッちん」に近づいて観てみたところ、

日が出てくれたお掛けで3日目前とは少し印象が変わり、

パッと見でも葉の形が'チマサンチュ'であることが

ハッキリと分かるようになっていました。

ペット栽培III(チマサンチュ)14

 

このまま、秋晴れの日が続いてくれますと、

「サッちん」にとっては嬉しい限りなのですが、

今後も雨が降り続き、気温のほうも下がっていますので、

そろそろ、簡易温室を用意したほうがよさそうですね。

次回に続く

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
28

[生態系]ブログ村キーワード:里千里山 重曹 海洋汚染

おはようございます、M.Ishiiです。

 

近年、今まででは考えられないようなことが

私たちの前で相次いで起きています。

 

例えば、ゲリラ的な大雨が断続的に降ったり、

極端な気温の変化があったり、あるいは、

クマや猪などが住宅地に出没するようになったり...

 

どれも共通して言えることを一言で表現するならば、

地球環境や生態系が乱れているということです。

心ひとつに キャンドルナイト

10月
27

[茎ブロッコリー] ブログ村キーワード:オゾン層、フロンガス

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、少しブロッコリーらしい葉に生長した

茎ブロッコリーの「キッコリー」栽培開始34日目を迎え、

草丈をさらに数(cm)伸びました。

ペット栽培III(茎ブロッコリー)12

 

「キッコリー」が生長してくれるのは嬉しい事ですが、

ここ最近、曇りがちな天気が続いていることもあり、

徒長気味に生長するのは歓迎できず、心配です。

 

「キッコリー」を近くで観察してみたところ、

日照時間が少ない影響から草丈6~7(cm)程の長さに徒長し、

茎はあまり太くなっていませんでした。

ペット栽培III(茎ブロッコリー)13

 

ただ、見た目に頼りなさそうに見える「キッコリー」ですが、

葉のほうは一回り大きくなったように感じられます。

 

今後も雨が降る日が多くなりそうなため、

「キッコリー」がこれ以上徒長しない工夫が必要のようです。

次回に続く

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
27

[動物]ブログ村キーワード:里千里山 重曹 海洋汚染

おはようございます、M.Ishiiです。

 

絶滅危惧種に指定された動物たちは身近なところに存在します。

 

このような動物たちを通じて、絶滅の危機に瀕している現状を

考えてもらいたいという趣旨で始めたこの企画。

 

今回は、ちょっとした仕草がカワイらしい

「メキシコウサギ」です。

絶滅動物図鑑03 

 

皆さんは、「メキシコウサギ」が標高3000()くらいの高い所

生息していることをご存じでしょうか?

 

この「メキシコウサギ」は若草や草丈の低い植物を食べるそうで、

巣穴を草の根元に作り、子育てをするのだそうです。

 

「メキシコウサギ」にとって草は餌だけでなく、

敵から身を隠すのにも使っているのです。

心ひとつに キャンドルナイト

10月
26

[アサリ]ブログ村キーワード:里千里山 重曹 海洋汚染

おはようございます、M.Ishiiです。

 

いつものように、ネットサーフィンをしていたら、

少し興味深い記事がありましたので取り上げたいと思います。

 

突然ですが、皆さんは「アサリ」はお好きでしょうか?

 

「アサリ」は酒蒸しや味噌汁、和え物、スパゲッティなど、

様々な料理に使われていますので、

ほとんどの方はお召しになられていると思います。

 

現在、「アサリ」は乱獲や生息域の埋め立て、

富栄養化や水質汚染に伴う環境悪化、ナルトビエイによる

食害などで減少しているのだそうです。

 

いまや、スーパーなどで販売されている「アサリ」の多くは、

北朝鮮や韓国、中国からの輸入に頼っている状況で、

春先になると潮干がりを楽しまれる方も多いと思いますが、

浅瀬に生息している「アサリ」もこれらの国から輸入した物を

砂浜にばら撒いてあたかも国産のものと思わされているのです。

(なので、これも一種の産地偽装といえるかもしれません。)

 

もはや、ポピュラーな食材と呼べなくなりそうな感じさえする

「アサリ」ですが、ある水族館では人気を集めているそうです。

心ひとつに キャンドルナイト

10月
26

[微粒子]ブログ村キーワード:里千里山 重曹 海洋汚染

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今月初めに本ブログでもお伝えした、

小惑星探査機「はやぶさ」が持ち帰ったカプセルから

地球外物質の微粒子が数十個発見された件の続報について、

昨日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)から発表がありました。

 

なんでも、カプセル内で発見された地球外物質の可能性がある

微粒子が約860個に増えたのだそうです。

 

今回発見された微粒子の大半は電子顕微鏡で

ようやく判別できるほどの大きさの微粒子で取り扱いが

難しいため、成分などの分析法を検討しているそうで、

調査は継続中で数はさらに増えそうなんだそうです。

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる