インフォメーション
4/21 「半結球レタス」栽培関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/20 「サラダ菜」栽培関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/19 「ガーデンレタス」栽培関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/24 「ジャガイモ」の種芋が届いちゃった!!
4/23 「中葉しゅんぎく」栽培(第3期)の記事を移行しました!!
4/22 「中葉しゅんぎく」栽培(第1期、第2期)の記事を移行しました!!
4/22 今日のガリガリ君XXXX
4/21 「とうがらし」は植え付けに近付いている?
4/21 「半結球レタス」栽培の記事を移行しました!!
09月
29

[春菊] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

ペットボトル栽培III・第4期においても、

PETくんがペットボトル栽培についてお話したいそうなので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「スティック春菊」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくだジョ。

 

おいらは植物だから食べることはできないけど、

秋の気候をより強く感じるようになり、

お鍋の美味しい季節になってきたと思うジョ。

 

お鍋に欠かせないのは'春菊'だと思うんだけど、

ペットボトル栽培で'春菊'を育てることができたら、

お鍋に重宝しそうな気がするジョ。

 

ところで、皆さんは「スティック春菊」という

変わり種な春菊を知っているかだジョ?

ペット栽培III(スティック春菊)01

 

この春菊は品種改良した品種で、

最近育てる方が増え始めているらしいんだけど、

この春菊をペットボトル栽培したら楽しそうな気がしたから、

今回から育てることにしたジョ。

 

この「スティック春菊」の特徴は、葉が上部に集中し、

小型でキザミが細かく、葉色は明るい緑色をしているんだジョ。

茎は淡緑色で真っ直ぐに伸び、荷姿がとてもきれいなんだジョ。

 

そして最大の特徴は、高温期や抽苔期には注意が必要だけど、

生育スピードが早く栽培が容易なんだジョ。

 

だから、今回初めて「スティック春菊」を育てるけど、

ペットボトル栽培に適している思うんだジョ。

 

今回の「スティック春菊」栽培においても、'誰でも簡単に始められ、

かつ、1コインで育てる'というスローガンの下、

できるだけ煩わしい作業を省いた栽培をするつもりなので、

栽培に必要な道具を準備してほしいジョ。

 

今回の栽培で最低限用意して頂きたい道具は、

スティック春菊の種粒状の野菜の培養土

2Lサイズのペットボトルジョウロ移植ゴテだジョ。

 

次回は「スティック春菊」の種蒔き作業をやるんだけど、

今期育てる野菜の中で期待している野菜だから、

気合いを入れて育てたいと思うジョ。

次回に続く

by PETくん

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

09月
28

[シシトウ] ブログ村キーワード:バイオマス、フロンガス

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「シシトウ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、不安定な天気が続く中蕾や花の数を増やしていた、

シシトウの「シシまる」は栽培開始からちょうど70日目を迎え、

台風の影響を受けることなく、元気に育ってくれていたジョ。

ペット栽培III(シシトウ)18

 

一段と葉数が増えたように感じる「シシまる」だけど、

近くに寄って観てみると蕾から白い花が続々と開花し、

開花した箇所からは待望の実を付けてくれていたんだジョ。

ペット栽培III(シシトウ)19

 

おいらはすんごく嬉しくて、M.Ishiiとはしゃいでしまったジョ。

 

栽培開始から76日目

「シシまる」は見た目には殆ど変わりがないように見えたんだけど、

近くに寄って観てみると、更なる生長の変化を確認できたジョ。

ペット栽培III(シシトウ)20

 

開花した花の数は幾分少なくなったように感じたけど、

蕾の数はさらに増え、今後の生長が楽しみだジョ。

ペット栽培III(シシトウ)21

 

また、3(cm)ほどの大きさがあった実は倍近くの大きさになり、

収穫できそうな実が数ヵ所で確認することができたんだジョ。

 

ペットボトル栽培の'シシトウ'は生育上、

大手スーパーにあるような'シシトウ'の大きさになるまで育てず、

5~6(cm)ほどの大きさになる実を順次収穫した方が

'シシトウ'栽培を長い期間楽しむことができるんだジョ。

 

だから、現時点で収穫できそうな実を採ることにしたジョ。

ペット栽培III(シシトウ)22

 

今回収穫した'シシトウ'15と少量だったから、

レンコンと一緒に炒めたジョ。

ペット栽培III(シシトウ)23

 

'シシトウ'は辛いイメージがあるけど、

今回収穫したものはあまり辛くなかったジョ。

次回に続く

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

09月
21

[かぼちゃ] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「ミニかぼちゃ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、脇芽の先端が枯れ、衰えを感じるようになった、

ミニかぼちゃの「クリぽん」は栽培開始から108日目を迎え、

殆どの葉が黄色くなり、今までとは違う姿に変わっていたジョ。

ペット栽培III(ミニかぼちゃ)40

 

新芽が出てくる様子は完全になくなり、

衰退していく一方の「クリぽん」の姿が痛々しく感じたジョ。

 

そんな中、奇跡的に実を付けた実の色は濃い緑色をしていて、

若干つやがなくなってきたように感じるジョ。

ペット栽培III(ミニかぼちゃ)41

 

栽培開始から114日目

「クリぽん」葉の半分が茶色く枯れてしまい、

黄色くなった葉数枚と大きな実を残すだけという、

寂しい姿に変わっていたジョ。

ペット栽培III(ミニかぼちゃ)42

 

もはや、「クリぽん」の生長に期待が持てなくなり、

残された希望は実を無事に収穫することができるかだけだジョ。

 

そんな実の表面はさらにつやがなくなり、

色も濃くなっていたんだジョ。

ペット栽培III(ミニかぼちゃ)43

 

人工受粉に成功し結実してから一ヵ月近く経っているけど、

果硬部は茶色くなっておらず、収穫にはまだ早いそうだジョ。

ペット栽培III(ミニかぼちゃ)44

 

現在の「クリぽん」の様子を見たら

早く収穫して楽をさせてあげたい気持ちがある反面、

あまり早く収穫してしまうと、甘くない実になってしまうから、

すんごく迷ってしまうジョ。

 

おいらは「クリぽん」に似た名前の弱っちい奴とは違って、

頑張っている「クリぽん」を応援するジョ。

ペット栽培III(ミニかぼちゃ)04

次回に続く

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

09月
14

[キュウリ] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

ペットボトル栽培関連のお話はPETくんにお任せしているのですが、

今回のキュウリ栽培には思い入れがあり、私がお伝えします。

 

前回、待望の実が大きく育っていた、

キュウリの「キュウさん」は栽培開始から69日目を迎えました。

ペット栽培III(キュウリ)27

 

若干黄色くなった葉が散見されるようになってきましたが、

元気に育っているように感じます。

 

さて、前回確認した3つの雌花'キュウリ三兄弟'を確認するべく、

株元付近を観てみることにしました。

 

新たに出てきた葉は大きく育って入る様子で、

'キュウリ三兄弟'の生長に期待が持てそうです。

ペット栽培III(キュウリ)28

 

しか~し、世の中そんなに甘くはありません。

 

'キュウリ三兄弟'は厳しい暑さと強風で鉢を横倒しした影響で、

黄色く変色して結実できる状態には至らなかったのです。

 

'キュウリ三兄弟'が残念な結果になってしまいましたが、

まだ中間部に成っている実がありますので、

悲観的になる必要はないと気持ちを切り替え、観察することに...

ペット栽培III(キュウリ)29

 

近くに寄って観てみますと枯れている葉が多く見られ、

「キュウさん」の衰えを感じましたが、

待望の実は太さ2(cm)長さ15(cm)ほどに育っていて、

収穫できそうな状態になっていました。

 

キュウリ大好きな私としてはもう少し大きくしたいところですが、

この実は一番果なため、この状態で収穫することにしました。

 

今回収穫した'キュウリ'は他の鉢で育てているものを含め、

計3本収穫することができ、うれしい限りです。

ペット栽培III(キュウリ)30

 

収穫した実が漢字の「川」や髭男爵の「ヒゲ」に見えたりもしますが、

早速、収穫したキュウリに味噌を付けてかぶりつきました()

ペット栽培III(キュウリ)31

 

少し衰えを感じるようになった「キュウさん」ではありますが、

上端部には脇芽がたくさん伸びていて、

黄色い花や蔓を多く確認できます。

ペット栽培III(キュウリ)32

 

近くに寄って観てみますと、新たな雌花が出てきていましたので、

次の収穫のターゲットにしたいところです。

【ペットボトル栽培III~キュウリ~ 完】

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

09月
11

[大震災] ブログ村キーワード:市民活動、NGO、コンポスト

おはようございます、M.Ishiiです。

 

昨日は一年で最も訪れてほしくない日でしたが、

今日は某出版社との打ち合わせ&写真撮影で少々疲れたものの、

有意義な一時を過ごすことができました。

 

あの今までに経験したことのなかった大地震

'東日本大震災'発生から半年が経過して、

今もなお、住む場所がなく、まともな食事を摂ることや

衣服を着ることのできない方々はたくさんおられ、

それに比べれば、このような一時を過ごすことができるのは

幸せなことだと感じる今日この頃です。

 

一言で「半年」というのは簡単なことですが、

甚大な被害を受けた被災者の方々にとりましては、

とても長く辛い日々だったのではないでしょうか?

 

しかし、被災者の方々は生きるために自分を奮い立たせ、

復興させようと前向きに行動している方々が多く、

マスコミが報道するようなあたかも大震災を受けて

憔悴しきっているようなイメージは微塵も感じず、

私たちが想像していた以上に強い精神力を持っておられることに、

逆に勇気づけられることが多々ありました。

心ひとつに キャンドルナイト

09月
09

[シシトウ] ブログ村キーワード:バイオマス、フロンガス

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「シシトウ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、開花しそうな蕾が確認されるようになった、

シシトウの「シシまる」は栽培開始から62日目を迎え、

さらに大きく生長してくれていたジョ。

ペット栽培III(シシトウ)16

 

草丈は10(cm)近く伸び、脇芽が伸びたことにより

葉数が格段に増えていたんだジョ。

 

しかも、「シシまる」数箇所から白い花を咲かせ、

蕾の数もさらに増えていたんだジョ。

ペット栽培III(シシトウ)17

 

ここのところ、不安定な天気が続いていたのに、

しっかりと育ってくれているのを見て嬉しくなったジョ。

次回に続く

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

09月
06

[キュウリ] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

ペットボトル栽培関連のお話はPETくんにお任せしているのですが、

今回のキュウリ栽培には思い入れがあり、私がお伝えします。

 

前回、待望の雌花が多数出てくるようになった、

キュウリの「キュウさん」は栽培開始から63日目を迎えました。

ペット栽培III(キュウリ)21

 

だいぶ株の半分より下のほうは葉が枯れ落ち、

少し寂しい姿に変わってしまった印象がありますが、

「キュウさん」の生長は止まることを知らず、

さらに大きく生長していたのです。

 

「キュウさん」を汲まなく観察するため上端部を見てみたところ、

脇芽が支柱より高い位置まで伸びていて、

蔓が行き場を失い絡めるところがありませんでした。

ペット栽培III(キュウリ)22

 

「キュウさん」の中間部には脇芽が集中していることもあり、

あちらこちらに黄色い雄花が咲いているのが確認できます。

ペット栽培III(キュウリ)23

 

また、雌花が所々から出ているのを確認できる一方で、

前回確認された雌花は人工受粉をする間もなく、

太さ約2(cm)、長さ約12(cm)の実に育っていました。

 

キュウリ大好き人間の私としては嬉しいことなのですが、

欲をかけば、実が若干曲がっているのは気になります。

実が曲がってしまった原因は水分不足が考えられるため、

これを解消するために'簡易自動給水器'を導入しました。

ペット栽培III(キュウリ)24

 

この'簡易自動給水器'毛細管現象を利用し、

水の入ったペットボトルの中に紐の片方を入れ、

もう片方の紐を水やりする野菜の根元付近に置くことにより、

一滴一滴自動的に給水してくれる優れものなのです。

ペット栽培III(キュウリ)25

 

従って、仕事や旅行などで長期間家を留守にした場合に重宝し、

今回、うっかり水やりを忘れてしまうことのないように

'簡易自動給水器'を設置したのです。

 

これで、「キュウさん」に付いた実が少しでも真っ直ぐに

育ってくれることを期待したいですね。

 

ところで、'簡易自動給水器'の設置時に気づいたのですが、

株元付近には雌花が3つまとまって出ているのを確認し、

これらをなんとか実らせるべく、人工受粉したいと思います。

ペット栽培III(キュウリ)26

次回に続く

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

09月
04

[投票]ブログ村キーワード:コンポスト、ビオトープ、外来種

おはようございます、M.Ishiiです。

 

いつも本ブログをご覧頂きましてありがとうございます。

 

未だに、厳しい残暑が続いておりますが、

だいぶ秋の気候を感じられるようになってきました。

 

現在育てているペットボトル野菜も収穫期を迎えつつあり、

少しずつ秋冬向け野菜への栽培に移り変わろうとしています。

 

さて、8月8日から9月3日まで実施した「野菜投票2011秋冬」ですが、

皆さんのご協力により無事に終了することができ、

下図の候補の中から1品種ずつを決めることができました。

野菜投票2011秋冬02 

 

お忙しい中、ご投票頂きましてありがとうございました。

 

それでは、今回の野菜投票の結果を発表したいと思います。

心ひとつに キャンドルナイト

09月
02

[シシトウ] ブログ村キーワード:バイオマス、フロンガス

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

 

オッス、おいらはPETくん。

今日は、「シシトウ」栽培についてお話するので、

最後までお付き合いよろしくなんだジョ。

 

前回、涼しい場所に移動させ順調に生長を続ける、

シシトウの「シシまる」は栽培開始から54日目を迎え、

若干徒長気味ながらも草丈を10(cm)近く伸ばし、

大きく2本に枝分かれしていたんだジョ。

ペット栽培III(シシトウ)14

 

「シシまる」の上部を見てみると、

枝分かれした2本の先端には蕾がたくさんできていたジョ。

ペット栽培III(シシトウ)15

 

しかも、近くに寄って見てみると、

開花しそうな蕾を確認できたジョ。

 

「シシまる」は待望の実を付ける日が近づいてきたジョ。

次回に続く

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる