インフォメーション
8/23 ペットボトル栽培関連記事を全て移行し、カテゴリーメニューに反映させました!!
9/23 徒長が進む「エダマメ」に蕾が着き始めました!!
9/22 「ホーム玉ねぎ」が発芽したと思ったら…。
9/21 「とうがらし」に新たな実を着けないよぉ!!
9/20 今日の柿の種II
9/19 「バジル」は早くも2回目の間引きを行いました!!
9/18 「キュウリ」栽培に拘るばかりに…。
9/18 今日の柿の種I
9/17 「あさがお」に花と実がたくさん着いています!!
11月
29

[わさび菜] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

ペット栽培III(わさび菜・改)01

 

前回、マイブームでコンパクトなペットボトル鉢に

'わさび菜'を育てることをお伝えしましたが、

記事の最後にギャグのつもりで載せたポテトチップに

コメントを寄せて下さり、意外に反応して下ったことを嬉しく思います。

ペット栽培III(わさび菜・改)05

 

このポテトチップは私が学生の頃に一時期ハマったものでして、

今でもコンビニに置いてありますので、

ご興味がありましたら購入してみて下さい。

 

さて、本題に戻りますが、

先ほどのポテトチップを食べながら今回の栽培の準備をしましたので、

早速、種蒔き作業に取り掛かることにしましょう。

 

今回育てる'わさび菜'は前回もお伝えしたように、

昨年育てた際に採取した種を使いたいと思います。

ペット栽培III(わさび菜・改)06

 

このため、これから'わさび菜'を育てようと思われている方は

園芸店やホームセンターなどで購入することが出来ますので、

お好みでお選び下さい。

 

続いて、今回の栽培で使用するペットボトル鉢についてですが、

'わさび菜'はそれほど根を深くまで張る野菜ではありませんので、

通常はツイン型ペットボトル鉢を使えば問題ありません。

 

しかし、今回の栽培では持ち運びしやすい点も考慮したいため、

()サイズのペットボトルを半分くらいの高さにカットした

「中型ペットボトル鉢」を使いたいと思います。

ペット栽培III・ペット鉢12_2

 

最後に、今回の栽培で使用する培養土ですが、

基本的には清潔な土であれば問題なく育てることはできます。

 

普段、本ブログにおけるペットボトル栽培では、

排水性を考え、「粒状の野菜用培養土」を使っています。

ペット栽培III・ツール01

 

ただ、今回の栽培では葉を大きくさせますので、

予め、窒素を多く含む'発酵油かす'を一握り分混ぜ込みました。

 

'発酵油かす'は殆どの植物の追肥にも使え、

吸収しやすいのでお勧めの肥料です。

 

'わさび菜'の種蒔き作業は下図に示す手順で行いました。

わさび菜の種蒔き作業II

 

種蒔き作業で重要なポイントを下記にまとめましたのでご参考下さい。

[種蒔き作業でのポイント]

・種が重ならないように注意して蒔くこと。

・発芽するまでの間は、種が流されないように注意して

 水やりすること。

 

上図でも示しておりますが、今回の栽培では播種時期が遅いことから、

寒さ対策の一つとして種を蒔いた後の土面にワラを敷きました。

ペット栽培III(わさび菜・改)07

 

気休めかもしれませんが、敷きワラは直射日光から吸収した熱を保ち、

保水性があることから必要以上に水やりしなくてもよいので、

多少なりとも、栽培管理の負担を減らせます。

 

いつもながらに、説明が長くなってしまい申し訳ありませんが、

とりあえず、'わさび菜'の種蒔き作業は終わらせることができました。

ペット栽培III(わさび菜・改)08

 

あとは蒔いた種が無事に発芽するのを待つだけですので、

それまでに、今回の栽培の様子をお伝えする際に呼んでいる、

'わさび菜'の愛称を考えることにしましょう。

 

'わさび菜'をモジって色々組み合わせてみた結果、

今回育てる'わさび菜'のことを「ビーナ」と呼ぶことにしました。

 

相変わらず、センスがないですね(苦笑)

 

栽培開始から早くも5日目を迎え、

そろそろ、「ビーナ」が発芽しても良さそうな日数になりました。

 

'わさび菜'の発芽日数は地温20℃前後で3~5日程度なのですが、

ここのところ、真冬並の寒さが続いていることもあり、

発芽は通常よりも遅れそうな予感がします。

 

とりあえず、この日に「ビーナ」の様子を見てみたところ、

ワラの隙間から小さな芽が出ていました。

ペット栽培III(わさび菜・改)09

 

まだ発芽して間もないようですが、

蒔いた種のほとんどが無事に芽を出し、ホッとしました。

 

これから、さらに寒さが厳しさを増しそうなので、

早いうちに防寒対策をしっかりしたいですね。

次回に続く

◆「わさび菜」の種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

野菜の培養土<粒状>(14)

1

398

29
(1L使用)

発酵油かす(1L)

1

298

3
 (10ml使用)

敷きワラ(200)

1

498

13
(5本使用)

天然水のペットボトル(2L)

1

88

88

合計金額 

133

※ わさび菜の種とジョウロ、移植ゴテは自宅にあるものを使用しているため、

 上表には費用として計上しておりません。

 

by M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

11月
29

[チャイブ] ブログ村キーワード:LED、太陽光発電、風力発電

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今日は、ペットボトル栽培関連のお話ですので、

PETくんに変わりたいと思います。

ハーブのペット栽培(チャイブ)01

 

前回、見事な復活劇を見せてくれた、チャイブの「チャビくん」

栽培開始から217日目を迎えていたジョ。

 

ここのところ、気温が10℃前後まで下がるようになり、

「チャビット」の様子が心配されたけど、元気そうだったジョ。

ハーブのペット栽培(チャイブ)22

 

元気にしているとはいえ、必死に寒さを堪えていることもあり、

生長にはあまり変化がなかったジョ。

 

栽培開始から224日目

「チャビくん」は厳しい寒さの影響もあり、

大きな生長の変化は見られなかったジョ。

ハーブのペット栽培(チャイブ)23

 

しかし、株元付近の様子を見た限りでは少し太くなったように感じたジョ。

 

栽培開始から231日目になる「チャビくん」に変わった様子はなく、

この寒さで生長が遅れているように感じるジョ。

ハーブのペット栽培(チャイブ)24

 

おいらは寒さには強いんだけど、

ペットボトル菜園で栽培中の野菜たちのことを考えると、

そろそろ、防寒をしっかりしないといけないので、

できるだけ早く対応したいと思うジョ。

次回に続く

by PETくん

心ひとつに キャンドルナイト

11月
27

[カラフルファイブ] ブログ村キーワード:植林・植樹、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

ペット栽培III(カラフルファイブ)01

 

前回、増し土をするついでに一本に間引きした、

カラフルファイブの「はつカラ」は栽培開始から22日目を迎えました。

 

小さくてカワイらしい本葉を一枚付けていた「はつカラ」も、

この日には2~3枚に増え、順調に育っているようです。

ペット栽培III(カラフルファイブ)12

 

栽培開始から29日目を迎え、気温のほうが10℃を下回るようになり、

そろそろ、ペットボトル菜園にも防寒が必要な時期になりました。

 

「はつカラ」にも何らかの防寒をしないといけないのですが、

その寒さを吹き飛ばすかのように、大きく育っていました。

ペット栽培III(カラフルファイブ)13

 

葉数はさらに増え、葉の大きさも双葉よりも大きくなり、

「はつカラ」の頑張りが見て分かります。

 

さらに、栽培開始から36日目になりますと、

「はつカラ」一段と葉が大きくなり、キレイな色をしていました。

ペット栽培III(カラフルファイブ)14

 

所々に赤っぽいのが見えたので株元付近を見てみたところ、

まだ肥大はしていないものの、根に白や赤紫などの色が付いていました。

 

一段と気温が下がり、「はつカラ」にとっては厳しい環境になる中、

少しずつ肥大が始まるのかなと思ったら、

早く防寒してあげないといけませんね。

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
26

[長ネギ] ブログ村キーワード:自然体験 異常気象 捕鯨

こんばんは、M.Ishiiです。

ペット栽培III(長ネギ)01

 

前回、小さな芽を出した長ネギの「チョウさん」

栽培開始から21日目を迎えました。

 

「チョウさん」発芽の数を増やし

蒔いた種の殆どが無事に芽を出したように感じます。

ペット栽培III(長ネギ)09

 

前回発芽を確認した芽は草丈を5(cm)ほどに伸ばし、

葉数を二枚に増やしていました。

 

気温差が激しい中、順調に育っているように感じますね。

 

栽培開始から28日目

気温は10℃を下回るようになり、

「チョウさん」は草丈の伸びに殆ど変化がなく、

やや生長が鈍っているようです。

ペット栽培III(長ネギ)10

 

近くに寄って見てみたところ、

葉の一部が契れている箇所があり、少し心配です。

 

栽培開始から35日目

「チョウさん」は草丈を少し伸ばしたものの、

やや横に倒れていました。

ペット栽培III(長ネギ)11

 

気のせいかもしれませんが、葉色がやや黄色みがかっており、

厳しい寒さで弱っているのかもしれません。

 

とりあえず、簡易温室を購入するまでの間は、

日当たりのよい室内で育てるようにしたいと思います。

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
26

[スイセン] ブログ村キーワード:生態系、緑化

おはようございます、M.Ishiiです。

花のペット栽培II(スイセン)01

 

前回、ペットボトルで'スイセン'を育てることをお伝えしたのですが、

三週間も前のことですので忘れている方も多いのではないでしょうか?

 

'スイセン'栽培は自然消滅することなく

ちゃんと育てていますのでご安心下さいね()

 

さて、今回はいよいよ'スイセンの球根'を植付け、

本格的に栽培をスタートさせます。

 

まずはいつものように、今回の栽培に必要な道具について、

詳しく説明していきたいと思います。

 

まず、今回の栽培で重要な「スイセンの球根」ですが、

10月中旬ごろになると園芸店やホームセンターなどで

値下がりしますので、このタイミングに購入しました。

花のペット栽培II(スイセン)04

 

今回使用する球根は甘い香りがするらしい'ベルソング'という品種で、

カネコ種苗社から販売しているものになります。

 

続いて、今回の栽培で使用するペットボトル鉢ですが、

最初は縦型ペットボトルで育てようと思ったんですけど、

昨年育てた'チューリップ'の時と同様、お花の重さで

ペットボトル鉢が倒れる恐れがありますので、

安定性と見た目のカワイらしさを考慮して、

「中型ペットボトル鉢」で育てることにしました。

ペット栽培III・ペット鉢12_6

 

最後に、今回の栽培で使用する培養土についてです。

 

ペットボトル栽培では排水性を良くすることが最重要ですので、

園芸店やホームセンターなどで購入することができる

「粒状の球根用培養土」を1()使います。

ペット栽培III・ツール06

 

普段お花を育てるときには'粒状の花用培養土'を使うのですが、

今回は球根を植え付けますので「球根用培養土」を採用しました。

 

以上が今回の栽培で最低限必要な道具の詳細になります。

 

今回の'スイセンの球根'の植付け作業については

下図の手順で行いましたが、植え付ける際には下記の

2つのポイントにご注意下さい。

[栽培のポイント]

・球根は根の付いているほうを下にして植え付ける。

・球根の先端から2(cm)ほど覆土する。

スイセンの植付け作業

 

とりあえず、'スイセンの球根'の植付け作業は完了し、

あとは植付けた球根が無事に芽を出してくれるのを待つだけです

花のペット栽培II(スイセン)05

 

ただ、'スイセン'の発芽は1~2ヵ月程かかりますので、

その間に、今回の栽培の模様をお伝えする際に呼ぶ、

'スイセン'の愛称を考えることにしましょう。

 

花の名前や品種名などをモジって色々考えてみたんですけど

あまりいい愛称が思いつかず、私のイメージとしては

女の子っぽい感じの呼び名がよかったので「せいか」に決めました。

 

「せいか」の発芽に1~2ヵ月かかるとなると、

他の野菜たちのことに神経が行ってしまい、放置しそうな予感が...

 

でも、今回の秋冬栽培の中で唯一のお花が'スイセン'ですので、

他の野菜たちの水やりの際にはチェックするように心がけます。

 

植付け作業から1ヵ月が経過...

 

植え付けてから今日まで全くと言っていいほど変化がなかったため、

ペットボトル菜園の隅っこに追いやってしまった「せいか」

 

この日、植え付けてから一ヵ月になりましたので、

「せいか」の様子を見てみることにしました。

 

すると、パッと見では殆ど変わりがないように見えたのですが、

近くに寄って見てみると鉢の中央に緑色の物体を確認しました。

花のペット栽培II(スイセン)06

 

少し土を掘り返してみると、

その物体は「せいか」小さな芽だったのです。

 

偶然、植え付けてから1ヵ月で発芽を確認できたのは

思っていたよりも早いことでしたので嬉しかったです。

 

しかも、ペットボトル鉢の底のほうを見てみますと、

結構太い根がたくさん張っていることに気付き、

「せいか」は私の見ていないところでちゃんと育っていたんですね。

花のペット栽培II(スイセン)07

 

そんなことも知らずに、

ペットボトル菜園の隅っこに追いやってしまった私が

すごく情けなく感じました。

 

無事に発芽してくれたからというわけではありませんが、

今後はもっと大事に育ててあげたいと思いました。

次回に続く

 

◆「スイセン」の植付け作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

スイセンの球根

1

249

249

球根用培養土<粒状>(5L)

1

398

80
(1L使用)

天然水(2L)

1

88

88

合計金額 

417

※ ジョウロ、移植ゴテは自宅にあるものを使用しているため、

 上表には費用として計上しておりません。

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
24

[ブロッコリー] ブログ村キーワード:生態系、芯栽培

こんばんは、M.Ishiiです。

 

先日、ペットボトル栽培に関するデータを整理していましたら、

以前育てていた'ブロッコリーの芯'を使った栽培のブログ記事と

画像ファイルが出てきました。

 

このデータは今から4年前に育てたときのものでして、

旧ブログから現在のブログに移行していないことが判明し、

これまでに12話公開してきました。

 

このお話も今回が最終話となり、

「二代目ブロッコリー」の結末が記されることになります。

 

今回、画像については現代風の編集を施し、

ブログ記事本文についてはほぼ手を加えておりませんが、

旧ブログでは記されてない新たなエピソードを加筆しました。

 

それでは何分、拙い文章でお恥ずかしい限りですが、

'ブロッコリーの芯'栽培の最終話をご覧ください。

 

「ブロッコリーの芯」から一房のブロッコリーを

育てることができるのかを実証するこの企画。

 

前回、直植えした「二代目ブロッコリー」は順調に育っていました。

 

しかし、本来は収穫時期に入っているにも関わらず、

強行して直植えしたためなのか「二代目ブロッコリー」は抽苔し、

一部の蕾から花が咲いてしまう始末。

 

結果的に、「二代目ブロッコリー」が抽苔してしまった以上、

花を咲かせ、種を収穫するまで見守るしかないのでしょうか?

 

栽培開始から194日目

「二代目ブロッコリー」菜の花と同様に黄色い花が咲いていました。

ブロッコリーの芯栽培43

 

'ブロッコリー'アブラナ科の植物ですので、

菜の花と似た花が咲いても不思議ではありません。

 

まだ全ての蕾が開花しているわけではありませんが、

種を収穫するまで育てなければならないという決意を

新たにしました。

 

そんな中、「二代目ブロッコリー」の株元を覗いてみると、

意外な光景を目の当たりにしました。

 

それは、市販の'ブロッコリー'のように食べることができる、

房のようなものができていたのです。

ブロッコリーの芯栽培44

 

よく見てみると、この蕾のように見える房から

また花が咲くかもしれないと思い、収穫することにしました。

 

一応、収穫した房は食用として食べられるものと思うことにし、

以前本家ブログでご紹介した'電子レンジ用蒸し器'を使い、

収穫した「二代目ブロッコリー」を加熱しました。

ブロッコリーの芯栽培45

 

「二代目ブロッコリー」を30秒ほど加熱し、

マヨネーズを付けて食べてみたところ、

見事なぐらいに'ブロッコリー'の味がしました。

ブロッコリーの芯栽培46

 

「二代目ブロッコリー」の収穫を諦めていたのに、

ほんの少しの収穫だったとはいえ、

予想外のことに発狂するほど嬉しかったです。

 

そして、最後にやるべき「二代目ブロッコリー」の採種ですが...

 

あれから、2ヵ月半が経過し、

「二代目ブロッコリー」はすっかり茶色く枯れてし、

種を採れる状態になっていました。

 

しかし、ブロッコリーの房の部分を収穫した時には

たくさん付いていた莢は強風で飛ばされて消えてしまい、

残された莢はわずかしかなかったのです。

 

このため、この日に採取できた莢は3つだけで、

この莢が採れる種は数を数える程度しか得られませんでした。

ブロッコリーの芯栽培47

 

とりあえず、最終目標を達成することはできましたが、

10粒程度の種を蒔いて、ちゃんと発芽するかは分かりません。

 

今回の「二代目ブロッコリー」における芯栽培では色々な経験をし、

間違いなく次の栽培に活かすことができると思います。

 

「二代目ブロッコリーの種」から育てることがあるかは分かりませんが、

'三代目ブロッコリー'として新たな芯栽培に挑戦する日が

来るかもしれません。

 

そのときは、完全なペットボトル栽培として、

市販されるような'一房のブロッコリー'を収穫したいですね。

 

まずは「二代目ブロッコリー」よ、お疲れさまでした。

そして、ありがとう!!

 

【ブロッコリーの芯栽培 完】

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
24

[ブロッコリー] ブログ村キーワード:生態系、芯栽培

こんばんは、M.Ishiiです。

 

先日、ペットボトル栽培に関するデータを整理してしましたら、

以前育てていた'ブロッコリーの芯'を使った栽培のブログ記事と

画像ファイルが出てきました。

 

このデータは今から4年前に育てたときのものでして、

旧ブログから現在のブログに移行していないことが判明し、

今回、画像については現代風の編集を施しますが、

ブログ記事本文については手を加えることなく、

そのまま公開したいと思います。

 

何分、拙い文章でお恥ずかしい限りですが、

ご興味がありましたらご覧ください。

 

「ブロッコリーの芯」から一房のブロッコリーを

育てることができるのかを実証するこの企画。

 

前回、見事に復活した「二代目ブロッコリー」は更に大きく生長し、

房のようなものが形成されていました。

 

このため、ペットボトル鉢で育てるのには限界があることから、

自宅の庭に直植えすることにしたのです。

 

直植えする際に、ペットボトル鉢から「二代目ブロッコリー」を

取り除いてみると、しっかりと根付いている事が分かったのです。

 

つまり、これまで発育の核とされていた「芯」が消滅しても

大きく生長できたことの謎が明らかになったのです。

 

とりあえず、直植えした「二代目ブロッコリー」は

順調に育ってくれるのでしょうか?

 

栽培開始から165日目

「二代目ブロッコリー」は若干大きくなっていました。

ブロッコリーの芯栽培40

 

以前、「二代目ブロッコリー」をプリンの容器から

ペットボトル鉢に移植したときにも、

今回と同様に移植による影響が見られなかったところをみると、

「二代目ブロッコリー」は少しぐらいの栽培環境であれば、

すぐに順応することができるのかもしれません。

 

栽培開始から172日目

「二代目ブロッコリー」は驚く姿になっていました。

ブロッコリーの芯栽培41

 

そう、「二代目ブロッコリー」もまた、

'三代目キャベツ''紫キャベツ'と同様に抽苔していたのです。

 

時期的にも、収穫する時期に直植えしていたわけですので、

当然の結果だったのかもしれません。

 

抽苔してしまった「二代目ブロッコリー」は、

一房のブロッコリーとして生長することが出来ませんので、

花を咲かせるまで育てることにしました。

 

栽培開始から187日目

「二代目ブロッコリー」は飄々と伸び、

ついに、黄色い花があちこちに咲いていました。

ブロッコリーの芯栽培42

 

「二代目ブロッコリー」の栽培はもう少しで終了となりますが、

全ての蕾が開花するまで見守りたいと思います。

 

次回、「二代目ブロッコリー」の結末は如何に...

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
24

[チャービル] ブログ村キーワード:生態系、水質汚濁

おはようございます、M.Ishiiです。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)01

 

前回、敷きワラをする意味があったのかはさておき、

採種したチャービルの「チャビット」は無事に発芽しました。

 

一時は芽が出るのかが分からなかったために

種を多めに蒔いてしまったことから、

発芽した芽を間引くのが大変な予感がします。

 

栽培開始から13日目を迎えた「チャビット」ですが、

蒔いた種の殆どが発芽し、双葉が大きくなっていました。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)09

 

予想した通り、「チャビット」は鉢の中央に集中して発芽しており、

これらを間引くのは骨の折れる作業になりそうです。

 

これらを間引くには数枚の本葉を出さないと出来ませんので、

この段階では様子見るだけに止めました。

 

栽培開始からちょうど20日目

「チャビット」草丈を1~2(cm)に伸ばし、

双葉も少し大きくなっていました。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)10

 

そして、間引きの目安となる本葉のほうですが、

一つの芽に1~2枚付けていました。

 

なんとか、間引きの条件はクリアしましたが、

こんなに密集した状態を見てしまうと

間引くのが億劫になってしまいます。

 

とはいえ、「チャビット」の生育をよくするためには

やらなければいけない作業ですので、

重い腰を上げて間引くことにしました。

 

今回の間引き作業では、生育の悪そうな芽を取り除くことは勿論の事、

株間を開けることも目的として行います。

 

そして、発芽した芽は密集していますので、

強引に指で引き抜くのは難しい作業となります。

 

従って、今回は生育の悪そうな芽だけを株元から園芸用ハサミで剪定し、

「チャビット」の生長を見て必要に応じて間引くことにしました。

[間引き作業でのポイント]

・生育の悪そうな株を株元からやさしく引き抜くか、

 園芸用ハサミを使って剪定する。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)11

 

今回間引きした芽は思っていたよりも少なかったのですが、

双葉が細長かったために狭い空間の中で

葉っぱ同士が重なり合っていたことから

窮屈な思いをさせてしまったんだなと感じました。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)12

 

今回間引いた'チャービルの芽'ですが、

捨てるのにはもったいないので、茶碗蒸しに使ってみました。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)13

 

椎茸を入れ過ぎてしまい、チャービルの存在感がありませんけど...

 

今回の間引きによって、少しは株間が広くなった分、

「チャビット」はのびのびと育ってほしいなと思います。

ハーブのペット栽培(チャービル・改)14

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
23

[ブロッコリー] ブログ村キーワード:生態系、芯栽培

こんばんは、M.Ishiiです。

 

先日、ペットボトル栽培に関するデータを整理してしましたら、

以前育てていた'ブロッコリーの芯'を使った栽培のブログ記事と

画像ファイルが出てきました。

 

このデータは今から4年前に育てたときのものでして、

旧ブログから現在のブログに移行していないことが判明し、

今回、画像については現代風の編集を施しますが、

ブログ記事本文については手を加えることなく、

そのまま公開したいと思います。

 

何分、拙い文章でお恥ずかしい限りですが、

ご興味がありましたらご覧ください。

 

「ブロッコリーの芯」から一房のブロッコリーを

育てることができるのかを実証するこの企画。

 

前回、奇跡的な復活劇を見せてくれた「二代目ブロッコリー」

 

しかし、「二代目ブロッコリー」が復活したのと同時に、

これまで発育の核となっていた''が完全に消えてしまいました。

 

不思議なことに、「二代目ブロッコリー」はしっかりとした

苗となっており、自宅の庭に直植えするかを考えるほど

大きく生長していたのです。

 

果たして、「二代目ブロッコリー」は直植えされるのでしょうか?

 

栽培開始から159日目

「二代目ブロッコリー」は若干葉が枯れている部分がありますが、

全体的にさらに大きくなっていました。

ブロッコリーの芯栽培38

 

何故ここまで生長できるのかは、未だに謎のままです。

 

しかも驚くことに、「二代目ブロッコリー」を上から見てみると、

ブロッコリーの蕾らしきものが形成されていたのです。

ブロッコリーの芯栽培39

 

この状態では、今のペットボトル鉢で育てるのに限界があるため、

自宅の庭に直植えすることにしました。

 

自宅の庭に直植えをしたのは4月上旬のことでして、

この時期は本来、ブロッコリーを収穫できる時期にあたるため、

これから、ブロッコリーを直植えするのは遅すぎます。

 

しかし、「二代目ブロッコリー」を放置しておくわけにもいかず、

庭の花壇に移植することにしたのでした。

 

それは、この苗がしっかりと根付いていたのです。

 

これであれば、「二代目ブロッコリー」の芯が消滅しても

大きく育つわけですよね。

 

今後、直植えした「二代目ブロッコリー」が

生長し続けることを期待したいと思います。

 

次回、移植した「二代目ブロッコリー」がさらなる変貌を遂げる!!

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
23

[ブロッコリー] ブログ村キーワード:生態系、芯栽培

こんばんは、M.Ishiiです。

 

先日、ペットボトル栽培に関するデータを整理してしましたら、

以前育てていた'ブロッコリーの芯'を使った栽培のブログ記事と

画像ファイルが出てきました。

 

このデータは今から4年前に育てたときのものでして、

旧ブログから現在のブログに移行していないことが判明し、

今回、画像については現代風の編集を施しますが、

ブログ記事本文については手を加えることなく、

そのまま公開したいと思います。

 

何分、拙い文章でお恥ずかしい限りですが、

ご興味がありましたらご覧ください。

 

「ブロッコリーの芯」から一房のブロッコリーを

育てることができるのかを実証するこの企画。

 

前回、順調に生長していた「二代目ブロッコリー」でしたが、

突如葉が枯れ始めました。

 

しかも、日が経つにつれて葉数を減らし、

「二代目ブロッコリー」の芯までもが枯れ始めていたのです。

 

「二代目ブロッコリー」は何が原因で悪化したのかは分からず、

もはや、末期症状と言っても過言ではない状況に、

起死回生は望めるのでしょうか?

 

栽培開始から144日目

奇跡なんて期待することなく、

「二代目ブロッコリー」の様子を見てみると、

青々とした姿が目に入りました。

 

そう、何が起きたのかは分かりませんが、

「二代目ブロッコリー」はたくさんの葉が生え変わっていたのです。

ブロッコリーの芯栽培35

 

しかも、「二代目ブロッコリー」の株元を見てみると、

一番懸念していた「二代目ブロッコリー」の芯が枯れ果て

それにも関わらず、しっかりと根付いていたのです。

ブロッコリーの芯栽培36

 

このようなミラクルは、けして意図的にできるものではありません。

 

それにしても、あの危機的状況に陥った原因が分からなければ、

今回の見事な復活劇の要因が何だったのかが分からず、

「二代目ブロッコリー」にはミステリアスな部分が多すぎますね。

 

栽培開始から152日目

「二代目ブロッコリー」は、一部の葉に枯れた箇所がありますが、

さらに、葉数を増やして生長していました。

ブロッコリーの芯栽培37

 

また、「二代目ブロッコリー」の芯は完全に消えてしまい、

もはや、苗としてシッカリ自立していました。

 

こうなりますと、「二代目ブロッコリー」をいつ頃

自宅の庭に直植えすればよいのか考えなければいけません。

 

「二代目ブロッコリー」の移植時期については、

次回までの宿題とさせて下さいね。

 

次回、「二代目ブロッコリー」は直植えされるのか?それとも…。

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる