インフォメーション
4/25 「スティック春菊」栽培関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/23 「中葉しゅんぎく」栽培(第3期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/22 「中葉しゅんぎく」栽培(第1、第2期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
5/29 順調に育つ「半結球レタス」は2回目の間引きを行いました!!
5/28 いつになったら、「キュウリ」の植え付けができるんだよ(怒)!!
5/27 「ジャガイモ」の生長の早さには驚かされます!!
5/26 「とうがらし」に待望の実が着いたよ!!
5/25 「正月菜」を間引いてみました!!
5/24 「レジナ」の芽を間引きました!!
12月
31

[年末の挨拶] ブログ村キーワード:生態系

こんばんは、M.Ishiiです。

 

今年も残すところ数時間ほどで新しい年を迎えます。

 

毎年この日になると一年を振り返って入るのですが、

今年ほど浮き沈みの激しい一年はなかったように感じます。

 

別の言い方をすれば、

様々な試練を与えられた年だったと思うのです。

 

本ブログで度々話をしていますが、

昨年12月に発売された「趣味の園芸 やさいの時間」に掲載されてから、

多くの方々から温かいコメントを頂き励みとなる一方で、

ペットボトル栽培に対する取り組み方を深く考えるようになりました。

 

今年初めは環境問題に関する記事を書いていましたが、

今年春ごろにはネット環境が使えなくなるトラブルが多発し、

それに伴い、自然消滅してしまいました。

 

また、今年7月には本ブログ開設以来初めて、

ブログ閉鎖の話まで飛び出しました。

 

ちょうどこの頃は私の母が他界したこともあり、

精神的に、かなり荒れていた時期でした。

 

しかし、その難局を乗り越えることができたこと、

言い換えれば、本ブログの更新を継続することができたのは

何を隠そう、いつも温かいコメントを寄せて下さる皆さんのおかげです。

 

今年9月には今住んでいる家に引越しをしましたが、

その際にもあるトラブルにより大事に育てた野菜たちを失いました。

 

このトラブルについては今でも思い出すだけで怒りがこみ上げてくるので

それ以上のことは言及を避けますが、非常に悔しい出来事でした。

 

ここまで振り返ってみるとかなりネガティブな空気が漂っていますが、

けして悲しいことばかりではなく、嬉しいこともありました。

 

一部の方はご存知かもしれませんが、

私が今年7月に本ブログの再開を表明した際に、

'ある目標'を掲げていました。

 

その目標は数ヵ月以内にブログランキングの上位3以内に入ることで、

皆さんの温かい応援のおかげをもちまして、

9月末にギリギリでランクインすることができました。

 

こればかりは私の努力だけではどうにもならないことでしたので、

本ブログをご覧頂いている多くの方々に感謝しております。

 

これからの目標については明日お話するとして、

喜怒哀楽の激しい一年がもう少しで終わりを迎えようとしていますので、

来年はこれらの様々な出来事を肥やしに頑張りたいと思います。

 

今日のところはPETくんと一緒に、

ペットボトル菜園で栽培中の野菜たちに囲まれ、

緑のたぬきを食べて年を越したいと思います。

年末のご挨拶2012_01

 

今年一年本ブログを応援して下さりありがとうございました。

 

そして、来年も多くの方に興味を持って頂けるような記事を

書いていきたいと思いますので、応援をよろしくお願いします。

 

なお、皆さんにお願いしたいことがございますが、

前述したとおり、私の母が今年7月に他界したため、

新年のご挨拶はご遠慮願います

 

それでは、皆さんよいお年をお迎え下さい!!

年末のご挨拶2012_02

[画像クリックで拡大します]

 

2012.12.31

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

12月
31

[たべたい菜] ブログ村キーワード:生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

ペット栽培III(たべたい菜)01

 

前回、厳しい寒さに晒されながらも頑張って生長し、

少し早めの間引きを行った、たべたい菜の「クウたん」

栽培開始から36日目を迎えました。

 

間引いた後、購入した簡易温室に入れて育てるようにしたのですが、

その生長ぶりが楽しみですね。

 

早速、ペットボトル菜園で栽培中の「クウたん」の様子を見てみますと、

私が想像していたよりも大きく育っていました。

ペット栽培III(たべたい菜)15

 

株の大きさは間引き後の3倍近くあり、葉の色は濃い緑色となり、

元気に育っている様子が伺えます。

 

栽培開始から42日目

「クウたん」さらに葉を倍近くに大きくし、

順調に育っていました。

ペット栽培III(たべたい菜)16

 

近くに寄って見てみたところ、

「クウたん」の葉脈がより鮮明に浮かび上がっていることに気づき、

この栽培を始めたときにもご説明したように、

葉の形がどことなくチンゲン菜に似ているように感じました。

 

栽培開始から49日目

「クウたん」は一段と大きく生長し、

だいぶ鉢の土面が大きくなる葉で見えなくなってきました。

ペット栽培III(たべたい菜)17

 

「クウたん」の葉っぱは角度を変えて見ると、

ウサギの耳に似ていてカワイらしく癒されているのですが、

今後の生長がますます楽しみになってきました。

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

12月
24

[わさび菜] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

ペット栽培III(わさび菜・改)01

 

前回、わさび菜の「ビーナ」は鉢の中央に集中し、

徒長気味に生長したことから増し土をするついでに

株間を広げるためにそれぞれの株を植え替えました。

 

栽培開始から21日目を迎えた「ビーナ」は草丈を少し伸ばし

小さな本葉を出してくれました。

ペット栽培III(わさび菜・改)13

 

増し土をして誤魔化しているため、

今後の生長が心配だった「ビーナ」は私が思っていたよりもタフで、

厳しい寒さの中でも元気に育ってくれました。

 

ご褒美というわけではありませんが、

気温が一桁代まで下がってきましたので、

簡易温室に入れて育てることにしました。

 

栽培開始から28日目

「ビーナ」は簡易温室に入れて育てたことが功を奏したのか、

本葉が双葉よりも大きくなり、'わさび菜'らしい形になっていました。

ペット栽培III(わさび菜・改)14

 

さらに、栽培開始から35日目になりますと、

「ビーナ」一段と葉が大きくなり、少し込み合ってきました。

ペット栽培III(わさび菜・改)15

 

簡易温室内の温度は天気の良い日なら日中40℃近くまで上がり、

夜中になると15℃近くまで下がるという温度差があるのですが、

これでも、こんなに大きく育ってくれるのは喜ばしいことですね。

 

「ビーナ」の葉はどれも大きくなり、お互いに触れ合っていますので、

今後の生育を考え、一つの鉢に2~3株程度残して間引きしました。

 

'わさび菜'の間引き作業は下記のポイントを参考にして行いました。

[間引き作業でのポイント]

・根の張り具合をよく見てから根元よりやさしく引き抜くか、

 もしくは園芸用ハサミを使って根元から剪定する。

ペット栽培III(わさび菜・改)16

 

今回は間引いた株がそれほどありませんでしたので、

そのまま食べてみたのですが、

何度食べても辛党の私には大した辛さではなく、

もっとパンチの効いた辛さが欲しくなりました()

ペット栽培III(わさび菜・改)17

 

今回数株残して間引きしましたが、

今後も「ビーナ」の生長を見て間引きしたいと思っています。

ペット栽培III(わさび菜・改)18

 

まずは、簡易温室内で大きく育ってくれることを期待しつつ、

私はPETくんと一緒にケーキとわさビーフを食べながら、

様子を見たいと思います。

ペット栽培III(わさび菜・改)05

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

12月
23

[グリムス] ブログ村キーワード:食物連鎖、NGO、コンポスト

おはようございます、M.Ishiiです。

 

ブログパーツ内における苗を一本の樹に育てることで、

実際の森に苗木を植樹することができるというgremz

 

前回11本目のグリムスの樹を育てるべく新たな育成を始めましたが、

早くも「グリムスの苗木」にクラスチェンジしました。

 

至って、順調に育っている「グリムスの苗木」ですが、

その後の生長が気になりますので、さっそく様子を見てみましょう。

 

グリムス開始から56日目

「グリムスの苗木」はさらに枝数を増やし、立派な木に育っていました。

グリムス記録204

 

この日はロンドン五輪が始まってから間もないこともあり、

gremzの背景が'オリンピックver.'に変わりました。

 

五輪期間中、「グリムスの苗木」は9日おきに生長し、

グリムス開始から65には大きな木に育っていました。

心ひとつに キャンドルナイト

12月
19

[長ネギ] ブログ村キーワード:自然体験 異常気象 捕鯨

おはようございます、M.Ishiiです。

ペット栽培III(長ネギ)01

 

前回、厳しい寒さに耐えながらも生長を続ける長ネギの「チョウさん」

葉色が黄色みがかって少し弱っていました。

 

栽培開始から42日目になる「チョウさん」は

葉が真っ直ぐに伸びていて張りがあり、元気に育っていました。

ペット栽培III(長ネギ)12

 

葉の長さは5~8(cm)程度で葉色も少し緑色に戻り

復活の兆しを見せてくれています。

 

また、最初に発芽した株では葉が少し太くなっており、

今後の生長に期待が持てます。

 

栽培開始から49日目

依然として、防寒対策を一つも行わずに育てている「チョウさん」

草丈が少し伸び、横に靡いていました。

ペット栽培III(長ネギ)13

 

葉の太さも(mm)あり、順調に育っている様子が伺えます。

 

栽培開始から56日目

「チョウさん」草丈を10(cm)以上に伸ばし、

全体的に葉が太くなったように感じます。

ペット栽培III(長ネギ)14

 

先日簡易温室を購入したので、「チョウさん」も入れて育てたいのですが、

ネギ類は湿度のある環境を好まないようで、

生育があまり良くないことを過去の栽培で確認しています。

 

このため、「チョウさん」をポカポカな栽培開始ど育てたいのですが、

ここは薄情と思われても構わないので、今まで通り

屋外で育てていきたいて思います。

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

12月
16

[eco検定] ブログ村キーワード:レアメタル NPO 棚田

こんばんは、M.Ishiiです。

 

本日、「第13回eco検定」を受験された方はお疲れさまでした。

 

本日の検定でどのような問題が出題されたかは分かりませんが、

受験された方は良くも悪くも全力を尽くされたことと思います。

 

私は「eco検定」に合格してから早いもので

5年近くが経過しますが、未だに、合格通知が届いた時の

ドキドキ感を覚えております。

 

とは言っても、受験した当日、インターネットなどを使い、

自己採点して合格点に達していたので、

最悪な結果にはならないだろうとは思っていましたが...

 

でも、正規の採点は人間ではなく機械がチェックしますので

油断は出来なかったのも事実でした。

 

自己採点することで少し不安を払拭することができたので、

合格通知が届くのを心待ちにしていました。

 

さて、本当なら、私も模範解答をお伝えする目的で、

今回のeco検定を受検するつもりでいたのですが、

急用が入ってしまったため、今回も色々な方々の情報を元に、

「第13回eco検定」の模範解答を作成しました。

心ひとつに キャンドルナイト

12月
14

[たべたい菜] ブログ村キーワード:生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

ペット栽培III(たべたい菜)01

 

前回、厳しい寒さの中、無事に芽を出してくれた、

たべたい菜の「クウたん」は栽培開始から15日目を迎えていました。

 

「クウたん」は蒔いた種の殆どから発芽し、

双葉が大きくなっていました。

ペット栽培III(たべたい菜)08

 

近くに寄って見てみると、殆ど芽からは小さな本葉が出ており、

寒さに耐えながらも頑張って育つ様子が伺えました。

 

それにしても、小さな本葉はカワイらしくて癒されます()

 

栽培開始から22日目

「クウたん」は草丈を2(cm)ほどに伸ばし、

本葉も双葉と同程度の大きさに育っていました。

ペット栽培III(たべたい菜)09

 

また、新たに小さな本葉も出てきており、

順調に育っているように感じます。

 

栽培開始から29日目

「クウたん」はさらに草丈を伸ばし、葉もより大きくなっていました。

ペット栽培III(たべたい菜)10

 

葉数も2~3枚に増え、どこかウサギの耳に似た形をした葉が

目立つようになり、少し混み合ってきていました。

 

まだ、それぞれの株の葉が触れ合っているわけではありませんが、

厳しい寒さで生長が鈍っているとはいえ、

一つの鉢のエリアに5~6株の「クウたん」を放置したままでは

やがて、もっと込み合ってしまい、間引き作業が大変になりますので、

少し早めの間引きをすることにしました。

 

間引きをする目安としては本葉を2~3枚付けた頃に行えばよいので、

今の「クウたん」の状態を見た限りでは適期といえそうです。

 

今回の間引き作業では下記のポイントに注意して、

株元から園芸用ハサミで剪定して行いました。

[間引き作業でのポイント]

・根の張り具合をよく見てから根元よりやさしく引き抜くか、

 もしくは園芸用ハサミを使って根元から剪定する。

ペット栽培III(たべたい菜)11

 

今回は一鉢に4株育てたいと思っていますので、

鉢の各エリアに元気そうな株を2株残すようにして間引きました。

 

間引きした葉はご覧の通り、きれいな色をしていました。

ペット栽培III(たべたい菜)12

 

せっかく育てた間引き菜を捨てるのはもったいないですので、

いつものように、味噌汁の具に使いました。

ペット栽培III(たべたい菜)13

 

今回の間引き作業で4株が残りましたが、

今後もより厳しい寒さが続きますので、先日購入した簡易温室に入れ、

大事に育てていきたいと思います。

ペット栽培III(たべたい菜)14

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

12月
07

[わさび菜] ブログ村キーワード:バイオエタノール、生態系

こんばんは、M.Ishiiです。

ペット栽培III(わさび菜・改)01

 

本題に入る前に、今日夕方に三陸沖を震源とする地震が発生し、

この地震による影響で津波警報・注意報が発令され、

各地で津波を観測しました。

 

先ほどの地震は昨年3月に発生した東日本大震災の余震と思われますが、

地震発生前に私のPCにインストールしている緊急地震速報が起動し、

その一秒後にはPCのワンセグからも緊急地震速報が表示され、

緊急地震速報の予想マグニチュードがM6.8でしたので、

ただものではない予感がし、直ちに、机の下に置いてあるヘルメットを

被る用意をしてしまいました。

 

それと同時に、昨年3月発生の東日本大震災のことをプレイバックし、

地震の揺れが起きるまでの間に何をすべきかの優先順位を

考える事ができず、ペットボトル菜園の野菜たちの事が気になりつつも、

母の遺骨が仏壇から落ちないように支えるだけで精一杯でした。

 

今後も、今日のような余震が発生するかもしれませんので、

気をつけないといけませんね。

 

それでは、本題に戻ることにしましょう。

 

前回、モヤシのような弱々しい芽を出した、

わさび菜の「ビーナ」は栽培開始から7日目を迎えました。

 

「ビーナ」は日に当たる場所に置いて育てていたのですが、

葉の色は緑色に変わって光合成しているものの、

草丈の方が(cm)程度伸びていて徒長してしまいました。

ペット栽培III(わさび菜・改)10

 

気温が低いこともあって水やりの回数を減らし、敷きワラ以外にも、

レジ袋を鉢ごと被せるなどの防寒をしていたのですが、

このような状態になり、ややショックを受けました。

 

徒長してしまうと、正常な株と比較して病弱になりやすく、

生育も悪くなりますので、栽培管理がさらに厳しくなります。

 

不幸中の幸いと言えるかは分かりませんが、

「ビーナ」は実を付ける野菜ではないため、

収穫量にそれほど影響を及ぼさないものの、

葉が大きくなるのかは今後の育て方次第でかわりそうです。

 

とりあえず、風対策をする意味でも「ビーナ」の周囲に増し土をしました。

ペット栽培III(わさび菜・改)11

 

そして、「ビーナ」は鉢の中央に集中していることから、

株間を開けるためにそれぞれの株を植替えました。

 

こうすることで、多少の風が吹いても耐えられそうですし、

これ以上、ヒョロヒョロと草丈を伸ばし続けるのも防ぎたいですしね。

 

栽培開始から14日目を迎え、「ビーナ」の様子を見てみたところ、

厳しい寒さの影響もあり、生長の変化は見られませんでした。

ペット栽培III(わさび菜・改)12

 

ここのところ、真冬並みの寒さが続き、

いくら寒さに強い「ビーナ」といえども、

必死に寒さに耐えるだけで精一杯なのだと思います。

 

できるだけ早く簡易温室を購入して、その中で育てたいものです。

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

12月
06

[作業スケジュール ブログ村キーワード:生態系

おはようございます、M.Ishiiです。

 

ご存じの方もいらっしゃるとおり、

本ブログでは毎月1日に更新している作業スケジュールをもとに、

お花や野菜に合ったペットボトル鉢で育てています。

 

今月もつい先日更新したのですが、

栽培する野菜の種類が先月に比べて倍近くに膨れ上がっており、

若干オーバーフロー気味になってきました。

ペットボトル栽培計画2012年12月

[画像クリックで拡大します]

 

しかし、たった一ヶ月の間にここまで栽培量が増えたのには

今は明かすことのできない色々な事情があるのですが、

いずれ明らかにできる時が来ましたら本ブログで公開しますね。

 

また、本ブログに公開している作業スケジュールには

記載されていない隠れペットボトル栽培があったりもしますが、

近々公開する予定の新たな栽培も準備していて、

ますますペットボトル栽培関連は忙しくなりそうです。

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる