インフォメーション
3/19 「第1回野菜投票2017」の投票結果が発表されました!!
3/18 「トウモロコシ」栽培関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[果菜類]に反映!!
3/17 「オクラ・ピークファイブ」栽培(第2期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[果菜類]に反映!!
3/29 そろそろ、過去のブログ記事の移行作業を再開しましょうかね?
3/28 今日も種を蒔いてきました!!
3/27 種を買って来て、付いてくるのは…。
3/26 今日のカップめん44
3/25 「とうがらし」栽培を始めるとしますか?
3/25 今日のバァーガー(14)
10月
25

[ししピー] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ピーマン

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今回の「ししピー」栽培では収穫回数が少なかったものの

一度に収穫できた量は比較的多く、

ちょっとした料理に使うことができました。

ペトさい(ししピー)51

 

そこで今回は収穫時にお伝えしなかった「ししピー」の使い道を

ご紹介したいと思います。

 

「ししピー」は見た目がシシトウに似ていますが、

列記としたピーマンの一種ですので一品目はナポリタンを作りました。

ペトさい(ししピー)52

 

収穫した「ししピー」は調理しやすく、

実際に食べてみても一般的なピーマンの味や食感と変わらなかったので

美味しく頂くことができました。

 

続いて最後に収穫した「ししピー」ですが、

収穫量が多めでしたので酢豚に使ってみました。

ペトさい(ししピー)53

 

ナポリタンを食べたときに「ししピー」の食感が分かりましたので、

その食感を味わえることを念頭に作ったのですが、

想像していたよりも美味しかったのでやみつきになりそうでした。

 

とは言っても、「ししピー」を再び育てるかは未定なので、

来年育てることがありましたらもう一度酢豚を作りたいと思います。

【終わり】

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

10月
24

[ししピー] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ピーマン

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

初収穫してから2週間余りが経過した「ししピー」

未だ劣ることを知らずに元気に育っています。

ペトさい(ししピー)45

 

株元付近に伸びる脇芽はさらに大きくなり、

開花しそうな蕾をたくさん持っていました。

ペトさい(ししピー)46

 

株の中間部に目を移しますと葉数が以前に比べて少なくなっており、

(cm)大の実をたくさん着けていました。

ペトさい(ししピー)47

 

株の上端部には相変わらず大きな実をたくさん着け、

私に収穫してもらいたいと言わんばかりの豊作ぶりでした。

ペトさい(ししピー)48

 

実をたくさん着けてくれることは大変喜ばしいことではありますが、

株の中間部と同様に本葉の数が若干減っており、

新たな蕾は殆ど見られませんでした。

 

株全体の栄養分の大半は実のほうで取られていると思われますが、

それでも少しぐらいは蕾を着けてもおかしくありません。

 

このことと時期的なことを踏まえますと、

「ししピー」寿命が迫っているように感じます。

 

従って、もう少し収穫を楽しみたい気持ちはありますが、

今回の収穫を最後に「ししピー」を撤収することに決めました。

 

それでは最後の収穫を行うことにしましょう。

 

今回も園芸用ハサミを使って収穫するのですが、

「ししピー」を撤収しますので5(cm)程度の大きさの実も収穫します。

ペトさい(ししピー)49

 

さすがに、少し小さめの実も収穫したこともあり大量収穫となりました。

ペトさい(ししピー)50

 

こんなにたくさん収穫できると撤収するのが残念な気もしますが、

株そのものが寿命ですので割り切りましょう。

 

無事に「ししピー」を収穫することができたところで、

今回の栽培をレシピに追加するかを決めましょう。

 

今回の栽培では育苗させた後に植え付けて育てましたが、

植え付け後の生長は順調に進めることができたと思います。

 

しかしながら、育苗には生育適温下と日照不足で思うように育たず、

多少手こずる場面が見られました。

 

このことを踏まえますと、育苗にはもう少し工夫が必要であると思い、

今回の栽培についてはレシピへの追加を見送ることにしました。

 

今回は少し変わった形のピーマンを育てましたが、

来年はごく普通のピーマンで再挑戦したいと思います。

 

これまでの間、「ししピー」栽培のお話にお付き合い下さり

ありがとうございました。

 

最後に、ししピーの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(ししピー)07

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
24

[レジナ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ミニトマト

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

約4ヶ月もの間ペットボトルで育ててきた「レジナ」

計5回収穫することできました。

ペトさい(レジナ)48

 

これまで「レジナ」を収穫した際にその使い道については

お伝えしてきませんでした。

 

そこで、今回は収穫した「レジナ」の使い道についてお話したいと思います。

 

今回の「レジナ」栽培では収穫量にバラつきがあったことから

少量しか収穫できなかったときにはそのまま食べてしまいました。

 

逆にたくさん収穫することができたときには

揚げ物の付け合わせや冷やし中華にトッピングして使いました。

ペトさい(レジナ)49

ペトさい(レジナ)50

 

ミニトマトはちょっとした料理に使えますので、

手軽に育てることができるペットボトル栽培の「レジナ」には

ピッタリな使い方だと思います。

【終わり】

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
23

[イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、市販イチゴ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

スーパーで市販されているイチゴから種を採取し、

興味本位で育ててしまった「採種イチゴ」栽培。

 

「採種イチゴ」親子は一時的に夏バテになりましたが、

なんとか気合で元気を取り戻してくれました。

 

この栽培も早いもので329日目を迎え、

あと1ヵ月ほど経てば一年になるのです。

 

この一年弱の間に様々な出来事がありましたが、

その中でも最も大きな出来事となったのは「採種イチゴ」の子株の独立。

 

「採種イチゴ」の子株はしっかりと根付きようやく安定してきたように感じ、

その後の様子が気になるところです。

 

早速、ペットボトル菜園で栽培中の「採種イチゴ」の様子を見てみますと、

これまでとは何か様子が違い、どこか寂しげな感じがしたのです。

ペトさい(採種イチゴ)047

 

それもそのはずで、「採種イチゴ」の親株のランナーの数は以前よりも

増やしているものの、葉数が半分近くまで減ってしまったからなのです。

ペトさい(採種イチゴ)048

 

ここのところ、葉の生育があまり良くなかったことから

葉の生育を促進させる'発酵油かす'を一摘み与えていたのですが、

一向に改善する兆しは見せず、一部の葉が黄色く変色しているのです。

 

「採種イチゴ」の親株は単なる子株の親離れによるショックで

衰弱していくとは考えにくく、悪化の一途を辿ることは心配されます。

 

一方、「採種イチゴ」の子株はこれまで安定した生長を見せていましたが、

ここにきて、不可解な現象が起き始めていたのです。

 

なんでも、写真左側の株では青々とした葉が大きくなり

順調に育っているのですが、写真右側の株ではこれとは対照的に

葉が茶色くなって枯れてしまっていたのです。

ペトさい(採種イチゴ)049

 

このあまりにも対照的で酷い姿に変わってしまったことを目の当たりにし、

しばらくの間放心状態となり何も考えられなくなりました。

 

気を取り戻して枯れ果てた子株をじっと見ていたのですが、

どう見ても再起できるような状態ではなく、子株を渋々摘み取りました。

ペトさい(採種イチゴ)050

 

なぜこのような状態になったかの原因が分からないため、

枯れた子株を摘み取ってもスッキリしませんでした。

 

しかし、幸いにも「採種イチゴ」の親株のランナーには

植え付けできそうな子株が一つだけありましたので、

気持ちを切り替えるためにその子株を植え付けることにしました。

 

早速、ペットボトル鉢に入っていた古い土を取り除いて新しい土に入れ替え、

枯れた子株を植え付けた時と同じ手順で植え付けました。

ペトさい(採種イチゴ)051

 

新しい子株を植え付けたことから、しっかりと根付くまでの間は

再び、「採種イチゴ」の親株の傍で育てていくことになりました。

 

最後に、イチゴの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(採種イチゴ)008

 

また、これからイチゴを種から育てたいと思われた方は

こちらを参照して種を蒔いてみて下さい。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
23

[ししピー] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ピーマン

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

シシトウのような形をした実がなり、収穫まで今か今かと待ちきれない

「ししピー」栽培はちょうど180日目を迎えました。

ペトさい(ししピー)39

 

不要な葉を摘み取り実のほうに栄養分が行き届くようにしているものの、

葉数が増えることには「ししピー」の活発な生長ぶりに驚かされます。

 

それは株元付近を見ても分かることで、

脇芽が大きくなり蕾を着けていたのです。

ペトさい(ししピー)40

 

本葉がワサワサと茂っている株の中間部では

蕾から白い花が咲くものや開花したところに実を着けるもの

あちらこちらで見られるようになりました。

ペトさい(ししピー)41

 

そして、既に実を着けている株の上端部では

シシトウに似た実が大きくなり、収穫できそうな状態になっていました。

ペトさい(ししピー)42

 

「ししピー」の収穫の目安は開花してから2025日程度で、

実の大きさが7~8(cm)ほどです。

 

今着果している「ししピー」は目測でも8(cm)近くありますので、

十分に収穫することはできそうです。

 

それでは待ちに待った「ししピー」の収穫を始めましょう。

 

「ししピー」を収穫するときは枝が折れやすい為園芸用ハサミを使います

ペトさい(ししピー)43

 

今回収穫した「ししピー」は初回にしてはたくさん穫ることができ、

まずまずの出来だと思います。

ペトさい(ししピー)44

 

これに満足することなくより多くの「ししピー」を収穫するためにも、

収穫した後には必ず実付きを良くするリン酸系肥料

葉の生育を促す発酵油かす一摘みずつ与えるようにしましょう。

 

最後に、ししピーの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(ししピー)07

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
23

[レジナ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ミニトマト

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

栽培開始から124日目を迎えた「レジナ」はこれまで幾度となく収穫し、

その負担からご覧の通り、葉が黄色く枯れていました。

ペトさい(レジナ)44

 

収穫しても新たな実を着けていた「レジナ」には殆どと言ってもよいほど

新たな実を着けるどころか蕾すら着けていなかったのです。

ペトさい(レジナ)45

 

収穫した後にはお決まりのように実付きを良くするリン酸系肥料と

葉の生育を促す発酵油かすを一摘みずつ与えているのですが、

さほどの効果は見られず寿命が来てしまったのかもしれません。

 

このため、現在「レジナ」に着けている赤く熟した実を収穫し、

この栽培にピリオドを打つべく撤収することに決めました。

 

最後の収穫でもいつもと同じように園芸用ハサミで一つずつ収穫します。

ペトさい(レジナ)46

 

今回収穫した「レジナ」は最後と言うこともあり少量でしたが、

これまでと同様に収穫できたことに感謝です。

ペトさい(レジナ)47

 

さて、今までに計5回収穫した「レジナ」でしたが、

全体的な収穫量としてはやや少なかったように感じます。

 

いや、このことは種を蒔くときから織り込み済みのことで、

この栽培を始めるときにも申し上げたとおり、

本来は'縦型ペットボトル鉢'で育てる野菜なのですが、

本ブログ第一弾ということもあり、

ペットボトル栽培の感触を掴んでもらいたいと思ったことから

意図的に、「ツイン型ペットボトル鉢」で育ててきたのでした。

 

このため、予想通りの結果となったことから、

今回の「レジナ」栽培については栽培レシピに加えません。

 

ただ、「レジナ」という鉢植え専用のミニトマトが

ペットボトルで赤い実を着け、収穫することができたことは

きちんと証明することができたと思います。

 

ですので、来年再び「レジナ」を育てるときは本来の方法で育てますので

その時まで楽しみにしていてくださいね。

 

長い間、「レジナ」栽培のお話にお付き合い下さりありがとうございました。

 

最後に、レジナの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(レジナ)07

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
22

[イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、市販イチゴ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

スーパーで市販されているイチゴから種を採取し、

興味本位で育ててしまった「採種イチゴ」栽培。

 

「採種イチゴ」の子株が親離れをして以来、

厳しい暑さに耐えながらも元気に育っている「採種イチゴ」は

栽培開始から309日目を迎えていました。

 

「採種イチゴ」は子株の親離れのときに比べると

葉数が随分と少なくなってしまい、株全体として見てみても

スマートになったように感じます。

ペトさい(採種イチゴ)044

 

立派な親株となった「採種イチゴ」の葉の表面は艶が出ていて、

一部の葉の周りには茶色く枯れている箇所が見られました。

ペトさい(採種イチゴ)045

 

けして、炎天下の中直置きして放置していたわけではないのですが、

おそらく、茹だるような暑さで葉焼けをしたのかもしれません。

 

また、子株の親離れのときに比べてランナーの数も少なくなってしまい、

ランナーを剪定するときに追肥するのを忘れてしまったことが原因による

栄養不足に陥ってしまったのかもしれません。

 

いずれにせよ、子株が親離れしたことによるショックは

「採種イチゴ」の親株にとっては生育の低下を招いていたのかもしれません。

 

一方、無事に親離れに成功した「採種イチゴ」の子株のほうは

葉数が若干少なくなったように感じますが、

株元には立派なクラウンも出ているようで順調に育っていました。

ペトさい(採種イチゴ)046

 

もう一度、子株が根付いているかを確認するために軽く引っ張ったところ、

しっかりと根付いているようで今後の生長に期待が持てそうです。

 

最後に、イチゴの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(採種イチゴ)008

 

また、これからイチゴを種から育てたいと思われた方は

こちらを参照して種を蒔いてみて下さい。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
22

[きゅうり] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、果実野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

これまでの「ミニきゅうり」栽培のお話の中で

収穫した'ミニきゅうり'の使い道についてお話していませんでした。

 

そこで今回は、収穫した「ミニきゅうり」の使い道を一挙にご紹介します。

 

今回の栽培では育苗してから植え付けて育てるという二段構えで

育てたこともあり、栽培の手間はほかの野菜よりもかかりました。

ペトさい(ミニきゅうり)50

 

しかしながら、キュウリは私の大好きな野菜ですので、

そのような手間は負担にはなりませんでした。

 

今回の「ミニきゅうり」栽培では計2回収穫することでき、

キュウリを収穫するときには必ず一本は味噌を付けてかぶりつきます。

 

私の中では最高に贅沢な食べ方だと思っていますので、

このシンプルな食べ方は今後のキュウリ栽培でも必ずやるでしょう()

 

さて、1回目の収穫では思っていたよりも多く収穫できたこともあり、

'冷やしジャージャー麺'に使いました。

ペトさい(ミニきゅうり)51

 

本来、ジャージャー麺は冷やし中華のようにして食べるものではありませんが、

なんとかなく、私の想像で美味そうに見えたので作ってみました。

 

こいつが予想よりも美味くて、一時期ハマりました()

 

2回目の収穫ではこの栽培を始めるときから食べたかった

'キュウリと中華クラゲの和え物'に使いました。

ペトさい(ミニきゅうり)52

 

新鮮な「ミニきゅうり」の食感が絶妙で美味しく頂くことができ、

大変満足しました。

 

というわけで、今回の栽培では2品の料理に使うことができ、

「ミニきゅうり」の新鮮な味を堪能しました。

 

「ミニきゅうり」をペットボトルで育てる場合は、

前述したような方法で育てる必要があり手間はかかりますが、

実を着けてからは週一回のリン酸系肥料の追肥を行いながら育てれば、

初心者でも収穫を楽しむことができる野菜だと思います。

 

これから「ミニきゅうり」を育てたいとお考えの方がいましたら、

こちらをご参照の上、種を蒔いてみて下さい。

【終わり】

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
22

[ししピー] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ピーマン

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

葉が茂るほどたくさん着いてしまった「ししピー」

栽培開始から166日目を迎えたのですが、

草丈が支柱よりも50(cm)近く伸びたことから長い支柱に立て直し、

そのついでにたくさん着いていた本葉を摘み取りました。

ペトさい(ししピー)35

 

このため、以前よりもスッキリした姿になったと思います。

 

そんな「ししピー」には続々と蕾から開花小さな実も着き始めました。

ペトさい(ししピー)36

 

今回は一番果ではないため小さな実を摘み取ることはせず、

大きくなるのを見守ることにします。

 

それから一週間が経過し、「ししピー」は実を着け始めたこともあり

株に負担がかからないようにするため葉をさらに摘み取り

一段とスッキリした姿にしました。

ペトさい(ししピー)37

 

近くに寄って観察してみますと開花した箇所には小さな実を着け、

小さかった実はシシトウのような形をして大きくなっていました。

ペトさい(ししピー)38

 

まだ収穫するには時間がかかりそうですが、

そう遠くない時期に実を収穫できそうです。

 

最後に、ししピーの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(ししピー)07

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

10月
22

[レジナ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ミニトマト

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

少量ながらもコンスタントに収穫している「レジナ」

栽培開始から117日目を迎えたのですが、

半数近くの本葉が黄色く枯れ始めており、

寿命が近付いているように感じます。

ペトさい(レジナ)40

 

そんな「レジナ」ではありますが、

実が熟すものはちゃんと赤く熟ししっかりと仕事をしています。

ペトさい(レジナ)41

 

ただ、寿命が近付いているからなのかもしれませんが、

新たに成る実は殆ど確認することができず、

収穫は今回を含めて二、三回が限度かもしれません。

 

とりあえず、赤く熟した実を園芸用ハサミで収穫することにしましょう。

ペトさい(レジナ)42

 

今回は前回より若干少な目でしたが、

今の「レジナ」の状態からすれば多く収穫できたほうだと思います。

ペトさい(レジナ)43

 

刻々と寿命が近付いている「レジナ」ではありますが、

最後まで頑張って育てましょう。

 

最後に、レジナの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(レジナ)07

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

助成金