インフォメーション
2/21 ペトさいの基礎知識関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[ペトさいの基礎知識]に反映!!
1/ 9 ペトさい料理関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[ペトさい料理]に反映!!
11/ 1 本ブログをプレオープンしました!!
2/21 「ペトさいの基礎知識」関連記事をカテゴリーメニューから選べます!!
2/20 「作業計画表」を見直し、あの企画も開催します!!
2/19 今日のガリガリ君XXXIX
2/18 今日のバァーガー(11)
2/17 「簡易カゴ温室」を作ってみましょう!!
2/16 「簡易自動給水器」を作ってみましょう!!
03月
24

[レジナエロ―] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ペットマト

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

先日、'レジナエロー'に関する貴重な情報を頂いたことをお伝えしましたが、

早速その情報をもとに「黄金トマト」を購入してきました。

 

事前にネットでどのお店のどの売り場に置いてあるのかを調べたのですが、

確実に入手できそうなお店は東急ハンズの

バラエティーコーナーであることが分かり、

運良く近所に2店舗ある東急ハンズへ足を運ぶことにしました。

 

1店舗目は東急ハンズ町田店だったんですが、

前あった場所から移転して店舗全体の規模が小さくなったことから

本当に「黄金トマト」が置いてあるのか半信半疑の状態で、

そのお店の中に入りました。

 

早速バラエティーコーナーに行ってみますと、

呆気なくペットマトを探すことができ、

様々な種類の中に「黄金トマト」がありました。

 

いとも簡単に目的のものを見つけてしまい拍子抜けしてしまいましたが、

一発で見つけることができましたので間を入れずに購入しました。

購入した黄金トマト01

 

が、「黄金トマト」の価格は税込みで500円ということで、

種の購入目的としては割高感が歪めない金額ではあるのですが、

事情が事情なだけに仕方のないものとして割り切ることにしました()

 

さて自宅に戻り、購入した「黄金トマト」の外装を見てみますと、

裏側に育て方や種の詳細などの記載があり、

その中に品種名が'レジナイエロー'であることが記されていました。

購入した黄金トマト02

 

よって、先日貴重な情報を提供して下さった方の仰っていたとおり、

「黄金トマト」は'レジナイエロー'であると共に、

私が求めている「レジナエロー」であることが分かったのです。

 

今回の「レジナエローの種」の件はこれにて解決しましたが、

せっかく「黄金トマト」を購入しましたのでそのセット内容を見てみました。

 

外装を開けて同梱されているものを見てみますと、

下図に示すようにペットマトホルダーや黄金トマトの種、アップサンド、

微粉肥料、計量スプーンなどが入っていて、

500(ml)サイズのペットボトルと水を用意すれば

水耕栽培が即できるものとなっていました。

購入した黄金トマト03

 

で、今回は'レジナエロー'を育てようと思っていますので、

種袋を開けて数量を数えてみたところ14粒入っていて

少し得した気分になりました。

購入した黄金トマト04

 

このためは本家の赤いレジナを育てるときまで大事に保管したいと思い、

小袋に入れて種の情報を記入しておきました。

購入した黄金トマト05

 

本来、「黄金トマト」は同梱されたセットで水耕栽培するものですが、

今回はこれまでに培ってきたペットボトル栽培の技術を結集し、

以前育てたときのように一般的な赤いレジナと一緒に育てます。

レジナの種04

 

私のゴッドハンドで再現させますのでご期待下さい!!

 

最後に後日談ですが、先ほど仕事道具を購入するついでに

もう一店舗の東急ハンズに寄って見たところ、

こちらにも「黄金トマト」がしっかりと置いてありました()

 

改めて、「黄金トマト」に関する貴重な情報を提供して下さった方に

感謝致します。ありがとうございました。

2014.03.24

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

03月
24

[野菜投票] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、カブ 投票

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

来る3月9日から3月22日までの二週間に開催した

「第1回野菜投票2014~カブ編~」ですが、

お忙しい中、投票にご協力頂きましてありがとうございました。

 

先日告知したとおり、今回は昨年秋に「時なし小カブ」を収穫した際に

栽培レシピへの追加条件として新たな'カブ'を育てることを決めたことから、

この春にその約束を果たすため、下図に示す3品種の候補の中から

一つだけ育てることにしました。

野菜投票2014_01

 

しかしながら、上図の候補はどれも惹かれるものばかりで

一つだけを選ぶことが難しいことから皆さんのお力をお借りするべく

今回の投票開催に至りました。

 

先週、その中間結果発表をした段階では5票差で「黄金カブ」が

首位となりましたが、後半の一週間で後続の「小カブあやめ雪」や

「本紅丸かぶ」がどこまで差を縮めることができるのかが注目されます。

 

それでは、早速最終的な投票結果を発表したいと思います。

 

まず、3月9日~3月22日までの投票数は合計109となり、

多くの方にご投稿頂きましてありがとうございました。

 

その投票数に対する投票結果ですが、下図に示すとおり、

小カブあやめ雪は48本紅丸かぶは24黄金カブは37となりました。

野菜投票結果2014_01-2

 

この結果からお分かりの通り、「小カブあやめ雪」が

残り一週間で30票も増やし、首位だった「黄金カブ」にも

11票も差を広げる結果となりました。

 

この大きな変動には驚きましたが、

結果としてカブ栽培には「小カブあやめ雪」を育てることになりましたので、

これから大事に育てていきたいと思います。

 

それでは、早速「小カブあやめ雪」の種を買って来ますので、

楽しみに待っていて下さいね。

 

改めまして、今回開催した「第1回野菜投票2014~カブ編~」に

ご協力下さいましてありがとうございました。

2014.03.24

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
20

[ペットボトル野菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、収穫

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

なんとか、ブログ記事を毎日更新し続けていることから、

以前のように色々な方々からコメントを頂くことができ、

大変感謝するとともに、少しずつではありますが、

ペットボトル栽培へ積極的な取り組みができるようになりました。

 

これも日々の皆様からの応援の力によるものだと思っております。

本当にありがとうございます。

 

これからもブログを毎日更新すると供に、

ペットボトル栽培に関する情報を発信していきますので、

よろしくお願いします。

 

さて、前置きが長くなってしまい申し訳ありませんでしたが、

しばらくの間、ブログを更新していなかったこともあり、

その間に収穫したペットボトル野菜をお伝えできずにいましたので、

今回、それらの野菜を一挙にご紹介したいと思います。

 

時は今から3ヵ月ほど前に遡る12月中旬のことですが、

寒さが厳しくなってきた中で「チマサンチュ」を収穫しました。

収穫したペットボトル野菜2013年12月~2014年2月01

 

この頃の「チマサンチュ」は今とは違い葉が逆立っていて元気ハツラツで、

この時から比較的大きめの葉を収穫していました。

 

その翌日にはペットボトル野菜四天王の一つである

「時なし小カブ」を収穫しました。

収穫したペットボトル野菜2013年12月~2014年2月02

 

四天王の名に恥じないプックリとした立派な小カブを収穫し、

色々な料理に使うことができました。

 

年が明けた1月下旬には一回目の「パセリ」の収穫を行いました。

収穫したペットボトル野菜2013年12月~2014年2月03

 

この時はまだ草丈が5(cm)ほどしかなく、

葉だけが大きくなっていたことから収穫したのでした。

 

2月に入りますと、「ベビーキャロット」を収穫することができました。

収穫したペットボトル野菜2013年12月~2014年2月04

 

私の中ではこれまで鬼門とされてきたニンジン栽培だったのですが、

栽培レシピに追加したいという想いから気合いを入れて育てたことを

今でもハッキリと覚えています。

 

もうニンジン栽培は鬼門ではないので、

これから新たな品種を育てようと思っています。

 

「ベビーキャロット」を収穫した10日後には

再び、「チマサンチュ」を収穫しました。

収穫したペットボトル野菜2013年12月~2014年2月05

 

「チマサンチュ」は通算3回目の収穫となるのですが、

2回目の時と比べて、葉が細長くなっていました。

 

一応、収穫後には毎回葉の生育を良くするために

'発酵油かす'を一摘み与えているのですが、

この頃から葉の形が少しずつ変わってきたように感じます。

 

というわけで、昨年12月から今年2月までに収穫した野菜を

振り返ってみたのですが、厳しい寒さが続いているにも関わらず

これらの野菜は立派に生長し収穫することができました。

 

今後も色々な野菜をたくさん収穫できそうですので、

これからのブログ記事を楽しみにしていて下さい。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
19

[レジナエロ―] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ペットマト

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

先日、鉢植え専用ミニトマトのレジナで

黄色い実を着ける「レジナエロー」についてお話ししました。

 

私としては、既にペットボトル栽培の作付け計画に記載されている通り、

今年も「レジナ」を育てるのですが、昨年とは違い、

本格的に育てたいと思っているのです。

 

そこで、今年は3年前と同じように赤い「レジナ」と

黄色い「レジナエロー」を同時に育てたいと考えているのです。

 

3年前は栽培用炭酸水だけで育てたのですが、

あれから色々な野菜を育てる過程で土づくりの重要さに気づき、

今年は「レジナ」に適した土を作り水やりには栽培用炭酸水を使って、

一段とクオリティの高い栽培を目指すつもりです。

 

ちなみに、栽培用炭酸水とは色々な作り方がある中で

最も簡単な方法として市販されている炭酸水と水道水を

1:1の割合で混ぜ合わせた水溶液のことです。

 

この栽培用炭酸水を使って栽培するによって、

植物の根が分泌する有機物の効力が向上し肥料の吸収もよくなるのです。

 

「レジナ」に関していえば、栽培用炭酸水を使うことによって

ジューシーで甘い実を育てることができるのです。

 

そんな「レジナ」栽培に黄色い「レジナエロー」を育てることで、

2種類の「レジナ」を並べたときにとても綺麗に見えることから、

鑑賞用としての楽しみ方もできることをお見せしたいと思っています。

レジナの種04

 

このことから、「レジナ」については種の手配ができたのですが、

もう一方の「レジナエロー」についてはネット検索で調べた結果、

販売中止とのことで入手が極めて困難なことがわかり、

断念せざるを状況となりました。

 

ところが、「レジナエロー」について色々な情報を寄せてくれる中、

もの凄く興味深く貴重な情報を目にすることができました。

 

それはペットボトルの水耕栽培で野菜を育てることができるキットの中に

「レジナエロー」と思われるものがあるというもの。

ペットマト・黄金トマト

 

このキットは'ペットマト'というもので、

ミニトマトの「レジナ」も育てることができるようなのです。

 

肝心の「レジナエロー」と思われるものは'黄金トマト'という商品名で

今年2月に販売を開始したそうで、情報を提供して下さった方の話によると

この商品を購入した際に付随の品種説明に'レジナイエロー'

表記されているようなのです。

 

'黄金トマト'について調べてみたのですが、

この品種が'レジナイエロー'であるとの確証を得ることができず、

実際に購入して確認してみるしかなさそうです。

 

ご提供頂いた方の貴重な情報を信用しないわけではないのですが、

実際に自分の目で確かめてみないと納得できないというか、

安心できないというのが正直なところなのです。

 

何はともあれ、入手困難な状態に希望をもたらしてくれた

情報提供者に感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

 

本当にありがとうございました。

 

私も早速、'黄金トマト'を購入したいと思います。

2014.03.19

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
16

[野菜投票] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、カブ 投票

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

来る3月9日から開催している「第1回野菜投票2014~カブ編~」ですが、

お忙しい中、投票にご協力を頂きましてありがとうございます。

 

先日告知したとおり、今回は昨年秋に「時なし小カブ」を収穫した際に

新たに'カブ'を育てることを条件に栽培レシピへの追加を果たしました。

 

これを受け、この春に新たな'カブ'栽培を始めるべく、

下図に示す3品種の候補の中から一つだけ育てることにしました。

野菜投票2014_01

 

()小カブあやめ雪

白と紫の色合いがとてもキレいなのが特徴で、

家庭菜園で小カブを育てている方に人気のある小カブです。

 

盛夏期を除いて、若どりでも球形がまとまり紫色も入るとのことで、

ち密な肉質で甘みが強く、サラダや酢漬けにおすすめです。

 

()本紅丸かぶ

寒さに強く生育旺盛でつくりやすく、根の皮から葉、茎まで

鮮紅色の赤カブです。肌はなめらか、根の内部は白色でち密な肉質で

甘みがあり、酢漬け・塩漬けに適し、全体がきれいな紅色になります

 

()黄金かぶ

イタリアの西洋が生産地だそうで、日本では珍しい黄金色のカブです。

表皮、果肉ともに黄金色とのことで、肉質緻密で甘みがあり、

歯ごたえが良く、サラダの素材としてだけでなく、料理の彩りにも最適です。

 

しかしながら、上図のカブはどれも惹かれるものがあり、

一つだけ選ぶことが難しいことから皆さんのお力をお借りするべく

今回の投票開始に至りました。

 

本日は投票開始から一週間が経過しましたので、

投票結果の中間発表をしたいと思います。

 

まず、3月9日()~3月15()までの投票数は58となり、

改めて投票にご協力頂きましてありがとうございました。

 

投票結果についてですが、

下図に示すとおり、小カブあやめ雪は18本紅丸かぶは17

黄金カブは23となりました。

野菜投票結果2014_01-1

 

現時点では5票差で'黄金カブ'が一位となっていますが、

まだ投票期間は一週間残っていますのでまだまだ分からないと思います。

 

というわけで、野菜投票は3月22()まで行っていますので、

先ほど示した3品種のカブの中から興味を持たれたものを一つお選び頂き、

左カラムの[野菜投票2014~カブ編~]にあるツールから投票して下さい。

(上記の投票ツールにて集計を行うため、コメント欄に投票したい

 野菜を書き込まれた場合は無効扱いとなりますのでご注意下さい。)

 

一人でも多くの方にご投稿頂けますようよろしくお願い致します。

2014.03.16

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
15

[レジナエロ―] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ミニトマト、黄色い

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

先日、ペットボトル栽培の作付け計画を更新しましたが、

それに伴い、早ければ来週にも種蒔きするための種を購入しました。

 

その他にも、栽培に必要な培養土や肥料、防虫ネットなどの備品も

少しずつ用意しているところです。

 

そんな中、夏野菜の種をボチボチ用意していこうかなと思っていて、

まずは一番の本命となる「レジナの種」を買おうかと思っています。

 

私のペットボトル栽培で一番の売りといっても過言ではないほど

この栽培には力を入れているのです。

 

「レジナ」を初めて育て始めたのは今から4年ほど前のことでして、

鉢植え専用ミニトマトである「レジナ」に実を付けてくれるのかが

不安でいっぱいでした。

 

実際のところ、下の写真に示すとおり実を着けてくれて

たくさん収穫できたことを今でもよく覚えています。

レジナの種01

 

今年もあのときの感動を味わいたいと思い、さらに改良を加えた

栽培技術を駆使して「レジナ」を育てたいと思います。

 

この「レジナ」なんですが、以前は黄色い実を付ける品種がありまして、

過去にも育てたことがありました。

レジナの種02

 

これは「レジナエロー」という品種なんですけど、

園芸店やホームセンターなどで簡単に入手することができない

稀少な品種なのです。

レジナの種03

 

このため、私が育てたときはネットで注文して買いました。

 

今回もこの「レジナエロー」を育てようと思い、

ネットでの注文を試みたのですがなぜか販売中止になってしまい、

新たに入手することが極めて難しいものになってしまったのです。

 

私としてはもう一度一般的な赤い「レジナ」と黄色い実を着ける

「レジナエロー」を並べてみたいと思っています。

 

なぜなら、ご覧のとおり大変キレいなんですよ。

レジナの種04

 

これをもう一度再現したいと思うのですが、

今の状況では極めて困難でどなたかが「レジナエローの種」を持っていて

お譲り下されば実現できるのですが...

 

これからも色々な種を買いたいと思うのですが、

今は「レジナエローの種」がめちゃくちゃ欲しいです!!

2014.03.15

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
13

[] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、作付け

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

先日、作付け計画表を最新のものに更新しましたが、

その流れを受けて早速、春夏向け栽培で使用する種を買ってきました。

 

野菜の種を買うと早く蒔きたくなるのですが、

種以外にもペットボトル鉢や培養土なども用意しないといけないので、

準備することがまだまだあるのです。

 

今回買った種は葉菜類から根菜類まで計6種類です。

色々な種01

 

ん?

6種類って一つ多い気がするのですが、気のせいでしょうか。

気のせいなどではありません。

 

私の悪い病気のせいで作付け計画表にはない種を買ってしまったのです。

 

余計な種とは何かについては皆さんで探してみてほしいのですが、

やはり、種蒔きシーズンになると色々な野菜を育てたくなるのは

仕方のないことではあるのですけど…。

 

とはいえ、無計画に育ててしまうと後々栽培の管理が大変になりますので、

よく考えて買わないといけませんね。

 

って、なんだか説得力のない話をしてしまいスミマセンでした。

 

今後はこれに懲りずに野菜の種を買い続けます(ウソです)

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
12

[ブログ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ブログ更新、ランキング

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

ブログ記事を毎日更新することを宣言してから早一週間が経ちました。

 

相変わらず、拙い文章を書き連ねてしまいお恥ずかしい限りですが、

皆さんからのお気遣いのお言葉を多数頂き、なんとか持続できています。

 

本当にありがとうございます。

 

また皆さんからの温かいコメントと同時に、

ブログランキングへの応援クリックもして下さり、

おかげさまでブログ村のプランター菜園ランキングで

2位に入ることができました。

 

まだまだ本調子ではありませんが、

今後も引き続き、ブログ記事を毎日更新していきます。

 

ただ今までとは異なり、ツイッターの呟きのような

少しざっくばらんな話もしたいと思っていますので、

よろしくお願い致します。

2014.03.12

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
11

[東日本大震災] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、大地震 ボランティア

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

あの経験したことのない大地を揺るがした震災から3年が経ちました。

 

この3年という年月は人により感じ方が異なると思うのですが、

私はけして時が経つのが早いとは言えないと思っています。

 

思えば、震災が発生した3年前、私は自宅で仕事をしていたのですが、

地震の初期微動を感じた時は普段と変わらない地震だとなめていました。

 

しかし、普段より揺れの時間が長く尋常じゃないと感じた瞬間、

横揺れが激しくなり半分焦りながらも残りの冷静さで窓を全開にし、

当時、厳しい寒さが続いていたことから自室に取り込んでいた

ペットボトル野菜たちを必死にかばっていたことを

今でも鮮明に覚えています。

 

でも、尋常ではない地震の揺れにより立っているのが精一杯で、

一部のペットボトル野菜の鉢を床に落としてしまい、

水やり用に用意していたバケツの水も半分くらい零れてしまいました。

 

落ちた物を拾い集め床を掃除している間にも激しい揺れの余震が続き、

地震で停電になってしまったことからテレビやネットを使うことができず

ラジオだけが情報源だったことも記憶しています。

 

あの震災の甚大な被害の数々を知ることになったのは

震災のあった当時の夜のことで、テレビを付けたときは

まるで映画を見ているような錯覚に陥り、

しばらくの間現実に起きたことを理解できずにいました。

 

あの震災が発生した当初はボランティア精神MAXで

被災された方々のためにできることを考え、取り組んでいました。

 

が、今では非常に情けないことに

被災された方々への手助けをしたい気持ちは持ちつつも

行動が伴っておらず、本ブログと同様の体たらくぶりです。

 

つい先日、ネットニュースの記事で東日本大震災の被災地に入る

ボランティアの人数が現在では発生時の1割強に激減しているとのことで、

この震災のことを風化させてはならないといっている中、

風化の一途を辿っているのではないかと感じてしまいました。

 

実際にはまだ復興が思うようには進んでいないものの、

少しずつ前進しているようですのでボランティアの人手が減るのは

仕方のないことですね。

 

なんだか、私自身も震災のあった当時はペットボトル栽培で

被災された方々にできることがないかと考えた末、

 

取り組みの一つとして、某園芸誌での掲載をさせてもらいました。

 

基本的に、私が取り組むペットボトル栽培は環境活動の一環として

行っているものですので、前述のネットニュースの記事を読んだときに

震災当時に感じたボランティア精神が薄れていることに気づき、

これではいけないという思いを強く持つようになったことから

先日のご報告の通り、本ブログの毎日更新を宣言しました。

 

本日東日本大震災が発生したからというわけではありませんが、

私にしかできないことを少しずつ前に進めつつ、

被災された方々に楽しんでもらえるような栽培をご提供したいと

強く思う今日この頃です。

 

改めまして、東日本大震災により被災された方々が

一日も早くごく普通の生活を送れるようになりますことを祈り、

心よりお見舞い申し上げます。

2014.03.11

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
09

[野菜投票] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、カブ 投票

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今年も色々な野菜を育てたいと考えているのですが、

私が育てたいと思う野菜だけではなく、

本ブログをご覧の皆さんから頂いたご要望の野菜を育てることを

小さな目標としたいと思います。

 

基本は栽培レシピを一つでも増やすことですからね。

 

というわけで、今年も皆さんのご協力の下、野菜投票を開催します。

 

第1回目となる今回は昨年秋に「時なし小カブ」を収穫した際に

条件として提示していた'カブ'を新たに育てたいと思います。

 

今回育てる「カブ」はプランター栽培に適する小カブではなく、

一般的な大きさのカブも視野に入れて育てたいと考えています。

 

ただ、一般的な白いカブを育てるのでは面白味に欠けるため、

少し変わった品種の「カブ」を育てたいと思い、

下図に示す3品種の候補に挙げました。

野菜投票2014_01

 

()小カブあやめ雪

白と紫の色合いがとてもキレいなのが特徴で、

家庭菜園で小カブを育てている方に人気のある小カブです。

 

盛夏期を除いて、若どりでも球形がまとまり紫色も入るとのことで、

ち密な肉質で甘みが強く、サラダや酢漬けにおすすめです。

 

()本紅丸かぶ

寒さに強く生育旺盛でつくりやすく、根の皮から葉、茎まで

鮮紅色の赤カブです。肌はなめらか、根の内部は白色でち密な肉質で

甘みがあり、酢漬け・塩漬けに適し、全体がきれいな紅色になります

 

()黄金かぶ

イタリアの西洋が生産地だそうで、日本では珍しい黄金色のカブです。

表皮、果肉ともに黄金色とのことで、肉質緻密で甘みがあり、

歯ごたえが良く、サラダの素材としてだけでなく、料理の彩りにも最適です。

 

これらはどれも興味深い品種で一度育ててみたいと思うものばかりで、

皆さんにはこの中から一つを選んで頂くことをお願いしますので

恐縮するところです()

 

ですが、この中から選ばれる品種は皆さんの期待度が最も高いものとなり、

これから育てる私も気合いが入ります。

 

というわけで、上図に示す3品種の中から興味を持ったものを一つ選び、

左カラムの[野菜投票2014~カブ編~]にあるツールから投票して下さい。

(上記の投票ツールにて集計を行うため、コメント欄に投票したい

 野菜を書き込まれた場合は無効扱いとなりますのでご注意下さい。)

 

今回の投票期間は3月9日()~3月22()までとし、

投票結果の発表は3月23()に本ブログ上にて行います。

 

一人でも多くの方にご協力頂きまして、

今回の投票に清き一票を投じて頂けますよう、お願い致します。

2014.03.09

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

助成金