インフォメーション
3/19 「第1回野菜投票2017」の投票結果が発表されました!!
3/18 「トウモロコシ」栽培関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[果菜類]に反映!!
3/17 「オクラ・ピークファイブ」栽培(第2期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[果菜類]に反映!!
3/29 そろそろ、過去のブログ記事の移行作業を再開しましょうかね?
3/28 今日も種を蒔いてきました!!
3/27 種を買って来て、付いてくるのは…。
3/26 今日のカップめん44
3/25 「とうがらし」栽培を始めるとしますか?
3/25 今日のバァーガー(14)
06月
30

[反省] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、野菜作り

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今年も早いもので半年が経過しようしており、

時が過ぎる早さは年々早くなっているように感じます。

 

明日から7月ということで、今日は今年上半期を振り返り、

下半期をいい形で終われるように反省すべき点を洗い出し、

改善していこうと思います。

 

ザッと半年を振り返ってみると、

思い付くもので3つの問題点がありました。

 

一つ目は今年1月~3月までブログ記事の更新が殆ど行われず、

本ブログを楽しみにされている方々にご迷惑をお掛けしたこと。

 

今こそは公約通り、ブログ記事を毎日更新していますが、

1月~3月は月に2~3回更新すればいいほうで、

ブログ記事のネタはたくさんあるもののそれを文章にするのが億劫になり

ついつい更新をサボってしまいました。

 

この原因は、ペットボトル栽培に真剣に取り組んでいなかったことから、

きちんと栽培の経過報告をするために撮影した写真の選定や

編集・加工作業を怠っていたことに尽きます。

 

本ブログにリニューアルしてから「栽培レシピ」を完成させるという

大きな目標を掲げて野菜作りをしていたはずなのに、

このような結果になったことは反省しなくてはなりません。

 

今こそ、ブログ記事を毎日更新していますが、

このような行動をとるようになったのは今年4月初めにある方から頂いた

一つのコメントによるもので、その時に自分の過ちに気付きました。

 

その方は今でも本ブログをご覧になられているのかは分かりませんが、

この場をお借りして感謝致します。ありがとうございました。

 

続いて、2つ目の反省点ですが、

今年のゴールデンウイーク頃に大きな問題提起をした、

種蒔き作業における培養土の覆土の問題。

 

この問題は今でも最善策を模索しているのですが、

一時はこの問題で排水性の悪化などから同じ野菜の種を

何回も蒔き直すという無駄なことに時間を費やしてしまいました。

 

我がペットボトル栽培で愛用している粒状野菜用培養土には

ちょっとした隙間ができることから粒の小さい種を蒔いた場合は

種と土が密着しにくく、発芽に時間を要してしまうことから

この問題を提起しました。

 

ところが、種と土を密着させることに注力する余りに、

この解決策として粒子の細かな培養土を覆土した際に

粒状野菜用培養土の隙間がこの土で埋まってしまい、

排水性や通気性が悪くなるという結果を招いてしまいました。

 

現在は粒子の細かな土を敷き詰めた後に種を蒔き、

粒状野菜用培養土で覆土するようにしていますが、

粒子の細かな土を作るために粒状野菜用培養土を粉末状にしているため、

この手間を改善することが課題となっています。

 

この課題をクリアする方法は色々ありますが、

近々、ある方法で試験的に栽培を始める予定です。

 

最後に3つ目の反省点ですが、

二週間ほど前にもお伝えした無謀な栽培計画の立て方とその運用。

 

この問題の発端は主にアブラナ科に属する野菜が次々と枯れてしまい、

栽培続行が不可能となったことによるもので、

そもそもは栽培する時期が遅すぎたことにより起きた問題だったのです。

 

ダメになったアブラナ科の野菜の多くは葉物野菜ですが、

それ以外にも根菜類でも同様の結果を招いてしまいました。

 

単純に栽培管理が行き届いていないことが原因と思われましたが、

その後の調査で、過去の栽培記録を突き合わせてみると

同じ時期に同じミスを犯して野菜をダメにしていることが判明し、

栽培方法だけではなく栽培時期や環境なども一致したことが分かりました。

 

このことから、過去の栽培記録と照らし合わせて栽培計画を立て直し、

ペットボトル栽培をよりよいものにしていこうと考えました。

 

明日から7月になるということもあり栽培計画をさらに見直したのですが、

これまで栽培していた多くの葉物野菜を強制終了させることにしました。

 

実のところ、ここ数日間ペットボトル野菜の写真撮影をしていて

これらの生長に陰りが見え始めていることを感じ、

この時期に無理に育てずに最善の栽培条件と時期が揃ったときに

改めて育てる方がよいと判断したからです。

 

このため、さらに見直しをかけた栽培計画は下図になりますが、

殆どの葉物野菜は栽培予備群のグループZに移動させ、

葉物野菜があった枠にはこの時期にしか栽培できない野菜を配置し、

メインで育てることにしました。

Petsai_Plan201400701.png

[画像クリックで拡大します]

 

またこの栽培計画に示すとおり、7月は種蒔き作業を一切行わず、

現在栽培中の野菜を大事に育てていくことに注力したいと思います。

 

3つの大きな反省点以外にも反省すべきところはあるのですが、

その一つとして、野菜を育てる際に皆さんの野菜作りの成功例や

アドバイスなどを積極的に見聞し、今後の野菜作りに反映させることも

必要なのではないかと感じています。

 

私がキュウリ栽培に詳しいように、

人それぞれ得意とする野菜は必ず一つはあると思いますので、

そのノウハウを教え合うことでお互いの野菜作りに

プラスになると考えるのです。

 

なので、これから私はキュウリ栽培については誰にも負けないので、

私のわかる範囲内で皆さんにお教えしたいと思っています。

 

その代わりと言っては何ですが、

他の野菜についてのアドバイスを頂けると嬉しいです。

 

お互いによりよい野菜を作り、収穫できるように頑張りましょう!!

2014.06.30

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

06月
29

[ベランダきゅうり] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

度々ご紹介している試験栽培用に育てている「ベランダきゅうり」ですが、

この度、ちょっとだけシリーズとして連載することにしました。

 

最初は本当にちょっとだけご紹介するつもりで書いたのですが、

意外とご覧になられる方が多かったようですので、

本栽培と違うテイストで書いていきたいと思います。

 

早速ですが、試験栽培用に育てている「ベランダきゅうり」は

親蔓が1()近くまで伸びてしまったことから、

4本の支柱を囲むように螺旋状に誘引しました。

試作用ベランダきゅうり05

 

このため、前回ご紹介した時とは印象がかなり変わったと思います。

 

それから、試験栽培用の「ベランダきゅうり」には

もう一つ変わったところがあります。

 

それは待望の実を着けてくれたことです。

試作用ベランダきゅうり06

 

結実した実は長さ5(cm)、太さ6(mm)ほどあり、

これからぐんぐんと生長し、収穫できる日が楽しみになってきました。

 

本栽培の「ベランダきゅうり」も先週植え付けましたので、

あと二週間ほどで試験栽培用「ベランダきゅうり」のように

実を着けてくれると思います。

 

キュウリ大好きな私にとっては一日も早く収穫できないかと

待ち遠しくて仕方がありません。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

06月
28

[] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

いつものことではあるのですが、

先日、いつも愛用している野菜用培養土が安く売っていることから

私のお庭に行ってきました。

 

私のお庭とは、言うまでもなくホームセンターのこと()

 

ここのところ、ペットボトル菜園は色々とバタバタとしていて、

栽培スケジュールも組み直したために菜園に必要な道具を用意する機会が

増えたことから、これらにかかる費用を抑えなければならなかったのです。

 

このため、私のお庭に行くときはいつものような感覚では行けず、

○○だけしか買わないと心に決めて出掛けるようにしたのでした。

 

ところが、実際に私のお庭に着くと目新しいものが目に入り、

買いたい衝動に駆られてしまいました。

 

既に、ホームセンター中毒者の私ですから仕方がありません。

いや、予算が限られているのでそんな訳には行きません(苦笑)

 

買いたい衝動を必死に抑えながら「野菜用培養土」を購入し、

めでたしめでたしといきたいところですが、

そんな単純なことで話は終わりません。

 

お決まりのパターンと言われればそれまでなのですが、

「野菜用培養土」を安く購入することができて予算に少し余裕ができたので、

買ってしまったんですよね。種を(苦笑)

 

先日組み直した栽培スケジュールでは果菜類をメインに育てることから

色々な果実野菜の栽培に着手することを決めました。

 

つい先日、ブログ記事を公開した「オクラ」はこの一つで、

先月開催した野菜投票で惜しくも僅差で敗れてしまった

「こどもピーマン」も種を注文し、近々種を蒔く予定にしています。

買ってしまった種01

 

そもそも、「こどもピーマン」は枝豆栽培に野菜用培養土を使うことから

来年夏以降に繰り越していたはずなのですが...

 

もう、一度決めたことを覆してやってしまうなんて、

ペテン師野郎と変わらず最低ですね、私は()

 

それで、予算に余裕ができて買ってしまった種ですが、

下図に示す「小ナス」。

買ってしまった種02

 

ナスは私にとって鬼門の野菜なので失敗する確率が高いのに

なぜか買ってしまったのです。

 

この記事を書いている今でも謎なんですが、

買ってしまったのでこちらも育てたいと思っています。

 

数ヶ月後に「失敗したぁ」とうな垂れることを分かっていて...

 

なんだか、自分で言うのも変な話ですが、

私は完全にイカれてしまいましたね。

 

これから、私のことを「暴走王M.Ishii」と呼んで下さい。トホホ。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

06月
27

[イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、市販イチゴ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

スーパーで市販されているイチゴから種を採取し、

興味本位で育ててしまった「採種イチゴ」栽培。

 

前回は「採種イチゴ」の葉が大きくなりジャングルのように茂ったことから、

半数近くの葉を剪定し、数多くのランナーから厳選した6本を残して

剪定したところまでお伝えしました。

 

今回は厳選した6本のランナーを新たな鉢に植え付けるところから

お伝えしたいと思います。

ペトさい(採種イチゴ)154

 

前回、ランナーの剪定で各鉢のエリアごとに3本ずつ分けていますので、

早速、「採種イチゴ」の孫株を植え付けることにしましょう。

 

★植え付けのポイント★

・脇芽から本葉が2~3枚になり根が生えてきた頃を目安に行う。

・植え付けに使用する培養土はリン酸系肥料と発酵油かすを混ぜ込んだ

 粒状野菜用培養土を用いること。

 

 

★植え付け作業に必要な道具★

苗を植え付ける際に必要な道具を下記に示しますので、各自ご用意ください。

 

ランナー付きの採種イチゴの株、ツイン型ペットボトル鉢、ジョウロ、

粒状野菜用培養土、ジョウロ、クリップ×4つ、保冷バッグ(15cmx17.5cm)

ペトさい(採種イチゴ)155

 

 

★植え付け作業手順★

ペトさい(採種イチゴ)156

'ツイン型ペットボトル鉢'に「粒状野菜用培養土」を入れます。

 

粒状野菜用培養土は鉢の縁から3(cm)下まで入れるとよいでしょう。

 

ペトさい(採種イチゴ)157

'粒状野菜用培養土'を入れた鉢の上から「保冷バッグ」を被せます。

 

「保冷バック」はあらかじめペットボトル鉢のサイズに合うように、

カッターやハサミなどを使ってカットして調整します。

 

ツイン型ペットボトル鉢の高さは15(cm)くらいです。

 

ペトさい(採種イチゴ)158

植え付ける'採種イチゴのランナー''ツイン型ペットボトル鉢'の中央に

配置し、その周辺に「粒状野菜用培養土」を入れて土と根鉢を密着させます。

 

ペトさい(採種イチゴ)159

植え付けた'採種イチゴのランナー'をクリップで固定します。

 

クリップは植え付けた'採種イチゴのランナー'がしっかりと根付くまで

外さないようにして下さい。

 

ペトさい(採種イチゴ)160

クリップで固定したら「ジョウロ」でたっぷりと水を与えて、

植え付け作業は完了となります。

 

 

皆さんは「採種イチゴのランナー」を植え付けることができたでしょうか?

 

これから先は植え付けたランナーがしっかりと根付くまでには

約2週間程度かかりますのでそれまでの間はクリップで固定し、

下図に示すトレイに入れて管理していきます。

ペトさい(採種イチゴ)161

 

その間、「採種イチゴ」の子株のほうは2週間に1回の間隔で

実付きをよくする'リン酸系肥料'と葉の生育を促す'発酵油かす'

それぞれ一摘みずつ与えるようにしましょう。

 

最後に、「採種イチゴ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「採種イチゴ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・2週間に1回の間隔でリン酸系肥料を一摘み追肥すること。

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み追肥すること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★採種イチゴの栽培データ★

ペトさい(採種イチゴ)008

 

今回の「採種イチゴ」の植え付け作業にかかった費用を

以下に示しますのでご参考ください。

◆採種イチゴの植え付け作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

採種イチゴの苗

1

ジョウロ

1

108

108

野菜用培養土<粒状>(14)

1

345

49
(2L使用)

バッドグアノ(500ml)

1

198

4
 (10ml使用)

発酵油かす(1L)

1

298

3
 (10ml使用)

移植ゴテ

1

108

108

クリップ(2本)

2

108

216

保冷バッグ

1

108

108

合計金額 

547

※ 「ツイン型ペットボトル鉢」を新規で製作する場合は別途費用が掛かります。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

06月
26

[黄花コスモス] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、花栽培

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

突然ですが、下図に示すものは何かお分かりになるでしょうか?

試験栽培用黄花コスモス01

 

どこから見ても野菜のようには見えませんよね。

 

そう、これは試験栽培用に育てている'黄花コスモス'です。

 

これまでペットボトル栽培といいますと

ちょっとした野菜を育てるイメージが定着していると思います。

 

しかし、私のペットボトル栽培ではその見えない壁を打ち破り、

ペットボトルでも栽培可能なお花については積極的に育てていきます。

 

この「黄花コスモス」はある特別の想いから育てているのですが、

試験栽培用の「黄花コスモス」では7月上旬から中旬にかけて

オレンジや黄色といった鮮やかな色のお花を咲かせてくれると思います。

 

既に、蕾がいくつか付いていて大きくなっていますからね。

試験栽培用黄花コスモス02

 

現在、我がペットボトル菜園では「黄花コスモス」以外にも、

「あさがお」などのお馴染みのお花を育てていまして、

近々、本ブログにて公開する予定です。

 

今後は様々な果実野菜をメインに育てつつ、

お花も脇役として育てていきますので楽しみにしていて下さい。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

06月
25

[ベランダきゅうり] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、果実野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は無事に発芽したことをお伝えした「ベランダきゅうり」栽培。

 

それから6日が経過し、「ベランダきゅうり」が徒長せずに

生長していることを願うのですが、ここ最近の天候から見て、

その希望は打ち砕かれそうな気がします。

 

早速、ペットボトル菜園で育苗中の「ベランダきゅうり」を見てみますと、

双葉の大きさの割には草丈が3(cm)と長く伸びており、

見た目にもヒョロッとしていることから徒長していることがわかります。

ペトさい(ベランダきゅうり)16

 

予想通りの結果となり、キュウリ大好き人間の私としては

不満の残る結果となってしまいましたが、既に本葉が1枚出ていますので

このまま栽培を続行することにします。

 

さらに一週間が経過しますと「ベランダきゅうり」は、

草丈が2(cm)程度伸び、徒長がさらに進んでしまいました。

ペトさい(ベランダきゅうり)17

 

しかし、本葉が2枚に増え大きくなってきたこともあり、

若干のバランスはとれてきたようにも感じます。

 

近くに寄って見てみますと小さな本葉がもう1枚出ていることが分かり、

このまま育苗させるよりは新たな鉢に植え付けた方が良いように感じます。

 

従って、これより育苗した「ベランダきゅうり」

'縦ロング型ペットボトル鉢'へ植え付けることにしましょう。

 

★植え付けのポイント★

・本葉が2~3枚に増え草丈が5(cm)程度になった頃を目安に行う。

・植え付ける鉢は深さのあるものを用いること。

・植え付けに使用する培養土はリン酸系肥料と発酵油かすを混ぜ込んだ

 粒状野菜用培養土を用いること。

 

 

★植え付け作業に必要な道具★

苗を植え付ける際に必要な道具を下記に示しますので、各自ご用意ください。

 

育苗したベランダきゅうりの苗、縦ロング型ペットボトル鉢、ジョウロ、

粒状野菜用培養土、移植ゴテ、ワラ、支柱(60100cm伸縮タイプ)、麻ヒモ

ペトさい(ベランダきゅうり)18

 

 

★植え付け作業時の注意点★

・育苗した苗を鉢から取り出すときは人差し指と中指で挟み、

 根を傷めないように取り出すこと。

・植え付け後の水やりはたっぷりと与えること。

・植え付け後の乾燥対策として、土面にワラを敷き詰めること。

 

 

★植え付け作業手順★

ペトさい(ベランダきゅうり)19

'縦ロング型ペットボトル鉢'に「粒状野菜用培養土」を入れ、

水の入った「ジョウロ」で土を湿らせます。

 

粒状野菜用培養土は鉢の縁から8(cm)下まで入れるとよいでしょう。

 

ペトさい(ベランダきゅうり)20

育苗した「ベランダきゅうりの苗」'小型ペットボトル鉢'から取り出します。

 

「ベランダきゅうりの苗」を取り出す際は株や根を傷めないようするため、

苗の株元を人差し指と中指で挟み苗があるほうを下にして取り出します。

 

ペトさい(ベランダきゅうり)21

'ベランダきゅうりの苗''縦ロング型ペットボトル鉢'の中央に配置し、

その周辺に「粒状野菜用培養土」を入れて土と根鉢を密着させます。

 

ペトさい(ベランダきゅうり)22

ペットボトル鉢の四隅に「支柱」を垂直に立てます。

 

ペトさい(ベランダきゅうり)23

'支柱'を4本立てたら「ワラ」を敷き詰め、

「ジョウロ」でたっぷりと水を与えます。

 

ワラを敷くことにより土面の乾燥を防ぐだけでなく、

土の温度上昇を抑える効果や保湿効果が期待できます。

 

ペトさい(ベランダきゅうり)24

'ベランダきゅうりの苗'を「麻ヒモ」で誘引します。

 

'ベランダきゅうりの苗'を麻ヒモで誘引する際、

苗を傷めないように、苗側より支柱側を強く結ぶようにします。

 

また、今回の栽培では'ベランダきゅうりの親蔓'を4本の支柱を

囲むように螺旋状に誘引するため、苗を少し斜めに傾けておきます。

 

ペトさい(ベランダきゅうり)25

面から10(cm)ほど高い位置に「麻ヒモ」を掛け、支柱に一度回しかけながら

「麻ヒモ」渡し、最後はほどけないように固結びをします。

 

今回はあんどん式で支柱を立てることから、1段目のヒモ掛け作業が

終わったら10(cm)間隔で同様の作業を繰り返します。

 

この作業が終わったら、植え付け作業は完了となります。

 

 

今回は大掛かりな植え付け作業となりましたが、

皆さんは「ベランダきゅうりの苗」を植え付けることができたでしょうか?

 

これから先は収穫するまでこの鉢で育てることになりますが、

「ベランダきゅうり」は肥料食いな野菜ですので2週間に1回の間隔で

実付きをよくする'リン酸系肥料'と葉の生育を促す'発酵油かす'

それぞれ一摘みずつ与えるようにしましょう。

ペトさい(ベランダきゅうり)26

 

最後に、「ベランダきゅうり」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ベランダきゅうり」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・2週間に1回の間隔でリン酸系肥料と発酵油かすを一摘みずつ追肥する。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(ベランダきゅうり)27

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

なお、今後は1~2日くらいの間隔で栽培用炭酸水を使用した水やりを

行うようにすると、肥料持ちしてベランダきゅうりの生育がよくなります。

 

 

★ベランダきゅうりの栽培データ★

ペトさい(ベランダきゅうり)15

 

最後に、今回の「ベランダきゅうり」の植え付け作業にかかった費用を

以下に示しますのでご参考ください。

◆ベランダきゅうりの植え付け作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

ベランダきゅうりの苗

1

ジョウロ

1

108

108

野菜用培養土<粒状>(14)

1

345

98
(4L使用)

バッドグアノ(500ml)

1

198

8
 (20ml使用)

発酵油かす(1L)

1

298

6
 (20ml使用)

移植ゴテ

1

108

108

支柱(60100cm伸縮、2本入り)

2

108

216

ワラ(200)

1

498

5
(2本使用)

合計金額 

549

※ 「縦ロング型ペットボトル鉢」を新規で製作する場合は別途費用が掛かります。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

06月
24

[オクラ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、果実野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今回は高い栄養価で夏バテ防止によいとされる

「オクラ」を育ててみたいと思います。

 

ペットボトルで「オクラ」を育てることができるの?

と疑問を持たれた方は少なくないと思いますが、

 

今回の栽培でも色々な工夫をして育てますので問題ありません。

 

「オクラ」は独特の粘り気がありますが、

これはベクチンやアラビン、ガラクタンといった食物繊維によるもので、

コレステロールを減らす効果や、整腸やタンパク質の吸収を助ける

作用があるとされています。

 

また、ビタミンB1やビタミンC、カルシウム、鉄分などを

豊富に含んでいることから夏バテ防止に効果があるとのことです。

 

今年の夏は「オクラ」を使った料理を食べて乗り切りましょう!!

 

それでは、皆さんにも「オクラ」を育ててもらえるように、

これから実例を交えながら詳しく解説していくことにしましょう!!

 

★品種選び★

「オクラ」は明治初期に日本に入ってきた野菜で'ネリ'と呼ばれていました。

 

現在の日本で主流を占める「オクラ」は、

稜がハッキリとしていて断面が丸みを帯びた「角オクラ」の品種ですが、

沖縄や八丈島などでは大型で稜が殆どなく、断面が丸い「丸オクラ」が

栽培されています。

 

ペットボトル栽培に適した「オクラ」は莢の長さが10(cm)程の「角オクラ」で、

育てやすくオススメです。

 

今回の栽培ではサカタのタネ社の「ピークファイブ」という品種を選び、

生長する様子をお伝えしていきたいと思います。

ペトさい(オクラ)01

 

上の写真でも示していますが、「オクラ」の種には

品種によって色の付いた薬剤が塗布されているものがあります。

 

これは薬剤処理といって、発芽直後に土壌被害などから種を守るために

予め色の付いた薬剤を塗布したもので、このような薬剤処理された種には

必ず種袋の裏側にどのような薬剤を塗布したかが記載されています。

ペトさい(オクラ)02

 

 

★播種時期と発芽日数★

品種による多少の誤差はありますが、

「オクラ」の播種時期と発芽日数は以下のようになります。

 

播種時期:4月上旬~6月下旬

発芽日数:播種後3~5日

発芽率:75%

発芽適温(地温)2530

 

※ 上記のデータはいずれも中間地(温暖地)によるものです。

 

 

★使用する土★

「オクラ」を育てるときに使用する土は

市販の野菜用培養土であれば問題なく育てることができます。

 

しかし、今回の栽培では初めから一つの鉢で育てることはせず、

小さな鉢に種を蒔いて育苗させた後、大きめの鉢に植え付けるという

二段構えで育てることになるため、育苗時と植え付け後で使用する

培養土はそれぞれに適したものを使い分ける必要があります。

 

従って、育苗時に使用する土は種から発芽させ苗を育てることを

目的とすることから'市販の粒状種蒔き用培養土'200(ml)用います。

ペトさい(培養土・改)06

 

植え付け後に使用する土は植え付けた「オクラ」の実付きを

よくしないといけませんのでしっかりと元肥を施す必要があり、

下図に示す'市販の粒状野菜用培養土'を2()使用するのに対して、

一摘みの'リン酸系肥料''発酵油かす'を混ぜ込んだ土を使います。

ペトさい(培養土・改)01

 

リン酸系肥料は「オクラ」の実付きを良くする為に用いるもので、

今回の栽培ではバッドグアノを使用し、収穫後の追肥にも利用します。

ペトさい(有機肥料・改)02

 

発酵油かすは葉の生育を良くするために用いるもので、

葉の色が悪くなったときに追肥としても利用します。

ペトさい(有機肥料・改)01

 

また、普段の水やりの代わりに'栽培用炭酸水'を週2~3回程度与え、

「オクラ」の生育を活性化させます。

ペトさい(栽培用炭酸水)

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照ください。

 

 

★鉢選び★

今回育てる「オクラ」は根を深く張る野菜です。

 

しかしながら、今回の栽培では初めから一つの鉢で育てることはせず、

小さな鉢に種を蒔いて育苗させた後、大きめの鉢に植え付けるという

二段構えで育てることになるため、育苗時と植え付け後で使用する鉢も

それぞれに適したものを使い分ける必要があります。

 

従って、育苗時に使用する鉢は種から発芽させ苗を育てることを

目的としますので'小型ペットボトル鉢'を使います。

ペトさい(ペットボトル鉢)05

 

植え付け後に使用する鉢は根を深く張っても問題なく育てることができ、

安定した収穫が期待できる'縦ロング型ペットボトル鉢'を使います。

ペトさい(ペットボトル鉢)01

 

なお、2種類のペットボトル鉢を新規で作られる方は

下記のリンクをご参照の上製作してみてください。

小型ペットボトル鉢の作り方】【縦ロング型ペットボトル鉢の作り方

 

 

★種蒔き作業に必要な道具★

種を蒔くときに必要な道具を下記に示しますので、各自ご用意ください。

 

オクラの種、小型ペットボトル鉢、霧吹き、

移植ゴテ、粒状種蒔き用培養土、ワラ

ペトさい(オクラ)03

 

 

★種蒔き作業時の注意点★

・「オクラの種」は種殻が固く発芽しになくいため、播種する半日前に

 種を水に浸しておくこと。

・種を蒔いた後の覆土は厚さ1(cm)程度にすること。

・播種後の水やりはたっぷりと与えること。

・播種後の乾燥対策として、ワラを敷き詰めること。

 

 

★種蒔き作業手順★

ペトさい(オクラ)04

「オクラの種」を種蒔き作業の半日前に水に浸しておきます。

 

この作業は「オクラの種」を発芽しやすくするために行うものです。

 

ペトさい(オクラ)05

'小型ペットボトル鉢'に「粒状種蒔き用培養土」を入れます。

粒状種蒔き用培養土は鉢の縁から2(cm)下まで入れるとよいでしょう。

 

また、粒状種蒔き用培養土を粉末状にした土を薄くかけ、

「霧吹き」で湿らせることにより種を発芽しやすくすることができます。

ペトさい(オクラ)06

 

ペトさい(オクラ)07

種蒔き用培養土を入れたら「オクラの種」を点蒔きします。

 

このとき、種と種の間隔は3(cm)程度開けて蒔くようにして下さい。

ペトさい(オクラ)08

 

ペトさい(オクラ)09

'オクラの種'を蒔いたら「粒状種蒔き用培養土」で覆土し、

水の入った「霧吹き」で土を湿らせます。

 

ペトさい(オクラ)10

'霧吹き'で吹き付けたら「ワラ」を敷き詰め、

もう一度水の入った「霧吹き」で吹き付けて、種蒔き作業は完了です。

 

ワラを敷くことにより土面の乾燥を防ぐだけでなく、

土の温度上昇を抑える効果や保湿効果が期待できます。

 

 

★最後に★

皆さん、「オクラ」の種を蒔くことはできたでしょうか?

 

今回の栽培で種を蒔いた鉢は2鉢使用していますので、

これから育てる際には下図に示すトレイに入れると管理しやすくなります。

ペトさい(オクラ)11

 

トレイに入れた鉢は日当たりのよい場所に置いて育てるようにしましょう。

 

最後に、今回の「オクラ」の種蒔き作業にかかった費用を

以下に示しますのでご参考ください。

◆オクラの種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

オクラの種

1

193

193

霧吹き

1

108

108

種蒔き用培養土<粒状>(5L)

1

398

16
(200ml使用)

移植ゴテ

1

108

108

ワラ(200)

1

498

5
(2本使用)

合計金額 

430

※ 「小型ペットボトル鉢」を新規で製作する場合は別途費用が掛かります。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

06月
24

[レジナ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、果菜類

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は'栽培用炭酸水'を使って甘くてジューシーな「レジナ」に

することができるという裏話をお伝えしました。

 

この栽培も早いもので開始からちょうど50日目という節目を迎えました。

 

「レジナ」は2日に1回の間隔で栽培用炭酸水を与えて育てていることから、

草丈を倍近くまで伸ばし、葉も数を増やして大きくなりました。

ペトさい(レジナ・改)44

 

あまりの急生長ぶりに写真撮影泣かせな奴になり、画像を縦にしました。

 

「レジナ」の生長はコレだけでは終わらず小さかった蕾が大きくなり、

新たな蕾も続々と出てくるようになり、本気モードは加速しました。

ペトさい(レジナ・改)45

 

これだけ順調に生長できるのはしっかりと根付いているからこそで、

その様子は鉢の周りから見てもよくわかります。

 

今回新たな蕾を着けてきましたので、

実着きをよくする'リン酸系肥料'を一摘み与えておきました。

ペトさい(レジナ・改)46

 

あとはこれまで通り、栽培用炭酸水を2日1回の間隔で与えるようにし、

「レジナ」の様子を見守ることにしましょう。

 

一方、黄色い「レジナエロー」のほうですが、

こちらも草丈を5(cm)ほど伸ばし葉数を倍近くに増やして大きくなり、

「レジナ」に負けない生長ぶりを見せていました。

ペトさい(レジナ・改)47

 

この「レジナエロー」もまた新たな蕾を着けていたのですが、

驚くことに早くも蕾から開花しているものまで出ていたのです。

ペトさい(レジナ・改)48

 

やはり、「レジナエロー」は一般的な品種より生長が早いようで

このまま順調に育ってくれたら数週間後には黄色い実を

収穫できるかもしれません。

 

まだ先の話ではありますが、こう想像するとワクワクしてきました。

 

ただ、「レジナエロー」は生長が早い割に葉の生育の方が芳しくないので、

葉の生育を促す'発酵油かす'と実着きをよくする'リン酸系肥料'

一摘みずつ与えておきました。

ペトさい(レジナ・改)49

 

どちらの「レジナ」も炭酸水栽培の効果が出始めてきましたので、

今後の生長がますます楽しみになってきました。

 

それでは最後に、「レジナ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「レジナ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・2週間に1回の間隔で'リン酸系肥料'を一摘み追肥すること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(レジナ・改)50

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

なお、今回から炭酸水栽培を開始しましたので、

今後は1~2日くらいの間隔で栽培用炭酸水を使用した水やりを

行うようにして下さい。

 

 

★レジナの栽培データ★

ペトさい(レジナ・改)18

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

06月
23

[内藤とうがらし] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、伝統野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回はブログ仲間の葉っぱさんから頂いた「内藤とうがらし」の種を

小型ペットボトル鉢に蒔いて育苗させるところまでお伝えしました。

 

「内藤とうがらし」の発芽は一般的な唐辛子と同様、

地温2530℃で播種後5~7日程度かかるようですので、

順調に発芽してくれることを期待します。

 

種を蒔いてから4日目を迎えたのですが、

予定ではまだ発芽していないのを分かっているものの、

「内藤とうがらし」のことが気になって仕方がなく、

栽培しているペットボトル菜園に行って様子を見てみることに...

 

「内藤とうがらし」の鉢を見てみたところ、

やはり、発芽しているようには見えませんでした。

ペトさい(内藤とうがらし)12

 

当然の結果ではあったのですが、どこか諦めがつかない私は

念のために敷きワラを取り除いて発芽していないか見てみました。

 

往生際の悪い私の行動に呆れるのはもう少しお待ちください。

 

そう、ワラを取り除いた所から発芽して間もない芽が出ていたのです。

ペトさい(内藤とうがらし)13

 

予定より1日早く発芽させることに成功したことは嬉しいのですが、

蒔いた種のうち一つしか発芽していないので大したことではありません。

 

ただ、一日早く発芽したのは30℃近い気温が続いていたことが考えられ、

また適度に水を与えていたことが功を奏したのかもしれません。

 

その翌日、再び「内藤とうがらし」の様子を見てみますと、

蒔いた種全てから発芽しており、双葉も2枚開いていました。

ペトさい(内藤とうがらし)14

 

さらに8日が経過しますと、

「内藤とうがらし」草丈を1(cm)程度に伸ばし、

本葉を2枚着けていました。

ペトさい(内藤とうがらし)15

 

「内藤とうがらし」は順調に生長しているように感じ、

これからも気温上昇に伴い大きく育ってくれそうな気がします。

 

とりあえず、無事に発芽した「内藤とうがらし」は最初の関門をクリアし、

本葉を数枚付けるように育てることが次の目標となります。

 

最後に、「内藤とうがらし」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「内藤とうがらし」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉が3~4枚になり込み合ってきたら、

 生育の良い芽を1株残すようにして間引くこと。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今回無事に発芽しましたので、これからの水やりは水の入った霧吹きで

吹き付けずにジョウロで行うことになります。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(内藤とうがらし)16

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★内藤とうがらしの栽培データ★

ペトさい(内藤とうがらし)17

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

06月
22

[イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、市販イチゴ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

スーパーで市販されているイチゴから種を採取し、

興味本位で育ててしまった「採種イチゴ」栽培。

 

前回、これまでの「採種イチゴ」栽培で'何か'を忘れているような

感覚があったことからその'何か'を探すため、

新たなスタートを切ることになったところまでお伝えしました。

 

あれから一週間が経過し、「採種イチゴ」さらに葉が大きくなり、

ワサワサのジャングル状態は横だけではなく上にも拡大していました。

ペトさい(採種イチゴ)142

 

葉が大きくなってしまうと花や実の方に栄養が行き届かなくなりそうで

心配になってしまいますが、意外とそうでもなさそうです。

 

近くに寄って見てみますと少しまばらになってきていますが、

白い花がキレイに咲いていましたし、

ペトさい(採種イチゴ)143

 

また、違うところを見てみますと、

小さな実を着けているのを確認できました。

ペトさい(採種イチゴ)144

 

ランナーの方も一段と本数を増やし脇芽を着けて葉が大きくなり、

根が生えるランナーが目立つようになってきました。

ペトさい(採種イチゴ)145

 

「採種イチゴ」は私にまだまだ元気に生長できることを

必死に訴えてかけるように育っているように見えました。

 

 

栽培開始から597日目を迎え、「採種イチゴ」はさらにジャングル化が進み

葉がワサワサと茂り、ランナーも絡み合っていました。

ペトさい(採種イチゴ)146

 

そんな「採種イチゴ」ではありますが、

珍しく花を咲かせている様子を見ることはなかったものの、

小さくて赤く熟した実を着けていました。

ペトさい(採種イチゴ)147

 

赤い実は少し傷んでいるものがありましたので、

早めに収穫してお口にパクリとしました()

 

さて、「採種イチゴ」はこのジャングル化した状態を放置し続けますと、

風通しが悪くなるだけでなくクラウン付近の新芽に日光が当たらなくなり

生育が悪くなってしまいます。

 

このため、三度目となる葉の剪定作業を行うことにしました。

ペトさい(採種イチゴ)148

 

今回は大きくなった葉が多かったことからバッサバサと切りまくり、

気付いてみたらスカスカになってしまいました。テヘッ()

ペトさい(採種イチゴ)149

ペトさい(採種イチゴ)150

 

これだけ葉を剪定してもまだ鉢の裏側はスッキリしていません。

 

これらはランナーが集まっているところで、

少し広げてみるとランナーの数は倍以上に増え、

それぞれのランナーからは脇芽が伸び大きくなった葉を着けていました。

ペトさい(採種イチゴ)151

 

これだけランナーがあると土の栄養分が分散してしまい、

たとえ追肥をしたとしても株全体の生育に影響が出てしまいます。

 

また一部のランナーからは根が伸びているものも見られるようになり、

これらについては別の鉢に植え付けて育てることができます。

 

このことから、根が出ている生育の良いランナーを6本残すようにして、

その他のランナーは全て剪定することにしました。

ペトさい(採種イチゴ)152

 

ランナーを剪定する場合は、株元付近から園芸用ハサミを使って剪定します。

 

残したランナーは別の鉢に植え付けることから、

鉢の各エリアから3本ずつ残すようにし、

植え付け後の栽培管理をしやすくしました。

ペトさい(採種イチゴ)153

 

これで孫株となるであろうランナーの植え付けができる状態になりました。

次回はいよいよこれらの植え付けを行うことにしましょう!!

 

最後に、イチゴの栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

ペトさい(採種イチゴ)008

 

また、これからイチゴを種から育てたいと思われた方は

こちらを参照して種を蒔いてみて下さい。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

助成金