インフォメーション
2/21 ペトさいの基礎知識関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[ペトさいの基礎知識]に反映!!
1/ 9 ペトさい料理関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[ペトさい料理]に反映!!
11/ 1 本ブログをプレオープンしました!!
2/21 「ペトさいの基礎知識」関連記事をカテゴリーメニューから選べます!!
2/20 「作業計画表」を見直し、あの企画も開催します!!
2/19 今日のガリガリ君XXXIX
2/18 今日のバァーガー(11)
2/17 「簡易カゴ温室」を作ってみましょう!!
2/16 「簡易自動給水器」を作ってみましょう!!
06月
30

[反省] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、野菜作り

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今年も早いもので半年が経過しようしており、

時が過ぎる早さは年々早くなっているように感じます。

 

明日から7月ということで、今日は今年上半期を振り返り、

下半期をいい形で終われるように反省すべき点を洗い出し、

改善していこうと思います。

 

ザッと半年を振り返ってみると、

思い付くもので3つの問題点がありました。

 

一つ目は今年1月~3月までブログ記事の更新が殆ど行われず、

本ブログを楽しみにされている方々にご迷惑をお掛けしたこと。

 

今こそは公約通り、ブログ記事を毎日更新していますが、

1月~3月は月に2~3回更新すればいいほうで、

ブログ記事のネタはたくさんあるもののそれを文章にするのが億劫になり

ついつい更新をサボってしまいました。

 

この原因は、ペットボトル栽培に真剣に取り組んでいなかったことから、

きちんと栽培の経過報告をするために撮影した写真の選定や

編集・加工作業を怠っていたことに尽きます。

 

本ブログにリニューアルしてから「栽培レシピ」を完成させるという

大きな目標を掲げて野菜作りをしていたはずなのに、

このような結果になったことは反省しなくてはなりません。

 

今こそ、ブログ記事を毎日更新していますが、

このような行動をとるようになったのは今年4月初めにある方から頂いた

一つのコメントによるもので、その時に自分の過ちに気付きました。

 

その方は今でも本ブログをご覧になられているのかは分かりませんが、

この場をお借りして感謝致します。ありがとうございました。

 

続いて、2つ目の反省点ですが、

今年のゴールデンウイーク頃に大きな問題提起をした、

種蒔き作業における培養土の覆土の問題。

 

この問題は今でも最善策を模索しているのですが、

一時はこの問題で排水性の悪化などから同じ野菜の種を

何回も蒔き直すという無駄なことに時間を費やしてしまいました。

 

我がペットボトル栽培で愛用している粒状野菜用培養土には

ちょっとした隙間ができることから粒の小さい種を蒔いた場合は

種と土が密着しにくく、発芽に時間を要してしまうことから

この問題を提起しました。

 

ところが、種と土を密着させることに注力する余りに、

この解決策として粒子の細かな培養土を覆土した際に

粒状野菜用培養土の隙間がこの土で埋まってしまい、

排水性や通気性が悪くなるという結果を招いてしまいました。

 

現在は粒子の細かな土を敷き詰めた後に種を蒔き、

粒状野菜用培養土で覆土するようにしていますが、

粒子の細かな土を作るために粒状野菜用培養土を粉末状にしているため、

この手間を改善することが課題となっています。

 

この課題をクリアする方法は色々ありますが、

近々、ある方法で試験的に栽培を始める予定です。

 

最後に3つ目の反省点ですが、

二週間ほど前にもお伝えした無謀な栽培計画の立て方とその運用。

 

この問題の発端は主にアブラナ科に属する野菜が次々と枯れてしまい、

栽培続行が不可能となったことによるもので、

そもそもは栽培する時期が遅すぎたことにより起きた問題だったのです。

 

ダメになったアブラナ科の野菜の多くは葉物野菜ですが、

それ以外にも根菜類でも同様の結果を招いてしまいました。

 

単純に栽培管理が行き届いていないことが原因と思われましたが、

その後の調査で、過去の栽培記録を突き合わせてみると

同じ時期に同じミスを犯して野菜をダメにしていることが判明し、

栽培方法だけではなく栽培時期や環境なども一致したことが分かりました。

 

このことから、過去の栽培記録と照らし合わせて栽培計画を立て直し、

ペットボトル栽培をよりよいものにしていこうと考えました。

 

明日から7月になるということもあり栽培計画をさらに見直したのですが、

これまで栽培していた多くの葉物野菜を強制終了させることにしました。

 

実のところ、ここ数日間ペットボトル野菜の写真撮影をしていて

これらの生長に陰りが見え始めていることを感じ、

この時期に無理に育てずに最善の栽培条件と時期が揃ったときに

改めて育てる方がよいと判断したからです。

 

このため、さらに見直しをかけた栽培計画は下図になりますが、

殆どの葉物野菜は栽培予備群のグループZに移動させ、

葉物野菜があった枠にはこの時期にしか栽培できない野菜を配置し、

メインで育てることにしました。

Petsai_Plan201400701.png

[画像クリックで拡大します]

 

またこの栽培計画に示すとおり、7月は種蒔き作業を一切行わず、

現在栽培中の野菜を大事に育てていくことに注力したいと思います。

 

3つの大きな反省点以外にも反省すべきところはあるのですが、

その一つとして、野菜を育てる際に皆さんの野菜作りの成功例や

アドバイスなどを積極的に見聞し、今後の野菜作りに反映させることも

必要なのではないかと感じています。

 

私がキュウリ栽培に詳しいように、

人それぞれ得意とする野菜は必ず一つはあると思いますので、

そのノウハウを教え合うことでお互いの野菜作りに

プラスになると考えるのです。

 

なので、これから私はキュウリ栽培については誰にも負けないので、

私のわかる範囲内で皆さんにお教えしたいと思っています。

 

その代わりと言っては何ですが、

他の野菜についてのアドバイスを頂けると嬉しいです。

 

お互いによりよい野菜を作り、収穫できるように頑張りましょう!!

2014.06.30

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

06月
29

[ベランダきゅうり] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

度々ご紹介している試験栽培用に育てている「ベランダきゅうり」ですが、

この度、ちょっとだけシリーズとして連載することにしました。

 

最初は本当にちょっとだけご紹介するつもりで書いたのですが、

意外とご覧になられる方が多かったようですので、

本栽培と違うテイストで書いていきたいと思います。

 

早速ですが、試験栽培用に育てている「ベランダきゅうり」は

親蔓が1()近くまで伸びてしまったことから、

4本の支柱を囲むように螺旋状に誘引しました。

試作用ベランダきゅうり05

 

このため、前回ご紹介した時とは印象がかなり変わったと思います。

 

それから、試験栽培用の「ベランダきゅうり」には

もう一つ変わったところがあります。

 

それは待望の実を着けてくれたことです。

試作用ベランダきゅうり06

 

結実した実は長さ5(cm)、太さ6(mm)ほどあり、

これからぐんぐんと生長し、収穫できる日が楽しみになってきました。

 

本栽培の「ベランダきゅうり」も先週植え付けましたので、

あと二週間ほどで試験栽培用「ベランダきゅうり」のように

実を着けてくれると思います。

 

キュウリ大好きな私にとっては一日も早く収穫できないかと

待ち遠しくて仕方がありません。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

06月
28

[] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

いつものことではあるのですが、

先日、いつも愛用している野菜用培養土が安く売っていることから

私のお庭に行ってきました。

 

私のお庭とは、言うまでもなくホームセンターのこと()

 

ここのところ、ペットボトル菜園は色々とバタバタとしていて、

栽培スケジュールも組み直したために菜園に必要な道具を用意する機会が

増えたことから、これらにかかる費用を抑えなければならなかったのです。

 

このため、私のお庭に行くときはいつものような感覚では行けず、

○○だけしか買わないと心に決めて出掛けるようにしたのでした。

 

ところが、実際に私のお庭に着くと目新しいものが目に入り、

買いたい衝動に駆られてしまいました。

 

既に、ホームセンター中毒者の私ですから仕方がありません。

いや、予算が限られているのでそんな訳には行きません(苦笑)

 

買いたい衝動を必死に抑えながら「野菜用培養土」を購入し、

めでたしめでたしといきたいところですが、

そんな単純なことで話は終わりません。

 

お決まりのパターンと言われればそれまでなのですが、

「野菜用培養土」を安く購入することができて予算に少し余裕ができたので、

買ってしまったんですよね。種を(苦笑)

 

先日組み直した栽培スケジュールでは果菜類をメインに育てることから

色々な果実野菜の栽培に着手することを決めました。

 

つい先日、ブログ記事を公開した「オクラ」はこの一つで、

先月開催した野菜投票で惜しくも僅差で敗れてしまった

「こどもピーマン」も種を注文し、近々種を蒔く予定にしています。

買ってしまった種01

 

そもそも、「こどもピーマン」は枝豆栽培に野菜用培養土を使うことから

来年夏以降に繰り越していたはずなのですが...

 

もう、一度決めたことを覆してやってしまうなんて、

ペテン師野郎と変わらず最低ですね、私は()

 

それで、予算に余裕ができて買ってしまった種ですが、

下図に示す「小ナス」。

買ってしまった種02

 

ナスは私にとって鬼門の野菜なので失敗する確率が高いのに

なぜか買ってしまったのです。

 

この記事を書いている今でも謎なんですが、

買ってしまったのでこちらも育てたいと思っています。

 

数ヶ月後に「失敗したぁ」とうな垂れることを分かっていて...

 

なんだか、自分で言うのも変な話ですが、

私は完全にイカれてしまいましたね。

 

これから、私のことを「暴走王M.Ishii」と呼んで下さい。トホホ。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

06月
26

[黄花コスモス] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、花栽培

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

突然ですが、下図に示すものは何かお分かりになるでしょうか?

試験栽培用黄花コスモス01

 

どこから見ても野菜のようには見えませんよね。

 

そう、これは試験栽培用に育てている'黄花コスモス'です。

 

これまでペットボトル栽培といいますと

ちょっとした野菜を育てるイメージが定着していると思います。

 

しかし、私のペットボトル栽培ではその見えない壁を打ち破り、

ペットボトルでも栽培可能なお花については積極的に育てていきます。

 

この「黄花コスモス」はある特別の想いから育てているのですが、

試験栽培用の「黄花コスモス」では7月上旬から中旬にかけて

オレンジや黄色といった鮮やかな色のお花を咲かせてくれると思います。

 

既に、蕾がいくつか付いていて大きくなっていますからね。

試験栽培用黄花コスモス02

 

現在、我がペットボトル菜園では「黄花コスモス」以外にも、

「あさがお」などのお馴染みのお花を育てていまして、

近々、本ブログにて公開する予定です。

 

今後は様々な果実野菜をメインに育てつつ、

お花も脇役として育てていきますので楽しみにしていて下さい。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

06月
21

[ライトダウン] ブログ村キーワード:地球温暖化、CO2削減

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

 

今日は久しぶりに環境関連の記事を書いてみたくなりましたので、

ペットボトル栽培のお話をお休みさせて頂くことをお許し下さい。

 

さて、今日もペットボトル菜園で色々なお野菜の写真を撮りまして、

夜からこれらの写真を編集しているところです。

ライトダウン2014

 

お部屋が真っ暗な中にPCのディスプレイだけが目立っていますが、

けして、部屋の照明が壊れたわけでも私の性格が暗いわけでもありません。

 

実は、今日(6/21)はライトダウンキャンペーンの実施日で、

毎年6月21日の夏至の日と7月7日のクールアースデー、

1222日の冬至の日のいずれの日の夜8時から10時までの2時間に

全国のライトアップ施設や各家庭の照明を一斉消灯することで、

地球温暖化について考えるキッカケとなる日なのです。

 

私は環境問題に取り組んでいることから、

毎年いずれの日にライトダウンキャンペーンに参加していて、

家族の者と地球温暖化についてざっくばらんに話しています。

 

我が横浜ではランドマークタワーやベイブリッジなどの施設で

定刻の夜8時になると一斉に消灯する瞬間を見ることができ、

逆に夜10時になると再び照明が点灯する瞬間を見ることができます。

 

でも、ランドマークタワーは夜11時になると消灯しますけどね。

 

この取り組みは、環境省が2003年から地球温暖化防止の呼び掛けで始まり、

今日のキャンペーンによる参加施設数は19,542施設に及んだそうで、

削減できた消費電力量は312,455.32(kwh)とのことでした。

 

1家庭内における消灯による削減消費電力量は

全体から見たら大したものではないかもしれませんが、

少しでも多くのご家庭でこのキャンペーンに参加して頂けると

地球温暖化の防止に一役買うことができると思いますし、

ご家族との話しをするよいキッカケづくりになると思います。

 

次回のライトダウンキャンペーンは7月7日のクールアースデーに

実施する予定となっていますので、参加してみてはいかがでしょうか?

 

少しつまらないお話にお付き合い下さり、ありがとうございました。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

06月
20

[デジブック] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ブログ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

昨日、今日と外勤だったため、いつもお世話になっている

皆さんのブログにスマホからお邪魔させて頂いていたのですが、

コメントを残すことができず、申し訳ありませんでした。

 

明日はPCをフルに使って画像編集を行いますので、

ご訪問させて頂いた際にコメントを入れさせて頂きますので

よろしくお願い致します。

 

実は昨日、一部の方には帰宅後にPCからコメントを入れさせて

頂こうと思っていたのですが、いつも外勤の際に利用している

小田急線が脱線事故を起こしたため遠回りして帰宅せざるを得なくなり、

帰宅が遅くなったことからコメントを入れることができませんでした。

 

しかし、遠回りした帰りの電車内でブログ記事の原案を書いていたので、

けして無駄な時間を過ごしていたわけではなく、

この記事の一部も少しだけ書いていました。

 

さて、本題のお話に移りますが、

先日ペットボトル栽培で育てた野菜のデジブックを公開しましたが、

これに関する様々なご意見を頂きありがとうございました。

 

皆さんから頂いたご意見は大変参考になり、

今後のデジブック制作に活かしたいと思います。

 

皆さんから頂いたご意見の中で最も多く寄せられたご要望は

動画再生時のBGMの導入でした。

 

実のところ、これについては最初にデジブックを作ったときは

専用のサイトから作っていたのでBGMが入ったものを作っていました。

 

ところが、このサイトが突然閉鎖してしまい、

私が一から作ることになってしまったため、

BGMを入れたかったのですが選曲が面倒になり、

現在のようにBGMなしのデジブックを作っている状況です。

 

デジブックにBGMがあるのとないのでは全然違いますから、

私としてもBGMを入れたいと思うのが本音です。

 

だけど、選曲ってなかなかな難しいと感じていまして、

私のイメージとしてはヒーリングミュージックかクラシックが

あっているのかなと思っているのですが、皆さんでしたら

ペットボトル野菜が生長していく過程にマッチした音楽に

どのようなものが合っていると思いますか?

 

もし、いい音楽がありましたら教えて下さい。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

06月
19

[栽培計画] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

先週土曜日から3日間かけてペットボトル菜園で栽培中の

野菜たちの写真撮影を行いました。

 

毎週、これらの生長を見るのが楽しみなんですが、

先週土曜日から行った写真撮影では殆ど楽しめるものはなく、

むしろ、絶望感に近い悔しさと私自身への怒りを感じました。

 

これまで度々お話していますが、

現在栽培中の野菜たちは栽培レシピに追加するために大事に育てています。

 

しかし、ごく一部の野菜については私のふがいない栽培管理により

アブラムシまみれで手の施しようのない最悪な状態にしてしまったのです。

 

一週間前に撮影したときはアブラムシの姿を見ていなかったのですが、

これに安心しきってしまったことで防虫ネットを被せずに放置した結果、

葉にアブラムシの膜が張るようにビッシリと付いていて、

栽培用炭酸水で噴霧しても葉そのものが侵されているため、

どうすることもできなかったのです。

 

このような状態に陥った野菜はアブラナ科に属する野菜が多く、

残念ながらこれらの野菜たちは強制的に撤収しました。

 

あまりにもお粗末すぎる結果に怒りを覚え、

この日は自分への罰として昼食と夕食を抜き、猛省していました。

 

以前、私を説教する謎のお爺さんの夢の話をしましたが、

その夢の中で謎のお爺さんが私に言った「野菜の気持ちが分からない者が

ペットボトルで野菜を育てることなんてできない」という言葉が

頭の中でリピートして聞こえていました。

 

本ブログにリニューアルする前に育ててきた野菜のデータや

ブログ記事を見てみますと、私が同じ時期に育てていて

同じミスをしていることに気付き、サル以下だなと思いました。

 

なぜ同じミスを繰り返してしまうのか、

罰で食事を抜いた時間に色々考えていました。

 

逆に、過去の栽培データから収穫に成功した野菜を見てみますと、

栽培適期とは別に、ペットボトル栽培で容易に育てることのできる季節が

共通していることに気付くことができたのです。

 

このことに気付いたとき、これまでの栽培計画を見直す必要があると思い、

栽培中の野菜と新たに育てても良さそうな野菜を吟味してみました。

 

その結果、果野菜類で育てやすい野菜を投入し、

現在栽培中の中で生育状況が怪しいと思うものについては強制終了し、

秋以降に再スタートさせることにしました。

 

これらを踏まえ、見直しを計った「栽培計画」を下図に示します。

Petsai_Plan2014006_2.png

[画像クリックで拡大します]

 

上図の植物名に水色で色付けしたものは新たに育てる野菜を示し、

黄色で色付けしたものは現在栽培中で生育状況が危うい野菜を示します。

 

また、新たにグループZというグループを設け、

様々な理由で強制的に中断させた野菜や栽培予定の野菜を纏めました。

 

今月初めに公開した栽培計画とは様々なところで大きな変更があり、

過去の事例と照らし合わせた現実的な栽培計画になりました。

 

特に、果菜類を倍近くに増やしていることからも

季節的に栽培しやすいものになったと思います。

 

ただ、ここで皆さんに一つだけお詫びしなければならないことがあります。

 

それは、先月実施した第2回野菜投票で惜しくも破れてしまった

「こどもピーマン」を育てることにしたからです。

 

過去の事例を見てみますと毎年この時期にピーマンかシシトウを栽培し、

8月後半から9月中頃までコンスタントに収穫していることが分かり、

ピーマンを育てるのであれば野菜投票で敗れた「こどもピーマン」を

育てるのがよいという結論に至ったのでした。

 

従って、「こどもピーマン」を復活させることになり、

結果として、野菜投票を実施した意味がないものにしたことを

皆さんにお詫びしなければならないと思ったわけです。

 

ですので、この場をお借りして皆さんにお詫びさせて頂きます。

申し訳ありませんでした。

 

「こどもピーマン」の種は既に注文済みで来週中に種を蒔く予定ですので、

「こどもピーマン」に投票して下さった方は楽しみにしていて下さい。

 

今回見直した栽培計画にはここに含まれていない野菜が存在し、

ある程度の生長を見て良さそうな状態になりましたら

栽培計画に反映させたいと思っています。

 

その野菜は私が今までペットボトルで育ててきた中でも

最も難易度の高い栽培になるため、全く先が見えない状況なのです。

 

ですから、栽培計画に反映させることができた時には

きっと皆さんにも楽しんでもらえることを確信していますので、

このことは頭の片隅に入れて下さると幸いです。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

06月
18

[ベランダきゅうり] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、試験栽培

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今から10日ほど前にご紹介した試験栽培用の「ベランダきゅうり」ですが、

お昼休みにペットボトル菜園に足を運んでみたところ、

結構な大きさに生長していました。

試作用ベランダきゅうり02

 

蔓はちゃんと支柱に絡み付いているようですし、

葉の病気も今のところなさそうなご様子で順調に育っています。

 

一応、この「ベランダきゅうり」は本栽培のものではないので、

それなりに育ちが良くても栽培レシピへの追加対象にはならず、

ある意味できゅうりマニアの趣味として育てているような感じがします。

 

さて、この「ベランダきゅうり」を汲まなく見てみたところ、

株が大きくなっただけではなく、所々に開花しそうな蕾が出来ていて、

待望の着果する様子を見ることができるかもしれません。

試作用ベランダきゅうり03

 

また、別のところでは着果したような姿を見ることができ、

きゅうり大好き人間の私を興奮させてくれました。

試作用ベランダきゅうり04

 

肝心の本栽培の「ベランダきゅうり」も

このように育ってくれると嬉しいのですが...

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

06月
15

[炭酸水] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、原材料

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

突然ですが、皆さんは下の写真に示す物が何に見えるか分かりますか?

謎の白い粉01

 

パッと見して、怪しい違法薬物に見えるかもしれません。

 

たしかに、最近違法薬物に関する報道をよく耳にしますし、

先月には某有名歌手が違法薬物所持と使用で逮捕されたことは

まだ記憶に新しくことと思います。

 

私自身、この歌手の一ファンですのでショックは大きく、

ブログの記事を書いているときや画像を編集しているときに

BGMとして流していたのでこの事件が発生して以来、

前に向きには聞けなくなりました。

 

それはさておき、冒頭に示した怪しい白いものは

けして違法薬物でないことを断っておきます。当たり前ですけど()

 

それでは、これらは何かといいますと、

以前お伝えしたことのある'栽培用炭酸水'

生成するために必要な「クエン酸」「重曹」です。

謎の白い粉02

 

'栽培用炭酸水'は私のペットボトル栽培には欠かせないもので、

これからの時期は実を着ける野菜が活発に生長しますし、

アブラムシなどの害虫も発生しやすくなることから

使用する機会が増えてきます。

 

このため、原材料である「クエン酸」と「重曹」を計量し、

小さな収納バックに入れて小分けすることで、

'栽培用炭酸水'をすぐに作れるように用意しているのです。

 

'栽培用炭酸水'の作り方や使用した際の効果については

こちらの記事をご覧頂きたいと思うのですが、

この時期が一年で最も使用する回数が増えることから

前もって準備しておかないととても間に合わないのです。

 

'栽培用炭酸水'に使う「クエン酸」と「重曹」は

いずれも食用のものを使っているので無害なのですが、

先日生成した'栽培用炭酸水'を味見してみたら

レモン汁を水で薄めたような味で不味かったです(苦笑)

 

そんな不味くものをペットボトル野菜たちに与えて、

よく瑞々しい野菜になると思うと不思議でなりません。

 

明日もまた、ペットボトル野菜たちに水を与える際に、

この'栽培用炭酸水'を作る予定です。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

06月
14

[ランキング] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ブログ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

昨日は私の戯れ言にお付き合い下さり、ありがとうございました。

 

私としては少し冗談を交えてお話したつもりだったのですが、

マジメにご覧になられていたことに恐縮してしまいました。

 

というのも、昨日の記事を書いているときに、

私の中では3種類の野菜のうちの「シカクマメ」を育てるつもりでいて、

既に、頭の中で栽培の様子をイメージして栽培環境や育て方を

シミュレーションしていました。

 

けして、騙すつもりはなかったのですが、スミマセンでした。

 

というわけで、今日も暑い中自転車をギコギコこいで

ホームセンターに行ってきました。

 

もちろん、お目当ては「シカクマメの種」と野菜用培養土。

 

なんですが、いつものようにコレだけで済まないのが私の悪いところ。

そう、「シカクマメの種」と一緒にこんな物まで買ってしまいました。

夏野菜の種

 

もう中毒になっているので、今さら直そうと思っても直りません。

だって、直す気なんてないんだモン()

 

今日購入した種は実際に蒔くかはまだ決めてないのですが、

「シカクマメ」をペットボトルで育てるのは相当な技術が要求されるため、

あらゆる方法で情報収集をしている状況でこれらの情報から判断して

決めたいと思っています。

 

それはそうと、先日、本ブログがYahoo!Googleexciteなどから

検索して検索順位第一位を獲得したことをお伝えしました。

 

特定のキーワードを入力するだけで検索順位トップにヒットされるのは

大変光栄なことであり、喜ばしいことです。

 

実はこれと同じくらい嬉しいことがもう一つありました。

 

それは以前にもお話ししたブログランキングのことなんですが、

昨日、にほんブログ村のプランター栽培ランキングを覗いてみたところ、

あまり見ることのできない結果を見てしまったのです。

 

まずは以下にそのときのランキングを示します。

ランキングサイト01

[画像クリックで拡大します]

 

このランキングは私がエントリーしていることもあり、

日々チェックしているのですが、昨日のランキングでは嬉しいことに

私がお世話になっているブロガーさんがトップ10内に1位を除いて

全て入っており、独占状態だったのです。

 

このようなことはあまり見ないことで珍しいと思いますので、

お世話になっている方々がこのような形でランクインされたことは

自分のことのように大変嬉しい気持ちになりました。

 

また、皆さんにいつも応援して頂いているおかげをもちまして、

本ブログも第2位を維持することができ、大変感謝しております。

 

今後もいつもお世話になっている方々のブログがトップ10以上に

ランクインされるように普段と変わらず応援していきたいと思います。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

助成金