インフォメーション
3/19 「第1回野菜投票2017」の投票結果が発表されました!!
3/18 「トウモロコシ」栽培関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[果菜類]に反映!!
3/17 「オクラ・ピークファイブ」栽培(第2期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[果菜類]に反映!!
3/25 「とうがらし」栽培を始めるとしますか?
3/25 今日のバァーガー(14)
3/24 「キュウリ」栽培について
3/23 「とうがらし」栽培関連記事の連載を開始したいと思います!!
3/23 「トウモロコシ」は収穫することが出来たのか?それとも・・・。
3/22 「トウモロコシ」に新たな雌穂を着けるものの、不安なことが・・・。
11月
30

[野菜投票] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、オゾン層破壊

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今月もあと数時間で終わりを迎え今年も残すことあと一月のみとなり、

時が経つのは早いものだと感じる今日この頃です。

 

ペットボトル栽培についても同様のことが言えるのですが、

今年も数々の野菜を育ててきた中には皆さんのご投票により決定した

何種類もの野菜も含まれているわけでありまして、

皆さんには本当に感謝しております。ありがとうございました。

 

今年最後となる第5回野菜投票ではこれまで行った計4回の投票で

惜しくも敗れてしまった野菜のみを候補に挙げ、

いわゆる敗者復活戦という位置付けで約2週間行って参りました。

 

私の気持ちとしては候補に挙げた全ての野菜を育てたいのですが、

ペットボトル菜園で育てるだけの場所の確保やコストには限りがあり、

この中から一つを選び出すのは大変な作業です。

 

これから第5回目となる野菜投票の結果を発表しますが、

今回の候補となる野菜の中から一品種しか選ばれないのは心苦しく、

落選する野菜に投票して下さった方を再び悲しませてしまうことになり、

この瞬間は言葉では言い表せないほど複雑な気持ちにさせられます。

 

それでは、投票結果を発表する前に

今回の投票にエントリーされた野菜のおさらいをしておきましょう。

野菜投票2014_05

 

()黄金かぶ

イタリアの西洋が生産地だそうで、日本では珍しい黄金色のカブです。

表皮、果肉ともに黄金色とのことで、肉質緻密で甘みがあり、

歯ごたえが良く、サラダの素材としてだけでなく、料理の彩りにも最適です。

 

()こどもピーマン

長さ約10(cm)、重さ40(g)の使いきりサイズの果実という、

今までにない全く新しいタイプのピーマンです。果皮はスムーズで

ツヤがあり、濃緑色でキュートな形をしており、ピーマンの独特な

苦みや臭いが少なく、子供受けしそうなピーマンです。

 

()サラダ菜

濃緑色のリーフ型レタスで、生育期間が短く、若いうちに収穫をして

利用することができ、家庭菜園向きの野菜です。サラダ菜はビタミンや

ミネラルを豊富に含む健康野菜でもあります。

 

()早生そらまめ

この品種は一般的なソラマメと違って莢の大きさが小さく、

一莢になる豆の数も一粒少ないのですが、生育旺盛なので

初心者の方にもとても育てやすい品種です。

 

 

先ほど、今回の野菜投票の結果を集計していた時に

皆さんが投票時に入れて下さったコメントを拝読しまして、

皆さんの投票への期待を強く感じました。

 

それだけ、今回の投票結果はもの凄いことになりました。

 

長らくお待たせした「第5回野菜投票」の投票結果の発表に移りますが、

今回の有効投票総数は1117()1129()までに

所定の投票ツールで投票された票数を対象とし、計147票集まりました。

 

改めまして、ご投票下さいましてありがとうございました。

 

この投票数を元に集計した投票結果は下図に示す通りで、

「黄金かぶ」は68票「こどもピーマン」は8票「サラダ菜」は4票

「早生そらまめ」は67票となり、「黄金かぶ」と「早生そらまめ」の

両候補が飛び抜けて票を集め、わずか1票差で「黄金かぶ」が当選という

結果になりました。

野菜投票結果2014_05

 

「黄金かぶ」に投票された皆様はおめでとうございます。

 

そして、惜しくも1票差で敗れてしまった「早生そらまめ」をはじめ、

「こどもピーマン」と「サラダ菜」に投票された皆さんは残念な結果となり

申し訳ありません。本当にスミマセン。

 

ですが、ここで諦めるのはまだ早いです!!

 

今回の野菜投票は落選してしまった野菜に期待を持たれている

皆さんへの救済処置として開催しましたので、

おいら自身も投票結果の集計時にかなり悩みました。

 

そこで、今回の投票結果を踏まえた上での特例として、

今回に限り投票数で飛び抜けていた「黄金かぶ」と「早生そらまめ」の

2候補を育てることに決めました。

 

つまり、本来は落選となるはずの「早生そらまめ」も育てます。

 

このような処置をとってしまうと依怙贔屓になってしまい、

「こどもピーマン」と「サラダ菜」に投票された方には申し訳ありませんので、

この両候補については来年開催予定の野菜投票でアドバンテージとして

今回獲得した票数を上乗せさせてもらいたいと思います。

 

というわけで、「黄金かぶ」と「早生そらまめ」については早速種を購入し、

責任を持って育てたいと思いますので、期待していて下さい。

 

これからも本ブログをよろしくお願い致します。

2014.11.30

ブログ管理人 M.Ishii
スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

11月
26

[内藤とうがらし] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、オゾン層破壊

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は青々とした実が少しずつ赤く熟してきたことをお伝えしました。

 

まだ赤く熟し始めたばかりですが、

「内藤とうがらし」の収穫はかなり近付いてきたことに間違いありません。

 

あれから6日が経過し栽培開始から157日目を迎えた「内藤とうがらし」は、

朝晩の冷え込みが厳しくなってくる中元気に育っていました。

ペトさい(内藤とうがらし)85

 

6日前は葉に張りがなくて元気がなかったのですが、

今では張りが蘇り元気な姿を見せているなんてすごい奴ですね。

 

近くに寄るまでもありませんが、

青々とした実がより大きくなる一方で赤く熟す実も数を増やし

赤と緑のコントラストがきれいに見えました。

ペトさい(内藤とうがらし)86

 

さらに8日が経過しますと、

「内藤とうがらし」葉数が微妙に増えているように感じ、

まだまだ衰える様子は感じられません。

ペトさい(内藤とうがらし)87

 

それもそのはずで、赤く熟した実がさらに増え

青々とした実よりも多くなったように感じるのです。

ペトさい(内藤とうがらし)88

 

「内藤とうがらし」のどこにそんな力が残っているのかは分かりませんが、

着実に赤く熟す実が増えているところを踏まえると

そろそろ収穫しても良い頃かもしれませんね。

 

最後に、「内藤とうがらし」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「内藤とうがらし」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・2週間に1回の間隔でリン酸系肥料と発酵油かすを一摘みずつ追肥する。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(内藤とうがらし)89

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

なお、今後は1~2日くらいの間隔で栽培用炭酸水を使用した水やりを

行うようにすると、肥料持ちして内藤とうがらしの生育がよくなります。

 

 

★内藤とうがらしの栽培データ★

ペトさい(内藤とうがらし)17

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
25

[グリムス] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、オゾン層破壊

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

毎日ブログ記事を更新することによりブログツール上の苗木が成長し、

苗木を大人の樹に成長させると実際の森にその苗木が植樹されるという

地球環境に貢献することができる環境活動参加型ツールの「gremz」。

 

前回までに姿を見せてくれた動物たちは下図に示すとおり計6種類で、

これら以外にもたくさんの動物は存在しますので

メールに記された新しい動物を目にするまで頑張りたいと思います。

新・グリムス07

 

これからgremzを始めたいと思われた方はこちらからご登録頂き、

上図の環境キーワードをブログ記事内に明記して見て下さいね。

 

さあ、今回はどのような動物たちに出会うことができ、

「グリムスの苗」がどこまで生長しているのかを見るため、

グリムス動物ランドに足を運ぶことにしましょう!!

 

グリムスを始めてから26日目を迎えて背景は元の姿に戻り、

「グリムスの苗木」はさらに大きくなり立派な葉を着けるようになりました。

新・グリムス08

 

この日も'グリムスの苗木'には'チョウ'が姿を見せ、

羽をパサパサと広げて生長を喜んでくれました。

 

'チョウ'は動物というには微妙ですが、

「京都議定書」という言葉で姿を見せてくれます。

 

さらに6日が経過しますと「グリムスの苗木」はより大きく生長し、

葉数も増えてきました。

 

この日もグリムス動物ランドにはふてぶてしい姿をした'ネコ'が現れ、

しっぽを振ってこちらを睨み付けていました。

 

'ネコ'「酸性雨」という言葉で呼び寄せることができるのですが、

かわいげのない姿を見せるなら呼ばない方がよかったと少し後悔しました。

 

それから6日が経過し、グリムス動物ランドも秋が深まり、

辺りの山の木々が紅葉してきました。

新・グリムス09

 

そんな中、「グリムスの苗木」は枝数を増やして大きくなり、

'ドードー'が祝福に訪れてくれました。

 

'ドードー'はふてぶてしい'ネコ'と違ってお尻をフリフリさせて

愛嬌を振りまく可愛らしい動物です。

 

そんな'ドードー'を呼び寄せる魔法の言葉は「絶滅動物」です。

 

これまで順調に生長を続ける「グリムスの苗木」ですが、

ごく希に突然変異で急成長することがあるのです。

 

その翌日、「グリムスの苗木」はわずか一日で一段と大きな木に生長し、

大木らしさが少し出始めました。

 

そんな「グリムスの苗木」の急成長に'カエル'さんもビックリして

ひっくり返えってしまいました。

 

'カエル'さんは「エコマーク」という言葉で姿を見せるのですが、

この日ばかりは「グリムスの苗木」の突然変異に仰天し、

姿を見せたのでしょう。

 

今回も新たな動物を目にすることはできませんでしたが、

まずは「グリムスの苗木」を生長させ、

ほかの動物たちを呼び寄せてヒントをもらうことにしましょうかね()

次回の旅に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
24

[ブログ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、カーボンオフセット

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

今月の作業スケジュールを公開した時にお伝えした通り、

普段も、ブログ更新時やペトさいの写真編集などで使用しているPCの

HDDを新しいものと交換し、かつ、OSの入れ替えやアプリケーション、

バックアップしたデータの移動などを行います。

 

このため、これらは長丁場の作業となる可能性が高いので、

表題に示しておりますとおり、今日のブログ更新はお休みします。

 

いつも本ブログをご覧の方には申し訳ありませんが、

何卒、ご理解の程よろしくお願いします。

 

ペトさい関連におけるPCでの環境整備はあと少しで完了し、

これが済みましたら、本格的に新たな展開に向け始動しますので、

楽しみにしていてください。

 

それでは、素敵な一日をお過ごし下さい。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
23

[ブログ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、カーボンオフセット

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

11/20から3日間、外勤で皆さんのブログにお邪魔することができず、

申し訳ありませんでした。

 

おいらは11/20の夜に外勤から事務所に戻ってひと仕事をした後に

くそ不味いワインを飲むつもりでした。

 

ところが、この日は生憎の雨で傘を持っていくのを忘れてしまったため

ネズミ男状態(グレーのパーカーのフードを被り、前歯を出した状態)

雨に打たれながら事務所まで走ったので、

ワインどころの話ではなくなり、結局昨夜ワインタイムにしました。

 

十数年前に買ったボジョレーは大して味が変わっていなくて、

やはりくそ不味いなぁと思ったのですが、

一人寂しく事務所でワイングラスでワインタイムを満喫しているとき、

突然PCからあの音とともにアプリが起動しました。

 

そう、昨夜甲信越地方を襲った大きな地震の緊急地震速報が…。

 

その10秒くらい後に、テレビのほうでも緊急地震速報が出て、

おいらが住んでいる横浜は対象から外れていましたが、

条件反射的に警戒してしまい、まったりとワインの味を楽しむどころか

完全に酔いが醒めてしまいました。

 

夜遅くに地震が発生したために安否や被害の情報が入りにくく、

夜が明けてこれから少しずつ色々な情報が伝わってくるかと思います。

 

ツイッターでお伝えしたのですが、

おいらは希薄な関係になりがちなネット環境ではありますが、

コミュニケーションを大事にしたいと考えているため、

ブログでお付き合いさせて頂いている皆さんのことを

大事にしたいと思っています。特別な意味はありませんよ()

 

だから、昨夜甲信越地方で発生した地震のことと、

いつもブログでお世話になっている方を含めて

甲信越地方にお住まいの方々のことが心配でなりません。

 

大きな地震が発生したときはしばらくの間余震もありますから、

二次災害にならないことも願うばかりです。

 

今は地震で大変なときだと思いますので、

まずは自分の身の回りのことに気をつけ、安全第一で行動して下さいね。

 

そして、少し落ち着いてきたらご一報を頂けると嬉しいです。

 

古い家屋が倒壊したとの情報が入っているので心配ですが、

一人も犠牲者が出ないことを心よりお見舞い申し上げます。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
20

[オクラ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、エコマーク

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は季節が移り変わる中、株の上端部にしか葉や蕾、莢を着けず、

その莢が大きくなったことからささやかに収穫したことをお伝えしました。

 

あれから9日が経過し栽培開始から115日目を迎えた「オクラ」ですが、

見た目は生長している様子がほとんど感じられず、

そろそろ撤収してしまおうかと考えてしまいました。

ペトさい(オクラ)77

 

そうは言っても、近くに寄ってみると新たな葉と蕾を着けていて

なかなか撤収に踏み込むことができません。

ペトさい(オクラ)78

 

それから13日が経過し、「オクラ」の様子を見てみたところ、

葉の一部が損傷して欠けていました。

ペトさい(オクラ)79

 

なんとも寂しい姿の「オクラ」を見ると撤収したい気持ちが湧いてきます。

 

しかし、株の上端部に着けている小さな葉や蕾を見てしまうと

その気持ちが払拭されてしまうというか、撤収する気が失せてしまうのです。

ペトさい(オクラ)80

 

時期的に見てもペットボトル菜園の気温から見ても

全盛期のような生長は期待できないのに…。

 

さらに一週間が経過し、「オクラ」の様子を見てみますと、

さらに葉の一部が破損して痛々しい姿を晒していました。

ペトさい(オクラ)81

 

やはり、撤収させたほうがいいと思う私ですが、

どうも近くに寄って見てしまうとダメみたいなのです。

 

如何せん、蕾の一つは大きくなり開花したみたいで、

花が閉じてしまっていたのです。

ペトさい(オクラ)82

 

しかも、ほかの蕾も大きくなっていて開花しそうな気配を感じたのです。

 

このような姿を見てしまったら撤収しようなんて

鬼の決断ができるわけもなく、様子を見るしかありません。

 

ここのところ、朝晩の気温が10℃を下回るようになってきましたので、

防寒したらちゃんと着果してくれるのでしょうか?

 

あぁ、私に撤収させる勇気をください。

 

最後に、「オクラ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「オクラ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・2週間に1回の間隔でリン酸系肥料を一摘み与えること。

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今回無事に発芽しましたので、これからの水やりは水の入った霧吹きで

吹き付けずにジョウロで行うことになります。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(オクラ)83

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★オクラの栽培データ★

ペトさい(オクラ)18

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
20

[ブログ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、エコマーク

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

ここのところ、ペトさい関連で忙しない日々を送っていることもあり、

ブログ記事を安定的に更新することができず申し訳ありません。

 

このような状況はもうしばらく続きそうですので、

ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いします。

 

今日から外勤のため、皆さんのブログにお邪魔できるかは微妙ですが、

できる限りご訪問させて頂きたいと思っていますので

ご理解頂ければ幸いです。

 

なお、今日と明日のブログ記事については予約投稿にて行いますので、

お時間のよろしいときにご覧下さい。

 

それでは、今日も冷え込んでいますので暖かくしてお過ごし下さい!!

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
17

[野菜投票] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、絶滅動物

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

早いもので今年も残すところ1ヵ月半となりましたが、

日に日に忙しない日々を過ごしているような気がしています。

 

今年のことを振り返るのは年末まで残しておくとして、

今年開催した野菜投票はこれまでに計4回行いましたが、

多くの方にご協力を頂きまして大変感謝しております。

 

ただ、おいらは皆さんがお忙しい中ご投票下さっていることに

申し訳ないと感じることが一つありまして、

それは野菜投票の結果発表で落選した時の失望感を与えてしまったこと。

 

投票ですから当選するものがあれば落選するものもあるのは

仕方のないことではあるのですが、毎回結果発表をするときは

投票して下さった方に感謝の気持ちと同じくらい、

申し訳ない気持ちを持って望んでいました。

 

なので、今年も計4回も落選で失望感を与えてしまい、

罪悪感に似た気持ちを味わったわけです。

 

このため、せめてもの罪滅ぼしと言うわけではありませんが、

計4回の野菜投票で落選した野菜や保留扱いになった野菜について

もう一度チャンスを与えることにしました。

 

つまり、これらの野菜の中から一つだけ育てることにしました。

 

従って、皆さんには以下に示す4種類の候補の中から一つを選んで頂き

投票期間内なら何票でも構わないのでご投票頂きたいと思います。

野菜投票2014_05

 

それでは、今回の候補となる野菜を簡単にご紹介したいと思います。

 

()黄金かぶ

イタリアの西洋が生産地だそうで、日本では珍しい黄金色のカブです。

表皮、果肉ともに黄金色とのことで、肉質緻密で甘みがあり、

歯ごたえが良く、サラダの素材としてだけでなく、料理の彩りにも最適です。

 

()こどもピーマン

長さ約10(cm)、重さ40(g)の使いきりサイズの果実という、

今までにない全く新しいタイプのピーマンです。果皮はスムーズで

ツヤがあり、濃緑色でキュートな形をしており、ピーマンの独特な

苦みや臭いが少なく、子供受けしそうなピーマンです。

 

()サラダ菜

濃緑色のリーフ型レタスで、生育期間が短く、若いうちに収穫をして

利用することができ、家庭菜園向きの野菜です。サラダ菜はビタミンや

ミネラルを豊富に含む健康野菜でもあります。

 

()早生そらまめ

この品種は一般的なソラマメと違って莢の大きさが小さく、

一莢になる豆の数も一粒少ないのですが、生育旺盛なので

初心者の方にもとても育てやすい品種です。

 

以上になりますが、皆さんはどの野菜にご興味を持たれたでしょうか?

 

今回も当選した野菜については皆さんのご期待に添えるよう、

適切な栽培時期に責任を持って育てたいと考えています。

 

というわけで、上図に示す4種類の野菜の中からご興味を持たれた野菜を

一つだけお選び頂き、以下に示す投票ツールからご投票下さい。

 

今回もスマホでご覧頂いている方に野菜投票にご参加頂けます。

 

なお、今回の投票はこれまで通り投票ツールにて集計を行う都合上、

コメント欄への候補の書き込みは無効扱いとなりますのでご注意下さい。

 

今回の投票期間は20141117()20141129()までとし、

投票結果の発表は20141130()に本ブログ上にて行います

 

今回も皆さんには大変なことをお願いしてしまい申し訳なく思いますが、

一人でも多くの方にご協力を頂けますようよろしくお願い致します。

2014.11.17

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
17

[ブログ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、絶滅動物

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

昨夜は1ヶ月ほど前から食べたかった'あるB級グルメ'を作りまして、

美味しく頂いて満足しました。

 

ツイッターで'あるB級グルメ'の話題を呟いていたら

フォロワーさんに羨ましがられてしまい、食べる前に写真を撮りました。

 

ここでは訳あってお見せすることはできませんが、

その'B級グルメ'を食べている時にペトさいである栽培を思い付いたので、

早速ある野菜の種をマキマキしたいと思います()

 

ここのところ、ペトさいの記事が疎かになってしまい申し訳ありませんが、

11月も後半に突入しましたので気持ちを入れ替えて頑張ります。

 

おいらは自分のことを最低な人間だと思っているのですが、

最低な人間なりに色々ことを頑張りますのでよろしくお願いします。

 

今週も素敵な一週間になるよう頑張りましょう!!

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
16

[ブログ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、絶滅動物

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今朝も寒いので布団の中に潜ってブログ記事を書いています。

 

昨日は少しバタバタしていたので予定していた作業を終わらせることが

できなかったのですが、そんな中、仕事の合間に近所のスーパーで

千歳飴をゲットしてきました。

千歳飴

 

けして暇人ではありませんが、

今でもちゃんと売っていることにホッとしました。

 

さて、先日お話した本ブログ内の言語を翻訳するブログツール設置に伴い、

これまで英語表記していた「ルッコラ」栽培記事の日本語化を

ようやく完了させることができました。

 

日本語化した記事は下記の3記事になりますが、

英語版では盛り込めなかったものをふんだんに詰め込みましたので、

一つの記事としてのボリュームが大きくなってしまいました。

 

8/22 The Rocket Salad's cultivation -ルッコラ栽培-

9/ 5 The Rocket Salad's cultivation II -ルッコラ栽培II-

9/30 The Rocket Salad's cultivation III -ルッコラ栽培III-

 

しかしながら、ボリュームが大きくなっている分、

「ルッコラ」栽培の内容がより詳細に書き込みましたので

一度ご覧になられた方にも楽しんでもらえる内容になっていると思います。

 

今回の日本語化を機に、皆さんに安心してご覧頂けるようになり

おいらはホッとしているのですが、書き手側としても

不慣れな英語を使わなくて済むので心置きなく記事を書けます()

 

お時間に余裕がありましたらご覧下さい。

 

今日はペトさいの写真撮影の残りと大事なオペをした後、

撮影した画像の編集作業を行いたいと思います。

 

それではそろそろ、勇気を出して布団から出て、

震えながら温かい豚汁を食べ、朝風呂に入って気合いを入れてきます。

豚汁

 

今日も素敵な休日をお過ごし下さい!!

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

助成金