インフォメーション
4/25 「スティック春菊」栽培関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/23 「中葉しゅんぎく」栽培(第3期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/22 「中葉しゅんぎく」栽培(第1、第2期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
7/23 期日前投票から帰ってきたら…。
7/22 '熱中症'になって…。
7/21 尽きない悩み
7/20 夏のお花が咲いたぜよ!!
7/19 遂に、'あの野菜'の種を蒔いたのですが…。
7/17 悩んだ末の結末が…。
01月
31

[収穫] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、食物連鎖

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

早いもので新年を迎えたと思ったら今月も今日で終わり、

明日から2月に突入し、時が経つ早さをスゴく感じる今日この頃です。

 

ペットボトル菜園で収穫した野菜をダイジェストで振り返るこの企画は

今年から毎月末日にその月に収穫した野菜を振り返りたいと思います。

 

早速今月収穫した「ペットボトル野菜」を時系列に沿って振り返りますが、

今月は寒さが厳しかったこともあり収穫できた品種は少なかったのですが、

収穫量としては満足のいくものとなりました。

 

まずは1/6「わさび菜」を初収穫したのですが、

寒さに関係なくたくさんの葉を収穫することができ、

幸先のよいスタートを切ることができました。

収穫したペト菜2015年01月01

 

「わさび菜」は主に付け合わせで使うことが多いのですが、

1/20にも通算3回目の収穫を果たすことができたこともあり、

ちょっとした料理に使いました。

収穫したペト菜2015年01月02

 

わさび菜料理の詳細はいずれご紹介したいと思います。

 

この「わさび菜」は近々4回目の収穫を控えていまして、

現在のペットボトル菜園でもっと輝いているお野菜です()

 

1/17になりますと「べんり菜」を収穫することができました。

収穫したペト菜2015年01月03

 

この野菜はその名の通り、炒めものや煮物、お浸しなどに使える

重宝する野菜ですので、今回食害に遭うことなく

想定したよりも多く収穫することができたことから

色々料理に使うことができました。

 

栽培する時期にも恵まれ、葉が柔らかく甘みを増すことができ

稀にみるいい出来だったと思いました。

 

1/22には「ミニ大根」を収穫することができました。

収穫したペト菜2015年01月04

 

「ミニ大根」はペットボトル栽培で何度か収穫したことがあるのですが、

満足のいく出来ではありませんでした。

 

しかし、今回収穫した「ミニ大根」は色、形、大きさがよく、

実際に調理した時にスが入っていなかったことから

美味しく頂くことができました。

 

ミニ大根料理の詳細は後日ご紹介しますので

お腹を空かせて待っていて下さい。

 

最後に、1/26には「ミニカリフラワー」を収穫しました。

収穫したペト菜2015年01月05

 

この野菜はペットボトル栽培では初めて挑戦したのですが、

始めた当初は多くの方から批判的なコメントを多く頂き、

私としては悔しかったこともあり意地でも立派な「ミニカリフラワー」を

収穫しようと頑張りました。

 

あの時に批判的なコメントを寄せた方は無事に収穫したことを

どのように感じていらっしゃるのかは分かりませんが、

してやったりの収穫に満足できた楽しい栽培になりました()

 

少し急いで振り返りましたが、

昨年秋から始めた栽培の収穫が目立つようになり、

ペットボトル菜園は若干寂しくなってきました。

 

来月も「わさび菜」を始め様々な野菜を収穫できると思いますので、

楽しみが増える分寂しさも増えそうですね。

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

01月
30

[サラダ水菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、葉物野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は厳しい寒さが続く中発芽した芽の双葉が光合成で濃い緑色に変わり、

小さな本葉が出てきたことをお伝えしました。

 

あれから8日が経過し栽培開始から49日目を迎えた「サラダ水菜」

一部の芽が極端に大きくなっているのは気になるところですが、

全体的に見て本葉が2~3枚出ていて順調に育っているように見えました。

ペトさい(サラダ水菜)23

 

しかし、「サラダ水菜」の芽を一つ一つ見てみますと、

一部の葉が寒さで枯れているものが見受けられました。

 

このため、けして混み合っている状態ではありませんが、

今後の「サラダ水菜」の生長を考えて少し間引くことにしましょう。

★1回目の間引きのポイント★

・本来は本葉が1~2枚に増え、込み合ってきた頃を目安に間引く。

・間引く際は生育の悪そうな芽を園芸用ハサミで剪定すること。

・株間は2(cm)ほど開けるようにして間引くこと。

ペトさい(サラダ水菜)24

 

ひとまず、間引きを終えた「サラダ水菜」ですが、

株の生長にばらつきがあるためバランスよく間引くのに苦労しました。

ペトさい(サラダ水菜)25

 

とはいえ、全体の半数以上の芽が本葉を2~3枚着けていますので、

これらの芽が少しでもばらつきをなせるように育てていきたいと思います。

 

最後に、「サラダ水菜」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「サラダ水菜」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉が3~4枚になり込み合ってきたら、5(cm)間隔に間引くこと。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行います。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(サラダ水菜)26

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★サラダ水菜の栽培データ★

ペトさい(サラダ水菜)20

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

01月
30

[小ネギ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植林・植樹

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

わてはたこ焼き好きのタコっちやでぇ。

今日はこのブログを見てくれておおきに。

少しの時間だけ、「小ネギ」栽培のお話に付き合ってやぁ。

 

前回は間引いた後もわての心配をよそに

「小ネギ」が元気に育っていたことをお話したんやなぁ。

 

わてが大事に育てている「小ネギ」は厳しい寒さでも育ってくれはるさかい、

今は安心して見ることができるでぇ。

 

あれから一週間が経過し栽培開始から83日目を迎えた「小ネギ」やけど、

きっとさらに大きく生長しているに違いないでぇ。

 

早速、「小ネギ」を育てているペットボトル菜園に行ってみたんやけど、

わてが思うたとおり草丈をさらに伸ばし葉も少し太くなっておったでぇ。

ペトさい(小ネギ)30

 

まぁ、一週間前に比べると若干気温が上がって暖かくなったことも

順調に生長している要因やと思うんやけど、わてが大事に育てている

「小ネギ」やからどんな過酷な条件にも耐えることができるからやでぇ。

 

この「小ネギ」なんやけど、少し微笑ましい出来事があったんやでぇ。

 

それは株元付近を見ていた時のことなんやけど、

株と株の間から小っこい芽が出てきたんや。

ペトさい(小ネギ)31

 

発芽した当時のことを思い出してみたんやけど、

わてが蒔いた種のうち発芽しなかった数株の一つが

今頃になって出てきたみたいなんや。

 

発芽するまでに二ヶ月以上が経過して小さな芽が出てくるなんて

わては嬉しかったんやけど、既に間引いた後やから複雑やでぇ。

 

せっかく芽を出してくれたさかい、少し様子を見たいと思うんやけど

おそらく主力の株からは外れると思うでぇ。

 

最後に、「小ネギ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示すさかい、今後の栽培に役立はなれ。

 

なお、これから「小ネギ」を種から育てたいと思うた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみなはれ。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が悪くなったら発酵油かすを一摘み与えるんやでぇ。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えるんやでぇ。

 

 

★水やりの注意点★

引き続いて、水の入った霧吹きを使うて水を与えるんやでぇ。

ペトさい(小ネギ)32

 

 

★小ネギの栽培データ★

ペトさい(小ネギ)14

次回のお話に続くでぇ

byタコっち

心ひとつに キャンドルナイト

01月
29

[半結球レタス] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ペットシア

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は厳しい寒さの中双葉が一回り大きくなり、

本葉を順調に増やしていったことをお伝えしました。

 

あれから一週間が経過し栽培開始から38日目を迎えた「半結球レタス」

どの芽も葉が大きくなり大分土面が隠れるようになってきました。

ペトさい(半結球レタス)18

 

近くに寄って見てみますと双葉の大きさはさほど変わりませんが、

本葉が2枚に増えその一枚が双葉よりも大きくなり込み合っていました。

 

厳しい寒さが続いていることもあり、

通気性が悪くなって徒長することはありませんが、

株の生育が悪くなってしまう恐れはありますので少し間引くことにします。

★1回目の間引きのポイント★

・本葉が1~2枚に増え込み合ってきた頃を目安に間引くこと。

・間引く際は生育の悪そうな芽を園芸用ハサミで剪定すること。

・株間は2(cm)ほど開けるようにして間引くこと。

ペトさい(半結球レタス)19

 

一鉢に9~10株あった「半結球レタス」は株間を広げて4株に間引き、

風通しがよくなった分冷たい風を受けやすくなり

生育に影響しないか心配はあります。

ペトさい(半結球レタス)20

 

しかしながら、これまでの「半結球レタス」の生長を見ていて、

寒さにより生長に影響を受けたことはありませんでしたので

今までどおり元気に育ってくれることを期待します。

 

最後に、「半結球レタス」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「半結球レタス」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉が3~4枚出てきた頃を目安に、4(cm)間隔に間引くこと。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

引き続いて、芽がある程度の大きさに育つまでの間は

水の入った霧吹きを使って水を与えるようにしましょう。

ペトさい(半結球レタス)21

 

 

★半結球レタスの栽培データ★

ペトさい(半結球レタス)14

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

01月
29

[キャベツの芯] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植林・植樹

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は順調に生長していたはずの「キャベツの芯」に

ヒヨドリによる食害で大きなダメージを受けたことをお伝えしました。

 

殆どの葉が食害に遭い葉がない状態ではあるのですが、

不幸中の幸いにして葉の纏まりは無事だったことから

再起することはできるのでしょうか?

 

あれから8日が経過し栽培開始から147日目を迎えた「キャベツの芯」

相変わらず食害による痛々しい姿が残っていましたが、

株の中心に集まる葉の纏まりには大きな変化が見られました。

ペトさい(キャベツの芯)59

 

近くに寄って見てみますとよく分かるのですが、

株の中心に集まる葉が大きくなり僅かに結球に向けた動きも見られました。

 

しかしながら、食害に遭った葉は元に戻ることがなければ、

新たな葉が再生することもなくそのままの状態でした。

ペトさい(キャベツの芯)60

 

少しの間は様子をみたいと思いますが、

まったく葉の再生に向けた動きを見せなかった場合は

これらを剪定したいと思います。

 

さて、再起に向けた動きを見せ始めた「キャベツの芯」ですが、

再びヒヨドリによる食害に遭わないために予防策として

'不織布'を被せることにしました。

 

'不織布'とは繊維を織らずに絡み合わせたシート状の布のことで、

軽い霜除けや寒風対策などに用いるものです。

 

このため、ヒヨドリによる食害対策だけでなく、

防寒対策も兼ねている不織布被せ作業を行いましょう。

 

★不織布被せ作業に必要な道具★

不織布を被せる際には下記に示す道具が必要になりますので、

各自ご用意ください。

 

不織布、麻ヒモ

ペトさい(キャベツの芯)61

 

 

★不織布被せ作業手順★

ペトさい(キャベツの芯)62

'キャベツの芯'の株全体を覆うように「不織布」を被せます。

 

ペトさい(キャベツの芯)63

'不織布'を被せたら、風で飛ばされないように「麻ヒモ」で固定して、

不織布被せ作業は完了です。

 

皆さんは、「キャベツの芯」に上手く不織布を被せることができましたか?

 

とりあえず、防鳥・防寒対策をした「キャベツの芯」は

不織布を被せたことにより少し窮屈そうに見えますが、

これから一段と寒さが厳しくなることを考えると、

新たに出てくる葉を大きくするためには致し方ない方法だと思います。

ペトさい(キャベツの芯)64

 

これからは「キャベツの芯」の生長を見ながら

不織布の張り具合を調整したいと思います。

 

ひとまず、防鳥・防寒対策を施してヤレヤレと行きたいところですが、

私の気持ちの中では'油断できないあること'への対策も

しておきたいと思っています。

 

最後に、「キャベツの芯」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「キャベツの芯」栽培を始めたいと思われた方は

こちらをご参照の上試してみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(キャベツの芯)65

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★キャベツの芯の栽培データ★

ペトさい(キャベツの芯)17

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

01月
28

[島らっきょう] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植林・植樹

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

 

私は生まれも育ちも沖縄県のワナキオ人なんですが、

お恥ずかしいことに沖縄の方言をあまり話すことはできませんけど、

「島らっきょう」栽培のお話をしたいと思いますのでお付き合い下さい。

 

前回は厳しい寒さで目立った生長の変化が見られない中、

葉が太くなったり株間が広がるなどの微妙な変化が見られ、

「島らっきょう」が頑張っている様子をお伝えしました。

 

あんせぇ、ちゅぅも「島らっちょう」の様子をみるん!!

(それでは、今日も「島らっきょう」の様子を見てみましょう!!)

 

あれから9日が経過し栽培開始から96日目を迎えた「島らっきょう」

パッと見では大きく生長したような印象を受けないのですが、

近くに寄って見てみますと微妙に葉が太くなっていることに気付きました。

ペトさい(島らっきょう)31

 

また分球も順調に進んでいるようで、

少しずつ数を増やしているように見えました。

 

地味な生長を続けながらも元気に育っているのは

根の張り具合からもよく分かります。

ペトさい(島らっきょう)32

 

さらに一週間が経過しますと、

「島らっきょう」は相変わらず大きな生長の変化が見られませんでした。

ペトさい(島らっきょう)33

 

株元付近を見てみたところ分球している様子は見られず、

厳しい寒さの影響もありそうすぐに生長しないように感じられます。

 

厳しい寒さはまだまだ続きますので、

しばらくの間は辛抱強く育てることになりそうですね。

 

最後に、「島らっきょう」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「島らっきょう」を育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上球根を植え付けてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりはジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(島らっきょう)34

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★島らっきょうの栽培データ★

ペトさい(島らっきょう)16

次回のお話に続く

by ワナキオ人 M.Ishiiの弟子

心ひとつに キャンドルナイト

01月
27

[わさび菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ペットシア

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は一段と寒さが厳しさを増す中葉がさらに大きくなり、

ワサワサと茂っていたことから三回目の収穫をしたことをお伝えしました。

 

あれから6日が経過し栽培開始からちょうど80日目を迎えた「わさび菜」

残していた葉が大きくなり、萎れることなく元気に育っていました。

ペトさい(わさび菜・改)52

 

近くに寄って見てみますと新たな葉が数枚出ているのを確認でき、

4回目の収穫に向け順調に育っていました。

 

3回目の収穫後に行った追肥から6日しか経っていませんので

まだその効果は現れないと思うのですが、

今の「わさび菜」のどこに葉を再生させるだけの力があるのでしょうか?

 

寒さのほうはより厳しさを増してきますが、

「わさび菜」はさらに葉を増やしながら大きく生長してくれそうですね。

 

最後に、「わさび菜」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「わさび菜」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み追肥する。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いて水の入ったジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(わさび菜・改)53

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★わさび菜の栽培データ★

ペトさい(わさび菜・改)20

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

01月
26

[

心ひとつに キャンドルナイト

01月
25

[ペトさい料理] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、べんり菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

先週から始めた「ペトさい料理」ですが、

この企画はこれまでペットボトル栽培で収穫した野菜を使って

様々な料理を作りご紹介しようというある意味で自己満足的な企画です。

 

前回は初めてということもあり少し挑発するような発言をしてしまい、

その結果、一部のブロガーさんを不快にしてしまい申し訳ありません。

 

また初回だからというわけではありませんが、

あまりにもショボい料理をご紹介してしまいスミマセンでした。

 

あれ以来、本ブログが登録しているブログランキングが急落してしまい、

この企画を皆さんに楽しんで頂けるように改善致しました。

 

この企画記事をご覧になられる際はどうかお腹を空かせてから

ご覧頂くことをお勧めします。

 

今回からは少しだけ本気を出して料理しましたので…。

 

さて、前置きはこれぐらいにして今回ご紹介するペトさい料理の野菜は

ほぼ完璧な形で収穫することができた'べんり菜'です。

収穫したべんり菜01

 

'べんり菜'小松菜とチンゲン菜を交配させた野菜で、

β-カロチンや鉄分、ビタミンCなどの栄養素を豊富に含んでおり、

漬け物やお浸し、炒め物などの調理に適しています。

 

「べんり菜」栽培では生長を見ながら3回の間引きを行い、

最終的に、葉色のよい立派な'べんり菜'を収穫することができました。

 

各回の間引き時に収穫した'べんり菜の芽'は間引き菜として利用し、

ちょっと工夫して調理してみました。

 

一回目に収穫した間引き菜は本葉が1~2枚着いていて小さかったため、

「べんり菜のチャーハン」を作りました。

べんり菜料理01

 

最初作るときは炒めたベーコンと玉ねぎを使うつもりだったのですが、

間引き菜を引き立たせるためにグリーンピースを取り除いた

ミックスベジタブルと細かく刻んだウインナーを炒めてみました。

 

味付けはコンソメと塩、コショウを少々。

その結果、彩りのよいチャーハンに仕上がりました。

 

二回目に収穫した間引き菜では芽がある程度大きくなっていることと、

その当時無性にパスタを食べたかったことから

「べんり菜とベーコン&シメジのペペロンチーノ」を作りました。

べんり菜料理02

 

このパスタは間引き菜を収穫したときにはよく作る定番料理の一つで、

今回もチャチャッと彩りよく作りました。

 

味付けは少量のバターと醤油、そして昆布だしを入れて風味よくしました。

 

続いて、三回目に収穫した間引き菜では本葉が10(cm)近い大きさになり

3~4枚着けていましたので私の十八番を作りました。

 

そう、「べんり菜のハイパー激辛ゴマ味噌ラーメン」

べんり菜料理03

 

このラーメンはハイパーということもあり唐辛子系の香辛料のみを使い、

コショウは一切使っていません。

 

そして、このラーメンを作った当時は既に収穫していた

ペトさいの'内藤とうがらし'もふんだんに使っていますので、

辛党の方には堪らない一品に仕上がったと思います。

 

さて、最後に収穫したべんり菜を使った料理なんですが、

べんり菜を収穫したのは今年の元日でした。

 

ということで、皆さんは何となく想像できると思いますが、

一品目は「べんり菜のお雑煮」を作りました。

べんり菜料理04

 

つきたてのお餅にべんり菜をはじめ様々なお野菜などを盛りつけ、

私が独自に作っただし汁をかけて頂きました。

 

正月太りになることなど忘れてしまうくらい美味しくて、

朝から三杯頂いちゃいました。

 

特に、私が作った特製のだし汁がハンパじゃなく美味しかったので、

そのお昼には二品目の「べんり菜の力きつねソバ」を作って食べました。

べんり菜料理05

 

どの料理もオレ流だから一流料理人より美味しいよ!!

 

べんり菜を育て始めた頃はこの二品を作ることを考えていませんでしたが、

結果的に、新年早々に収穫する運びになってしまいました。

 

べんり菜はどのような調理法でも召し上がることができる上に、

小松菜に似た食感と甘みがありますのでご興味のある方は

ぜひ育ててみて下さい。

 

さて次回のペトさい料理の予告ですが、

つい先日収穫したことをお伝えした「ミニ大根」を使った料理を紹介します。

 

私がどのような料理を作ったのか皆さんで推理してみて下さい。

ヒントは品種名にあります()

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

01月
24

[ミニ白菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、砂漠化

いつも本ブログをご覧頂きありがとうたべさ。おらは嬉しいだぁ()

少しの時間だけんど、「ミニ白菜」の栽培のお話に付き合ってくんろ。

 

前回は結球させるべく外葉を麻ヒモで縛ったもんだから

生長の変化が分かりづらくなったことをお話したんだべさ。

 

あれから6日が経過し栽培開始から115日目を迎えた「ミニ白菜」だがさ、

外葉を麻ヒモで縛ってから一度もほどいていないもんだから

見た目はさほど変わっていないんだぁ。

ペトさい(ミニ白菜)54

 

んなもんだから、株の上部から株の内部の様子を見てみたんだけんど、

葉が大きくなって詰まっているように感じなかっただよ。

 

「ミニ白菜」を横から軽く押してみてもスカスカに近い状態

ちゃんと結球しているようには感じられず、

しばらくの間はこのまま日の当たる場所に置いて

様子を見ることにするだよ。

 

最後に、「ミニ白菜」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示すんから、今後の栽培に役立てくんろ。

 

なお、これから「ミニ白菜」を種から育てたいと思われた方は

こちらを参照して種を蒔いてみてほしいだぁ。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み与えるだぁ。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えるだぁ。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行うだよ。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにするんだべ。

ペトさい(ミニ白菜)55

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまうとだな、

土がえぐれてしまうから注意するだよ。

 

 

★ミニ白菜の栽培データ★

ペトさい(ミニ白菜)17

次回のお話に続くだよ

by 世話好きな田舎爺さん

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる