インフォメーション
4/25 「スティック春菊」栽培関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/23 「中葉しゅんぎく」栽培(第3期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/22 「中葉しゅんぎく」栽培(第1、第2期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
5/27 「ジャガイモ」の生長の早さには驚かされます!!
5/26 「とうがらし」に待望の実が着いたよ!!
5/25 「正月菜」を間引いてみました!!
5/24 「レジナ」の芽を間引きました!!
5/23 鳥取伝統野菜の「長ネギ」は完全に発芽できていないのが…。
5/22 今日のガリガリ君XXXXIV
06月
30

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

 

2週間前に「本ブログは本日を持ちまして終了すること」をお伝えしましたが、

その時を迎えることになり、時が経つ速さを感じております。

 

これまで環境問題に関する情報をお伝えすることから始まり、

その派生でペットボトルを使った野菜作りのお話を書くようになり、

現在のペットボトル栽培をメインにした記事を書き続けてきましたが、

多くの方々にご覧頂きましてありがとうございました。

 

FC2ブログに移行してから現在に至るまで約5年間、

ほぼ毎日ブログを更新し続けてきたのですが、

新ブログの移行作業を行う都合上更新したブログ記事の総数を見てみたら

なんと5,200件以上あることが判明し、飽き性の私がよくここまで

書いてきたことにただただ驚いてしまいました。

 

これから、これらの記事の中から過去に書いたペットボトル栽培関連記事を

除いたすべての記事を新ブログに移行させなくてはならず、

全ての作業を完了するまでにどれぐらいの月日がかかるのか想像できません。

 

FC2ブログに移行するときはサーバーのメンテナンスの良さと

テンプレートのカスタマイズのしやすさから選んだのですが、

様々なセキュリティ関連の問題が発覚した事を受け、その対応に問題を感じ、

本ブログの閉鎖と新ブログへの移行という大きな決断をしました。

 

もちろん、それ以外にも様々な諸問題が理由にあったわけですけど、

新ブログに移行した後も大きな壁にぶち当たることは織り込み済みで、

現在の目標に掲げていることを実現するためのステップにして

頑張りたいと思っているところです。

 

先日も申し上げましたが、安定したサーバー環境に新ブログを開設し、

精神的に落ち着いた状態でブログ記事を書いていきたいと思っているため、

現時点で信頼できると思っている方をチームペトさいの一員とみなし

その方々以外の方には新ブログについての情報は一切を明かすことはせず、

新ブログの移設先も教えることは致しません。

 

仮に、何らかの方法で新ブログの移設先を知ったとしても

閲覧することはできませんので、ご了承下さい。

 

なお、チームペトさいの皆さんには7月5日()までに何らかの方法で

新ブログの移設先をお伝えしますので、しばしお待ち下さい。

 

これまでいつも本ブログを応援して下さった方々、もしくは、

応援することはなかったけどブログ記事を読んで下さった方々、あるいは、

応援することもブログ記事の閲覧もせず本ブログをご訪問された方々など、

色々な方々がいましたが、お付き合い下さりありがとうございました。

 

本ブログでは最後の記事になりますので、

少しだけ素朴な疑問を書かせてもらいます。

 

以前にも、本ブログが参加しているブログランキングについて

書いたことがあるのですが、ブログランキングへの応援は、基本的に

ブログ記事の内容と、ブログ記事を閲覧されている方の裁量で

決めるべきことなので、如何に興味を持ってもらえる記事を書けるか、

あるいは、記事を書いているかの指標になっていると理解しています。

 

また、ブログランキングでの結果がすべてではないにしても、

その結果によってはブログ記事を書くモチベーションが変わることもあり、

気持ち的に、応援して下さることのほうが嬉しいのは本音です。

 

これらを大前提として、素朴な疑問を以前から持っていまして、

ブログランキングに参加されている方なら誰もが応援されたいと思うので

殆どの方は「応援ポチをして下さい」のような言葉を添えていると思います。

 

ブログランキングに参加されている方が誰かに応援されることを

不快な感じる方なんていないと思いますので、

そのような言葉を添えているはずですよね?

 

で、本題の疑問というのは、あれだけ誰かに応援されたいと思って

あのような言葉を添えている方が自分のブログには応援してもらいたいけど、

他人のブログには応援しないのはどうしてなのかなということなんです。

 

私は前述の大前提のことを尊重していますが、

私も人間なので感情的な部分としてはこのような疑問は感じているのです。

 

ブログランキングに参加する目的、あるいは、価値観は人それぞれ違うので

仕方のないことなんですけど、でもやりきれない気持ちはあるんですよね。

 

先日あるブロガーさんからコメント返信を頂いてショックを受けたのですが、

私はいつもコメントを入れる時間がなくても記事をしっかり拝読した上で

ブログ応援させて頂いているのですけど、けしてブログランキングに

応援するためだけにブログ訪問しているわけではありません。

 

あるブロガーさんは私がブログランキングに応援するためだけに

ブログ訪問しているものと思っているようで大変悲しい気持ちになり、

今はそのブロガーさんのブログへのご訪問を辞めました。

 

私はブログとブログランキングの本質を理解した上で

行っていたつもりでいたのですけどね…()

 

少し愚痴をこぼしてしまい失礼しました。

 

私の素朴な疑問は以上ですが、

このことは私の戯言だと思って忘れて下さい。

 

後味の悪い締め方になってしまいましたが、

チームペトさいの皆さんとは新ブログでもお付き合いさせて頂きますけど、

それ以外の多くの方々には様々なところでお世話になり感謝しております。

 

これからも様々なところで野菜作りをされると思いますが、

立派な野菜をたくさん収穫されることを心より願っております。

 

今までありがとうございました。

2015.06.30

ブログ管理人 M.Ishii
スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

06月
30

[収穫] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、食物連鎖

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

毎月月末にお伝えしている「ペットボトル野菜」の収穫状況を

ダイジェストで振り返るこの企画。

 

早いもので明日から7月になり

一年の半分が過ぎようとしているわけですけど、

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

 

さて、先月は色々な野菜をバランスよく採れましたが、

今月は先月同様にバラエティ豊かなペットボトル菜園の野菜たちを

収穫することができたのか気になります。

 

それでは早速、時系列に沿って振り返っていきましょう!!

 

まず、6/10には「赤葉チマサンチュ」を収穫しました。

収穫したペト菜2015年06月01

 

この「赤葉チマサンチュ」は先月末に初収穫した野菜ですが、

その時は葉色を赤く色付かせるために収穫しました。

 

それから2週間ほど経過し新たな葉が出てきたことから

今回の収穫となったわけですが、葉が出た時は赤く色付くものの

その後葉が大きくなるにつれ次第に緑色に戻ってしまうという

悲しい収穫になってしまいました。

 

実はこの12日後にも三回目の収穫を行ったのですが、

その時の「赤葉チマサンチュ」も同様に赤く色付く葉は見られず、

徒長気味だったことから撤収させるという悲しい結末になりました。

収穫したペト菜2015年06月02

 

なんとも、後味の悪い栽培というかスッキリしない栽培でしたので、

今年秋にも基本に立ち返り、「チマサンチュ」を育てたいと考えています。

 

気を取り直して、6/13には「半結球レタス」を収穫しました。

収穫したペト菜2015年06月03

 

この「半結球レタス」は野菜投票で当選して育てた野菜でしたので

育苗時から気合を入れて育ててきたのですが、私の思いとは違い、

理想的な結球の仕方をせず、どう見てもサニーレタスの出来損ないのような

見るに堪えない形で収穫しまい、トホホな結果となりました。

 

このような無様な結果を公開しなくてはならないことは大変心苦しく、

野菜投票に票を入れて下さった方々に申し訳が立たないと思いますので、

今年秋にリベンジしたいと思います。

 

悔しいですよね、こんな無様な形をした「半結球レタス」を見るのは?

 

なんだか、今月は気持ちがブルーになるような収穫が続いていますが、

6/16には「小ネギ」を収穫しました。

収穫したペト菜2015年06月04

 

本来は草丈を50(cm)近く伸ばし、葉が5(mm)以上の太さになったら

収穫するのですが、どうも反抗的な態度を見せるタコっちが屈折した

「小ネギ」への情熱から葉が折れ曲がったからという理由だけで

安易に収穫してしまいました。

 

収穫した「小ネギ」は私のところに寄こし、

タコっちの好きなアレを作らされなんという弟子なのでしょう()

 

現在の「小ネギ」は葉が柔らかいためちょっとした衝撃を受けると

簡単に折れてしまうのですが、生育上悪影響を与えるものではないため

そのまま放置していても構わないのです。

 

タコっちのように「小ネギ」を過保護に育ててしまうと、

貧弱な株に育つため、早めの収穫は避けたほうが良いのです。

 

今のタコっちは私の聞く耳を持たないため、「小ネギ」栽培を

タコっちに任せてしまった私がいけなかったと反省しています(苦笑)

 

そして、今月最後の収穫できた野菜になりますが、

6/27「島らっきょう」を収穫しました。

収穫したペト菜2015年06月05

 

沖縄名産の「島らっきょう」を育てるキッカケとなったのは、

ツイッターでペトさいのことを呟いていたところ、

沖縄在住のフォロワーさんからのご要望で実現したものでした。

 

実のところ、私は大のラッキョウ嫌いなもので食べるのはおろか

見るのも嫌だったのですが、そのフォロワーさんがどうしても

「島らっきょう」がペットボトルで育つところを見てみたいと仰るため

ご期待に沿えるように頑張って育てることができました。

 

なんとか、それらしい形に育ち、収穫することができてホッとしましたが、

収穫した「島らっきょう」は調理して家族にプレゼントしました()

 

というわけで、駆け足で今月収穫した野菜をご紹介してきましたが、

今月も先月同様、4種類の野菜を収穫することができたものの、

今月前半の気持ち的にスッキリしない収穫は後味が悪く

今年秋にリベンジすることで解消したいと思う今日この頃です。

 

梅雨に入りましたが、ペットボトル菜園で栽培中の野菜は

思いのほか順調に育っているため、来月の収穫は期待できそうですよ。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

06月
30

[野菜投票] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ゴミ分別

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今日も晴れたり曇ったりと梅雨らしいはっきりとしない天気で、

野菜作りをされている方は天気に翻弄されているのではないでしょうか?

 

とはいえ、暑い日が続いてくるとガリガリ君を食べてしまい、

今年もあの病気が再発しそうな今日この頃です。

 

さて、今から8日前に「第3回野菜投票2015」の中間結果を発表した時には

1票差で「茎ブロッコリー」がリードするという拮抗した結果となりました。

 

今回の投票は開始当初から拮抗する展開になっていて

少し時間が経つと順位が入れ替わっているところを確認しているため、

1票の重さを感じる投票になることが予想されます。

 

このため、これから発表する最終結果でどの野菜に決まるのかは

集計するまでは私にも全く分かりませんでした。

 

1票差でリードしていた「茎ブロッコリー」が首位を守ることができたのか、

それとも、「芽キャベツ」が逆転して首位を勝ちとることができたのか。

 

それでは、「第3回野菜投票2015」の最終結果を発表する前に、

今回の投票にエントリーされた野菜をおさらいしておきましょう。

野菜投票2015_03

 

()茎ブロッコリー

アスパラガスに似た甘みある花茎のスティックブロッコリーで、

次々と伸びる側花蕾を長期間収穫することができます。

種袋には20(cm)位の長さの側花蕾を15本収穫できると記されていますが、

未だに実現できた試しがなく、今回新たな栽培法で再挑戦します。

 

()芽キャベツ

倒れにくく作りやすいことから家庭菜園に適しているとされる

早採り芽キャベツです。球は包みがよく、きれいにまとまり、

下の方からよく揃って太ります。過去に何度か挑戦したことのある

芽キャベツですが、球を大きくする方法を模索しつつ再挑戦します。

 

先ほど、今回の野菜投票の結果を集計したのですが、

予想通り、一票の重さを強く感じる結果であるのと同時に

投票された皆さんの強い期待を感じ取ることができ、

これからその野菜を育てるプレッシャーを強く感じております。

 

それでは、「第3回野菜投票2015」の投票結果の発表に移りますが、

今回の有効投票総数は6月14()~6月29()までに

所定の投票ツールで投票された票数を対象に集計し、計135票でした。

 

改めまして、ご投票下さいましてありがとうごさいました。

 

この投票数を元に集計した投票結果は下図に示すとおり、

「茎ブロッコリー」は69票「芽キャベツ」は66票となりました。

野菜投票結果2015_03-2

 

よって、今回は69票を獲得した「茎ブロッコリー」に決定しました。

「デカチャンプ」に投票された皆さんはおめでとうございます。

 

そして、惜しくも破れてしまった「芽キャベツ」に投票された皆さんは

残念な結果となってしまい申し訳ありませんでした。

 

わずか3票差で当選した「茎ブロッコリー」を育てることに決まり、

以前育てた時のような失敗ができないと痛感するとともに、

投票して下さった皆さんのご期待に沿えるよう頑張って育てたいと思います。

 

育苗させる野菜が決まりましたので今週末にも種を購入し、

早速種蒔き作業を行いたいと思います。

 

種蒔き作業をはじめとする野菜作りの様子は新ブログでお伝えするとともに、

責任を持って育てますので楽しみにしていて下さいね!!

2015.06.30

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

06月
28

[大葉シソ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、香菜類

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

これからの季節に重宝すること間違いなしの「大葉シソ」

手軽に育てることができるペットボトル栽培で始めましたので、

'シソ'を育てようと思われた方はこちらを参考にして頂けると嬉しいです。

 

さて前回は播種前の種の浸水処理を施したことから予定より早く発芽し、

全ての芽が播種時とほぼ同じ株間で発芽していたことをお伝えしました。

 

「大葉シソ」の芽はどれも草丈が5(mm)程の大きさで

小さな本葉も出てきていることから、

これからの生長に期待が持て、すごく楽しみです。

 

あれから8日が経過し栽培開始から15日目を迎えた「大葉シソ」ですが、

私の期待通り、草丈を1(cm)以上に伸ばし、本葉も数を増やして大きくなり

いつの間にか双葉より大きくなっていたことにテンションが上がりました。

ペトさい(大葉シソ)16

 

さすが、次期ペトさい8野菜の一角になる野菜ですね()

 

近くに寄って見てみたところ、一部の芽の本葉は1(cm)以上あり

お互いの葉が触れ合っているのが散見できました。

 

まだ風通しが悪くなるほど込み合っているわけではありませんが、

今の「大葉シソ」の生長具合から見て忽ち込み合うことは予想できるため

このあたりで一度、生育の悪そうな芽を間引くことにしまょう。

 

★一回目の間引きのポイント★

・本葉が3~4枚出てきた頃を目安に間引くこと。

・間引く際は生育の悪そうな芽を園芸用ハサミで剪定すること。

ペトさい(大葉シソ)17

 

生育の悪そうな芽を間引いた結果4株だけ残した「大葉シソ」ですが、

どことなく頼りなさを感じたため土寄せして補強しました。

ペトさい(大葉シソ)18

 

これにより、風が吹いても芽を倒されることは軽減され、

より立派な苗に生長してくれると思います。

 

梅雨に入り日照不足が懸念されますが、

「大葉シソ」が元気に育ってくれることを信じたいと思います。

 

最後に、「大葉シソ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「大葉シソ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉が5~6に増え込み合ってきたら、5(cm)間隔に間引くこと。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

今回間引きを行いしましたが、

これからも霧吹きを使って水を与えるようにしましょう。

ペトさい(大葉シソ)19

 

 

★大葉シソ菜の栽培データ★

ペトさい(大葉シソ)15

心ひとつに キャンドルナイト

06月
27

[島らっきょう] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植林・植樹

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

                      

私は生まれも育ちも沖縄県のワナキオ人なんですが、

お恥ずかしいことに沖縄の方言をあまり話すことはできませんけど、

「島らっきょう」栽培のお話をしたいと思いますのでお付き合い下さい。

 

前回は葉が数を増やして大きくなりワサワサと茂る一方で、

株元付近の葉が少し太くなり分球が進んでいるように感じるものの

土の中の様子を伺うことができず、はっきりとした事が言えない

もどかしさを感じていることをお伝えしました。

 

この栽培は半年近く続けているためそろそろ収穫できそうな時期となり、

もしかすると、最後の瞬間を迎えることになるかもしれません。

 

あんせぇ、ちゅぅも「島らっちょう」の様子をみるん!!

(それでは、今日も「島らっきょう」の様子を見てみましょう!!)

 

あれから二週間が経過して栽培開始から255日目を迎えた「島らっきょう」

パッと見では生長の変化が分からないほど元気に育っていました。

ペトさい(島らっきょう)70

 

しかし、近くに寄ってみると以前に比べて葉の色が黄色く変色し、

密集していた葉の隙間が少しできているように感じたのです。

ペトさい(島らっきょう)71

 

また、ほとんどの葉が折れ曲がっていて垂れ下がっていたのです。

 

微妙な変化ではありますが、もしや'収穫'のサインなのでしょうか?

 

株元付近を見てみたところ、葉がわずかに太くなっていて

分球がさらに進んでいるように感じました。

ペトさい(島らっきょう)72

 

とはいえ、土の中を掘って確認しているわけではないので、

本当のところはどうなのか分かりませんが…。

 

また、鉢の横から根の張り具合を見てみたところ

たくさんの太い根が張っていることが分かり、

分球しているのかはともかく、土の中で生長していることは分かりました。

ペトさい(島らっきょう)73

 

これまで、土の中の様子が気になっていても土を掘り返すことなく

ただ「島らっきょう」の生長を固唾を飲んで見守ってきました。

 

しかし、これまでとは違う葉の変化から察して、

土の中で何かが起きているかと思うと気になって仕方がありません。

 

このため、土の中がどうなっているのかを確認するため、

思い切って土を掘り返すことにしました。

 

まるでパンドラの箱を開けるように土を掘り進めていき、

土面から5(cm)ほど掘り返したところで白く肥大した根

見ることができました。

ペトさい(島らっきょう)74

 

この肥大した根が「島らっきょう」なのでしょうか?

 

「島らっきょう」を育てるのは初めてなので大きさが分からないのですが、

一般のラッキョウより一回り小さいものがたくさんあって、

不思議なことにホッとしました。

 

よって、「島らっきょう」がちゃんと育っていることを確信できましたので、

さらに土を掘り進めて収穫することにしました。

★収穫のポイント★

・葉が横に倒れた頃を目安に収穫する。

・肥大した株の周りの土を掘り起こして、収穫しやすくする。

ペトさい(島らっきょう)75

 

株の周りの土を堀り返して「島らっきょう」を引っ張り出そうとしたものの、

根が鉢底に密集していてなかなか引っ張り出すことができず、苦戦しました。

 

時間をかけてようやく引っ張り出すことに成功した「島らっきょう」は

思っていたよりしっかりと育っていて嬉しかったです。

 

収穫した「島らっきょう」を水洗いして笊にあけてみたところ、

ペットボトルで育てたとは思えないほど大きく育ったように感じ

収穫した量もわりと多かったことに感動しました。

ペトさい(島らっきょう)76

 

これだけの量を収穫できたら、ちょっとした料理を作れそうです。

 

今回の「島らっきょう」栽培はM.Ishiiさんの教えを乞うて育てましたが、

初めて育てたこともあり要領が悪いところがあったにも関わらず

目立ったトラブルがなく育てることができました。

 

もう少しこうしたらよかったのになぁ?というのはありますが、

なんとか、無事に収穫することができてよかったです。

 

「島らっきょう」を収穫したことをM.Ishiiさんにお伝えしたところ、

M.Ishiiさんがツイッターでお付き合いしている方と一緒に

喜んでくれたみたいで、今回の栽培を栽培レシピに追加するとの

お褒めのお言葉を頂くことができました。

 

けして満足のいく出来ではありませんでしたが、

栽培レシピに追加して頂けるのは大変光栄なことです。

 

ペットボトルで「島らっきょう」を無事に育てることができましたが、

これを真似して育てようと思う方は少ないと思いますけど、

これから「島らっきょう」を育てたいと思われた方は

こちらを参照して育ててみて下さい。

 

最後に、「島らっきょう」の栽培データを以下に示しますので、

今後の栽培にお役立て下さい。

★島らっきょうの栽培データ★

ペトさい(島らっきょう)16

 

ここまで、「島らっきょう」栽培のお話にお付き合い下さいまして

ありがとうございました。

【終わり】

by ワナキオ人 M.Ishiiの弟子

心ひとつに キャンドルナイト

06月
26

[レジナ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、果実野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ鉢植え専用トマトの「レジナ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は私の期待に応えるように草丈が5(cm)以上に伸び、

本葉も5~6枚に増え、ジャングルのように込み合っていることから

二回目の間引きを行ったことをお伝えしました。

 

「レジナ」はペットボトル野菜四天王のクイーンだけあって

目覚ましい生長を遂げていることから、これからも快進撃を続けそうな

気配を感じるのは私だけでしょうか?

 

あれから一週間が経過して栽培開始から43日目を迎えた「レジナ」

草丈をさらに5(cm)近く伸ばし、葉も数を増やして大きくなっていました。

ペトさい(レジナ・R)25

 

大分しっかりした苗に生長したように感じ、

ちょっとした風が吹いても倒れることはなさそうなタフさを感じました。

 

また、近くに寄って見てみたところ、

株の上端部に蕾らしきものが出ているのを確認しました。

ペトさい(レジナ・R)26

 

育苗中の「レジナ」を大きめの鉢に植え付けるためには

草丈が15(cm)程度あり、本葉を7~8枚着け、そして、

蕾から開花していることが条件となるため、

「レジナ」の生長ぶりから判断して植え付けは時間の問題かもしれません。

 

最後に、「レジナ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「レジナ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉が7~8枚に増え、蕾が開花し始めた頃を目安に、

 大きめの鉢に植え付けること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからも引き続いて、霧吹きを使って水を与えるようにしましょう。

ペトさい(レジナ・R)27

 

 

★レジナの栽培データ★

ペトさい(レジナ・R)15

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

06月
25

[小ネギ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植林・植樹

わてはたこ焼き好きのタコっちやでぇ。

今日はこのブログを見てくれておおきに。

少しの時間だけ、「小ネギ」栽培のお話に付き合ってやぁ。

 

前回はわてが大事に育てている「小ネギ」の草丈がさらに伸びて

葉数も増えておったんやけど、折れ曲がった葉が目立つようになったさかい、

その中には株元から折れている葉があったもんから、M.Ishii親分の

言いつけを無視して二度目の収穫をしたことを話したんやなぁ

 

収穫した後、M.Ishii親分から説教受けたんやけど、

わてはわての小ネギ道を突き進むことを固く誓ったさかい

これからもわてのやり方で「小ネギ」を育てるでぇ。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から188日目を迎えた「小ネギ」やけど、

いつものことではあるんやけども草丈が10(cm)以上に伸びておって

キレイな色をした葉が再生していたんやぁ。

ペトさい(小ネギ)105

 

しかも株元付近を見てみると、これとは別に新たな葉も出ていて

わての「小ネギ」は絶好調だったんやでぇ。

 

さらに6日が経過して「小ネギ」の様子を見てみたんやけど、

草丈はさらに5(cm)近く伸びて順調に生長しているように見えたんやが、

葉が長く伸びてしもうたさかい、再び葉が折れてしもうたんやぁ。

ペトさい(小ネギ)106

 

わての「小ネギ」はそんなにやわじゃないはずなんやけど、

どうしても葉が長くなると折れてしまうのは悲しいことやけど、

宿命なのかもしれんと思うたでぇ。

 

そやけど、「小ネギ」は長く伸びているだけでなく、

ちゃんと太くなっているやさかい、これからの生長に期待するでぇ。

 

最後に、「小ネギ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示すさかい、今後の栽培に役立はなれ。

 

なお、これから「小ネギ」を種から育てたいと思うた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみなはれ。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が悪くなったら発酵油かすを一摘み与えるんやでぇ。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えるんやでぇ。

 

 

★水やりの注意点★

引き続いて、「小ネギ」の水やりはジョウロで行うんやでぇ。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにするんやぁ。

ペトさい(小ネギ)107

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまうとやなぁ、

土がえぐれてしまうさかい注意が必要なんや。

 

 

★小ネギの栽培データ★

ペトさい(小ネギ)14

次回のお話に続くでぇ

byタコっち

心ひとつに キャンドルナイト

06月
24

[長ネギ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、地球温暖化

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回はこれまで順調に草丈を伸ばし続けていた「長ネギ」が

ここに来て草丈を伸ばさずに新たに出た葉の生長にシフトし、

植え付けの目安となる葉の太さが5(mm)に満たないことをお伝えしました。

 

大分、「長ネギ」の生長の仕方が変わってきて、

新たなステージに突入しそうな気配を感じます。

 

あれから一週間が経過し栽培開始から93日目を迎えた「長ネギ」ですが、

再び草丈を数(cm)伸ばし、葉数も増えたように感じました。

ペトさい(長ネギ)34

 

近くに寄って見てみたところ、依然として新たに出てきた葉を確認でき、

葉がグンと伸びて数(mm)の太さになっていたのです。

ペトさい(長ネギ)35

 

株元付近の葉の太さを見てみたところ植え付けられるほどの太さはなく、

葉が30(cm)近く伸びていることもあって、少々もどかしさを感じます。

 

なかなか葉が太くなれずにいるのはペットボトル鉢が小さいために、

「長ネギ」の株そのものが大きくなるに伴い、土の栄養分を吸収できずに

いることが考えられます。

 

また、現在育苗している「長ネギ」の芽を全て植え付けるわけではなく、

生育の良さそうな芽を1鉢に2株、計2鉢に植え付けることから

その他の芽については植え付けないのです。

 

従って、今後の植え付けのことを考慮して育苗することを考えますと、

ここでもう一度間引きを行ったほうがよいかもしれません。

 

よって、生育の悪そうな芽を間引いて

残った芽に土の栄養分が行き届くようにしましょう。

★間引きのポイント★

・草丈が2530(cm)くらいになった頃を目安に間引くこと。

・間引く際は生育の悪そうな芽を指で軽く摘み、やさしく引き抜くこと。

ペトさい(長ネギ)36

 

今回間引いた「長ネギ」の芽は小ネギみたいなので、

何かの料理に使えるかもしれません。

 

とりあえず、生育の悪そうな芽を2株間引いた「長ネギ」は残り3株となり、

大分スッキリした印象を感じます。

ペトさい(長ネギ)37

 

ただ、今回の間引きで「長ネギ」がどの程度太くなってくれるかは未知で、

今後の生長を見守るしかありません。

ペトさい(長ネギ)38

 

長さとしては問題ない「長ネギ」が植え付けられるほどの太さになることを

ただ願う今日この頃です。

 

最後に、「長ネギ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培に役立てて下さい。

 

なお、これから「長ネギ」を種から育てたいと思った方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が悪くなったら発酵油かすを一摘み与えます。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えます。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは、引き続いて水の入った霧吹きを使って

与えるようにしましょう。

ペトさい(長ネギ)39

 

 

★長ネギの栽培データ★

ペトさい(長ネギ)15

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

06月
23

[ミニきゅうり] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、果実野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

 

今回の「ミニきゅうり」栽培ではこれまでとは少し違うアプローチで

「ミニきゅうり」を育てようと思っていますので、

もしお時間がありましたらお付き合い頂きたいと思います。

 

さて前回は、私の思惑通りに「ミニきゅうり」が大きく生長したため、

早くも大型ペットボトル鉢に植え付け、タワー状に支柱を立てた後に

防暑対策用の保冷バッグを装着したことをお伝えしました。

 

キュウリタワーの登場で一息付きたいところですが、

「ミニきゅうり」栽培はこれからが本番ですので

気合いを入れ直して頑張りましょう!!

 

あれから4日が経過し栽培開始から25日目を迎えた「ミニきゅうり」

植え付け後も衰弱することなく元気に育っていました。

ペトさい(ミニきゅうり・改)38

 

近くに寄って見てみたところ草丈がさら5~6(cm)伸びていて、

本葉の数も数枚増え脇芽も続々と出てきていました。

 

この「ミニきゅうり」をよく見てみますとあちこちから蔓を伸ばしていて

長く伸びる蔓は支柱に絡み付いていました。

ペトさい(ミニきゅうり・改)39

 

さすが、「ミニきゅうり」の生長は豆野菜並みに速く、

キュウリ大好き人間の私にとってはテンションが上がります()

 

これから親ヅルを伸ばしてグングンと大きく生長するこの時期は

テンションが上がり育てていて楽しいのですが、しかしながら、

それに浮かれていると忽ち株をダメにしてしまいますので、

基本的なことはしっかりやらないといけませんね。

 

最後に、「ミニきゅうり」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ミニきゅうり」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・親ヅルが伸びてきたら、螺旋状に伸びるように誘引すること。

・葉色が黄色くなってきたら、'発酵油かす'を一摘み与えること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの「ミニきゅうり」の水やりは

引き続いてジョウロを使って行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにします。

ペトさい(ミニきゅうり・改)40

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまうと、

土がえぐれてしまうので注意が必要です。

 

また、3日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「ミニきゅうり」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★ミニきゅうりの栽培データ★

ペトさい(ミニきゅうり・改)16

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

06月
22

[豊作ニラ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、地球温暖化

あたいは「ニラ」が大好きなイカっぽあるよ。

 

今日はこのブログを見てくれて嬉しいあるよ。

少しの時間だけ「ニラ」栽培のお話をするあるから付き合ってほしいあるよ。

 

前回は草丈を伸ばし葉数を増やす「豊作ニラ」が順調に育つ一方で、

葉の形が平べったくなってきたことをお伝えしたあるよ。

 

ニラ好きのあたいとしては順調に育つ「豊作ニラ」を見ることができて、

ものすごく嬉しいあるよ。キャホキャホあるよ()

 

あれから一週間が経過して栽培開始から53日目を迎えた「豊作ニラ」

草丈をさらに数(cm)伸ばし葉数も増え、順調に育っていたあるよ。

ペトさい(豊作ニラ)20

 

ここ最近、初夏の陽気を感じられるようになり

「豊作ニラ」とっては生長しやすい気候になったと思うあるから、

これからの生長が楽しみあるよ。

 

さらに一週間が経過して「豊作ニラ」の様子を見てきたあるけど、

草丈が目測で1213(cm)程度に伸び、葉も数を増やして大きくなり

よりニラらしく平べったい葉になっていたあるよ。

ペトさい(豊作ニラ)21

 

しかも、鉢の側面から根の張り具合を見てみたあるけど、

太い根が何本も張っていて土の栄養分を吸収していることが窺えたあるよ。

ペトさい(豊作ニラ)22

 

「豊作ニラ」は湿度の高い場所を嫌う野菜あるから、

気温に関係なく水やりの回数を減らして育てているあるけど、

それでもちゃんと生長してくれているなんて嬉しいあるよ。

 

「豊作ニラ」は少し込み合った状態で育てたほうがいいあるけど、

風通しがが悪過ぎても生育上よくないあるし、

土に含まれる栄養分が不足しないようにするためにも

このあたりで一度間引きたいと思うあるよ。

 

今回の栽培では最終的に10本程度の苗を大きめの鉢に植え付けるあるから、

育苗時に株数を揃えて育てることにしたあるよ。

 

あたいの大好きな「豊作ニラ」を立派な大きさに育てるためには

手間のかかる作業も苦にならないあるよぉ()

 

そんな訳で、生育の悪そうな芽を間引くことにするあるよぉ。

★間引きのポイント★

・草丈が1015(cm)くらいになった頃を目安に間引くあるよ。

・間引く際は生育の悪そうな芽を指で軽く摘み、やさしく引き抜くあるよ。

ペトさい(豊作ニラ)23

 

ひとまず生育の悪そうな芽を間引いた「豊作ニラ」あるけど、

ちょっとした料理に使えそうあるからM.Ishii親分に渡すあるよ。

 

今回の間引きで一鉢に5株の芽を残した「豊作ニラ」あるけど、

風通しが良くなり、新たに出た葉が大きく育ってくれそうな気がするあるよ。

ペトさい(豊作ニラ)24

 

最後に、「豊作ニラ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示すあるから、今後の栽培に役立ててほしいあるよ。

 

なお、これから「豊作ニラ」を種から育てたいと思う方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみてほしいあるよ。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が悪くなったら発酵油かすを一摘み与えるんやでぇ。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えるんやでぇ。

 

 

★水やりの注意点★

今回間引き作業を行ったあるけど、

これからも引き続いて霧吹きでて水を与えるあるよ。

ペトさい(豊作ニラ)25

 

 

★豊作ニラの栽培データ★

ペトさい(豊作ニラ)13

次回のお話に続くあるよ

by イカっぽ

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる