インフォメーション
3/19 「第1回野菜投票2017」の投票結果が発表されました!!
3/18 「トウモロコシ」栽培関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[果菜類]に反映!!
3/17 「オクラ・ピークファイブ」栽培(第2期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[果菜類]に反映!!
3/25 「とうがらし」栽培を始めるとしますか?
3/25 今日のバァーガー(14)
3/24 「キュウリ」栽培について
3/23 「とうがらし」栽培関連記事の連載を開始したいと思います!!
3/23 「トウモロコシ」は収穫することが出来たのか?それとも・・・。
3/22 「トウモロコシ」に新たな雌穂を着けるものの、不安なことが・・・。
08月
31

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

毎月月末にお伝えしている「ペットボトル野菜」の収穫状況を

ダイジェストで振り返るこの企画。

 

先月はブログ記事の移行作業のためお休みしましたが、

今月は通常通り「ペットボトル野菜」の収穫状況を振り返りたいと思います。

 

さて、6月は主に葉菜類の収穫が目立ちましたが、

今月は時期的にも夏野菜を多く育てていることから果菜類や豆類の

収穫が目立ち、一年で最も楽しい収穫になりました。

 

それでは早速、時系列に沿って振り返っていきましょう!!

 

まず、8/10には「つるなしインゲン」を収穫しました。

収穫したペト菜2015年08月01

 

この「つるなしインゲン」は毎年育てている豆野菜ですが、

初心者でも安定した収穫ができることから'ペットボトル野菜四天王'

一つとして位置付けていることもあり今回もコンスタントに収穫でき、

2回目の収穫を8/21に、3回目の収穫を8/28に行いました。

収穫したペト菜2015年08月02

収穫したペト菜2015年08月03

 

「つるなしインゲン」はどんな料理にも使えるため、

コンスタントに収穫できると凄く助かりました。

 

「つるなしインゲン」はまだまだ収穫できそうですので、

来月の収穫も楽しめそうです。

 

続いて、8/18には「ミニきゅうり」を収穫しました。

収穫したペト菜2015年08月04

 

ご存知の方もおられると思いますが、キュウリは私の大好きな野菜ですので

この夏の栽培には欠かすことができない野菜であると同時に、

キュウリ栽培には私なりの強い拘りを持って育てています。

 

今年の「ミニきゅうり」は'ラリーノ'という品種を育てていますが、

この品種はとにかく素晴らしい生長ぶりに感動していまして、

次から次へと実を着け、しかもキュウリの宿命ともいえるウドン粉病に強く

恐らく、今まで育ててきた品種の中でも一番育てやすい品種だと感じました。

 

この「ミニきゅうり」は、8/27に2回目の収穫を行ったのですが、

ここだけの話、この後も収穫ラッシュは続くことになりました。

収穫したペト菜2015年08月05

 

3回目以降の収穫模様はいずれまたご紹介しますので楽しみしていて下さい。

 

続いて、8/19には「エダマメ」を収穫しました。

収穫したペト菜2015年08月06

 

「エダマメ」もまた、毎年育てている野菜ですが、

今年は現在栽培中の'トウモロコシ'のコンパニオンプランツとして

育てたのですけど、'トウモロコシ'が雄穂を出す前に莢を着け始め、

あろうことか収穫できる状態になってしまったことから役目を果たさずに

渋々収穫してしまいました。

 

ブログ記事でも書いたように、収穫目的で育てていたらこの倍以上の

収穫量は見込めましたので、ちょっと心残りな収穫となりました。

 

まぁ、生ビールが飲めたのでヨシとしましたけどね()

 

続いて、8/20には「鉢植え専用トマト」を収穫しました。

収穫したペト菜2015年08月07

 

この「鉢植え専用トマト」は「つるなしインゲン」と同様に、初心者の方でも

容易に育てることができる野菜で、私がお勧めしているミニトマトです。

 

今年もゆるりとこのトマトを育てたのですが、

最初の収穫のわりに量が多くある工夫をしたことにより甘くてジューシーな

フルーツトマトのようなテイストでした。

 

この「鉢植え専用トマト」はまだたくさんの実を着けていますので、

9月もたくさんの収穫に期待ができそうです。

 

続いて、8/25には「大葉シソ」を収穫しました。

収穫したペト菜2015年08月08

 

この「大葉シソ」は収穫の一週間前に今の鉢に植え付けたのですが、

その時はさほど葉を着けていなくて大きくなっていませんでした。

 

ところが、植え付けから一週間が経過すると

大きくなる葉をたくさん着け、予想外の収穫となりました。

 

こういうのは嬉しくて、自然とニンマリしてしまいますね()

 

「大葉シソ」はまだ小さな葉をたくさん残していますので、

9月に入ってからもたくさん収穫できそうです。

 

最後に、8/30には「かいわれ大根」を収穫しました。

収穫したペト菜2015年08月09

 

ペトさいになってからスプラウト栽培を行うのは初めてだったのですが、

ちょうど、夏休みの自由研究のネタ的な意味を込めて育てました。

 

スプラウト栽培を真夏に行うのは非常にリスキーだったのですが、

そこは私のハンドパワーでカバーして収穫に漕ぎ着けました。

 

今回はスプラウト栽培の代表的な野菜として「かいわれ大根」を育てましたが、

これからも色々な野菜を育てていきますので楽しみにしていて下さい。

 

というわけで、駆け足で今月収穫した野菜をご紹介してきましたが、

やはり夏らしい野菜の収穫を多く収穫することでき、特に私の大好きな

「ミニきゅうり」を収穫できたことはかなり大きいです。

 

先述したとおり、「ミニきゅうり」の収穫は序章に過ぎず、

これからも収穫は続きますので、来月も期待できそうです。

 

それより、ここ最近の不安定な天気が長く続いているために、

ペトさいの野菜の生育に影響しないか心配な今日この頃です。

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

08月
29

[小ナス] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、果菜類

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「小ナス」のペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

このお話は数年前にペットボトルで育てた「小ナス」の様子を綴った記事を

より詳しく記述すると供に、ブログに添付する画像は現在の画質に補正し、

新しいようで懐かしさの残る記事を目指して復刻させました。

 

できるだけ現在のペットボトル栽培関連の記事の書式に合わせる形で

構成しておりますが、一部の画像については見辛いところがございますので

ご了承下さい。それでは、「小ナス」栽培のお話をお楽しみ下さい。

 

*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*

 

2度目の「小ナス」の収穫は微妙でしたが、

既にいくつか着果しているものや新たな蕾が見られましたので、

今回はかなり期待できそうな予感がします。

 

あれから9日が経過して栽培開始から166日目を迎えた「小ナス」

未だに草丈を少し伸ばし元気に生長を続ける一方で、

一部の葉に枯れているものが見受けられ衰えを感じさせる所もありました。

ペトさい(小ナス)46

 

そうはいうものの、葉と枝の数はさらに増え新芽が出ていて、

少し色褪せた花が数ヵ所で咲いていました。

ペトさい(小ナス)47

 

毎回収穫後には追肥を行っているため、

何が原因で花の色が褪せるのかは謎なのですが・・・。

 

また、9日前には小さかった実が3(cm)ほどの大きさになり

喜びに浸りたかったのですが、よく見てみますと黄色く変色していて

とても食べられそうな状態ではありませんでした。

 

他の鉢で育てている「小ナス」ではそのような状態になっておらず、

(cm)ほどの大きさの実がたくさん成っていました。

 

このため、今回も株に負担がかからないように、

早めの収穫をすることにしました。

 

★収穫のポイント★

・実の大きさが3~5(cm)程度になったら収穫する。

・収穫するときはヘタの付け根を園芸用ハサミで切り取る。

 

今回で3度目の収穫となった「小ナス」では前回より色艶が良くなり、

他の鉢で収穫したものを含めて計5個収穫することができました。

ペトさい(小ナス)48

 

これまで最多となる収穫量に嬉しい気持ちになりましたが、

ただ、そのうちの1個は黄色く変色したものでしたので、

少し残念な気持ちにありました。

 

とりあえず、今回も収穫後に実着きをよくする'リン酸系肥料'

葉の生育を促す'発酵油かす'を一摘みずつ与え、

次の収穫に備えたいと思います。

 

最後に、「小ナス」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「小ナス」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・実の大きさが3~5(cm)程度になったら収穫する。

・葉色が黄色く変わってきたら、'リン酸系肥料''発酵油かす'

 一摘みずつ与えること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの「小ナス」の水やりは

引き続いてジョウロを使って行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにします。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまうと、

土がえぐれてしまうので注意が必要です。

 

また、3日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「小ナス」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★小ナスの栽培データ★

ペトさい(小ナス)10

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
27

[ミニきゅうり] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、果実野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

 

今回の「ミニきゅうり」栽培ではこれまでとは少し違うアプローチで

「ミニきゅうり」を育てようと思っていますので、

もしお時間がありましたらお付き合い頂きたいと思います。

 

さて前回は、株元付近では葉が殆どなく脇芽に着けていた実も干乾びて

不安要素が浮上する中、株の上端部には脇芽に花や実をたくさん着け、

目測で長さ10(cm)太さ2.5(cm)ほどの実もぶら下がっていたことから

初収穫したことをお伝えしました。

 

「ミニきゅうり」には親蔓や子蔓がさらに20(cm)ほど伸び、

たくさんの実を着けていることから今後も収穫できるのが楽しみです。

 

あれから一週間が経過し栽培開始から74日目を迎えた「ミニきゅうり」

茶色く枯れた葉を中心に剪定したにもかかわらず一週間前より葉数が増え

元気に生長を続けていました。

ペトさい(ミニきゅうり・改)72

 

株元付近に寄って見てみたところ、相変わらず葉が少ないこともあり

土面の敷きワラが見える状態でしたが、所々に開花しているのが見られ、

その近くにはどデカい実がぶら下がっていました。

ペトさい(ミニきゅうり・改)73

 

この実は目測で長さ12(cm)、太さ25(mm)という大きさで、

「ミニきゅうり」としてはやや大きく、私的にはややグロテスクに見えました。

 

株の上端部のほうに視線を移しますと葉がワサワサとして茂っていて、

親蔓は順調にキュウリタワーの頂点を目指して伸び、複数の子蔓も

たくさんの花芽を着けて伸びていました。

ペトさい(ミニきゅうり・改)74

 

まるでジャングルのように茂る葉をかき分けると大きくなる実が見られ、

別の場所では収穫できそうな実がぶら下がっていました。

 

全体的に一週間前より大きく生長している感じがする「ミニきゅうり」ですが、

大きくなる実がいくつも確認でき、収穫できそうな実も複数確認できたのは

これまでペットボトルでキュウリを育ててきた中でも初めてのことであり、

キュウリ大好き人間の私としては発狂したいくらい嬉しいです。

 

さあ、「ミニきゅうり」の株に負担がかからないうちに、

大きく熟した実を収穫するとしましょうか。

 

★収穫のポイント★

・実の大きさが長さ10(cm)前後、太さ2(mm)程度になったら収穫する。

・収穫するときはヘタの付け根を園芸用ハサミで切り取る。

ペトさい(ミニきゅうり・改)75

 

今回で二度目の収穫となる「ミニきゅうり」ですが、

他の鉢で収穫したものを含めて計4本収穫することができ、

ペットボトルでのキュウリ栽培では最高の収穫量に並びました。

 

ただ、今回はどの実も大きさ的に申し分ないほど素晴らしい出来で、

こんなに出来の良い「ミニきゅうり」を収穫できたのは初めてでしたので

嬉しくて涙が出てしまいました。ほんと、嬉しいジョ~ォ()

 

今回収穫した「ミニきゅうり」は色々な料理に使えそうですので、

シンプルな調理法で頂きたいと思います。

 

「ミニきゅうり」を気持ちよく収穫したところで、

今回は前回の追肥から二週間が経っていることから実着きをよくする

'リン酸系肥料'と葉の生育を促す'発酵油かす'を一摘みずつ与えましょう。

ペトさい(ミニきゅうり・改)76

 

「ミニきゅうり」は主に株の上端部にたくさんの実を着けていましたので、

これらが大きくなることを期待し、今回のように気持ちよく収穫したいです。

 

最後に、「ミニきゅうり」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ミニきゅうり」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・親蔓や子蔓が伸びてきたら、螺旋状に伸びるように誘引すること。

・2週間に1回は実着きをよくする'リン酸系肥料'を一摘み与えること。

・葉色が黄色く変色してきたら'発酵油かす'を一摘み与えること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

・3日に1回は'栽培用炭酸水'を水の代わりに与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの「ミニきゅうり」の水やりは

引き続いてジョウロを使って行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにします。

ペトさい(ミニきゅうり・改)77

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまうと、

土がえぐれてしまうので注意が必要です。

 

また、3日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「ミニきゅうり」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★ミニきゅうりの栽培データ★

ペトさい(ミニきゅうり・改)16

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
24

[トウモロコシ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、果菜類

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は「トウモロコシ」がさらに大きく生長する一方で、

一週間前に確認された雌穂がさらに大きくなりヒゲを着けているのに対し、

主茎の頂点にある雄穂は開花をすることなく生長が止まってしまい、

他の株への生長に影響が及ぶ恐れがあることをお伝えしました。

 

不幸中の幸いにして、他の株の雄穂に付いた花粉を受粉し

なんとか雌穂を大きく生長させることができたのですが、

その後の生長が凄く気になるところです。

 

あれから一週間が経過し栽培開始から92日目を迎えた「トウモロコシ」

草丈の伸びが完全に止まってしまい葉の生長も見られなくなりました。

ペトさい(トウモロコシ)61

 

しかし、株元付近にはさらに大きくなった雌穂

その近くに新たな雌穂が出てきていたのです。

ペトさい(トウモロコシ)62

 

順調に生長を続けている一方で、

株の上端部にある雄穂は全く開花する様子を見せず

生長の変化を感じることはなさそうです。

ペトさい(トウモロコシ)63

 

さらに一週間が経過して「トウモロコシ」の様子を見てみたところ、

草丈の伸びや葉の生長に変化は見られなかったものの、

雌穂が大きくなってきたことからそれらしい姿になってきました。

ペトさい(トウモロコシ)64

 

株元付近にある雌穂を見てみますと、

最初に着けた雌穂はさほど大きくならずひげが茶色く変わり、

新たに着けた雌穂は大きくなりひげを付けていました。

ペトさい(トウモロコシ)65

 

2つの雌穂を比べてみたところ最初に着けた雌穂のほうが細長く

後から着けた雌穂より小さいことに気付きました。

 

本来、最初に着けた雌穂は株の負担を抑えるために

大きくならないうちに摘果する必要があるのですが、

今回は様子見をしていた為これまで雌穂を着けた状態にしました。

 

しかしながら、後から着けた雌穂が大きくなっていることを踏まえると、

このタイミングで摘果しないと取り返しのつかないことになります。

 

よって、最初に着けた雌穂を摘果することにしましょう。

 

★摘果のポイント★

・最初に着けた雌穂が大きくならないうちに摘み取ること。

・摘果する際は雌穂をやさしく摘み取ること。

ペトさい(トウモロコシ)66

 

今回摘果した「トウモロコシ」の雌穂はヤングコーンとして利用できるため、

ちょっとした料理に使うことにしたいと思います。

 

とりあえず、最初に着けた雌穂を摘果した「トウモロコシ」

後から着けた雌穂を残して育てることにしました。

ペトさい(トウモロコシ)67

 

これからこの雌穂が大きく生長し、

立派な「トウモロコシ」になることを期待する今日この頃です。

ペトさい(トウモロコシ)68

 

最後に、「トウモロコシ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「トウモロコシ」を種から育てたいと思う方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなってきたら、発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは、引き続いてジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(トウモロコシ)69

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★トウモロコシの栽培データ★

ペトさい(トウモロコシ)14

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
22

[小ナス] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、果菜類

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「小ナス」のペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

このお話は数年前にペットボトルで育てた「小ナス」の様子を綴った記事を

より詳しく記述すると供に、ブログに添付する画像は現在の画質に補正し、

新しいようで懐かしさの残る記事を目指して復刻させました。

 

できるだけ現在のペットボトル栽培関連の記事の書式に合わせる形で

構成しておりますが、一部の画像については見辛いところがございますので

ご了承下さい。それでは、「小ナス」栽培のお話をお楽しみ下さい。

 

*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*

 

なんとか初収穫を果たした「小ナス」ですが、

「小ナス」にはまだたくさんの蕾を着けていますので、

これからも収穫を楽しむことが出来そうです。

 

あれから8日が経過して栽培開始から148日目を迎えた「小ナス」

草丈をさらに数(cm)伸ばし葉も数を増やして大きくなり、

初収穫による影響もなく元気に育っていました。

ペトさい(小ナス)41

 

しかも、近くに寄って見てみますと

小さかった実が目測で3(cm)ほどの大きさになり、

開花した箇所も無事に着果していたのです。

ペトさい(小ナス)42

 

順調に育つ「小ナス」の様子を見ることができると、

育てている者としてはとても嬉しくなります。

 

さらに9日が経過して「小ナス」の様子を見てみますと、

少し枝が横に広がりを見せるようになり密集感が解消されました。

ペトさい(小ナス)43

 

このため、「小ナス」にとっては風通しが良くなり、

生長するための環境が良くなったと思います。

 

そんな「小ナス」はさらに脇芽を伸ばし

あちらこちらと小さな蕾が見られるようになりました。

 

また、目測で3(cm)ほどの大きさに生長した実はさらに大きくなり、

収穫できそうな状態に育っていました。

ペトさい(小ナス)44

 

少し欲張ったところは正直ありましたが、

あまり欲をかいて実を大きくさせても株に負担をかけるだけで

その後の生育上あまり良くないですので、収穫することにしました。

 

★収穫のポイント★

・実の大きさが3~5(cm)程度になったら収穫する。

・収穫するときはヘタの付け根を園芸用ハサミで切り取る。

 

今回はわずか1個と少し寂しい収穫となりましたが、

収穫した「小ナス」はカワイらしい大きさで微笑ましかったです。

ペトさい(小ナス)45

 

「小ナス」にはいくつか着果しているものや新たな蕾が見られましたので、

今回の収穫後に、これらの実着きをよくする'リン酸系肥料'

葉の生育を促す'発酵油かす'を一摘みずつ与えました。

 

さあ、次回はたくさん収穫できるように頑張って育てましょう!!

 

最後に、「小ナス」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「小ナス」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・実の大きさが3~5(cm)程度になったら収穫する。

・葉色が黄色く変わってきたら、'リン酸系肥料''発酵油かす'

 一摘みずつ与えること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの「小ナス」の水やりは

引き続いてジョウロを使って行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにします。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまうと、

土がえぐれてしまうので注意が必要です。

 

また、3日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「小ナス」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★小ナスの栽培データ★

ペトさい(小ナス)10

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
20

[レジナ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、果実野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ鉢植え専用トマトの「レジナ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は順調に生長を続けたくさんの実を着け始めたのはよかったのですが、

これによる土の栄養不足と直射日光を当たってしまったことから

葉が黄色く変色したため、葉の剪定と追肥を行ったことをお伝えしました。

 

今の「レジナ」には3つの果房があり、それぞれの果房にたくさんの実を着け

赤く熟しているものがありましたので、今回は収穫できるかもしれません。

 

あれから8日が経過し栽培開始から98日目を迎えた「レジナ」

葉の剪定や追肥を行ったことが多少なりとも影響しているかもしれませんが、

葉色が良くなり赤く熟した実が多く見られるようになりました。

ペトさい(レジナ・R)61

 

近くに寄って各果房の様子を見てみたところ、

8日前にポツポツと赤く熟した実が見られた第1果房では殆どの実が熟し

第2果房、第3果房では半数近くの実が赤く熟していました。

ペトさい(レジナ・R)62

 

また、どの実も大きさ的には目測で2(cm)あり、

収穫しても問題はなさそうな感じがしました。

 

まだ赤く熟していない実が半数近くありますが、

赤く熟した実をそのままにして、欲張ってこれらが熟すのを待ってから

収穫するのは株に負担がかかるだけでなく、赤く熟した実の皮が固くなり

食べてもあまり美味しくはなりませんので、赤く熟した実から順に

収穫することにしましょう。

 

★収穫のポイント★

・実が赤く色付いてきたら収穫する。

・収穫するときはヘタの付け根を園芸用ハサミで切り取る。

ペトさい(レジナ・R)63

 

今回収穫した「レジナ」はどれもキレイな赤色をしていて、

初めての収穫にしてはまずまずの出来だと思いました。

 

これだけ収穫できたらちょっとした料理が作れそうですので、

後ほどペトさい料理の記事でご紹介したいと思います()

 

さて、今回収穫を終えた「レジナ」にはまだ半数近くの実を着けていますので、

実着きをよくする'リン酸系肥料'と葉の生育を促す'発酵油かす'

一摘みずつ与えておきましょう。

ペトさい(レジナ・R)64

 

今回の収穫で少し寂しい姿になってしまった「レジナ」ですが、

まだ半分近くの実を着けていますので大事に育てていきましょう。

ペトさい(レジナ・R)65

 

各果房にはほんのり赤く熟した実やまだ青くて小さな実を着けていますので、

2日に1回は栽培用炭酸水を与えるようにして育てていきましょう。

ペトさい(レジナ・R)66

 

2度目の収穫もそう遠くない日に行えそうですね()

 

最後に、「レジナ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「レジナ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が黄色くなってきたら、

 リン酸系肥料と発酵油かすを一摘みずつ追肥すること。

・できるだけ鉢の間隔を開け、風通しを良くすること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(レジナ・R)67

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

また、2日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「レジナ」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照ください。

 

 

★レジナの栽培データ★

ペトさい(レジナ・R)15

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
18

[ミニきゅうり] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、果実野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

 

今回の「ミニきゅうり」栽培ではこれまでとは少し違うアプローチで

「ミニきゅうり」を育てようと思っていますので、

もしお時間がありましたらお付き合い頂きたいと思います。

 

さて前回は、こまめな葉の剪定や摘果のおかげで親蔓や子蔓はさらに伸び、

新たに出てきた葉も数を増やして比べ物にならない大きさになる一方で、

目測で長さ8(cm)太さ2(cm)弱になる実をぶら下げ、

収穫できそうな状態に生長していることに興奮したことをお伝えしました。

 

いよいよ、収穫間近に迫った「ミニきゅうり」ですが、

その後の様子を見てみることにしましょう。

 

あれから一週間が経過し栽培開始から67日目を迎えた「ミニきゅうり」

葉の剪定や摘果を行ったこともあり少しスッキリした姿になりましたが、

それでも、相変わらず親蔓や子蔓を伸ばして元気に育っていました。

ペトさい(ミニきゅうり・改)67

 

近くに寄って見てみたところ、株元付近では土面に敷いたワラが見えるほど

葉はほとんどなく、脇芽に着けていた実も茶色く枯れていました。

ペトさい(ミニきゅうり・改)68

 

とはいうものの、新たに出てきた子蔓にはしっかりと花や実を着けており、

今後の生長に期待を持たせてくれました。

 

株の上端部のほうに芽をやりますと、株元付近とは打って変わって

葉がワサワサと茂っていて、脇芽に花や実をたくさん着けていました。

ペトさい(ミニきゅうり・改)69

 

また、親蔓や子蔓はさらに20(cm)ほど伸びていて、

キュウリタワーの頂点を目指して着実に伸びているように感じました。

 

そして、一週間前に大きく生長していた実のその後の様子ですが、

なんとさらに大きく生長していて目測で長さ10(cm)太さ2.5(cm)ほど

大きさになってぶら下がっていました。

 

見た目の大きさから大きく育ち過ぎた感じのする「ミニきゅうり」

収獲しないほうが不思議なほどの大きさですので収穫することにしました。

 

★収穫のポイント★

・実の大きさが長さ10(cm)前後、太さ2(mm)程度になったら収穫する。

・収穫するときはヘタの付け根を園芸用ハサミで切り取る。

ペトさい(ミニきゅうり・改)70

 

今回の栽培では初となる「ミニきゅうり」の収穫ですが、

他の鉢で収穫したものを含めてわずか計2本と少量でした。

 

まぁ、最初の収穫ですので仕方がないところはあるのですが、

でも、キュウリ大好き人間の私としては満足できないのぅ()

 

なんとか、「ミニきゅうり」を収穫できましたので、

新鮮なうちにあのようにして食べたいと思います。

(詳しいことはペトさい料理でご紹介します。)

 

さて、本当なら「ミニきゅうり」を収穫した後には実着きをよくする

'リン酸系肥料'と葉の生育を促す'発酵油かす'を与えるのですが、

これらの肥料は一週間前に与えているため、今回は行いませんでした。

 

これらの肥料は遅行性のためそろそろ効果が表れ始める頃だと思いますので、

これからの「ミニきゅうり」の生長に期待したいと思います。

 

最後に、「ミニきゅうり」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ミニきゅうり」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・親蔓や子蔓が伸びてきたら、螺旋状に伸びるように誘引すること。

・2週間に1回は実着きをよくする'リン酸系肥料'を一摘み与えること。

・葉色が黄色く変色してきたら'発酵油かす'を一摘み与えること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

・3日に1回は'栽培用炭酸水'を水の代わりに与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの「ミニきゅうり」の水やりは

引き続いてジョウロを使って行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにします。

ペトさい(ミニきゅうり・改)71

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまうと、

土がえぐれてしまうので注意が必要です。

 

また、3日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「ミニきゅうり」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★ミニきゅうりの栽培データ★

ペトさい(ミニきゅうり・改)16

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
16

[小ナス] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、果菜類

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「小ナス」のペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

このお話は数年前にペットボトルで育てた「小ナス」の様子を綴った記事を

より詳しく記述すると供に、ブログに添付する画像は現在の画質に補正し、

新しいようで懐かしさの残る記事を目指して復刻させました。

 

できるだけ現在のペットボトル栽培関連の記事の書式に合わせる形で

構成しておりますが、一部の画像については見辛いところがございますので

ご了承下さい。それでは、「小ナス」栽培のお話をお楽しみ下さい。

 

*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*

 

これまでのところ目立ったトラブルもなく順調に生長する「小ナス」は

花数を増やし、目測で2(cm)程の大きさになる実を着け始めました。

 

いよいよ、収穫の2文字が見えてきたこの栽培ですが、

今回無事に収穫することができるのでしょうか?

 

あれから6日が経過して栽培開始から133日目を迎えた「小ナス」

草丈の伸びや葉の生長にほとんど変化がなく、肝心の実のほうが

大きくなっているように感じました。

ペトさい(小ナス)36

 

このため、どの程度実が大きくなっているのかを確認するため

近くに寄って見てみたところ、ほとんどの実は目測で2.5(cm)ほどあり、

大きいもので3(cm)近くあったのです。

ペトさい(小ナス)37

 

このことからも着実に実が大きくなっていることは分かったのですが、

収獲するにはもう少し様子を見ることにしました。

 

それから一週間が経過して再び「小ナス」の様子を見てみたところ、

草丈の伸びは落ち着いてきたものの脇芽が伸びて葉がワサワサと茂り

元気に生長しているように感じました。

ペトさい(小ナス)38

 

そんなワサワサと茂った葉をバックに、さらに大きくなる実は

目測で3(cm)以上の大きさになり、大きいものでも4(cm)近くなりました。

ペトさい(小ナス)39

 

「小ナス」は3~5(cm)ほどの大きさになる実を収穫するのがベストなため、

あまり欲をかいて実を大きくさせても株に負担をかけるだけで

その後の生育上あまり良くないことから、収穫することにしました。

 

★収穫のポイント★

・実の大きさが3~5(cm)程度になったら収穫する。

・収穫するときはヘタの付け根を園芸用ハサミで切り取る。

 

とりあえず、今回の収穫ではわずか2個となりましたが、

収穫した「小ナス」はカワイらしい大きさで微笑ましかったです。

ペトさい(小ナス)40

 

ペットボトル栽培で初収穫した「小ナス」の使い道はこれから考えるとして、

「小ナス」にはたくさんの蕾を着けていますので、これらの実着きをよくする

'リン酸系肥料'と葉の生育を促す'発酵油かす'を一摘みずつ与えました。

 

さあ、次の収穫に向けて頑張って育てることにしましょう!!

 

最後に、「小ナス」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「小ナス」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・実の大きさが3~5(cm)程度になったら収穫する。

・葉色が黄色く変わってきたら、'リン酸系肥料''発酵油かす'

 一摘みずつ与えること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの「小ナス」の水やりは

引き続いてジョウロを使って行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにします。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまうと、

土がえぐれてしまうので注意が必要です。

 

また、3日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「小ナス」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★小ナスの栽培データ★

ペトさい(小ナス)10

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

08月
15

[終戦の日] ブログ村キーワード:第二次世界大戦、戦後70年

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

今日は世界の誰しもがご存じの「終戦の日」です。

 

一部の良識を弁えないメディアでは'終戦記念日'と表記しているところが

あるみたいですが、私は'記念日'という表現にはしっくり来ないもので、

「終戦の日」と呼んでいます。

 

人によって様々な解釈ができるためこれが正しいというのはありませんが、

私的には'記念'という言葉の意味こそは記憶を新たにすることを意味し、

不謹慎な表現ではないのですけど、先の戦争で多くの方々が国のために

戦って命を落とし、広島や長崎に原爆が投下され、日本のあらゆる都市では

空襲などに遭うなどして生き地獄のような世界に変えられてしまった惨状を

想像しますと、何かのイベントのように楽しい出来事ではないのに

軽い気持ちで'記念日'という言葉を使う気にはなれないのです。

 

しっかりとした報道機関は'終戦記念日'という文言を使わずに

'終戦の日'と表記、発言されていましたので、

マスコミ嫌いの私はホッとしました。

 

昨夜、私はニコ生で安倍総理の前後70年談話の発表を視聴したのですが、

戦争のことをあまり知らない私が聴いた限りでは、伝えるべきことは

キッチリ盛り込まれていた談話で良かったと思いました。

 

しかし、一部のマスコミ報道では昨夜の安倍総理の談話の発表時に

専門家でもないのに談話の内容を○や×で批評され、中国や韓国の立場に

なって報道をされていて、強い違和感を覚えました。

 

なぜそのようなことをされるのかその意図は分からないのですが、

あのような国々は残念ながらまだ成熟した国家ではありませんから、

日本が何を言っても批判的なことしか言及できません。

 

その事を知ってやっているのかは分かりませんけど、

一部のマスコミ報道は日本の国益を損なうような報道をされて

なんとも思わず、空気を読めないのかなと悲しい気持ちになりました。

 

ただでさえ、某元総理がこの方の自己満足な行為によって

日本の国益を損ねかねない事態になっているのに・・・。

 

それはさておき、昨夜の安倍総理の前後70年談話を視聴していた時に

ふと「どうして戦争をやってはいけないのか?」、「対話で解決することが

できないのなら、争い事なしにどうやって解決すればいいのか?」、

「人が感情を持っている限り戦争がこの世から無くならないのではないか?」

など可笑しなことを考えてしまったのですが、今の私には的確な答えを

出すことができませんでした。

 

私は戦争を題材にした映画や漫画は全くと言っていいほど観たことがなく、

専らドキュメンタリー番組や被爆地である長崎の平和記念公園などを訪れて

第二次世界大戦のことを知る程度の知識しかありません。

 

このため、何が原因で戦争をすることになったのか、日本はこの戦争が

起こる以前までに世界の国々に対してどれだけ酷いことをしてきたのか、

あるいは、戦時中にどれだけの方々が苦しい思いを強いられてきたのかなど、

今日まで謎のまま生きてきたことが恥ずかしいくらいなのですが、

昨夜の談話を視聴する中で少し紐が解れたような感覚を覚え、

仕事を早めに終わらせた後に色々と調べて、俄かな勉強をしました。

 

世界大恐慌が事の発端だった第二次世界大戦が終戦したこの年に

私の両親は生まれたので、当然ながら戦争のことを誰かに聞くまでは知らず、

亡き母は母方の祖父に会ったことがなかったそうです。

 

亡き母の話を聞く限りでは祖父は泣きながら戦争に行ったとのことで、

戦時中に祖父から送られた手紙の中に祖父の髪の毛が同封されていたそうで、

その話を思い出すたびに胸が締め付けられる想いをしています。

 

「戦争に行く=死に行く」ということですから、

誰一人として戦争に行きたくない気持ちは計り知れないものだったに違いなく、

その方々を見送るご家族の気持ちも辛すぎて、言葉が出てきません。

 

もしかしたら、私自身が平和ボケしているのかもしれませんが、

この戦争で命を懸けて戦って下さった方々がいらしたからこそ、

私達はこの世に生を受け、平和な生活を送ることができているのだと思うと、

私達が戦争の恐ろしさや虚しさ、あるいは、平和に生活することの意義を

説得力のある言葉で伝える事ができなくても、それを後世に伝えていく事は

大事なことであり、我々に課せられた使命ではないかと思います。

 

今現在も世界各地では兵器を持った戦いを行っておりますが、

戦争ほど無駄に命を落とし無意味で憎悪の消えない虚しい行為はありません。

 

そのような戦いは憎しみしか生まず、'報復'という名の新たな戦いを

生んでしまう原因になるため、平和的に解決してもらいたいと切に願います。

 

人が感情を持っている以上争いごとはなくならないと思いますが、

この世界から無意味な戦争がなくなることを心から切望します。

 

最後に、第二次世界大戦でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りし、

哀悼の意とさせて頂きます。

2015.08.15

ブログ管理人 M.Ishii
心ひとつに キャンドルナイト

08月
14

[レジナ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、果実野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ鉢植え専用トマトの「レジナ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は日増しに草丈を伸ばし枝数も増え、蕾から続々と黄色い花が咲き、

そして、目測で1(cm)近くになる実を着け始めたことをお伝えしました。

 

開花した殆どの蕾から着果する「レジナ」は順調に大きくなり、

あとどのくらいで収穫できるのかと思うとワクワクしてきます()

 

あれから一週間が経過し栽培開始から84日目を迎えた「レジナ」

続々と実を着け始めたことが影響してなのか草丈はほほ変わらず

枝数が少し増え葉も少し大きくなり、青々とした印象を受けました。

ペトさい(レジナ・R)53

 

また、ワサワサとした葉に覆われるようにしてまだ青い実が見え、

順調に育っている様子が窺えます。

 

その実の様子を確かめるため近くに寄って見てみたところ

大きく3つの果房があり、それぞれの果房に(cm)以上の大きさになる

実を鈴なりに着けているのが分かりました。

ペトさい(レジナ・R)54

 

大きなものでは2(cm)近い実があり熟し始めていることから

収獲は近くなってきたようにも感じられました。

 

ところが、さらに6日が経過して「レジナ」の様子を見てみたところ、

どことなく衰えを感じされるような変化を感じたのです。

ペトさい(レジナ・R)55

 

よく見てみますと、株元付近の葉が枯れ落ちてなくなり、

葉の様子を見てみると若干黄色みがかっていることが分かったのです。

 

これの原因は色々考えられますが、

おそらく、たくさんの実を着け始めたことによる土の栄養不足

厳しい暑さによる直射日光をもろに当たっているからだと思われます。

 

このため、黄色く変色した葉の処理と追肥をする必要があるのですが、

これらを行う前に各果房に着いている実の様子を確かめました。

 

すると、殆どの実が目測で15(mm)ほどの大きさになっていて

その中に混じるように新たに着果したものがあり、

また、一部の実には赤く熟し始めたものがあったのです。

ペトさい(レジナ・R)56

 

赤く熟し始めた実はまだ完熟ではないため収穫はしませんでしたが、

次に「レジナ」の様子を見るときには間違いなく収穫できるでしょう。

 

これだけ実が順調に大きく生長しているところから見て

土が栄養不足にならない方が不思議であり、

葉が黄色く変色することでそのことを知らせてくれたのだと思いますので、

早速黄色く変色した葉を剪定することにしました。

 

葉を剪定するときは手で千切って取らずに園芸用ハサミを使って

丁寧に剪定するようにしましょう!!

ペトさい(レジナ・R)57

 

極力葉を残すようにして剪定したものの、

それでも少し頭でっかちな姿になってしまった「レジナ」ですが、

離れたところから実の様子を見ることができるようになり、

ある意味でよかったかもしれません(苦笑)

ペトさい(レジナ・R)58

 

葉の剪定が終わり、仕上げに実着きをよくする'リン酸系肥料'

葉の生育を促す'発酵油かす'を一摘みずつ与えておきました。

ペトさい(レジナ・R)59

 

少し大掛かりな作業になりましたが、

「レジナ」はこれからさらに実を大きくし赤く熟してきますので、

定期的な追肥と栽培用炭酸水を併用して育てていきましょう。

 

さあ、次に「レジナ」の様子を見るときには収穫できると思いますので、

ペトさい料理を含めて準備しましょうかね()

 

最後に、「レジナ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「レジナ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が黄色くなってきたら、

 リン酸系肥料と発酵油かすを一摘みずつ追肥すること。

・できるだけ鉢の間隔を開け、風通しを良くすること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(レジナ・R)60

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

また、2日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「レジナ」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照ください。

 

 

★レジナの栽培データ★

ペトさい(レジナ・R)15

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

助成金