インフォメーション
3/19 「第1回野菜投票2017」の投票結果が発表されました!!
3/18 「トウモロコシ」栽培関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[果菜類]に反映!!
3/17 「オクラ・ピークファイブ」栽培(第2期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[果菜類]に反映!!
3/25 「とうがらし」栽培を始めるとしますか?
3/25 今日のバァーガー(14)
3/24 「キュウリ」栽培について
3/23 「とうがらし」栽培関連記事の連載を開始したいと思います!!
3/23 「トウモロコシ」は収穫することが出来たのか?それとも・・・。
3/22 「トウモロコシ」に新たな雌穂を着けるものの、不安なことが・・・。
11月
30

[ペットボトル野菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、収穫

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

毎月月末にお伝えしている「ペットボトル野菜」の収穫状況を

ダイジェストで振り返るこの企画。

 

先月は夏野菜の収穫が終わったことを受け収穫量が少なくなりましたが、

今月はさらに少なくなりそうな気配を感じております。

 

それでは早速、時系列に沿って振り返っていきましょう!!

 

まず、11/3には「バジル」を収穫することができました。

収穫したペト菜2015年11月01

 

この時期に「バジル」を収穫することができるのは意外でしたが、

先月栽培を終えた「大葉シソ」に代わりこの「バジル」がコンスタントに

収穫することができ、11/9に3回目、11/16日に4回目の収穫を行いました。

収穫したペト菜2015年11月02

収穫したペト菜2015年11月03

 

「バジル」はまだまだ元気に生長していて、これからも収穫できそうです。

 

続いて、11/5には「豊作ニラ」を収穫しました。

収穫したペト菜2015年11月04

 

栽培開始から156日目にして初収穫を迎えることができた「豊作ニラ」ですが、

'小ネギ'に比べると株数が多いことと栽培開始時期がやや遅かったことから

収穫に時間がかかってしまいました。

 

しかし、この「豊作ニラ」も一定の周期で収穫できそうな状態になりつつあり、

二週間後には2回目の収穫を行いました。

収穫したペト菜2015年11月05

 

現時点では「バジル」に代わる安定した収穫が見込める野菜になりつつあるため、

今後の「豊作ニラ」の生長には期待が高まっています。

 

そして、今月最後に収穫した野菜は「小ネギ」でした。

収穫したペト菜2015年11月06

 

「小ネギ」は通算4回目の収穫となりますが、

毎回私の指示を無視して勝手に収穫してしまうタコっちには困っていまして

私の指示通りに育てていたら収穫回数こそは少なくなるものの

市販されるような立派な小ネギを収穫することができると思うと

悔しさが込み上げてきます。

 

これからもタコっちの暴走を止めることに奮闘しつつ、

立派な「小ネギ」を育てていきたいと思っています。

 

余談ですが、たまには収穫した「小ネギ」をたこ焼き以外に使いたいものです()

 

というわけで、今月収穫した「ペットボトル野菜」を駆け足で振り返りましたが、

やはり時期的に見て果菜類や豆野菜などの収穫が全くなく、

葉物野菜だけとなってしまったことは少し寂しさを感じました。

 

しかし、豆野菜は密かに育てていまして、

ひょっとすると来月には収穫できるかもしれませんので楽しみです。

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

11月
14

[ペトさい料理] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、べんり菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

これまでペットボトル栽培で収穫した野菜を使って様々な料理を作り、

自己満足的にご紹介する「ペトさい料理」。

 

さて、今回ご紹介する料理は'大葉シソ'を使った料理の第二弾です。

 

今回の大葉シソ栽培は育苗させた後、縦型ペットボトル鉢に植え付ける前に

摘心を行うという異例の処置を取りましたが、植え付け後の'大葉シソ'

順調に生長を続け、毎週のようにコンスタントに収穫することができ、

計7回収穫することができました。

収穫した大葉シソ02

 

そんな'大葉シソ'を使った料理は2回に分けてお伝えする中で、

前回は摘心時に収穫した'大葉シソ'と1回目から3回目までに収穫した

'大葉シソ'を使った料理をご紹介しました。

 

今回は4回目から7回目までに収穫した'大葉シソ'を使った料理を

ご紹介したいと思います。

 

まず1品目の料理は秋の味覚を堪能したいと思い、

「大葉シソを使った秋刀魚の蒲焼丼」を作ってみました。

大葉シソ料理05

 

普段、秋刀魚は焼いて食べることが殆どなのですが、

たまには違う調理法で食べてみたいと思ったことから蒲焼を作り、

私が作る料理にしてはシンプルな盛り付けの丼にしました。

 

蒲焼を作るのは初めてだったのですが、

意外と簡単に作ることができ、美味しく頂くことができました。

 

2品目は'大葉シソ'を使った料理でイタリアンを作る機会が少なかったため、

「大葉シソとツナの冷製パスタ」を作ってみました。

大葉シソ料理06

 

このパスタは私の思いつきで作ったことから食材の彩りだけを意識したため、

食べる前までは味に自信がなかったのですが、実際に口にしてみたら

完璧なほどよく合う味付けで美味しく頂くことができました。

 

気になる味付けですが、サラダ感覚で食べたいというのがあったので、

ポン酢ベースの味付けで風味づけにレモン汁を少量加えて和えました。

 

3品目は和食、イタリアンと作ったことから中華の一品として

「大葉シソと鮭フレークの炒飯」を作りました。

大葉シソ料理07

 

この炒飯も私の想像だけで作ったのですが、先ほどの'大葉シソとツナの

冷製パスタ'とは異なり、鮭フレークの味を活かしたいと思ったことから

シンプルに少量の塩とコショウだけで味付けしました。

 

この炒飯は家族の者に食べさせたらおかわりするほど喜んで食べてくれ、

作った私が口にしてみてもかなりイケると思ったほど美味しかったです。

 

この炒飯はもの凄く簡単に作れますので、せび作ってみて下さい()

 

そして、今回最後にご紹介する料理はこれまで脂っこい料理を作り続け、

口の中をサッパリしたいと思ったことと、今回の栽培で初めて'大葉シソの実'

収穫したことから「大葉シソの実とキュウリの生姜醤油漬け」を作りました。

大葉シソ料理08

 

元々は、某有名なキュウリの醤油漬けを作ろうと思って始めたのですが、

なかなか思うように作ることができず、少し消化不良気味の状態で食べました。

 

実際に食べてみて、もう少し漬け込んでも良かった感じはしたのですが、

これはこれでシソの実やキュウリにしっかりと味が染みていて

お漬物なのにご飯のおかずになりました()

 

ちなみに、この漬けダレは某有名なキュウリの醤油漬けに習って

魚介系のダシをとって作り、タレの味は完ぺきでした。

 

というわけで、今回もたくさん作ってしまいましたけど、

どの大葉シソ料理もオレ流だから一流料理人より美味しいよ!!

 

どれか一つでも食べてみたいというものがありましたら、

コメントを入れて頂けると嬉しいです。

 

さて、次回のペトさい料理ですが、

「鉢植え専用トマト」を使った料理をご紹介したいと思います。

 

果たして、私は'鉢植え専用トマト'を使ってどのような料理を作ったのかを

皆さんで推理してみて下さい!!

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
13

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

けして、ガリガリ君ネタが尽きたわけではありませんが、

カップめん大好き人間の私が独断と偏見で物珍しそうなものから

一般的に知られているカップめんをご紹介する自己満足企画()

 

今日は朝のうちは日が出て暖かかったのですが、

昼過ぎになってどんより曇って来て肌寒くなってきましたので

事務所内にある温度計を見てみたら23℃でした。

カップめん05-1

 

室内とはいえ、デニムシャツ一枚着ただけでは寒いのは当たり前ですが、

作業のしやすさからするとこの服装が一番よく、このような時には

このようなものを食べた体を温めるのが一番いいと思います。

 

「麺職人 すりごま味噌味」。

カップめん05-2

 

体を温めるだけでしたらどのカップめんでも構わないのですが、

カップめんを愛する私としては最初の一杯は味噌味と決めているのです。

 

カップめんに限らず、一般的なラーメンには様々な味がありますが、

その中でも味噌味はスープのダシや麺とよく絡むような味付けにするのは

とても難しく、一杯のラーメンを作る技量を見分けることができるため、

私は最初にお店で食べる一杯、あるいは、カップめんは必ず味噌ラーメンと

決めているのです。

 

従って、今回ご紹介する「麺職人 すりごま味噌味」はその一環で選んだもので、

「麺職人」シリーズはかなり前から出ている生めんに近い食感のカップめんで

何度か食べてはいるのですが、リニューアルされたということで

どの程度のものなのかを見分けるために食べました。

 

実際に食べてみたところ、私好みのゴマの香りがする濃厚な味噌味は

いい方に改良が加えられ、かつ、麺のほうはストレート麺に近い状態で

まるで生めんを食べているような食感で、スープとよく絡み合って

美味しい一杯だと思いました。

 

さすが、発売元の日清食品社の技術力の高さを感じ、

「麺職人」シリーズにはハズレはないと言いたいところなのですが、

この味噌味に使われている具材にはもう少し改善が必要だと思いました。

 

それは、カップめんに限らず、お店のラーメンでも言える話なのですが、

せっかく素晴らしい味噌味のスープを作り出したのに、具材のトウモロコシを

入れることで不要な甘みが出てしまいせっかくのスープを台無しにし、

残念な気持ちにさせられるのです。

 

よくバターとトウモロコシを入れた味噌ラーメンを提供するお店がありますが、

見た目は鮮やかで美味しそうに見えるのですけどそれはまやかしであって、

味噌ラーメン作りの技量が足りないことは言うまでもなく、味噌ラーメンを

愚弄する行為のため、私的にはNG中のNGなのです。

 

一杯の味噌ラーメンに賭ける情熱や魂を感じることもできないし…。

 

よって、この「麺職人 すりごま味噌味」はせっかく美味しく作っているのに

トウモロコシを入れてしまったのは失敗で、具材についてはもう少し

改良の余地があると私的には思いました。

 

「麺職人」、頑張って~ぇ。

 

今回ご紹介した「麺職人 すりごま味噌味」は美味しく頂けますので、

ご興味のある方は一度召し上がってみてはいかがでしょうか?

ブログ管理人 M.Ishii
心ひとつに キャンドルナイト

11月
07

[ペトさい料理] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、べんり菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

これまでペットボトル栽培で収穫した野菜を使って様々な料理を作り、

自己満足的にご紹介する「ペトさい料理」。

 

さて、今回ご紹介する料理は現在も栽培中の'小ネギ'を使った料理です。

 

今回の小ネギ栽培は育苗させた後、中型ペットボトル鉢に植え付け、

現在までに計3回収穫しているのですが、この栽培に関しては

私の弟子のタコっちという小ネギオタクが育てています。

 

小ネギは播種から半年くらいの間は未熟なため収穫しないのですが、

このタコっちは'ある好物'を食べたいがためにそのセオリーを破り、

師匠である私の言うことを無視して収穫してしまったのです。

収穫した小ネギ01

 

従って、今回ご紹介する小ネギ料理は未熟な状態で収穫した小ネギを使い、

かつ、タコっちの大好物な食べ物を作らされるという異例の事態で、

ペトさい料理を楽しみにされている方には大変申し訳なく思います。

 

というわけで、異例の小ネギ料理をご紹介することにします。

 

まず、1品目はタコっちのお気に入りの「カリジュワたこ焼き」を作りました。

小ネギ料理01

 

なんで、小ネギを収穫してたこ焼きを作らなきゃいけないんだと思うのですが、

タコっち曰く、小ネギはたこ焼きの魂みたいなものだそうで、

たこ焼きには小ネギが欠かせないのだそうです。理解不能ですけどね(苦笑)

 

というわけで、タコっちの大好物はたこ焼きでして、

これでもかというくらいたこ焼きを作らされましたので

しばしご辛抱して頂ければ幸いです。

 

この「カリジュワたこ焼き」はその名の通り、外はカリッと中はタコ汁が

ジュワ―と出てくるオーソドックスなたこ焼きです。

 

たこ焼きをカリッさせるコツはたこ焼きを返えして数分待ってから

油をさすといい感じにカリカリ感を出することができます。

 

このテクニックは某たこ焼き屋さんで見よう見真似で習得したものです()

 

続いて、2品目のたこ焼きは「モチたまたこ焼き」を作りました。

小ネギ料理02

 

このタコ焼きは焼き上げたたこ焼きの上に玉子ソースを掛けますので

食感としてはモチモチしたものにし上げた方がよいと考え、

生地には小麦粉を使わずに米粉を使って焼き上げました。

 

米粉を使ったタコ焼きは小麦粉よりも固まりにくいため

焼き上げるのに時間を要するのですが、焼き上げたふわモチなたこ焼きの上に

特製の玉子ソースをかけて頂いたのですが、半端じゃなく美味しくて

涙がチョチョ切れてしまいました()

 

3品目のたこ焼きは「モチ明太子たこ焼き」を作りました。

小ネギ料理03

 

明太子を使ったたこ焼きというのはたこ焼き屋さんにもありますので

けして珍しいものではありませんが、私的には物足りなさを感じていて

本当の明太子たこ焼きというものを作ってやろうと思い、作ったのでした。

 

そして、今回私が作った明太子たこ焼きには「モチたまたこ焼き」と同様に

米粉を使い、米粉を鰹のダシ汁でといだ生地の中に明太子をふんだんに

入れ込んだものを使い、これとは別に、特製の明太子ソースも作りました。

 

このため、明太子ソースを付けなくても明太子の風味がしますので、

明太子の方にはたまらない一品になりました。

 

ただ、このたこ焼きは相当量の明太子を必要としますので、

時間とお金に余裕がないと作ることができない欠点があります()

 

今回、最後にご紹介するたこ焼きは「柚子ネギたこ焼き」です。

小ネギ料理04

 

このたこ焼きは普通に焼き上げたたこ焼きの上に特製の和風ソースをかけ、

その上に小ネギと柚子の皮を擦ったものを乗せました。

 

特製の和風ソースはポン酢をベースの味にしたもので、

この中に少量の柚子のしぼり汁とごく少量の昆布汁を入れて、

柚子の風味はしつつもあまり酸っぱくならないように調整しました。

 

このたこ焼きは想像だけで作ったものですので食べるまではまったく分からず、

実際に食べてみたところ、たこ焼きとポン酢の相性がいいことに感動を覚え、

病み付きになりました。

 

というわけで、今回は4種類のたこ焼きを作りましたが、

どのたこ焼きもオレ流だから一流料理人より美味しいよ(多分)!!

 

小ネギを収穫する度にたこ焼きを作らされるのはいいとして、

正直ネタがないような気がするので、たこ焼き以外の料理を作りたいよ~ぉ。

 

でも、今後もたこ焼きを作り続けることになるでしょうね(苦笑)

 

たこ焼きばっかり見せられて胸焼けされた方もいらっしゃると思うのですが、

もしどれか一つでも食べてみたいというたこ焼きがありましたら、

コメントを入れて頂けると嬉しいです。

 

さて、次回のペトさい料理ですが、

「大葉シソ」を使った料理の第二弾をご紹介したいと思います。

 

果たして、私は'大葉シソ'を使ってどのような料理を作ったのかを

皆さんで推理してみて下さい!!

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
03

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

今日は朝からよく晴れ、昨日とは打って変わって汗ばむような陽気となり、

採種イチゴの植え付け作業をやっている時も暑かったです。

 

そんな今日の事務所内の室温は午後4時35分現在で29℃ということで、

とても11月とは思えない暑さで、この気温はあり得ません。

ガリガリ君26-1

 

このような暑い日には冷たくてさっぱりしたものが食べたくなり、

このようなものを頬張ってしまいました。

 

「ガリガリ君 ゆず味」。

ガリガリ君26-2

 

'ゆず'と聞いただけでサッパリした味は想像できますが、

実際に食べてみたところ、ゆずを砂糖で漬けたような味でした。

 

とは言っても、この「ゆず味」はしつこい甘さはなく、ゆずのピール()感の

ある少し苦味があるものの、ゆずのジューサーさがあって今日みたいに

サッパリしたいものが食べたいときにはもってこいのアイスではないかと

思いました。

 

「ゆず味」は以前ご紹介した'グレープフルーツ味'よりも甘さがあるものの、

ゆずの香りを楽しむこともでき、また食べてみたいガリ君です。

 

というわけで、今回取り上げた「ゆず味」を食べてみたいと思われた方は

ぜひ召し上がってみて下さい。

ブログ管理人 M.Ishii
心ひとつに キャンドルナイト

11月
02

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

早いもので残すところあと2ヵ月となり、時の経つ早さを感じております。

 

さて11月になりましたので、最新の「栽培計画表」を公開したいと思うのですが、

その前に、皆様に大事なことをお伝えしておきたいことがございますので

先に、そちらについてお伝えさせて下さい。

 

今年4月に開催した第2回野菜投票において当選した

ジャンボピーマンの「デカチャンプ」の栽培についてですが、

投票された方の中にはなぜこの栽培に関する記事を公開しないのか

不思議に思われた方も少なくないと思います。

 

実は、この栽培については育苗を行った後大きめの鉢に植え付ける方法で

育てる予定でいたのですが、育苗の段階で不手際があったことにより

ブログ記事として掲載するだけの栽培に至らず、中断しました。

 

このため、投票結果を発表した時に責任を持って育てると申し上げましたが、

結果として、投票された多くの方に期待を裏切る結果となってしまい、

大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

しかしながら、「デカチャンプ」は全く育てていないわけではなく、

細々と一株だけ育てていまして、数日前に大きな実を着け始めましたので

その時の様子を撮影しましたので、以下に載せたいと思います。

ペトさい(ピーマン)01

ペトさい(ピーマン)02BLOG

 

後ほど、「栽培計画表」の説明の中でも触れますが、

来年春に自宅兼事務所を移転することを決めましたので、

移転先の状況を見て、改めて「デカチャンプ」を育てたいと考えております。

 

またこれに関連して、今年6月に開催した第3回野菜投票で当選した

「茎ブロッコリー」の栽培についても、育苗後に大きめの鉢へ植え付ける

方法で育てておりましたが、天候不順により育苗中の苗が幾度も生育不良を

繰り返してしまい、この栽培を断念せざるを得ない状況となりましたため、

この栽培と同時期に栽培を開始していた'ミニカリフラワー'も中断しました。

 

この場をお借りしてお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした。

 

皆様に期待を裏切る結果を招いてしまったことは大変遺憾だと感じており、

私自身、ここ数週間反省の日々を送っておりました。

 

信頼を回復することは大変なことであることは承知しておりますが、

これからペットボトル栽培を行うことについて、もう一度原点に立ち返り

初心に戻って取り組みことを大前提として、度重なる大きなミスを教訓に

一つ一つの野菜を大事に育てる所存でございますのでよろしくお願いします。

 

このことを踏まえ、ペットボトル栽培の管理や育て方、

本ブログの運用などを熟慮し、11月以降の「栽培計画表」を見直しました。

 

まずは、最新の「栽培計画表」を以下に示したいと思います。

Petsai_Plan201511.png

[画像クリックで拡大します]

 

上記の計画表において、大きく3つ変更しました。

 

一つ目はペットボトル菜園に簡易温室を導入する時期についてですが、

先月までは12月初日から導入開始予定していました。

 

しかしながら、新旧共に年内に収穫を予定している野菜の生育状況から

予定より遅れそうな気配を感じ、二週間前倒しで導入することに決めました。

 

簡易温室内で育てる野菜の多くは葉菜類や根菜類になるかと思いますが、

屋外で育てられるものについては寒冷紗を被せて対応する予定です。

 

続いて、2つ目の変更点は栽培計画表の[栽培する植物名]欄において

水色で色付けした箇所についてです。

 

これらは全て今月中に栽培を終了するものを示したものでして、

一応今月第二週目をめどに終了させ、これに伴い、先月もお伝えしたように

ペットボトル栽培の規模を縮小させるためこの枠を消滅させる予定です。

 

ただ、これらの野菜は11月に入った今でも元気に生長しているため、

栽培を終了させる時期は少し伸ばすこともありますが、

来月まで引き延ばすことは考えておりません。

 

3つ目の変更点は栽培計画表の[栽培する植物名]欄において

黄色で色付けした箇所についてです。

 

これらは新規に種を蒔くか球根を植え付ける植物を示したものでして、

先述したように自宅兼事務所の移転を来年春に予定していることから

現在のペットボトル菜園では最後の種蒔き&植え付け作業となります。

 

新規に育てる野菜4種類については既に種を購入していまして、

そのうちのツケナ系野菜2種類と「スイスチャード」については

昨日種蒔き作業を終えました。

栽培予定の野菜たち2015秋冬

 

よって、残すは「ハツカ大根」と「チューリップ」となるわけですが、

これらについてはそれぞれ新しいタイプのペットボトル鉢を制作し、

ペットボトル鉢が完成し次第栽培を開始する予定でいます。

 

「栽培計画表」における大きな変更点は以上になりますが、

最後に、ブログの運用についてお伝えしたいと思います。

 

現在の状況としましては、新規のブログ記事を公開するとともに、

前ブログで公開したブログ記事の移行作業を進め、さらに、

過去のペットボトル栽培関連の記事を復刻させて公開するという

三本柱で運用しています。

 

これまでこれらを同時進行で進めて参りましたが、

この中でも前ブログの記事を移行させる作業については

移行当初から告知しているものの未だに前ブログにアクセスされる方が多く、

本ブログへのアクセス数が予定よりも少なく、アクセス分散の解消を

早期に解決したいという考えから、早めに終了させたいと考えております。

 

このため、新規のブログ記事の公開を最優先することを大前提として、

これまで毎日更新していたブログ記事を毎週日曜日だけお休みさせて頂き、

その日に前ブログの記事移行作業を割り当てたいと思います。

 

よって、毎週日曜日に本ブログを楽しみにされている方には

申し訳ありませんが、前ブログ記事の記事移行作業が完了し次第、

従来通りのブログの運用に切り替えますのでご辛抱頂けますようお願いします。

 

また、今後の新規に公開するブログ記事についてですが、

できるだけ早い時期に、「採種イチゴ」、「ホーム玉ねぎ」、「芯栽培キャベツ」の

3本柱で構成できるようにしたいと考えており、その脇をこれ以外の野菜で

固めたいと考えておりますので、楽しみにして頂けたら嬉しいです。

 

なお、現時点では検討ということになりますが、

時期を見て、個々のブログ記事の構成を見直したいと考えており、

具体的に、現在は一回の記事で2~3週分の栽培の様子をお伝えする

構成になっていますが、これをできる限り最新の情報をタイムリーに

お伝えしたいという考えから一回の記事で1日分の栽培の様子を

お伝えする内容に変えたいと思っています。

 

この構成にするためには、前ブログの記事移行作業を完了させてからに

なるため、しばらくの間は現行のスタイルを継続することになります。

 

大分気温のほうが低くなり、栽培中の野菜たちが生長しにくい環境に

なってきていますので、よりきめ細やかな管理を心掛けたいと思います。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

助成金