インフォメーション
8/23 ペットボトル栽培関連記事を全て移行し、カテゴリーメニューに反映させました!!
9/23 徒長が進む「エダマメ」に蕾が着き始めました!!
9/22 「ホーム玉ねぎ」が発芽したと思ったら…。
9/21 「とうがらし」に新たな実を着けないよぉ!!
9/20 今日の柿の種II
9/19 「バジル」は早くも2回目の間引きを行いました!!
9/18 「キュウリ」栽培に拘るばかりに…。
9/18 今日の柿の種I
9/17 「あさがお」に花と実がたくさん着いています!!
12月
31

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

今年は運勢的に見てもあまり良い年ではなかったように、

これを象徴するように様々な出来事がありました。

 

今日は12月31日ということもあり、

この一年をペトさい的に振り返りたいと思います。

 

まず、1月ですが、

初日から気分をブルーにさせる出来事がありました。

 

毎年恒例の川崎大師への初詣に行った際におみくじを引いた時のことですが、

みごとに「凶」という素晴らしいものを引いてしまいました。

2015年総括01

 

おみくじに書かれていることを鵜呑みにしているわけではないのですが、

川崎大師のおみくじは8割がた当たるのでその年の運勢がわかるといっても

過言ではなく、人生初の「凶」を引いたときはしばらく立ち直れませんでした。

 

この月はさらに不運が襲い、ペトさいの作業で愛用していた

園芸用ハサミの刃が折れてしまうというハプニングがあり、

しばらくの間野菜を収穫することができませんでした。

 

悪い出来事は一つ起こると数珠つなぎのように続けて起こるもので、

3月にはブログ記事の原稿を書く際に愛用していた携帯電話のテンキーが

破損してしまい、文字入力できない状態になってしまいました。

2015年総括02

 

これにより、ブログ記事の書き方を根本的に変えることになってしまい、

現在ではガラホを入手している状態ですが、文字入力のしにくさから

PCで書いてアップしています。

2015年総括03

 

4月になると人生初のギックリ腰をやらかしてしまい、

しばらくの間、ペトさいの作業を行えない状況に陥りました。

 

まさかのギックリ腰をやってしまった時は物凄く年老いてしまった感があって、

しばらくの間へこんでいました。

 

さらに、2週間ほどでギックリ腰が収束に向かった矢先に、

ペトさい料理を作っている最中に包丁で指の爪を切ってしまう

アクシデントが起きてしまい、しばらくの間は不自由な生活を送っていました。

2015年総括04

 

わずか4ヵ月振り返っただけでも不幸な出来事が起きまくっていて、

これだけでも最悪な年だったことはお分かりになると思います。

 

5月、6月は種蒔きシーズンということもあり目立ったトラブルは

ありませんでしたが、7月になりますと台風による影響でペトさいの

野菜たちに多大な被害を受け、収穫できずに撤収した野菜も出てしまいました。

 

この月は前ブログのサーバーにおいてセキュリティ関連の問題が

多数発生していたことから、現在のブログに移行しました。

 

これに伴い、本ブログのアクセス数や閲覧者数は前ブログの1/3に減少し、

参加しているブログランキングの順位が不安定になってしまいました。

 

また、前ブログでのブログ記事が膨大な量であることから

記事の移行作業が難航し、現在も粛々と進めている状況です。

 

実のところ、このブログ記事の移行作業が足を引っ張っている状況でして、

最新記事の更新が疎かになるだけでなく、ペットボトル菜園で栽培している

野菜たちにも悪影響を及ぼしているため、なぜサーバー側における問題が

懸念されているからといって、現在のブログに移行させてしまったのかなと

悔やんでおります。

 

悪い状況が続いてしまうとどうしても焦りが生まれ、

冷静に判断すれば的確に対応できることができなくなってしまう

負の連鎖に陥ってしまうのは断ち切りたいと思う今日この頃。

 

実のところ、今月初めにブログの更新を一時お休みした時期がありましたが、

本当はブログを書くことを辞めてしまおうと思っていました。

 

悪い状況を作ってしまったのは私のせいではあるのですが、

それに輪をかけるようにブログ記事に対するコメントに不快を

感じさせるものが書き込まれるようになり、物凄く悲しい気持ちになり、

きちんと記事を読んでもらえていないのならブログを書くのを辞めてしまうと

本気で考えていました。

 

ですが、結果的にブログ記事を書くことを再開したわけですけど…。

 

今年一年を振り返るとあまりにも悪いことが多すぎて、

何から手を付ければよい流れに変えることができるのか分からなくなりました。

 

しかし、現在は悪いことはそう長くは続かないと思うようにしているので、

いずれはよい方向に導くきっかけが生まれることに期待したいと思っています。

 

今年も今日で終わり、明日から新しい年を迎えます。

来年は「終わりよければすべて良し」といえる年にしたいと思う今日この頃です。

 

今年一年、私のような者にお付き合い下さりありがとうございました。

来年も今年と変わらずお付き合いのほどよろしくお願い致します。

 

よいお年をお迎えください!!

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

12月
30

[ペットボトル野菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、収穫

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

毎月月末にお伝えしている「ペットボトル野菜」の収穫状況を

ダイジェストで振り返るこの企画。

 

先月は収穫できる野菜の種類と量が少なくなり、

この流れは今月も引きづりそうな気配を感じております。

 

それでは早速、時系列に沿って振り返っていきましょう!!

 

まず、12/7には「バジル」を収穫することができました。

収穫したペト菜2015年12月01

 

12月に入っても「バジル」を収穫できるのは珍しいことであり、

後ほどご紹介する夏野菜も同様ですが、今年は例年になく暖かい日が続き、

この時期になっても収穫することができているようです。

 

とはいえ、時期的に見ても「バジル」は撤収しないといけない時期ですので、

半ば半強制的に撤収する形でこの栽培を終えました。

 

続いて、12/8には「シカクマメ」を収穫しました。

収穫したペト菜2015年12月02

 

「シカクマメ」は本来真夏に収穫する野菜なのですが、

栽培を始めた時期が遅かったことも要因の一つですけど、

この時期まで元気よく生長を続け収穫することができました。

 

ただ、元気よく生長しているとは言っても10℃近く気温が低い中で

生長していたことから実着きはあまりよくなく思うような収穫は行えず、

最初で最後の収穫となり、栽培を終了しました。

 

そして、今月最後に収穫した野菜は「豊作ニラ」でした。

収穫したペト菜2015年12月03

 

「豊作ニラ」は先月から収穫ができるようになり、

現在ペットボトル菜園で栽培している野菜の中でコンスタントな収穫を

期待できる唯一の野菜となりました。

 

今回で通算3回目となる収穫ではありますが、

まだ未熟な状態で収穫しているような状態のため、

市販されるような大きさの「豊作ニラ」を収穫するには

あと半年ほどかかりそうです。

 

これからも大事に「豊作ニラ」を育てようと思う今日この頃です。

 

というわけで、今月の収穫は以上になりますが、

収穫を望めそうな野菜は徐々に少なくなってきているため、

来年の初収穫はあまり期待できないように感じています。

 

もしかすると、「豊作ニラ」しか収穫できないということもあり得ますが、

なんとか収穫できる野菜の数を増やせるように来年も頑張りたいと思います。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

12月
30

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

けして、ガリガリ君ネタが尽きたわけではありませんが、

カップめん大好き人間の私が独断と偏見で物珍しそうなものから

一般的に知られているカップめんをご紹介する自己満足企画()

 

早いもので今年も残すところあと2日となり、おせち料理作りや

ペトさいの作業に追われ、落ち着いてランチを摂ることができず、

今日もこのようなカップめんを啜りました。

 

「らんま1/2 豚の旨味の濃厚味噌ラーメン」。

カップめん09-1

 

ここ最近、コラボ系のカップめんを食べる機会が増えたのですが、

以前お伝えしたようになんでもかんでも食べているわけではなく、

私なりにちゃんと見極めて食べています。

 

その条件の一つとしては、具だくさんの味噌ラーメンで

コーンが入っていないことで、これに関してはカップめんのみならず

ラーメン屋さんを選ぶ最低限の条件なのです。

 

以前お伝えしたように、私的に糞不味いと思う味噌ラーメンには

必ずと言っていいほどコーンが入っていて、コーンの甘さが

味噌ラーメン本来の味をかき消してしまうため、なぜ味噌ラーメンを

侮辱するようなことをやらかすのか理解ができないのです。

 

それはさておき、今日のランチに食べたカップめんは

味噌ラーメンにして珍しくコーンが入っておらず、しかも具だくさんで、

スープもゴマ風味が効いていて私好みの味で美味しく頂けました。

カップめん09-2

 

ただ一つ気になるのは、麺に米粉を使う必要があるのかなと思ったことで、

ゴマ風味のスープが麺と絡んでいるのはよいのですが、もちもち感を出す

必要はないように感じたのが残念なところでした。

 

これさえなければカップめんとしては合格点を上げたのですが、

私好みのスープとコーンを除く具だくさんなところがよかっただけに

残念な気持ちでいっぱいでした。

 

けして不味くはありませんので、

ご興味のある方はぜひご賞味ください。

ブログ管理人 M.Ishii
心ひとつに キャンドルナイト

12月
29

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

けして、ガリガリ君ネタが尽きたわけではありませんが、

カップめん大好き人間の私が独断と偏見で物珍しそうなものから

一般的に知られているカップめんをご紹介する自己満足企画()

 

ようやく暗黒面から抜け出すことができた私は普通にカップめんを

食べる生活に戻ることができ、暇さえあれば珍しそうなカップめんを

食べ漁る日々を送っております(ウソです)

 

しかし、ここのところ急激に冷え込むようになりますと、

自然とカップめんに手が伸びている私がいることは本当の話でして、

今日もこのようなカップめんに被り付いていました。

 

CoCo壱番屋監修 香ばしい小海老天カレーそば」。

カップめん08

 

このカップめんは以前ご紹介した外食チェーンとのコラボ商品で、

今回はココイチことCoCo壱番屋が監修したカレーそばなのです。

 

カップめんのカレーそばはカレー南蛮とさほど変わりがないため、

カレー南蛮だと思って食べれば美味しく頂けると思います。

 

と言いたいところですが、このカレーそばは贅沢にも小海老天が

たくさん入っていて、カレー以外の味を楽しむことができるので

得した気分になりました。

 

しかも、カレーはCoCo壱番屋が監修していることもありスパイシーな

仕上がりになっているため、普通のカレーそばだと思って食べたら

とんでもありません。

 

最初、カレーそばに小海老天が合うのかなと疑問を感じたのですが、

実際に食べてみたところ全く違和感がなく、むしろ、小海老天の香ばしさと

スパイシーなカレー汁が絶妙に合っていて美味しく頂けました。

 

ただ、CoCo壱番屋が監修しているからと言ってココイチのカレーの味は

全くの別物でしたので、ココイチファンの方が好むかは微妙です。

 

コラボしたカップめんとしてはクオリティが高いので、

ご興味のある方はぜひ召し上がってみて下さい。

ブログ管理人 M.Ishii
心ひとつに キャンドルナイト

12月
28

[長ネギ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、地球温暖化

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は葉が長くなってしまったことが原因で殆どの葉が折れ曲がってしまい、

痛々しい姿になる一方で、葉の軟白部分が5(cm)になったことを受けて

増し土をして土寄せしたことをお伝えしました。

 

折れ曲がった葉がきれいになくなってしまって寂しい姿になりましたが、

その一方で葉の軟白部分が早くも4(cm)伸びていたことから

再び増し土する必要性が出てきたのですが・・・。

 

あれから一週間が経過し栽培開始から151日目を迎えた「長ネギ」

さらに葉を15(cm)近く伸ばし、葉数も増えて元気に育っていました。

ペトさい(長ネギ)70

 

しかし、葉が長くなってきたことから再び折れ曲がる葉が目立つようになり、

悩ましい問題が再び浮上しました。

 

近くに寄って見てみたところ、株元付近の葉の軟白部分はさらに伸びて

目測で5~7(cm)ほどになり、増し土しないといけない状態になっていました。

ペトさい(長ネギ)71

 

しかし、現在の鉢の状態では土を入れるだけの容量は残されておらず、

新たな策を考えないといけなくなりました。

 

とりあえず、葉の軟白部分が緑化しないことを祈りつつ、

その間に新たな増し土できる秘策を考えることにしました。

 

それから9日が経過して「長ネギ」の様子を見てみたところ、

目測で50(cm)近くある殆どの葉が折れ曲がってしまい、

新しく出た葉が20(cm)程度に伸びていて元気そうでした。

ペトさい(長ネギ)72

 

葉が折れてしまったことは取り返しがつかないためどうすることもできず、

株元付近の葉の軟白部分の状態を見てみたところ、日が経ってしまったため

緑化が進んでしまっていました。

ペトさい(長ネギ)73

 

ただ、9日前に比べると少し太くなったように感じ、

歓迎できる生長も見られました。

 

さて、すでに葉の軟白部分は緑化が進んでいるため、

これ以上の緑化は何としても阻止しなくてはなりません。

 

突然ですが、皆さんは今回の栽培の冒頭で2Lサイズのペットボトルを

縦に繋ぎ合わせて使った'縦ロング型ペットボトル鉢'で育てることを

お伝えしたのですが、覚えているでしょうか?

 

そう。つまり、現在は育苗した「長ネギ」の苗を'縦型ペットボトル鉢'

植え付けて育てているわけですが、この鉢に2Lサイズのペットボトルで

作った新たな鉢を縦に繋ぎ合わせてしまえば'縦ロング型ペットボトル鉢'

完成させることができ、増し土も可能になるのです。

 

よって、'縦ロング型ペットボトル鉢'の上部分の装着を行った後に、

増し土を行うという大掛かりな作業を下図に示す道具を用いて行います。

 

★鉢装着および増し土作業に必要な道具★

縦ロング型ペットボトル鉢(上部分)、粒状野菜用培養土、移植ゴテ

ペトさい(長ネギ)74

 

 

★鉢装着および増し土作業手順★

ペトさい(長ネギ)75

'縦型ペットボトル鉢'に被せている「保冷バッグ」を外し、

鉢の縁に貼っている「ビニールテープ」を剥がします。

 

ペトさい(長ネギ)76

'縦型ペットボトル鉢'に「縦ロング型ペットボトル鉢(上部分)」を装着します。

 

このとき、株を傷めないように気を付けて下さい。

 

ペトさい(長ネギ)77

「粒状野菜用培養土」を葉の軟白部分が隠れる程度に入れます。

 

ペトさい(長ネギ)78

「ワラ」を敷き詰め、「ジョウロ」でたっぷりと水を与えます。

 

ワラを敷くことにより土面の乾燥を防ぐだけでなく、

土の温度上昇を抑える効果や保湿効果が期待できます。

 

ペトさい(長ネギ)79

ペットボトル鉢の上から「保冷バッグ」を被せて、作業は完了です。

 

大がかりな作業を終えた「長ネギ」は鉢の深さが深くなったことにより、

折れ曲がった葉が隠れて見えなくなってしまいました。

ペトさい(長ネギ)80

 

しかしながら、近くに寄ってみるとこれらの葉の姿を見ることができ、

少し緑化が進んでしまった軟白部分も隠れていることがわかります。

 

しばらくの間は土寄せする必要はありませんが、

16日前に増し土した際の追肥による効果で「長ネギ」が活発に生長しているため、

そう長くない日をかけて軟白部分を伸ばすことが予想されます。

 

このため、今後の「長ネギ」の生長には注意深く観察する必要がありそうです。

 

最後に、「長ネギ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培に役立てて下さい。

 

なお、これから「長ネギ」を種から育てたいと思った方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が悪くなったら発酵油かすを一摘み与えます。

・葉の軟白部分が土面から5(cm)ほど伸びていたら土寄せします。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えます。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(長ネギ)81

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★長ネギの栽培データ★

ペトさい(長ネギ)15

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

12月
26

[葉ダイコン] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、根菜類

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「葉ダイコン」のペットボトル栽培のお話に

お付き合い下さい。

 

このお話は数年前にペットボトルで育てた「葉ダイコン」の様子

綴った記事をより詳しく記述すると供に、ブログに添付する画像は

現在のブログに添付している画像と同等レベルの画質に補正し、

新しいようで懐かしさの残る記事を目指して復刻させました。

 

できるだけ現在のペットボトル栽培関連の記事の書式に合わせる形で

構成しておりますが、一部の画像については見辛いところがございますので

ご了承下さい。それでは、「葉ダイコン」栽培のお話をお楽しみ下さい。

 

*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*

 

今回は栽培スペースをとらずに栽培できる「葉ダイコン」を育てるべく

種を蒔いたところ、気温の低さにより発芽が遅れてしまいましたが、

なんとか、無事に発芽してくれました。

 

その後、若干徒長気味に生長していましたが、

生育の良さそうな芽を残すようにして間引いた後に増し土したおかげで、

グングンと大きく生長し、大根らしい葉になってきました。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から64日目を迎えた「葉ダイコン」

葉の大きさがより大きくなり、目測で25(cm)を超える大きさの葉が殆どでした。

ペトさい(葉ダイコン)19

 

大きく生長した「葉ダイコン」の葉を見てみますと

少し横に広がりを見せ始めていて、収穫できそうな感じがしました。

 

'葉ダイコン'の収穫は葉の長さが25(cm)程度で

葉が横に広がりを見せ始めた頃を目安とされていますので、

今の「葉ダイコン」の状態であれば問題なく収穫できそうです。

 

あまり欲をかいて無理に大きくしようとしてしまうと

逆に葉が固くなってしまうため、このタイミングで収穫することにしました。

★収穫のポイント★

・葉の長さが25(cm)ほどで、葉が横に広がり見せた頃を目安に収穫する。

・収穫する際は株元を指で軽く摘み、やさしく引き抜くこと。

ペトさい(葉ダイコン)20

 

今回初めて収穫した「葉ダイコン」ですが、

思っていたよりも栽培期間が短いにもかかわらず

立派な大きさの株を6株収穫することができました。

 

これだけたくさん収穫できますとちょっとした料理に使えそうなので、

後ほど使い道を考えたいと思います。

 

今回初めて「葉ダイコン」を育ててみましたが、

わずか2ヵ月間で大した手間をかけずに収穫まで育てることができ、

ペットボトル栽培に適した野菜だと思ったのと同時に、

野菜作り初心者の方にお勧めしたいと思いました。

 

これから「葉ダイコン」を育ててみたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いて育ててみて下さい。

また、「葉ダイコン」栽培の際には以下に示す栽培データをお役立て下さい。

 

★葉ダイコンの栽培データ★

ペトさい(葉ダイコン)10

【おしまい】

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

12月
25

[ガーデンレタス] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、葉菜類

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ガーデンレタス」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

このお話は数年前にペットボトルで育てた「ガーデンレタス」の様子

綴った記事をより詳しく記述すると供に、ブログに添付する画像は

現在のブログに添付している画像と同等レベルの画質に補正し、

新しいようで懐かしさの残る記事を目指して復刻させました。

 

できるだけ現在のペットボトル栽培関連の記事の書式に合わせる形で

構成しておりますが、一部の画像については見辛いところがございますので

ご了承下さい。それでは、「ガーデンレタス」栽培のお話をお楽しみ下さい。

 

*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*――*

 

中型ペットボトル鉢に種を蒔いた「ガーデンレタス」は無事に発芽し、

順調に生長して2回目の間引きを終え、その後も生長の勢いが衰えることなく

グングンと大きく生長し、遂に収穫を果たすことができました。

 

今回の栽培を始めた当初は株ごと収穫する予定でしたが、

チマサンチュのように大きくなった葉を細目に摘み取るようにし

収穫できる期間を長く楽しむことにしました。

 

果たして、「ガーデンレタス」は順調に葉を大きくし、

2回目の収穫ができるのでしょうか?

 

あれから一週間が経過して栽培開始から90日目を迎えた「ガーデンレタス」

早くも新たな葉を出ていて、大きく育っていました。

ペトさい(ガーデンレタス)26

 

とはいえ、まだ葉が収穫できるほどの大きさと枚数はありませんが、

僅か一週間でこんなに葉を増やし大きく生長するとは思わなかったので、

少しテンションが上がってきました。

 

さらに一週間が経過して「ガーデンレタス」の様子を見てみたところ、

葉の数が倍以上に増えていてどの葉も収穫できそうな大きさに育っていて

生長の勢いが止まりそうにない気配を感じました。

ペトさい(ガーデンレタス)27

 

まぁ、これだけ大きく生長できたのは'ガーデンレタス'が生長しやすい

気温になってきたことも起因していて、一週間で見違えるほど大きく

育ってくれたのだと思います。

 

何はともあれ、収穫できそうな葉がたくさんありますので、

早いとこ、2回目の収穫をすることにしましょう!!

 

★収穫のポイント★

・葉の大きさが1520(cm)くらいになった頃を目安に収穫する。

・収穫するときは株元付近を園芸用ハサミで切り取る。

ペトさい(ガーデンレタス)28

 

今回は2回目の収穫ということもあり、

1回目の収穫時よりも一回り大きな葉を多く収穫することができ、

ちょっとした料理に使えそうな収穫量となりました。

 

想像していたよりも質の良い「ガーデンレタス」を収穫することができ、

生長の勢いがあるところを見ると3回目の収穫も期待できそうです。

 

今回収穫したことで再び寂しい姿になってしまいましたが、

この調子だとすぐにワサワサとした状態に戻るのは早そうなので、

安心して育てることができそうです。

ペトさい(ガーデンレタス)29

 

最後に、「ガーデンレタス」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ガーデンレタス」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が黄色く変色してきたら、'発酵油かす'を一摘み与えること。

・葉が1215(cm)程度の大きさになったら収穫すること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

「ガーデンレタス」の水やりはジョウロを使って行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにします。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまうと、

土がえぐれてしまうので注意が必要です。

 

 

★ガーデンレタスの栽培データ★

ペトさい(ガーデンレタス)09

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

12月
24

[ビオラ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、花栽培

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「ビオラ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

ペトさいでは初めてのお花栽培となる「ビオラ」を育てるべく育苗を始め、

発芽した後も順調に葉数を増やして大きく育ってきたことから

今後の生長を考えて間引きを行いました。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から41日目を迎えた「ビオラ」

間引いたことが功を奏したのかは分かりませんが、

本葉をさらに一枚増やし大きく生長していました。

ペトさい(ビオラ)22

 

まだまだ立派な苗に育つには時間がかかりそうですが、

今の「ビオラ」を見ていると微笑ましく感じます。

 

さらに一週間が経過して「ビオラ」の様子を見てみたところ

草丈が少し伸び本葉もさらに一枚増えていて順調に育っていました。

ペトさい(ビオラ)23

 

近くに寄って見てみたところどの葉も一回り大きくなっていて、

まだ葉数が少ないものの土面が少し隠れるようになってきました。

 

さらに一週間が経過して「ビオラ」の様子を見てみますと

草丈がさらに伸びていて、本葉の数もさらに増え

「ビオラ」らしい株になりそうな感じがしました。

ペトさい(ビオラ)24

 

また、葉が鉢の縁からはみ出るほど大きくなり、

順調に育っている様子が窺えました。

 

今のところ、何事もなく大きく生長している「ビオラ」ですが、

これから気温のほうが厳しさを増していく中大きく育ってくれるのか

期待と心配が同居した複雑な気持ちになりました。

 

最後に、「ビオラ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培に役立てて下さい。

 

なお、これから「ビオラ」を種から育てたいと思った方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉が1215枚出て込み合ってきた頃を目安に植え付けます。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えます。

 

 

★水やりの注意点★

これからも引き続いて、水の入った霧吹きを使って水を与えましょう。

ペトさい(ビオラ)25

 

 

★ビオラの栽培データ★

ペトさい(ビオラ)14

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

12月
23

[小ネギ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、植林・植樹

わてはたこ焼き好きのタコっちやでぇ。

今日はこのブログを見てくれておおきに。

少しの時間だけ、「小ネギ」栽培のお話に付き合ってやぁ。

 

前回はわての「小ネギ」が元気を取り戻してグングンと大きく育ったため、

4回目の収穫をしたことを話したんやなぁ。

 

あれから一週間が経過し栽培開始から307日目を迎えた「小ネギ」なんやけど、

早くも新たな葉が出てきて草丈を10(cm)以上に伸びていたんやぁ。

ペトさい(小ネギ)142

 

さすが、わての「小ネギ」やと思ったんやけど、

やはり、季節外れの温かさと数週間前の追肥の効果が相まって

グングンと生長してくれているんやと思うでぇ。

 

さらに6日が経過して「小ネギ」の様子を見てみたんやけど、

殆どの葉が20(cm)以上の長さに伸びていて再生力の凄さを感じたでぇ。

ペトさい(小ネギ)143

 

せやけど、「小ネギ」の宿命であることは承知しているんやけど、

またしても長く伸びた葉が折れ曲がってしもうて痛々しかったでぇ。

 

そして、さらに一週間が経過して「小ネギ」の様子を見てみたんやけど、

葉が元気よく伸びる一方で、一箇所だけでなく二箇所で折れ曲がっている葉

見られるようになり、悲しい気持ちになってきたんやぁ。

ペトさい(小ネギ)144

 

せっかく新しい葉が出てきてきれいな形で育てようと思うて育ててきたのに、

二週間でその夢が崩れ去り、見るに堪えない姿になってしもうて悔しいんやぁ。

 

しかも、「小ネギ」を近くに寄って株元付近を見てみたんやけど、

半数近くの株が横に傾いていてしっかりと根付いていない様子が窺え、

また、通算4回収穫した割には株元付近の葉が細過ぎるのも気になり

少し心配になってきたんやでぇ。

 

あと一ヵ月くらいでこの栽培は2年目に突入するさかい、

そろそろ、安定感のある「小ネギ」に育ってもらわないと困るんやぁ。

 

最後に、「小ネギ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示すさかい、今後の栽培に役立はなれ。

 

なお、これから「小ネギ」を種から育てたいと思うた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみなはれ。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が悪くなったら発酵油かすを一摘み与えるんやでぇ。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えるんやでぇ。

 

 

★水やりの注意点★

引き続いて、「小ネギ」の水やりはジョウロで行うんやでぇ。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにするんやぁ。

ペトさい(小ネギ)145

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまうとやなぁ、

土がえぐれてしまうさかい注意が必要なんや。

 

 

★小ネギの栽培データ★

ペトさい(小ネギ)14

次回のお話に続くでぇ

byタコっち

心ひとつに キャンドルナイト

12月
22

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

けして、ガリガリ君ネタが尽きたわけではありませんが、

カップめん大好き人間の私が独断と偏見で物珍しそうなものから

一般的に知られているカップめんをご紹介する自己満足企画()

 

すっかり暗黒面に堕ちて染まり切ってしまった私は未だに気分がブルー一色で、

悪魔の化身にでも生まれ変わろうかと考えてしまいます(ウソです)

 

そんな中、ダークサイドから素晴らしいカップめんが送られてきたので

さっそく食べてみることにしました。

 

「ぺヤング ニンニクMAXやきそば」

カップめん07

 

なんとも今の私にふさわしいダークな気配を感じるこのカップめんは

一般の方にはお勧めできない代物であることは言うまでもありません。

 

如何せん、ニンニクMAXですから…。

 

さっそく、パンドラボックスを開けるように封を開けてみたところ、

けしてかやくが麺と一緒に入っているわけでなく

別の袋に入っているにもかかわらず、ニンニク臭が漂ってきました。

 

かやくの袋を開けると強烈なニンニク臭が漂い、

スライスされたガーリックがキャベツよりも多く入っていました。

 

麺の上にかやくを乗せ、熱湯をかけて蓋をし、

蓋の上にさらに怪しい気配を感じるソースを乗せ待つこと3分。

 

しっかりと湯切をした後にそのソースを麺にかけて混ぜたのですが、

このソースからもさらに強烈なニンニク臭が漂ってきて

これでもかというくらいのニンニク攻めに撃沈されそうになりました。

 

この怪しい気配を感じたソースにはおろしニンニクがたっぷり入った

塩ベースのソースで、食べる前からある程度ピリッとした辛さが

来ることを予想できました。

 

実際に食べてみたところ、けして不味い焼きそばではなかったのですが、

おろしニンニクの辛さが唐辛子の辛さに勝っていて、これでもかというくらい

ニンニクを食べているような感じがしましたので、食べた後の私は

ニンニク臭のオーラに包み込まれてしまい、どこを歩いていても強烈な

ニンニク臭が漂い、この焼きそばを食べた部屋の中もニンニク臭が充満し、

暗黒面から抜け出すことは困難になりました。

 

ニンニク好きの方でも注意して食べないと、

後が大変なことになりますのでご注意下さいね。

ブログ管理人 M.Ishii
心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる