インフォメーション
2/21 ペトさいの基礎知識関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[ペトさいの基礎知識]に反映!!
1/ 9 ペトさい料理関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[ペトさい料理]に反映!!
11/ 1 本ブログをプレオープンしました!!
2/21 「ペトさいの基礎知識」関連記事をカテゴリーメニューから選べます!!
2/20 「作業計画表」を見直し、あの企画も開催します!!
2/19 今日のガリガリ君XXXIX
2/18 今日のバァーガー(11)
2/17 「簡易カゴ温室」を作ってみましょう!!
2/16 「簡易自動給水器」を作ってみましょう!!
04月
30

[ペットボトル野菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、収穫

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

毎月月末にお伝えしている「ペットボトル野菜」の収穫状況を

ダイジェストで振り返るこの企画。

 

今月に入ってから様々なところでペットボトル栽培のムック本製作に向けた

準備を進めていることから、その影響によりペットボトル菜園で栽培中の

野菜たちが少しずつ数を減らし、先月はわずか2種類の野菜しか収穫することが

できませんでした。

 

この流れは新たな栽培を開始してから数ヶ月後まで続きそうなため、

今月もまた収穫できる野菜は限定的なものになりそうです。

 

それでは、いつものように時系列に沿って収穫した野菜を振り返りつつ、

ご紹介していきたいと思います。

 

まず、4/14には現在ペットボトル菜園で栽培する野菜の中で安定した

収穫を見込める「小ネギ」を収穫しました。

収穫したペト菜2016年04月01

 

「小ネギ」は今回の収穫で通算8回目を数え、収穫するたびにタコっちの

大好物であるたこ焼きを作らされ、今回もあるたこ焼きを作りました。

 

順調に収穫することができている「小ネギ」ですが、

ここ最近怪しい生長の変化を見せ始めるようになりましたので、

もしかすると次の収穫が最後になるかもしれません。

 

続いて、4/19にはこちらも安定した収穫が期待できる「豊作ニラ」を収穫しました。

収穫したペト菜2016年04月02

 

「豊作ニラ」は通算7回目の収穫となったのですが、

先述したとおりペットボトル栽培のムック本製作の準備における影響により、

この栽培を終了させることになったため今回の収穫で最後となってしまいました。

 

これにより、収穫できる野菜は「小ネギ」を残すのみとなり、

これ以外に育てている野菜については無事に収穫できるかは分からず、

来月の収穫はさらに厳しいものになることを覚悟した方が良さそうです。

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

04月
26

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

当初の予定より一ヶ月近く遅れてしまっていますが、現在、ペトさいの

栽培レシピ本を製作するべく、様々なところで準備を進めております。

 

先日はデジカメを新調したことをお伝えしましたが、

ペットボトル菜園で育てている野菜の様子をブログでご紹介する際に

欠かすことの出来ないものといったら撮影のセットだと思います。

 

実は、これまで撮影用のセットというのは特別用意していなくて、

たまたま、ホームセンターで買った手作りベンチがペットボトル野菜を

撮影するのに都合がよかったため、ペットボトル栽培を初めて以来、

約8年近くこのベンチを撮影用セットとして使って来ました。

ペトさい撮影セット01

 

ペットボトル栽培を始めた当初は眺めのよいベランダで撮影していたことから

それほど周りには気を遣わなかったのですが、現在の事務所に移ってからは

ベランダが狭くなり、周りには一軒家が密集していて場所によっては一軒家の

窓から部屋が見える場面もあり、撮影には神経を使うようになりました。

 

これまでブログ記事にアップしてきたペットボトル野菜の写真をご覧になると

周りに住宅の窓が移っているところを見ることができると思います。

 

このことについて、周辺住民からクレームが来てはおりませんが、

心の中ではあまりよい気持ちにはなっていないのではないかと察しています。

 

私自身もできる限り、周辺の住宅が移らないように配慮して撮影してきましたが、

ミニきゅうりのように長い支柱を立てて栽培する場合はどうしても高さが

あるために周辺の住宅を隠して撮影することはできないため、罪悪感に似た

気持ちを抱いての撮影となってしまい、気持ちのよいものではありませんでした。

 

また、以前から本ブログでお伝えしておりますが、

年内にも事務所兼自宅の住宅に移転することもあり、私としては、

栽培レシピ本に載せるペットボトル野菜の写真は背景(あるいは景色)

統一したものにしたいと考えているため、移転しても撮影に影響が及ばない

ようにしなければならず、そのためには撮影用セットを制作してこのような

問題を解決する必要があったのです。

 

このことから、一ヶ月近く撮影用セットのデザイン設計を考えていたのですが、

なかなかいいアイデアが浮かばず、結果的にこのようなセットになりました。

ペトさい撮影セット02

 

ペットボトル栽培を始めて初となる撮影用セットになりますが、

これまでの撮影の経験からペットボトル野菜を配置する天板の幅を30(cm)

長くし、先述するような問題を解決するために天板の後ろに幅60(cm)×

高さ150(cm)のラティスを2枚配置することで周りの住宅などを撮ることなく、

また、背景の統一性を保つことを可能にしました。

 

ただ、栽培レシピ制作のスケジュールの都合により撮影用セットの製作を

最優先したため、このセットの横には何もなく殺風景な状態ですが、

時期を見て撮影用セットに使用しているものと同じラティスを配置する

予定でいます。

 

これから、この新しい撮影用セットでペットボトル野菜を撮影しますので、

楽しみにしていて下さいね。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
25

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

昨日の記事において、「フラワー&ガーデンショー2016」の展示ブースを

見て回るついでに、ペットボトル栽培に必要な野菜や花の種を安価で

購入したことをお伝えしました。

フラワー&ガーデンショー2016_02

 

私自身、計画的に種を購入したとはいえ、一度にこれだけの種を買ったのは

初めてのことであり、種を購入する際にたくさんの種を手に持っているところを

展示ブースの方に見られ、「たくさんの種をお買い求め下さり、ありがとう

ございます」と言われるのも初めてのことでしたので、少し恥ずかしかったです。

 

一見すると種をたくさん購入していることからペットボトル栽培に必要とする

種をすべて購入しているように感じられるかもしれませんが、実のところは

全体の2/3程度の数しか購入していなくて、残りの種は違う場所で買うことに

したのでした。

 

いや、正確には「フラワー&ガーデンショー2016」の展示ブースに必要とする

種が置いていない場合には横浜にあるサカタのタネ社のガーデンセンターで

買うことを決めていたのでした。

 

ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、

サカタのタネ社のガーデンセンターには園芸に必要な資材や道具、種や苗など

あらゆる物が揃っていて、他の店頭にないときにはこちらによく寄っています。

 

実際、「フラワー&ガーデンショー2016」の展示ブースに置いていなかった種は

7種類ありましたので、「フラワー&ガーデンショー2016」の開催場所である

パシフィコ横浜からテクテク40分くらい歩いて、こちらで購入しました。

購入した野菜の種2016春

 

あれっ?なんか数が足りないような気がするんだけど、気のせいかな?

 

いや、気のせいではありません(苦笑)

 

購入すべき種の一つは他社が販売する種のためここでは購入しておらず、

もう一つの種は「フラワー&ガーデンショー2016」の展示ブースで購入したと

思い込んでいて後になって買っていないことに気づいたのでした。

 

ですので、当時ガーデンセンターで購入すべき種は5種類で間違いないのです。

 

が、結果として買い忘れていた種は近所の私のお庭(ホームセンター)

園芸店には置いていない品種のため、再びガーデンセンターを訪れることに

なりそうです。

 

またガーデンセンターを訪れるために交通費を捻出しなければいけないのは

予想外の出費となりますし、ここには私のお庭と同じような魅惑的な力があり、

一目惚れしそうなものが揃っているため余計な物を買わないか心配になります。

 

ただでさえ、私の中では'あの野菜'を育てたい衝動を抑えているため、

ひょんなことから買ってしまわぬようにセルフコントロールしないとだめですね。

 

それにしても、事務所に戻ってから他社のサイトで種を一つ注文したため

これまでに購入した花と野菜の種は全部で15種類となりますが、

こんなにたくさん買ったのは初めてであり、今後もないと思います。

 

全てはペトさいの栽培レシピを製作するために必要なものですから、

これから土を大量に発注し、ペットボトル鉢も製作して種蒔き作業を行い、

きちんと育てないと元が取れませんね。

 

自分にもの凄いプレッシャーをかけている私はお馬鹿さんかな()

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
24

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

一昨日のブログ記事でお伝えしましたが、

4/22()23()24()の3日間、我が地元である横浜で

2016 日本フラワー&ガーデンショー」が開催されることを受け、

かなり悩んだ末、現地に行ってきました。

フラワー&ガーデンショー2016_01

 

当日は少し曇っていて、まるで私の気持ちを象徴するかのようでしたが、

緊張しすぎて吐き気がしてしまうこともありましたけど、現地に着いたら

その気持ちは嘘のように消え、かつてNew環境展に行ったときのように

すぐに名刺交換できるように準備を整え、会場入りました。

 

実際に会場に入ってみますと、New環境展に比べて規模が小さいことに

呆気をとられ、展示されている半数近くがキレイにお花が飾られていて、

家族連れをターゲットにしているためなのか特撮ヒーローみたいなキャラや

ゆるキャラが会場内を沸かせていて、ビジネス向きとは感じられませんでした。

 

このため、私が求める野菜作りに役立ちそうなブースは数少なく、

少し期待外れな感じがしました。

 

しかしながら、この展示会ではペットボトル栽培に有益な情報を収集する

ためだけではなく、ペットボトル栽培に必要な道具や植物の種などを

安価で購入できることを期待していたため、種苗会社のブースに寄って

種をたくさん購入しました。

フラワー&ガーデンショー2016_02

 

私自身、一度にこんなにたくさんの種を買ったのは初めてだったのですが、

これもこれから始めるペットボトル栽培に必要な物として計画的に購入した物で、

特に多くの種を購入したサカタのタネ社のブースでは会社の方に種をたくさん

購入したことに対して感謝され、その流れで色々なお話をさせて頂き、

さりげなく名刺交換もしちゃいました。

 

おまけに、このような物まで頂いてしまったのですが、

ひまわりの種は多過ぎるだろう()

フラワー&ガーデンショー2016_03

 

他の企業のブースにもお邪魔させて頂いてペットボトル栽培に有益な情報を

聞き出すことができ、名刺交換もしっかり出来て有意義な時間を過ごせました。

 

先述したように、この展示会は規模が小さくブースの数が少なかったため

会場内を1時間30分ほどですべて拝見させて頂き、この場を後にしました。

 

来年はどこで開催されるのかは分かりませんが、

近場で開催されるようでしたらまた行ってみたいと思います。

 

もう悩んだり緊張したりしませんよぉ()

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
23

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ハンバーガー

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

いつもガリガリ君やカップめんばかりを食べているイメージが

定着してしまうのは避けたいと思い、気になるハンバーガーを

気まぐれでご紹介しようという自己満足な企画()

 

地味にやっているこの企画ですが、

今日は私が初めて食べたバーガーをご紹介したいと思います。

 

と言ってみたもののも、あまりにも興味のないテーマでスミマセン(苦笑)

 

私が生まれて初めて食べたバーガーは中学生くらいの時に学習塾のイベントで

食べたこちらのバーガーになります。

 

「ケンタッキー チキンフィレサンド」

今日のバーァガー03

 

今は食べたいときにすぐ買うことが出来ますが、

私が学生の頃はファストフードに限らす、カップ麺も食べることを

親から禁止されていて、当然ながら誕生日やクリスマスなどのイベントでも

フライドチキンを食べることは許されず、母が作る唐揚げを食べさせられました。

 

なので、学生の頃はファストフードのポテトやフライドチキンを食べるのが夢で、

大人になったら必ずたらふく食べてやると思いました。

 

そんな夢のような食べ物を学習塾のイベントで食べることができ、

その時は後ろめたい気持ちを持ちつつ、初めて食べる「チキンフィレサンド」の

味を噛み締めながら食べたことを覚えています。

 

いわば、私にとっては思い出のバーガーなんですけど、

社会人になってから自分で稼いだ給料で大人買いをして食べまくりました。

 

いやぁ、あの味は初めて食べたときと変わらず、

つい先日も食べて懐かしい思い出に浸りました。

 

私以外の人から見たらたかがバーガーなんですが、

私にとっては思い出深いバーガーで今も月一回は食べています。

 

今回ご紹介した「チキンフィレサンド」にご興味のある方は、

最寄りのケンタッキーフライドチキンさんの店舗にてお買い求めの上

召し上がってみて下さい。

ブログ管理人 M.Ishii
心ひとつに キャンドルナイト

04月
22

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

今、心がとてもピュアな私は'あること'にとても悩んでおります()

 

それは、年1回開催されている「2016 日本フラワー&ガーデンショー」という

展示会に行くべき否かで・・・。

フラワー&ガーデンショー2016

 

たかが展示会なので行きたければ行けばいいとお思いの方がいると思いますが、

私にとっては農業関係に詳しいエキスパートがこの場にたくさん集まっていて、

私のようなペットボトルを使ってちまちまと野菜を育てているような者が

このような場所に足を踏み入れることは恐れ多いことというか、

もの凄く恐縮してしまうのです。

 

その反面、「日本フラワー&ガーデンショー」という展示会のことは

以前からよく知っていて、ペットボトル栽培に取り組んでいることもあり

何かの参考になるような気がして一度は行ってみたいと思っていたのです。

 

しかも、今年の開催地は我が地元である横浜で開催されるということもあって、

行きたい気持ちと恐れ多くていけない気持ちの狭間で物凄く心が揺れています。

 

こんなにピュアな心を持った私がこの気持ちをツイッターに呟いたところ、

私のフォロワーさんから励ましのリプを多数頂き、涙がチョチョ切れました。

 

冷静に考えてみれば、私はすでにペットボトル栽培のレシピ本制作に向け

機材やら資材やらを購入し着々と準備を進めていて、今さら引き返すことは

出来ないところまで来ていますし、そのためにも様々な情報を収集して

これから新たに始めるペットボトル栽培に活かさなければなりませんので、

ここで怖じ気づいているわけには行きません。

 

というわけで、明日は「2016 日本フラワー&ガーデンショー」に勇気を出して

行ってきたいと思います。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
20

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

 

今月14日から熊本県などで相次いでいる一連の地震で大きな被害が

出ていることにつきまして、一日も早く復興できる状況になり、

通常の生活を送れるようになりますことを心よりお見舞い申し上げます。

 

今回の地震が発生してから一週間が経過しようとしていますけども、

ライフラインの普及が進み、コンビニやスーパーなども再開するところが

出てきているなど、少しずつ通常の生活に戻りつつありますが、

未だに、被災された多くの方々が避難生活を余儀なくされ、

一日も早く窮屈な避難生活から解放されることを切望します。

 

今回の前震と位置付けられている地震の存在をしたのは私が出張先から

事務所に戻ってきて、PC のツイッターを開いた時だったのですが、

ツイッターのトレンドに「震度7」や「熊本」などのキーワードが入っていて、

何か遭ったのかと思いYahoo!を開いた時にことの次第を理解できました。

 

地震関連の知識はあるつもりでいる私ではありましたが、

前震後の余震の震度が想像以上に大きな揺れを伴う地震が目立ち、

大きな地震が発生した後の動きとしてはどこか違和感を覚え、

前震発生から数日以内に本震があるのではないかと警戒していました。

 

その結果、本震と位置付けられるような大きな地震が発生し、

その後も震度5クラス以上の地震が相次いで発生していることから、

過去の判例やデータは当てにしないほうが賢明だと感じました。

 

前震が発生した当初は私の中では自粛ムードが漂っていて、

普段の食事やツイッターで呟く内容も控えめにしていました。

 

しかしながら、本震が発生した後に自粛した生活を送ることに意味があるのか

疑問を感じ、元々被災された方々の力になりたい気持ちは持っていて、

その気持ちがさらに強くなったことから自粛した生活を送るのは止め、

私にできることをやろうと思いました。

 

そもそも、被災された方々は今をどう生き抜くかで頑張っているわけですから

これ以上頑張る必要はなくて、現在自由に行動することができる私たちが

被災された方々よりも頑張らなければいけないのですから…。

 

自分に出来ることはないかを自問自答したとき、

ペットボトル栽培は環境活動の一環で取り組んでいることから

ペトさいで熊本の伝統野菜を育てることで、被災された方々に

元気になってもらおうと考えました。

 

熊本の伝統野菜を育てることで被災された方々が元気になってもらえるかは

やってみなければ分かりませんけど、偶然にも新たに始める栽培については

新しいルールの下で野菜を育てるところでしたので、私は頑張って育てます。

 

熊本の伝統野菜は色々ありますが、ペットボトル栽培で育てられる野菜としては

「赤ナス」が適していると思い、現時点では育てることを考えています。

 

ただ、'ナス'はプランター栽培でも比較的難易度が高いと思われるため

これをペットボトル栽培でやるのは無謀かも知れませんが、

被災された方々に何を思われるのかは分からなくても構わないので、

元気になってもらいたい気持ちは大事にして、私は頑張って育てます。

 

最後に、改めて被災された方々が一日も早く復興できる状況になり、

通常の生活を送れるようになりますことを心よりお見舞い申し上げます。

2016.04.20

ブログ管理人 M.Ishii
心ひとつに キャンドルナイト

04月
18

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ハンバーガー

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

いつもガリガリ君やカップめんばかりを食べているイメージが

定着してしまうのは避けたいと思い、気になるハンバーガーを

気まぐれでご紹介しようという自己満足な企画()

 

前回はマクドナルドさんの'ギガビッグマック'をご紹介したのですが、

ビーフパティがビッグマックの2.8倍を超えるというボリュームの凄さに

(いい意味で)バカじゃないのと思ってしまったのですけど、ちょうどその頃、

他社でもう一つ気になるバーガーがあったので食べてみました。

 

BURGER KING BIG KING 5.0」。

今日のバーァガー02-1

 

以前からBURGER KINGさんのハンバーガーは食べてみたいと思っていたのですが、

なかなか食べる機会がなく、あのバカみたいに大きなハンバーガーに

頬張っていたときにこのバーガーの存在を知り、食べてみたいと思ったことが

キッカケで初めて食べてみることにしたのでした。

 

初めてBURGER KINGさんのバーガーを食べるということもありますが、

今回ご紹介するバーガーのボリュームを比較する目的もかねて、

ベーシックな'ハンバーガー'も一緒に買ってみました。

今日のバーァガー02-2

 

まぁ、「BIG KING 5.0」を見た後に見ると、'ハンバーガー'の大きさが

お子様向けのバーガーみたいに見えてしまったのは言うまでもありませんが、

小さい'ハンバーガー'と言えど、実際に食べてみたところパティのお肉の味が

濃厚でとても美味しかったです。

 

かわいらしい大きさの'ハンバーガー'で美味しく感じられたのですから、

本命の「BIG KING 5.0」は期待できそうです。

 

実際に「BIG KING 5.0」を食べてみたところ、

マクドナルドさんの'グランドビッグマック'と同等のボリュームはあるものの、

パティのお肉の味は'ハンバーガー'同様に濃厚でちゃんと焼き上げているのが

わかるほど香ばしい香りも感じられて美味しかったです。

 

ボリュームではマクドナルドさんの'ギガビッグマック'に負けてしまい、

また価格でも50円高いのですが、バーガーの本来の味を堪能でき、かつ、

同じ値段でMサイズのコーラーが付くことを踏まえると「BIG KING 5.0」のほうが

お得感もあっていいと思いました。

 

この「BIG KING 5.0」は期間限定のようなんですが、

もう一度食べてみたいと思いました。

 

今回ご紹介した「BIG KING 5.0」にご興味のある方は、

最寄りのBURGER KINGさんの店舗にてお買い求めの上召し上がってみて下さい。

ブログ管理人 M.Ishii
心ひとつに キャンドルナイト

04月
17

[ペトさい料理] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、べんり菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

これまでペットボトル栽培で収穫した野菜を使って様々な料理を作り、

自己満足的にご紹介する「ペトさい料理」。

 

さて、今回ご紹介する料理は現在も栽培中の'小ネギ'を使った料理の

第2弾となります。

 

今回の小ネギ栽培は育苗させた後、中型ペットボトル鉢に植え付け、

現在までに計8回収穫しているのですが、この栽培に関しては

私の弟子のタコっちという小ネギオタクが育てています。

 

前回はタコっちは'ある好物'を食べたいがために播種から半年しか育っていない

未熟な小ネギを収穫してしまい、渋々タコっちの大好物な食べ物を作りました。

 

今回は中型ペットボトル鉢に植え付けてから順調に生長を続け、

株がある程度大きくなった小ネギを収穫し調理をしたのですが、

またもや、タコっちの大好物である'あの料理'を作らされてしまい、

ペトさい料理を楽しみにされている方には大変申し訳なく思います。

 

というわけで、今回も異例の小ネギ料理をご紹介することになりますが、

通算4回目から7回目までに収穫した小ネギを使った'あの料理'をご覧下さい。

収穫した小ネギ02

 

まず、1品目に作った料理はタコっちもお気に入りだった

「ふわもち海老ネギたこ焼き」です。

小ネギ料理05

 

このたこ焼きはモチモチ感を出すために米粉を使っているのですが、

これ以外に煎った小エビをすり鉢で粉末にして天然水で溶いたもので焼き上げ、

かつ、焼き上げたたこ焼きの上に収穫した小ネギとこれとは違う種類の

小エビをトッピングするという手間の掛かった一品です。

 

その甲斐あって、このたこ焼きを口に入れた瞬間にもちもち食感と香ばしい

小エビの風味が広がり、とても美味しいたこ焼きに仕上がっていることから

タコっちには気に入られました。

 

なんで、師匠である私がタコっちのためにたこ焼きを焼かないと

いけないのかはわかりませんけどね(苦笑)

 

続いて、2品目は「ふわもちネギチーズたこ焼き」を作りました。

小ネギ料理06

 

このたこ焼きもモチモチ感を出すために米粉を使っているのですが、

少し洋風に仕上げたいと思い、たこ焼きの中にはパルメザンチーズを

入れて焼き上げ、その上からチーズフォンデュ風にとろけるチーズを

ふんだんにかけてみました。

 

このたこ焼きは今まで作ってきたたこ焼きの中でも難易度が高く、

チーズフォンデュを作るのに苦労しました。

 

少し変わったたこ焼きに仕上がりましたが、

たこ焼きの中にパルメザンチーズが入っていることもあってチーズの味が

口の中に広がり、意外とタコとの相性がよいことを発見した美味となりました。

 

3品目は原点回帰するべく、「カリジュワ焼きそば入りたこ焼き」を作りました。

小ネギ料理07

 

このたこ焼きはありそうでないたこ焼きを作りたいというところから始まり、

広島風お好み焼きには焼きそばが入っているのに、焼きそばの入ったたこ焼は

見たことも食べたこともなかったので、少し遊び心から作ってみました。

 

たこ焼きの中にそのまま焼きそばを入れるわけにはいかないため、

焼きそばを少し細かく刻んで入れ、カリジュワに焼き上げました。

 

このたこ焼きは私の中ではお気に入りでして、私が作るたこ焼きの特徴である

外はカリッと中はジュワッとした食感を楽しむことができ、刻んだ焼きそばが

思っていたよりもカリッとしていて美味しく頂くことができました。

 

しかしながら、オーソドックスなたこ焼きと焼きそばには負けているように感じ、

今回最後にご紹介する「カリジュワ海老ネギたこ焼きプレート」を作りました。

小ネギ料理08

 

シンプルなたこ焼きと焼きそばを食べる方が美味しいと感じたのですが、

たこ焼きプレートを作るにあたり'海老ネギたこ焼き'をカリジュワ感に仕上げ、

焼きそばに合うようにテイストを変えてみました。

 

というわけで、今回も4種類のたこ焼きを作りましたが、

どのたこ焼きもオレ流だから一流料理人より美味しいよ(多分)!!

 

小ネギを収穫する度にたこ焼きを作らされるのはいいとして、

これ以上たこ焼きのネタはないと思いますのでたこ焼き以外の料理を

作りたいものですが、タコっちが何と言うかはわかりません(苦笑)

 

たこ焼きばっかり見せられて胸焼けされた方もいらっしゃると思うのですが、

もしどれか一つでも食べてみたいというたこ焼きがありましたら、

コメントを入れて頂けると嬉しいです。

 

さて、次回のペトさい料理ですが、

「豊作ニラ」を使った料理をご紹介したいと思います。

 

果たして、私は'豊作ニラ'を使ってどのような料理を作ったのかを

皆さんで推理してみて下さい!!

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

04月
12

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

今月初めに公開したペトさいの栽培計画表更新の記事でお伝えしたように、

ペットボトル栽培のムック本制作のために必要な機材を続々と購入する旨の

お話をお伝えしました。

 

実のところ、既存のペットボトル栽培以外に、

新たに始める栽培の準備であったり、撮影用の新たなセットを製作したりと

かなり大がかりな作業を行っているため、かなり忙しくしております。

 

このため、しばらくの間はブログの更新が不安定になるかもしれませんけど、

お付き合い下さいますようよろしくお願い致します。

 

さて、ペットボトル栽培関連の記事には必要不可欠である写真の添付ですが、

これまでは下図に示すコンパクトデジカメで撮影していました。

ペトさい撮影に使うデジカメ01

 

このデジカメで撮影した当初はその前に使っていたデジカメで撮影した

画像の色調が違っていて撮影の仕方に悩んでいたのですが、いつの間にか、

その悩みはどこかに消え、このデジカメの撮影に慣れてしまいました。

 

ちょうどこのデジカメを購入した頃からペットボトルで育てる野菜の数が増え、

ペットボトル鉢も様々なタイプのものを作るようになり、そして、

それぞれの野菜に応じて育て方に変化をつけるようになり、現在に至りました。

 

その一部始終をこのデジカメで撮影してきたことを考えると感慨深いものがあり、

安易にデジカメを新調することはできませんでした。

 

しかしながら、ペットボトル栽培のムック本制作するにあたり

新しいデジカメを購入することは既に決めていまして、私の気持ちの中では

今から5年近く前に趣味の園芸やさいの時間誌の取材を受けた際に

出版元であるNHK出版社の記者さんが当時ペットボトル栽培していた野菜を

一眼レフカメラで撮影されていて、その画像を誌面掲載させて頂いたことが

きっかけで、私が独自にペットボトル栽培関連のムック本を出版する時には

一眼レフカメラで撮影した画像をすべて使いたいと思ったからでした。

 

どうせムック本を出版するならきれいな画像のほうがいいに決まっているので、

そのことからペトさいの栽培計画表更新の記事でお伝えしたように

栽培レシピ制作用栽培として撮影することになったわけです。

 

このため、新しく購入するデジカメを選ぶのにかなり時間がかかったのですが、

栽培レシピを製作するのは初めてであることや、きちんと製本できるか

わからない状態で性能の良いデジカメを購入するのはもったいなかったので、

一眼レフカメラはやめて1ランク下のデジカメを買うことにしました。

 

というわけで、新しく購入したデジカメはこちらになります。

ペトさい撮影に使うデジカメ02

 

見た目は一眼レフっぽいですが、性能的には今まで使用してきたデジカメより

画質が少し良くなった程度のデジカメですが、これからこの重量感のある

デジカメを使って、ペトさいの野菜たちを撮りたいと思いますので、

これからも本ブログをよろしくお願いします。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

助成金