FC2ブログ
インフォメーション
8/23 ペットボトル栽培関連記事を全て移行し、カテゴリーメニューに反映させました!!
11/20 まさかの「カモミール」を育てちゃいます!!
11/19 あぁ、情けない「ハツカ大根」栽培の仕切り直し
11/18 いい感じに発芽してくれた「冬菜」ですが…。
11/17 「ネモフィラ」は無事に発芽しました!!
11/16 安定した生長が見込めるようになった「ミニ大根」
11/15 今日の柿の種XVIII
11/15 代わり映えのしない「ホーム玉ねぎ」
11/14 「さやエンドウ」が発芽したのはいいのですが…。
01月
31

[ペットボトル野菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、収穫

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

毎月月末にお伝えしている「ペットボトル野菜」の収穫状況を

ダイジェストで振り返るこの企画。

 

年が明けてあれよあれよという間に1月が終わりを迎えてしまい、

時の経つ早さを一段と感じるようになった今日この頃です。

 

さて、昨年は栽培環境の悪さから収穫できる野菜が少なかったですので、

今年は昨年の二の舞にならないように少しでも多くの野菜を収穫でき、

今日のように月末に胸を張って収穫した野菜を振り返ることができるように

頑張りたいと思っておりますので、お付き合いのほどヨロシクお願いします。

 

さて、今月のペットボトル野菜の収穫ですが、

昨年の不作の影響が響いていることもあり収穫できそうな野菜はありませんでした。

 

このため、今月は新たに栽培を始めた野菜の中で間引き収穫したものを中心に

振り返りたいと思います。

 

まず、1/6には「かぶ」の間引き菜を収穫しました。

収穫したペト菜2018年01月10

 

現在育てている「かぶ」はかぶの頭の部分がほんのり淡い紫いろをしていて

見た目にもキレイなかぶに育つそうですので、収穫するのが楽しみです。

 

そんな「かぶ」をこの日に2回目の間引きを行い、さらなる生長を期待しています。

 

続いて、1/11には「チマサンチュ」の間引き菜を収穫しました。

収穫したペト菜2018年01月11

 

「チマサンチュ」はなかなか大きく育ってくれなくて頭を悩ませていたのですが、

昨年末に簡易温室用ヒーターを導入してから今までの生長が嘘のように

 

ぐんぐんと大きく育ち、この日に1回目の間引きを行うことができました。

栽培日数から見ると、1回目の間引きを行うのはやや遅いのですが、

簡易温室用ヒーターを導入したことにより巻き返しを図れそうで

2回目の間引きもそう遠くない時期に行えそうです。

 

最後に、1/30には「採種イチゴ」を収穫しました。

収穫したペト菜2018年01月12

 

間引き菜ではなく、今月唯一収穫できた野菜になります。

「採種イチゴ」は市販されているイチゴから種を採取し、その種からイチゴが

できるのかという好奇心から始めた栽培になりますが、

種苗法や劣性遺伝といった聞きなれない言葉が飛び交い、苦労の連続でした。

 

結果的に、ちゃんとイチゴを収穫することができ、趣味として育てるのであれば

半永久的に楽しむことができますので、今後の収穫があるかもしれません。

 

というわけで、駆け足で振り返りましたが、

来月も引き続き、収穫できそうな野菜はほぼないと思われますので、

しばらくの間は間引き収穫をお伝えすることになりそうです。

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

01月
30

[採種イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、絶滅動物

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「採種イチゴ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

かつて市販のイチゴから採種して育てた4代目の「採種イチゴ」が

半年経った今でも順調に育っている一方で、そのイチゴから採取した種を

使って育てたらちゃんと実をつけてくれるのかを確かめるべく、

新たな栽培を始めることにしました。

 

とりあえず、スプラウト栽培用ペットボトル鉢に蒔いた種は発芽し、

本葉を一枚付けたことから小型ペットボトル鉢に植え付け、

その後も二度の間引きを経て、立派な大きさの苗に育ったことから

ツイン型ペットボトル栽培に植え付けました。

 

第三段階に突入した「採種イチゴ」栽培ですが、

一時は葉の一部にうどん粉病の症状が出てしまった事から葉を剪定し、

様子を見る状態が続いておりましたけれども、5代目の「採種イチゴ」が

再び青々とした葉を増やし始め、それと同時にランナーも20(cm)以上に伸び

大きな芽を持つようになり、元気を取り戻しました。

 

その後も「採種イチゴ」はさらに葉やランナーの数を増やして大きく生長し、

芽が出たランナーを別の鉢に植え付けたところ格段に大きくなり

根もしっかりと張っていることから親株と繋がっていたランナーを

子株の株元から剪定して独立させ、その後も順調に葉数を増やして大きく

育ってくれていました。

 

5代目の「採種イチゴ」は親株のほうでは待望の実を着け始め赤く熟すようになる一方で、

子株のほうは続々と開花するようになり、新たな局面を迎えることになりました。

 

果たして、5代目の「採種イチゴ」は収穫することができるのでしょうか?

 

あれから一週間が経過して栽培開始から381日目を迎えた5代目の「採種イチゴ」ですが、

一段と葉数が増えて葉がワサワサと茂るようになり、蕾の数もさらに増え

そして、着果する実の数も増えていて順調に育っていました。

ペトさい(採種イチゴ・改)157

 

一週間前に比べて元気よく育っている様子が分かり、赤く熟していた実は

さらに一回り大きくなっていて収穫できそうな感じがしました。

 

一方、子株のほうは草丈がさらに数(cm)伸びて葉は葉数を増やして大きくなっており、

花数もさらに増えて元気よく育っていました。

ペトさい(採種イチゴ・改)158

 

しかしながら、花数が増える一方で着果している様子は確認することができず、

こちらのほうはもう少し時間が経たないと実を着けないと思いました。

 

いずれにせよ、親株のほうで収穫できそうな実を着けていましたので、

収穫することにしました。

 

★収穫のポイント★

・実が完全に色付いてきたら収穫する。

・収穫するときはヘタの付け根を園芸用ハサミで切り取る。

ペトさい(採種イチゴ・改)159

 

今回、待望の実を収穫することができたわけですが、

先代の「採種イチゴ」で収穫したイチゴから種を採取し、その種を使って

長い間育ててきた結果、ようやくその目標とするゴールにたどり着けたことは

大変喜ばしいことであり、なんとも言えない気持ちが込み上げてきました。

 

今回収穫したイチゴは劣性遺伝により本来のイチゴの質が下がるものの、

実際に食べてみたところほどよい酸味と甘味があって美味しく頂くことができました。

 

この栽培を始めるときにも申し上げた通り、種苗法の観点からあくまでも

趣味として育てるという意味においては楽しみながら育てることができました。

 

元々は市販のイチゴから採取した種を使って育てることから始まり、

その栽培の過程で収穫したイチゴからさらに種を採取し同様の栽培を行うことに

成功しましたので、この栽培をお開きにしたいと思います。

 

一応の区切りを付けたいと思いますが、子株のほうも着果するかもしれませんので

今後も期待を膨らませて育てていきたいと思います。

 

★採種イチゴの栽培データ★

ペトさい(採種イチゴ・改)015

【おしまい】

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

01月
29

[正月菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ツケナ、お雑煮

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「正月菜」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

簡易温室用ヒーターのおかげもあり、なんとか無事に発芽することができた「正月菜」は

まずまずのスタートを切ることができました。

 

しかし、これからの生長がとても大事になってきますので

丁寧に育てていきたいと思う今日この頃です。

 

あれから6日が経過して栽培開始から16日目を迎えた「正月菜」ですが、

発芽した芽は双葉が緑化して青々としており元気に育っていました。

ペトさい(正月菜R)13

 

しかし、近くに寄って観てみますと、草丈が1213(mm)ほどに伸びていて

やや徒長しているような感触がありました。

 

やはり、今のペットボトル菜園の大きな問題点としては、1日の日照時間が

3~4時間しかないため簡易温室用ヒーターを武器に育てたとしても

日照時間が短いことから徒長する恐れが高く避けることは難しいのです。

 

このため、徒長をできるだけ最小限に抑えるためにも本葉が1枚出てきた段階で

一回目の間引きを行うことで通気性を良くし、水やりに気を配りたいと思います。

 

「正月菜」の芽がこれ以上の徒長を進まないでもらいたいと切に願います。

 

最後に、「正月菜」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「正月菜」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉が1~2枚出てきて込み合ってきたら、2(cm)間隔に間引くこと。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからも引き続いて、土面が乾いたらジョウロを使って

水やりを行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(正月菜R)14

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★ツケナ・正月菜の栽培データ★

ペトさい(正月菜R)12

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

01月
28

[チューリップ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、リサイクル

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「チューリップ」栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

簡易温室内で育てているため本来より早く芽が大きくなってしまうのは

仕方のないことではあるのですが、先日の大雪のことを考えると

結果的にはよかったという複雑な気持ちになっている今日この頃です。

 

そんな「チューリップ」栽培開始から42日目を迎え、

さらに芽が大きくなっていました。

ペトさい(チューリップ)13

 

急激に大きくなっているわけではありませんが、(mm)ずつ伸びていて

もう少ししたら大きな動きを見せてくれそうな感じがしました。

 

って、まだ2月になっていないのにこのような状態に育っていいのでしょうか()

 

最後に、「チューリップ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「チューリップ」を育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上、球根を植え付けてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が黄色く変色してきたら、発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからも引き続き、土面が乾いたらジョウロを使って水やりを行いましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(チューリップ)14

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★チューリップの栽培データ★

ペトさい(チューリップ)10

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

01月
27

[かぶ] ブログ村キーワード:かぶ、ペットボトル栽培、酸性雨

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「かぶ」のペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

簡易温室用ヒーターを導入したことにより目覚ましい生長ぶりを

発揮してくれている「かぶ」ですが、株が大きくなる一方で日照不足の問題が

解決できていないことにより徒長が進んでしまうという新たな問題が浮上しました。

 

この問題ばかりは人為的に解決できるものではないため運しかないと

いうほかありません。

 

果たして、「かぶ」は徒長を抑えて生長することができるのでしょう?

 

あれから一週間が経過して栽培開始から71日目を迎えた「かぶ」ですが、

葉数が少し増え葉が一段と大きくなっていてワサワサとしてきました。

ペトさい(天の雫)34

 

簡易温室用ヒーターのおかげもあってスクスクと育つ「かぶ」ですが、

徒長のほうが気になり株元付近を観てみたところ、

この一週間の間は草丈が伸びている様子は感じられないため

なんとか現状維持を保つことができました。

 

ただ、肥大するであろう部分が土面より上に出てきているため、

早期に増し土をしたいと思います。

 

最後に、「かぶ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「かぶ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が黄色く変色してきたら、発酵油かすを一摘まみ与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(天の雫)35

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

★かぶ・天の雫の栽培データ★

ペトさい(天の雫)12

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

01月
26

[チマサンチュ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、オゾン層

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「チマサンチュ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

簡易温室用ヒーターを導入したことにより順調に生長している「チマサンチュ」ですが、

今までとは別物というくらい生長の勢いに乗りそうな気配を感じ、

育てていて楽しく、安心して観ていることができています。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から69日目を迎えた「チマサンチュ」ですが、

簡易温室用ヒーターのおかげもあり大きく育っていました。

ペトさい(チマサンチュ・改)28

 

近くに寄って観てみますと、葉数はさらに増え一枚一枚の葉がより大きく葉色もよく

以前までの不安を全く感じさせることのない生長ぶりにニンマリしてしまいました。

 

この調子で育ってくれたら2回目の間引きを行えそうな気がしました。

 

最後に、「チマサンチュ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示したから、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「チマサンチュ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・本葉が4~5枚出てきた頃を目安に、生育の悪そうな芽を一株間引くこと。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いて、ジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

ペトさい(チマサンチュ・改)29

 

 

★チマサンチュの栽培データ★

ペトさい(チマサンチュ・改)12

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

01月
25

[さやエンドウ] ブログ村キーワード:絹さや、ペットボトル栽培、ゴミ問題

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「さやエンドウ」栽培のお話しにお付き合い下さい。

 

これまで簡易温室内で育てていたことからグングンと大きく育ってしまったことを受け、

簡易温室から出して育てることにした「さやエンドウ」ですが、

オレ様の思惑通りに殆ど生長している様子を観ることができず、少しホッとしました。

 

が、内心は突然簡易温室から出して極寒地獄のような環境で育てていることに

物凄く可哀想なことをしていると思い、罪悪感がありました。

 

でも、今後の「さやエンドウ」の生長を考えたらこれ以上急激に大きく

生長させるわけにはいかないため、心を鬼にするしかなかったのです。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から62日目を迎えた「さやエンドウ」ですが、

パッと見た限りでは殆ど生長しているようには感じませんでした。

ペトさい(30日絹さや)32

 

しかし、近くに寄って観てみますと、

草丈が数(cm)伸びていて脇芽が増え蔓があちこちから出ていたのです。

ペトさい(30日絹さや)33

 

極寒地獄のような環境で育てているにも関わらず、

「さやエンドウ」はど根性を見せて生長しているように感じました。

 

最後に、「さやエンドウ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「さやエンドウ」を種から育てたいと思われた方は、

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・草丈が10(cm)くらい伸びたら支柱を立てて麻ヒモで誘引すること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いて、ジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

ペトさい(30日絹さや)34

 

 

★さやエンドウの栽培データ★

ペトさい(30日絹さや)12

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

01月
24

[長ネギ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、鳥取伝統野菜、酸性雨

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、鳥取伝統野菜の「長ネギ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

この時期に播種して「長ネギ」を育てようとするのはある意味でチャレンジャーですが、

元々は'鳥取県中部地震'で被災された方々を元気付けたいという想いから

鳥取県の伝統野菜である「長ネギ・伯州根深」を育てることにしたのでした。

 

「長ネギ」栽培にも簡易温室用ヒーターを導入したことにより、

それまでの過酷な栽培環境における「長ネギ」の生育とは打って変わって、

見た目でも分かるような生長を見せ、一定の効果はあることが分かりました。

 

一段と厳しい寒さを迎える中、簡易温室用ヒーターで育てる「長ネギ」は

どのような生長を見せてくれるのか楽しみです。

 

あれから8日が経過して栽培開始から56日目を迎えた「長ネギ」ですが、

どの芽も草丈が1(cm)ほど伸び元気よく育っていました。

ペトさい(長ネギ・改)18

 

よく観てみますと芽の数が増えていることに気づき、

今まで発芽していなかった種から芽が出ていて

目測で3(cm)ほどの長さに伸びていました。

 

突如発芽しなかった種から芽を出したのは簡易温室用ヒーターを導入したことにより

鉢内の土の温度が発芽しやすい温度に上がったからかもしれませんが、

忘れた頃になって発芽するのは困惑してしまいます。

 

何はともあれ、「長ネギ」が簡易温室用ヒーターの恩恵を受ける形で

順調に育ってくれていますので、安心して育てることができます。

 

最後に、「長ネギ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培に役立てて下さい。

 

なお、これから「長ネギ」を種から育てたいと思った方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・草丈が1015(cm)くらいになったら1(cm)間隔に間引きます。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えます。

 

 

★水やりの注意点★

「長ネギ」の水やりは引き続いて水の入った霧吹きで

吹き付けて与えるようにしましょう。

ペトさい(長ネギ・改)19

 

 

★長ネギの栽培データ★

ペトさい(長ネギ・改)10

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

01月
23

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

おはようございます、もちウサギだよ。

 

昨日は大雪になって、あたい的にはワクワクしていたんだけど、

あたいの師匠であるM.Ishiiしゃんはしかめっ面をしていて雪が降るのを

迷惑がっていたわよ。

今日の雪見だいふく11-1

 

あんな楽しいものを迷惑がるなんて可笑しな師匠よ。

 

そんなわけで、昨日は大雪になったことを歓迎して、

あたいの大好きなコレを食べたわよ。

「雪見だいふく(福来るVer.)

今日の雪見だいふく11-2

 

この雪見だいふくはパッケージが微妙に変わっているだけで、

実際に食べてみたら安定した美味さで安心して食べられるからあたいは好きよ。

 

色々なテイストの雪見だいふくを食べているけど、

基本形である雪見だいふくが一番シンプルで美味しいわよ。

それでは、バイピョーン。

by もちウサギ

心ひとつに キャンドルナイト

01月
22

[採種イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、絶滅動物

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「採種イチゴ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

かつて市販のイチゴから採種して育てた4代目の「採種イチゴ」が

半年経った今でも順調に育っている一方で、そのイチゴから採取した種を

使って育てたらちゃんと実をつけてくれるのかを確かめるべく、

新たな栽培を始めることにしました。

 

とりあえず、スプラウト栽培用ペットボトル鉢に蒔いた種は発芽し、

本葉を一枚付けたことから小型ペットボトル鉢に植え付け、

その後も二度の間引きを経て、立派な大きさの苗に育ったことから

ツイン型ペットボトル栽培に植え付けました。

 

第三段階に突入した「採種イチゴ」栽培ですが、

一時は葉の一部にうどん粉病の症状が出てしまった事から葉を剪定し、

様子を見る状態が続いておりましたけれども、5代目の「採種イチゴ」が

再び青々とした葉を増やし始め、それと同時にランナーも20(cm)以上に伸び

大きな芽を持つようになり、元気を取り戻しました。

 

その後も「採種イチゴ」はさらに葉やランナーの数を増やして大きく生長し、

芽が出たランナーを別の鉢に植え付けたところ格段に大きくなり

根もしっかりと張っていることから親株と繋がっていたランナーを

子株の株元から剪定して独立させ、その後も順調に葉数を増やして大きく

育ってくれていました。

 

5代目の「採種イチゴ」は親株のほうでは続々と花が咲いており実を着けないか

期待が高まる一方で、子株のほうも蕾が大きくなり開花しそうな状態となり、

親子共に着果する可能性が出てきました。

 

あれから6日が経過し栽培開始から367日目を迎えた5代目の「採種イチゴ」ですが、

6日前に比べると葉が大きくなり葉数も増えてボリュームが増したように感じました。

ペトさい(採種イチゴ・改)151

 

しかし、近くに寄って観てみますと黄色みがかっている葉葉の周りが茶色く

枯れているものが観られ、不安を感じるところもありました。

 

とはいえ、その不安を払拭するかのように新たな場所で続々と花が咲き、

そして、待望の実を着けているのを確認することができました。

 

しかも、オレ様が想像していたよりも大きくて赤く熟し始めていたので

テンションが上がりました。

 

一方、子株のほうは6日前よりも葉色が良くなり、葉数も一段と増えていて

元気よく育っていました。

ペトさい(採種イチゴ・改)152

 

しかも、開花しそうな蕾の様子を観てみたところ、

小さな花がカワイらしく咲いていました。

 

これにより、子株のほうでも着果を期待できそうな状態となり、

楽しみが増えました。

 

この日は親株の葉の具合があまりよくありませんでしたので、変色したり

部分的に枯れている葉を中心に剪定し、実が着き始めましたので

さらなる実着きをよくする'リン酸系肥料'と葉の生育を促す'発効油かす'

一摘みずつ与えることにしました。

ペトさい(採種イチゴ・改)153

 

それから一週間が経過して5代目の「採種イチゴ」の様子を観てみたところ、

葉色が良くなり続々と開花していた箇所から実を着け始め順調に育っていました。

ペトさい(採種イチゴ・改)154

 

葉の剪定を行ったことにより通気性が向上され葉の生育がよくなったように感じ、

また、一週間前に確認された実は大分赤く色付いていて

もう少しで収穫できそうな状態になっていました。

 

この実以外にも着果しておりますので、収穫するのが楽しみになってきました。

 

一方、子株のほうは草丈が数(cm)伸びたことで株が一回り大きくなり、

株元付近の様子も見えるようになりました。

ペトさい(採種イチゴ・改)155

 

また葉も色ツヤがよく続々と蕾を着ける中で開花するものが観られ、

順調に育っているのがよく分かりました。

 

子株のほうはようやく開花を始めたためすぐに着果とはいかないように感じますが、

近い将来、親株のように実を着ける日が来るものと期待して待ちたいと思います。

 

なお、これから「採種イチゴ」栽培を始めたいと思われた方は

こちらをご参照の上試してみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が乾いたら水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

5代目の「採種イチゴ」の水やりは

親株、子株共に、個別にジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(採種イチゴ・改)156

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

また、3日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

5代目の「採種イチゴ」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★採種イチゴの栽培データ★

ペトさい(採種イチゴ・改)015

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる