インフォメーション
8/23 ペットボトル栽培関連記事を全て移行し、カテゴリーメニューに反映させました!!
10/16 「キュウリ」の急生長に合わせて手入れをしました!!
10/15 冷たい雨に濡れて、期日前投票に行きました!!
10/14 「バジル」は大きくなってきましたよぉ!!
10/13 「エダマメ」の莢が膨らんできました!!
10/12 「ショウガ」を収穫することにしました!!
10/11 「ホーム玉ねぎ」の生長がシフトしていき、遂に肥大し出しました!!
10/10 悔やまれる「とうがらし」の収穫
10/ 9 今日のカップめん45
04月
14
4/14 不運な休日から得た「変革期」

[変革] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、育て方

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

昨日は3週間ぶりにゆっくりと体を休めようと思い、

普段よりも長い睡眠をとることができたのはよいのですが、

寝すぎたからなのか頭が痛くなり、そうかと思えば、

カップめんが食べたくなってお湯を注ごうとしたら親指にかけてしまい

火傷してしまうという悲劇()

 

極めつけは気分転換にペットボトル菜園で水やりをしていた時に

頭を悩ませる出来事に遭遇するという散々な休日でした。

 

そんなトホホな気分に追い討ちを掛けた野菜たちは

ポツポツと発芽し始めたのはよいのですが、

どういうわけか同じ鉢に種を蒔いているにも関わらず

一つの場所では芽が出ているのに違う所では芽が出ていないという、

今までに見たことのない不可解な現象が起きていたのです。

 

この現象は一つの野菜だけでなく殆どの野菜に共通して起きているので、

ただ事ではないと感じたのです。

 

このようなことが起きた原因として考えられるのは、

それぞれの野菜の種が発芽するのに必要な温度が低かったことに加え、

日照不足もあり得ることです。

 

先日のブログ記事で何度も書いているように、

種蒔き作業で残された4種類の野菜たちはいずれも発芽適温が高いため、

実施時期を延期しているのですが、よくよく振り返ってみたら

既に種蒔き作業を終えている野菜たちの半数は発芽に必要な温度のことを

気にせずに蒔いていたのでした。

 

「何をやってんだよ」と自分ツッコミを入れてしまうほどの情けなさ。

 

とにかく、今回育てる野菜の栽培データをまとめてみたところ、

不可解な現象を確認した野菜に意外なほど共通したデータが

一致していることが分かったのです。別の言い方をすれば、

順調に生長している野菜もそのデータから分かったのです。

Petsai_Data01.png

[画像クリックで拡大します]

 

上に示す表は今回育てる野菜の栽培データをまとめたもので、

青く色付けしたところは不可解な現象を確認した野菜を示し、

橙色は順調に発芽している野菜を、

黄色はこれから種を蒔く野菜を示しています。

 

この表からも分かるように、不可解な現象を確認した野菜たちは

いずれもアブラナ科に属し発芽率も85%以上と高く、

そして、発芽適温は2025℃となっていたのです。

 

ここ一週間の我がペットボトル菜園における日中の気温は

平均で20℃を越すか越さないかの気温ですので

発芽適温としては微妙なラインであり、

けして発芽しないわけでもないことが分かりました。

 

そうなると、種の発芽について別の原因はないものかと考えてみたところ、

一つだけ気になっていることがあったのです。

 

それは種を蒔いた後の'覆土'

 

これまでの粒状培養土を使ったペットボトル栽培の最大の欠点とも

言えることで、以前から気になっていたことが播種時の覆土でして、

この培養土は通気性と排水性に優れている反面、

粒状の土と土の間に隙間ができるため、

小さな種を蒔いた場合に種と土が密着しにくくなり、

種が発芽に必要な水分と地熱を吸収しにくい状況となることから、

結果として、発芽不良を起こしやすくなるのです。

 

今回の不可解な現象はこの欠点を露呈する格好となったわけですが、

先述したとおりアブラナ科の野菜に限ってこの現象を確認したのは

種粒が小さく覆土に使われた土と種がしっかりと密着していない

ことからの発芽不良を起こしたと推測します。

 

今回のことについて長々と考察してしまいましたが、

端的に言えば、今現在行っているペットボトル栽培を

根底から見直す変革期に来ているのかもしれません。

 

時期的にもペットボトル栽培を始めて7年目に入ったわけですし、

また新たな野菜の種を蒔いて発芽するのを待っている状態ですから、

前述の欠点を克服するよいタイミングかもしれません。

 

この問題を引きずったまま今までと同じ方法で育てても

よい結果を産まないことは明白であり、やるなら今でしょ!!

 

って、流行遅れな言葉はともかくとして、

今回育てる野菜たちを全て栽培レシピに追加することが目的ですから、

多少の犠牲はやむを得ないのでその改善に努めたいと思います。

 

本当は残り2種類の野菜の種蒔き作業の様子を

ブログ記事としてアップするつもりだったんですけど、

暫定的にアップしようか考えているところです。

 

なんだか、昨日も頭はフル回転していたので休めなかったですね(苦笑)

 

長文にお付き合い下さり、ありがとうございました。

2014.04.14

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

v-22問題点の意味、わかるつもりです
培養土は、あれですよねw
大好きですが、私も悩んだ時がありました
しかし、それをきちんと追求するところが、さすがです
う~~~ん、すごいなぁ
いつもどおり、応援をして帰ります
でも、なんだかたたられているような日って、ありますよねw

こんにちは。
お〜問題点を推察して改善を試みる。
素晴らしいですね〜。
私も思った事がありました。
プランターでサラダミックスを育てる際に
野菜用培養土に種を播きましたが、こんなに隙間合って大丈夫??
案の定、発芽率はあまり良く無かったのと、今思うと偏っていた気がします。
頑張って下さいね〜(^^)

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。
●葉っぱさん
 そうなんですよね。
 粒状培養土のメリットが故の欠点なんですよね。
 大きな種であれば問題ないんですけど、
 小さな種の場合はどうしても土と土の隙間に入ってしまい、
 土と密着しないから発芽しにくくなるんですよね。
 
 でも最近、発芽不良の原因は
 別のところにもあることがわかりました(^^)。
●ねいみゅさん
 
 ねいみゅさんも同じようなことを経験されていたんですね。
 
 たしかに、サラダミックスの種って小さいので、
 あの隙間に入ってしまいますよね。
 
 土の隙間の問題はなんとか改善作を考えたので
 これから試してみたいと思っています。
 
 もしうまく育ってくれたら、試してみてくださいね(^^)。

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる