インフォメーション
4/21 「半結球レタス」栽培関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/20 「サラダ菜」栽培関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/19 「ガーデンレタス」栽培関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/24 「ジャガイモ」の種芋が届いちゃった!!
4/23 「中葉しゅんぎく」栽培(第3期)の記事を移行しました!!
4/22 「中葉しゅんぎく」栽培(第1期、第2期)の記事を移行しました!!
4/22 今日のガリガリ君XXXX
4/21 「とうがらし」は植え付けに近付いている?
4/21 「半結球レタス」栽培の記事を移行しました!!
10月
30
10/30 M.Ishiiの「エコキャップ運動2016」

[エコキャップ運動] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、3R推進

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、環境改善活動に関するお話にお付き合い下さい。

 

早いもので、10月も明日で終わりを迎えますが、

ご存じの方もいらっしゃる通り、今月は'3R推進月間'になっております。

 

そこで、今年も本ブログでは毎年恒例となっております

「エコキャップ運動」の取り組みについてお話したいと思います。

 

とその前に、久々の環境問題関連の記事を投稿することもあり、

初めてこの取り組みを知った方もいらっしゃると思いますので、

簡単にご説明することにします。

 

まず、'3R推進月間'とは各自治体や企業、学校などで3R推進に向けた

様々な取り組みを毎年10月に行っていて、普及啓発するために国が各地で

廃棄物やリサイクルに関するセミナーやシンポジウムなどを行っています。

 

'3R'とはリデュース(廃棄物の発生抑制)、リユース(再利用)

リサイクル(循環利用)の総称で、一度は聞いたことがあるのではないかと思います。

 

以前お伝えしたことがあるのですが、オレ様がペットボトル栽培を

始めたキッカケは資源ゴミとして廃棄処分される運命にある'ペットボトル'

有効活用すると供に、子供たちに野菜作りの楽しさを体験することによって

食育についても理解を深めてもらいたいと思ったからです。

 

だから、ペットボトルでの野菜作りだけでなく、

その収穫した野菜を使った料理をご紹介しているのはこのためなのです。

 

さて、少し前置きが長くなってしまいましたが、

本題の「エコキャップ運動」のお話に戻したいと思いますが、

最近、企業により環境問題に対する取り組みは目覚ましいほど進んでいて

皆さんも利用されるスーパーでも様々な取り組みが行われています。

 

特に、ここ数年でその変化が見て取れるようになったのは、

大手スーパーなどの入り口に設置されている分別ゴミ箱の横に

ペットボトルのキャップを入れるボックスが置かれていること。

 

以前はこのようなボックスの姿は見当たらなかったのですが、

今では当たり前のように置いてあります。

 

これは「エコキャップ運動」の取り組みで実施されているもので、

ペットボトルのキャップを焼却処分せずに再資源化し、焼却処分時に発生する

CO2を抑制する目的に、ペットボトルのキャップの再資源化で得た

売却益を使って発展途上国の子供たちにポリオワクチンを寄贈し救済する

取り組みを行っているのです。

 

この取り組みを推進しているエコキャップ推進協会によると、

ペットボトルのキャップは400個で10円の利益になるとのことでして、

子供一人のポリオワクチン代には20かかることから

一人の子供の命を救うためには800個のキャップを集めなければなりません。

 

現在、ワクチンさえあれば防ぐことのできる病気で子供の命が

1日に約6000人も奪われてしまっているそうですので、

ペットボトルのキャップを集めることで子供の命を一人でも多く救うことが

できるのであれば、この取り組みに参加してキャップを集めようという

気持ちになるのではないかと思います。

 

しかしながら、昨年4月にこの取り組みを推進しているエコキャップ推進

協会がこのキャップの売却益をポリオワクチンの支援事業に充てずに、

他の障害者支援事業に充てていたことが発覚し問題となり、売却益を

困っている人の支援に使ってはいるものの、その使い道に関する公表が

曖昧にされると折角の素晴らしいと思う取り組みに対して不信感を

持つようになり誰も参加しなくなりますので、

お金の使い道はクリーンな形で公開するべきだと思いますね。

 

とは言え、オレ様の気持ち的にはグレーなところはあるものの、

ペットボトル栽培をやっていることから不要になったペットボトルの

キャップがたくさん溜まってしまいますので、

今でも継続してこの運動への取り組みを行っています。

 

個人でペットボトルのキャップを集めるのは地方自治体や企業、

学校などの団体に比べますと時間と労力を必要としますが、

一人でも多くの子供の命を救う手助けをしたいという想いを

強く持っているため、環境活動と連動する形で取り組んでいます。

 

毎年この話題をお伝えする時にエコキャップの回収状況を公表していますが、

昨年10月末までに回収できキャップの個数は569個でした。

 

今年は春先にペットボトル栽培の運用方法を大幅に変えたことから

新規に製作したペットボトル鉢の数を増やしたため、

その個数の増加に期待できそうです。

 

先ほどまで集めたペットボトルのキャップの数を集計したところ、

2016年10月30日現在で累計675個ありました。

エコキャップ運動2016

 

期待していたよりも多くのキャップが集まったことに少しニンマリして

しまいましたが、これでまた目標とする800個に近付けることができ、

今年のペースで増やすことができたら来年の今頃には目標を達成することが

できるかもしれません。

 

今回の結果に一喜一憂せず、今後も地道にペットボトルのキャップを

集めていきたいと思います。

ブログ管理人 M.Ishii
スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる