インフォメーション
4/25 「スティック春菊」栽培関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/23 「中葉しゅんぎく」栽培(第3期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/22 「中葉しゅんぎく」栽培(第1、第2期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
6/25 やっと、「梅酒」が作れたぜぇ!!
6/24 理想通りにはいかない「キュウリ」の発芽
6/23 今年も「バジル」を育てることになりました!!
6/23 頼りなさそうな「レジナ」に蕾が着き始めました!!
6/22 今年も「トウモロコシ」を育ててやるさぁ!!
6/22 「正月菜」を収穫することにしました!!
01月
24
1/24 今日のカップめん17

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

けして、ガリガリ君ネタが尽きたわけではありませんが、

カップめん大好き人間の私が独断と偏見で物珍しそうなものから

一般的に知られているカップめんをご紹介する自己満足企画()

 

今日も西日本では大雪に見舞われているようですが、

こちらはよく晴れているものの冷たい南風が吹き荒れていて

ペトさいの写真撮影が難航するほど辛く、そして体の芯から冷えました。

 

このような寒い日には暖かいラーメンを食べて温まるのが一番です。

 

今日は特に体を温めたいと思い、このようなラーメンを食べました。

 

「日清名店仕込み すみれ 札幌濃厚味噌」。

カップめん17-1

 

ここ最近、カップめんは目覚ましい進化を遂げ、

日清食品社の「ラ王」や東洋水産社の「マルちゃん正麺」に代表されるような

生めんのクオリティに近付いたカップめんが次々と開発されています

 

今回ご紹介するカップめんのその一つですが、

とくに、日本全国にある名店と言われるラーメン屋の味を

ご家庭で楽しむことができるのは嬉しい限りです。

 

私はカップめん好きである前にラーメン好きであるため、

毎年夏ごろになると'ラーメンバトル'と題して気になるラーメン屋さんに

赴いて食べ歩いて、ラーメンの研究をしています。

 

色々なラーメンを食べていると美味しいものや不味いものが

食べる前から8割がた分かるようになるのですが、

特に、私のベスト5の中に入るラーメンの一つが今回ご紹介する

札幌に本店がある「すみれ」さんの味噌ラーメンです。

 

「すみれ」さんのラーメンの特徴は何と言っても濃厚な味噌スープと

黄色い玉子麺を使用しているところで、この麺が見た目よりコシがあって

麺そのものに微妙な甘さを感じられるところが個人的に好きなのです。

 

そんな「すみれ」さんの味噌ラーメンをカップめんにするのは

かなりハードルが高いのではないかと思ったのですが、

カップめんの技術力の高さでは右に出る者はいないと思われる日清食品社が

開発されているということで安心でき、楽しみでした。

 

そして、このカップめんを食べたわけですが、そのクオリティはかなり高く、

店舗で出す味噌ラーメンと同等の仕上がりに感動しました。

 

しかし、生めんに近付いているとはいえ所詮カップめんですので、

店舗で出すラーメンを100%再現することはできるわけもなく、

そこは目をつぶることにしても味のほうは少し違和感を覚えました。

 

たしかに、強火で一気に火を通したラードや味噌の香ばしい美味しさは

ほぼ再現されてはいたのですが、スープを飲んだ後に薬品のような苦みを

感じたのです。

 

容器や液体スープの袋から何かの成分が溶け込んでいるのかは分かりませんが、

この苦味が気になって仕方がなく、せっかくの「すみれ」さんの味噌ラーメンを

損なうものになってしまい残念な気持ちにさせられました。

 

麺の味やコシは店舗で出しているものと変わらず

完ぺきに近い再現度で嬉しかったのですけど、

このスープの後味の悪さだけ何とか改善できれば

完ぺきと言えました。

 

あまりにも悔しかったので、口直しに私が豪華な味噌ラーメンを作り、

あの苦みの原因がなんだったのかを考えながら食べました。

カップめん17-2

 

私が作るラーメンはいつもその時の気分次第で少し変わったテイストに

するのが特徴なので、美味しいかどうかは分からないのですが、

ただ、ラーメンを作る者としては常に「魂と情熱を込める」をもっとうに

作っています。そして、食べるときは「愛情をかけて」食べています。

 

今回ご紹介した「すみれ」さんのラーメンにご興味のある方は

お近くのセブンアンドアイグループのお店でお買い求め頂き、

お召し上がり下さい。

ブログ管理人 M.Ishii
スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる