インフォメーション
8/23 ペットボトル栽培関連記事を全て移行し、カテゴリーメニューに反映させました!!
10/22 子株の独立後も「採種イチゴ」は元気よく育っています!!
10/21 「青シソ」が大きく育つ一方で…。
10/20 「エダマメ」の莢は増えているかな?
10/19 「ホーム玉ねぎ」がまん丸くなってきたよ!!
10/18 「ジャガイモ」に蕾を着けた?
10/17 冷たい雨に打たれて「バジル」を収穫して…。
10/16 「キュウリ」の急生長に合わせて手入れをしました!!
10/15 冷たい雨に濡れて、期日前投票に行きました!!
07月
30
7/30 「ベランダきゅうり」は大きくバケ始めた!!

[ベランダきゅうり] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、果実野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は黄色く変色する葉を数ヶ所で確認したことから葉の剪定を行い、

その後、実着きを良くする'リン酸系肥料'を与えたことをお伝えしました。

 

ここのところ、茹だるような暑さが続くようになり、

土の栄養不足以外の要因で葉が変色することが増えてきているため、

葉だけは常にウエットな状態を維持しなければなりません。

 

そんな「ベランダきゅうり」栽培も早いもので45日目を迎えていました。

 

いつものように、ペットボトル菜園で栽培している

「ベランダきゅうり」の様子を見てみますと、

一部の葉は葉焼けして情けない姿をさらしているものの、

元気に育っているようでした。

ペトさい(ベランダきゅうり)38

 

近くに寄って見てみますときれいな螺旋を描くように親蔓が伸びていて、

蔓がしっかりと支柱に絡み付いて生長している様子が窺えました。

ペトさい(ベランダきゅうり)39

 

また脇芽から新たな葉を続々と付けるようになり、

株元付近は青々としていました。

 

また、少し違う場所では待望の小さな実を着けているのを確認でき、

キュウリ大好き人間の私を喜ばせてくれました。

ペトさい(ベランダきゅうり)40

 

「ベランダきゅうり」は私のツボを抑えているのでしょうか?

 

さらに一週間が経過しますと、

「ベランダきゅうり」はとんでもない姿に変貌していました。

ペトさい(ベランダきゅうり)41

 

キチンと親蔓は螺旋状に誘引して伸びているのですが、

その隙を縫うように子蔓が真っ直ぐに伸びているではありませんか?

 

許せん。絶対に許せん。私の意志に背くものは許せんのだよ。

だけど、キュウリちゃんだから許しちゃう()

 

近くに寄って見てみたいと思い、まずは株元付近に目をやりますと、

葉が一段と大きくなり土面に敷き詰めたワラが見えなくなっていました。

ペトさい(ベランダきゅうり)42

 

その葉は所々に葉焼けのような症状が出ていましたが、

深刻に考えるような病気になっているわけではないため問題なさそうです。

 

また、この葉を掻き分けると黄色い花が咲いているのを確認でき、

これらが雌花に受粉されることを願うばかりです。

 

株の上端部に目を移すと、螺旋状に誘引した親蔓は

さらに蔓を支柱に絡ませて上に伸びようとしていました。

ペトさい(ベランダきゅうり)43

 

子蔓のほうは四方八方に蔓を支柱に絡ませ

支柱の先端を目指して伸びていました。

 

この支柱は最長1()間でしか伸ばすことができないため、

あと十数(cm)で先端に届きそうな子蔓に罰を与えないといけませんね。

 

私の意志に背いたのですから...()

 

それはさておき、親蔓の近くには新たな実を着けており、

「ベランダきゅうり」はさらに大きくバケてくれそうな気がします。

 

そのためにも、二週間に一度の追肥をしておきましょう。

 

今回は花や小さな実をよく見かけましたので、

実着きを良くする'リン酸系肥料'を一摘み与えておきました。

ペトさい(ベランダきゅうり)44

 

今回与えた'リン酸系肥料'は緩効性のためすぐに効果を現しませんが、

あとは定期的に'栽培用炭酸水'を与えるようにして様子を見ましょう。

 

最後に、「ベランダきゅうり」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ベランダきゅうり」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・親蔓がある程度伸びてきたら螺旋状に誘引すること。

・2週間に1回の間隔でリン酸系肥料を一摘み与えること。

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(ベランダきゅうり)45

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

なお、今後は1~2日くらいの間隔で栽培用炭酸水を使用した水やりを

行うようにすると、肥料持ちしてベランダきゅうりの生育がよくなります。

 

 

★ベランダきゅうりの栽培データ★

ペトさい(ベランダきゅうり)15

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

順調に蔓が伸びて絡んでくれてますね!
ウチのキュウリはベランダの外へ蔓を伸ばし、ぶらん×2してます^^;
この暑さで水分補給も大変で朝夕水やりしてます。
大好きなキュウリ楽しみですね♪

こんばんは。ハルオです。
今日も楽しく拝見させていただきました。
キュウリすごいですね。よく小さいペットボトルで育つなぁって感心します。
キュウリのヒゲが自分の茎には絶対巻きつかないのが不思議です。
見えてるみたい。心が綺麗な人が指を出すと、巻きついて来るってしってます?
残念ながら僕の指には巻きついてきませんが^_^;
またお邪魔しますね。

こんばんは
きゅうりの栽培、どんどん蔓が伸びますね
外枠で支柱が必要になるのでは
採れたてきゅうり、おいしいですね
会社でポチ家でもポチWで応援です。。。

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。
●お兄さんさん
 
 ベランダきゅうりは親蔓のほうはいい感じに蔓が伸びて絡むんですけど、
 もう一方の子蔓のほうはグレてるので絡んでほしくないところに
 絡んでしまい、悩みの種なんです(^^;。
 
 ここ最近の暑さは尋常ではなくなってきているので、
 朝夕の水やりと夕方の葉の手入れは欠かせなくなりましたね。
 
 大好きなキュウリを早く収穫したいです(^o^)。
 
 
●ハルオさん
 ペットボトルで育てるキュウリは限定されるのですが、
 今回のベランダきゅうりは色々な面でケアが必要のようで大変です。
 
 実は今回の記事では触れていないのですが、
 このキュウリは蔓を支柱だけでなく葉柄にも絡み付いていて、
 誘引するのに苦労しています。
 
 「心が綺麗な人が指を出すと巻きついて来る」っていうのは
 初めて知りましたけど、私は心が汚れてるから無理ですね(^^;。

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。
このキュウリは螺旋状に誘引しているので
それほど上のほうに長く伸びていないように見えますが、
実際には1(m)を軽く超える長さに伸びているので
当初の方法でやっていたらキュウリタワーができていたかもしれません。
蔓が支柱の先端に届いてしまった場合の対策はすでに考えていて、
特に新たな支柱を立てることはしないし、必要はありません(^^;。
そうそう、採れたてのキュウリにかぶり付くのは
最高に贅沢な食べ方だと思っているので、早くやりたいです(^o^)。

M.Ishiiさん おはようございまーす♪
ベランダキュウリは、絶対にツボを押さえてるよ♪
さらに1週間後には、大好きなキュウリがぶら下がってるかも(^^)

葉も大きな傷みもなく綺麗に生長してますね~。
全体が生き生きしてます。
かわいい実もついて収穫が楽しみですね♪

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。
●らうっちさん
 アハハ。ベランダきゅうりがそこまで私の気持ちを 分かっているとは
 思えないんですけど、ツボを押さえてくれていると信じてみます(^o^)。
 
 さすがに、一週間後に実が大きくなることはありえないと思いますけど、
 一日も早くかぶり付けるキュウリに育ってもらいたいです。
 
 
●ワビイさん
 葉のケアはとてもしんどいのですが、大事な作業なので頑張っています。
 
 ようやく、小さな実が着き始めたので、
 あとは落果せずに大きくなることを願うばかりです(^o^)。

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる