インフォメーション
4/25 「スティック春菊」栽培関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/23 「中葉しゅんぎく」栽培(第3期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/22 「中葉しゅんぎく」栽培(第1、第2期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
8/20 久しぶりに見る「ショウガ」は劇的に大きくなっていました!!
8/17 ブログ記事の移行作業の進捗について
8/ 6 8月以降の「栽培計画票」を公開しました!!
8/ 1 皆様のお陰を持ちまして、本ブログは10周年を迎えました!!
7/30 特別な一週間が終わりを迎え…。
7/28 プレミアムフライデー? はぁ?
09月
24
9/24 復活の兆しを見せる「ミニきゅうり」に花道を…。

[ミニきゅうり] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、果実野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

 

今回の「ミニきゅうり」栽培ではこれまでとは少し違うアプローチで

「ミニきゅうり」を育てようと思っていますので、

もしお時間がありましたらお付き合い頂きたいと思います。

 

さて前回は、葉が黄色く変色し実着きが悪いことから衰えを感じる一方で、

新たな脇芽から新葉や蕾を着け、収穫できそうな実をぶら下げていたため

5回目の収穫をしたことをお伝えしました。

 

「ミニきゅうり」は追肥しても実着きが悪く、

収穫できる大きさに生長までに時間を要するようになってきたことから、

そろそろ、撤収することを視野に入れたほうがよいかもしれません。

 

あれから13日が経過し栽培開始から115日目を迎えた「ミニきゅうり」

黄色く変色した葉を剪定した後、脇芽から続々と新葉を着けるようになり

元気な姿になって甦っていました。

ペトさい(ミニきゅうり・改)96

 

二週間ほど前までは殆どの葉が黄色く変色した葉で衰えを感じさせましたが、

いまでは見違えるほど青々とした葉をたくさん着けるようになり、

この変わりようには驚きを隠せませんでした。

 

株元付近の様子を見てみますと以前に比べて葉数が増えたように感じ、

所々に小さな実を着け、また収穫できそうな実もぶら下げていたのです。

ペトさい(ミニきゅうり・改)97

 

しかも収穫できそうな実は3つもぶら下げていましたので、

キュウリ大好き人間の私としては発狂しそうなくらい喜びました。

 

ところが、株の中間部を見てみますと青々とした葉が茂っているものの、

蕾や実はほとんど着いておらず、ごく僅かに着けている実を見ても

収穫できそうな大きさに育ちそうな気配を感じませんでした。

ペトさい(ミニきゅうり・改)98

 

見た目は元気そうでも、株の衰えを隠すことはできないのかもしれません。

 

そして、株の上端部に目線を移しますと中間部よりも多くの葉が茂っていて、

親蔓や子蔓から出る蔓が支柱に絡み付いているのが確認できました。

ペトさい(ミニきゅうり・改)99

 

やはり、このあたりも脇芽から出る蕾や実はほとんど見られず、

実着きの悪さを感じました。

 

追肥の効果がようやく現れ、青々とした葉をたくさん茂らせ、

蔓を絡ませて生長している様子は伺えるものの、実着きが悪いという

不安要素が付き纏い、将来的に株の中間部や上端部に実を着けるのであれば

このまま継続して育てても構わないのですが、必ずしもそうなるとは限らず、

その判断はもの凄く悩ましいです。

 

せめて、葉が黄色く枯れているのなら撤収という判断を下せるのですが、

葉が青々としていて蔓も絡ませているから難しいです。

 

ですが、ここは思い切った判断が必要だと思いますので、

私は自分の美学を理由に一つの決断を下すことに決めました。

 

これまでに何度もお伝えしているように、

私は大の大が付くほどキュウリが大好きですので

衰弱した状態で株を見るのは耐え難く、ある程度役目を終えて

元気な状態のうちに勇退させるほうがいいと考えています。

 

このため、あまりにも元気が良すぎる場合には話は別ですが、

そうでない場合は醜い姿を見せる前に勇退させるほうが綺麗だと思います。

 

今回の場合は元気に生長していますので判断が難しかったのですが、

恐らくこの先もあまのり実を着けることはないと思うため、

今回の「ミニきゅうり」はこのあたりで勇退させることにしました。

 

もの凄く名残惜しい気持ちはあるのですが…。

 

というわけで、最後の収穫をすることにしましょう。

 

★収穫のポイント★

・実の大きさが長さ10(cm)前後、太さ2(mm)程度になったら収穫する。

・収穫するときはヘタの付け根を園芸用ハサミで切り取る。

ペトさい(ミニきゅうり・改)100

 

今回で6回目の収穫となる「ミニきゅうり」ですが、

他の鉢で育てている「ミニきゅうり」を含めて計5本収穫できました。

 

おっ、遂にペットボトルによるミニきゅうり栽培における収穫量を

更新させることに成功できました。

 

このような記録を作りますともう少し育てようかという気持ちになりますが、

一度決めたことに二言はなく、勇退させることにします。

 

さて、今回の「ミニきゅうり」栽培ではこれまでの栽培の経験から

鉢の大きさを変えたことで栽培管理がしやすくなるだけでなく、

コンスタントに収穫でき、最多収穫量を更新することができました。

 

ペットボトル栽培の本来の利点という意味においては

今回の栽培は逸脱しているのですが、安定的に収穫できるという点では

ほぼ完ぺきに近い状態で育てることができ、評価できます。

 

よって、今回の「ミニきゅうり」栽培は栽培レシピに追加したいと思います。

 

今回は'ラリーノ'という品種で育てましたが、

おそらく他の品種も'ラリーノ'と同じ節なり性親ヅル子ヅル型ですので、

今回の同じ育て方をすれば問題なく収穫できると思います。

 

今回勇退させた「ミニきゅうり」にはまだ小さな実を着けていますので

すぐに撤収させることはせず、しばらくは趣味として育てたいと思います。

 

最後に、「ミニきゅうり」の栽培データを以下に示すとともに、

これから「ミニきゅうり」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★ミニきゅうりの栽培データ★

ペトさい(ミニきゅうり・改)16

 

約4ヵ月の間、「ミニきゅうり」栽培のお話にお付き合い下さり

ありがとうございました。

【終わり】

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる