インフォメーション
4/25 「スティック春菊」栽培関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/23 「中葉しゅんぎく」栽培(第3期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/22 「中葉しゅんぎく」栽培(第1、第2期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
8/20 久しぶりに見る「ショウガ」は劇的に大きくなっていました!!
8/17 ブログ記事の移行作業の進捗について
8/ 6 8月以降の「栽培計画票」を公開しました!!
8/ 1 皆様のお陰を持ちまして、本ブログは10周年を迎えました!!
7/30 特別な一週間が終わりを迎え…。
7/28 プレミアムフライデー? はぁ?
09月
02
9/ 2 3度目の「ミニきゅうり」の収穫も最高だけど、その裏では…。

[ミニきゅうり] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、果実野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

 

今回の「ミニきゅうり」栽培ではこれまでとは少し違うアプローチで

「ミニきゅうり」を育てようと思っていますので、

もしお時間がありましたらお付き合い頂きたいと思います。

 

さて前回は、相変わらず株元付近にある葉は少なく土面の敷きワラが

見える状態でしたが、少し目線を上にやるとどデカい実がぶら下がっており、

株の上端部にも収穫できそうな実を着けていたことから2度目の収穫を行い

大変満足したことをお伝えしました。

 

「ミニきゅうり」には既にやや大きくなる実を着けていることから、

今回もハイテンションな収穫が行えそうです。

 

あれから8日が経過し栽培開始から82日目を迎えた「ミニきゅうり」

葉の剪定を行いながら育てていることもあり風通しのよい状態になっていて、

この栽培日数にしては比較的元気よく生長しているように感じます。

ペトさい(ミニきゅうり・改)78

 

株元付近に寄って見てみますと相変わらず葉が少ない状態は変わらず、

少し違う場所を覗いてみると長さ10(cm)弱、太さ15(mm)ほどになる実が

ぶら下がっており、視点を少し上に変えると同じくらいの大きさになる実が

なっていて、キュウリ大好き人間の私のテンションが上がってきました。

ペトさい(ミニきゅうり・改)79

 

さらに、株の上端部のほうを見てみますと、

親蔓はあと15(cm)ほどでキュウリタワーの頂点に届きそうな状態で、

子蔓も負けじと数十(cm)ほど伸びていて葉がワサワサとしていました。

ペトさい(ミニきゅうり・改)80

 

茂る葉をかき分けるとあちこちに順調に生長する実が見られ、

その近くには収穫できそうな実が2本ぶら下がっていたのです。

 

これまで様々な品種の「ミニキュウリ」を育ててきましたが、

一株に4本も実を着けていたことは一度もなく、今回が初めてということで

私のテンションは最高潮に達し発狂してしまいました。

 

嬉しいんだよ、バカヤローーーーーーーーーォ()

 

というわけで、今回は収穫できそうな「ミニきゅうり」を4本着けているので、

早速、ハイテンションな収穫を行うことにしました。

 

★収穫のポイント★

・実の大きさが長さ10(cm)前後、太さ2(mm)程度になったら収穫する。

・収穫するときはヘタの付け根を園芸用ハサミで切り取る。

ペトさい(ミニきゅうり・改)81

 

今回で三度目の収穫となる「ミニきゅうり」ですが、

なぜか今回に限って他の鉢で収穫できそうな「ミニきゅうり」がなかったため、

少し寂しい気持ちになりながら計4本収穫しました。

 

私的には他の鉢でも「ミニきゅうり」を収穫して、

ペットボトルでのキュウリ栽培における最高収穫量を更新したかったです。

 

まぁ、「ミニきゅうり」は株の上端部に収穫候補となる実を着けていますので、

まだ最高収穫量更新の夢を諦めることはなさそうです。

 

さて、これまで「ミニきゅうり」が順調に生長できているのは

私のゴッドハンドによるものであることは言うまでもありませんが、

時として、水やりを忘れそうになることもあります。

 

そこで、今回の「ミニきゅうり」栽培では'簡易自動給水器'という

水やりを自動でやってくれる道具を設置し、万一の備えをしていました。

ペトさい(ミニきゅうり・改)82

 

キュウリ大好き人間の私が水やりを忘れることはほぼありませんけど

今回は保険として設置したのですが、この給水器は毛細管現象を使って

「ミニきゅうり」の株元付近に自動で給水していました。

 

'簡易自動給水器'の詳細と作り方はこちらをご参照下さい。

 

立派な「ミニきゅうり」を育てるためにはちょっとした工夫が必要で、

これからも最高収穫量更新を目指して頑張りたいと思います。

 

最後に、「ミニきゅうり」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ミニきゅうり」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・親蔓や子蔓が伸びてきたら、螺旋状に伸びるように誘引すること。

・2週間に1回は実着きをよくする'リン酸系肥料'を一摘み与えること。

・葉色が黄色く変色してきたら'発酵油かす'を一摘み与えること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

・3日に1回は'栽培用炭酸水'を水の代わりに与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの「ミニきゅうり」の水やりは

引き続いてジョウロを使って行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにします。

ペトさい(ミニきゅうり・改)83

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまうと、

土がえぐれてしまうので注意が必要です。

 

また、3日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「ミニきゅうり」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★ミニきゅうりの栽培データ★

ペトさい(ミニきゅうり・改)16

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる