インフォメーション
4/25 「スティック春菊」栽培関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/23 「中葉しゅんぎく」栽培(第3期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/22 「中葉しゅんぎく」栽培(第1、第2期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
6/25 やっと、「梅酒」が作れたぜぇ!!
6/24 理想通りにはいかない「キュウリ」の発芽
6/23 今年も「バジル」を育てることになりました!!
6/23 頼りなさそうな「レジナ」に蕾が着き始めました!!
6/22 今年も「トウモロコシ」を育ててやるさぁ!!
6/22 「正月菜」を収穫することにしました!!
08月
04
8/ 4 この「ミニきゅうり」はどこまで大化けすれば気が済むの?

[ミニきゅうり] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、果実野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

 

今回の「ミニきゅうり」栽培ではこれまでとは少し違うアプローチで

「ミニきゅうり」を育てようと思っていますので、

もしお時間がありましたらお付き合い頂きたいと思います。

 

さて前回は、僅か8日しか経過していないにもかかわらず、

「ミニきゅうり」の親蔓や子蔓が伸び葉も格段な数を増やして大きくなり、

花や実が着け始めたことから追肥したことをお伝えしました。

 

いよいよ、「ミニきゅうり」は本格的に大きく生長し始めましたので、

これからの栽培管理はとても大事になってきます。

 

これからその後の様子をお伝えしますけど、

きっと、「ミニきゅうり」はさらに大化けしているだろうと思いますよ()

 

あれから一週間が経過し栽培開始から46日目を迎えた「ミニきゅうり」

親蔓や子蔓をさらに伸ばし葉がジャングルのようにワサワサとしていて

手を付けられない状態になっていました。

ペトさい(ミニきゅうり・改)52

 

ある程度想像は付いていたのですが、

ここまで大きく生長するとはこの「ミニきゅうり」はなんなんでしょう()

 

手を付けられない状態のため、まずは株元付近の様子を見てみたところ、

本葉はさらに大きくなりその陰に隠れるように脇芽が出ていて、

あちこちから黄色い花や小さな実を着けているのが見られました。

ペトさい(ミニきゅうり・改)53

 

キュウリ大好き人間の私としては実を着けてくれるとテンションが上がり、

この株に着けている全ての実が大きくなってほしいと思ってしまいます。

 

でも、現実はそうはならないのですが・・・(苦笑)

 

さらに株の上端部のほうを見てみたところ、

親蔓がキュウリタワーの頂点を目指して伸びているのが目に入りました。

ペトさい(ミニきゅうり・改)54

 

この辺りも本葉が大きくなってワサワサとしており、

葉をかき分けないと脇芽が見えない状態でした。

 

株元付近と同様、こちらもたくさんの花や実を着けていて、

私を期待させるような生長を見せてくれていました。

 

株の生長としては順調に育っているように感じたのですが、

葉が大きくなり茂っていることからキュウリタワー内部の通気性が悪く、

たくさんの花や実を着けているとどうしても株に負担がかかることから

「ミニきゅうり」の生長はトーンダウンする恐れが心配されます。

 

このため、キュウリタワー内部の通気性を良くし株の負担を軽くするため、

少し大きくなった葉を剪定することにしました。

ペトさい(ミニきゅうり・改)55

 

株全体の半分くらいの葉を剪定した「ミニきゅうり」はスッキリした姿になり、

見た目にも気持ちよさが伝わってきます。

ペトさい(ミニきゅうり・改)56

 

でも、葉を剪定した「ミニきゅうり」にしたら痛くてたまらないかも・・・。

 

心の中では'ミニきゅうりよ、痛くしてゴメンよ'と思っていますが、

でも心を鬼にして葉を剪定しないともっとカワイそうなことになりますので

やむを得ない処置であることを理解してほしいです。

 

葉を剪定し改めて株の様子を見てみたところ、

株元付近ではたくさんの花や実を着けているのが見られましたが、

もう少し様子を見て摘果するかを判断しないといけないと感じました。

ペトさい(ミニきゅうり・改)57

 

一方、株の上端部では親蔓以外に子蔓が伸びているのを確認でき、

脇芽から小さな実を着けているのも見られました。

ペトさい(ミニきゅうり・改)58

 

こちらも今しばらく様子を見たいと思いますが、

あまりにも子蔓の数が増え伸びまくるようでしたら

剪定することを考えたいと思います。

 

いずれにしても、「ミニきゅうり」は葉を剪定したことで

どのような生長を見せてくれるか楽しみにしたいと思います。

 

最後に、「ミニきゅうり」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「ミニきゅうり」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・親蔓や子蔓が伸びてきたら、螺旋状に伸びるように誘引すること。

・2週間に1回は実着きをよくする'リン酸系肥料'を一摘み与えること。

・葉色が黄色く変色してきたら'発酵油かす'を一摘み与えること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

・3日に1回は'栽培用炭酸水'を水の代わりに与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの「ミニきゅうり」の水やりは

引き続いてジョウロを使って行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにします。

ペトさい(ミニきゅうり・改)59

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまうと、

土がえぐれてしまうので注意が必要です。

 

また、3日に1回は栽培用炭酸水を水の代わりに与えるようにし、

「ミニきゅうり」の生育を活性化させましょう。

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照下さい。

 

 

★ミニきゅうりの栽培データ★

ペトさい(ミニきゅうり・改)16

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる