インフォメーション
4/25 「スティック春菊」栽培関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/23 「中葉しゅんぎく」栽培(第3期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/22 「中葉しゅんぎく」栽培(第1、第2期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
8/17 ブログ記事の移行作業の進捗について
8/ 6 8月以降の「栽培計画票」を公開しました!!
8/ 1 皆様のお陰を持ちまして、本ブログは10周年を迎えました!!
7/30 特別な一週間が終わりを迎え…。
7/28 プレミアムフライデー? はぁ?
7/27 皆様にお詫びしたいことがございます。
09月
02
9/ 2 勇退する「採種イチゴ」の魂は受け継がれる!!

[イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、市販イチゴ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

スーパーで市販されているイチゴから種を採取し、

興味本位で育ててしまった「採種イチゴ」栽培。

 

前回は収束したかに見えたウドン粉病が「採種イチゴ」の孫株ではなく

子株の方に発症してしまい、感染した葉を剪定したことをお伝えしました。

 

孫株が感染したときとは規模が違うため子株の状態が気になるところです。

 

あれから一週間が経過し、「採種イチゴ」の孫株はそっぽを向いていますが、

近くに寄ってみると、葉が大きくな新たな葉も続々と出ていて

順調に育っているように感じます。

ペトさい(採種イチゴ)201

 

また、ランナーもさらに伸び、脇芽から出る葉が大きくなっていました。

ペトさい(採種イチゴ)202

 

さらに一週間が経過しますと、

「採種イチゴ」の孫株は葉数を比べものにならないほど多く増やし

それぞれの葉が大きくなり、ワサワサと茂っていました。

ペトさい(採種イチゴ)203

 

しかも、どの葉を見ても青々としていて

ウドン粉病に感染している様子は窺うことができませんでした。

 

また、株元のクラウンからは新たな葉が出てきており、

これからも葉数を増やしながら大きく生長し、

来年には子株のように真っ赤な実を着けてくれることでしょう。

 

そのためにも、定期的にジョウロを使って水やりを行いましょう。

ペトさい(採種イチゴ)204

 

 

さて、問題のウドン粉病に感染した葉を剪定した「採種イチゴ」の子株ですが、

下の写真をご覧の通り、ほとんどの葉が萎れていて元気がなく、

茶色く枯れた葉が目立つようになりました。

ペトさい(採種イチゴ)205

 

また、枯れてしまったのは葉だけではなく蕾も同様に干乾びてしまい、

剪定直後の青々とした葉があった時の面影は微塵も感じられませんでした。

 

こんなに復活を望むことが虚しいものになるなんて思いもしませんでした。

 

さらに一週間が経過し、ダメなことは分かっていても

「採種イチゴ」の子株のことが気になり様子を見てみました。

 

すると、葉が若干数を増やして大きくなってはいるものの、

その葉の表面にはウドン粉病の症状である白い斑点が出ていました。

ペトさい(採種イチゴ)206

 

また、それ以外の葉や蕾も完全に枯れてしまっていました。

 

あまりにも痛々しく感じてしまうほど酷い姿になってしまった子株。

 

このまま育てていても復活できそうな要素は一つも見当たらず、

むしろ、悪化の一途を辿る要素の方が勝っているように感じました。

 

これまで長いこと育ててきた子株ではありますが、

これ以上、酷い姿を見るに堪えられませんので勇退させることにしました。

 

思えば、1年9ヶ月前に市販のイチゴから採取した種を蒔き、

過酷な育苗期間を経て植え付けた親株からランナーが伸び、

そのランナーから芽が出て現在の鉢に植え付けたのが現在の子株でした。

 

「採種イチゴ」の子株の生長はいまさら言うまでもありませんが、

採種イチゴ栽培を始めて初となる収穫を実現させました。

 

しかも、一度だけでなく何回も…。

 

4代目となる「採種イチゴ」の子株は最も優秀なイチゴに生長し、

新たな後継者となる孫株を誕生させ、収穫した実からは採種しました。

 

今回、このような結果になってしまったことは大変残念でなりませんが、

この子株の魂はしっかりと孫株たちに受け継がれ、生き続けるでしょう。

 

「採種イチゴ」栽培は終わりではなく、新たなスタートラインに立ったのです。

 

★採種イチゴの栽培データ★

ペトさい(採種イチゴ)008

【終わり】

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

M.Ishiiさん おはようございまーす♪
市販イチゴから種取りで上手く育ててますね。
うちにも種からのがあるんだけど、この時期に大きくするのに追肥はしても大丈夫かな~
水遣りはコマメにしてるんだけど・・・・・

いつもブログへのご訪問&コメントありがとうございます。
市販のイチゴから種を採るのは結構骨の折れる作業だったんですけど、
こうして小さいながらもちゃんと実を着けることができて満足しています。
が、私の気持ち的にはまだやりたいことがありますので、
いずれまた、採種イチゴ栽培を始めたいと思っています(^o^)。

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる