インフォメーション
8/23 ペットボトル栽培関連記事を全て移行し、カテゴリーメニューに反映させました!!
10/22 子株の独立後も「採種イチゴ」は元気よく育っています!!
10/21 「青シソ」が大きく育つ一方で…。
10/20 「エダマメ」の莢は増えているかな?
10/19 「ホーム玉ねぎ」がまん丸くなってきたよ!!
10/18 「ジャガイモ」に蕾を着けた?
10/17 冷たい雨に打たれて「バジル」を収穫して…。
10/16 「キュウリ」の急生長に合わせて手入れをしました!!
10/15 冷たい雨に濡れて、期日前投票に行きました!!
06月
16
6/16 伝統野菜「内藤とうがらし」を育てたいと思います!!

[内藤とうがらし] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、伝統野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

今回は「内藤とうがらし」という珍しい野菜を育てたいと思うのですが、

皆さんはこの野菜をご存じでしょうか?

 

「内藤とうがらし」は江戸の食文化を支えたとされる伝統野菜の一つで、

江戸時代に現在の新宿御苑で栽培されていた八房系唐辛子なのです。

ペトさい(内藤とうがらし)01

 

聞き馴染みがなく知る人しか知らない存在の「内藤とうがらし」ですが、

現在ではスローフード江戸東京の呼びかけに応える形で、

新宿区役所による'内藤とうがらし復活プロジェクト'が進められており、

地区を拡大して普及活動が行われているそうです。

 

私のペットボトル栽培では環境活動の一貫として取り組んでいますから、

この素晴らしいプロジェクトを応援したいという想いを持ちましたので

今回、「内藤とうがらし」をペットボトルで育てることにしました。

 

「内藤とうがらし」の基本的な育て方は一般のトウガラシと同じですので、

これからトウガラシを育てたいと思われた方はペットボトルでの栽培法を

ご参考にして頂けると嬉しいです。

 

それでは、皆さんにも「内藤とうがらし」を育ててもらえるように、

これから実例を交えながら詳しく解説していくことにしましょう!!

 

★品種選び★

トウガラシは暑さや病害虫に比較的強く育てやすい野菜で、

鷹の爪系、八房系、伏見辛系、洋系の4つの系統があります。

 

今回育てる「内藤とうがらし」は八房系に属していて、

真っ赤に成熟したものは漬物用や香辛料に利用することができます。

 

「内藤とうがらし」の種は市販されていないようでして、

今回はブログ仲間の葉っぱさんから素敵なお葉書と一緒に種を頂きまして、

こちらを使って育ててみたいと思います。

ペトさい(内藤とうがらし)02

 

葉っぱさんから頂いた「内藤とうがらし」の種は

実際に葉っぱさんが完熟した「内藤とうがらし」を収穫され、

これを乾燥させたものを送って下さいました。

ペトさい(内藤とうがらし)03

 

真っ赤な「内藤とうがらし」の実の中からはたくさんの種を採ることができ、

実際にこれを蒔いて、生長する様子をお伝えしていきたいと思います。

 

 

★播種時期と発芽日数★

品種による多少の誤差はありますが、

「内藤とうがらし」の播種時期と発芽日数は以下のようになります。

 

播種時期:4月上旬~5月下旬

発芽日数:播種後5~7日

発芽率:75%

発芽適温(地温)2530

 

※ 上記のデータはいずれも中間地(温暖地)によるものです。

 

 

★使用する土★

「内藤とうがらし」を育てるときに使用する土は

市販の野菜用培養土であれば問題なく育てることができます。

 

しかし、今回の栽培では初めから一つの鉢で育てることはせず、

小さな鉢に種を蒔いて育苗させた後、大きめの鉢に植え付けるという

二段構えで育てることになるため、育苗時と植え付け後で使用する

培養土はそれぞれに適したものを使い分ける必要があります。

 

従って、育苗時に使用する土は種から発芽させ苗を育てることを

目的とすることから'市販の粒状種蒔き用培養土'200(ml)用います。

ペトさい(培養土・改)06

 

植え付け後に使用する土は植え付けた「内藤とうがらし」の実付きを

よくしないといけませんのでしっかりと元肥を施す必要があり、

下図に示す'市販の粒状野菜用培養土'を2()使用するのに対して、

一摘みの'リン酸系肥料''発酵油かす'を混ぜ込んだ土を使います。

ペトさい(培養土・改)01

 

リン酸系肥料は「内藤とうがらし」の実付きを良くする為に用いるもので、

今回の栽培ではバッドグアノを使用し、収穫後の追肥にも利用します。

ペトさい(有機肥料・改)02

 

発酵油かすは葉の生育を良くするために用いるもので、

葉の色が悪くなったときに追肥としても利用します。

ペトさい(有機肥料・改)01

 

また、普段の水やりの代わりに'栽培用炭酸水'を週2~3回程度与え、

「内藤とうがらし」の生育を活性化させます。

ペトさい(栽培用炭酸水)

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照ください。

 

 

★鉢選び★

今回育てる「内藤とうがらし」は根を深く張る野菜です。

 

しかしながら、今回の栽培では初めから一つの鉢で育てることはせず、

小さな鉢に種を蒔いて育苗させた後、大きめの鉢に植え付けるという

二段構えで育てることになるため、育苗時と植え付け後で使用する鉢も

それぞれに適したものを使い分ける必要があります。

 

従って、育苗時に使用する鉢は種から発芽させ苗を育てることを

目的としますので'小型ペットボトル鉢'を使います。

ペトさい(ペットボトル鉢)05

 

植え付け後に使用する鉢は根を張っても問題なく育てることができ、

安定した収穫が期待できる'縦型ペットボトル鉢'を使います。

ペトさい(ペットボトル鉢)01

 

なお、2種類のペットボトル鉢を新規で作られる方は

下記のリンクをご参照の上製作してみてください。

小型ペットボトル鉢の作り方】【縦型ペットボトル鉢の作り方

 

 

★種蒔き作業に必要な道具★

種を蒔くときに必要な道具を下記に示しますので、各自ご用意ください。

 

内藤とうがらしの種、小型ペットボトル鉢、霧吹き、

移植ゴテ、粒状種蒔き用培養土、ワラ

ペトさい(内藤とうがらし)04

 

 

★種蒔き作業時の注意点★

・種を蒔いた後の覆土は厚さ1(cm)程度にすること。

・播種後の水やりはたっぷりと与えること。

・播種後の乾燥対策として、ワラを敷き詰めること。

 

 

★種蒔き作業手順★

ペトさい(内藤とうがらし)05

'小型ペットボトル鉢'に「粒状種蒔き用培養土」を入れます。

粒状種蒔き用培養土は鉢の縁から2(cm)下まで入れるとよいでしょう。

 

また、粒状種蒔き用培養土を粉末状にした土を薄くかけ、

「霧吹き」で湿らせることにより種を発芽しやすくすることができます。

ペトさい(内藤とうがらし)06

 

ペトさい(内藤とうがらし)07

種蒔き用培養土を入れたら「内藤とうがらしの種」を点蒔きします。

 

このとき、種と種の間隔は3(cm)程度開けて蒔くようにして下さい。

ペトさい(内藤とうがらし)08

 

ペトさい(内藤とうがらし)09

'内藤とうがらしの種'を蒔いたら「粒状種蒔き用培養土」で覆土し、

水の入った「霧吹き」で土を湿らせます。

 

ペトさい(内藤とうがらし)10

'霧吹き'で吹き付けたら「ワラ」を敷き詰め、

もう一度水の入った「霧吹き」で吹き付けて、種蒔き作業は完了です。

 

ワラを敷くことにより土面の乾燥を防ぐだけでなく、

土の温度上昇を抑える効果や保湿効果が期待できます。

 

 

★最後に★

皆さん、「内藤とうがらし」の種を蒔くことはできたでしょうか?

 

今回の栽培で種を蒔いた鉢は2鉢使用していますので、

これから育てる際には下図に示すトレイに入れると管理しやすくなります。

ペトさい(内藤とうがらし)11

 

トレイに入れた鉢は日当たりのよい場所に置いて育てるようにしましょう。

 

最後に、今回の「内藤とうがらし」の種蒔き作業にかかった費用を

以下に示しますのでご参考ください。

◆内藤とうがらしの種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

内藤とうがらしの種

1

0

霧吹き

1

108

108

種蒔き用培養土<粒状>(5L)

1

398

16
(200ml使用)

移植ゴテ

1

108

108

ワラ(200)

1

498

5
(2本使用)

合計金額 

237

※ 「小型ペットボトル鉢」を新規で製作する場合は別途費用が掛かります。

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

v-22ご無沙汰しております
なぜか体調がいま一つで・・・春のせいかな、とも思っていますが
ナイトウトウガラシさん、面倒を見てくださるとのこと、ありがとうございます
我が家ではなかなか辛いものが苦手なので育てないのですが、公園で皆さん向けに栽培するつもりです
上記大バニラ(変換でこんなのが出ましたw)大葉ニラ、気になっています
我が家物より大きいのでしょうか、最近よく売っていますよね
これも期待しております
では、・・応援しておりますよ~

いつもブログへのご訪問&コメントありがとうございます。
ご体調のほうがすぐれないとのこと心配ですが、
あまり無理はなさらないで下さいね。
内藤とうがらしですが、
結構前に葉っぱさんから種を頂いていて
そのまま育てることなく保存していました。
先日種を整理していてその存在に気づきまして、
せっかく頂いたものを育てないのは失礼だなと思い、
今回育てることにしました。
まだ種を蒔く前の状態ですけど、
大事育てていきますのでご期待ください。
それから大葉ニラですが、プランターで育てるの同様、
大きさは市販されているものよりは若干小さめに
収穫する予定です。
応援ありがとうございます!!

真っ赤な色が素敵ですね♪
伝統野菜など珍しい野菜を育てるのも
家庭菜園の醍醐味の1つだと思います。
上手に育てて下さいね!

こんばんは
いつも応援、コメントありがとうございます
かわいいトウガラシですね
成長の過程楽しみにしております
今年は万願寺トウガラシとカイエントウガラシを栽培してるんですが
カイエントウガラシちょっと不調です・・・こちらからもいつものポチです

こんにちは(^∀^)
唐辛子栽培されるんですね♪藁って保湿作用だけとばかり思っていましたが、地上の気温上昇を防ぐ事もしてくれるんですね!初めて知りました!

M.Ishiiさん こんにちはー♪
固定種がだんだんと無くなっていく傾向にありますね。
輪が広がって栽培する方が増えるといいね。
種が手に入らないのと栽培地の確保が出来ないので、M.Ishiiさんので楽しませていただきます♪

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。
●お兄さんさん
 そうですね。
 
 たしかに、伝統野菜って珍しいものが多いので
 家庭菜園で楽しみながら育てることができていいですね。
 
 全くの無知の状態で育てるので不安はありますが、
 なんとか、良い結果を残せるように大事に育てます!!
 
 
●畑のまあちゃんさん
 トウガラシは比較的実が小さいと思うのですが、
 育て方そのものはピーマンやシシトウと同じだと思うので、
 夏から秋へと季節が変わるころに収穫できればいいなと
 思っています。

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。
●ちぃとんさん
 はい。初めてのトウガラシ栽培です。
 
 この時期は地温が上がりやすくなるため、
 必要以上に水を上げることができず、
 このように発芽するまでは敷き藁をして育てます。
 
 
●らうっちさん
 そうですね。固定種が減っていくのは寂しいですから、
 できる限り、このトウガラシを収穫して次の栽培に
 繋げられるようにしたいと思っています。
 
 ある程度、この栽培を順調に進めることができたら、
 '内藤とうがらし復活プロジェクト'に情報提供しようかと
 思っています(^o^)。

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる