インフォメーション
4/25 「スティック春菊」栽培関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/23 「中葉しゅんぎく」栽培(第3期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/22 「中葉しゅんぎく」栽培(第1、第2期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
6/25 やっと、「梅酒」が作れたぜぇ!!
6/24 理想通りにはいかない「キュウリ」の発芽
6/23 今年も「バジル」を育てることになりました!!
6/23 頼りなさそうな「レジナ」に蕾が着き始めました!!
6/22 今年も「トウモロコシ」を育ててやるさぁ!!
6/22 「正月菜」を収穫することにしました!!
05月
02
5/ 2 第2部開始!! 「正月菜」栽培のリベンジを始めましょうか?

[正月菜] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、ツケナ、お雑煮

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、「正月菜」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

あの屈辱的な結末から3年半が経過しようとしています。

 

あの当時、順調に育っていた「正月菜」は誰しもがお正月に収穫できるものと

信じていたので、待望の'お雑煮'を期待されていた方もいらしたと思います。

 

あいつらが現れなければなぁ…。

 

結果的に、お雑煮に使うという野望は儚く消え去り、

年末を迎える前に早々と収穫して終わりました。

 

あれから3年半という月日が流れ、あの時の失敗を繰り返さないために

改善するべきところは入念に修正し、新たな栽培を始めるために着々と準備を整え、

今日という日を迎えました。

 

気持ち的にはもう少し経ってから育てようかなと思ったのですが、

つい先日にブログ記事の移行作業を行った際に改めて3年半前に育てた時の

「正月菜」栽培の記事を目にしたときにもう一度育て直したい気持ちが強くなり、

「正月菜」の生育を考慮した時、できるだけ早い時期に育てたほうがいいと思い、

このタイミングで育てることを決断しました。

 

今回の栽培では、時期的に見ても正月まで半年以上あることから、

'お雑煮'に使うために育てるという従来の目的はオレ様の心の中に留め、

「正月菜」を無事に収穫することに専念したいと思います。

 

ただ、前回の栽培でのリベンジはキッチリと果たさせてもらいますが…。

 

いずれにせよ、失敗することは許されませんので、

地に足をつけて前回以上に緊張感を持って育てたいと思います。

 

それでは、「正月菜」栽培の第2ラウンドを始めるとしましょう!!

 

★品種選び★

「正月菜」は知る人しか知らない珍しい野菜であることから、

メジャーな野菜の種のように多数のメーカーから出ていません。

 

実は元々、この野菜は在来の'カブ'からできたといわれる小松菜の仲間らしく、

東海地方で多く栽培され、お正月に雑煮を作る際に利用されていることから

その名が付けられたのだそうです。

 

この「正月菜」はツケナ系野菜と比較すると品種改良が進んでいないため、

葉肉や葉色が薄く、日もち性も劣るのという欠点があるものの、

その分、葉がやわらかく食感がよいことからお浸しや汁物の具にすると

美味しく頂けます。

 

「正月菜」の種は販売各社から出ているわけではないため、

今回の栽培ではサカタのタネ社から販売されている種を使用し、

生長する様子をお伝えしていきたいと思います。

ペトさい(正月菜・改)01

 

 

★播種時期と発芽日数★

「正月菜」の播種時期と発芽日数は以下のようになります。

 

播種時期:3月中旬~6月中旬、8月下旬~11月上旬

発芽日数:播種後3~5日

発芽率:90%

発芽適温(地温)25℃前後

 

※ 上記のデータはいずれも中間地(温暖地)によるものです。

 

 

★使用する土★

「正月菜」を育てる際に使用する土は、

市販の野菜用培養土であれば問題なく育てることができます。

 

ただ、市販の野菜用培養土で「正月菜」を育てる場合は鉢底土を敷いてから

野菜用培養土を入れるという手間がかかり、野菜用培養土の粒子が細かいため

ペットボトル鉢の底穴が詰まり、排水不良を起こしてしまいます。

 

排水不良を起こせば、当然「正月菜」の生長にも影響が及びますので、

この排水性を考慮し、下図に示す'市販の粒状培養土'の使用をお勧めします。

ペトさい(培養土・改)03

 

'粒状培養土'は「正月菜」の生育に必要な様々な栄養素を含んだ培養土を

(mm)ほどの大きさに加熱処理して粒状に加工されているため、

普通の培養土に比べて通気性がよく、土に新鮮な空気・水を運び込む

通り道を確保できることから余分な水を土中の老廃物と共に排水されるため

鉢底土を敷く必要がなく、直接ペットボトル鉢に入れることができます。

 

今回の栽培では、1鉢につき'粒状培養土'を2()使用するものとし、

その一部の培養土を篩にかけて細かな土を抽出して種蒔き用土として

利用しています。

ペトさい(培養土・改)04

 

また、栽培を進めていく過程で、「正月菜」の葉の色が変色するなどの

生育不良を起こした際には、下図に示す'発酵油かす'を一摘み与えて

追肥を行います。

ペトさい(有機肥料・改)01

 

 

★鉢選び★

今回育てる「正月菜」は収穫期間が短く、根を深くまで張りません。

 

このため、今回の栽培では安定した収穫が期待できる

'二つ折り型ペットボトル鉢'を使って育てることにします。

ペトさい(ペットボトル鉢)09

 

'二つ折り型ペットボトル鉢'では一鉢で4株育てることができます。

 

この鉢を新規で作られる方はこちらをご参照の上作ってみて下さい。

 

 

★種蒔き作業に必要な道具★

種を蒔くときに必要な道具を下記に示しますので、各自ご用意下さい。

 

正月菜の種、二つ折り型ペットボトル鉢、移植ゴテ、

粒状培養土、種蒔き用土、ジョウロ

ペトさい(正月菜・改)02

 

 

★種蒔き作業手順★

ペトさい(正月菜・改)03

'二つ折り型ペットボトル鉢'に「粒状培養土」を鉢の縁から3(cm)下まで入れ、

さらに、「種蒔き用土」を(mm)程度かけます。

 

※ 「種蒔き用土」をかけることで種と土を密着させ、種を発芽しやすくします。

 

ペトさい(正月菜・改)04

粒状培養土を入れたら「正月菜の種」を点蒔きします。

このとき、種と種の間隔は1(cm)程度開けて蒔くようにして下さい。

 

ペトさい(正月菜・改)05

正月菜の種を蒔いたら「粒状培養土」を1(cm)程度の厚さに覆土し、

「ジョウロ」でたっぷりと水を与えて、種蒔き作業は完了です。

 

※ ジョウロで水を与えるときは、必ずジョウロの注ぎ口に手を添えて

水の勢いを和らげながら株の周囲に与えるようにしましょう。

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまうと、

土がえぐれてしまうので注意しましょう!!

 

 

★最後に★

皆さん、「正月菜」の種を蒔くことはできたでしょうか?

 

種を蒔いた鉢は日当たりのよい場所に置いて育てるようにしましょう。

 

最後に、今回の「正月菜」の種蒔き作業にかかった費用を

以下に示しますのでご参考ください。

◆正月菜の種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

正月菜の種

1

141

141

粒状培養土(5L)

1

398

160
(2L使用)

移植ゴテ

1

108

108

ジョウロ

1

108

108

1

108

108

合計金額 

625

※ 「二つ折り型ペットボトル鉢」を新規で製作する場合は別途費用が掛かります。

【次回のお話に続く】

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる