インフォメーション
4/25 「スティック春菊」栽培関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/23 「中葉しゅんぎく」栽培(第3期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/22 「中葉しゅんぎく」栽培(第1、第2期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
6/25 やっと、「梅酒」が作れたぜぇ!!
6/24 理想通りにはいかない「キュウリ」の発芽
6/23 今年も「バジル」を育てることになりました!!
6/23 頼りなさそうな「レジナ」に蕾が着き始めました!!
6/22 今年も「トウモロコシ」を育ててやるさぁ!!
6/22 「正月菜」を収穫することにしました!!
02月
07
2/ 7 緑化が進む「長ネギ」ですが…。

[長ネギ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、地球温暖化

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回は最後の増し土を行った後も順調に新たな葉を出しつつ、

目測で15(cm)以上の長さに伸び、軟白部分の葉も数(cm)伸び

少し緑化が進んでいることをお伝えしました。

 

緑化が少し進む一方で、その対策の術がない現状を打破することが

できるのでしょうか?

 

あれから6日が経過し栽培開始から207日目を迎えた「長ネギ」

折れ曲がる葉がある一方で、新たに出てきた葉が目測で50(cm)以上の長さ

真っ直ぐに伸びていて元気に育っていました。

ペトさい(長ネギ)95

 

近くに寄って見てみたところ、「長ネギ」は続々と新たな葉を出し、

軟白部分も目測で5(cm)近い長さに伸び、微妙に緑化していました。

ペトさい(長ネギ)96

 

まだ、完全に緑化していないとはいえ、少し青くなってきていることは深刻で、

なんとかして打開策を考え、実行せねばなりません。

 

それから一週間が経過し、「長ネギ」の様子を見てみたところ、

まっすぐ伸びていた葉は全て長く伸び過ぎてしまったからなのか

折れ曲がってしまい、痛々しい姿になっていました。

ペトさい(長ネギ)97

 

残念な姿に絶句してしまいましたが、

今の「長ネギ」には生長の勢いがあるためさらに新たな葉を出し、

20(cm)以上の長さに伸びていました。

ペトさい(長ネギ)98

 

また、株元付近の様子をて見たところ、軟白部分の葉は2(cm)ほど伸び、

緑化のほうは少し進み緑色に変色していました。

 

完全に緑化しているわけではないものの、

少しでも緑化が進んでしまっては「長ネギ」にとって致命傷であり

手の施しようがありません。

 

とはいえ、諦めるわけにはいかず、

何とかして緑化を防ぐ方法を考えなければいけません。

 

そして、さらに8日が経過して「長ネギ」の様子を見てみますと、

殆どの葉が長く伸びて折れ曲がる一方で真っ直ぐに伸びる葉も増え

元気に育っているのが分かりました。

ペトさい(長ネギ)99

 

しかも、「長ネギ」の生長の勢いが止まることなく葉が増えてボリュームが増し

あまり長ネギらしくない姿に生長しているような気がして複雑でした(苦笑)

 

まるでジャングルのような形相になってきた「長ネギ」を

近くに寄って見てみたところ、株元付近の葉が少し太くなり、

軟白部分は緑化が進む状態でさらに伸びていました。

ペトさい(長ネギ)100

 

なんとか、緑化を防ぎたいと考えてきたのですが、

ここまで緑化が進んでしまったら何もできず、

諦めるしかありませんでした。でも悔しさはあります。

 

この先、「長ネギ」はどのような生長を見せるのでしょうか?

 

最後に、「長ネギ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培に役立てて下さい。

 

なお、これから「長ネギ」を種から育てたいと思った方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉色が悪くなったら発酵油かすを一摘み与えます。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えます。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(長ネギ)101

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★長ネギの栽培データ★

ペトさい(長ネギ)15

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

スポンサーサイト
心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

KEYWORDS:

やっぱり白い部分を作ろうと思ったら土被せが必要なのではないでしょうか。緑化と日光が当たる量は関係があるような気がします。アルミホイル等を巻いて日光を遮断するとか、段ボールで根元を蒔いてみるとか、いくつか他の方法も考えられそうです。

旋次郎さんへ
いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。
まぁ、物理的に土を被せることは不可能なため、
日除けになるものを考えていたのですが、
効率のよい栽培法を考えたときに
これというものが見当たらなかったため
このまま放置することにしました。
サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる