インフォメーション
8/23 ペットボトル栽培関連記事を全て移行し、カテゴリーメニューに反映させました!!
2/22 ぷっくりと膨らむ「かぶ」さん
2/21 「長ネギ」のミステリーの謎が解けたのですが…。
2/20 「紅白ハツカ大根」が発芽していました!!
2/19 「チマサンチュ」に異変が…。
2/18 ご心配をお掛けしましたが、無事に退院しました!!
2/17 「かぶ」が肥大し始めたので…。
2/16 「チューリップ」の生長が早まりそうで複雑です!!
2/15 「正月菜」の生長が加速し出したぜぇ!!
01月
01

[新年のご挨拶] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、ペットシア

新年あけましておめでとうございます。

 

昨日の記事でもお伝えしたように、昨年は年初めから分かっていたとは言え、

これでもかと言うくらいあまりいいことがなく、収穫のない一年となりました。

 

しかしながら、そのような不運続きの年は昨日で終わり、

今日からは新しい年がスタートしました。

 

つまり、六星占術的にも運気が好転し、昨年とは対照的な良い年になりますので、

気持ちを切り替えて様々なことに挑戦していきたいなと思っております。

 

後日、詳しいことをお伝えしたいと思っているのですが、今年は色々なことで

メモリアルな年になりまして、具体的に、私事で恐縮しますが、オレ様が

フリーランスとして仕事をするようになって1月4日で丸10年となり、

また我がペットボトルを始めた4月5日で10周年を迎えます。

 

このため、本年は年運が好転したことも後押しするかのように、

本格的にペットボトル栽培に力を注ぎたいと思っています。

 

ペットボトル栽培を始めた当初から環境活動の一環として取り組んできましたが、

オレ様の気持ちとしては新たな展開を見せたいと考えていましたので

本年はそのスタートを切りたいと思っております。

 

詳しいことは後日お伝えするとして、今日は新年初日ですので

毎年恒例となっている川崎大師への初詣に行ってきました。

 

川崎大師へ初詣するということは当然ながら毎年恒例となっているおみくじも

引いたわけですが、昨年は大吉2連覇を狙うばかりに気合いを入れて挑んだ結果、

まさかの凶を引いてしまい、ブルーな気持ちになって自宅に戻るという

苦い経験をしました。

おみくじ2017_01

 

このため、本年は凶を引くことなくリベンジをかけておみくじを引きました。

 

その結果、オレ様が期待していた役とは違いましたが、

なんとか凶を引くことだけは回避し、吉を引きました。

おみくじ2018_01

 

なんだか、微妙な役だったため素直には喜べなかったのですが、

自宅に戻ってネットで調べてみたら川崎大師のおみくじには最高位の大吉に始まり

最下位の大凶まで計12種類の役があるらしく、おみくじの種類が99ある中で

大吉が出る確率は17%に対して、凶が出る確率は29%という高さに

驚かされました。

 

因みに、本年引いた吉は上から4番目に良い役だそうですので、

まずまずの結果だったことを知って初めて喜びました。

 

本年は六星占術的にも運気が良くなるだけあっておみくじの結果もよく、

何か良いことがありそうな気がしてワクワクしています。

 

ひとまず、おみくじを引いて2連敗を阻止することができたオレ様は

川崎大師の境内を後にして毎年楽しみにしている雷神堂さんの煎餅を買いました。

おみくじ2018_02

 

しかも、2連敗を阻止できた嬉しさから二袋買ってしまいました()

そして、本年は雷神堂さんの煎餅以外に、川崎大師名物の住吉屋さんの

葛餅も買ってしまいました。

おみくじ2018_03

 

実はここの葛餅はたまに買うのですが、めちゃくちゃ美味しくて

少し調子に乗り過ぎているかなと思いつつも奮発して買ってしまいました。

 

これで川崎大師での初詣は終わりとなりましたが、

今年はもう一ヶ所の初詣をしました。

 

昨年も野毛山にある伊勢山皇大神宮へ初詣に行きましたが、

本年は先述したフリーランスとして仕事を始めて10年になることから

そのお礼と今後の仕事の展望をお祈りするため神田明神に行きました。

 

実のところ、神田明神に行くのは二度目なのですが、

初詣で行くのは初めてでしたので少し緊張しました。

 

少し早めに着いたこともありさほど並ぶこともなくお参りを済ませることができ、

その後にここでもおみくじを引きました。

 

結果は末吉ということで微妙でしたが、おみくじに書いている内容が

川崎大師で引いたおみくじの内容と一致しているところが多く、

妙に納得してしまいました。

おみくじ2018_04

 

何はともあれ、今年は良い一年になりそうな予感はしていますので、

自宅に戻ってきて、恒例の願掛けのかつカレーを食べました。

おみくじ2018_05

 

オレ様的には六星占術やおみくじの結果を参考程度に信じているところはありますが、

本年を良くするも悪くするもオレ様の行動次第だと思いますので、

一つ一つ丁寧に取り組むと共に、本ブログやツイッターを通じて知り合った方々を

大切にしたいと思います。

 

というわけで、だらだらと書いてしまいましたが、

本年も昨年同様に、本ブログをご愛読のほどヨロシクお願い致します。

2018.01.01

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

12月
31

[年末] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、砂漠化

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

今年のことは耳にタコができるほど言っておりますので、

改めて振り返るまでもありませんが、とにかく公私ともに良くないことが多くて

やっと年運の悪い今年の呪縛から解放されるのかと思うと涙が出るほど嬉しいです。

 

思えば、全ての不幸の始まりは川崎大師へ初詣に行った際におみくじで

凶を引いてしまったことから気分がブルーになってしまい、

歯車が狂うかのように何もかもが空回りして無駄に体力と精神を使って

疲れ果ててしまっているオレ様がいました。

おみくじ2017_01

 

今年の終わりが残り2ヶ月というときに足を怪我してみたり、

新しい年を迎えようとしている直前に車にぶつけられたりと散々な日々でした。

 

ペットボトル栽培に関しても同様で、育てる野菜がこれでもかというくらい

生育が悪く、栽培途中でリタイアしてしまうことが何度もあり、

オレ様の大好物であるキュウリさえも収穫こそはしたものの、

けして納得のいく出来ではありませんでした。

ペトさい(フリーダム)97

 

しかしながら、この嫌な気分を払拭するために何が悪くて野菜が思うように

育たないのかを検証してみた結果、現在のペットボトル菜園の日照時間と

気温に問題があることが分かり、ようやく解決の糸口を掴むことができ、

雰囲気的にはいい流れに変えられそうな気がしました。

 

これとは別に、今年初めから言い続けてきたペットボトル栽培のムック本出版に

ついても二転三転して、結局、ブログ記事の移行を完了させることは

できたものの、肝心の出版に向けた取り組みに手を着けることはできませんでした。

 

ペットボトル栽培のムック本については何一つ手を着けていない状態で

あるにも関わらず、我がペットボトル栽培に関心を持って下さっている方の多くは

その出版を期待しているのにその気持ちを踏みにじるようなことをしていることに

不甲斐ないでいっぱいです。

 

このように、振り返れば振り返るほど次から次へとオレ様の不甲斐ない行動が

浮き彫りになり、情けなくなりました。

 

しかし、そのようなことは延々と続くわけがなく、またオレ様の気持ちの

切り替えが上手くできれば、全ての流れが変わるものと思います。

 

これ以上、悪いことが起こるとするならばオレ様がこの世を去るぐらいしかなく、

そのようなことは当分の間はないと思っていますので、

今夜は無になって毎年恒例のどん兵衛による年越しソバを食べて

新年を迎えたいと思います。

年越しのどん兵衛2017

 

最後になりますが、本年も多くの方々に本ブログをご覧頂きましてありがとうございました。

 

明日から新しい年となりますが、来年も本ブログをヨロシクお願い致します。

2017.12.31

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

12月
30

[接触事故] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、砂漠化

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

ツイッターではお伝えしておりますが、昨夜出張先から自転車で帰宅中に

自動車に接触されるという事故に遭遇致しました。

 

この事故により本ブログをご覧の皆様やツイッターでお世話になっている

フォロワー様にご心配をお掛け致しまして申し訳ありませんでした。

 

この事故により私自身はもとより私の自転車は奇跡的に無傷ですので、ご安心下さい。

 

今回の事故の経緯についてご説明しますと、出張先から自転車で帰宅する際

夜間ということもあり自転車のライトを点けた状態で歩道を通行していたのですが、

近所のコンビニの前を通行しようとしたときにその駐車場から出てくる自動車が

一時停止せずに車道に出ようとして私の自転車と接触してしまいました。

 

こちらとしては夜間に歩道を通行していたこともあり徐行しており、

また、事故の遭ったコンビニに近付いてきた時には自動車のヘッドライトが

車道のほうを照らしているのが目に入っていたため、

万一に備えて退避する心の準備をしつつ通行しました。

 

私の認識が甘かったのかもしれませんが、道交法では自転車が自動車に

接近しているときは必ず自動車が一時停止して周囲を確認するものと

思っていたのですけど、今回の場合は全くそのような気配を感じず、

自動車が優先するかのような行動をとられた結果、接触事故に至ってしまいました。

 

不幸中の幸いにして、自動車は急発進したわけではなかったので加速がなかったため

自動車と接触したときはヤバいと一瞬思いましたけど

すぐに自転車を乗り捨てて退避することができました。

 

とはいっても、自転車はどこかしら損傷して走行できるような状態ではないと思ったのですが、

自転車が接触したのは自動車のバンパーだったのと自動車がすぐに停止したため、

奇跡的にどこも壊れてしまった箇所はなく普通に自転車に乗ることができました。

 

自動車が私の自転車に接触した感覚は今でも鮮明に覚えていますが、

もしも自動車が急発進した状態で接触してしまったら

私は今ここで冷静にブログ記事を書くことなんてできなかったと思い、

ゾッとします。

 

奇しくも、昨日は亡き母の月命日であり、命を救われたような気がしたので、

今日午前中に神奈川県指定の美味しい最中を墓前に備えてお礼をしました。

最中2017

 

今回の接触事故は自動車を運転する方の不注意によるものだと思いますが、

私にも落ち度はあったと思いますので以後気を付けて自転車に乗りたいと思います。

 

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

12月
26

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、砂漠化

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

ここ数日持病の腰痛が悪化しまして、湿布を貼ろうが、マッサージしようが

痛みが和らぐことがなく、ペットボトル栽培に関する画像編集やブログ記事の

原稿を書くためにパソコンとにらめっこすることがままならない状態となり、

ただ今、ベッドに横になってガラホのメモ帳でこの記事の原案を書いております。

 

腰痛が悪化した原因は色々と考えられるのですが、

おそらく、一昨日に行ったペットボトル菜園の掃除をした際に

中腰になって作業することが多かったことから腰に負担をかけてしまったのでは

ないかなと思っています。

 

まぁ、腰痛を悪化させたのは自業自得ですのでお見苦しいところをお見せして

申し訳なく思うのですが、ただ今このような状態のため表題にもあります通り、

今日予定していた栽培記事の更新はお休みさせてもらいます。

 

オレ様としては、青シソ栽培の記事は最終話になるため早く完結させ、

昨日の記事でもお伝えした通り、簡易温室内に設置したヒーターの効果が

凄まじいことから新たな栽培を1、2つは始めたいと思っていますので、

すべての栽培をタイムリーにお伝えしたいと考えています。

 

今日のところは安静にしたいと思いますのでご理解のほどお願いします。

 

それと、前からお伝えしたいと思っていたのですが、

いつも本ブログをご訪問、および、ご覧下さりありがとうございます。

 

不特定多数の方が様々なメディアを使ってご覧になられているため、

直接お礼を伝えることができず申し訳なく思っております。

 

ですので、もしもご覧なられている方がブログをお持ちでしたら

そのブログに直接訪問させて頂き、ブログランキングの応援やいいねボタン押下など

履歴が残る形で対応させてもらうことをお許し下さい。

 

本当はコメントを残したいと思っているのですが、

なかなか時間に余裕がなくてスミマセン。

 

今後とも、本ブログをよろしくお願い致します。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

12月
25

[簡易温室] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、砂漠化

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

先日もお伝えした通り、現在のペットボトル菜園は日照時間が短いことから

気温も上がりにくいという野菜を育てる上で致命的な悪条件が揃っているため、

これらを改善することにより現在栽培中の作物の生育を良くしようと思い、

以前から防寒対策として入手するべきかで悩んでいた簡易温室用のヒーターを

思いきって注文しました。

 

簡易温室用のヒーターは値が張るので購入するのに躊躇していたのですが、

今年初めのペットボトル菜園における栽培状況があまりにも悪すぎたことから

今冬の栽培ではその二の舞は是が非でも避けなければいけないと思っていたため

多少値が張っても構わないので購入しました。

 

正直なところ、購入することにより作物の生育が促されることは喜ばしい反面、

日々の生活が苦しくなるのではないかという不安を抱えているため

複雑な気持ちにはなっています。

 

注文してしまったからには成り行きに任せるしかないと思うことにしたのですが、

注文してからの展開が早いことに驚いてしまいました。

 

というのも、簡易温室用のヒーターを注文したときは自宅に届くのに

二週間近くかかるはずだったのが、わずか2日という早さで自宅に届いてしまったのです。

 

しかし、その時は出張先でのお仕事があるため直ぐに設置することができず、

結局、簡易温室内に設置することができたのは一週間後になってしまったのですが…。

 

それにしても、注文した簡易温室用のヒーターが届いたのはいいのですが、

想像していたよりも本体が小さかったのは驚きました。

購入した簡易温室用ヒーター01

 

注文したときはもっとごっついと思っていたので簡易温室内に入るか

心配したのですが、これを見たら呆気に取られてその不安は一瞬にして

消え去りました。

 

昨日、ようやく時間が空いたので簡易温室内に設置することにしたため

箱の中に眠る簡易温室用のヒーターを取り出してみたところ、

やはり、想像していたより小さくて余裕で簡易温室内に入りそうなのですが、

こんなに小さなヒーターで簡易温室内が作物の栽培適温まで暖めることが

できるのか疑心暗鬼になってしまいました。

購入した簡易温室用ヒーター02

 

ひとまず、簡易温室の下段にこのヒーターを置いてみることにしたのですが、

やっぱり、このヒーターがコンパクトサイズなため、

頼りなさを感じてしまいました。

購入した簡易温室用ヒーター03

 

本当にこれが簡易温室内の温度を上げてくれるのか不安になりつつも

一晩付けた状態で様子を見ることにしました。

 

翌朝、簡易温室内の様子を観てみたところ、

今までとは違い、簡易温室内からひんやりとした冷気は感じられず、

逆に作物が育ちそうな温度の熱気を感じました。

 

あんなに小さなヒーターがここまで温度を上げてくれていることに

感動してしまいました。

 

一応、簡易温室内で栽培している作物の地温を測ってみたのですが、

まさかの20℃近くあってヤバ過ぎました()

購入した簡易温室用ヒーター04

 

このヒーターを設置する前は3℃しかなかったためかなりの効果が

あることが分かり、一見すると頼りなさそうに見えるこのヒーターですが、

意外といい仕事をしてくれるので今後の野菜作りが楽しみになってきました。

 

少し無理して購入してしまいましたが、一定の効果を発揮しているので

買ってよかったなと思いました。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

12月
18

[簡易温室用ヒーター] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

今日も寒い一日となりましたが、強い寒気が関東に広がったことにより

東京の都心では今シーズン初の冬日を記録したそうですので、

寒かったのは当然だったのですね。

 

そんな寒い中、今日もペットボトル菜園に行って栽培中の作物の様子を観るついでに

写真撮影を行ってきました。

 

作物の様子については個別の記事でお伝えするとして、

全体的に気温の低さから大きく育っているものは殆どなく、

このままの状態では育つものが育たなくなる可能性が高く不安を感じました。

 

先日もお伝えしたように、現在のペットボトル菜園は日照時間が数時間と短く、

日中に気温が上がることもほぼないため、作物を育てる上で致命的な状況なのです。

 

今シーズンは防寒対策として簡易温室の中に作物を入れて育てていますが、

写真撮影を行う際に作物の鉢を運ぶときに簡易温室内がひんやりとしていて、

屋外の温度と変わらないように感じたことから機能していないことに悲しくなりました。

 

今日のペトさいの写真撮影を行った後に時間に余裕がありましたので

鉢内の土の温度を温度計で測ってみたところ3~4℃だったことが分かり、

簡易温室内で育てる意味が全くないことに愕然としました。

簡易温室用ヒーター01

 

それと同時に、昨シーズンの栽培で全滅したことが納得でき、

このままでは簡易温室内で頑張って育っている作物たちを失いかねないと思いました。

 

このことから、以前から導入するべきかで迷っていた簡易温室用のヒーターを

購入しなければ同じ過ちを繰り返すと思ったのと、せっかく育てている作物が

厳しい寒さの大きくなれずにいることはあまりにも可哀想過ぎますので、

オレ様の懐が寒くなろうと関係なく、思いきって注文してしまいました。

 

このような状況下では細かいことを考えるほど時間の余裕はありませんので、

直感的にこれぞと思う簡易温室用ヒーターを買いました。

 

そのヒーターは写真を見ると大きく感じるのですが、

実際の寸法は500(ml)サイズのペットボトルの高さよりも低いため、

簡易温室に問題なく入れて使うことができそうです。

簡易温室用ヒーター02

 

購入したヒーターのレビューを見た限りでは夜間の使用時に一定の温度を

維持することが可能なようですので、適切な温度に設定すれば

これまでスローリーだった作物が急激に大きく育ちそうな気がして、

かなり期待感が高まっております。

 

注文したヒーターは一週間ほどで届くそうですので、

少し値の張るクリスマスプレゼントになりそうです。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

12月
12

[簡易温室] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、砂漠化

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

今日は1212日ということですので、毎年恒例となっている

オレ様のパワー餌の一つである'ダース'を買ってきて一気食いしました。

ダース2017

 

'ダース'は一箱に12個の小さなチョコが入っているので、

一気食いするのは容易いことであり、満足感は得られませんので

二箱買わないと食べた気がしません(苦笑)

 

さて、少しだけペットボトル栽培のお話をしたいと思うのですが、

現在のペットボトル菜園の栽培環境はあまり良いとは言える状態ではなく、

午後1時過ぎにならないと日が入らず、それから数時間が経過すると日が沈み

急に気温が下がってしまい、簡易温室の中に入れて育てていても

日照時間が短いため簡易温室の温度は外部の温度と変わりません。

 

このため、現在育てている作物たちは簡易温室内で育てているものの

その恩恵を受けることなく緩やかな生長を続けています。

 

今日も朝からチューリップの球根を植え付けていたのですが、

冷たい風が吹き付けていて身体の芯まで冷える寒さに震えました。

 

この寒さの中、簡易温室の様子を観てみたところ、全くと言っていいほど

室内の熱気は感じられず、ほぼ外部と変わらない状態に絶句し、

何とかしないといけないなと思いました。

 

簡易温室の温度を上げる方策は毎年考えていたのですが、

結局、予算的な問題から未解決な状態ではなく春を迎えていました。

 

しかし、今年初めから春先にかけての栽培は壊滅的な結果でしたので

その二の舞を繰り返すわけにはいかず、今期の栽培では本腰を入れて

解決したいと考えています。

 

具体的に何をどうするかは決めていませんが、

一つの案としては簡易温室用のパネルヒーターを買ってきて、

簡易温室内に設置して温度を調節しようかなと考えています。

 

このパネルヒーターはわりと小型のようなので簡易温室内に設置するのは

容易なのですが、パネルヒーターを設置する付近のビニールが溶けて

破けないかという問題があるため、これがクリアになれば多少のコストが

かかっても買いたいと思います。

 

簡易温室内の温度が作物の栽培適温を維持することができれば

栽培の状況次第では新たな作物を育てることも考えますが、

今は緊急性を伴う問題を解決することが急務ですので、

可能な限り年内には導入したいと思っています。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

12月
06

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、砂漠化

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

先日お伝えしたとおり、ネットで注文した「チューリップ」の球根が

昨日届きました。

 

オレ様が注文したものですので自宅に届いてもおかしくないことではあるのですが、

少し複雑な気持ちがありました。

 

というのも、元々は一般的な小さくてかわいらしい赤い「チューリップ」を

育てたいと思っていて、ペットボトルで育てることもあり、植え付ける球根は

それほど数多くなくてよかったのでした。

 

このため、出来ることなら安価で買える球根をいくつか買って済ませようと

考えていたところ、近所に数件あるホームセンターには置いてなかったことから

最初は諦めていました。

 

しかし、心のどこかでは諦めきれない自分がいまして、

ネットで買うことを考えてしまいました。

 

これが複雑な気持ちにさせた原因なのですが、

実際に某種苗社で「チューリップ」の球根が売られていたのですが、

いずれも球根の数が多い上に高値であることから即買うことはできませんでした。

 

とはいえ、ここで妥協したら来年まで待たないと「チューリップ」を育てることが

できなくなるという現実がありましたので、やむを得ず買ってしまいました。

 

今回買った「チューリップ」の球根は少しユリに似た花が咲く品種で、

そのサイトでは安価なものを選びました。

注文したチューリップ01

 

ネットで注文してから一週間が経って自宅に届いた訳ですが、

その数日前に出張先の会社の近くにあるホームセンターに行ってみたところ、

オレ様が最初に求めていた安価な球根が置いてありまして、

この球根が欲しいなと強く思いました。

 

このため、ネットで注文した球根をキャンセルできるものならやって

キャンセルできたらその球根を買うことに決めました。

 

ところが、ネットで注文した球根は既に出荷準備に入っていて

キャンセルすることができず、お高い球根を買うことが確定してしまい、

泣くに泣けずショボくれました(苦笑)

 

買ってしまったものは仕方がないので、昨日届いた球根を前向きに育てようと思い、

今回の栽培のためのペットボトル鉢を作りました。

注文したチューリップ02

 

ネットで買った球根は思っていたよりも小さいので、ペットボトルだと

窮屈になるかもしれませんが、寄せ植えしようかなと考えています。

 

せっかく買ったので、楽しみながら育てたいと思います。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

12月
05

[発芽] ブログ村キーワード:発芽待ち、ペットボトル栽培、省エネ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

先日お伝えした通り、今週のペトさいの写真撮影を昨日行いまして、

その後に発芽待ちになっている'ツケナ・ちょうほう菜''長ネギ・伯州根深'

様子をそれぞれ観てきました。

 

まずは'ツケナ・ちょうほう菜'についてですが、

播種したのは11/13になりますので既に三週間が経過していることになるわけですけど

ガーゼを被せた鉢を見た限りでは発芽しているような気配を感じませんでした。

発芽待ちの野菜01

 

このため、ガーゼを取り除いて確認することにしました。

 

その結果、蒔いた種の殆どが発芽しておらず、

発芽した芽はわずか4株しかありませんでした。

発芽待ちの野菜02

 

しかも、どの芽も発芽して間もない状態で双葉がキチンと開いている芽は一つもなく、

ほぼ全滅に近い状態でした。

 

このため、今回の'ツケナ・ちょうほう菜'栽培については中断することに決めました。

 

播種から三週間が経過してもこの状態でしたので、仮に種を蒔き直したとしても

気温の方は三週間前とは比べ物にならないほど冷え込んでいるため

簡易温室の中に入れて育てても発芽に時間がかかることは予想できますし、

順調に発芽したとしても春先にトウ立ちする恐れがあるため

非常にリスクを伴ってしまうことから決断しました。

 

一方、'長ネギ・伯州根深'についても同じく11/13に播種し、

三週間が経過している状況下で確認しました。

 

やはり、'ツケナ・ちょうほう菜'と同様にガーゼを被せた状態では

中の様子を伺うことができず、ガーゼを取り除いて確認することにしました。

発芽待ちの野菜03

 

その結果、ポツポツと芽が出ているのを確認することができましたが、

蒔いた種が全て発芽しているわけではなく、どの芽も1~2日ほど前に

発芽したような気配を感じました。

発芽待ちの野菜04

 

'長ネギ・伯州根深'については芽の大きさから観て春先にまでに

それほど大きな芽には育たないと感じるのと、生長した芽の大きさから

トウ立ちする恐れは少ないと思うことから栽培を継続することに決めました。

 

実は、少しだけ土を掘り返してみたのですが、

他の場所に発芽しそうな種がいくつかありましたので

生長は遅くてもしっかりと育ってくれるだろうという期待が持てました。

 

従って、今期の栽培では'ツケナ・ちょうほう菜'が中断、'長ネギ・伯州根深'

継続という対称的な結果となってしまいました。

 

オレ様としては、'ツケナ・ちょうほう菜'を年末に収穫して年始のお雑煮に

使いたいと考えていましたので、その計画が無くなってしまったことは残念でなりません。

 

また、ブログ記事を書く上で一つの栽培が無くなってしまうことにより

代替えになるようなネタを新たに考えないといけなくなったため、

数日は頭を悩ませることになりそうです。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

12月
03

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ブログ記事、ペットボトル栽培、砂漠化

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

先日もお伝えしたように、ここ数ヵ月でオレ様の身の回りの環境がガラリと変わり、

様々なことで苦悩することが増えてきました。

 

人間ですから、何かしらの悩みを持っているのは特別なことではありませんが、

オレ様は自分でも自覚するほど物事を深く考え過ぎるところがありまして、

完璧なものなど存在しないのを分かっているのに何事にも完璧にこなそうと

するところがあって、時として自分の首を絞めるような結果を招くことが多々あります。

 

そんな中、最近よく考えることがオレ様の将来のこととペットボトル栽培のことで、

前者については先日もお伝えしたように父が介護を受けることになったため

それに見合った生活を送る必要性が出たことから、あらゆることを変えていくには

どうするべきかで頭を悩ませています。

 

後者については本ブログで常々お伝えしているのですが、

やはり、今年の不甲斐ない栽培状況をなんとかして改善していかなくてはならず、

どのようにすれば作物を安定的に育て収穫することができるのかを考えています。

 

いずれも頭の中で色々と考えるのですが、明確な答えが出てこないため、

同じことを何度もエンドレスに考えてしまっているのです。

 

深く考えすぎることが悪いのか、考えることよりも行動に移すことの方が

大事なことは自分でも分かっているつもりなのですが、

なかなか行動に移せない自分がいてもどかしさを感じることもしばしばあります。

そのようなときはネットに掲載されている著名な方々のインタビュー記事を

よく見ることがあり、その方々の価値観や考え方、仕事での取り組み方などを

参考にしたり励まされたりもしています。

 

つい先日もオレ様が足を怪我してしまったことから出張先に赴いて

仕事ができなかったり、生活費の工面で頭を悩ませお先真っ暗な状態の中、

ある二人のアーティストさんの記事を読んで考えさせられました。

 

オレ様は自分のアイデアを形にして世に送り出したいという淡い夢があり、

クリエイターと呼ばれる方であったり作詞作曲ができるアーティストさんには

尊敬しているので大変関心を持っています。

 

ツイッターをご覧の方は誰のことを言っているのか何となく分かると思うのですが、

オレ様がこれから記す方々のことについて言葉に出して伝えることは恥じてであり、

抵抗もあって超恥ずかしいので、ここでは固有名詞を使って記すことは控えます。

 

まず、一人目のアーティストさんは今話題の和楽器とロックバンドを融合させた

ありそうでなかったロックバンドのボーカルを担当されている方ですが、

以前から音楽活動をされていることや活動されたキッカケ、その方の生い立ちなどは

知っていたのですけど、そのインタビュー記事では意外な一面が見れたり

バンド活動での苦悩であったり、共感するところがたくさんありました。

 

その記事で特にオレ様の心にグッときたのは、'夢を掴む秘訣はどんなに

嫌になっても続けられるもの持っていること'という文言で、活字にすると

簡単そうに見えるのですが、実際にやってみると意外と難しくてこれを継続されているのは

音楽が好きなだけではできるものではなく、音楽に対してストイックに

取り組まないとできないのではないかなと思い、オレ様が取り組む

ペットボトル栽培と照らし合わせつつオレ様には掴みたい夢ってあるのかなと

考えてしまいました。

 

もう一方のアーティストさんは某国民的アイドルと言われるグループに属しながら

昨年から自身の夢であったシンガーソングライターになりソロ活動を始めた方です。

 

オレ様は基本的にアイドルには全く興味がなく、むしろ、ファンにちやほやされて

キャッキャッ騒いでいる姿が物凄くイラつくので観ることも聴くことも拒絶します。

 

なので、男女問わずであったりアイドル出身の歌手が良い曲を歌っていても

CDをじっくり聴くことは今まで生きてきた中で一度もありません。

 

もっとも、作詞作曲される方を尊敬すると共に魅力を感じていますので

歌が上手いだけの歌手のCDを手にとって聴くこともありません。

 

それぐらい生理的に嫌いなアイドルに属する方に少なからずの興味を持ったのは

シンガーソングライターであることに加え、ツイッターで某ポップユニットの

リーダーさんがこの方に楽曲提供されていた関係でこの方の記事をRTされたのを

怖いもの見たさに似た感覚で読んだことでした。

 

そもそも、最初にこの記事を読む前まではシンガーソングライターであることは知らず、

アイドルという偏見からあまりいい歌は歌っていないと思っていました。

 

ところが、その記事を見てその方のことを知り、ご自身が作詞作曲された楽曲を

YouTubeで視聴してみたところ鳥肌が立つほどアーティストらしい歌い方で

頭の中でリピートするほど聴いていて心地よい曲に感動してしまい、

アイドルの概念を覆されたような感覚に襲われました。

 

完全にアーティストされているこの方のことが大変気になり、

ネットで様々なインタビュー記事を拝見して、幼い頃から音楽を聴いて育ち、

カールズバンドで活動された後アイドルグループにオーディションで合格して

現在に至っていること、アイドルグループに属する以前からシンガーソングライターに

なりたいという夢を持っていたことを知りました。

 

この方には'シンガーソングライター'になるという自分の夢を実現するために

明確なビジョンがあって、それを踏まえた上でアイドル活動をされており、

この方ご自身は切り替えはしていないと言っていましたけど、

アイドル活動とアーティスト活動をキチンと切り替えて手抜きなく両立されていて、

実直で真面目に取り組まれている姿に共感を持ちました。

 

オレ様がこれまでペットボトル栽培に取り組む過程において、

明確なビジョンを持って行動してきたかと問われたら

恥ずかしくなるくらい全くなくて、漠然とした淡い夢を持っているだけでした。

 

この方のことはオレ様が先月末に足を怪我していた時に知ったばかりなので

分からないことがまだまだあると思うのですが、少なくとも、人知れず努力を

してきたことは確かであり、今後もアイドルとしてではなくアーティストとしての

活躍を応援したいという気持ちになりました。

 

やっぱり、目標に向かって直向きに頑張っている方って素敵ですし、

見習いたいという気持ちにさせられます。

 

このため、この記事を書いている今もこの方のCDをレンタルして聴いております()

 

オレ様が足を怪我したことによりゆっくり考える時間ができたことで

今年のことを振り返ってみますと、あらゆることで空回りしていて

よい結果に結び付いていないことを改めて感じました。

 

本ブログで度々今年の運勢が悪いから全てが上手くいっていないと

愚痴を溢していますが、二人のアーティストさんの記事を拝見して、

オレ様は上手くいかなかったことを運勢のせいにして真摯に自分と向き合って

いないのではないかと思った瞬間、情けなくて涙が出てしまいました。

 

オレ様のペットボトル栽培に関して言えば、漠然とした淡い夢はあっても

明確なビジョンが何一つないことに気付き、これではペットボトル栽培の

楽しさを周りの人に伝えることは愚か、オレ様自身が楽しめていないと思いました。

 

お二方のアーティストさんに共通しているのは好きな音楽を嫌いになっても

実直で向上心を持って取り組まれ努力した結果多くの方から支持され、

素晴らしい作品を世に送り出しているところにあります。

 

オレ様は有名人でも何でもありませんが、

以前某園芸誌でペットボトル栽培を取り上げて頂いた当時は他のメディアからも

取材依頼を頂くことがあり、多くの方々に興味を持って頂くキッカケを

作ることができていたと思いました。

 

'好きこそ物の上手なれ'という諺があるように、その当時はペットボトル栽培を

やっていて一番楽しかったですし、栽培そのもののクオリティーも高かったと思いました。

 

ここだけの話、某園芸誌に掲載された後に出版社の記者の方からその冊子の

アンケートはがきで掲載された記事に関する好意的な感想が綴られた画像を

メールで送って下さり、少しでもペットボトル栽培に興味を持って頂けていることは

嬉しかったですし、励みにもなりました。

 

あの当時にやって来たことを同じようにやることはできないにしても、

お二方のアーティストさんのように明確な目標に向かって直向きに頑張って

努力さえしていれば、いずれは必ず良い結果が付いてくると思いました。

 

ですので、あまりネガティブに考え込まずに、

まずはペットボトル栽培を楽しむことに注力するところから始めたいと思います。

 

というわけで、超恥ずかしい話はこれでおしまい()

グダグダと情けない親父の戯れ言に長いことお付き合い下さり

ありがとうございました。バイピーィ。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる