FC2ブログ
インフォメーション
8/23 ペットボトル栽培関連記事を全て移行し、カテゴリーメニューに反映させました!!
12/12 時間を要したけど、「ベビーキャロット」の芽を間引きました!!
12/11 「パセリ」はマイペースな生長を続けていました!!
12/10 「ペトさい的防寒対策」でこの寒さを乗り切ります!!
12/10 ひとまず、「わさび菜」の芽を間引けました!!
12/ 9 ようやく、「ハツカ大根」の芽を間引くことができました!!
12/ 9 「ホーム玉ねぎ」の生長に失望感MAX
12/ 8 やっと、「ネモフィラ」の芽を間引けました!!
12/ 8 大きく育つ「さやエンドウ」に悩まされるとは…。
11月
19

[ブロッコリー] ブログ村キーワード:生態系、芯栽培

こんばんは、M.Ishiiです。

 

先日、ペットボトル栽培に関するデータを整理してしましたら、

以前育てていた'ブロッコリーの芯'を使った栽培のブログ記事と

画像ファイルが出てきました。

 

このデータは今から4年前に育てたときのものでして、

旧ブログから現在のブログに移行していないことが判明し、

今回、画像については現代風の編集を施しますが、

ブログ記事本文については手を加えることなく、

そのまま公開したいと思います。

 

何分、拙い文章でお恥ずかしい限りですが、

ご興味がありましたらご覧ください。

 

「ブロッコリーの芯」から一房のブロッコリーを

育てることができるのかを実証するこの企画。

 

前回、栽培を続けていたブロッコリーが猛烈な異臭を放ち、

腐らせてしまったことから、敢えなく失敗に終わりました。

 

今回からは、ブロッコリー芯栽培の二回目の挑戦が始まります。

 

さて、今回の挑戦の前に、

前回の挑戦を振り返っておきたいと思います。

 

前回の栽培では、1(cm)ほどの高さまで水が入った容器に

ブロッコリーの芯を入れて育てましたが、

栽培開始から4日目以降から、色が黄ばみ始めたり、

残った茎が剥がれるなどの変化見られるようになりました。

 

そして、15日目には芯が腐ってしまいました。

 

とりあえず、今回も前回と同様に、プリンの容器を使って

ブロッコリーの芯を育てることにしました。

 

ただ、前回とは異なり、水の与え方を改善することに...

 

それは、ブロッコリーの芯の底の切れ目の部分に

水が触れる程度に、水をごく少量与えるようにして、

必要以上にブロッコリーの芯が水に浸らないようにしたのです。

 

これから、二回目の栽培の模様をお伝えするにあたり、

ブロッコリーの呼び名を「二代目ブロッコリー」とします。

 

二代目ブロッコリーは、下の写真に示すように準備しました。

ブロッコリーの芯栽培09

 

栽培開始から4日目

若干、下の方が黒ずんでいますが、

前回のように、「二代目ブロッコリー」が変色することはありません。

ブロッコリーの芯栽培10

 

前回は4日目にして変色したため、嫌な雰囲気がありました。

ブロッコリーの芯栽培11

 

栽培開始から5日目も変わった様子がなく、

一安心といったところです。

ブロッコリーの芯栽培12

 

でも、前回から気になっていたことが一つありまして、

それは、キャベツの芯栽培のときのように、

ブロッコリーの芯の切れ目に根っこが生えているところを

見たことがないということ。

 

そこで、ブロッコリーの芯の切れ目を覗いてみたところ、

周りに根っこのようなブツブツが生えているのを

確認したのです。

ブロッコリーの芯栽培13

 

前回は確認していなかったので分かりませんが、

今回は順調に育ってくれそうな期待感が持てそうです。

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
19

[ブロッコリー] ブログ村キーワード:生態系、芯栽培

こんばんは、M.Ishiiです。

 

先日、ペットボトル栽培に関するデータを整理してしましたら、

以前育てていた'ブロッコリーの芯'を使った栽培のブログ記事と

画像ファイルが出てきました。

 

このデータは今から4年前に育てたときのものでして、

旧ブログから現在のブログに移行していないことが判明し、

今回、画像については現代風の編集を施しますが、

ブログ記事本文については手を加えることなく、

そのまま公開したいと思います。

 

何分、拙い文章でお恥ずかしい限りですが、

ご興味がありましたらご覧ください。

 

「ブロッコリーの芯」から一房のブロッコリーを

育てることができるのかを実証するこの企画。

 

前回、無謀だと思いつつも、

私の興味本位で始めてしまった「ブロッコリー」栽培

 

この「ブロッコリーの芯」も、キャベツのときと同様に

育ってくれることを切望しますが、

本当に一房のブロッコリーに育つのか疑問もあったり...

 

とりあえず、その後の様子を見てみることにしましょう!!

 

栽培開始から4日目

「ブロッコリーの芯」全体の色が薄い緑色に変わっていました。

ブロッコリーの芯栽培04

 

この栽培を開始した当初は、

下の写真をご覧のように青々としていたのですが、

何が原因で色褪せてしまったのかが分かりません。

ブロッコリーの芯栽培05

 

なんだか、二代目キャベツとは対照的に、

初っ端から嫌なムードが漂ってきました。

 

それから、11日目になる「ブロッコリーの芯」の様子を伺ったところ、

芯の色こそは4日目と変わらないのですが、

またしても異変が...

 

今度は、「ブロッコリーの芯」にあった茎の一部が

ポロポロ落ちるではありませんか!!

ブロッコリーの芯栽培06

 

水を与えるのを忘れていたわけでもないのに、

なぜ、剥がれ落ちるのかが分かりません。

(というより、水を吸収しているのかが分かりません。)

 

本当に、キャベツの芯栽培と同じ育て方で、

「ブロッコリーの芯」を育ててよいものなのか疑問を感じ、

今後のことがスゴく心配になってきました。

 

栽培開始から13日目

「ブロッコリーの芯」の色に変化が見られました。

 

今までは、濃い緑色が色あせた程度でしたが、

今度は、芯の下の方が黄色く変色しているのです。

ブロッコリーの芯栽培07

 

コレって、相当ヤバい状態ではないでしょうか?

その予感は、15日目にして的中させてしまうことになります。

 

栽培開始から15日目

いつものように、水を交換しようと

「ブロッコリーの芯」を取り出したところ、異様な臭いがしたのです。

 

ブロッコリーを見てみたところ、

見た目には変わった箇所がなく、

プリンの容器に戻したそのときです。

 

なんと、「ブロッコリーの芯」の下部が腐っていたのか、

容器に戻した瞬間、ブロッコリーの芯の下部がぐちゃぐちゃ

砕けてしまったのです。

ブロッコリーの芯栽培08

 

砕けたブロッコリーの芯は、さらに強烈な異臭を放ち、

このような無残な姿では、栽培を継続するのは当然不可能。

 

ご存じの方もいらっしゃるとおり、

「ブロッコリーの芯」は、キャベツ科の植物ですので、

順調に育っている二代目キャベツと同様の育て方で、

育ってくれていることを期待していたのですが、

今回は、残念な結果に終わってしまいました。

 

しかし、この「ブロッコリーの芯」栽培は、

成功させるまでは終わらせることができませんので、

次の栽培に向けて、策を高じたいと思います。

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

11月
19

[ブロッコリー] ブログ村キーワード:生態系、芯栽培

こんばんは、M.Ishiiです。

 

先日、ペットボトル栽培に関するデータを整理してしましたら、

以前育てていた'ブロッコリーの芯'を使った栽培のブログ記事と

画像ファイルが出てきました。

 

このデータは今から4年前に育てたときのものでして、

旧ブログから現在のブログに移行していないことが判明し、

今回、画像については現代風の編集を施しますが、

ブログ記事本文については手を加えることなく、

そのまま公開したいと思います。

 

何分、拙い文章でお恥ずかしい限りですが、

ご興味がありましたらご覧ください。

 

「キャベツの芯」から一玉のキャベツに育つことを確かめる為に、

本ブロクの企画として栽培を開始したのは7月のこと。

 

実はこのとき、私の中ではうっすらと「ある野菜の芯」を使った、

恐らく過去に前例がないであろう栽培が思い浮かんでいました。

 

その野菜は、一度は皆さんも食べた事がある「ブロッコリー」で、

この芯を使って、「キャベツの芯」栽培と同じ要領で

一房のブロッコリーに育ててみようというわけです。

ブロッコリーの芯栽培01

 

本当に一房のブロッコリーになるのかは未知ですが、

私の性格上、人が挑戦しないようなことをやるのが好きでして、

今回の栽培は、ある種の無謀な挑戦かもしれません。

 

しかし、色々と試行錯誤して育てることにより、

結果的に、「ブロッコリーの芯」から一房のブロッコリーが

育つことを証明できた暁には、無駄にブロッコリーの芯を

生ゴミとして処分せずに、育ててほしいと思います。

 

さて、今回の「ブロッコリーの芯」栽培では、

大きく分けて3つの段階で育てたいと考えています。

 

まず、最初は「ブロッコリーの芯」を下の写真に示す

プリンの容器に入れ、水による栽培を行います。

ブロッコリーの芯栽培02

 

しばらくの間はプリンの容器で育てることになりますが、

やがて、「ブロッコリーの芯」から葉や根が生え、

プリンの容器で育てるのには窮屈な状態になると思われます。

 

この状態になった時点から、

第二段階の[ペットボトル鉢への移植]に移ることになります。

 

今回の栽培で使用するペットボトル鉢は下の写真に示すもので、

この鉢を使って、「ブロッコリーの芯」を苗に仕立てます。

ブロッコリーの芯栽培03

 

苗に仕立てた「ブロッコリー」は、最終段階の[直植え]に移行し、

一房のブロッコリーに育つまで根気よく育てていきます。

 

「ブロッコリーの芯」栽培の大まかな流れは以上になりますが、

今回は私の思いつきで始めたものですので、

結果がどうなるのかは神のみぞ知るところです。

 

とりあえず、結果はどうであれ、「ブロッコリーの芯」から

一房のブロッコリーが育つところを見てみることにしましょう。

 

まずは、「ブロッコリーの芯」栽培の準備作業を

以下に示す写真の手順で行いました。

ブロッコリーの芯栽培の準備作業

 

この作業は、プリンの容器に「ブロッコリーの芯」を入れ、

最後に適量の水を与えて完了という簡単なものです。

 

皆さんも一度お試し頂けると嬉しいです。

 

これから始まる「ブロッコリーの芯」栽培で、

最終的に市販されるような一房のブロッコリーが育つことを

楽しみたいと思います。

次回に続く

by M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる